ナンネットID のアカウントをお持ちですか?
ナンネットID
 
1

あの頃の夏を想う

投稿者:りょうち ◆FjOpeTE2Ts
削除依頼
2017/08/08 00:09:02 (bzTDXgEe)
いつのまにか30代になってサラリーマンとなった今、ここ数年は毎日、職場と家の往復しかしてないような気がする。そんな毎日の中、数日前にふと夜にコンビニに行くために自転車で走り出した僕は、近所の神社で夏祭りをやっている太鼓の音に気が付いた。

(祭りか・・。)と、特別に祭りなどの催し事になにも関心がない僕は、そのまま自転車をコンビニに走らせると、コンビニの前では浴衣を着た若い女の子が3名くらいで、かき氷を食べていた。おそらく、この裏の神社での祭りを見に来ていた地元の子達であることは容易に想像がついた。

その中の一人に、白に青い花柄のついた浴衣を着た、清楚な感じのする女の子がいた。僕はふと思わず、その子が目に入ったのだけど、その子の姿格好に、思わず僕自身が体験した過去の記憶を呼び起こし、ちょっとノスタルジーな気分にさせるきっかけがあったのだった。

この話は僕がまだ思春期の時代話になります。

僕は毎年、今のような夏休みになると母方の祖母の家に行くのが楽しみだった。なぜなら、祖母の家にいくとなると、最低でも20日以上は滞在する事も多く、場合によっては夏休みをまるまるひと月、祖母の家で過ごす事も多々あった。

また楽しみの一つとして、祖母の家にいく数日前から、準備のお金。ということで1万円を母からもらえるのだ。そして、その1万円で5000円くらいのガス銃を買ったり、残りの5000円では携帯ゲームのソフト等も購入した。もちろん1万円をそんなものにつかったのがバレた時に、出発前に母親にさんざん怒られたが。

ともかく、それら玩具類と、数日間の着替えを持って荷物を準備すると、オヤジが地元の〇〇港まで送ってくれる。そして8000円くらいの船賃を出してもらって、またその時に1万円くらいのこづかいをくれるのだった。僕はこの船旅が大好きだった。少年の心だった僕が、大人の家族ずれや、サーファーなどの青年の群れに交じって、僕が一人旅をしていることが、なにか大人めいた特別なトキメキに浸っていることができたのである。

それから数時間は船に揺られ、祖母の自宅にある△△港に到着するのは、翌日の朝日が出るころ。船が到着し、おりばの鉄の階段が波止場から船に設置され、トントントンと、鉄板をたたく独特の音をさせながら、港へと降りて行ったのだ。

すると、こんな朝早くの時間なのに、誰かの帰りを待っていたのか、ふと降り口の場所で誰かを迎えに来ている少女の姿があった。キレイな黒髪にポニーテール。そして白のワンピース。そしてなにより、美しい目の女の子だった。(この子、、、かわいいな。。)なんて、年齢も僕と同い年くらいに見えたその子に、思わずひとめ惚れをしてしまった。というか、その年ごろは、誰にでも簡単に惚れてしまう時期でもあるが。

(こんなかわいい子が、こんな田舎にいたのか・・)などと思いながら、階段を下りていると、降り口のところで彼女とすれ違い、その時に少し目があった。心なしか、相手のほうも、(こんな田舎に、都会の子が来るんだ)なんて思ってそうな、そんな感じがあった。

僕は、そのまま朝日が昇ろうとする薄暗い漁村を祖母の家に向けて歩き、何も変わっていない景色に、(ああ、帰ってきた・・・)と思っていた。細長いスチール缶が大量にはいった大きいアミのごみ箱。コーラ、ファンタ、バヤリース、オロナミンCなどと、定番物しか売ってない自販機。タバコも、セブンスター、ラーク、マイルドセブン、ホープと、これも定番物しか自販機の中にはなかった。

置いている原付には、ほとんどにキーが刺さっていた。自転車も同じ。〇〇精肉店 呉服〇〇 〇〇旅館 理容〇〇 と、当時は個人経営の店が、大型店舗の出現によって潰れていく、なんていう事もなかったので、そういった情緒あふれる光景が眼前に広がっていた。
※ どんな場所かは、 「宍喰 画像」 で検索してみてください。
そして、家の通りを小道に入り、家の隙間を入っていくと、いつも懐かしい、赤いカニが地面の隅をはって歩いて行ってた。知っている人もいるかもしれないが、あの民家の隙間のジメジメしたところを這っているあの謎の赤いカニ、環境が変わってしまった今でもいるのだろうか。

