ナンネットID のアカウントをお持ちですか?
 
 
[!] 強姦・痴漢・窃盗・露出・売春等は犯罪です。 体験談にはフィクションや妄想を投稿してください。 犯罪や違法行為を目的とした呼びかけや情報交換等の投稿、公序良俗に著しく反する投稿、宣伝、商用の利用を禁止します。[!]

不倫体験告白 RSS icon

短文の体験談は【禁断の木の実】に移動させて頂く場合が御座います。
1 2 3 4 5 6 ... 200
2015/03/30 19:58:42 (CX3Acx6c)
今年の2月に、rouige/不倫というサイトで知り合った育美さん。
既婚で旦那とのセックスレスだったのをきっかけに
興味本位でサイトにのめりこんだのが最初だ。

育美さんは36歳で身長160cmの普通体系で
女優で例えると中谷美紀のような感じの女だった。
移動の車中で話を聞いてみると
ちょっとした火遊びがしたかっただけらしい。
そこで、その日限りの付き合いをする為に
割り切りに走ってしまったみたいだ。

ホテルに入って先にバスルームに行かせた。
シャワー音が聞こえた時点で俺もバスルームに…
「きゃ!」と小さく悲鳴を上げて手で胸と下半身を手で隠すが
無理に引きはがさずにおどけて
「一緒にシャワーしようよ!」って感じのノリで観察。

張りのあるEカップの胸に真ん丸なお腹周り
薄い毛の綺麗なヘアー…
俺にとっては、どストライクだった!
その日俺が目指したのは育美さんをイカす事…
ひたすら優しく丁寧にクリを攻めてイカせた。
しゃべる声とは違う高い声を上げてイッた。
育美さんにとっては初イキ経験…
強引な事を一切しなかったし
10Kをもらってなおかつ気持ち良くしてもらったからか
凄く俺の事を気に入ったようで次週の約束を簡単に取り付けられた。

次の週にあった時に前回同様イカせた後に
スマタを頼んでみた。
警戒されたが
足を完全に閉じさせ股間にローションを垂らして
挟むスタイルで何とかOKを取り付けた。
クリを擦り付けるようにしたから育美さんもいい声を上げていた。
ここでも無理せず信用を得る事に専念した。
もちろん射精したが…
おかげで毎週会う約束を取り付けた。
サービスでもう1度イカせた。
3回目もで同じ事をしていよいよ4回目…
育美さんからは生理が来たら会えないからって
言われてたが当日まだ生理は来ておらず会う事ができた。
今回は狙っていた。
先に2回イカせてスマタに入る。
俺の動きにあわせて気持ち良さそうな声を上げる育美さん。
時間がたつと足が若干緩んで来るのは
わかっていたし穴の位置もほぼ掴んでいた。
俺のムスコは育美さんのでヌルヌルになっていたから
少し角度を変えたら穴の入り口に侵入できた。
育美さんが「えっ?嫌っ!ダメ!」と言うのを無視して押し込む。
下半身は既に育美さんの両足の間に割り込んでいるから
育美さんは足を閉じようとしても閉じられず
侵入するムスコに対して
「嫌〜!ダメ〜!こ、壊れる、壊れる〜!」
と声を上げるしかできない。
すぐに行き止まったが
お尻を掴みグッと押し付けるとムスコは全て育美さんの中に…
「ヒッ!」って声を上げて
育美さんがのけ反り身体を震わせている。
もう一段グッと押し付けると「はぁ〜!」と声を上げ
感じているようで中がヒクつくように動いていた。
事前のスマタでムスコも限界だったから我慢せず中出しした。
終わってから育美さんは
「ひどいよ…中に出された事ないのに…」泣いていた。
俺は勝負に出た。
「そっか、悪かったな…でも育美さんが気持ち
良かったからか足が緩んでて、ヌルヌルしてたか
ら入っちゃったんだよ…
じゃあ今日で終わりにしようか?」って言ってやった。
育美さんは困惑の表情を浮かべた。
俺はたたみかけた。
「だってこの育美さんの気持ち良さを知ったら
今までのじゃあ満足出来ないから
他の子を当たるよ…」って言ってやった。
「もう今までのじゃあダメなの?」育美さんが食いついてきた。
「掲示板を消さずに置いてたら10Kでって返事あったし…」
しばしの沈黙の後
「私じゃダメですか?赤ちゃん出来ないように
してくれたらその子と同じ条件でも…」
「いいのかい?」
「今されちゃったし…」
「それなら育美さんの方がいいよ!」
かかった!
そうしてキスしてやった。

