ナンネットID のアカウントをお持ちですか?
 
 
[!] 強姦・痴漢・窃盗・露出・売春等は犯罪です。 体験談にはフィクションや妄想を投稿してください。 犯罪や違法行為を目的とした呼びかけや情報交換等の投稿、公序良俗に著しく反する投稿、宣伝、商用の利用を禁止します。[!]

ゲッツ体験告白 RSS icon

短文の体験談は【禁断の木の実】に移動させて頂く場合が御座います。
1 2 3 4 5 6 ... 100
2018/02/25 23:28:27 (wyJGx7B4)
ブラパン下着が好きで集めてました。
気が付けば山ほどの量になってしまいました(´暖暖暖ρ暖暖暖`)
ブラパン譲りますので興味のある方はツイッターのみーちゃんにDMください。
1
2018/02/22 17:15:13 (ENE7uZHX)
本日川崎の置きでブラとパンティをゲットいたしました
ゲット後すぐに公園のトイレに籠り堪能いたしました 袋から取り出してまずは物を広げて隅々まで拝見 その後香りを楽しみました 香水のいい香りがしうっとりしながら、早速パンティのクロッチ部分を深呼吸して匂いを嗅ぐと、香水の香りの奥に夏美さんのイヤラシ匂いがして私のアソコはフル勃起 最初は舌先で少し舐め、その後全体を舐め回しました 若干のしょっぱさを感じながら擬似クンニを楽しみました 私のアソコも既に限界を迎えパンティをアソコに巻きつけ、夏美さんを感じながらフィニッシュし大満足です
本日はありがとうございました! また機会あればよろしくお願いします
2
2018/02/21 23:15:04 (53rQez1o)
彼女の採りたて汚物に体液混ぜて嫉妬させてもらえませんか?都内〜千葉
3
2018/02/02 18:40:13 (1h0jcK4e)
今日、彼女が生理になりました。
ホカホカのナプキンとか需要ありますか?
こちらの最寄り駅(23区の千葉寄り)まできてもらえたら差し上げますよ。
詳しくはメールか黄色でよろしく!
4
2018/02/19 18:06:00 (D3UwMikC)
地元の小さな塾に通ってた頃の話。個人の塾で建物は狭く、廊下にも勉強スペースがあり、私はいつもそこで過去問を解いたりしていた。廊下のスペースはトイレが近く、トイレに入っていく姿を見ることが容易であったが、流石にそう何回も見ていたら不審者なので、女が入った場合のみ見て見ぬ振りをしてチェックをしていた。
ある夏の日の朝、いつもと同じように廊下で過去問を解いていた。すると、地元の進学校出身で井上真央似のUさんがトイレに入っていった。俺は音が聞こえないかな〜とふと耳を澄ますと、中から「ベリベリベリッ」と言う音が聞こえた。これはまさか…と思い、Uさんがトイレを出た後、3分ぐらいしてトイレに入り汚物入れをチェックすると、見事に夜用と思われるデカいブツに綺麗な赤い模様が…!
その日は塾長が居ないため、体調不良を装い早退し、ブツを持ち帰り家で堪能しました。彼女は処女だったため安全で、これが男を知らない女の味か…と思いました。
5
2018/02/16 22:56:07 (6Kpu8ZqI)
ナプキンやオリシーが好きです!
同じ趣味の人いたら話しませんか?
ゲットするためにカフェで耐えたりしています!
6
2018/02/12 16:11:59 (CZJHncaA)
最近確定ナプタンに巡り会えていません…
お気に入りのGSがあったのですが、最近収集日前夜に出さなくなってしまい唯一の確定ナプ(オリシ)が捕獲出来なくなってしまいました…。
当方外仕事なのでコンビニも毎日チェックしてるのですが、なかなか確定に当たるまで出待ちするも捕獲に至りません。

