ようこそゲストさん。
ナンネットIDにログインしていません。
奪われた義母の巨尻 1
カテゴリ: 官能小説の館    掲示板名:人妻熟女 官能小説   
投稿の削除 パスワード:
1:奪われた義母の巨尻 1
投稿者: 浩二
真夏の日差しが照り付ける午後三時、駅前の温度計は今年最高の37度を表示していた。
出張帰りの篠田浩二は休憩をかねて個室ビデオの試写室に入った。
冷えたジュースを一気に飲み干してしばらく椅子に腰かけてネットで作品の検索にとりかかった。
好みのジャンルから巨尻・義母・50代・浴衣と検索し数本の作品から探し当てた一本に引き寄せられた。
あまりにも嫁の母に似ていたからであった。
作品は盆帰りに義母の待つ田舎に里帰り、未亡人の義母に妻にはない魅力に引き付けられて夜這いを試みる、深夜寝静まった二階の部屋に忍び込んで禁断の関係を持つといった内容であった。
浴衣姿の義母は戸惑うが白い豊満な肉体を婿に許しまうのである。

 篠田は久しくセックスから遠ざかっていた、それは妻が子供ができてからは何かと拒むことが多くなったことであった。
個室の空間はそんな篠田を誘惑するかのように義母との激しいセックスの生々しいシーンが映し出された。
篠田の股間はパンパンに張り思わずテッシュ箱に手が伸びていた。

 
もやもやした気分が個室を出てからも続いていた。
「くそっ・・」
篠田は妻の涼子にメールを送った。
 (今日は帰れない、明日午前中に帰る)
短いメールを送ると暫くして返事が返ってきた
( お疲れさま、丁度私も友達とお食事の約束、ゆっくりしてきて)

篠田は車に乗ると妻の在所の方向へ車を走らせていた。
二時間も走らせると大宮の外れの郊外にでた、久しく行っていないせいか街は随分と変わっていた。
妻の在所には夕方6時を回っていて日も落ちていたが、昼の猛暑の熱い空気はどよんでいた。
車を止めると丁度義母の早苗が買い物から帰ってきたところだった。
「まあ、浩二さん」
突然の訪問に驚いている様子だった。
「おじゃまします、出張帰りで寄ったんですが涼子も今夜家にいないんで・・」
「そうなの、じゃあ泊まっていって下さるのね」
早苗は満面な笑顔で迎えてくれた。
垣根で囲われた古い家であるが周りは閑散としていて静かなところである。
早苗は浩二を家に迎え入れると手際よくビールとつまみを用意した。
「義母さん、お仏壇お参りさせていただきます」
浩二はまず仏間に線香をあげてから居間に入った。
「もう5年ですかね」
「そうね、早いわねお父さんが亡くなってすっかり老け込んでしまったわ」
早苗はそう言ってビールを浩二に注いだ。
「義母さんは若いですよ、お顔なんか艶々して羨ましいですよ」
「まあお上手ね」
早苗は少しはにかみながら微笑んだ。
「今晩はゆっくりしていってね、今お風呂入れますから」
やはりさっき個室で見た女優によく似ていた、義母はまだ五十路に入ったばかりで色気は十分感じさせる、大きな尻と切れ長の目、程よくついた肉体は妻にない魅力であった。
暫くすると早苗は台所で夕食の支度をはじめた。流し台に背を向けながら浩二に声をかけた。
「もうお風呂入ったころよ、浩二さん後から浴衣持っていくからお風見てきて」
「ハイわかりました」
コップのビールを飲み干すと立ち上がって浴室に向かった。
浴室の脱衣場に立つと浩二はあたりを見ながら服を脱いだそして浴室のドアを開け丁度になった湯栓のノブを止めた。
洗い場の腰かけに座ると湯船から汲んだ湯を頭からかけ流してゆっくり湯船に身を沈めるのだった。
暫くすると早苗の声がした
「浩二さんここに浴衣置くから、下着は洗って置くね」
「ありがとうございます」
浩二は返事を返した。
そして浴室の曇った鏡に映し出される義母の裸体が脳裏に浮かんだ。
あの艶かわしい白い裸体、あの巨尻を受けるこの座椅子、いつの間にかビデオで見たシーンを思い浮かべ浩二は妄想に更けていた。




