閉じる
ようこそゲストさん。
ナンネットIDにログインしていません。
愛する彼は6年生
カテゴリ: 官能小説の館    掲示板名:マミーポルノ
ルール: 女性向けの官能小説をご投稿下さい
  
投稿の削除 パスワード:
1:愛する彼は6年生
投稿者: (無名)
私は39歳になる夫の有る身です。
名前は白石真理奈
子供は一人で名前は悟
今年の春に、小〇校6年生になりました。

夫は公務員。
私も同じ職場で働いていました。
いわゆる職場恋愛ですね。
優しくて真面目な、でもちょっと何かが物足りない。
そんな良き伴侶です。

でも最近の不満は、私を殆ど女として見てくれて無い、夜の生活も儘ならない。
私だって女です。
一人前に性欲だってあるのに。
そんなに魅力が無くなっちゃったかなぁ。
本当に寂しいです。

だからという訳では無いのですが、最近昼間にスポーツジムに通ってます。
週に2,3回かな?
結構真面目にトレーニングに励んでる。
お目当てはボクササイズのクラスの先生。
優しくて丁寧に指導してくれるカッコいい青年です。

それと、そのクラスによく来る男の子。
高校生だと思うけど、たまにすれ違うと挨拶してくれる。
その時は凄く得した気分になる。
私もまだまだ捨てたものじゃ無いぞって思えるから。
毎日が、そんな日常で過ぎてゆく。
そんなある日、息子が友達を連れて来た。
やんちゃな息子と違って大人しくて礼儀正しい子。
顔は・・・ジャ〇ーズ系?かな。
笑顔がとっても涼やかでカワイイの。
あぁ、この子が息子だったらなぁってホントに思っちゃう。
そんな彼が今日も挨拶をしてくれた。

「いつも、お邪魔します」

う〜ん、うん、いつ見ても可愛い。

「今日もゆっくりして行って下さいね」

私も可愛く言っちゃった。
彼の名前は石川康博君。
いつも、やっちゃんって呼ばれてる。
だから最近は私もやっちゃんって呼ぶようになった。
ただ、残念ながら彼はおばさんって呼ぶのよね。
何とかしたいけど、これだけは難しいかな。

彼らはいつも、カードみたいなもので遊んでる。
まあ、たまに勉強らしき事もしている様なので文句は無しです。
そんな或る日のこと。
学校が終わって暫くした時刻に、やっちゃんが一人で家にやって来た。

「あの、悟くんが先に家に行っててって言ってました」

私は彼の言葉を聞いて、家に迎え入れて

「ど〜ぞ〜、今、ジュースを持って来るから」

と彼に言って、急いで冷蔵庫に向かった。
なんだか急に胸がドキドキして来た。
心がときめいちゃってる。
何で?

この時はまだ、自分の気持ちに気が付いていなかった。
まさか、小〇校6年生に恋をするなんて。
この時から、私は決して後戻りの出来ない道に踏み込んでしまったのだ。

つづきます
2017/09/27 01:22:43(8kth389D)
2
投稿者: くー ◆HU7XfvOYA2
小6とですか…


ちょっと判るかもw
17/09/27 02:14 (fNtBP5Rd)
3
投稿者: (無名)
愛する彼は6年生 その2

やっちゃんは今、テーブルを前に座って飲みかけのジュースを置いたまま、手持ち無沙汰にしている。
私はキッチンで炊事をしながら彼を観察していました。

悟はまだ帰ってこない。
彼は手持ちのゲームを始めたが、仕事がひと段落ついた私は彼に話掛けた。

「今日はどんな授業だったの?」

彼はゲームを置いて話し始めた。

康博「あっ、はい。 え〜と国語と算数と理科、 それから体育かな」

「へぇ〜、そうなんだ。」
「そういえば、やっちゃんって勉強出来るらしいね」

康博「う〜ん、そうでもないと思います」

謙遜するところがカワイイ。
私は彼の事がもっと知りたかった。

「食べ物とかは何が好き?」

康博「ハンバーグです」
  「あっ、あと、納豆とか」

「えぇ〜!納豆、好きなんだ〜」
「後は?」

康博「あとは、・・あと焼きプリンです」

「プリンかぁ〜」
「じゃあ今度私が作ってあげる!」

彼との会話は楽しかった。
久し振りに心がウキウキした。

「じゃっ、約束ね。」
「指切りげんまん嘘ついたらはりせんぼんの〜ます」

きゃぁ〜、彼の指に触っちゃった。
私はもう、浮かれまくりです。
いい歳して何やってんだか。
その時は、そう思ったのだけれど。

ふと気が付くと、彼が私の胸の辺りにしきりと視線を向けている。
まさか偶然かなと思った私は、身体を半身にしてみた。
すると、彼の視線もそれにつられて僅かに動いたのです。

