ナンネットID のアカウントをお持ちですか?
 
 
[!] 強姦・痴漢・窃盗・露出・売春等は犯罪です。 体験談にはフィクションや妄想を投稿してください。 犯罪や違法行為を目的とした呼びかけや情報交換等の投稿、公序良俗に著しく反する投稿、宣伝、商用の利用を禁止します。[!]

ナースとの体験 RSS icon

短文の体験談は【禁断の木の実】に移動させて頂く場合が御座います。
1 2 3 4 5 6 ... 200
2016/03/12 11:43:41 (Ub2W/Q8f)
それ程大した話ではありませんが・・

まだ大学生の頃、今の会社への就職も決まって少しのんびり出来ていたた時期の事です。

幼い頃から続けていて今も趣味として続けているサッカーを仲間達としている時に何気に腰の辺りに痛みを・・

痛みを覚える様な動きをした訳では無いので『変だな?』と感じながらも動けましたので処置するでも無く続けました。

そんな痛みも次の日には痛みは消えていて『何でもなかったんだ』と・・

すると、次の日だったでしょうか、自宅の階段を昇っていると再び痛みに襲われ腰痛等に効く痛み止めを飲んで少し安静にしていると不思議に痛みも消えます。

本気でサッカーをしていた時にも経験した事の無い痛みのでかたでしたので一瞬は不安になりますが薬で消えましたので安心してしまいました。

それからも、不意に出ては薬を飲んで安静にすると消えるのを繰り返し、痛みの長さもまちまちで『本当に腰痛?』と不思議に感じる事も・・

それでも、薬を飲み安静にすれば消えますので大した事ではないと自己判断を・・

そうしていると、父と母が朝から連れ立ってドライブだと遊びに出掛けた日曜日です。

僕もそろそろ起きようと身体を起こした時にまた腰に痛みを覚えました。

慣れた痛みに『またか』と思いながら薬を飲むために取り敢えず何か胃に入れようと三階の寝室から一階へと・・

すると、いつもの痛む場所とは何だか違う様な気がし、腰痛の痛み方とは明らかに・・

それでも取り敢えず食べ物を少し口に入れ、いつもの様に痛み止めを飲みましたが時間が経過しても治まる様子がありません。

と言うか、何だか痛みが増してるようにも思えます。

腰を襲うジクジクとした痛みに『患部を温めたら楽になるかも・・』と、素人考えで入浴してしまいました。

そうすると、楽になるどころか痛みはより増して、どんな体勢をとっても容赦なく襲い始めます。

徐々に『痛み』から『激痛』へと変わり初めてヤバいと感じました。

当然ですが、出掛けてしまっている両親は家には居ず、保険証を持って激痛を堪えながら車で病院へ向かいます。

日曜日ですので行きなれた病院は休診日で、益々痛くなるのを必死に堪えながら一番近くの総合病院に辿り着きました。

休日受付の場所に歩き着いた頃には痛くて痛くて『取り敢えず痛みを何とかしてくれ!』と言う事しか考えられず・・

それでも、アンケートとかさせられる事に苛立ちます。
1
2018/12/10 14:37:06 (ipaRk.SS)
看護師ではありませんが医療事務をしている女の子です。
短大在学中にアルバイトをしていた病院に其の侭、就職をした女の子です。
知り合ったきっかけは、当時自分が勤めていたレストランの社長の知り合い
の女の子で人が足りなく偶に手伝ってくれた女の子でした。
最初に見た時は未だ高校1年生にしか見えなかった位に幼く見えました。
数ヶ月が経ち其の日は朝から天気が悪く午後からはまるで台風の様な天気で
した。
その前にレストランが在る所は観光地で結構標高の高い所にありました、其
せいもあり、土日祝日やゴールデンウィークや連休はやはり忙しいく仕事を
していました。
自分は厨房で料理をしたり、手が足りない時はホールで接客もしていました。
話は元に戻します。
天気が悪く殆どお客さんが来ませんが観光地なのでお土産も一緒に販売をして
いましたから、家が遠い人は社長が帰って良いと言う事になり残ったのは結局
女の子(名前はマミ)と自分だけの2人になりました、社長に家が自分の家の
通り道にあるのでもうしばらくお店に居て帰る様に言われ暫く待つ事になりま
した、天気は段々ひどくなり誰も来ません、2人で普段は聞けない事を聞たりし
ていました。
其の時初めて仕事は何をしているか知りました、自分はてっきり高校生とばかり
思ってたと言うと「違うヨ、今は病院で医療事務をしている、21才だよ」と教え
てくれました。
其の上に自分の事が「好きだヨ」と言われました、自分は歳が可成り上なんだけ
れどと言うと「知ってるヨ、聞いているから」「年齢が離れているのは駄目?」
と聞かれました、自分はとんでも無い本当に良いの?20才違うけれど?「本当に
良いの?」と改めて聞きました、マミは「気にしてない大丈夫だよ」といわれた。
自分は改めてマミに「付き合って結婚を前提でね」と言うと「分かった、お願い
します」と頭を下げてくれた。
自分もお願いしますと頭を下げた、其れが付き合う始まりです。
