ナンネットID のアカウントをお持ちですか?
 
 
[!] 強姦・痴漢・窃盗・露出・売春等は犯罪です。 体験談にはフィクションや妄想を投稿してください。 犯罪や違法行為を目的とした呼びかけや情報交換等の投稿、公序良俗に著しく反する投稿、宣伝、商用の利用を禁止します。[!]

酔った時の体験談 RSS icon

短文の体験談は【禁断の木の実】に移動させて頂く場合が御座います。
1 2 3 4 5 6 ... 200
2021/07/28 00:12:55 (AJXKZG56)
年齢にして25くらいの頃の話。
初カノと別れたものの、
風俗やワンナイトで経験人数を重ねて
モテると一番勘違いをしていた時期。

いつもの繁華街でめぼしい女の子を物色して
ナンパをするも、ぬかに釘、暖簾に腕押し。
「仕方ない、今日はもう帰ろうか」
そう思っていた矢先に足元のおぼつかない
スレンダーなお姉さんが前から歩いてきた。
スカート丈とかもザ・アラサーって感じ。
飲んだ帰りっぽいけど、連れはいなくて1人。
俺も1人。
よし、これでダメなら今日は帰ろう。

「すみませ〜ん、こんばんは。
 いまちょっとお店探してるんですけども」
「はぁ」
うーん、気のない返事。
「静かめで、個室っぽくて、お姉さんと飲めるところ!」
「キャバかガルバ行けば?」
「え!?お姉さん、嬢なんですか!?」
「そうじゃなくて、、、え?ナンパ?」
「今っすか?そうですね、ナンパです!」
「ホント!?私ナンパ初だわー」
「ウソでしょ?みんな怖気付いてるんじゃないですか?お姉さん、歩いてるときからめちゃくちゃ目立ってましたよ!」
「あはは!ありがと!」
「なんで、行きましょ!お姉さんがいるなら酒なくてもいいですよ!」
「うーん、私もお酒入れない方がありがたいかな」
「じゃあ、いいとこあるんで!行きましょ!」

そんなこんなで途中でコンビニで買い物をして、当然ラブホへ。

「結局ラブホじゃん」と毒づかれるも、
「ご安心ください。嫌がることはしませんし、その気にさせますから」
「そこは『何もしないよ』って言うんでしょ?」
「すみません、正直者なんで嘘はつけません」
としれっとイン。

部屋に入ってジャケットをハンガーにかけ、
買ったお酒に文句を言いつつも乾杯。
お姉さんは実際に歳上のお姉さんだった。
今日は職場の飲みだったけど先に出てきたと。
「どれくらい飲んだんですか?」
「ビール2〜3本くらいじゃないかな」
「あー、まあまあ飲みましたねえ」
「やってらんないよね、飲まなきゃ」
そう言いながら煽る缶ビールの角度たるや。
「好きなんですねえ、お酒」
「嫌なこと忘れられるし気持ちよくなれるし」
「お酒以外の気持ちいいこともありますよ」
とか何とか言いながら、ビールを口移し。
「そういうのどこで覚えるのよ」
「僕は映画で覚えました」
「どこ注目してんのよ笑」
「いいと思いますけどねえ。
 こうやってお姉さんともキスできましたし」
「もっと……」
あれあれ?めちゃくちゃ乗り気じゃん?
キスの応酬が始まったらもう止まらなくて。
体をまさぐりながら腰を引き寄せる。
もう片方の手は胸に触れるか触れないかから
下に降りていって太ももへ。
立てば膝下座れば膝上、裾から忍べば……
うっわ、パンストじゃねえ!ガーター!
マジか!初めましてガーターストッキング!!
「えっちなの穿いてますね」
「ガーター?」
「僕、初めてです」
「ホントに?彼女に穿かせたりしないの?」
「彼女いないですもん」
「元カノとか。いたでしょ?」
「いましたけど、1人、
 でも穿かせたことないです」
「好きじゃない?」
「いま好きになりました
 だから、今日は穿いたままお願いします」
「キミ、なかなかズルい子だねえ」
「それ、褒めてます?」
「そうかも」
ここからは正直あまり記憶になくて、
でもお姉さんはめちゃくちゃエロかった
という印象が強く残っている。
一晩で少なくとも3〜4回はして、
朝起きてからもして。