えっ、ええ〜?
この子、私を異性として意識してくれているの?
ひどい女の私はテーブルの先の物を取る振りをして、彼に谷間が見える様にした。
すると何と、彼は胸から視線を背けたのです。

私は確信した。
彼は私を友達の母親と思っているのみならず、女として意識してくれているのだ。
私の何処かで勝手に心が決まってしまったのです。

私はもう、熟女と言われてもおかしくはない歳だ。
だが、顔は童顔だといつも云われる。
背は157pで細身だし、スタイルも悪い方じゃないと思う。
実年齢より若く云われて、お上手ですねが口癖です。

だけど、小〇6年生に意識してもらえるなんて。
私はすっかり舞い上がった。

暫くして悟が返って来て、二人は二階に消えた。
しかし、私の心の炎は燃えたままだ。
そして私は或る事を思いつきました。


季節はもう夏休み。
今、悟とやっちゃんが二階に居る。
時刻はもう午後7時.
やっちゃんは家族の許可を貰って家に泊まりに来ていました。
予定は何と3泊だった。
彼の家族は田舎へ返っていた。
彼だけがこちらに残ったのです。

夕食の時刻となり、私は彼らの部屋に向かった。

「二人とも〜、 ご飯よ〜」

と私は呼びかけて下のキッチンで待つ。
暫くして彼らが下に降りて来た。

「いただきま〜す」

二人とも食べ盛りだ。
おかわりもしてくれる。

「ど〜おっ、 私のハンバーグ?」

と二人に聞くと

「うん、いつもと一緒だね」

と息子が言う。

「凄く美味しいです」
「家のお母さんのよりずっと」

と彼が嬉しいことを言ってくれる。
今すぐ抱きしめたい気持ちを心に秘めて私は応えた。

「じゃあ、これから毎日これ、作ってあげる」

なんて私が調子に乗ると、息子が

「ええ〜、毎日は嫌だよ〜、違うのが良い」

と、憎たらしい事を言う。
すると彼が

「僕、毎日がいいです。 明日の朝も」

と、嬉しい事を言ってくれた。
そんな楽しい夕食も終わって、彼らはお風呂に入る事になりました。
今、やっちゃんが裸になってお風呂に入っている。
そんな事を考えながら私はタイミングを計っていた。
もう直ぐ彼らはお風呂から出て来るはず。
私は一糸まとわぬ姿になって、前を隠さずにお風呂の扉を開けた。

「なに〜、お母さん、まだ早いよ〜」

と息子が言う。
彼の方はと云うと、私の裸を暫く凝視した後、顔を背けて湯船に入ってしまった。

彼に私の裸を見て貰えた。
私にはそれで充分でした。

「あっ、なに? ごめんなさ〜い!」

私は慌ててお風呂の扉を閉めました。
胸はドキドキして、下半身が熱くなったのを憶えています。

つづきます
17/09/27 04:44 (8kth389D)
4
投稿者: (無名)
くー さん

お読みいただき

ありがとうございます
17/09/27 04:46 (8kth389D)
5
投稿者: すけさん
おはようございます。下半身が熱くなって、濡れちゃいましたか?続きが気になりますね!
17/09/27 08:26 (9LZOFQAU)
6
投稿者: (無名)
すけさん

ありがとうございます
17/09/27 10:09 (8kth389D)
7
投稿者: (無名)
愛する彼は6年生 その3

彼らがお風呂から上がって私はゆっくりと湯船に浸かっていた。
すると、扉の曇りガラスの向こうに微かな人影が見えた。

「悟ぅ〜? 忘れ物?」

と私が聞くと返事が無い。
気のせいかな?っと思ってそのままにしていました。

お風呂から上がって新しい下着を履こうと思って、畳んで置いた下着を手に持った時、ふと履いていた下着のかごを見た時です。
何故か、微妙に位置がずれている様な気がしました。
私はいつも同じ順番で脱いでゆく為に、いつも同じ位置にそれぞれの下着があるのですが。
今は何故か違う位置です。

私は着換えを終えて居間に戻りました。
彼らの笑い声が二階から聞こえて来ます。
私はテレビを付けて夫の帰りを待っていました。

次の朝が来て息子たちは街まで遊びに行きました。
私は朝食の片付けやお掃除お洗濯です。

彼らは昼過ぎには帰って来る様なので、お昼の用意もしなければなりません。
そして一通りの仕事が終わってひと段落がついたので、ソファーに座ってのんびりとお茶をしていました。

