ナンネットID のアカウントをお持ちですか?
ナンネットID
 
1
2019/04/07 15:29:49 (M0iztK39)
大学生だった頃、父の知り合いが経営する工務店の助っ人でマンションの建設現場にバイトに入った事があります。

高校生の頃にも手伝った事はありますが、その時は戸建ての個人住宅で気楽な感じだったのですが・・

ゼネコンさんが施工管理されるマンションはそうはいかないみたいで、組に提出する安全書類(?)の為の健康診断を受けたりしました。

当日は用意して下さった作業服を着て工務店の50代のベテランの作業員の方と一緒に現場に・・

160世帯程のマンションと言う事でしたが、キャタピラーで動く巨大なクレーン車が2台常駐する個人住宅の時とは比べ物にならない如何にも現場と言う雰囲気です。

ベテランさんに連れられて休憩所と言うプレハブの建物に入ると、30代中頃の感じの女性と僕と同世代な感じの4人の作業員さんが同じテーブルに座っているのが見えました。

「 姉ちゃんオハヨ! 今日はまだ洗いか? 」


「 〇〇さんオハヨー! うん! 昨日、西面が全部洗えなかったから・・ 手伝ってよ、〇〇さん! 」


「 いくら出す? 常用二万なら考えるよ!


「それは無い無い! 私より高いじゃん! 」


仲良さそうに、ベテランさんとお姉さんがそんなやり取りをされました。


そして、そのままお姉さん達と同じテーブルに座り朝礼まで待機を・・

テーブルの上に置いてあるヘルメットの名札からお姉さんが『〇〇チホ』さんと言う名前だとわかり、美装と言う職種なのを知ります。

僕と同年代の男性達をまとめる職長と言う立場らしく、立場上か本人の性格かは分かりませんが喋り方も振る舞いも如何にもさばさばした性格の女性だと感じました。

目鼻立ちが整っていて美人さんだと思うのですが、ほぼノーメイクでメイクされても仕事柄落ちてしまうからなのかなと・・

身長は170センチ位あって結構高く、下半身は学生時代に運動部とかで作業服のズボンがピッチリと張り付く肉感的と言うか筋肉質な感じです。

そんな肉感的な下半身とは逆に、作業服の上着を脱がれた時のシャツに浮かぶ膨らみは小さく、残念だけど乳房は小振りなんだなと・・

チホさんは僕が自分と仲の良いベテランさんが連れてきたと言う事と、自身の部下達と同年代と言う事もあってか、初対面なのに気さくに話し掛けてくれました。

まあ、職人さんと言う仕事柄、異性として意識されないようになってるのでしょう。
1 2 3 4 ... 5
レスの削除依頼は、レス番号をクリックして下さい
50
投稿者:(無名)
2019/04/25 17:12:29    (fOOc25h3)
楽しみに待ってる人もいるのにくだらないとか書くな!
飽きたならスルーしな
49
投稿者:(無名)
2019/04/24 20:23:40    (vYLeYSvY)
飽きたら、読むのを辞めればいいだけ。続き、読みたいので、待ってますね〜(≧∇≦)
48
投稿者:358
2019/04/24 09:11:31    (.e71Cku2)
飽きてない。続きよろしく!
47
投稿者:(無名)
2019/04/24 07:45:22    (1/ceNyBC)
もういいよ!飽きた
46
投稿者:ユウキ   dmwtpjd
2019/04/23 18:43:06    (Uh5okj0P)
上着の裾をたくし上げ、ブラに包まれた乳房の下部の方から布地をズリ上げるようにして露出させた乳首に舌先を・・

