ナンネットID のアカウントをお持ちですか?
 
 
[!] 強姦・痴漢・窃盗・露出・売春等は犯罪です。 体験談にはフィクションや妄想を投稿してください。 犯罪や違法行為を目的とした呼びかけや情報交換等の投稿、公序良俗に著しく反する投稿、宣伝、商用の利用を禁止します。[!]

ナンパ体験告白 RSS icon

短文の体験談は【禁断の木の実】に移動させて頂く場合が御座います。
1 2 3 4 5 6 ... 129
2018/05/20 10:19:03 (x6lllnwe)
日誌を編集してアップ。読みにくかったらすみませんm(__)m

金曜22時ジムへ。桃子さんに声を掛けるも「眠いからまたこんど」とスルーされる。残念。

ジムで久しぶりにH山くんに遭遇。KHSの折りチャリを譲って以来、こちらの顔を見つけると走ってきて、こんなパーツを買った、輪行してどこどこを走ってきたと矢継ぎ早に話してくる。やや鬱陶しくなってきたので時間ずらしたのに・・・ちっ(笑)

明後日はジムに来られないことが確定しているので、ウェイトを7キロ上げて全パーツ。H山くんがバーンマシンを持参してきていたので、借りて上半身のみ追い込み。

シャワーを上がると、またH山くんが走ってきて「○○さん!たまには飲みに行きましょうよ!」と煩い。明日は決まった予定も無し。カーディオ含め800キロカロリーは行ったし、まぁいいかとM(伏せ)へ。この店は昼間はお母さんのカレー屋、夜は息子のバーと言う二毛作で何を飲んでいてもスパイスの匂いがする。別に嫌ではないけど。

クレオソートの匂いがするお酒を舐めながら自転車談義。あーじゃないこーじゃない話す内にビンディングペダルを今晩の飲み代で譲ることになる。あんまり長居すると奢りが嵩むと思ったのかH山くんは先に引き上げ。本当にちゃっかりしているよなぁ。

続けて自転車の話をしている時、話に割り込んできた関西弁のお姉ちゃんと飲み。背は低めやや骨太。ショートの茶髪、両耳には10個近いピアス。体型の割に細面で目元はきつめ。化粧っけが無く20代にも30代にも見える。職人さんみたいな雰囲気ではあるが、どうやら看護師さん(だった?)らしい。

黒のデコルテのガッツリ開いたカットソー、ブラ紐紫、虎柄のスカジャン。ざっくりした生地のタイト目のスカートはODカラー。大きめのおっぱいが気になり、デコルテから覗くタトゥーを見るフリでガン見。

「タトゥーあるんだ?」と話題にしたところ、上着を取って腕、エンジニアっぽいブーツを脱いで足首周りのタトゥー、カットソーをずらして鎖骨のピアスも見せてくれる。「俺もへそピしてるよー?」とおへそを出すと「〇〇さん何者ですか(笑)」とお店の兄ちゃんも参加。派生して銀アクセ、ラットバイク、旅行と話題が広がり盛り上がる。

少し混んで店の兄ちゃんが抜けたところで「胸のやつは?背中まで回ってんの?」と訊くと「次のとこ奢ってくれたら見せてもええよ」と返される。そろそろ帰るつもりだったが、お膳を据えられて帰りますも情けないと思い会計。カッコつけてお姉ちゃんの分も払ったので、H山くんに払って貰った分はチャラ。

店を出るもこの時間、寄り道しては先は無いと「タトゥー見せてくれるんでしょ?家で飲もうよ」とまずはお持ち帰りを確定。
買い出したビールとうちにあった酒で飲み会の続き。

話す内大阪から友達の所に泊めて貰うつもりで来たら、一人暮らしと聞いていた相手が実家暮らしで今晩は寝床が無い。漫画喫茶で寝るつもりだったときく。「2軒あるけど、両方シャワー無いよ」と教えると考え込む様子。「朝まで大した時間じゃ無いし泊まってきなよ」と勧める。荷物のことをきくと駅のコインロッカーに預けてある、泊めてくれるなら取りに行くと言うので、家にあるものなら貸すからと止めてお風呂を勧める。下着の替えに私のビキニを貸したら「男の人からパンツ借りるのとか初めてだよ(笑)」と大ウケ。