ホテルを出て、これはまた出来るように
連絡先でも、と携帯を取り出しながら
「楽しかったし、また会いt
「ストップ」
「?」
「私ね、結婚する人がいてね。
 彼に泣きつくことも出来るし
 キミの連絡先が分からず
 『泣き寝入り』することもできるの」
そんなことを言われて茫然とする俺に
「でもね、私も楽しかったよ。じゃね」
と頬にキスをして去っていった。
1
2021/07/02 16:11:26 (MTu/pznu)
友達6人でオンライン飲み会をしてたら「物足りない」と言い出した友達が「家で続きを
しよう」と言い出して私も友達の家に行きました。
8時に集まったのは私とK美の女2人と男3人の5人でした。
飲み始めて10時ごろにはみんな久しぶりだったので酔っぱらって
いました。
私は眠くてテーブルの横でうつ伏せになってウトウトしながら4人の話を聞いて
いると男3人はK美と話していましたが段々下ネタばかりになっていました。
K美も困ったのか「私よりゆき見てみなよお尻プリプリだよ」と話を私の方に
振って来て男3人も「言われたらそうだな」「ほんとそそられるな」「由紀寝てるから
触ってみなよ」「えー大丈夫かな」と言いながら誰かの手がGパンの上からお尻を
撫でられています。
私は面倒臭くてそのまま寝たふりをしていると手はお尻の上を動いていました。
K美も男に足を撫でられている様で「やめてよくすぐったいよ」と言ってるのが
聞こえています。
「足奇麗だよつるつるだし」「嫌だって言ってるでしょ」と言ってるのが聞こえていました。
私もお尻を撫でてた手が太腿からお尻に向かって撫でられていました。
私が寝てると思ったのか段々手がGパンの上からと言っても
太腿からお尻の中心を撫でる様になっていました。
K美も男2人に触られているみたいで段々息が荒くなっているのが聞こえたら「こっち
行こう」と2人に起こされて隣の部屋に連れて行かれた様でした。
私もこのままだとまずいと思い向きを変え横を向いて見ました。
一度離れたと思った手がお尻りを触ると中心の所を撫でたり押したりされて少しあそこが
熱くなっていました。
それが分かったのかGパンのボタンを外してGパンとパンツが一緒に脱がされて
急にお尻が涼しくなっていました。
後ろの男がゴソゴソ動いてズボンとパンツを脱いだのが分かりました。
後ろを向いた私にうしろから密着してきて手がまんこを撫でられ濡れているのが分かって
しまいちんこをまんこに着けて何度か擦られてちんこが入って来ました。
ちんこを出し入れされて私も声が出てしまいました。
隣の部屋からもK美の声が聞こえて来て2人にされてるのが分かりました。
それから男達に私達は交代で何度もされてしまいました。
オンライン飲み会で止めれば良かったと後悔しましたが気持ち良かったから
まあしょうがないのかも。