2017/07/17 23:35:01(qRJzuR8N)
2
投稿者: 浩二
奪われた義母の巨尻 2

 (俺はなぜここに来たんだ・・・俺は妻の母を犯す為に来たのか・・・そんな事許されない)、
浩二は自問に苦しんだ、しかし脳裏から激しい義母とのセックスのシーンが離れられないでいた。
鏡に映る自身の顔を写した、いつもの温和な顔が引きつり硬直したペニスをいつの間にか握っていた。
遣りたい、あの大きな尻を抱え今まで溜まったモノを吐き出したい、いいでしょ義母さん。
一方で許せない自分があった、妻との関係、義母との関係それはだめだ・・・。
浩二はやるせない気持ちを抱えながら泡立たせた手でペニスを刺激させて欲望を吐かせたのだった。

浴室の棚を見て浩二は男物のカミソリとシービングクリームが置いてあるのに気が付いた。
何故だろう・・もう義父が亡くなって5年も経つのに、それは俺の為か、その時はそう思って浴室を出た。
すでに食卓には早苗が作った手料理が食卓に並び新たにビール数本が置かれていた。
「お先に失礼しました」
浩二に用意された浴衣は糊でパリッとし仕上がって着心地がよかった。
「浴衣お似合いね、丁度ピッタリね」早苗は浩二を見てそう言った。
丁度そこへ早苗の携帯の呼び出し音が響いた。
「もしもし」
早苗は携帯を取ると廊下の辺りに姿を消した、しかし会話はしっかり聞き取れた。
「ごめんなさい、今日お客様がいらして・・・そんなんじゃないわ娘婿なんです、またお電話します」
どうやら男性だと直感でわかった、そういえば浴室のカミソリ、糊付けの男物の浴衣、もしかして義母には男がいるのではと思った。

「さあ食事しましょうか、何もないけど遠慮しないで食べてね」
「ありがとうございます、義母さんも、お酒呑まれます」
「ええ頂こうかしら、浩二さんと久しぶりだもの」
早苗はコップを差し出した。
汗ばんだ丁シャツから伺える豊満な乳房がブラを透して浮かんでいた。




17/07/18 16:45 (7S/7NnGz)
3
投稿者: 浩二
奪われた義母の巨尻 3

「どうなの二人目は、芯ちゃんももう5歳でしょ下が欲しんじゃない」
会話はやはり孫のことである、年に二回ほど涼子と子供を連れて帰るのだが寂しいらしい。
「なかなか出来ないんです、子供が生まれてから夜はさっぱりなんです、義母さんもそうだったんですか」
浩二は思い切って涼子とのあいだの愚痴をこぼすのだった。
「それは涼子だめね、私の場合はひとりしかできなかったの、最も主人がね・・」
早苗は恥ずかしそうに微笑むとビールをグッと飲み干した。
「義父さんがどうしたんですか、教えてくださいよ」
浩二は意地悪そうに迫った。
「あまり好きじゃなかったみたい、フフ 大抵は男の人って好きでしょう」
「そうですね、義母さんのような綺麗な方だったら毎晩でも」と言って浩二も照れ笑いした。
そんな会話をしているうちにすっかり時が進むのを忘れていた。

「浩二さん今夜は下にお布団敷いたからそこで休んで、私、お風呂に入ってきますから」
夕食の後始末をしながら台所で洗い物する早苗が言った。
浩二は残っているビールを呑みながら早苗の後ろ姿を見つめていた。
白いスカートから延びる足を見つめながら視線はやはりはち切れそうな巨尻であった。
想像するだけで浩二の顔は硬直し、まるで狼が雌豚を狙いすましているような視線に豹変していた。
早苗はかたずけが終わると二階の部屋に上がりやがて浴衣を小脇に抱えて浴室に向かった。
浩二はしばらくして立ち上がるとトイレに用をたすついでに浴室の様子を探っていた。
電灯で浴室にいる早苗の気配を見て取っていた、時折湯船から組み流す音、洗面器を置く音までが響いて聞こえた。
浩二は横の勝手口から出て浴室に回り硝子戸から中を覗き見することを試みた、浩二は背が高く暗闇から覗き込むに障害はなかった。
熱帯夜の晩である、浴室の窓は20センチほど開けられていた。
浩二はそーと窓際に立つと洗い場に座椅子に座って髪を洗う早苗が見て取れた。
真っ白な肌、黒髪、座椅子を覆い隠すほどの巨尻に思わず唾を飲み込んだ。
「おお凄い・・・」思ったよりくびれた腰からむっちりとした尻が浩二を驚かせた。
(遣りたい・・もうダメだ、欲望をおさえられない)
浩二の胸の鼓動が激しく打つのを感じていた。


