ようこそゲストさん。
ナンネットIDにログインしていません。
妻の親友を…。
カテゴリ: 官能小説の館    掲示板名:人妻熟女 官能小説   
投稿の削除 パスワード:
1:妻の親友を…。
投稿者: 国士無双 ◆3VcXi2n7Bg




妻の昔からの親友に碧という女がいる。
年齢は妻と同じ45歳、バツイチだがいつも派手な化粧と露出度の高い服装でやって来ては、私の目の保養になっていた。

そんな碧と生真面目な妻が仲がいいのが不思議に思えてならなかった。

そんな妻とはマンネリ化から夜の営みはレス状態で、前回がいつだったかさえ記憶になかった。

ただ、まだ性欲旺盛な私は平日休みには風俗で性欲を吐き出すのが楽しみとなっていた。

その日もホテルに入り店に電話を入れ嬢を待っていると、隣の部屋から女の喘ぎ声が聞こえ始めた。

「ソコ…ソコッ!アァァァ…!イイッ…イイッ…!イクッイクッー!」

このホテルは壁が薄いのか、壁に耳を充てると男と女の会話も息遣いまではっきりと聞こえた。

「上手よ…!そう!ソコッソコッよ!もっと乱暴に…!アァァァ…イイッイイッー!アァァァ…!ま…またイクッー!」

微かに聞こえる音から察すると男のクンニに女がイカされている様だった。

「フゥッー!なかなかよ!さあー硬いチンポ入れさせてあげるわ!こんな漏らして!若いチンポは病み付きになるわ!」

「ジュボッジュボッジュボッ…!」

「アァァァ…!碧さん…!ダメです…!で…出ちゃいますー!アァァァ…!」

「早過ぎー!たくさん出たねー!しかも濃い過ぎー!喉にひっかかるわー!」

男は女のフェラに堪らず、濃いザーメンを口の中に放ったようだ。

私は男が口にした女の名前が碧だった事にひょっとしてと思い、神経を研ぎ澄ませ女の声を聞いていた。

その時フロントから電話があり、嬢が来たと連絡があった。

「いつもご指名有難うございます。」

お気に入りの嬢は碧と雰囲気が似ていて、いつも碧の卑猥な姿と嬢を重ね合わせていた。

「お隣りさん、凄いですね。私も今日は…。」

嬢はそう言いながらいつも以上のサービスで、2時間で計3発、初めて中出しまでさせてくれた。

嬢は『又次回も』と私にキスをして帰ると、隣の部屋からはまだ喘ぎ声が聞こえていた。

喘ぎ声は悲鳴にと変わり、ベッドのきしむ音と男の果てる叫び声が響き渡り、やがて二人の激しい息遣いが聞こえた。

「ねぇ〜!まだ出来るでしょ?ねぇ?」

「今日はもう勘弁して下さい…。もう無理ですよー!勘弁して下さい…。」

「もー!仕方ないわ、他の子呼ぶからもういいよ!」

私はその会話の声に女が碧だと確信した。

碧は誰かに電話をしていたようだが次の相手は見つからなかったようだ。

「もういいわ!シャワー浴びるから待ってて!」

碧は不機嫌そうに言うとシャワーを浴び始め、私も慌ててシャワーを浴びた。

隣の二人が部屋から出るのを確認し、少し遅れて私も部屋を出た。

タイミング良くエレベーターに乗る二人に追いつき、私もエレベーターに乗り込むと碧は顔を背け、私には気付かなかった。

若い男は罰の悪そうな顔をし、エレベーターが地下駐車場に着くと早足で車に向かった。

「やっぱり碧だった!偶然だねー!」

「えっ!淳パパ?何で…?何でこんなところに?う…嘘…!何で…!」

碧は私を見てあわてふためき、駐車場の柱の影に私を引きずりこんだ。

「先に帰って!又連絡する!」

碧は男に電話をすると男の車は駐車場から勢い良く走り去った。

「どういう事?どうしてこんなところに?淳パパ、説明して?」

「まあー立ち話もあれだし、俺の部屋に戻ろう。説明はそれからで!」

「わ…わかったわ。」

私はこんな展開を想定し、フロントに外出すると連絡を入れていたのだ。

そして思惑通り碧を部屋に連れこんだ。

2017/06/17 23:36:27(5YKj1bc/)
2
投稿者: tono
いい展開ですね。

続きを期待しています、
17/06/18 00:58 (/9IeZjn7)
3
投稿者: 国士無双 ◆3VcXi2n7Bg
tonoさん、書き込み有難うございます。