未確定なナプキンタンポンオリシーには会えるのですが、それで抜くのは自分のポリシーに反するし

皆さん、確定ナプを捕獲するコツ等ありますか…??
7
2018/02/12 13:33:42 (8uJc6tth)
土曜日からドラッグストアの外トイレで汚物を狙ってるけど、成果なし!!タイミングが良くないのか、活動を開始して、汚物入れを見る度にナプキンが入ってる感じです。性欲MAXです。

8
2018/02/16 00:16:16 (q8/rzuTq)
今日は夜勤!仕事開始前に病棟職員トイレを確認して業務開始。スタイルも良く、愛嬌のある最近お気に入りの若手スタッフの子と、小柄で妹タイプの新人ちゃん。先月も堪能させてもらったけど、2人とも今日が丁度周期の頃…。早朝休憩後、トイレ入れ替わりを狙い、センターイン(お気に)&ウィスパー(新人)のホカホカを朝ゲットする予定です。

まさか、恥ずかしい所に当ててた物を回収され、ゲットしたホカホカを着けてる変態と一緒に働いてるなんて想像してないよな〜笑゛

いつもありがとう!朝が楽しみです!
9
2018/01/23 12:38:21 (CUdGH3By)
昨日の今日の話なので、まだニュースとかで出ていると思うのですが、昨日の夜、関越自動車道で8時間の渋滞がありました。大雪による渋滞だったとの事です。

この渋滞というキーワードを聞くと、僕の頭の中には、あの過去の思い出である、超ラッキーなハプニングの事をいつも思い出します。

4年前、当時、僕(35)は有名携帯電話メーカーで働いており、「ラウンダー」という職種についていました。ラウンダーの仕事は、家電量販店の中の携帯ショップへ、販売促進の為の「あらゆるバックアップ」をする仕事です。

ですもので、会社は新大阪にあったのですが、実際に活動しているのは西は姫路、北は京都と、新大阪から見れば、とくに姫路なんて、かなり遠方になってきます。

朝は9時に新大阪の会社へ出社するのですが、そこからはもう、即社用車にのってその日の巡回するエリアまで車で行きますので、自分の仕事は通信関係なのか、それともルートドライバーなのか、よくわからない状態にもなってきます。

この仕事でうれしいのは、「一人でゆっくり時間を過ごせること」が言えます。一人で運転しているほうが、事務所につめて事務作業しているより早く時間が経つし、遅く帰れば残業手当も付くので、僕にとっては天職だと思っていました。

ただ、一人でゆっくり時間を過ごせることもいいのですが、時には助手席に誰かをのせて運転する事もあります。基本、大多数が派遣社員で構成されている通信業では、不定期に新入社員(と言っても派遣社員)が配属されてくるところです。

その時の「渋滞」の日は、〇〇ショップ(〇〇には携帯メーカーの社名)から推薦されて入社(つまり現場から管理部への栄転)してきた、23歳の若くて美人な女の子を隣に乗せた日でした。季節も雪が降る季節だったと記憶しています。

その子は、さすがショップ経験者という事もあって、メイクの仕方は上手だし、スタイルもいいし、とにかく周囲では、「新しく入ったあの子、かなりかわいいよなwwww」と、男の社員の間では超テンションが高まっていたのを覚えています。

僕はその子を連れて、豊岡、西脇、飾磨エリアの家電量販店を1日かけて周回し、そのラウンダーとしての仕事をその子に研修するのが僕の任務だったのですが、最後の飾磨での仕事が終わり、高速道路にのって帰るところ、渋滞に巻き込まれてしまったのです。

もしかしたら、ご存知の方もいるかもしれませんが、加古川から大阪方面への15:00頃〜は基本的に混んでいます。さらにその日は大雪か何かで、トレーラーが立ち往生し、冒頭で書いた8時間という渋滞ではなかったのですが、4時間くらいは高速道路の上から動けないという状態になりました。