それ以降代行輸入の避妊薬を中に入れて
定期的に10Kで中出しするようになった。
育美さんが中でもイケるようになってからは
生理の時には嫌がっていた育美さんも
他の子と…って揺さぶりをかけたらOKになり、本生で中に出してる。
ヘルスよりははるかに安上がりに楽しんでいる!
1
削除依頼
2015/03/27 22:44:39 (csMR3dMi)
桜の咲く季節になると、私の心になまあたたかい風が吹く。
風が、孤独な心を見透かすかのように、知らん振りして通り過ぎていく。
涙が心を濡らします。
このまま打ち枯れてしまうでしょうか?
ときめきが欲しい・・・

私は30歳になる専業主婦です。
結婚して7年、いまだに子供に恵まれません。
主人は私より5歳年上の35歳の会社員です。
結婚当初は、それなりの夜の生活もありました。
仕事が忙しいのか、3年目頃からは肌の触れ合いもほとんどなくなりました。
私に接する優しさは変わらないのですが、日頃の生活に覇気がないのです。
男と女の生活ではなく、兄妹のような生活へと変貌していきました。

主人の両親からも、子供のことについての話があります。
たとえ両親でも、夫婦生活について相談することは恥かしくてできません。

ふと、もしかしてこのまま年を重ねて枯れてしまうのでは・・・
先の見えない空しい生活が続いていました。
生きてる証が欲しかったんです。

私の男性経験について少しお話をさせていただきます。
私は中学から高校まで女子校でした。
男性に興味が無いわけではなく、それなりの憧れはありました。
高校生のとき、電車通学で朝よく顔を合わせる男性がいました。
でも、異性に関してはどうすればお友達になれるのか、その方法すら知りませんでした。
唯、心の内で思い憧れるだけの学生生活でした。
大学生になって20歳のときアルバイト先の上司が、私の始めての男性でした。
その方は40代の妻帯者でしたが、職場の女性の憧れの的でした。
私にとっても雲の上の存在の男性でした。
優しくて、職場の皆さんにも分け隔てなく接してくれる人でした。
ある日、偶然が重なって、その方と2人だけで残業をしなければならなくなりました。
残業も終わり、帰ろうとしたとき、お疲れ様でしたと上司の方から声をかけてきました。
仕事の労いも兼ねての食事の誘いでした。
私はその意外な誘いに、嬉しくて舞い上がってしまいました。
食事が終わり、まだ時間が早いからと居酒屋で少し飲もうと誘われました。
飲んだ経験もないお酒を進められるままに、がぶ飲みしてしまいました。
その後の記憶はありませんでした。
気がついたときは、ホテルのベッドの中でした。
衣服は身に着けていませんでした。
そばには、その方が寝ていました。
何がどうなったのか、記憶がありません。
下半身には不思議と、何の感覚もありませんでした。
恐る恐る聞くと、「思いのほか情熱的でよかったよ」と言われショックでした。
あっけない処女喪失でした。
その後は求められるまま、月に2回ほど密会を重ねました。
お互いが罪悪感を感じながらも、その関係は三ヶ月ほど続きました。
どちらからともなく、その関係は自然消滅していきました。
その後は、大学を卒業するまで男性とおつきあいをする機会はありませんでした。