2
2021/06/17 22:34:18 (zezPvniC)
久しぶりにパート先の有志の飲み会に行きました、大勢はダメなので4人女は私と友達両方とも40代で男は20代のバイト君2人。
久しぶりのお酒のせいもあり結構酔ってしまった私。
前半は雑談だったけど酔いも回ると下ネタ混じりの会話と途中から太腿辺りを触られるように。。
最初のうちは外側を触っていたんだけど段々と内側の際どいところを撫でられて凄く恥ずかしかった。途中でトイレに立ってトイレから出ると彼が廊下にいてこの後別の店に行かないって誘われて思わず頷いてしまった私。
店を出た後コンビニに行くと彼がいて歩き出すと彼の手が腰に、暫く歩くとここアパートだよって彼の部屋に入るなりキス。。
手慣れた手つきで服を脱がされ彼の手がシーツに伸びはと耳元でやっぱり濡れてるって囁くんです。凄く恥ずかしかったけど何故か吹っ切れみたいに舌を入れると彼は吸ってくれた。彼に身を任せるとそのままベットに…。
彼の手が私の右手を捕まえると股間に持っていく、もう硬くなってるモノを優しく握って口に咥えた。
彼も私の両方の胸を優しく愛撫してくれた、慣れた手つきでの愛撫に身体が段々と火照りだし喘ぎ声もでてしまうように。
我慢しようと堪えたけど我慢が出来なかった。
反り返った彼のものが私の中に入ってきた最初は入り口を擦るみたいに焦らすんです。
自然と腰を振ってしまい入れてって頼むと生で良いのって意地悪ぽく言うのです。
お願い入れてってお願いするとやっと反り返ったものを入れてくれた。
旦那とでは当たった事のないところに当たると凄く気持ち良かった、彼はそんな私を見ながらここ良いのってゆっくり擦り当てるんです。あっダメそんなにされたらって思った瞬間小刻み痙攣しながら逝ってしまったんです。そんな手相を見て同じところをまた擦り出すからダメ・ダメって言うけどどんどん責めるんです。
今まで感じた事のない位な快感でまた小刻み痙攣しながら逝ってしまったんです。
そろそろ出そうだけどって彼が耳元で囁くんです、中に出しても大丈夫って言われ思わず頷いてしまった。
彼はじゃあ中に出すねって言うと今までより早く動いて私も彼の動きに合わせて腰を振ってしまい彼と一緒に逝きました。

その後は旦那に嘘ついてパート帰りに彼のアパートに通うようになってしまいました。

今までやった事のない体位や大人のオモチャを使われて何度も何度も続いて逝かされてしまうように。。

段々と彼の指示を拒まなくなってしまいました。

3
2021/05/25 10:17:47 (3rKV6eJI)