そして和風建築の祖母の家に到着し、1年ぶりに会う祖母から「よくきたな。おなかすいちょるじゃろ」と、おにぎりや卵焼きなどを作ってもらい、それをほおばる。そして、あらかじめ準備していた布団のある部屋に案内され、そこでテレビもなく、エアコンもない、扇風機にあたりながらの俺の夏が始まっていくのだった。

興奮して眠れないようなところもあったが、なんだかんだ、船旅での疲れもあったんだと思う。7時くらいに布団の中にはいり、12時くらいまでは寝てしまっていた。そして目が覚めると、祖母が近所の精肉店で昼間だけ売っている、焼き鳥やつくね、コロッケ等を買ってきてくれて、ごはんとみそ汁と一緒にそれを食べた。

(さて、1日目はなにしようかな!!!)と、服を着替えて外に出た。漁船が停泊する波止場まで歩き、とにかく散歩しているだけで気持ち良かった。あの独特の、ホーホーッホッツホー(繰り返し)という空を飛び鳥の声を聴きながら、祖母の家の周辺を探索し、そして山に籠っては拾ってきたスチール缶に、持ってきたガス銃で射撃の遊びをした。

2日目、祖母の家にきたのなら、まず行く場所は海だった。しかし、祖母の家の周辺の海岸は、すべてサーファー専用の海岸となっており、一般の遊泳者が入るのは、深さや波の高さを考えて危険であるので、誰もいない。それを知っている僕は、バスで隣町まで移動し、そこの海岸に行くことにした。

しかし海岸まできたものの、実際に僕は海水浴というものが好きではない。あの素足では歩けない焼ける砂浜、砂がビーチサンダルに入ってきて、ジャリジャリと砂でこすられるあのビーチサンダルの親指と人差し指の痛み、、そして海にはいったはいいけど、足に絡みつく海藻のような物体の気持ち悪さ、そしてクラゲ。僕にとっては海は雰囲気を楽しむためのものであって、中にはいるものではなかったのだ。

だが僕は、もうこの祖母のエリアの常連であるので、僕だけの秘密スポットがあったのだ。それは祖母の兄弟の親戚の家の近くに、墓場の中をとおって、獣道をあるいた場所にある、小さな市民プール。ここは今でこそ、隠れスポットであることが有名になってしまい、夏休みになれば、波乗りに飽きたサーファーや、いろんな家族ずれでごったがえしていると人から聞いたが、僕の時代は誰もこの市民プールの存在をしる物はだれもおらず、いついっても地元の中高生が2,3人、プールに入っているだけだった。

プールに入るのは50円という値段設定だが、基本無料。入口に箱が置いてあるだけで、入れるのも入れないのも自由。硬貨をいれる隙間から中を覗いたら、350円くらい、全部50円玉で入っていた。そして中に入ると、ロッカールームがあり、すべてのロッカーに鍵はついてないし、100円をいれて鍵を貸し出すというような最新の装置もない。そしてロッカールームで海パンに着替え、荷物を入れると水の出ないシャワー装置を儀礼的に通過すれば、森林に囲まれた中に、緑のフェンスがあって、たった25Mが5本しかない小さなプールが顔を出すのだった、

照りつける太陽。そして鳴り響くセミの声、(よっしゃ。俺一人!)と、内心喜んでいたら、そこで思わぬ再会が待っていたのである。

プールの監視員のアルバイトをやっている、、、あのフェリーの降り口ですれ違った、あの子が座っていたのだった。

プールの監視員といっても、そんな本格的なものではないのは誰にでもわかる事だった。ただ、近所の子が、夏休みの間だけそこに座ってみているだけ。17時になって人が帰れば、プールの鍵をしめて併設されてる小さな事務所に返すだけ。プールを監視するというより、鍵を開けて、鍵を返すほうがメインの仕事といったところだろう。

彼女は、プールサイドに設置している小学校が運動会などで使う白いテント(〇〇町内会 等が書いている奴)の中に、同じく会議室等でつかう、ありきたりのパイプ椅子に座って本を読んでいた。

