ナンネットID のアカウントをお持ちですか?
 
 
[!] 強姦・痴漢・窃盗・露出・売春等は犯罪です。 体験談にはフィクションや妄想を投稿してください。 犯罪や違法行為を目的とした呼びかけや情報交換等の投稿、公序良俗に著しく反する投稿、宣伝、商用の利用を禁止します。[!]

男装・女装体験談 RSS icon
※体験談以外の書き込みはNG

1 2 3 4 5 6 ... 200
2019/02/20 18:17:10 (58hn.2o3)
体験談の出だしは間違って「ゲイの体験告白」に載せてしまいました。なので続きはこちらに書きます。

なんてないどこにでもいるごくごく普通の中年サラリーマンだった私。ちょっとしたきっかけで女装することを覚え、無駄なぜい肉もなく痩せ型だった体型と薄い小顔が功を奏し、熟女に変身してアンダーグラウンドな世界に足を踏み入れることになった。女装愛好者や女装が好きな変態様が集まるオフ会で知り合った60代の男性に1年かけてM属性を開化され、今では家族に内緒の自分にとって最高の趣味を見つけてしまった私。今ではご主人様と呼ぶ60代の方に「今度は知り合いの女装女王様におまえを責めてもらうぞ。」と宣言されたその日がやってきました。当日朝早く家を出て借りているレンタルオフィスで女装をはじめる私。1年以上かけてなんとか外出できるぐらいの技術を身につけ上はおとなしめな紺のワンピース、中身はご主人様に買ってもらった革のハーネス、大型犬用の首輪、黒ガーターに刺繍の入ったドスケベニーハイストッキングとショートブーツでご主人様の車が待っている駅前広場まで、定刻に着きます。車に乗るなりワンピースのスカートをめくるご主人様。「お〜う、いやらしいのつけてきてるな…今日は女王様にいじめてもらえるから、興奮してるだろ?」「ご主人様以外の方とプレーするのが初めてなので怖いです…」「ま、心配するな、相手は何年も女装で活躍してきてる子、俺に見せている変態を晒せばいいんだ、わかったか?」そういって車内でディープキスをしてくるご主人様。車を走らせること20分、街でも有名なシティホテル。「この姿なら女でもいける、部屋にいくぞ、女王様がお待ちだ(笑)」フロントを通らずエレベーターに乗りドキドキが止まらない私。その間ご主人様は私のお尻をスカートから忍ばせずっと触っています。チャイムを鳴らすと中から真っ黒なショートボブウィッグ、きつめのメイク頼むぞを施した若かりし頃の加賀まりこ風の女王様。「竹さん、ご無沙汰ぁ、お元気だった?」
「レイラちゃんも相変わらずきれいだね。」「もぉ嬉しいお言葉ぁ、あら。この子ね…最近ゲットした奴隷ちゃん。」見た目のきつさとは裏腹に明るく粘っこいオネェ言葉で話す女王様。「ふ〜ん、けっこう年だっていってたけどきれいじゃない?お肌もきれいそう、きっとお家ではいいパパしてるんでしょ?」私の頬をさすり頭から爪先までなめるように品定めする彼女。
「竹さん、見た目いいわよぉ、気に入った…ドマゾに仕込んでるでしょ?」「ま、一年ほどかけてね、素直で敏感な身体に仕上げてる、年齢のわりにタフだしいじめがいはある。」「私さぁ、若い女装子専門だったんだけど飽きちゃってね…根性ないしわがままだし、一回出しちゃったら、すぐ冷めちゃうでしょ?だから大人のいやらしいいくらいじめられても根を上げない奴隷ちゃん探してたのよ。」「おいおい、こいつは俺のだぞ、機会があれば貸してやるが。」「今日遊んでみて考えてよ…可愛いドMちゃんにもっとしてあげる。」そういって羽織っていたバスローブを脱ぎいかついボンテージ姿になった30代後半とおぼしき女王様。「あ名前は?」「あ、るあです。」「こいつ釣りが趣味っていってからふざけてつけてやった。」「なるほどルアーのるあね…こっちにいらっしゃい…」私の手を引っ張りソファーの横に座らせる女王様。「いい?今から私が貴女の主よ、ちゃあんと言うこと聞くのよ…ふふ、聞かなくても聞かせるようにするからね…」私を再び前に立たせ、「すぐさま、ワンピースを脱ぐっ!」長い黒革のブーツでスカートをまくる女王様。「るあ、ちゃあんと言うこと聞いておねだりするんだぞ、でないと今後も奴隷として遊んでやらない。」背後から耳元で囁かれる私。「レイラ女王様、本日はるあをたっぷりご調教くださいませ。」マゾスイッチが入った私はワンピースを脱ぎ、黒革ハーネス、エロ下着姿に。「すっごい変態さぁん〜きれいよぉ、るあ…で、なに突っ立てるの槌女王様の前では土下座と正座でしょ?」「はい、」「はいじゃない、間違えたら申し訳ありませんでしょ?わかってないわね…」正座した私の頭を床に押し付け後ろに回り平手で何度もスパンキングするレイラ様。「可愛い小尻ぃ〜後でここもたっぷりお仕置きしてあげるからねぇ〜で、そのまま私のブーツをきれいに舐めてピカピカにしてちょうだい。」どっかとソファーに座ったレイラ様は私に奉仕を命じます。お昼から長い調教の時間の始まり。
1