 会社の後輩 綾香は俺より5才年下。口の悪い同僚が山アケイの自己紹介を
もじって「ちょっと残念なブス」と陰口を叩く顔。
でも明るい性格で休憩時間では軽口を叩く間柄だった。
事務所はフリーアドレスで、ある日綾香は俺の背面に座った。その日は俺も綾香も
残業していて午後7時ころ、事務所に殆ど誰も居なくなったころだった。
背伸びをした綾香の手が俺の頭を直撃。お互い笑ってはいたものの綾香は
平謝り。「そんな気にするんだったら晩飯付き合え」と言ってみた。
俺も綾香も転勤してお互い一人暮らしとしっていたため何度か夕飯を食べにいっていた。
最近できた海鮮居酒屋に2人していくと半個室の様な座席に通された。
海鮮だからと俺は日本酒を頼んだ。綾香は一切酒を飲まなかったので、いつも通り
ウーロン茶。でもこの時は違った。
「Nさん、その日本酒美味しいの? 凄く美味しそうにのんでる」と声を掛けてきた。
美味しいから綾香も飲んでみれば? ちゃんと家まで送って行くから。と週末の事もあり
勧めてみた。酔ったら開放してよね、と綾香が言って飲みだした。
2人でお銚子2本だからほろ酔い加減だと思う。綾香もお猪口3杯くらいの少量。
でも顔が真っ赤になり、呂律も回らなくなってきたかんじだった。
お店をでると俺の腕に抱き着いてきて「歩けない」とか甘えてきた。ショーがないなぁーと
タクシーを拾おうと探しているときだった。「立ってらんない。ちょっと横になりたい」と綾香。
視線の先にラブホ街が。あそこでもいいから約束通り介抱して、と言われた。
まだ意識はある様だ。綾香を抱きかかえるようにラブホに入った。
ソファに座らせ自販機で水を買って手渡すと「ありがとう、お礼にチューしてあげる」と
酔っているのかいないのかわからない態度で頬にきすしてきた。
「お風呂入れてくれる?」と言われて湯船にお湯をためてきた。
再度お礼と言って今度は唇を重ねてきた。舌を絡ませると綾香の出っ歯に舌がこすれた。
手は自然に胸に当てていた。思ったより大きい感じだった。
お湯が入ったのを確認して綾香に伝えると「入れてくれるって言ったよね」と
一緒に入ることを求めてきた。俺は事務的?に綾香の服を脱がせた。
ブラとパンツだけにすると「Nさんも脱いで」と言われお互い下着姿で洗面室に。
そして綾香を全裸にして俺も全裸になって浴室に入った。
綾香の胸はBくらいだったが奇麗なお椀型で乳首も着色が濃くなく陰毛も少なめ。
女子高生化と思わせる体系だった。ちょっとずつ大きくなる俺のペニスを見て
「おっきい」と目を輝かせる綾香。大きいと初めて褒められた。
お互いの体を洗いあうと、俺のペニスをこすり出すうちに完全勃起した。
「大きくてかたい。やぱい、なめちゃうかも」とちょっと意味不明。
嘗めちゃうかも、と再度言ってから口に咥えた。俺の亀頭の根元を舌や唇で味わうように
嘗め回した。興味津々、と言う感じだった。もしかしてこいつ処女か?と思った。
激しい口撃に口内発射した。ゴクン、と飲み干して「たくさん出た。久しぶり?」と
聞いてきた。一緒に湯船に入り後ろから綾香のおっぱいや股間を触っていると
何度も振り向いてキスしてきた。軽く逝った綾香に誘われるように体を拭いてベッドに。
キスしてから首筋を舐めているときに壁の鏡を見ると喘ぎ声を出しているが薄目を
開けているのが見えた。なんか興奮して乳首からクリトリスへと舌を這わすと
喘ぎ声は多きすなるものの薄目を空けている。見ているのか癖なのかはわからないが
エロい顔になっていた。指マンもしていると逝ってしまった。合図の様に枕元から
コンドームを撮りだし装着。「入れちゃうの?」と今更ながらの質問。
答えずにワギナに亀頭を当てると目を閉じた。そして挿入。あまり使っていないような
奇麗なマンコに挿入。
「あぁ。。。裂ける。。。」と言われた。かなりしまりも良かった。綾香が手を伸ばして
キスをせがんできた。キスしながら腰を振るなんて学生依頼だった気がする。
喘ぎ声の中に「擦れる」とのフレーズが何回か出てきた。
そして綾香の中にフィニッシュ。今までの相手が方形だったらしく、亀頭のカリが
膣を擦るのが良かったらしい。コンドームを外すとお掃除フェラしながら頑張って
才勃起させようとしていた。そしてある程度硬くなると「今度は後ろから」と
おねだり。子宮をつついたりGスポットあたりを中心に腰を振っていると、
潮を吹いてしまうと同時に子宮口をつついていた時にかなり激しく逝ってしまった。
俺も急いで射精したがお互い疲れて横になった。キスしながら乳首を指で
もて遊んでいると今までの彼氏たちは短小方形て挿入では感じたことが無かった、。
アルコールが入るとHな気持ちになるので人前では飲まなかったことなどを
明かした。「でもNさんに秘密知られちゃった。今日はもっとして。亀頭のカリがこんなに
気持ちいいってわかっちゃったから責任取って」と再度愛撫された。
さすがに3回射精しているので完全復帰は難しいと思ったが69の体制になると
勃起した。でもコンドームが無いことに気づいた。
「もう何回もしてるからだいじょうぶでしょ」と言って生のまま騎乗位で跨ってきた。
最初腰を上下に動かしていたがすぐに疲れたようでクリトリスを俺の恁麼にこすり
着けてきた。綾香の腰をつかんで前後に動かすと「あぁ、これいい」と自分の好きなように
腰を前後左右に動かした。子宮をつついたりGスポットに当てたりと俺のちんこは
ディルの様に扱われる始末だった。俺も腰を振るとオーガスムスに達したようで
暫く動かなくなった。中出ししてしまったが、俺のザーメンは白くなく愛液と区別が
付かなかった。本当に疲れてそのまま寝てしまった。
朝起きると残念な顔の綾香の寝顔が見えた。再度見ることもないだろうと
綾香の体の隅々を瞼に焼き付けた。
俺がシャワーを浴びていると目覚めた綾香が俺と入れ替わりにシャワーを浴びた。
お互い服を来て何事もなかったかのようにホテルを出た。
 それから数か月に1度綾香に誘われて飲みに行っては徹夜でSEXをした。
ローターを膣内に入れてのSEXはかなり詩劇的だった様で、金曜日の夜にラブホで
十二分にHしたのに綾香の部屋にお持ち帰りされ、土曜日は寝てHしてと搾り取られた。
俺はどうしても残念なブスの外観に惹かれ高裁までは進めなかった。そのうちお互い
転勤となり、綾香が出来婚したと知らされた。酔った上でのことだったんだろうな、と
御もっがが他の同僚同様に祝福をしたのを覚えている。
4