彼女は水の出ないシャワー装置から出てきた俺に気が付くと、一瞬(あ・・)というような顔をしたが、またすぐに読んでいた本に目を落としたのだった。俺は思わぬ再会に心臓がドキドキしたが、、とにもかくにもプールサイドで突っ立っている訳にもいかず、恥ずかしいから隠れるかのように、体が慣れてないので冷たく感じるプールの中に入っていったのだった。

プールの中で潜水しながら、あの降り口ですれ違った子との思わぬ再会に、どうしていいかわからなくなっていた。気軽に声をかけたほうがいいのか、、僕如き内気な人間は、何もしないほうが身分相応なのか、、。そんな事を考えながら、プールの25Mを泳ぎ切り、僕は飛び込んだ側と、逆側の階段からプールを上がった。

そして、また元の位置に戻るためには、あの子が座るパイプ椅子とテントの前を通り過ぎなければならなかったのだ。元の位置に戻るだけなら、そのままターンで切り返し、プールを泳いで戻ればよかったのだ。なぜ、僕はわざわざ25M泳いだだけでプールから上がってしまったのだろう。僕そのまま黙々と前を通り過ぎようとしたとき、自分の口から思わぬ言葉が出ているのに気が付いた。「前、フェリーの降り口で会ったよね?」と。不思議なものである。

彼女は「え、ああw うん」と答えてくれた。彼女は遠くからみたら背が高くみえそうなスレンダー系だが、近くで見ると可愛らしいくらいに小柄だった。そして小さな体躯を折り曲げて、パイプ椅子の上でちょこんと体育座りをし、両手首で両ひざを挟みながら文庫本を読んでいた。

服装もシンプルな白のTシャツ。そして下もシンプルな黄色かなにかだったかショートパンツ。白くて細長い太ももと、ふくらはぎがエッチに見えたというより、とても可憐で清楚な感じに見えた。ただ、ショートパンツにそこそこの隙間があいており、、遠目でみても綿の白パンツ。ってわかるくらい、ゴムの凹凸模様と、右側のゴムと左側のゴムを結合するクロッチ部の縫い目が僕の肉眼で確認できた。

彼女はパンチラしている事に気が付いていないのだろうか、その態勢を崩す事はなかった。さらに僕が「地元の子なん?」と聞くと、「うんw」と答えてくれた。さらに僕は「何よんでるん?」と聞くと、名前は忘れたが、作者の名前と、本のタイトルを教えてくれた。僕から聞いたことも興味を抱いたこともない分野の本だった。たしかファンタジーだかなんだったか。

元来、内気な僕はこれ以上、僕が何か話しかけたら彼女の読書を邪魔してしまうんじゃないか。っていう気になって、いやこれ以上会話を続ける自信がなかったんだろう、「ちょと泳いでくるわw」と言い、またプールの中に飛び込んだ。プールの中で潜水しながら、彼女のパンチラ画面が脳裏を焼き付き、、あの薄い綿の布切れの向こうに、彼女のワレメがあるのか。。。なんてリアルな妄想に取りつかれ、、プールの中で勃起してくるのを覚えた。そして彼女に一番近い側のコースを泳ぎ、遠目に彼女のパンチラを見ようとしたが、気が付いたら彼女はその態勢につかれたのか、足を下した通常の座り方で本を読んでいた。

その日はそれ以上は話しかけることはできず、帰り際に、「じゃ、、またね」と軽い挨拶をした程度で帰った。その日から俺は、あの可憐な彼女の姿が脳裏から離れず、ちょっとした恋わずらいになってしまった。

「明日こそは!!」と決意し、その日は眠れない布団に入っていったのだった。

次回へ続く

1 2 3 4 ... 5
レスの削除依頼は、レス番号をクリックして下さい
44
投稿者:(無名)
2017/08/21 00:45:41    (acaimlyV)
あ!
この人ホントに頭悪いんだ!
絡んではいけない人に絡んでしまった。