「 駄目ぇ・・ ぁぁあ・・ ぁぁあ・・ 駄目ぇ・・ ねぇ・・ 駄目ぇ・・ 」


敏感な乳首を攻められた上に小振りな乳房にコンプレックスでもあるのでしょうか、ブラをズリ上げられての舌先での愛撫にチホさんが羞恥を訴えます。

その羞恥に上着の裾を下ろそうとするチホさんの両手を後ろ手に重ねて掴み自由を奪いました。

そしてそのまま乳首への愛撫を続けながら片手で肉感的な尻を持ち上げ膣穴の入口から奥まで『ズブゥ〜ッ!ズブゥ〜ッ!』と満たし切ってあげます。

「 ァアァ〜ッ・・ ァアァ〜ッ・・ 駄目ぇ〜っ・・ ァアァ〜ッ・・ オチ〇チンがぁ・・ ァアァ〜ッ・・ 大きいオチ〇チンがぁ〜っ・・ 」


両手の自由を奪われてはしがみ付いて唇を重ねる事も出来ず、押し殺す術を失った淫らなはしたない声が部屋に響きました。

もう、仕事の時の立場も一廻り近くある年の差も忘れたように快感に浸ってゆくチホさんがそこに・・

対面座位から彼女を床に横たわらせて正常位になると、遂に念願だったチホさんの女性器が丸見えの状態になります。

処理はされては無い様子ですが、恥毛は地肌が見える位のまばらな細目の毛足の長いそれが恥丘に生えているだけでした。

そして、無毛の肉厚で思いの外色素の沈着の薄い陰唇がキツそうに押し広げられて野太い肉棒を咥え込んでいる光景が何ともそそります。

「 入ってるよ〇〇さん! 俺のチンポがシッカリと〇〇さんのオマ〇コの中に・・ どう、〇〇さん? 気に入ってくれた? 俺のチンポの感想は? 」


結合部を目で楽しみ、今度は僕が上半身を倒して彼女と唇を重ねながら・・

「 もぉ、悪い人・・ぁぁ・・ 〇〇君のは・・ ぁぁ・・ 巨・ 巨根・・ ねぇ・・ アソコに詰まってるもん・・ オチ〇チンじゃなくて棍棒みたい・・ アソコが太いオチ〇チンでいっぱいよ・・ 」


羞恥も罪悪感も快感と悦びへと変わってゆくのでしょう、チホさんは何処が淫らな笑みを浮かべながら自らはしたない言葉を選ぶように口走られました。

そんなチホさんの綺麗な顔を快感に歪めて悶える姿を視覚的にも楽しみながら、ゆっくりゆっくりと長いストロークで・・



45
投稿者:ユウキ   dmwtpjd
2019/04/23 15:24:37    (Uh5okj0P)
作業中に何度も視覚的に誘惑された作業服のズボンにショーツのラインを浮き上がらせていた肉感的な尻の生の感触を楽しみ・・

「 ぁぁ・・ ぁぁ・・ ぁぁ・・ いっぱい・・ アソコが・・ ぁぁ・・ 〇〇君の大きいのでぇ・・ 」

激しくしたい衝動を抑え、1〜2センチの僅かな上下で攻めてあげるとチホさんの吐息が静かな空間に漏れ響きます。


「駄目だよ〇〇さん! そんなに感じたら、旦那さんに怒られちゃう! 他の男のチンポを嵌められてるなんて・・ 悪い奥さんなんだから! 」


野太さで押し広げらるキツさの中から徐々に快感を覚え始めている表情を浮かべる彼女のMっ気を煽ってあげるように・・

「 駄目、言わないで・・ 〇〇君が・・ 〇〇君が触らせるからぁ・・ こんなに大きいのを咥えさせたイケない人は誰よぉ・・ ぁぁ・・ ぁぁ・・ ぁぁ・・ 駄目・・ 感じるなって言われてもぉ・・ アソコが・・ ぁぁ・・ アソコがぁ・・ 」


彼氏や旦那さん、パートナー以外の男性と初めて経験する淫らな行為に罪悪感を覚えながらもそれ以上に背徳感で興奮してしまう彼女の秘めていた淫らな部分が勝るのか・・

「 でも、凄く濡れてますよ〇〇さん! キツく絞め付けるのにチンポがこんなにヌルヌルと・・ このチンポ気に入ってくれました? 」


絞まりがキツくその上コンドームも付けているのに、益々スムーズに出し入れしやすくなるチホさんの愛液が増すのを感じて苛めてあげます。

「駄目・・ 言わないでぇ・・ 駄目・・ ぁぁ・・ 駄目・・ ぁぁ・・ ぁぁ・・ 大きいよ・・ 〇〇君のオチ〇チン・・ ねぇ、大きいよ・・ オチ〇チン大きい・・ ねぇ・・ 」