2人のいびき

投稿者:もりた ◆cmpYP..TRE
削除依頼
2021/05/24 22:22:09 (wqPBjGhG)
いつも同室プレーする私達30代後半と同年代の夫婦と自宅でプレー後に
普段は終われば帰りますが相手の旦那さんが妻をもっと抱きたいと言うので
泊まりにして休憩がてらビールを飲みました、
飲み終えてから2回戦に突入して射精が終わればシャワーを浴びて水分補給に
またビールを飲んでました。

2回射精してビールも飲み過ぎてるから私も旦那さんも勃起が不完全で
妻達も疲れて眠そうだから妻と旦那さん、私と奥さんとで寝る事にしました。

奥さんと布団に入り少し話してたら妻と旦那さんは直ぐに寝たので邪魔しない様に
私達も寝ました、
深夜にふと目を覚ますと隣の布団に寝てた妻と旦那さんは布団を蹴飛ばし裸のまま
妻は股を広げ旦那さんもチンポ丸出しで寝てました。
最悪なのは妻も旦那さんもいびきをかいてとても賑やかです、
私が動いたから奥さんも起きてしまい旦那さんのいびきは結婚してから気が付いて
奥さんは慣れたそうです。
妻も酒を飲むか仕事で疲れた時はいびきをして私も慣れてますが妻と旦那さんの2人の
いびき攻撃はちょっと耐えれません。

私は奥さんと布団を居間に移動してドアを閉めました、2人のいびきは静かに聞こえ
ゆっくり寝れると思いましたが私も奥さんも裸のまま酔いも冷めて奥さんのムチムチの
身体にチンポも反応して堪らず奥さんにSEXをお願いして許してくれました。

急いで妻と旦那さんの寝てる部屋にコンドームを取りに行き準備万端で奥さんを抱きました
いつもは隣で妻と旦那さんが居てお互い見ながらSEXしますが誰にも見られないで抱いてると
奥さんを独り占めしてる気分でいつもより舐め回し旦那さんが居ないから生で入れたい気持ちですが
しっかり奥さんが私のチンポにコンドームを被せそのまま挿入し体位を変えながら3回目の射精をして
シャワーでお互い洗い流し再び布団に入り抱き合う形で寝ました。

いつもの癖で五時には起きるから朝ご飯の段取りをして妻を起こし奥さんも起きたので妻と奥さんが
朝ご飯を作って旦那さんも起こして4人で食べました、旦那さんはぐっすり寝てご飯も食べて元気が出たので
朝からチンポビンビンにして妻を求めて妻も笑いながら2人で布団に寝て抱き合ってから私達も誘いました。
奥さんから耳元で3回目は秘密と言われ私を寝かせ69でフェラして私も奥さんの膣を舐めながら朝一から勃起させて
隣が挿入したら私達も挿入少し射精に時間が掛かりましたが何とか4回目を出して同室プレーを終わらせました。

旦那さんから次回も泊りが出来たら宜しくと言われ帰りましたが今度はいびき対策を考え奥さんを抱こうと
考えてます。





5
1 2 3 4 5 6 ... 200
スレッド投稿フォーム
名前
トリップ()
E-mail
 ※任意
タイトル
本文

投稿文に自動改行は行われません、適宜改行を行ってください。 # タグ使用不可
画像認証

上に表示されている文字を半角英数字で入力してください。
◇掲示板利用規定 〔必ずお読み下さい〕
動画掲示板
画像で見せたい女
その他の新着投稿
?>
人気の話題・ネタ
ナンネット人気カテゴリ
information