続きです。




「えー!隣の部屋だったの?偶然って恐いわねー!」

「そうだな!あんな激しい喘ぎ声聞けてラッキーだったよ!それにしても碧は好き物だなー!」

「私も聞こえてたよ!淳パパも風俗なんか利用して!女の子凄い声だったわよ!」

「碧の声聞いてたら張り切ってな!3発も中出ししたよ!」

「あら、明子とはしてないのに外で悪い事してるのね!告げ口しちゃおうかな!」

碧は小悪魔の様な目で私を見ながら側に寄って来た。

「明子がなー!碧くらい好き物だったらなー!ちょっとアブノーマル求めたら軽蔑されてな!つまんない女だよ!」

「確かにね!そっちの話しないよねー!明子は生真面目って言うか…!淳パパも発散出来ないよね!」

そう言いながら碧の手はズボンの上からチンポをさすっていた。

「若いチンポもいいけど、淳パパのチンポも味わってみたかったの!淳パパも私とやりたかったでしょ?」

「若い男で物足りなかったからだろ!ホント好き物だな!」

「好き物って言わないでよ!チンポ狂いって言って!チンポがないとおかしくなっちゃうの!」

「明子もチンポ狂いにならないかなー!そうすれば風俗も必要ないし、碧と明子二人相手にしてやるのにな!」

「へぇー!あの明子をチンポ狂いにしたいのね!私なら出来るかも。でも淳パパ以外の男のチンポの味を知るのよ!何本、いいえ何十本って嵌め狂わされるのよ!それでもいいの?」

「いいとも!碧、頼むよ!俺は知らない事にして!チンポ狂いにしてくれ!」

「わかったわ!そのかわり淳パパのチンポいつでも嵌めて!生で中出しでいいから!嵌め狂わせて!」

こうして私と碧は秘密の約束を交わし、碧は全裸になりベッドに横たわり脚を拡げた。

「もう何百本って嵌めたの!明子もこんなオマンコになるのよ!ビラビラは外も内もこんなに伸びて真っ黒よ!クリだってズル剥けてこんなに大きくなって…!パンティーに擦れるたびにマンコ汁が垂れるの!」

「いいなー!真っ黒なビラビラとでかいクリ!風俗の嬢とは次元が違うなー!明子のオマンコはこれ以上のオマンコにしろ!いいな!」

「は…はい…!アァァァ…アァァァ…!す…凄いー!凄過ぎるー!イクッー!」

既にマンコ汁が溢れ出した碧のグロマンコにチンポを一気に根元までぶち込むと、碧は潮を噴き出しながらイキ狂い始めた。

「凄いー!イクッーイクッー!アァァァ…!又…又…!イクッー!ギャー!」

延々と2時間、碧のオマンコをチンポで突き上げ、抜かずの3発を子宮にぶちまけた。

「ハアッ…ハアッ…!ダ…ダメ…!許して下さい…!壊れちゃう…!死んじゃう…!こ…こんなの…初めて…!アァァァ…!」

碧はそう言い、自ら垂れ流した小便と潮と、マンコ汁にまみれたベッドに身体を投げ出し、身体をピクピクと痙攣させ口から涎を垂れ流し意識を飛ばした。

1時間後、気を戻した碧は泣きながら唇を重ねてきた。

「約束を果たしたら又狂わせてやる!それまではチンポは口だけに使わせてやる!わかったか?」

「は…はい。」

碧は放心状態で返事をし、私のチンポにむしゃぶりつき2発のザーメンを飲み干した。
碧を少し休ませた後、二人でシャワーを浴び、まだまともに歩けない碧を抱き抱えホテルを出た。

そして碧は翌日から明子をチンポ狂いにするための計画を練り始めた。

17/06/18 01:28 (CcVZqRy8)
4
投稿者: 国士無双 ◆3VcXi2n7Bg




翌日、仕事終わりに碧とショッピングセンターの駐車場で待ち合わせた。

碧のプランは女子会と称した飲み会をセッティングし、そこで男二人にナンパされホテルで嵌め狂わされ、更に他の男達を呼び乱交に発展させる計画だった。

「初めの一回が大事なのよ。『やっちゃったー』なんて後悔させないの!『又やりたい!』ってほど狂わせるのよ!」

「碧もそうだったんだな!で、男達はどうするんだ?」

「男達はまかせてよ!まず一人はAさん。私が最初に狂わされた人よ。見た目は紳士だけどチンポは獣、自称竿師って言うほど上手いの。散々蕩けさせられて、自分の口から『入れてー』って言っちゃったの。その後は、ホント凄かったの。」