義理姉の調教

投稿者: ◆x3ehW5FsSU
削除依頼
2019/02/20 05:53:28 (Uu6/s.am)
義理姉に小学生から調教されてます。
まだ兄が中学生だった頃
兄と付き合い出してた義理姉
兄は、義理姉とエッチする前から母を抱いてた。
その頃は、まだ兄が荒れていて怖い時です。
たまに遊びに来てた母のママ友の義理姉を
母を使って襲った時に
襲った兄が逆に犯されてました。
義理姉のほうが数倍強く兄は、三回も吸いとられて部屋に逃げて行きました。
義理姉は、そのあと母を風呂場に連れていき女同士のエッチを
私は、その頃いつも隠れて見てた。
その日から義理姉が来ると兄とエッチをするようになってました。
兄は、牙を抜かれたようにおとなしくなってた。
私は、そんな義理姉みたいになれたらなって思うようになりました。
兄に抱かれた後にいつも母ともエッチしてた。
義理姉が母とエッチしてるときに脱ぎ散らかした。
義理姉の下着をくすねて間違えて母のもくすねてましたが
それを着て女装を始めてました。
兄が高校に入学すると義理姉は、若作りして女子高生の制服着て来ました。
体型もダイエットして細くなってた。
もともと顔は、童顔の義理姉で若く見えてたけど
制服着てる義理姉は、どう見ても女子高生そのものでした。
そんな義理姉は、少しして家に住み込んで兄の部屋で寝泊まりです。
母は、そんな義理姉のために女子高生が着るような下着や服を揃えた。
そして義理姉を娘のように扱ってた。
私は、義理姉が着た下着や服を洗濯かごからくすねて女装してました。
中学入学前の休みの時に
誰もいないと思ってたから女装したままで家の中をうろうろしてたら
義理姉が帰って来て見られてしまいました。
義理姉は、怒りもしないで私の手を引いて
私の部屋に行きました。
私と並んでベッドに腰かけて
私に質問してきました。
瞳は、女の子になりたいの?って質問されてた。
私は、その質問にどう答えたら良いのか迷ってた。
そんな私を義理姉が立たせると
スカートが捲られて義理姉のショーツを履いてるのを見られてしまいました。
義理姉が下着を見てお母さんのショーツをはいてるのねって
私は、義理姉のショーツだと思ってたのに母のショーツだった。
義理姉がショーツをおろして私の小さいペニスを摘まんだと思ったら
義理姉の口の中に包茎の私のペニスが義理姉の舌で刺激されて勃起すると
口を離して包茎の皮を剥いてきとうをだして
舌先でチョロチョロ舐めます。
私は、その刺激で初めての射精を義理姉の口の中に出してました。
義理姉は、こぼさないで全部飲んでました。
そのあと義理姉に私を裸にすると
義理姉も服を脱いで裸に
義理姉の裸を目の前で初めて見たけど
母の裸を盗み見たのと違い
張りのある裸でした。
義理姉にベッドに寝かされると
義理姉がまだ勃起してる私のペニスを摘まんで中に
義理姉の中に入れられた私のペニスは、気持ちいいのと
義理姉の中で締め付けられるのとべつに
中で虫がいるみたいなのが動くような感じがしてた。
その気持ちよさで今度は、義理姉の中にあっという間に射精したのに
萎まないまますぐに射精してた。
精子も出なくなるまで義理姉の中に出すというより搾り取られてた。
私から離れた義理姉が私に
まだ女の子になりたいの?って聞いてきた。
私が答えられないでいると
今度は、義理姉が母とエッチしてるときのように私を抱きます。
私は、ペニスを触られるより感じてた。
その時に私は、女になりたいって思った。
義理姉にそれを言うと
義理姉がほんとねって言って
その日から女になるための調教が始まりました。最初は、私のペニスが勃起しなくなるように調教がされるのと
義理姉が女性ホルモンを私に飲ませ出しました。
2
2019/02/19 22:46:12 (6Qbn0g6t)
今日は会社帰りなので男の格好ですけど、休みの日は女の子の格好で過ごしてます。
でも先週末は用事があって女装できなかったのでムラムラしちゃって、帰りがけにドンキでエッチな下着買っちゃいました。
帰ってから履こうと思ったんだけど我慢出来なくて、トイレで着替えました。
これだけはいつも持ってる小さなバイブをお尻に入れたら、もっと我慢出来なくて途中下車して時々くる発展トイレに行ってみました。
