ナンネットID のアカウントをお持ちですか?
 
 
[!] 強姦・痴漢・窃盗・露出・売春等は犯罪です。 体験談にはフィクションや妄想を投稿してください。 犯罪や違法行為を目的とした呼びかけや情報交換等の投稿、公序良俗に著しく反する投稿、宣伝、商用の利用を禁止します。[!]

病院での体験談 RSS icon

短文の体験談は【禁断の木の実】に移動させて頂く場合が御座います。
1 2 3 4 5 6 ... 100
2024/02/24 00:24:42 (pZsMIH2a)
人間ドックでエコーした時の体験
今までのエコーでは看護師が洋服めくって男の先生がエコー検査が普通だったけど、先日の人間ドックは色々な部屋を回って検査するスタイル。エコー検査の部屋に入ったら若い女医さんが1人!
腰までズボンを下ろして下さいと言われたので、ズボンはもちろんパンツもチンチンのギリギリまで下げて待っていたら、パンツにジュルが濡れないようにタオルをパンツの間に挟む時、思いっきりパンツを上に持ち上げてタオルを挟むから、チンチンはまる見えになった。
若い女医さんと目が合ったらマスク越しにも笑っている。
これはいけると思って胸から下にエコーが行った時、昔尿管結石したことがあるけど、どうですか?と聞いたらチンチンのすぐ上にジュルを塗って丁寧に検査し始めた、ジュルの気持ちよさでチンチンが立ってきたら、元気ですねーと言って指で軽く弾かれて、はいお終い。
詳しい検査結果は後日と言われ本当に終わったけど、凄い興奮した。
半年したらまた行こうかなあ
1
2024/02/08 11:15:08 (8aS1lrYg)
私が19才の頃、入院してた時後輩のJKがお見舞いにきて、先輩の事好きだから付き合ってと言われ、その時彼女いなかったのでokしたら、抜いてあげようかと喋られて、即答でお願いしましたが、その当時6人部屋で真ん中で口じゃ無くて入れたいといったら高校の制服を捲り上げて、パンツをずらして、挿入したら、JKも口を押さえてて、それを見たら興奮してすぐに中出ししてしまい、お互い癖にして、毎日hしてた記憶が蘇りました。
2
2024/02/02 11:27:25 (W8Ez7rhO)
僕が先生の触診で初めて白い淫液をおもらししたきっかけ、経験を告白します。
正直、処置内容は前回投稿とあまり変わりません。すみません。

元々真性包茎気味でカウパーの量も多く恥垢が溜まりやすい体質でした。元々通っていた病院があったのですが、引っ越しを期に別の病院を探すことになりました。口コミ等も見つつ探していたところ、最寄り駅から少し歩いたところにあることが分かりました。小さな泌尿器専門の医院で患者も少なく、先生も看護師さんも当時既に60歳前後だったと思います。