「でも明子がそう簡単にナンパを受け入れるかな?」

「チンポ狂いの私が一緒何だから大丈夫よ!それにAさんったら凄い媚薬持ってるの!飲み物に混ぜるだけで後は…フフッ!私は身体触られただけでオマンコ汁が溢れたわ!明子さんどうなるか楽しみだわ!」

「なるほど、先ずは下ごしらえをしてからだな。さすが碧だな。」

「Aさんに話したらやる気満々だったわ。しかも今から私に嵌めさせろだって!思い出しただけでマンコ汁が垂れちゃった。」

「話しが終わったら行って来いよ!又狂って来い!チンポ狂いの碧!」

「もー意地悪!そう言われただけで欲しくなるの!それとB君、彼は若くて絶倫なの。回数で言うと抜かずの10発はやるの!チンポもデカイし、自称壊し屋って言うほどパワフルなの!彼の駅弁ファックは頭が真っ白になっちゃうから!」

「いいキャスティングじゃないか!他の男達にも話しはついてるんだろ?」

「は〜い。後四人手配済みよ!みんな変態の獣達よ!アナル好きな子も呼んであるからね。明子の全部の穴にチンポ嵌めまくるの!あっ!今夜だけど明子にプレゼント持って家にお邪魔するわ。長居はしないけど顔は見せてね。」

碧のプランは私の股間を硬くさせ、いきり立つチンポを出し、碧にくわえさせ3発ザーメンを放ち、すべて飲み干させた。

夜遅く碧は大きな紙袋を下げて家にやって来た。

「遅くなってごめんね。明子が明日の女子会に着て行く服を持って来たの。」

「碧、いらっしゃい。お風呂済ませてゆっくりしてたのよ。本当に持って来たのね。あれだけいいって言ったのに。」

妻は笑いがら紙袋を受け取り、碧はリビングに顔を出した。

「明子、ちょっと着替えてみてよ!まあー私とほぼ同じ体型だから大丈夫と思うけど!ねっ!ご主人?」

「そうだな!一応チェックしておかないとな!」

「わかったわ!貴方ったら私の事なんか興味ないのに!」

妻はぶつぶつ言いながらも着替えに二階に上がった。

「フフッ…。セクシーな服選んできたからね!今夜明子を襲ったらダメよ!そのかわり…。頂戴…。」

碧はそう言い私のパジャマを下げ、チンポにむしゃぶりついてきた。

チンポは瞬く間に硬くいきり立ち碧の喉奥を突き上げザーメンをぶちまけた。

「碧ったらー!こんな服ダメよー!」

妻は碧に文句を言いながら二階から下りてきた。黒いミニワンピースにガータストッキング、ボディーラインはくっきり出ていた。

「あら!似合ってるわよ!ちょっと小さいけど良いんじゃない?ねっご主人?」

「良いじゃないか!せっかく碧さんが用意してくれたんだ!それなら男も寄って来るかもな!帰りは何時でもいいからな!」

「又そんな変な事言って!呆れるわ!」

妻は不機嫌な顔をしながらも鏡の前で入念にチェックしていた。

『その顔も口も、その胸もその尻もオマンコもアナルもザーメンまみれにされてチンポ狂いにされて来い!』

私の心の声が聞こえたのか、碧は微笑みながら口元に付いた私のザーメンを指で救い、舌を出して舐めた。


17/06/18 14:15 (CcVZqRy8)
5
投稿者: 国士無双 ◆3VcXi2n7Bg





翌日の仕事を終え帰宅すると晩御飯の支度がしてあり、テーブルの上にメモ書きが置いてあった。

『一次会が終わったら帰ります。』
妻らしい内容だったが『エンドレスだろ!』と思わず口に出してしまった。

「お待たせー!今からナンパされるよ!TVコールにしてるから楽しんでね!」

碧から電話が掛かってきたのは20時頃だった。

「お二人ですか?宜しければご一緒させていただいてもいいですか?」

「ごめんなさい。今夜は女子会で二人で飲みたいの!ねっ明子?」

Aさんからのアプローチに碧は不機嫌そうに断り、明子の同意を求めた。

「お名前明子さんですか。素敵な方だと見とれてました。まだ三十代でしょ?」

「そ…そんな…。素敵だなんて…。それに三十代なんて…。」

「あら!やっぱり明子目当てだったのね!私はおばさんだからね!」

「いえいえ、私の連れは貴方の事が気になってるみたいで。呼んでも宜しいですか?」

「何よ!早く言ってよね!ねぇ明子ご一緒させてあげようよ!ねっ!」

さすが碧、妻に返事をさせる間もなく、あっさりと四人がテーブルに着いた。

「私は碧。彼女は明子よ。私達は昔からの親友で今日は女子会なの。」

「ご挨拶が遅れて申し訳ありません。
私は佐久間、彼は部下の沢田です。今日は出張でこちらに来てて、素敵なお二人に思わず声をかけてしまいました。費用は私が持ちますので、どうぞたくさん食べて飲んで下さい。」