「覗かないでよ」と仰るので「なんだ、一緒に入るつもりだったのに」「え?」「タトゥー見せてくれるんでしょ?」「・・・まぁええかー」となり、一緒に浴室へ。洗髪と背中を洗うのを手伝い、一緒に浴槽に。抱きかかえるようにして浴槽に入ったので、背中に勃起を押し当てる格好に。

「へぇー〇〇くん身体スゴいやん。年いくつ?もしかして見せたがり?(笑)」「50ちょい手前(笑)見せたがり(笑)」と返すと「うちは40。同じく見せたがり(笑)」と身体の向きを換えておっぱい周りのタトゥーを見せてくれる。左おっぱい上半分から腕の付け根までのバラとクロス。「子供の頃火傷してなー、看護学校行ってる頃火傷隠しに入れたんよ(笑)他のところは勢いな(笑)」とのこと。

「言われなきゃ火傷とかわかんないよ。入れた人上手かったんだなー」とおっぱいに手を当ててタトゥーの部分にキス。「火傷にタトゥーは難しいんやでー?〇〇って言う有名なセンセイなんやで(笑)」と説明されたが〇〇の部分は失念。「キスならおっぱいにしてやー、そここそばいわ」とおっぱいを顔の前に持ってきてくれたので背中に手を回して撫でながら舐め舐め。たまに軽く歯を立てると「あ、それええわー〇〇くん上手やな」と逆のおっぱいも押し付けてくる。

「ちょっと立ってチンチン見せてみー」と言うので、浴槽の縁に腰掛けて勃起を見せると「病気とかあらへんよね?」とシコシコ舐め舐め。「気持ちいいよ。ヤリたくなっちゃうわ」と顔を撫でると「あはは(笑)ここまでしといてお預けはせーへんから安心しやー(笑)」「病気も無さそうやし、外で出してくれればええよ」と立ち上がり後ろ向きに。あそこに指を当ててみると比較的びらびらの大きいモリマン。濡れがまだ足りない感じだったので舐めようとするも体勢が悪く無理。指でクリ愛撫のあと、両手で広げて勃起をねじ込む。初めヌルヌルが足りずギチギチだったところも奥まで押し込んで揺するようにする内に濡れて動きもスムースに。
「〇〇くんヤラシイわー(笑)コマシ(?)やろー(笑)上手いわー」「うちが我慢出来んくなったわーベッドいこいこ」と場所移動。

ここまでキスがなかったので、顔を近づけると「うち、キスニガテやねん」と顔を逸らされ「えー?俺キス好きだしすげー残念!」と大げさにガッカリすると「もー、しゃーないなー」と顔を捕まえてディープキス。「うち酒臭いやろ?タバコも吸うしな。」「歯ー磨いてからならちょっとはええよ」と言うので歯ブラシを出してあげたところ「〇〇くん、相当遊んどんのやろ?準備良すぎるわ!さらの歯ブラシ何本持っとんねん!」「え?そう言うのダメ?」「遊び慣れて無いよりはええわ(笑)でもそういうの認めんコもおるし気をつけた方がええで?」と急にお説教モード。

ベッドでも結構饒舌。「ええ身体しとるんやねー現場仕事?」「いやジム。これでも社長(笑)」「なんや、社長さんかい。もっと高い酒飲んどけば良かったわ(笑)」「超零細なんで勘弁してください」「貧乏社長は勤め人より悪いわ(笑)」などと掛け合い漫才みたいなやり取りをしながらも、お互い相手の身体を触りあいハァハァ(笑)
「もう!お喋りはいいからしよしよ!」と理不尽な言いがかりをつけられながら挿入。浴室とは打って変わってヌルヌルになっていてかなりいい感じ。生挿入するとあそこの違いがわかりやすい。入り口ソフトで奥は狭め。抜くギリギリまで引くとビラビラが気持ちいい。

正常位から座位、騎乗位。潮吹き気味のあそこで下腹部から腿全体がびしょびしょになる。「〇〇くんエロいなーふっといのがみっちみちや」「なんや、中でピクピクしとるやん。晴子(仮)の気持ちええん?」とその後はあんあんきゃーきゃーに集中。ちとうるさい。