そこで初めての診察時、緊張から勃起してはいなかったものの既に皮の先から溢れるほどのカウパーを滴らせていて、おじいさん先生から「ん?汁出てるね。」とか言われた気がします。
まず先生は包茎の皮をゆっくり優しく剥いていきます。亀頭には薄い黄色味がかったチンカスが溜まっており
「だいぶ汚れてるな。恥垢が溜まってるから普段から皮を剥いて洗うように。今日はまず綺麗にして薬を塗っておきましょう。」
と言われました。
僕は(えっ…ここで?そんなことされたら…)と驚き、おちんちんが敏感過ぎることを伝えると、少し笑って
「じゃあ、綿棒で優しくするよ。」
と綿棒を取り出しました。
亀頭をなぞる綿棒に僕のおちんちんはビクビクと反応し少しずつ勃起しはじめます。
時折、綿棒が包皮小帯(裏スジ)に当たると、トロトロと透明な粘液を漏らします。
「あらあらあら…。」
と先生はティッシュで垂れてくるカウパーを拭きます。
「本当に敏感だね。」
と笑顔です。僕はあまりの恥ずかしさから、すみませんと謝るのが精一杯でした。
「大丈夫、仕方ない。続けるからもう少しだけ我慢して。」
と先生は掃除を再開します。
一度無射精での絶頂を迎えたおちんちんは、包皮小帯を撫でられる度に何度も無射精絶頂してしまいます。
「これ、達してる?精通はしてるよね?ここ、包皮小帯が敏感?」
と今度は指で一撫でされました。
「ぁ…あっ…んっ」
我慢していた声が漏れて精液混じりのカウパーが大量に溢れ先生の指を濡らします。
「あぁ、ごめんごめん。…うーん…こりゃあ…もう出ちゃうかな。」
と指先でさっきと同じところをこちょこちょと撫でられてしまいました。
それで一気に射精へと導かれます。
「あっ!それ…無理です…で…出ちゃいますっ…あっ…無理…ごめんなさい…あっ…でます、あっ…あっ…ぃ…っく!」
ドピュドピュ!ドピュッ!ピュッ!ドピュッ!
と精液が溢れてしまいました。
先生はニコッと笑って
「ありゃあ…漏れちゃったね。おぉ…すごいすごい!」
と溢れる精液を手で受け止めています。
濃厚なクリームゼリーは先生の手の中でぐちゃぐちゃに糸を引いています。
「うーん…これからは出来るだけ我慢するんだよ。まぁでも…これだけ敏感だと仕方ないか。」
と射精したのではなく、あくまで(敏感過ぎて我慢出来ずお漏らししてしまった)ということにしていました。
精液を出してもなお勃起し続けるおちんちん。
カウパーと精液の混合液で濡れたおちんちんを軽く拭き、続けて軟膏のような薬を塗ります。
これも普段皮に守られた敏感過ぎる亀頭には耐えられません。
拭いたばかりのカウパー汁を滴らせ軽い絶頂を繰り返します。
「達してしまってるね。ごめんね。またここ触るよ。漏れそうになったら言うように。」
と再び弱点である包皮小帯に触れます。
溢れるカウパーは僅かに濁り始め、すぐにでも精液が出てしまうのは一目瞭然です。
「す…すみません…また…白いのが…出ちゃいそうです…。」
と言うと先生は何も言わずに今度は精液を零さないように亀頭を手で包み込むようにして、親指で優しく包皮小帯を撫で回し始めました。
「あっ…せ、先生…ごめんなさい…もれちゃいます…あっ!あぁっ!」
ビュッ!ビュル!ビュル!
また大量に白濁液をお漏らししてしまいました。
「2回目なのにこんなにいっぱい。」
手を広げると精液でヌルヌルギトギトになっていました。
「なるべく普段から皮を剥いて洗うようにしてね。中にお汁溜まっちゃったら、トイレで出すようにしたらいいよ。」
2度の精液のお漏らしでやっと小さくなる僕のおちんちん。またおちんちんから溢れた精液やカウパーの混じった汁を拭き取り、薬を塗り直してその日の処置は終わりました。

だいぶ前のことでセリフ等は少し脚色していますが、こんな感じで初めて泌尿器科で精液を漏らしてしまう体験をしました。それから十数年間、その泌尿器科で先生にチンカス掃除してもらうついでに精液をお漏らししに行っています。

3
2024/01/17 17:23:20 (klsKGF6w)
多少脚色していますが…7割方実話です。

子供の頃から数ヶ月に一度包茎の皮が癒着し剥けにくくなることがありそれを防ぐため、月に一回かかりつけの泌尿器科に通院しています。
そこの70代のおじいさん先生に、包皮を優しく剥いてもらい、中にこびりついたチンカスをお掃除してもらうんです。
その際、恥ずかしいことに、人一倍敏感なおちんちんは何度も無射精の絶頂で痙攣し多量のカウパーを垂れ流してしまいます。さらに雁首から包皮小帯を優しく擦られると精液混じりの白濁した汁が溢れてしまうんです。もちろん声は我慢しているのですが、息遣いや体のビクつき、おちんちんの状態から、何度も絶頂してしていることはおそらく先生にもバレてます。
ただ、10年以上も通っているので、そんなことにも慣れた先生は「また今日もお汁をおもらししてしまったね。」とそのまま綿棒で掃除し続けます。
その間もおちんちんは幾度となく無射精の絶頂を迎え、恥ずかしいお汁を漏らしてしまいます。
ある程度チンカスがきれいになったところで先生は綿棒を片付けて、再度皮を限界まで剥いて、クリーム状の軟膏を付けた指で剥き出しになった包皮小帯を集中的に撫でてきます。
ただそれはあくまでも処置の続きとしてですが、これまでの刺激で更に敏感になった早漏のおちんちんには、ほんの1分も耐えられません。「ぁ、ぁ、ご、ごめんなさい、出てしまいます…白いのが…出ちゃいます。」と謝りながら宣言すると、おじいさん先生は包皮小帯を刺激している手で亀頭を包みこみ精液を受けとめます。
その手の中に「ピュッ!ドピュッ!ドピュッ!」と放出すると、指の間からクリーム色した濃い汁が溢れていました。
出されたゼリー状の精液を手でぐちゃぐちゃと弄びながら「お汁だけでなく精液もおもらししてしまったね。今日も濃いのがいっぱい出たね。」と、あくまでも射精を促したのではなく、早漏のため精液を漏らしてしまったことにしてくれます。

