ナンネットID のアカウントをお持ちですか?
 
 
[!] 強姦・痴漢・窃盗・露出・売春等は犯罪です。 体験談にはフィクションや妄想を投稿してください。 犯罪や違法行為を目的とした呼びかけや情報交換等の投稿、公序良俗に著しく反する投稿、宣伝、商用の利用を禁止します。[!]

近親相姦未遂・失敗体験 RSS icon
※計画中なども含む

短文の体験談は【禁断の木の実】に移動させて頂く場合が御座います。
1 2 3 4 5 6 ... 200
2017/08/23 00:44:33 (fBLDiUXD)
血が繋がってない父が大好きで父のDNAを私が残してあげたいのに
最近さけられてて悲しいです
ママの連れ子の私をママが死んでも育ててくれてて、5年生くらいから
中学生の時は反抗して酷いことをたくさん言ってたのに父は優しくて
ずっと見守ってくれてるのが分かって、中学卒業するくらいに父が大好きで
父に恩返ししたい、父のためなら何でもしたい、父には血の繋がった人が
いないから私が子供生んであげたいって思うようになりました
高校生になっても好きって気持ちはどんど強くなって、1年の冬に告りました
大好きなパパの子供生みたいって言ったのにスルーされました
それから何度も何度も告白したら父も私が本気だって分かってくれて
最初は怒られたりお説教されてたけど段々とハグ、頬にキス、唇にキスが
出来るようになりました
3年になってからはディープキスも出来るようになって、今月には何分もずっと
ディープキスして、胸とか背中とかお尻とかを触ってくれたから最後まで
行けるんだって思ったのに、急に離れて出かけちゃって初めて何も言わないで
外泊されました
それから今日まで父が私をちょっと避けてる気がします
私はバカだから大学とか無理だと思うのに、急にどこでもいいから東京の
大学受験しろって言われました
大学出て帰って来たら真美の気持ちちゃんと考えるからって言ってるけど、
父はいま46歳だからちゃんと4年で卒業出来ても50歳過ぎちゃいます
私が入れるような大学行って時間とお金を使うよりも、早く子供生んで
育ててたほうが良いと思うのに父が分かってくれないのが悲しいです
1
削除依頼
2017/08/14 13:57:24 (NKK4.v2D)
知り合いからプールの無料券をもらい使わないともったいないので息子と一緒に
行く事にしたのですが、お互いに長い間、水着を着ていなかったので合うかどうか一旦、家で
試しに着てみたのですが同じ部屋で一緒に服を脱いだのですが息子はちょっと恥ずかしそうに
顔を下に向けて少し赤くなっていました。
久しぶりに息子の体を見たのですが中学生とあってなかなか立派な体格でペニスは包茎でしたが
股間はびっしりと毛が生えていてで改めて大人になったと感心してしまいました。
最近、三十代の女性だとスパッツタイプの水着を着る人が多いのですが節約のため若い頃に着て
いたハイレグタイプの水着を再び着てみたのですが何故か息子がニアニアしていて、何がおかしいのかと
聞いたら股間股間と言ってきたのでよく見たらアンダーヘアーがかなりはみ出していて息子が
突然ヘアーを引っ張ってきたので、手を払いのけて、どうしていいか分からず
後ろに振り向てい体育座りをしてしまいました。
息子を見ると股間は完全にテントを張っていて、仕返しで今度は私が息子の股間をつかむと
息子の股間が突然濡れてきて今度は息子が股間を抑えて座り込んでしまいました。
嫌がる息子の水着を脱がせたら精液が大量に付着していて色々と聞いてみたら今まで夢精は
あったのですが自慰をやった事が無かったので私が息子の射精をさせてしまいました。

2
2017/08/08 02:20:19 (Uf5lsj9Y)
あれは私が高校三年生の時…受験のストレスからか妹を性的な視線で見ることが多くなった。
妹の顔は特に可愛いと言うわけでもなく、普通(最近は美人になっている)。
胸もあまりない、だがスタイルは良かった。