「うちバックが好きやねん」と言うので1ラウンドラストはバックで。飛び散るくらいの水滴。太腿どころか、膝までびしょびしょになる。
ギリギリまで耐えて引き抜き射精。先がお尻の割れ目に当たり精液が飛び散る。「どんだけ飛ばしとんねん。気持ち良かったん?」「晴子の方が飛び散らかしてるわ(笑)」とじゃれ合い、そのまままだ半立ちのペニスをフェラチオ。

結局ペニスを休ませるヒマもなくベッドに手だけ着かせて立ちバック。仰向けに直して脚を高く上げさせて普段はほとんどしない激突き。崩して測位、うつ伏せにして寝バックで2発目。晴子さん特に寝バックの反応良く、声も出せずビクビクしてぐったり。既に時間は4時半。シーツを引き剥がしてタオルケットを敷き、そのまま二人共寝落ち。

朝7時に目を覚ますも晴子さん熟睡。一人でシャワー。少し職場に出て事務処理するつもりでいたが、さすがに昨夜会ったばかりの人を残して出かける気持ちにはなれず午前の外出予定は中止とし、晴子さんの9時起床まで自宅で仕事。

キスをしてベッドにコーヒーを持っていき、仕事を続けるも「〇〇くん、ちょっとこっちおいでーな」と呼ばれ行くと「昨日の最後のヤツも一回しよ?立たんかったら口でしてあげるさかい」と挑発。おっさんを舐めてるようなので、20秒ほど自分でこすって勃起させいきなり正常位で根本まで挿入。更に中でこすりガチガチになったところで晴子さんを裏返して、リクエストの寝バック、腰を掴んで臀部を高くさせバック、抜いてまんぐり返しにして上から突いてフィニッシュ、抜き出して射精。晴子さんの顔と上半身は自分で出した潮と精液でヌルヌル。

ベッドに立ち上がり仁王立ちで強要気味にお掃除フェラ。はじめは腿に手を当てて身体と顔を反らし気味にしていたが、玉舐めフルートの後、飲み込んで頭振りと激しくなり、こちらも遠慮無く頭を軽く掴んでイラマ気味に腰を突きこむ。時々咳き込みながら続け、また硬くなったのでそのまま押し倒して再度正常位で挿入。「腰の下に枕入れたってー。潮吹きたい」と言うので、タオルケットを丸めてバスタオルの代わりにして二つ折りのクッションをお尻の下に差し込んでピストン。本人の言うようにすぐに「あ、でるでるーもれるー!」と潮吹き。部屋も明るく上半身を離しているので、吹き出すところが丸見え。汗まみれで疲れてきたので、最後は抜き出して手で擦り胸の辺りに射精。まだドロドロ感あり。
ぐったりから回復した晴子さんに「これだけ強けりゃ遊んでもしゃーないね」とキスされる。

「朝飯作っとくからシャワーしといで」と浴室に追いやり、朝食準備。11時朝食。トマト缶と豆缶、ベーコンのスープ。ベーグル。ベーグルのストックゼロ。

「悪いんやけど、もう少し寝かせて貰ってもええ?全然寝足りないわー」とベットに。私もベットに行き昼寝。私13時まで晴子さん14時半まで熟睡。タバコとおやつの後一緒にシャワー。乳首を舐めてきて、勃起したペニスをまたフェラチオしてくれたので、お印程度に挿入。さすがに射精の気配無し。

18時には新宿で約束があるとかで、16時半車で急行駅まで送り解散。勿論連絡先は交換。
先程初メールあり。「腰と太ももの裏が痛い」「俺もちょっと痛い」「晴は下っ腹にぽっかり穴あいとるわ笑」と初っ端からエロメール気味。

一日の予定はダダ崩れにはなったが、セックスに積極的な友達は何人いてもいい。もうしばらく関東近県をブラブラしてるそうなので、タイミング合ったらもう一回は誘いたい。正直あれだけ潮吹かれると洗濯が大変ではあるが。


1
2018/05/15 17:48:43 (45zQCcDt)
ナンパと言えるか分かりませんが、先ずは先月の話しです。
長くなりますが、よろしければ、お読みください。

所用で神◯市内に車で出掛けていて、用事終わりに某商業施設に寄って、コンビニカフェでコーヒー買ってベンチで飲んでたら、隣にいた女の子二人組が、

「ねぇ…◯◯って、どう行ったら早いかな?」

とか相談中で、ちょっと暇だしと思って、

私「旅行ですか?そこならループバスありますけど…ここからだと乗り場が少し離れてるし、割りといろいろ停まるから時間掛かるし、良かったら私、車なんで、送りましょうか?」

