ようこそゲストさん。
ナンネットIDにログインしていません。
向日葵の咲く頃
カテゴリ: 官能小説の館    掲示板名:人妻熟女 官能小説   
投稿の削除 パスワード:
1:向日葵の咲く頃
投稿者: 葛城涼介
6月も下旬になっていた。初夏の夕方、部活動を終え自転車を漕いでいた。緩やかな登り道、さすがに練習の後の帰路はきつかった。僕は所謂、高校球児と言われる学生だった。学校も県下でも知れた進学校である。野球部は例年ベスト8か、16止まりである。絵に書いたような田舎道を5キロほど行くと我が家があった。家に着く頃は夕方の7時頃である。玄関にバッグを置くとマスコットバットを持ち今一度外に出た。毎日お決まりのパターンである。自宅から50mほど歩くと少しばかりの広場があった。たいして広くもないのだが車なら5台ほどは止められる広さである。ジャージズボンにTシャツ姿でバットを振った。 素振り用のバットは1Kgを超えている。時間を掛けながら10回、20回と振っていた。これも毎日の日課である。時折、向かいの家に視線を向けていた。白い軽自動車が止まっている。何時もここの奥さんが使っている車である。増井佐和子さん。歳の頃は40歳である。10年ほど前に越して来た家族であった。旦那さんは公務員、娘さんが二人いる。中学三年生と小学六年生だ。知っている状況はそれだけである。 玄関の扉が開くと奥さんが出て来た。『こんばんは…』僕は奥さんに挨拶をした。『あら、涼介君、今日も練習しているの?頑張るのね。』何気ない会話であるが、僕がこの場所で素振りをしている理由である。いつの頃からかは定かではないが、この佐和子さんが気になるようになっていた。
2017/12/07 02:10:30(QvbR6fvj)
2
投稿者: 葛城涼介
『そろそろ予選会始まるんでしょう?いつからなの?』県予選は7月の中旬から始まる。球児達の一投一打に各応援団は一喜一憂する。勝ったチームは喜びを身体で表現し、敗れ去ったチームは涙で応える…お決まりのパターンである。『来月の中旬ですね。僕は補欠なんで出番が無いと思うんですけど…』いつも配られる背番号は11番である。試合などには出たことすら無かった。ポジションは一塁のコーチャーズボックスである。勝って喜べるか…負けて涙が流れるのだろうか…諦めにも似た虚無感だけが頭を過った。『でも…涼介君、野球好きなんでしょう?レギュラーとか補欠とかそんなに重要かな…好きな事を夢中でやる…それが大切だと思うな。毎日、一生懸命練習している涼介君って素敵だと思うわ。』僕にとっては思いかけない応援メッセージであった。『はい、僕も頑張ります…』肩あたりまでの栗毛色の髪…少しウェーブ掛かったミディアムヘアとでも言うのであろうか何とも優しい笑顔があった。
17/12/07 05:31 (LTK2edOb)
3
投稿者: かわうそ
続きお願いします。
17/12/07 12:59 (XZ5CbVVu)
4
投稿者: 葛城涼介
『ちょっと待っててね。』おばさんはそう言うと家の中に入って行った。何気無い会話…日常的な世間話でも、僕にとっては至福の時間であった。少しでも話しをしていたい…嘘偽りのない気持ちである。『ごめんなさいね。はい、これ飲んで。』サンダル履きのおばさんが急ぎ玄関から出て来た。手に持っていたのはスポーツドリンク二本と柄物のタオルである。『暑いからね、これ飲みなさい。私も涼介君と一緒に飲もうかな』そう言って僕の手に持って来たドリンクを手渡した。『あ、有難うございます。』緊張のせいか、礼を言うのが精一杯である。『こんなに汗かいちゃって…』おばさんは柄物のタオルで僕の顔、そして坊主頭を念入りに拭いていた。おばさんにとっては、息子の世話を焼いている感じであろうが、無意識の中に身体が近くなっていた。白いブラウスを押し出すような胸の膨らみが目に留まる。時折、ブラウスの隙間からは首に掛かるネックレスと一緒に白いブラジャーも見えていた。注視も出来ず、辺りを見渡すように胸元を伺っていた。タオルが顔に当たるとほんのりと洗剤の香りが漂う。『はい、終わりよ。』そう言うとタオルを畳んでスポーツドリンクの蓋を開けた。乾き切った喉に心地よい潤いが流し込まれた。『あまり小さな事には拘らなくても良いの…涼介君は涼介君なりに頑張ればそれで良いのよ。私も涼介君を応援しているから…今、この時を精一杯頑張りなさい、ね?』そう言って再び笑顔を見せた。おばさんに対しての好意…いや、興味が日々強くなっていた。