佐久間さんは碧の話し通り紳士的な方で、妻も安心したのかお酒のお代わりをしていた。

それから暫くは四人で楽しく話しが盛り上がり、いよいよ媚薬の投入となった。

「さてと、どれくらいにするか?」

「3倍くらいにしたら!私は2倍でおかしくなったんだからね。淳パパいい?」

妻がトイレに行った隙に碧と佐久間さんから媚薬の分量を聞かれた。

「念のために5倍でもいいですよ!」

「楽しいご主人だ!後は責任持ちますから!では5倍で!」

「チンポ狂い明子の覚醒ー!」

碧ははしゃぎスマホを自らの股間に宛がい、大きな染みが出来たパンティーを見せ付けた。

暫くして妻は席に戻り、サワーを飲み始めた。

三人は徐々に話しをHな方向に持っていき、妻の反応を楽しんでいた。

「アッ…!フゥッ…!フゥッ…!」

「明子、大丈夫?サワー飲み過ぎ?ワインの方が良かった?」

妻の息が少し乱れ始めた時、碧が次のプランに動き出した。

「もし宜しければ場所変えませんか?私の部屋に美味しいワインが冷やしてあります。それにお疲れなら横にもなれますから。」

「本当に!明子、お言葉に甘えようよ!私も少し休んでワイン飲みたいから!」

「ハァ…ハァ…!私も少し横に…!」

「ではそうしましょう。沢田、会計を。」

巧みな連携でプランは計画通りにすすみ、四人は席を立った。

「アァァァ…!ま…待って…!アァァァ…!」

妻が立ち上がるとフラフラと佐久間さんに持たれ掛かり、妻は悩ましい声を漏らした。

「明子ったら、大丈夫?佐久間さん明子をエスコートしてね!」

「アァァァ…!わ…私…!な…何…!熱いの…身体が…!」

佐久間さんが妻を抱き寄せると妻は敏感になった身体佐久間さんに触れられ、パニック状態になっていたが、佐久間さんはそんな妻を優しく抱き寄せながら身体へのタッチを繰り返していた。

部屋はホテルのスイートルームで、妻は佐久間さんの首に手を回し、今にも唇を奪われそうだった。

「さあー!始まるわよ!明子がチンポ狂いになるのよ!しっかり見るのよ!」

碧はそう言うとスマホをテーブルの上に置き、沢田君に襲い掛かったようだ。

スマホは妻と佐久間さんの姿を映しだしていた。
17/06/18 16:01 (CcVZqRy8)
6
投稿者: 戦隊レンジャー
はじめまして。

明子がどこまで、
狂い堕ちるのか、
この後の展開が、
本当に楽しみです。

早く続きが、
読みたいです。
17/06/19 09:56 (LtMuzgiQ)
7
投稿者: (無名)
続きが楽しみですm(__)m
17/06/19 22:04 (CvcR3rrt)
8
投稿者: 国士無双 ◆3VcXi2n7Bg
続きを楽しみにして頂き、有難うございます。