 早苗は浴室から出ると白地に紺の花柄の浴衣姿で洗った髪をタオルで拭きながら艶っぽい顔で居間に入ってきた。
「浩二さんまだ起きてたの、私、先に休ませていただくわ、おやすみなさい」
そう言って二階に上がる階段に向かった、浩二はそのあとを追うように階段を上る早苗の姿を下から見上げていた。
階段を上る浴衣姿の早苗は更に艶っぽかった、今夜を逃したら・・そう決意すると浩二もそのあとを追った。
早苗は部屋に入ると押し入れから布団を出していた、そこへ浩二が入ってきたので驚いた。
「どうしたの・・・」
「義母さん・・・もう限界なんです」
早苗は浩二の様子の異変に困惑していた。
「何かあるの・・」
「義母さんのことが気になって寝れないんです」
ようやく浩二の思いを感じたのか後へ身を引いた。
「だめよ、だめ」
「ごめんなさい、許してください」
浩二は早苗の腕をつかむと布団に引き込むのであった。










17/07/18 23:33 (7S/7NnGz)
4
投稿者: 浩二
奪われた義母の巨尻

「浩二さんダメよ、本当にダメ」
「義母さんさっき言ってらしたでしょう、男はあれが好きなんです」
浩二は素早く早苗の浴衣の襟元から手を差し伸べた、柔らかな乳房の感触が堪らない。
「いや・・」
瞬く間に浴衣の前が乱れて豊満な乳房が露出しプルンと揺れた。
浩二の手がそれを掴むと乳首を口に吸い寄せた。
「あああ・・・・いけないわ」
  チュチュ  ジュジュ
蛍光灯の白銀の光に照らされた早苗の乳房は浩二の虜にされたのである。
すでに浩二の一方の手は早苗の下腹部からショーツに手をかけ徐々に剥ぎ取ろうとしていたが巨尻にパンパンに食い込こんでままならないでいた。
早苗はもがけばもがくほど浴衣は乱れ、白い腿が露わになっている。
体力の消耗なのか早苗の抵抗は序じょに弱くなっていた。
浩二はそれを感じ取って一気にショーツを引き下ろし無防備になった下半身に顔を埋めるのだった。

「浩二さん・・・あぁぁ〜」

「どうです義母さん、もうこんなに・・・」
 ズズズ〜  ズズズ〜
やはり義母には男がいる、こんなに濡らして男を待ち受けている。
こんもりと茂ったヘアーもいやらしく見えた。

「義母さん、俺のペニスこんなになってます」
浩二は起き上がって浴衣を脱いだ。
ブリーフからはみ出たペニスはすでに先走った汁を光らせながら早苗の顔に押し当てられた。
「・・・・・」
「こんなになっていても涼子は無視するんです、これでは子供もできないでしょう」
「ごめんなさい浩二さん」
「義母さんが悪いんやないですけど、このやるせない気持ちわかってほしいんです」
「すみません、今夜だけは私で慰めて」
早苗は乱れた髪を手ぐしで掻き上げながらペニスを咥え込んだのである。
「うう・・・いいです、凄く気持ちいいです」
早苗の舌はペニスに絡みつく様にねっとりと刺激してきたのである。
暫く浩二は目を閉じて快感を味わっていた。

「そろそろ入れてもいいですか」
早苗は無言で首を下げ浴衣の帯紐を自ら解きはじめた、そして一糸まとわぬ肉体を曝すのだった。
見事な裸体である、Fカップの乳房、くびれた腰から肉付きのよい巨尻、形の良いヘアーである。
「浩二さん灯り落として、そして今夜のことは娘には内緒よ」
「了解です、おれ本当にうれしいです、こんな美しく妖艶な女性の裸初めてです」
蛍光灯を消すと小さなスタンドに灯りをともすのだった。
早苗は布団に仰向けに寝て浩二を待った。

「いきますよ」
硬直したペニスを手で掴んで脾肉の入り口に誘い入れた。
「ぁぁ〜」
微かな声が耳に届くと浩二は奥へと沈み込ませていった。
いよいよ始まった禁断への絡み合いがこの寝室で行われようとしていた。
 






17/07/19 09:18 (SntPTIln)
5
投稿者: マックス
続きが気になります>_<
17/07/19 12:29 (Nnvzw5YQ)
6
投稿者: マックス
実話ですか?!
17/07/19 12:30 (Nnvzw5YQ)
7
投稿者: 浩二
奪われた義母の巨尻 5