旦那さんとは違う男との淫らな行為で今まで味わった事の無いえもいわれぬ興奮を覚えられているのか、チホさんが男性器を呼称し身悶えられました。

僕は脚を伸ばした状態から胡座をかいて彼女の尻を乗せ替えさせ、上着の裾をたくし上げてブラに包まれた小振りな乳房を・・

「 駄目・・ ねぇ・・ 駄目ぇ・・ ぁぁあ・・ ぁぁあ・・ ねぇ・・ ぁぁあ・・ 」


乳房の下部からブラをズリ上げるように舌先で愛撫していた僕の舌に敏感な乳首を捉えられたチホさんの快感に喘ぐ声が耳元で・・
44
投稿者:ユウキ   dmwtpjd
2019/04/23 13:36:17    (Uh5okj0P)
僕が感じてる絞め付けられ感と同様にチホさんも膣穴に押し広げられ感を感じているみたいで・・

「 太い・・ 太いよ〇〇君・・ アソコが・・ 」


動けないのか、上半身を倒すと身悶えするように漏らしながら唇を重ねてこられます。

「 駄目です? 太いのは嫌いですか〇〇さん? 」


唇を重ね、身震いされてる彼女の反応を楽しみながら意地悪な言葉を・・

「 だって・・ こんなにの太いのは・・ ぁあ・・ した事無いもん・・ ぁあ・・ ダメッ・・ 駄目っ、凄く太いよ・・ 」


意地悪な問い掛けに答えてくれるチホさんですが、身を捩った瞬間に膣穴をキツく押し広げる肉棒に刺激され堪らず声を上げました。

恥ずかしさからチホさんが僕の視界を遮るために顔に掛けていたタオルもズレ落ち、挿入後に初めて見る彼女の顔を遂に・・

僕と視線が合うと、チホさんは照れくささを誤魔化すように再び唇を押し付けてきて、僕もそれに応え舌先を絡ませ合います。

「 凄く気持ち良いですよ〇〇さんのアソコの中・・ キツくてチンポが絞め付けられますけど! ああ、ホント凄く気持ち良い! こんなの絞まりがキツいと旦那さんも・・ 羨ましいですよ! 」


舌先を絡ませ合いながら自分の肉棒に身悶えてくれるチホさんの反応に喜びを覚え・・

「 太いからよぉ・・ 〇〇君のが大きいから・・ 旦那のとじゃ・・ 全然大きさが違うぅ・・ 嘘みたいに・・ぁぁあ、大きいよ・・ 」


一緒に入浴したりした友人達には『馬チン』とからかわれた事もありましたが、女性のこんな反応を見る時にはやはり両親に感謝でした。

ゆっくり上半身を起こし対面座位へと・・

学生時代にソフトボールに打ち込まれ、いまでも体力維持の為にジムに通われていると言うアスリート体型の肉感的な下半身が僕の目を楽しませます。

それに、170センチと背の高さがあるせいか、何とも言えない重量感がよりイヤらしさを感じさせました。

その肉感的な尻に手を伸ばすと、作業服のズボンにショーツのラインを浮き上がらせていたあの魅惑的だった尻のリアルな感触が手に・・

早くから完売済みで既に購入される方が決まっているこの部屋です。

その住人の方もまさか自分が料理されてるこのキッチンで作業員同士の淫らな行為が行われていたなんて夢にも思わないでしょう。

43
投稿者:楽しみ槌
2019/04/23 05:37:03    (OTYqs47w)
続きはまだですかぁ〜?毎朝チェックしてますので、楽しみにしてます。ドキドキです!
42
投稿者:ユウキ   dmwtpjd
2019/04/20 01:48:38    (FOMjaArL)
視界を塞ぐタオルさえ取ればショーツまで取り去ったチホさんの下半身が丸見えのはず・・

そんな衝動に駆られる気持ちを懸命に抑え、彼女の動きに身を任せました。

重なっていた唇が離れると、反り返っている棹に手を伸ばしたチホさんの指先の感触が・・

「 太いから・・ ぁぁ・・ 太いから・・ 」


僕にではなく自身に言い聞かせているのか、呟くような小さな声がチホさんの唇から漏れるのが・・

そして、亀頭の先端に圧を感じ、彼女の入口に押し当たっているのが感じられます。

「 んっ・・ んっ・・ んっ・・ ダメ・・ んっ・・ ダメ・・」


迎え入れようとするのに未体験のサイズの亀頭に入口が素直に開こうとしないのか、『グッ!グッ!』と先端に押し付けられる圧を感じはしますがチホさんの唇からは苦戦しているような吐息が漏れています。