大学を卒業して就職した会社が、今の主人との出会いでした。
同じ部署で仕事をする主人の姿に、新鮮な大人の男性を感じていました。
たとえそれが仕事上のことであっても、声をかけられるだけで嬉しく溜まりません。
きずくと、大きなときめきとなって、会社に行くのが楽しくてたまりませんでした。
そんな私を心を見透かしたように、主人からのプロポーズがありました。
有無を言わせない、そんな積極的な行動に戸惑いながらも嬉しくもありますた。
あるときは人影のない会社のビルの屋上で、無理やりにキスを迫られたり。
男女の関係になるのも、時間の問題でした。
そんな主人の行動すべてが、私には星の王子さまでした。

入社から一年もしないうちに、恋われるまま、結婚し専業主婦となりました。
そして、七年の歳月が私の心と身体を変化させていきました。

今のときめきは何年ぶりでしょうか?
二年前のあの人との偶然の出会いが、私の女としての心と体を目覚めさせてくれました。
あるカルチャセンターの講座での出会いでした。
週2回ほどの講座は、ただ受講するだけの目標のない日々でした。
1ヶ月を過ぎた頃、声をかけてくれた男性があの人でした。
歳は60歳くらいのロマンスグレイのダンディな男性でした。
一見チョイ悪親父と思われるような方でした。
帰る方向が同じだったのも幸いして何度か、お茶を飲む機会に恵まれました。
その方の、博識のある話は時間の経つのも忘れるくらいに私を夢中にします。
もう何年も忘れていた私の心に、ときめきの炎を感じました。
紳士的なその人の声、表情、会話の内容が日々私の心に火を灯し始めました。
数ヶ月たった3月の初旬、いつもの喫茶店で思いがけないことを知らされました。
仕事の都合で、四月の中旬には日本を離れなければならないことを告げられました。
私との会話の中で、海外での生活の事も話されてはいましたが、まさかこんなに早くお別れが訪れるとは思いもしませんでした。
残された日々をどう過していけばいいのか考えました。
今、これ以上深入りしないうちに分かれるのが2人にとって一番いい方法ではないか?
あの人に私が出来ることは何なのか考えました。
ある日、あの人から思いもかけない提案がありました。
お別れする前に最後の思いでつくりに、旅行にいかないかとのお誘いでした。
私にとって願ってもない、魅力的なお話でした。
大人の2人が旅行にいくことは、当然のことながらある覚悟をも意味するものです。
お別れの日が近い三月末の日でした。
主人には、実家の母の看病と嘘をついてでてきました。
行く先は、湯煙立ちのぼる山間の温泉宿へ一泊二日の旅行でした。
少し肌寒い風を受けながらのドライブでした。
山々には新緑のなかに、早くも山桜が咲き始めていました。
新鮮な空気を胸いっぱい吸いながら日頃の鬱憤を吹き飛ばすようなハイテンションな気分になっていました。
日が沈むころ、ようやく目的地の宿に着きました。
案内された部屋は、露天風呂付の広々としたすてきなお部屋でした。
目の前に広がる新緑の山の中腹には、山桜の花が僅かに咲き始めているようでした。
突然の驚きの声に、あの人は優しげな微笑を浮かべて、唯、頷いていました。
食事どころに案内され、またその食事の美味しさに驚きました。
宿の方たちが自らの手で育てられた棚田米、数々の種類の野菜、豊後牛、馬刺し、鱒の塩焼き、それぞれの地元の食材がバランスよく料理に活かされていました。
そして、ここの澄みきった空気がよりいっそう食欲を勧めるようでした。
食前酒として頂いた地酒と新鮮な料理が、二人の仲を更に近づけたようでした。
食事どころから部屋に戻るころにはすっかり日も落ちて暗闇の中でした。
足元を僅かに照らす灯を口実に、あの人の温かい体温を感じながら、そっと寄り添うように部屋に戻りました。
部屋に戻ってお茶を飲みながらしばらくお話をしました。
気持ちが高まり、意味もなく涙が溢れてきました。
驚いたように、寄り添ってくれるあの人の優しさにまた涙がでてきました。
優しく抱き寄せてくれるあの人の胸元で思いっきり涙しました。
自然の成り行きでした。
結婚してから初めての男性でした。
優しく抱き寄せられ熱い眼差しの中、唇にキスをされました。
夫とは違う優しい愛撫、その一つ一つが何かを確かめるかのような仕草でした。
気がつくと私の気持ちに呼応するような愛撫に、未知の心地よさを感じていました。
相手を思う優しい愛撫は、私を驚かせさらに息ずかいを高めていきました。
気がつくと2人して全裸の状態でした。
すべてをゆだねた私の身体は既に熱く燃えあがっていました。
彼の物が挿入されたとき、その逞しさと力強いセックスに、はしたなくも叫び声をあげていました。
そして彼のすべてを受け入れました。
耳元でささやく感謝の言葉に、女として至福の喜びを全身で感じていました。
その夜は、露天風呂に入って、またお互いを求めあいました。
優しく接してくれる彼、私を必要としてくれる彼、そして逞しい肉体とセックスに対する貪欲さに、本当の女の喜びを教えてくれました。
昨夜の火照った体が、心地よい湯船の流れる音にきずかされて朝を迎えました。
澄んだ朝の空気のなか立ち上がると、彼からそそがれた大切な物が流れ落ちる恥ずかしさに、なぜか頬を染めて幸せを感じました。