雨だから駄目かなぁって思ったけど、トイレに入ったら一人おじ様がいて、小便器でエッチなパンティばっちり見られちゃった。
おじ様が隣に来て、「可愛いパンツだね」って言いながら、お尻揉まれて結局そのまま個室へ入りました。
おじ様のおちんぽおしゃぶりしてたら、元々おじ様は別の人と約束してたみたいで、携帯で連絡取り合って、もう一人加わりました。
おじ様のおちんぽしゃぶりながら、もう一人の方に掘ってもらいお尻の上にたっぷりと掛けてもらいました。
今買ったばかりのパンティはもう彼のお汁でベトベトになりました。
おじ様はあまり勃ちが良くなかったので、攻守交代しておじ様が私のおちんぽをしゃぶってくれました。
もう一人の方も私の乳首弄りながら最後まで見守ってくれて、最後は二人に見られながら射精してしまいました。
3
2019/02/19 16:02:40 (R.3aioNr)
昨日、久しぶりに映画館へ行きました。
でも平日だから人が少なくて…
それでもお二人の男性と一人の女装子さんに遊んで頂いたのですが…
夕方になって人もかなり少なくなって来たので、早めに映画館から出て近くの池をお散歩(*^_^*)
誰か声を掛けてくれたらなぁo(^-^)oワクワク
なんて考えてると一人の男性に声を掛けていただいちゃいました(^_^)ゞ
そんなに寒くなかったのでベンチに腰掛けてお話をしてると、その人の手は盛んにさくらの腰や太ももをサワサワ…
だんだん気持ちよくなったさくらは思いきって「これからどうします?」と尋ねるとホテルに行こうかと言われたので一緒にホテルへ(^_-)
部屋に入ってさくらが先にシャワーを浴びてその方がシャワーを浴びている間にさくらは下着姿で(もちろんローションも仕込んで)お風呂場の入口で正座をしてると、シャワーから出て来た彼の足元からキレイに汗を拭いてあげました。
その姿に興奮した彼のおちんちんは、カチカチに…
さくらはそのままお口でご奉仕しちゃった(*^_^*)
そんなに大きくないけど、固くてとてもステキなおちんちん(*⌒▽⌒*)
そしてベッドに連れて行かれ、さくらの全身を愛撫すると後ろから彼のおちんちんがさくらの身体を貫いたの★☆(*´з`*)☆★
気持ちいい!すごく気持ちよくて、さくらはベッドの上でたくさん感じて、いやらしい声もいっぱい出しちゃって…
最後はさくらの中に全てを★☆(*´з`*)☆★(*^_^*)
さくらはもちろん彼のおちんちんをお口でお掃除フェラ(^_^)ゞ
すると直ぐにまたおちんちんが固くなってそのまま2回目ヒイィィ(゜ロ゜;三;゜ロ゜)ヒイィィ(*^_^*)
バックに正常位と犯されて、またさくらもめちゃくちゃに感じてさくらの中に★☆(*´з`*)☆★(*^_^*)
その後はベッドでお話をしながら身体を触られてまた気持ち良かったの(*^_^*)
2時間半位いて、そろそろ帰ろうと身支度を整え精算を済ませてホテルを出ました。
駅に向かいながら歩いてると、500円の映画館の前で彼が「ここに入ろう」ってさくらの手を引いて映画館の中へ。
スクリーンの端に連れ込まれてしゃがまされてお口で彼のご奉仕してると、あっという間に男性たちに囲まれてしまい全裸にヾ(≧∇≦)
彼は後ろからさくらを犯し、お口で何人もの人のおちんちんを…
上と下の穴を散々犯されてさくらはヘナヘナとしゃがみ込んでしまいました。
彼はさくらにまたねと挨拶をしてきたので、直ぐに着替えて出ようとしたけど、野獣のような男性たちにまた囲まれて犯されちゃったヒイィィ(゜ロ゜;三;゜ロ゜)ヒイィィヒイィィ(゜ロ゜;三;゜ロ゜)ヒイィィ
数人の方に上下を犯され、身体の中とお口にたくさん精液を出されて解放された時にはさくらは腰がガクガク((((゜д゜;))))
そのまま映画館を出て、タクシーで帰りました。
帰りのタクシーの中で「大丈夫かなぁ、来月の初めに定期検診だからなぁ」と考えちゃいました。
たくさんの男性に犯され、中出しされたのに嫌な気持ちどころか、またされたいなぁと考えるさくらはまた変態の階段を一歩上がった気がしますヾ(≧∇≦)
4
2019/01/06 08:06:15 (XeZhBD54)
ベッドサイドの鏡に映る、彼のモノを咥えこんだ黒いベビードール姿。
それが自分の姿だと自覚するたびに、あたしの気持ちは昂ぶっていきました。