ある日のことだ。私はいつものように学校で遅くまで自習して、家に帰り着いた。
母が夕食を作り置きしてくれたので、それを食べる。(私に父はいない)
腹を満たし、風呂を適当に済まし、さて息抜きでもしようかと動画投稿サイトを開きながら寝室に(私の家では家族3人で一部屋で一緒に寝ている)。
私は布団を敷きっぱなしの畳の空間に、背を壁にどっかりと腰を下ろして、部屋の真ん中で寝ている妹に目を向けた。
部活動の疲れからかだろうか、妹は部屋の明かりをつけたままぐっすりと眠っていた。

この時点で、私の中をある考えが支配していた。
勉強ばかりでろくに抜いてなかったのもあるかもしれない。
ダイニングの方をちらと窺う。
母は仕事の疲れからかパソコンの前で船を漕いでいた。

妹とはあまり仲は良くない。
嫌なことも沢山されたが、幼い頃は二人で助け合っていたので、私は心の底では妹を嫌えずにいた。
だからだろうか、私は妹で性的欲求を満たしたいという自分の気持ちにそれほど困惑しなかった。

私は風呂あがりで、バスタオルを首に引っ掛けたまま下着姿だった。
胸を高鳴らせながら、パンツから既に昂ぶったナニを取り出した。
今ならまだ引き返せるぞ!という理性の叫びを半ば無視して、妹のパジャマのズボンを下ろそうとした時

妹がかすかに呻きながら寝返りをうった。

ヤバイ!と思い咄嗟にパンツを履き直してうつ伏せになり、スマホに没頭している演技。
妹は起きてしまっただろうか!?いや、私はまだ妹に触れてすらいない、ただ寝返りをうっただけだろう。
さっきまで劣情を催しながら高鳴っていた胸は、今では別の意味で。早鐘を打っているようだ。

どの位時間が経っただろうか。
このまま寝てしまおうかとも考えたが、私の股間は先程よりは勢いは衰えたものの、完全におさまる様子は無かった。

私は十分に用心しながら妹に静かに這い寄り、足首のほうからパジャマをそっと捲り上げていった。

本音を言えば、私は妹の股間に擦り付けながら果てたかったのだが、(たとえ仮定でも私は妹の中に挿れるという選択肢は無かった)そうも言ってられない。
先程の妹が寝返りをうったことによる、妹がいつ起きてしまうかわからない恐怖に私は怯えていたからだ。

それはさておき、硬度を取り戻したナニを再び引っ張り出した私は、慎重にその先端を妹のふくらはぎに近づけていった。
そして、
部活動で鍛えた上質な筋肉、そしてそれを覆う柔肌は触れているだけでかつてない快楽を私にもたらした。
先端を押し付ける度に適度に跳ね返してきて、私の語彙力ではとても表現できないのが非常に残念だが、兎に角気持ちよかった。
情けない話だが私には女性経験が全く無く、そのせいか僅かな要素だけでも興奮できた。
そうして、先端で円を描くように擦り付けたり、裏側とカリを筋に沿うように滑らせたりしていると、射精感が込み上げてくる。
このまま一秒でも長く味わっていたいが、いつ起きるかも分からない、私はラストスパートをかけた。
しかし、そうなると問題がひとつ。

どこに出すかだ。

正直、迷っていた。
ふくらはぎなんだし、出しても大丈夫だろう、と。
思い切り欲望の丈をぶち撒け、尚且つ、出した後にマーキングするように、先端で最後の一滴まで精液を塗りたくる位は許されるのではないかと。
まあ許されないよね。
ということで泣く泣く私は射精のその瞬間まで我慢汁を塗りたくった。
そして自分の手に射精したのだが、いつも自分で処理するのとは段違いの量と濃さで、まるで片手から溢れてしまうかのようだ。
後にも先にも今の所あれが最高記録だ、一ヶ月オナ禁した時でさえ、あんなには出なかった。

そしてお約束のようにやって来るのが、射精後の虚脱感と罪悪感。
やってしまった感がすごい。
兎に角、冷静になった私はティッシュで妹のふくらはぎを拭い、やはりここに出さなくて良かったと痛感した。