「義母さん見てください、俺のペニス根元まで入って凄くいやらしいですよ」
浩二は互いのヘアーから見え隠れするペニスを興奮のまなざしで見ていた。
早苗は目を閉じていたが次第にランダムに動く浩二の腰使いに顔を歪ませ口から洩れる喘ぎ声が浩二を更に駆り立てた。
時々乳首を咥えたりしながら正常位で行為を続けた。

「さあ体位を変えましょう、騎乗位でいきますよ」
早苗は言われるままに体を起こして浩二の腹の上に跨いでペニスを受け入れた。
腰を沈めると浩二は早苗の乳房を両手で受け止めて揉み上げた。
乱れる髪を手で掻き上げると重量感のある巨尻が蠢き始めた。
「いいですよ、さあ腰を使って・・・・そう、気持ちいいです」
浩二も腰を上下に激しく突き上げた。

タプタプタプ

「ああ〜いいわ〜」

遂に早苗が自らの口から洩らした声を浩二は聞き逃さなかった

「いいでしょう、若い男の味を十分楽しんでください」
スタンドの明かりに浮かぶ肉体と襖に浮かぶ揺れる影が怪しく映っている。

「義母さんシックスナインでいきますか、お互い嘗め尽くしましょう」
今度は浩二が早苗の上に覆いかぶさるように乗ってヘアーの下に顔を埋め舌の先を割れ目に這わせて舐め上げた。
早苗も口で受けるように咥え込むとズズズと音を立ててしゃぶり始めた。

生々しい光景が暫く続くとやがて誰からともなく離れると早苗は四つん這いになり浩二は無言で背後に回った。
汗と体液で早苗の肉体は強烈なフェロモンを発していた。
鏡台に向かって正面に這う早苗を見ながら巨尻を浩二は抱えた。
「いやらしいお尻してますね、義父さんも心残りだったでしょう・・・義父さんの分まで楽しませていただきますよ」
「・・・」

「いきますよ」

腰がグイっと入った

「ああ・・」

激しい腰使いが部屋を揺らすようにきしんだ。

「浩二さん、いい、凄くいいわ」

早苗の巨尻も浩二に合わせるように蠢いた

鏡に映る早苗の快楽に歪む顔とゆらゆら揺れる乳房、波打つ下腹部、超熟した義母の肉体は男の射精を促していた。

「いいです、うううううう・・・逝きますよ、あああ〜」

 


マックス様、閲覧ありがとうございます。
あくまでも小説ですが、あなたにこんな魅力的な義母はいますか。


17/07/19 23:59 (SntPTIln)
8
投稿者: マックス
ID:max2010
続編を拝読致しました。
勿論、魅力的な義母がいるはずもないが故にフル勃起してしまいます。早苗が欲しい。
17/07/20 05:58 (3GLVCZ.4)
9
投稿者: 浩二
奪われた義母の巨尻 6

 熱いマグマが吹き上げると早苗の巨尻が ピク ピクと反応し受け止めた様子であった。
浩二は巨尻を抱きかかえたまま最後の一滴まで放出した、吹きこぼれたマグマは割れ目を伝い太腿へと伝っていた。
暫くの間をおいて二人は崩れるように布団に倒れた。
「義母さん好きです」
浩二は早苗の唇に唇を重ねた。
「浩二さん涼子を許してね、私の方からもうまく言っとくから」
「もう気にしないでください、涼子のことはもういいです」
浩二の言葉にはすでに義母早苗へと気持ちが変わってきている事を意味していた。

「明日があるから私シャワー浴びて休みます、あなたはここで休んでて私下で寝るから」
早苗は起き上がると乱れた浴衣を拾い上げ下着をつけるとけだるそうに階段を下りていった。

翌朝浩二は浴室でシャワーを浴びて気まずそうに帰宅の準備にかかっていた。
早苗はすでに台所で朝食の準備を済ませていた。
「おはようございます、ゆっくり休めたの」
意外な義母の明るい声に驚いた。
「夕べは僕のわがままですみませんでした」
体裁悪そうに浩二は素直に昨夜の行為をわびた。
「もう気にしないで、早く家に帰ってあげて」
そんな優しい声をかけてくれた早苗が堪らなく愛おしかった。

「お義母さん、男のお友達いるんですか」
食事を済ませた浩二は帰りしまに早苗に尋ねた。
「何よ急に・・・どうして」
「なんのなくそんな感じがしたものですから」
「そうね、お付き合いしているというか・・・」
戸惑った早苗の態度にそれ以上は聞かなかったがやはり義母には男がいるのだと確信していた。