その様な話をしていたら、社長から連絡がありカギを閉めて帰って良いと連絡が
あり帰る事になり送って行きました。
車の中で今度の休みは連休だからディズニーランドに行かないか?と聞くと「良
いヨ」と言ってくれました。
マミの家に寄りお母さんに休みの日に遊びに行く事を伝えておきました、礼儀か
なと思いそうしました、マミは「良いのに別に言わなくても」未成年ジャ無いか
らサ」とは言われたがそうする事にした。
2人で相談をして仕事が終わったら其の侭でディズニーランドに行く事にした。
お母さんにも了解済みです。
平日で思ったよりも早く着きました、取り敢えず泊まる所を探しておきました。
マミに聞きましたが何処でも良いよ、お金が掛かるから安い所を探祖そっと、言
ってくれたので、近くにある日帰り入浴で24時間やっている所に行きました。
お風呂に入りご飯を食べて2人で休憩が出来るスペースで仮眠をしてから行きま
した。
当然ですが先にディズニーランドに寄りチケットを2ディパスポートを購入して
起きました、慌てて行かなくとも良い様に。
1日目はランドで過ごして2日目はシィーで過ごしました、間の泊りはどう考え
ても、日帰り入浴でご飯を食べ駐車場代を払うと結局は高い金額なのでビジネス
ホテルの方が安いと思い途中でご飯を食べてホテルに泊まる事にしました。
ホテルは2部屋を取りましたが2人でシングルに寝ました。
2人で暫くお喋りをしました、自分が一番最初に見たマミの印象は高校生で1年か
と思った、小柄で細く幼く見えたと仕事をしている内に男の子見たいと感じたと
言うとマミは「皆に言われるロリぽいどう見ても中学生に見える」と言われると
笑っていた。
自分は内心本当にロリ見たいで可愛いとても細いので余計にそう見えると感じた。
自分は取り敢えずお風呂に入りテレビを見ていた、マミもお風呂に入りバスタオ
ル姿で出て来た。
何を言うのかと思えば「ベッドに座り自分にお願いします」と頭をペコリと下げ
られた、自分は一瞬戸惑った「エッ?」返す言葉が見つからなかった。
テレビを消して2人でベッドに入った、「大好きだよ此れからもずっとネ」と言い
ながらキスをした。
まさかの出来事です、マミが「私まだ誰ともした事無いんだよネ・・・・」
自分は「エッ・・まさかと聞き返した」マミ「一言無いしオナニーもした事無い」
と言われた。
自分は何人か経験はあるしオナニーもしている、でも1度も経験の無い女の子は初
めてで内心焦った。
電気は薄暗く点いているのでマミの裸は良く見える、やはり思った以上に細身で
本当にロリの様です、胸は小さく片手で納まるぐらいで乳首も綺麗なピンク色で
アンダーヘアーも産毛程度で殆ど生えていません、マンコが良く見えます。
マンコもロリ其の物で縦一本筋で綺麗です。
キスをしながら大好きだよと言いマンコに手をやるとまさかの大量にマンコ汁が
あふれ出て来ていました、お尻につたわりシーツまで濡れています。
マミに自分は「エッ・・・本当に経験ないの?」と聞くと何故か「シィーツ」と
言われ微笑まれ「恥ずかしい・・・」と小さな声で言われました、そう言う事で
す、経験はないけれど、どうもとても助平な様です。
マンコからは溢れて来てマンコ汁が止まりません、触るとグチョグチョと音がし
て、マミの口から「マンコ気持ちがイイ」「モットやって」「かき回して置くま
入れて」と自分は本当に処女なの?と疑いました。
其の上にマミは手でチンコを触り口に含んでフェラまでしてくれました。
「気持ちイイ?」「チンコ美味しい」「マンコに入れて」と初めての女の子の言
う言葉では無い様な?根っからの助平な様です。
自分はマミの股の間に体を沈み込みチンコをマンコに入れると痛いと言われた。
やはり処女みたいです、自分は止めようかと聞くと「大丈夫・・」「少しずつ入
れて」と言われた。
自慢はする訳では無いけれど貴方のチンチン大きいとは必ず言われます、其のせ
いだと思います。
少し入れたり出したりしながら全部入りました、流行り痛い様で「痛い大丈夫」
暫くマンコにチンコを入れた儘でいました、本当に中は狭い様です其の上に締め
付けて来るので気持ちが良いです。
ユックリですが出し入れをしました、余りの気持ち良さにアッと言う間にイキそ
うになり抜こうとすると「駄目・・・中に出して」「チンコ抜かないで」「出し
て良いヨ」と言われた。
自分は元々責任は取る思いはあるし結婚を前提での付き合いです。
マンコの中に思いっ切り中出しをしました。
やはり中からは血の混じった精液がマンコから出て来ました、朝を迎えて2りで
ディズニーシィーで楽しみ帰りはマミを家まで送りました。
数ヶ月付き合い結婚をしました。
今でも可愛いままで、今でもは犯罪だ、20才も離れている何てと言われます。
最近は更に助平で毛を剃ってパイパンにして見たり、お風呂で大股を開いて「ネ
エネエッ」「オナニーしてあげる」「見て指が全部入る」とか更に助平です。
子供が出来たら少しは落ち着くのかな?とは思いますが。