外はいい天気です。
こんな日は、結婚前だったら誰かと何処かへ行きたいなぁ〜なんてよく思ったもの。
でも逆に今は独りです。
皮肉なものですね。

だからと云う訳では無かったのですが、私はむずむずする下半身に反応しちゃいました。
右手の中指でショーツの上からワレメをなぞっていたんです。
昨夜の彼の反応も有って、直ぐにぬるぬるになっちゃいました。
そして、段々と集中してゆくと、頭の中は昨夜のお風呂で見た彼の裸姿一色になりました。

息子と違ってつるつるの肌に、しっかりとした肩幅。
それでいて細く華奢なイメージ。
最後にチラッと見えた可愛いおちんちん。

私の行為はエスカレートして行く。
ショーツの中に手を入れて、指をくちゅっとワレメに差し込んだ。
くちゅ、くちゅっといやらしい音が部屋に響きます。
そして私は、もう直ぐ逝けそうになって来たと感じたその瞬間、部屋の外で壁から顔半分だけ出して覗いている彼と眼が合ってしまった。

彼は気が付いたのか、さっと居なくなってしまいました。
暫くすると彼ら二人が一緒に帰って来ました。

「おかえりなさい」
「随分、早かったのね〜」

と私が聞くと、息子が

「うん、ちょっと混んでたから、少し早く帰って来た」

と応えた。
すると、やっちゃんも

「凄く混んでたよね〜」

と言って二人で二階へ行ってしまった。
私は安心しました。
こんな事で彼が自宅に帰ってしまったら、また私の心は独りぼっちになってしまう。
私は何も無かった様に振舞おうと思いました。

お昼になって彼らが下に降りて来た。
何事も無かった様に食事は進んでゆく。

「悟、あの、夜は何が食べたい?」

と私が聞くと、何やら二人で話し合っている。
そして、結論が出た様だ。

「カレーがいい!」
「ビーフカレー」

と息子が言うので私は

「じゃあ、やっちゃんにはハンバーグを載せてあげちゃう!」

と年甲斐も無く可愛らしく言うと、彼は

「ほんとうですか?」
「やったぁ〜、うれしいです」

などと言って笑ってガッツポーズをしてくれた。
私は、ホッとした。
それと同時に彼の私に対する気持ちに、ちょっぴり触れた様な気がしました。


二日目の朝が明けた。
今朝も彼らは午前中に出掛ける様だ。

「あっ、やっちゃんも悟と一緒に洗濯物を出して置いてね〜」

今日も洗濯物は2倍です。
子供の汚れはしつこいんです。
私は気合を入れて洗濯に臨みました。
息子と違って、彼は下着まできちんと畳んで洗濯に出してくれる。
私は何故か嬉しかった。

でも、その時です。
彼のブリーフの股間の部分に、粘る液体を見つけたのは。
私は、はしたなくもその部分の匂いを嗅ぎました。
間違いなく、それは精液でした。

そう、もう精通が有ってもおかしくは無い年頃です。

私の心は一気に燃え上がりました。
それと同時に、やっとはっきりとしたんです。
私は彼に恋をしていると。

私は何度も何度も彼の精液の匂いを嗅ぎました。
そしてある誘惑に負けたんです。

「れるぅっ! ちゅるっ! りゅるぅ!」

私は彼のブリーフに付いた精液を舐め始めた。
その汚れた部分が綺麗になるまで。
しつこく。
念入りに。
彼の体液を身体に取り入れる為に。

つづきます
17/09/28 02:12 (NhkJNmjF)
8
投稿者: すけさん
こんにちは♪読んでいると、あそこが立ってきて触ってしまいましたよ(笑)今日も、無名さんも触ってるんかな?
17/09/28 12:40 (mckbNulG)
9
投稿者: (無名)

すけさん

メッセージありがとうございます
17/09/28 14:45 (NhkJNmjF)
10
投稿者: (無名)
愛する彼は6年生 その4

私は変わった。
いいえ、彼が変えてくれた。

それまでの私は、ただの家事ロボットだった。
育児に掃除、洗濯、炊事。
結婚の際に引っ越しをした馴染みの無い土地では、地域との繋がりも余り無かった。
仕事も辞めて社会との関係も希薄になる。
誰かに私と云う存在を認知して欲しかったのかもしれません。

でも今は独りではない。
愛しい彼が居る。
そう思うだけで、私の心は弾んだのです。

もう私の行動は誰にも止められない。
私は家事を終えた後に着換えをしました。
いつもより露出が多い物にです。
上は濃い色のブラが透けて見える、明るい黄色のピッタリとしたタンクトップ。
そして下は、膝上15センチの白の花柄スカート。
その両方共が収納ケースに仕舞っていたものです。