17/12/07 13:13 (LTK2edOb)
5
投稿者: 葛城涼介
『これは向日葵ですか?』玄関横に二つほど並ぶプランターを指差した。毎年、このプランターには向日葵が咲いている。鮮やかな黄色の大輪が目に留まっていた。『そう、向日葵よ…好きなのよね…向日葵って。』既に腰丈ほど伸びた緑色の茎には大きな花を咲かせるであろう蕾が見えている。『毎年咲いていますよね…向日葵…』毎年、夏になると見られる風物詩である。ただ、暑い日は余計に暑さを感じさせる代物でもあった。『そうね…花が咲くのは八月に入ってからかな。もう少し伸びないとね…』おばさんはプランターの前で向日葵に話し掛ける様に話していた。両膝に手を当ててプランターを覗き込む。薄いピンク色に小さな花がプリントされているスカートだ。身を屈めると見事な臀部が僕の視界に入っていた。『何時も観ているんですよ。おばさんの向日葵…夏って感じですよね。』『そうね…私にとっては向日葵が夏の代名詞かな…』プランターを見渡す度におばさんの臀部は妖しく動いている。(おばさんのお尻って結構大きいんだな) その光景を脳裏に焼き付ける様に眺めていた。『涼介君は、何で夏を感じる?』突然の問い掛けであった。『ぼ、僕ですか?そうだな…やっぱり高校野球かな…』夏を感じる物は人其々である。向日葵で夏を感じる人、夏の甲子園で夏を感じる人…蝉の鳴き声で夏を感じる場合もある。三年生にとって夏の試合は事実上の引退式であった。勝とうが負けようがその日は必ず夏に来る…ただ、その期間の長さだけが違うのである。『それじゃ、涼介君の夏を思いっ切り謳歌しなさい…この向日葵の様に…』プランターの中には二本ずつ、計四本の向日葵が時を待つ様に成長していた。『そうですね…僕もおばさんの向日葵が大好きなんです。負けないようにしないと…』僕の視線は以前としておばさんの臀部に注目している。僕にとってはおばさんの方が向日葵の花である。憧れ…愛おしさを感じていた。『じゃ、僕は帰ります。』『そうね、暗くなってきたものね。お疲れ様!』おばさんは軽く右手を振った。
17/12/07 20:34 (IqC19e/D)
6
投稿者: 初心者
いいお話の予感・・・
続きを楽しみにしています。
17/12/07 21:28 (YjzpocwM)
7
投稿者: 葛城涼介
ありがとうございます
17/12/07 22:58 (fqQTebX9)
8
投稿者: (無名)
続き楽しみです、宜しくお願いします
17/12/08 03:08 (FOZ7gLAR)
9
投稿者: 葛城涼介
ある種の満足度を胸に家の玄関を開けた。両親は既に夕食を済ませて居間でテレビを観ていた。『涼介、ご飯の準備してあるからね。』母は僕の顔を見るとそう言った。両親とも放任主義ではない。ただ、僕の行動を制限しないだけだ。外で素振りをしていたと分かっているから余計な事は言わないだけである。『風呂に入ってくる。』そう言って部屋に着替えを取りに行くと、その足で浴室へと向かった。シャツは汗が接着剤換わりとなって肌に付着している。シャワーでベトベト感の残る身体を洗い流していた。毎日事務的にこなしているスケジュールである。此処が、球児と受験生を分ける境界線であった。風呂の後は部屋に籠り受験生としての勉学に勤しむ…このようなスケジュールを中学生の頃からこなしていた。浴槽に入ると両手で湯を汲み上げて顔を洗う。足を伸ばせば一日の疲れが身体中を覆ってくる。(やっぱり、おばさん…綺麗だよな) 自分の気持ちを確かめるように心の中で呟く。特に同級生の女子とかには興味が湧くことは無かった。彼女を意識し始めてから心の奥で騒ぐ物を感じていた。今日の出来事を復習するかのように彼女の姿を思い浮かべていた。シャツを押し上げるような胸の膨らみ…スカートの上からでも想像出来る様な尻…そして、綺麗な…優しい顔…自分を励ましてくれる言葉…(本当におばさんて、向日葵だよな。) そんな妄想にも似た事を考えていると自分の身体にも変化が起きる。無形の欲望と云う魔物が有形となって姿を表すのだ。自分の下半身が起き上がるのが分かった。僕はトイレでは何時も個室に入っていた。小学生の頃に立ちションをしている時にからかわれた後遺症である。『涼介って、怪獣みたいなものしているな!』自分では比べた事も無かったが同級生からすると格別だったらしい。両手で握ってもまだ余る。