そっか〜こっちは小学生に説明するレベルにしないといけなかったのか〜

あなたが書いた文章の中にはどこにも難しい単語も文法(表現)も無かったんですよ〜

あなたが難しい言葉を使ったと思っているのはあなたの学力がまだ幼いからなんですよ〜

みんな(ほんの2、3人ですが)が言っているのはあなたの書いた文章が長すぎるって言ってるんですよ〜

ここには短くまとめた文章を書いて下さいね〜

長い文章は他に書くところがあるからそっちに書いてくださいね〜
43
投稿者:りょうち
2017/08/19 13:27:06    (qk5N/yOH)
中学生レベルで語彙という単語を知っていたのは誉めてあげましょう。

こうして久しぶりにネット上のボヤに参加して楽しかったです。

では、あなたにオトナの対応を手本を見せてあげます。


スルーというねw 


バイバーイ ノシ

42
投稿者:りょうち
2017/08/19 13:23:00    (qk5N/yOH)
一つ言い忘れてた。

私、あなたのことを「中学生」だと想定した上で返事を書いているので。だから「むずかしいんだよー」といったつもりなのです。

これで全部パズルがつながったかな。

それにしても、執拗で陰険な御仁ですなw 普通にスルーすりゃいいことを、なぜここまで粘着するかね。理解できん。


41
投稿者:(無名)
2017/08/18 01:34:52    (M0PfUGDR)
難しさを見つけられない語彙ってwww

語彙って意味をわかっているのか不安になりますねwww

あなたの言う難しい語彙って「飴」を「キャンディー」っていう程度のレベルなのでは?

わかってもらえないってことはその人が日頃から使ってるレベルの内容って考えられないものなのか?
40
投稿者:りょうち
2017/08/17 09:41:15    (g/XxayYV)
でもまー、ネットって不思議だよね。批判コメントしてくる奴の背景って、不思議と陰険で、低脳で、引き込もりのニートに見えるもんな。これ不思議。

たぶん、俺もそういう風に見られてるんだと思うけど。

たぶん、批判コメントしてくる人も、ネットではなく普通に会えば、飲みに行ったりできる人なんだろうけど、ネットというフィルターを通す事によって、相手への見方が変わるもんな。

俺は別にそこまで怒りとか憎しみ込めてこの文章も書いてないし、以前の批判文章も書いてないんだけど、ネットを通す事で、1000倍くらい相手を挑発しているように見えるんだよね。

ネットって怖いねぇ。
39
投稿者:りょうち
2017/08/17 09:33:40    (g/XxayYV)
本文終わったので暇だし反撃しようかなw

@まず、「難しい語彙、表現、文法」について。

難しくて理解できないんだから、「どこにそんなのあったの??」ってなって当たり前です。難しくて理解できてないんだから、どこにあるか見つけれる訳ないでしょう。
他の人はみんな理解できるから、この記事の醍醐味を理解し、そして好評を頂けるのと確信します。

Aそれにアナタ・・しつこい。こんなエロ文章掲示板の記事ひとつに、なんか必死ダヨネ。陰険さ極まってこんなとこに粘着してるのか、少なくとも俺が普段、相手にする事もない御仁だわ。

また、このコメントにも粘着してくるんだろうけどねーw
38
投稿者:(無名)
2017/08/15 17:08:09    (sMW16X1J)
>>りょうち
前のレスに「けっこう難しい語彙、表現、文法を使っている」って言ってたけどどこにそんなものがあったの?
自分で言ってて恥ずかしくないのかな?
たいしたこと書いてないのに「自分頭いいので」的な発言は人間の底辺の証拠。
それこそまとめる力がないってことですね。
37
投稿者:(無名)
2017/08/14 10:28:59    (s4i8u4WQ)
セブンイレブンは当時ないよ
36
投稿者:メルヘン
2017/08/14 09:19:53    (UzGzHU1t)
自作自演って言う奴けっこういるよね。
何を根拠にそんなことを言っているのやら…は〜疲れるわ。
自分の勝手な思い込みで自作自演とかってほざいてるクソ虫は消滅して無くなればいいのにな〜。
35
投稿者:(無名)
2017/08/12 18:02:32    (k/XStIkl)
長すぎ
1 2 3 4 ... 5
レス投稿フォーム
名前
トリップ[]
本文

投稿文に自動改行は行われません、適宜改行を行ってください。 # タグ使用不可
「sage」
※投稿を上げない
画像認証

上に表示されている文字を半角英数字で入力してください。