空想・幻想小説
※あなたの中で描いた空想、幻想小説を投稿してください

新規書き込み/
スレタテ/スレッドフロート

 続猿飛えっちゃん(1)
[名無し]
僕は毎週このドラマを見ているが、今思い出すと。猿飛えっちゃんが悪い奴と戦って、すぐ勝つばかりではなかった。何度か危機に陥る事もある。手強い敵と戦っている時、負けそうになったのだ。凶器となる鞭が彼女の首に...(以下省略)
^18/01/08 15:49(CwMIkbiq)

 ドラマ猿飛えっちゃん
[名無し]
ある夜、僕はテレビを見ていた。毎週土曜日に放送されているテレビドラマ猿飛えっちゃんだ。ドラマの主人公の猿飛えっちゃんはお転婆さんで、運動神経抜群の四才の少女。いつもスカートに、白いソックス姿で登場する。...(以下省略)
^18/01/08 07:06(CwMIkbiq)

 メガネをかけた真面目そうな図書館秘書の処女をもらいました。(2)
[(無名)]
市立図書館に良く行くのですが、メガネをかけた真面目そうな図書館秘書のお姉さんがいるのです。 歳は、30歳を過ぎていると思うのですが、髪の毛も黒くて硬そうで、眉毛も太くて今時の細い眉にもしてないしカミソリで...(以下省略)
^18/01/06 22:37(CJJn53AX)

 大好きな母ちゃんとの様々な思い出をモニターに再現(1)
[渡辺素士]
これらの三つを含めた様々な思い出に伴って、もう既に僕は大好きな母ちゃんと深い愛で結ばれていた。今気付くと、僕は中学一年生の年齢になっていた。母ちゃんと結ばれてから、約一年になり。初めて母ちゃんと結ばれて...(以下省略)
^18/01/06 18:09(jnA.W9nc)

 女子高生とオスの愛犬、二人の男に監禁され...(3)
[26女]
女子高生A 電車で少し離れたところにある高校から、一人の女の子が帰宅した。家は日本式の家屋、両親は穏やかで少し保守的。今は、共働き。 肩より少し長めのセミロング、紺のセーラー服に、真っ赤なリボン。一人...(以下省略)
^18/01/04 20:08(dxWMShXS)

 大好きな母ちゃんとの様々な思い出をモニターで再現。(1)
[渡辺素士]
母ちゃんは歌が上手かった。 僕が小学四年生だった頃だった。丁度、四月の初め母ちゃんはのど自慢大会へ出た事がある。のど自慢大会が行われた会場内はとても広く、約五千人の観客たちを受け入れる事が出来た。日本...(以下省略)
^18/01/04 18:34(LCn4ijWE)

 大好きな母ちゃんとの様々な思い出をモニターで再現。
[渡辺素士]
母ちゃんに連れられ買い物へ。 小さい頃、母ちゃんと一緒に買い物へ行ったものだ。あの頃の様子を再現したい。そして、母ちゃんと一緒に坂道を下りながら、市場へ向かっている様子を。最初に母ちゃんの素顔が映し出...(以下省略)
^18/01/04 16:10(LCn4ijWE)

 大好きな母ちゃんとの様々な思い出をモニターで再現。
[渡辺素士]
理科のテストは10点 僕が小学三年生の時の事。ある土曜日、理科のテストが返ってきた。テストの答案を見た時、点数は10点だった。最悪の点数だった。母ちゃんに見てもらうと、不機嫌になり。「こんな点数をとるんだ...(以下省略)
^18/01/04 10:15(LCn4ijWE)

 続母ちゃんの幼い頃が知りたくて。(1)
[母性愛者]
これで、僕は母ちゃんとの性生活がスタートした。そして、母ちゃんも受け入れてくれていた。性生活の中で欠かせないのがセックス。セックスなしでは、母ちゃんを愛せないから。特にスカートの中から白いパンツが見えて...(以下省略)
^18/01/04 05:13(LCn4ijWE)

 続母ちゃんの幼い頃が知りたくて。
[母性愛者]
僕と母ちゃんは入浴を終えてから、寝間着に着替え。それから、部屋へ戻った。外は寒かった。それぞれの布団の中へ入り。僕と母ちゃんは暫く沈黙していた。すると、母ちゃんは僕に声を掛ける。「こっちへおいで。」そう...(以下省略)
^18/01/03 08:36(pdI7tfWX)


≪椛O | 次戟
2 3 ..91 

短文の体験談は[禁断の木の実]にてまとめさせて頂きます。
w友達に教える
ヘルプ
サイトに戻る

mobile NAN-NET