2
削除依頼
2019/01/03 14:19:18 (v7grGRZp)
再会した当時のクラス委員長してた佑実と年明け2日目に結ばれました。下期に入って仕事が益々忙しく受注が増えて、並みならぬ残業や休出があって心身ともに疲れがピークに達してた時に、職場で倒れて社が指定の病院へ運ばれました。早期退院をして職場復帰出来ました。入院中にお世話になった看護婦が佑実でした。退院当日に話を交わした時に、中学の同じクラスメートってことが分かり驚きましたからね。Christmasイブにもかかわらず残業があり疲れて帰宅してた私に、LINEが数件あったうちの一件が、佑実からでした。夜勤してるとあり互いにやり取りを交わしたあくる日に、会って軽く食事をした後に流れで、求めたら濃厚で優しくリズム感あるフェラをされました。上手くもなく下手でもない口イッパイに頬張って音をたてながら懸命にスパスパじゅるじゅると奉仕されました。めちゃ気持ち良くなった瞬間、口内射精しちゃいました。「うわゎ…ゲボ」って噎せかえり吐き出すように濃いめ精子が…。口内よりオレを抜いた瞬間、激痛が走りました。オレの先っぽ皮が切れて血がポテポテと流れ落ちてました。佑実が気づくなりあわてて処置してくれましたけどね。三針縫うケガでしたよ。数週間は、楊をたす際には少なからず違和感がありました。あれから年明けて初詣に行った昨日に、佑実と結ばれたんです。久しぶりフェラされた時は、心配でしたけどね。無事に終えてエッチも出来てハッピーな日でしたよ。
3
2018/12/29 19:35:11 (ffI8r9PH)
ナンネットでやり取りしてたリハビリ科の看護師さん。
12/30の昼過ぎが年内の仕事終わりってことで、病院に迎えに行った。かなりの激務で身体の疲れもストレスもピークってことで、車に乗りラブホに直行した。
しばし談笑して彼女はトイレに、その間に俺は全裸になりトイレのドアに立った。トイレから出てきた彼女は一瞬、えっという表情をしたが、すかさずキスをしながら洗面台に腰掛けさせ、上半身をあっという間に裸にした。
洗面台から彼女を下ろし手をつかせてスカートを下ろし、パンティ越しに勃起チンポをスリスリとこすりつけた。
顔を上げて鏡を見るようにうながし、自分の股間から覗いたり消えたりするチンポを見て「あぁん、、スゴ…イヤらしい」と甘い声を上げた。
経験したことのないようなエロい内容で責めて欲しいと言われていたからだった。
彼女のパンティにシミがにじんできた頃、俺はベッドに寝転び俺の顔をまたいで立つように言った。恥ずかしそうに顔を赤らめながらも素直に従う彼女。パンティを自ら脱がせ、M字開脚でマンコを俺の口元に近付けさせた。
舌先を軽くワレメになぞらせるだけで彼女はピクピクしていたが、おもむろに彼女の両足の太ももを力強く手で固定しマンコに吸い付くと彼女はそれだけでイッてしまった。
もともと俺はクンニが大好きでかなり得意。ネチネチと時間をかけ強弱をつけて舐め続け、最初の挿入からフィニッシュを迎えた。
しばし休んで再びクンニを始めた頃、撮影に使っていたスマホに着信が。彼氏からだと言う。
出てよ。と言うと彼女は逡巡していたが、意を決したように会話し始めた。すかさず彼女の股間に顔を潜り込ませる。彼女はそれを阻止しようとしていたが、目で合図すると受け入れざるを得なかった。
「うん。う…ん。帰りは気をつけてね。ぐ。んっ?へん?じゃ、ないよ。だっ…いじょうぶ。うん。うん。じゃあお正月明けにね」
と何とか会話をつなぎ電話を切った。
「もう〜!一番ヤバいってさっき言ったとこ責めてんじゃ〜ん」と言いながら、彼女の欲求にいよいよ火がついたようで、一回目が終わって下を向いているおじさんのチンポにむしゃぶりついてきた。
彼氏は年末年始に帰省するらしく出発前に電話をよこしたらしい。
その日は時間にして8時間ハメたりクンニや69をしまくった。
正月休みの間、3回彼女と会ったが計20時間以上クンニした。