ハプニングとは、その4時間の中での出来事でした。

僕とその子(名前はリナさん)は、「あー、渋滞かぁ・・。ここいつも混んでるからなぁ。。」と、僕はいつもどおりの渋滞だと思っていたのです。

そして最初は適当に仕事の話をしながら前に進むのを待っていたのですが、1時間30分経っても車が一向に動く気配がないので、「これ、なにか事故でもあったのかな」とネットで道路交通情報を調べてみると、この先の摩耶のほうでトレーラーが横滑りし、事故になっている。というニュースが入ってきたのです。

「これはダメだわ。。。次の出口で降りたほうが吉だと思う」とか言いながら、その日の帰りがいつもより遅くなるのを覚悟してもう途中で高速を降りようとしていたのでした。

リサさんは「帰るの結構遅くなりますよね、、困ったなぁ。。友達と会う約束をしているのに」と、このときはまだ、普通の感じでした。

僕は「下道通るしかないね。」と言い、とにかく車が進むのを待っていたのですが、あいもかわらず車が数センチも動かないので、周囲のドライバーもしびれを切らしたのか、車から降りてどこか歩いて行ったり、外に出てストレッチ運動をする人も出てきているくらいでした。

渋滞突入から2時間目、それくらいからリナさんがソワソワし始め、様子がおかしくなってきていました。僕はそのソワソワに、「トイレかなにか?」と聞いたら、「はい。。ちょっと近い感じです・・」と答えてくるのです。

そもそも、僕たちは飾磨を出る前にレストランで遅めの昼食をとっており、僕はレストランを出る前にトイレを済ませて出てきたのですが、リナさんはドリンクバーでコーヒーを2杯も飲んだのにも関わらず、トイレに行かないままだったのです。

「トイレか・・。うーん、、これマジ真剣な答えだけど・・・ここにはないぞ・・><」と答えました。そう答えるしかありません。もう車が動かない以上、トイレを探すなんて無理に決まってます。

自らも運転をする。というリナさんもそれは十分わかってるみたいで、「ですよね・・どうしよう・・・」と言ってました。僕は、「念のために聞くけど、、大?小?ww」ときくと、「小www」と答えてました。

大小を聞いてどうにもなるものでもないですが、小だったらまだ誤魔化しようがあるかな。なんて思ったのです。

しかし、本音で言えば、そんな冷静に受け答えしている僕も実は内心では、(こんなかわいい子にリアルオシッコ我慢させてる状況がたまらんwww 早く漏らしてくれwww)とか思ってました。

それに状況を整理すれば、乗ってる車は会社の軽自動車だし、後部座席には、店舗への販促品が入った段ボール箱で詰められており、動ける空間はリナさんでいえば助手席でしかありません。

(もし後部座席に何もなければ、漏らすくらいなら、こっそり背後で、とかいう選択肢もあったかもしれませんが)

リナさんは、限界が近いのか変なテンションになっており、「やばいーーー ・・外出ちゃまずいですよね・・・><」とか言ってきたので「外?www 見られまくるってww だめだめ!」と、あたかもリナさんを男の目線から守るような言い草で外に出るという意図を妨害した僕でした。

すると目の前にあったのが、500mmのペットボトルのお茶があったのです。リナさんは「もう、最悪の場合はここにします」とお茶のペットボトルジュースを指さしました。

僕は「そこで出来るか?じゃ見ないようにしてるから、そこでやっちゃいなさいw」といったのです。

リナさんは、独り言で「えーー、もうマジ最悪〜 できるかなー、、超最悪〜〜」とか独り言を言いながらペットボトルに入ったお茶の残りを窓から外に捨てていました。

僕は、「ちょっとまて、そんな小さい口に命中できるの?」と聞いた後、「後ろにカッターとかホチキスとかある箱あるでしょ?そこでカッターつかってペットボトルの口を広げたほうが使いやすいんじゃ?」というと、リナさんは「それナイスアイデアです><」といったのでした。

