★少女との体験★
1:ご近所物語(7)
投稿者:[匿名] ◆ajgSi78S6k
  18/07/04 10:18 (z7iMfc97)


『なんで、そんな答えになーかねー?』

呆れた声で青山姉が反り返る。
『あんた、純子さんとちゃんと勉強しちょうかね?』
『・・・してる』
『嘘言いない、人(純子)の写しちょーだけだら?』
正解

『来年六年生になぁにぃ、こげに勉強出来んといけんでぇ』
逃げたい。このまま立ち去りたい。
純子が居ない時、青山姉に勉強を見てもらう様になったが、成績が伸びる訳でも無く、青山姉も匙を投げた。投げで愚痴を延々とされるから堪ったものではない。

『あー、お姉ちゃんもう無理!あんたに勉強教える自信無くなった。』
このタイミングで帰る(逃げる)事にした。居間の時計に目をやると5時20分。もう、純子が戻るのを待ってても意味が無い。きっと内海(康子)達グループと遊んでいるのだろう。
『青姉ちゃん、俺帰るわ』
『うん、そげすうか。お姉ちゃんも2階でちょっと寝るわ。じゃあな』
靴を履いて玄関を出る。振り返り手を振る。青山姉が玄関先で見送って手を振り返す。

垣根の外をトボトボ歩き、ふと立ち止まり、また振り返り見上げる。カナカナカナ・・・
ひぐらしの虫の音。ボーッと2階の窓を見ていると青山姉の部屋の窓のカーテンがそよぐのが見えた。

『青姉ちゃん、寝たかなぁ』そんな事を考え視線を戻す。



『はぁ、はぁ、はぁ、あっ、あっ、あっ!』

最近(納屋のエロ本で)覚えたバックスタイルで青山姉を激しく突く。
『青姉ちゃん!出る!』
ドバッ!ドクドクドク・・・・

帰りかけて、やはり気が変わり、再び青山家に駆け出していた。
玄関で荒々しく靴を脱ぎ、一目散に2階の青山姉の部屋に。窓と廊下のドアが風通しを良くするため開けっ放しだった。いきなり舞い戻り飛び込んで来た私に青山姉は目を丸くして立ち竦む。
着替え途中だったため学校指定シャツに脱ぎかけのブルマみっちり太ももに真っ白なパンツ。
私は何も言わず青山姉に抱きつきベッドに倒れ

(1/3) 次ページ



ヘルプ/
掲示板TOPへ
サイトに戻る

このスレッドを削除・依頼
*パスワードで削除
*この投稿を削除依頼

mobile NAN-NET