彼は一人で旅立ちました。
いつまた会えるかわからない彼を、今も待ち続けています。
2
削除依頼
2015/03/26 05:41:33 (NAexiBLZ)
昨日は、彼の誕生日でした。
「誕生日に経験させてあげるね」と約束してたので……私がリードしないといけないと思い、恥ずかしさもありましたが平 然を装いました。
離れたラブホテルに行き、それからいっしょにお風呂に入りました。 お互いの身体を洗いました。彼の身体はスベスベでうらやましいくらいでした。 大切な部分はあまり刺激しないように洗いました。 お風呂から出るとベッドに行き抱き合ってキスをしました。
でもその後彼にはどうすればいいのかわからないようで胸を愛撫するように 言いました。 ぎこちない愛撫でしたがそれはそれで嬉しく思いました。 私は私で彼のためにどうすれば良いのかと考えたりしていたので楽しめる セックスとまでは行きませんでした。 それでも無事に彼の筆おろしが終わりました。
3
2015/03/22 23:18:38 (7ZV4nGP4)
先日こちらで知り合った方と不倫しちゃいました。

私は今まで旦那としか経験がなくて他の人とするなんて想像もしていませんでした。
今の旦那に不満があるわけじゃないんだけど、なんだろう。刺激?ドキドキ?ダメなんだろうけど求めちゃって、遂に一線越えてしまいました。

ココに登録したらすぐにいっぱいメッセージがきたんだけどその中で写真付で送ってくれたトシさん(仮)がいて、その方と何度がやりとりしてました。トシさんは既婚者ですが単身赴任で一人暮らしなんだとか。

普通の会話のやりとりの中でトシさんのアソコが大きいという話になって写真をいただいたんです。
そしたらホントに大きい。というか長い。私の旦那は自分で13pくらいって言ってたんで、それと比べると15〜16pはありそうな感じでした。
写真を見ただけなんですが、勝手に色々想像しちゃって濡れてきてたのを覚えています。

それから何度かやりとりしたあとお互い時間が空いた時に食事をするって話になって、実際お会いしました。
写真と同じ方が来たので一安心。

私も実際会うってことはどうなるかわかってたんで食事と会話もそこそこにホテルに行きました。

お互いシャワーしてベッドで横になったんだけどやっぱり裸を見られるのは恥ずかしくて緊張してました。
でもトシさんが優しくリードしてくれて段々緊張も解れておっぱいとか首筋とか舌で刺激されてお尻に伝うほど濡れてきてました。

それからトシさんのアソコを間近でみたんだけど、実際のそれは旦那の1.5倍位の大きさに見えて、全部入るのかな?とか不安に思う反面早く入れて欲しいと思っていました。

トシさんがずっと体を舐めてばかりいるから私が我慢出来なくなって早く入れてって言いました。
それでも直ぐには入れてくれず、入り口を擦るだけでなかなか入れてくれませんでした。