彼らは、帰りが夕方になると言っていた。
私は彼らの帰りが待ち遠しくて仕方がなかった。


「ただいま〜」

二人の声が聞こえた。
家に帰って来た様です。

真理奈「おかえりなさ〜い」
   「博物館、楽しかった?」

悟「うん、もう、最高!」
 
真理奈「そう! やっちゃんは?」

康博「凄い、面白かったです!」
  「古い機関車とか、いっぱいあって」
  「また行きたいです」

そうです。
彼らは、鉄ちゃんなのです。

悟「やっちゃんとまた行こうって」
 「だって、人がいっぱいで全部見切れなかったよ」

康博「また行きたいね」

二人は盛り上がったまま、二階へ行った。
彼の本当に嬉しそうな顔が初めて見られました。
こちらのテンションも上がっちゃいます。
今夜は腕によりを掛けてご馳走をしてあげようと思いました。

そして楽しい夕食が終わって、二人は居間でテレビを見ています。
お笑いのバラエティー番組で二人とも大笑い。
そんな雰囲気がこちらまで嬉しくさせてくれる。
楽しい時間が流れていました。

私は食事の後片付けをしています。
時折、さり気なく彼の方を伺うと、私の事をチラチラ気にしてくれている。
昼間の興奮も有って、いつになく彼の視線が積極的な感じがします。
ここで私は勝負に出ました。
台所器具の説明書を持って、彼の傍まで行ったのです。

真理奈「ごめんね、やっちゃん。 これ、どういう意味かしら?」

鉄ちゃんは理系の卵だろうと、勝手に想像して機械の説明を聞いた。
そのとき、私はやっちゃんの腕に思いっきり胸を押し付けました。

康博「え〜と、これはこういう意味かな?」

と、彼は真剣に説明をしてくれる。
でも胸が触れている彼の腕は震えていました。
更に私は、彼の横顔に自分の顔を、思いっきり近づけた。
彼は私の香水の香りを嗅いでくれたはずです。

私の気持ちが、例え半分でもいいから伝わってくれたらと思いながら。

そして、テレビを見終わった彼らは二階へ。
私は帰って来た夫の世話をする。
相変わらず、会話は余り無い。
夫は風呂を浴びてさっさと寝床に入ってしまった。

その後、私は遅くまで居間のテレビを見ていました。
すると誰かがトイレに入った様です。

「悟?」

と私が聞くと

「あっ、あの、僕です」

と、やっちゃんの声が聞こえて来た。
私はその時、ひらめきました。
私は居間のソファーに座って胸を触り始めたんです。
わざと声を押し殺して。

彼の気配を感じます。
私はスカートの中に手を入れて、本気の自慰を始めました。

「んっ、 んんっ、  ぁん、  んぁぁっ」

小さな声で喘ぎます。
暫く行為を続けて、少し満足した私は周囲の気配を探ると、そこにはもう誰もいませんでした。

翌朝、夫を送り出した私はいつもの様に家事に取り掛かります。
今朝も洗濯物でいっぱい。
そして、その中には彼の物も。

相変わらず、きちんと畳んである彼の衣服の中から下着を取り出すと、そこには昨日以上の量の精液が付着していました。

明らかに昨日とは違う、意識して何度も射精した量です。
ブリーフに水分を取られていてもなお、凛々しく存在する量のねばねばした液体。
それを見た私はもう無我夢中でした。

一旦家事をやめて、彼のブリーフを大事に抱えて寝室に入ります。
そしてベッドの上でショーツを脱いで大胆に脚を拡げました。

彼の畳んだブリーフを優しく広げて、プルプルしている彼の精液を人差し指と中指ですくいました。

そして左手の指で、あそこを大きく開いて彼の精液を膣の奥に塗り込んだんです。

「くちゅっ にゅちゅるるっ!」

二本の指が膣の奥まで届いて

「んんっ! んぁっ!」

私はその瞬間、小さく達しました。
彼の精液を
いや、恋しい人の生殖する為の体液を自らの生殖器に受け入れる事が出来たのです。
私は指を、あそこに入れたままうつむいて、暫く動けませんでした。

少し時間が経って、頭がはっきりとして来た時に実感しました。
私は彼の遺伝子を、間接的に受け容れてしまったと。
彼はもう他人ではないと勝手に身体が判断してしまった。

私はショーツを履き直して、ふらふらしながら家事に戻りました。
そして私の行動は、もう少しエスカレートしていきます。

つづきます
17/09/28 18:31 (NhkJNmjF)
11
投稿者: すけさん
今日も読みながら、触ってますよ!真理奈さんも夜遅くに書いてる時は、あそこ触りながら、書いてるんですか?旦那さんが寝たらメールで話したいよ!
17/09/28 23:55 (mckbNulG)
コメントを投稿
投稿前に利用規定をお読みください。
名前
メール
本文
スレッドを上げない
画像認証

上に表示されている文字を半角英数字で入力してください。
 
1 23 次 ≫
Copyright © ナンネット All Rights Reserved.