17/12/08 20:50 (HsgnnrUs)
10
投稿者: 葛城涼介
風呂から上がると急ぎ夕食をかき込み空腹を満たした。後は部屋に籠って受験勉強である。机に向かい参考書と問題集に挑んでいる。いくら考えても頭に入らない事は分かっていた。何故なら、思考能力の大部分を彼女に締められていたからだ。(ああ〜、駄目だ!問題を読み込むことすら出来ない…)杖を離れベッドへと横たわる。脳裏に浮かぶのは夕方に焼き付けたおばさんの姿だけである。(どうしたら良い…?もう少し話しをすれば救われるか?でも、余計に苦しくなるかな…?向日葵か…向日葵ね…) 余計な事を考えながら目を瞑る。思い出すのは昨年の夏に咲いていた向日葵の花。(もう少しで今年も咲くんだろうな…毎日成長し続けて…其れに比べて…)自分の不甲斐なさを嘆いても仕方の無いことである。(そ、そうだ!向日葵だ!) 寝そべっていた身体の上半身を起こした。(向日葵の観察をさせて欲しいと頼むんだ…理由はそうだな…学校に提出する研究レポートとか言えばいい…)僕は姑息な企みにも似た作戦を思い付いた。
17/12/08 22:09 (Io5bFjAA)
11
投稿者: 葛城涼介
翌朝、頭に響くようなベルの音で目が覚めた。目覚まし時計を止め時間を確認する。六時半を指していた。いつもならまだ寝ている時間であるが、昨夜考えた作戦の決行であり何時もより早起きをした。既に窓のカーテン越しからは朝の陽光が差していた。急ぎ制服に着替えると朝食もそこそこに家を出た。自転車に乗るとゆっくりと彼女の家に近づいて行く。いつもなら外で花壇に水やりをしているのだが今朝はまだ姿を現していないようだ。(早かったかな…そう上手く行かないよな…) また家に戻ると辺りを意味も無く歩き回った。10分ほどして再び自転車に乗って他人の庭を伺った。ちょうど彼女が出て来たところだ。自転車に加速を付け家の前まで漕いだ。『おはようございます!』おばさんに声を掛けた。黄色いTシャツにレギンスとか云うのだろうか、タイツのようなズボンを履いている。『あら、涼介君!今日は早いのね。もう学校に行くの?』驚いたように言葉を返して来た。『学校はまだ…。実はおばさんに御願いがあって…』『私にお願い?何かしら?』唐突の言葉に戸惑っている様子である。『実は学校に研究レポートをださなくちゃならないんです。夏休みのですけど…それで、迷ったんですけど、おばさんの向日葵を題材にしたいと思って』俄かに作った話しであるが、さも困った素振りで説明をした。『研究レポート?そんなのあるんだ?小学生なら、夏休みの自由研究ってあるけどね?高校でもするの?』『そうですね…僕の場合は、何かテーマを考えてそれを論文形式って言うか、報告書みたいなものなんですけど…』流石に言い訳も苦しくなっていた。自分でも何を言っているのか分からない状況であった。『でも、そう云うものなら、種を蒔くところからでないと…途中からでも大丈夫なの?』確かにモノの成長を記録するには基本的なところからであろうが、今となっては仕方が無い、『はい、大丈夫です。おおよその所は文献とかで調べますから…途中の生育を観察すると言うことでやりたいと思います。挿し絵代りに写真とかも欲しいし…』彼女は僕の話しを聞くと、『そう言うことなら、私にも異存はないわ。良いわよ。』『ありがとうございます。助かります…すみません、おばさんの趣味に便乗するようで…』そう言って頭を掻く素振りを見せた。[
17/12/09 11:58 (cMY99gyc)
コメントを投稿
投稿前に利用規定をお読みください。
名前
メール
本文
スレッドを上げない
画像認証

上に表示されている文字を半角英数字で入力してください。
 
Copyright © ナンネット All Rights Reserved.