続きです。



二人は抱き合ったままだが、佐久間さんの手は妻のボディーラインに沿って優しく上下し、妻の身体はピクピクと動き、熱いため息が洩れていた。

「アァァァ…!も…もう…私…。」

妻のせつない声が聞こえると、妻は自ら佐久間さんの唇を奪った。

「いいんだよ!私にすべてを委ねなさい。何もかも忘れて、いいね!」

「ハァ…ハァ…!は…はい。こ…こんな私を…許して下さい…!アァァァ…!」

佐久間さんの優しく言葉に何故か許しを乞い、甘い声を出す妻だった。

「アァァァ…!そ…そこ…!アァァァ…!おかしくなっちゃうのー!」

佐久間さんが妻のワンピースをまくり上げ、私も知らなかった赤のTバックを晒し、お尻を掴むと妻は聞いた事のない叫び声を上げた。

「アァァァ…!イィッー!そこ…イィッ!アッ…アッ…!イクッー!イクッー!」

佐久間さんはそこを掴んだりさすったりと集中的に責めると、妻の身体は跳ね上がり、激しくイキ果て、股間から溢れ出たマンコ汁は糸を引き、内股から足首にまで垂れていた。

「が…我慢出来ない…!アァァァ…!欲しいの…!アァァァ…!お願い…!」

佐久間さんの執拗な愛撫に妻はついに佐久間さんを求めた。

「何が欲しいんだ!ちゃんと言わないとわからないよ!」

「チ…チンポが…!佐久間さんのチンポが欲しいです…!アァァァ…!わ…私…!」

妻の卑猥な言葉に私の股間は硬くいきり立ち、思わずチンポを扱く私だった。

「こんな汚いチンポを明子のオマンコに入れる事は出来ないよ。ちゃんとお願いして綺麗にお掃除してくれないと!誰にでもそうだ!わかったか!」

佐久間さんの口調が強くなると妻は頷きながらゆっくりと腰を下ろし、佐久間さんの腰に手を宛て、股間に顔を埋めながらズボンを下げた。

「アァァァ…!す…凄いわ…!」

佐久間さんは白のビキニパンツで、その半立ちであろうチンポはうっすらと形を見せ、太い竿には所々に大きな突起物があり、ビキニパンツにはチンポ汁が染みを作っていた。

「お…大きいわ…!こんなに…!アァァァ…!な…何なのこれ…。素敵…!」

妻はそう言いながらビキニパンツに顔を埋めると、佐久間さんのチンポは更に膨らみ、チンポの頭はビキニパンツの横からはみ出し、妻の顔にチンポ汁が纏わり付いた。

「ハアッ…ハアッ…!こんなの…!こんなに…!アァァァ…!」

「ジュルッ…!」

妻は佐久間さんのチンポの頭に唇を重ね、ザーメンの様に吹き出すチンポ汁を啜ったのだ。

佐久間さんのチンポ汁を口の中で味わい、喉を鳴らして飲み干した瞬間、妻の目つきが変わった。

ビキニパンツを一気に下げ、両手でチンポを握りしめ、自らチンポに食らいついたのだ。

佐久間さんのチンポには特大の真珠がいたるところに埋め込まれていて、私のチンポよりも一回り大きいチンポだった。

「ングッ…!ングッ…ングッ…!プハッ…!ンッンッ…!ングッ!」

「ジュボッ…ジュルッ!ゴクッ…!」

妻は佐久間さんのチンポを必死に喉の奥までくわえ込み、溢れ出すチンポ汁を飲み干していた。

「口マンコはこれから数をこなせば上手くなりそうだな!ザーメンもすべて飲み干すんだぞ!」

妻が何度も頷くと佐久間さんは妻の頭を掴み激しく腰を動かし始めた。

「ウッ…オェッ…!ングッ…!オェッ!」

「ジュボッジュボッ…!ジュボッ…!」

妻は口も喉も佐久間さんのチンポに支配され、妻は佐久間さんのリズムに合わせ頭を動かし、ザーメンを求めた。

「ほら、ザーメンを味わえ!ウォッー!」

佐久間さんの腰が止まり、佐久間さんのザーメンが妻の喉奥に放たれた。

「ウッ…!ゴクッ…ゴクッ…ゴクッ…!」

妻は他人のザーメンを、喉を鳴らしながら飲み干していた。


17/06/21 07:57 (Mxjzd50t)
9
投稿者: 寝取られ
いくら媚薬を投入したとは言え、
チョット淫乱になるのが早すぎですね〜
もう少し葛藤するとシーンがあってもよかったのでは?
折角の素材に期待していただけにリアリティに欠けてしまったのは残念です。
でも続きを楽しみにしています。

17/06/21 19:12 (GWP9Jsxo)
10
投稿者: マック食べたい
面白い!
続きたのです
17/06/22 00:28 (COcXV8Yf)
11
投稿者: 戦隊レンジャー
これ程興奮する投稿は、
本当に久しぶりです!

生真面目な女が、
変貌していく話しは、
たまりません!

引き続きの投稿、
お待ちしてます。

17/06/22 01:27 (l0eE0n52)
コメントを投稿
投稿前に利用規定をお読みください。
名前
メール
本文
スレッドを上げない
画像認証

上に表示されている文字を半角英数字で入力してください。
 
Copyright © ナンネット All Rights Reserved.