そんな感じで処置のたびに精液をおもらししています。敏感で早漏すぎるので仕方ないということで…。
正直なところ、それを楽しみに通院しています。
そもそもカウパーが多すぎて皮の中でそれが熟成されてしまい、恥垢が溜まりやすいというのもあります。
診察でパンツを下ろす頃には毎回カウパーが皮の中から溢れて糸を引いているのを先生に見られてしまいます。おじいさん先生は少し笑って「また溜まった汁漏らすのかい?」と優しく皮を剥き、僕はまたおちんちんのいやらしいお汁をおもらしするのです。

4
2023/11/25 01:16:05 (K5XXOXhs)
亀頭の下に小さいブツブツができて受診。医師は50過ぎのサバサバした熟女医。
女医「どうしました?」
俺「亀頭にブツブツが、、、」
女医「脱いで見せて下さい。」
脱いで仮性包茎を曝す。
女医「皮剥きますねー。痛くない?大丈夫?」
俺「大丈夫です。(気持ちよくてムクムクしてきてやばい)」
女医「なんか心当たりあります?」
俺「性病でしょうか?sexが原因なんですかね?し過ぎとかでなるんでしょうか?」
女医「sexはどれくらいの頻度でしてるんですか?」
俺「嫁とは週2くらいですかね。」
女医「奥さん以外ともしてるの?」
俺「してなくはないですね。」
女医「誰と?決まった人と?どれくらいしてんの?」
俺「月に数回ペースでする相手もいるし、ネットで知り合った人と単発でもたまに。」
女医「あらあら、そんなことして。でもコンドームはちゃんとしてるんでしょ?」
俺「しなくてもいい時はそのまま付けずに、、、」
女医「はあー(溜息)。問題だね。 痛みとか痒みとかはある?sexするときも違和感ないの?」
俺「特にないです。普通にできます。性病ですかね?」
女医「大丈夫、性病じゃないから。脂肪の塊みたいなもんで、たまにあることだから。薬塗っておくから。」
皮を下に引っ張られて亀頭に薬を塗り込まれる。最大限に勃起。
俺「ううっ。」
薬を丁寧に塗り込まれ、数回大きく扱かれる。
俺「気持ちいい。」
女医「フフッ、はい終わり。帰って自分でするか、奥さんとして下さい。それと、不特定多数の人とし過ぎるのは控えなさいね。どうしてもしたいんだったらきちんとコンドーム付けなさい。性病もらって奥さんに移したらかわいそうだよ。」
俺「はい。ありがとうございました。」

家に帰って、速攻扱いて出しました。



5
1 2 3 4 5 6 ... 100
スレッド投稿フォーム
名前
トリップ()
E-mail
 ※任意
タイトル
本文

投稿文に自動改行は行われません、適宜改行を行ってください。 # タグ使用不可
画像認証

上に表示されている文字を半角英数字で入力してください。
◇掲示板利用規定 〔必ずお読み下さい〕
動画掲示板
画像で見せたい女
その他の新着投稿
人気の話題・ネタ
ナンネット人気カテゴリ
information

ご支援ありがとうございます。ナンネットはプレミアム会員様のご支援に支えられております。