って声を掛けると、お互い目を合わしてましたが、片方が、

「すいません、お言葉に甘えさせてもらって、いいですか?」

ということで、一緒に行きました。
二人は中学からの同級生で、長野から春休みを利用して来たらしく、修学旅行で奈良と大阪は行ったけど、神戸は来たことが無かったとのことでした。
送るだけでも良かったけど、こちらは地元民なんで、ついでに一緒に案内がてら回って、日が暮れて、最後は夜景の見えるとこまで行ったら、凄く喜んでくれて、夕食も三人で南◯町で食べて、LINE交換して、その日はお別れしました。

翌日、スレンダーなほうの愛ちゃんからメッセージが着て、

愛『昨日はいろいろ、ありがとうございました。今日、ご都合いかがですか?』

とあり、何だろう?と思ったら、明日まで滞在予定が、ぽっちゃりのほうの蘭ちゃんが、ご家族の不幸で急遽戻ることになり、独りになったので、時間があったら付き合って欲しいとのことでした。
特に予定もないので、『行くよ』と返事したら、ハートマーク付きで、返ってきました(笑)

愛ちゃんの泊まっていたホテルまで迎えに行き、助手席に。
せっかくだからと、関西旅行じゃ、なかなか行かないであろう、淡◯島方面に向かいました。
明◯海峡大橋を渡るだけでも、「すごーい!」って言って、途中のSAやらで記念撮影とか、地元ならではのものを食べたりなどしながら、デート気分で楽しみました。

ぼちぼち戻りますか、と、車に乗ってすぐ、

愛「あの…独り暮らしですよね?」
私「うん、そうだけど。」
愛「良かったら、今夜一緒に泊まったり…無理ですか?」

一瞬、ビックリしましたが、蘭ちゃんがあまりに急に帰り、キャンセルしても返金も無いし、その分が勿体無いしという話しでした。
ちょうど会社の近くにある場所なんで、明日の朝は楽かなと思い、一旦、愛をホテルに送り、私は自宅に車を置いて、ホテルの近くで待ち合わせ、一緒に夕食。
お互い、いい感じで酔って、ホテルに行くと、なかなか広い部屋。
なんでも、普通のツインが他の客とブッキングで用意出来なくて、たまたま空いてた一番いい部屋に通されたそう。

へぇ〜って思いながら、部屋を見渡してると、愛が抱きついてきて、

愛「賢さ〜ん…今日も、ありがと」

といって、キスしてきました。
私は、その気は無くもなかったのですが、愛から来るとは思わず、ビックリ。

愛「ここまで来たから、今夜、楽しみましょ♪」
私「いいの?」
愛「最初は、ちょっと警戒してたけど〜…ずっと優しかったから。ねっ、好きにしていいよ。」

と、またキスしてきました。
好きにって…と思いつつも、しばらくキスして、一緒にシャワーに。
ユニットバスではなく、ちゃんとした浴室で、お互いの身体を洗い合い。
若くて張りのある肌、着痩せするみたいで、引き締まった身体の割には、なかなかの美乳でした。
アソコは、土手のところに申し分程度生えてるくらいでした。

ベッドに移動し、一応気をつかって明かりを落とそうとすると、

愛「明るいほうがいいから、そのまま。」

というので、先ずはキスから、彼女の身体を愛撫していきます。
軽く乳首を噛むと、

愛「はぁー…いいー…もっとぉ〜」

と、感じています。
徐々に下の方に移り、割れ目を触ると、すっかりヌレヌレ状態。しかし、色素沈着も凄く、

私「もうヌレヌレやで。結構、遊んでる?」
愛「いやん、ヒミツ…」
私「言わなきゃ、何もしないよ。」
愛「ああーイジワル〜…」

結局、彼女の言うには、地元はそんなに遊ぶとこもなく、楽しめることは、エッチくらい。
学校の同級生の男とは、大体ヤッてるようで、その大半の筆下ろしをしたそうな…

そんなにエロいならと、1回指で逝かせた後、愛には下着無しで服を着させ、ホテルを出て、近くのアダルトショップに。
こういうとこは初体験らしく、あれこれ興味深く見ていて、遠隔ローター、バイブ、セクシー下着を購入。
途中の雑居ビルに入り、トイレで遠隔ローターを仕込んで下着を穿かせ、歩きながらスイッチを入れたら、声を押し殺してビクビクさせていました。
人気の無い路地に入る前に少しイジワルして、スイッチを入れっぱなしにしたら、小さな声で