すると、不意に先端に感じていた圧が解かれ・・

「 ンッ・・ ンッ・・ ァァ・・ ァァ・・ ァァァ・・ ンゥゥ・・ ンゥゥ・・ 」


何やら、必死に押し殺そうとしても堪らず漏れてしまうかのような、そんな吐息のような声がタオルで視界を奪われている僕の耳に・・

『もしかして、自分で触ってもっと濡らして入り易くしようとしてるの?』と、チホさんのオナニーするようなはしたない姿を想像してしまいました。

タオルで僕の視界を奪って見られてない事で安心されてるのか、吐息の質が徐々に艶を増し明らかに自身で触っているのが容易に・・


そして、その声が止むと再び先端に圧を感じ、今度はジワジワと・・

「 ン・・ ンゥ・・ ンゥ・・ あ・ ああ・・ ァアァッ! 」


息むような吐息と共に圧を感じていた亀頭に不意に『グブゥッ!』と言った感じの埋没感を覚え、チホさんの呻き声と共に亀頭がキツい絞め付けに襲われました。

「 ぁあ・・ ぁあ・・ 太い・・ ぁあん・・ 太いぃ・・ ダメ・・ 太い・・ 」


チホさんの身悶える声と共にキツい絞め付け感が徐々に棹を下ってきます。

170センチ程の身長の高い彼女ですからアソコも広いのではと勝手に決めつけていましたが、チホさんのソコはキツい絞まりで・・

「 大きい・・ 大きいよ〇〇君の・・ アソコが・・ 」


彼女が身体を倒して再び唇を重ねてこられながら漏らされました。
41
投稿者:ユウキ   dmwtpjd
2019/04/20 00:24:15    (FOMjaArL)
フェラチオから挿入、彼女自身もそれを望んでくれてる気持ちが芽生えている反応を見せながらも『避妊』と言う事への最後の躊躇いを・・

「 もしかして、コレですか〇〇さん? 」


ホテル等で常備されてるレギュラーサイズでは裂けてしまうため、念の為にいつも財布に忍ばせているコンドームをチホさんに見せました。

「 ぁぁ・・ 〇〇君たら・・ 本当に・・ 」


リング状の卑猥な形が浮かび上がる真っ黒な包みに目をやり、チホさんの照れの表情の中にも悦びのソレが混じっているのを・・

ただ、ホテルや自宅等でありませんからこの後の流れをふと考えます。

入浴はおろかシャワーさえ浴びてないこの状況では、チホさんがクンニは勿論の事手での女性器への愛撫も恥ずかしさで嫌がるかも知れません。

『此処は強引に手マンからの挿入かな・・ 』とか、彼女に羞恥を感じる間を与えずに強引に挿入まで一気にとかも頭の中で想像したりもしました。

「 ねぇ、〇〇君・・ お願い・・ 入れるまでは・・ 私にさせて・・ ねぇ・・ 」


彼女も同じ様にと言うか、僕が想像する以上に羞恥を感じるのか自ら迎え入れてくれると言ったニュアンスで言われます。

キッチンの中で腰を下ろして足を投げ出すと、夫婦の営みで旦那さんにもしてあげてるのかコンドームを・・

「 大きい用なのね・・ コレ・・ 初めて見るわ・・ ぁぁ・・ 長さも・・ ぁぁ・・ 」


ゴムを付けてくれながらチホさんの淫らな気持ちが疼いているのが・・

「 ねぇ・・ 見ないで・・ 見ちゃ駄目よ・・ 駄目よ、〇〇君・・ 本当に駄目だからね・・ 」


ゴムを付け終わると、チホさんは僕を床に寝かせて顔に乾拭き様のタオルを被せて視界を奪いました。

「 本当に見ないでね・・ 駄目よ〇〇君・・ 」


そう僕に声を掛けながらガサゴソと音が聞こえ、どうやらチホさんが作業ズボンを脱がれているみたいです。

そして、その音が止むと、下半身に彼女が跨がるような感触を覚え・・

「 見ちゃ駄目よ・・ ねぇ・・ 駄目よ〇〇君・・ 」


顔に被せられたタオルの唇の部分が露出させられ、チホさんが『駄目・・』と漏らしながらキスをしてこられました。

今、視界を塞ぐタオルを取れば、チホさんのショーツも取り去った肉感的な下半身が拝めるのですが・・


1 2 3 4 ... 5
レス投稿フォーム
名前
トリップ[]
E-mail
※任意
本文

投稿文に自動改行は行われません、適宜改行を行ってください。 # タグ使用不可
「sage」
※投稿を上げない
画像認証

上に表示されている文字を半角英数字で入力してください。
ナンネットをより快適に!ナンネットID PREMIUM