浩二は車中複雑な感情を持ちながら早苗のことを思っていた。
それは妻よりも義母に特別な感情が芽生えていること、そしてこの義母に新たな男性の影があることに嫉妬を感じていたことだった。

 そんな頃、早苗に電話がかかっていた。
「早苗、夕べは行きそびれたが今夜はいいんだろう」
男の太い声がした。
「夕べはごめんなさい、今夜はいいわ」
すまなさそうな声で男に返事をした。
この男の正体は亡き夫の義理の兄であった、夫の闘病中抱えた借金の返済に力を貸した男である。
それをいいことに一回りも年上でありながら妻の目を盗んで美しい早苗に目を付けたのである。
三年前の法要の晩、独りになった早苗の家に押し入り不貞をはたらいた三木徹であった。

三年前・・・・

玄関のチャイムの音に早苗は急いで玄関に出た。
「あら兄さん、忘れ物でもなさったの」
三木は酒の匂いをさせながら赤い顔をして入り込んできた。
「少しここで休ませてくれ」
早苗は困惑したがとりあえず家に上げ居間のソファーに案内した。
「早苗さん暮らしはもう落ち着いたか」
「ええ、お兄さんのおかげで何とか暮らしています、感謝しています」
「そうか・・・」
暫く出されたお茶を飲みながら早苗に言葉を投げかけた。
「旦那も亡くなって二年になる、あんたもまだ若い夜の方も寂しいんじゃないのか」
突然の言葉に早苗も戸惑った。
「いいんだよ、誰も口には出さぬがわかている、独りで慰めているんだろ」
「・・・・・・」
三木はうつむく早苗の方を見てニヤリとした。


17/07/21 03:43 (syPxwwW7)
10
投稿者: 浩二
奪われた義母の巨尻 7

「俺に抱かれてみないか、悪いようにはしない」
「今日は夫の命日です、帰っていただけませんか」
早苗は遠慮気味に言葉を返した。
「命日だから来たんだよ、もう忘れろ、あんたも忘れたいんだろ忌まわしいことから」
暗に借財の肩代わりを臭わせた。
「いずれ返しますのでもう少し待っていただけませんか」
「返せとはいていないぞ、お前さん次第だ」
三木は早苗の手を握った。
「困ります」手を素早く振り払った。
「ほ〜う、そう出たか、しかし俺はその気で来ているんだ」
三木は強引に抱きすくめると必死に抵抗する早苗を仏間に引き入れて倒し喪服姿の裾から強引にショーツを引き下ろした。
「やめてくだい、いや〜」
喪服の裾から白い肢体が覗くと瞬く間に着衣は解かれ下着からはみ出した乳房、臀部が三木をさらに掻き立てた。
「いいオッパイしてるぜ」
  うむむむ  チュバ チュバ 
必死の抵抗も大柄な三木に完全に組み伏せられて熟れた肉体は次第に貪る男の餌食となっていく。
「やめて〜」
「これからだぜ・・気持ちよくさせてやるよ」
三木はズボンのポケットから小ぶりの珍物を取り出すと早苗の腿を割ってこじ入れた。
新型のオナグッツ暖の「後家殺し」と呼ばれるモノである、穴に入り込むと膨張し自動でバイブが入る仕掛けである。
Gスポットを刺激して女性を快楽のるつぼに陥れるものである。

案の定、早苗の抵抗がやんで微かな吐息が漏れ始めると腰をくねらせ始めたのである。
「いいだろう、もうこんなに濡らして・・・いいケツしてるぜ、このケツ、男なしでは可哀そうだぜ」
三木はまず上着のポケットからスマホを取り出すと写真に何枚か収めた。
そしてズボンを下ろすと早苗の顔の前にペニスを突き出してフェラを要求した。
「おい早苗さんよ、旦那にしたようにやってくれねえか」

反応がないと三木は早苗の顎を持て強引に差し入れるのだった。
小さな仏壇が置かれ線香の煙が漂う6畳間、理不尽な三木の不貞が行われようとしていた。

「あなた〜・・・・許して」







17/07/21 11:53 (syPxwwW7)
11
投稿者: (無名)
続きお願い致します、オマンコの匂いとかも教えてください
17/07/22 05:29 (RiP02W8k)
コメントを投稿
投稿前に利用規定をお読みください。
名前
メール
本文
スレッドを上げない
画像認証

上に表示されている文字を半角英数字で入力してください。
 
1 26 次 ≫
Copyright © ナンネット All Rights Reserved.