そして、私は汚れた手を洗っていたのだが其の間に、バレるリスクを負ってでも妹にかけた方が良かったのではないかと思い直していた。
どっちだよ、と自分でも思ったのだが、恐らくこんな機会は(私は年がら年中発情しているわけでもないし、そもそも妹で抜くといった行為が私は信じられず、それ故、この先もう妹で抜くことはないだろうな、という奇妙な直感を感じていたからである)めったにないことだろうと感じた為である。
だけどやはり人生を棒に振るわけにもいかないので、折衷案として妹の顔の前で(妹には触れずに)もう一度抜くことにした。

我ながら大胆な事をしているという自覚はあったが、何故か一度では満足出来なかったので仕方ない。
妹の顔を見つめながら、心の中で妹の名前を呼びながら上り詰める。
よっぽど顔にぶち撒けて、そのまま口を犯してやろうかと思ったが、私の理性が勝った。(妹で抜いてる時点で理性もクソもないが)
そして二回目の射精、一回よりは量は減っているがそれでも多い方だと感じた。

そして恒例の賢者モード。
正直最高に気持ち悪いし、何故自分がそんなことをしたのか今でもわからない。
流石にこれ以上の射精は無理と判断し、軽く体を洗ってそのまま何事も無かったかのように寝た。
妹にばれたかどうかは分からない、だが、もしあの時起きてて、それでも表面上はいつもと同じように接してくれているのだとしたら、私が感じるのは申し訳なさと感謝だけだ。



本当になんで私があんな事をやらかしてしまったのか判らない。
単にストレスだと片付けていい問題でもない。
ただ、私が何が言いたいかと言うと、きょうだいで抜かない方がいいということだ、当たり前すぎるけど。

よくわからん書き方だし長文散文で申し訳ないが、実話だよ












3
削除依頼
2017/08/02 09:40:51 (65bTojy.)
41の主婦です。
高校生の息子の部屋を掃除した時、HなDVDを数枚見つけました。
普通のモノ(若い女の子のモノ)なら良かったのですが、熟女モノや母子相姦モノばかりでした。
息子が私をそんな風に見ていると思うとショックで…

私も息子を男として見ていることに気づいたときは、さらにショックで…
4

母と

投稿者:かず ◆tr.t4dJfuU  kazuyoko1967 Mail
削除依頼
2017/08/01 09:09:10 (qFCjpLQj)
長文失礼

高校から寮生活だったので、
たまの帰省は楽しみだった。

2年の時の帰省の時、
仕事で遅かった親爺抜きで、
母と妹と3人で晩ご飯。
普通に食べて、その後入浴。
入れ違いで母が来たんだけど、
その時に「後でね」って言われた。

夜10時を回った頃くらいだったかな?
母が自分の寝室に来た。
「かず、寝てる?」
「起きてるよ」
「お邪魔するわよ」
「さと(妹)は?」
「もう寝てるわよ」
「そうなんだ。で、母さん何?」
「いいじゃない、そんなこと」
そう言うと母は、自分の布団の中に入ってきた。
「寮生活どう? 辛くない?」
「辛いこともあるけど、卒業までやっていけそうだよ」
とか、他愛もない話をしながら、ふと母の顔を見た。
母は美人ではないし太目だったが、
愛嬌のある顔立ちだった。
パジャマ姿の母を見てると、
自分のイチモツが反応してきた。
「どうしたの? なんか大きくなってるよ」
意を決して、
「母さん、お願いがあるんだけど、いいかな?」
「何?」
「母さんのおっぱい見たい」
「あはは、あなた5歳までしゃぶってたこの胸見たいの〜?」
「うん、今また見たい」
「いいよ、はいっ」って言って、
パジャマと中に着てたTシャツをまくり上げて見せてくれた。
お世辞にも綺麗とは言えない崩れた身体の母の身体と
横に流れ落ちてる乳房と豆球でも分かる茶色い乳輪と乳首。

「母さん、触っていい?」
「え〜…、いいよ」
母の胸は暖かくて、垂れてたけど柔らかくて興奮した。
乳首つまんで回すと、
「こら、子供の頃はそんな触り方じゃなかったぞ」

5
1 2 3 4 5 6 ... 200
スレッド投稿フォーム
名前
トリップ()
E-mail
 ※任意
タイトル
本文

投稿文に自動改行は行われません、適宜改行を行ってください。 # タグ使用不可
画像認証

上に表示されている文字を半角英数字で入力してください。
◇掲示板利用規定 〔必ずお読み下さい〕