愛「ダメッダメッ…あっ、イクゥ」

と言って、前屈みになると、そのままお漏らし。

私「お漏らししちゃうだなんて、いけない子だな。」
愛「イジワル…止めてくれないから…」

下着とローターを取り、ホテルへ戻ると、

愛「我慢出来ないよぉ」

と言って、私のズボンを下ろして、ぺニスを咥え、大きくなったら、

愛「入れて…お願いします」

というが、ゴムが無く、すると、

愛「大丈夫だから、生でください。」

と言うので、そのまま挿入。
締まりのあるマンコで、10分も持たず、中に。

少し時間を置いて、バイブで何度か逝かせた後に、再び挿入し、2度目の中出し。
愛は、逝き疲れたか、そのまま寝てしまい、私も、それに誘われながら就寝。
朝の6時くらいに、下半身がモゾモゾすると思ったら、愛がフェラしていて、私が出社する前に、もう1回したいとのことで、朝の一発も中出しして、私だけホテルを後にしました。

夕方、愛からメッセージが来て、途中、名古屋でブラブラして、無事に帰ったそうです。

後日談がありますが続きはレスに。
2
2018/05/14 15:39:10 (s/uAAkz.)
アラフィーのおじさんです。仕事はある会社の社長秘書です。と言っても大きな会社ではありません。夜の会食や接待のセッティングをしたり、会場でスムーズに会が進むよう気を配ります。そこで、お運びさんやコンパニオンに好みの女性がいる時、チップを渡します。この時、その場にいる全員に渡すのがポイントです。そして今好みの女性にはチップをもう一つと名刺を渡します。この時、君のおかげですごく上手く行ったよ、ありがとうとお礼の言葉を言いましょう。あとは、メールが来るのを待ちましょう。半数ぐらいでお礼のメールが来ますよ。この時、個人のメルアドから来た場合は、その後、個人的に会えることが多いです。ちなみにチップは1000円です。
3

メグちゃん

投稿者:ひろ ◆2LEFd5iAoc
削除依頼
2018/05/02 14:33:40 (QVpeUYpv)
既にナンパでもなんでも無いのですが、これまでこの板に上げてきていますのでこちらに。一年半まえ辺りから数回買い込ませていただいてます。ナンパの板はマジで書き込み少ないよね(^_^;)

今晩から東北住みのメグちゃんと1月以来のデート。宿を取らずに上京していますので、2晩はうちにお泊りの予定です。

一時に比べLINEや、エロ写真を送ってくる頻度は落ちましたが、遠距離の割に比較的安定した、落ち着きのあるやり取りしております。

メグちゃん滞在の間も仕事が入っており、遠出などは無理そうなことは事前に伝えたのですが「夜とか一緒に過ごせればいいよ(笑)」と笑ってお泊り調整してくれました。やっぱりいい子だなー

「最近は結構飲めるようになったんだよ」と申しますので、とりあえず今晩は歓迎の意味を込めて、ちょっといいダイニングバーを予約済み。

特別エロい展開は無いと思われますが、予告のような格好で書き込みさせて貰いました(笑)

5日くらいにまたご報告にあがらせていただけるかと思います。


4
削除依頼
2018/04/29 23:22:11 (WBNyh1gj)
今日、彼女とデートの帰り彼女あまり焦らすと
可愛そうだから私を抱いても良いよって言って
くれてラブホに行きました。
ラブホで彼女を抱きましたが彼女の処女を貫通
させて貰いましたが彼女痛いと言ってしかめ顔して
痛がってましたが出血もありました。
彼女、痛いけど我慢するから抱いて欲しいと
言ってました。

5
1 2 3 4 5 6 ... 129
スレッド投稿フォーム
名前
トリップ()
E-mail
 ※任意
タイトル
本文

投稿文に自動改行は行われません、適宜改行を行ってください。 # タグ使用不可
画像認証

上に表示されている文字を半角英数字で入力してください。
◇掲示板利用規定 〔必ずお読み下さい〕