年始に彼氏が戻った後も半年間彼女とこうした関係が続いた。
彼氏と結婚することになったと連絡があり会うことはなくなったが、彼氏の実家に挨拶に向かう新幹線の車内から久しぶりの連絡が来た。彼氏は隣で寝ているが、思い出してはオナしていたこと、結婚しても彼氏とのセックスでは感じにくくなってしまったと。

いつでも連絡してと彼女に伝えた。
4
2018/11/08 13:07:48 (GiqWae0T)
アラ50のオヤジです。若かりし頃の思い出を。。。

高校に入学してラグビー部に入部した。
見るのとやるのでは大違い、アタマを使うなかなか
楽しいスポーツでどっぷりとハマりこんでしまった。
大学に進学し、サークルか部活か迷ったが、やっぱ
自分はラグビーがやりたくて入部した。
そんなに強いチームでは無かったけど、やはり楽しい。
ところが3年の夏、練習中に足を骨折してしまい入院となった。
退屈な入院生活だったけど、看護婦さん(当時のままの表現にします)との
雑談が楽しかった。
特に前島さんと言う若い看護婦さんとは気が合い、よく話をした。
その病院は比較的年輩の看護婦さんが多いので、前島さんとの会話は
安らぎのひと時だった。

あ、ここでは入院中に看護婦さんとエッチしたとかは無いですw

退院の日が決まり、前島さんと会えなくなるのが淋しくて、思い切って
感謝の気持ちと電話番号を紙に書いて前島さんに渡した。
前島さんはチラっとそれを見ると、ポケットにしまってほほ笑んでくれた。
そう、入院中は前島さんの笑顔にどれだけ癒されたことか。

退院後はリハビリで週に3、4日その病院に通ったけど入院病棟の前島さんとは
なかなか会えなかった。

そんなある日、家の電話が鳴って母親が応対、すると私に「電話だよ〜〜」の声。
誰?って思いながら電話口へ行くと母親がニヤニヤしながら「前島って言う女の人」と。
喜んで電話に出ると久し振りに耳にする前島さんの声。
嬉しさで何をしゃべったのか覚えてない程だったけど、しっかりと
会う約束は取り付けていた。
電話を切ると母親は「彼女?」とまたニヤニヤしながら聞いてきたが
そんなんじゃない!とぶっきらぼうに言うのが精一杯だった。

いよいよ前島さんとのデートの日、人生最高の緊張の中、白衣じゃない前島さんと会った。
もちろん初めて見る私服姿、少しお化粧もしていて本当にかわいい。
地に足がつかない状態の私は前島さんにリードされるように会話。
そこで分かったのは、前島さんは私よりも2歳年上、名前は尚美、出身は甲信越地方の
田舎町、3人兄弟の末っ子、その時点でお付き合いしている人はいない。だった。
私も自分のことをあれこれと話したんだけど、デートってこれで良いのか?と思った。
何を話して良いのか全然わからないから、前島さん、楽しくないかな?と。

昼間に会って、コーヒー飲んでお喋りして、夕方ファストフードで食事して
夜になったから送っていこうと、前島さんのアパートの近くまで一緒に歩いて行って
別れる際に前島さんが「楽しかった〜〜。また会ってくれますか?」と嬉しいひと言が!
「もちろんです、宜しくお願いします!」と言うと前島さんから電話番号の書いた紙を手渡された。
「夜勤とかで居ない時もあるけど、良かったら電話してね」と言って部屋へと消えて行った。

感激だった。人生初のデートで女性から電話番号を教えてもらえるとは!

それから前島さんとのお付き合いが始まるけど、続けてもいいですか?


5
1 2 3 4 5 6 ... 200
スレッド投稿フォーム
名前
トリップ()
E-mail
 ※任意
タイトル
本文

投稿文に自動改行は行われません、適宜改行を行ってください。 # タグ使用不可
画像認証

上に表示されている文字を半角英数字で入力してください。
◇掲示板利用規定 〔必ずお読み下さい〕