僕はカッターとペットボトルを受け取り、ペットボトルの飲み口のやや下の位置を、カッターで大きく切り、口を広げたのでした。

そして「んで、これをどうするの・・?」と聞くと、「スカートの中に入れて、、ここで出す予定なのですけど、、。。」というのでした。

普通に「そんな器用にできるか?ww」というと、「わかりません><でもなんとかやってみます」というのだった。

「じゃ、見ないようにしてるから、早く終わってね」と僕は目線を前のフロントガラスや、右ミラーの方面をみるような感じにしたのでした。。

「ちょっとストッキング邪魔なので、先にこいつを脱ぎます。。見ないでくださいね・・」というので、「はいはい」と引き続き目線を右側に向けていました。

するとリナさんはシートベルトを外し、なにかゴソゴソとし始め、靴も脱ぎ、やっとストッキングは脱いだ様子でした。すると、「ヤバイヤバイでるでるでるでる・・・」と言い出し、助手席の上で中腰になったかとおもうと、「うう・・!!!」とか言った後、ポトポトポトポト・・・・とペットボトル容器の中に液体が注入されていく音があったのです。

僕はおもわず、その姿勢(気配)が不自然だと思ったので左を振り返り(というか、見ないと損)助手席に中腰になり、スカートの中に手を突っ込んでいるリナさんが目に入ったので、「ちょ、、ちゃんとパンツも脱いでる???」と聞いたのでした。リナさんは「見ないでください!!!!><」と手で僕の視線を隠してくるジェスチャーをしてくるので、また右側を見たのですが、

リナさんはパンツを脱ぐという動作をしなかったのか、できなかったのか、余裕なかったのかしりませんが、口を大きく広げたペットボトルを、パンツもろともアソコに押し付けて出してしまったようでした。

そして全部出し終わると、ペットボトルの半分くらいまで薄黄色い液体が入ったものを手にもっており、「窓からすてていいですか><?」と言ってくるので、「それはさすが・・少しドア開けてドアの隙間から捨てよう・・w 見ている人はわかる人もいるかもしれないからさ・・w」というと、その通りにしたのです。

そして、「結局、パンツ脱がなかったの?w」と聞くと、「はい・・だってパンツ脱ぐとか、すぐ隣にいるのに恥ずかしすぎるじゃないですか><」というので、「で、どうするの。そのままだと座れないでしょ」と言ったら、「脱ぎます・・・」というのでした。

リナさんは、「じゃもう一度向こう向いてて下さい」とってきたので、「へいへい」と右を向いていると、ゴソゴソと脱ぎはじめ、サイドブレーキのところに転がってたコンビニ袋に脱いだパンツを丸めて、またサイドブレーキの下に置いたのでした。コンビニ袋からは透けてピンク色のパンツの生地が見えていました。

ひと段落し、「とんだハプニングだったねww」と僕は言いました。そして僕もいい年なので「でもいいもの見させてもらったなww アソコ大きくなっっちゃったw」とも付け加えました。すると顔を赤くしたリナさんから、「それってセクハラですよーw」とか返事があったのです。なんだか、修羅場を潜り抜けたので安堵しているのか、テンションが高くなっている様子でした。

そして、「本当におおきくなってるのですか・・w」と聞いてくるので、「うん。ほら、見てみなよ」と自分の下半身を指さすと、確かにそこにはテントが張った下半身がそこにはあったのです。

リナさんは「えーww マジ〜><」と答えてました。

僕は「これを大きくしたのはリナさんの責任だからねぇ、、なんとかしてもらわないとww」と言ったのです。

(というか、こんな冗談、世間でいうセクハラ問題に十分発展するセリフが交わされているという事は、もうこの時点で僕もリナさんも、心のどこかでエロい雰囲気になっていたんです)
10
1 2 3 4 5 6 ... 100
スレッド投稿フォーム
名前
トリップ()
E-mail
 ※任意
タイトル
本文

投稿文に自動改行は行われません、適宜改行を行ってください。 # タグ使用不可
画像認証

上に表示されている文字を半角英数字で入力してください。
◇掲示板利用規定 〔必ずお読み下さい〕