家族から解き放たれたお正月、あたしは久しぶりにゆっくりと女の子の時間を愉しみました。

バスルームで念入りにムダ毛を剃ってから、
全身にボディクリームを塗り込んで肌を滑らかに仕上げ、
フェイスパックでしっとりさせてからメイク開始。
特にアイメイクは念入りに、最後はリップグロスで艶やかに誘う唇を完成。
そして、黒いガーター・ブラ・ショーツを着け、ベビードールをまとってから
白いミニスカートと、ピンクのオフショルモヘアニットを着る。
この段階で鏡を見たとしたら、
ベリーショートなのにセクシーを意識した、あたしとしてはチグハグな女が映るはずだ。
アクセサリーとウィッグを順に着けてから、実際に鏡でチェック。
乱れたウィッグを整えると、予定通りのあたしに仕上がっていた。

夜の歓楽街にしかいないような、男を誘うフェロモンたっぷりな姿のあたし。
妖しく光る唇、むき出しの肩に覗く黒い下着のストラップ、ミニスカから覗く網タイツ。

そんな姿であたしは、ネットで素敵な男性との出会いを求める。
何十と届く誘いから一番良さそうな人に返信し、残りのまともな方にお断りを入れる。
半分以上は、いきなり性器の写真を送ってきたりのまともじゃないメールなのだが…

やがて待ち合わせの時間が近づき、あたしは仕上げにかかる。
香水をほのかに漂わせ、ネイルを付け、ニーハイブーツを履き、
エナメルバッグを提げてドアを閉める。
5
1 2 3 4 5 6 ... 200
スレッド投稿フォーム
名前
トリップ()
E-mail
 ※任意
タイトル
本文

投稿文に自動改行は行われません、適宜改行を行ってください。 # タグ使用不可
画像認証

上に表示されている文字を半角英数字で入力してください。
◇掲示板利用規定 〔必ずお読み下さい〕