20分くらいかな?ずっと焦らされてようやくトシさんが『じゃあ入れるね?生で入れるよ?』っていうから私も生でいいです。早く下さい。って言いました。
トシさんの大きなモノがゆっくり入ってくるその感覚と不倫という背徳感ですぐにイッてしまったと思います。

トシさんのアソコは私には大きすぎるようで正常位では全部入りきらないうちに奥に届いているようでした。
突かれるとおなかが押し上げられる感覚で息苦しいと感じましたが、子宮をゴツゴツ揺らされると段々気持ちよくなってきて何回もイかされました。

それから色々体位を変えたんですが、バックで入れられると深く入るみたいでお尻に当たるようになりました。
それが気持ちいいのかトシさんもずっとバックから一番深く突いてきました。

そのままバックでしているとトシさんがイキそうになるのがわかりました。
トシさんが『どこに出して欲しい?』って聞くから私は中にいっぱい出して!って言ったと思います。
トシさんのアソコがさらに固く、膨らんでくるのがわかりました。私はその瞬間が一番気持ちよくて声を出してイッてしまいました。

メッセージでピルを飲んでることは話してましたが、私も旦那以外の精子を受け止めるという行為で今までにない感覚でイッてしまいました。

ドクンドクン。結構長いように感じた射精の時間。私はお尻を上げたままぐったりしていました。

ようやくトシさんがすこし柔らかくなったアソコを抜いて私のアソコを指で開いて奥を見ながら。『ポッカリ開いてるよ。精液がどれだけ入ってるか見せてね』と言いスマホのライトで奥まで覗いて、写真を撮っているようでした。
私は動けずぐったりしていたのでされるがままで、顔が写らなければいいかなと思って何も言いませんでした。

そうしているとまたトシさんが元気になってそのまま2回目が始まりました。
2回目のトシさんはなかなかイキませんでした。私は何回イッたかわからないくらいイかされヘロヘロになってたんですけどね。

2回目もバックで終わりました。その時も写真を撮っていて、その写真を見せてもらいましたが、アソコの周りには精液が白く泡立って、アソコはポッカリ
開いてしまってました。恥ずかしい。

私はそのままぐったりしていたのですが、ふと時間を見ると旦那が帰ってくる時間が迫っており、焦ってシャワーもせずにすぐ着替えてホテルをあとにしました。

トシさんとは最寄りの駅まで送って頂いて、そこからは地下鉄だったんですが立っていると中から精液が出てくるのがわかり、周りにバレないか一人で凄い焦ってました。

家に帰ってすぐにシャワーをしたんですが、さらに大量の精液がアソコから出てきてビックリ。
大きいと出るものも大量なのかなと思ったのと、私で感じてこんなに出してくれたのかと思うと少し嬉しくなりました。

そうこうしていると旦那が帰ってきて、用意してた晩御飯を出して一緒に寝ました。

キライになったわけじゃないの。許してね☆
4
2015/03/22 06:51:13 (/jhT1EQr)
まだ○○生ですが告白されました。
息子くんの親友で……、遊びによく来る子なんですが、昨年の夏休みに私の紹介でパート先でバイトもしてるんです。
今年のバレンタインデーに息子くんたち4〜5人に義理ですけど、チョコをあげたんですよね。
そうしたら、彼だけホワイトデーに、ハンカチと「好きです。付き合ってください」とメルアドの書いた手紙を渡されたんです。
ちょっとした好奇だろうと思い傷つけないようにメールで断ろうとしましたが、逆に 何度かメールでお話していくうちに素直な想いを感じるようになり私のほうが好きになってしまいました。 でも、いけない事だと自分を抑えています。

5
1 2 3 4 5 6 ... 200
スレッド投稿フォーム
名前
トリップ()
E-mail
 ※任意
タイトル
本文

投稿文に自動改行は行われません、適宜改行を行ってください。 # タグ使用不可
画像認証

上に表示されている文字を半角英数字で入力してください。
◇掲示板利用規定 〔必ずお読み下さい〕