ナンネットID のアカウントをお持ちですか?
 
 
[!] 強姦・痴漢・窃盗・露出・売春等は犯罪です。 体験談にはフィクションや妄想を投稿してください。 犯罪や違法行為を目的とした呼びかけや情報交換等の投稿、公序良俗に著しく反する投稿、宣伝、商用の利用を禁止します。[!]

乱交体験談告白 RSS icon

短文の体験談は【禁断の木の実】に移動させて頂く場合が御座います。
1 2 3 4 5 6 ... 200
2017/05/27 03:45:20 (CIMCZSrR)
ここの投稿で酔ってトイレで女にチンコを舐めて射精するという投稿がありました!
同じように深夜の公園のトイレで熟女が入ったので、後をつけて覗いてました!
ドアが少し空いてるんです?
開けたら熟女が、便器で寝込んでいました?
近づきチンコを口に挿入しましたv(´▽`*)
ウーン?温かい口に射精って思った時に、女が起きました=(;゚;Д;゚;;)⇒グサッ!!
ヤバいって思った時に背後に人の気配です!
おとなしくして下さいね?
背中にナイフがありました?
目隠しをされて車に押し込まれました!
しばらくしてマンションらしい部屋の中に着いたんです!
手足に手錠と鎖で固定されて、ベッドに倒されました?
服を剥ぎ取られました!パンツだけの姿でギリギリと鎖が引かれました?
身体が完全に固定しました!
皆さん今日のペットちゃんは若い男性ですよv(´▽`*)
沢山楽しみましょうって言われました!
目隠しを外れました?
アイマスクの熟女が、沢山います(。>д<)
一斉に僕の身体を手や口が襲いました=(;゚;Д;゚;;)⇒グサッ!!
パンツを下されました!チンコが丸見えです!
大きいチンコよ!!ヽ(゚д゚ヽ)(ノ゚д゚)ノ!!
歓声がありました?下半身を手や口が襲いました?
一人ずつチンコを舐め廻されました!
少しだけ鎖が緩められていきました?
後ろに向けてお尻も舐め廻されました!
なかにはアナルに舌を差し込む女もいます!
なにやらチンコにセットされました?
これでいいですね?しばらく若い男性のチンコを楽しんみましょうって、次々に馬乗りされました!
何人の熟女が僕の上であえぎ捲るんですv(´▽`*)
しかも生チンコを楽しんでいます!
いけないんです?いつもならば直ぐ射精するんですけれども?
がまん汁は垂れますけども、射精がないんですよ(。>д<)
さんざん熟女のオモチャです!
僕は気持ち良い感じのまま気絶しましたv(´▽`*)
まぶしいって思った時に、お兄さん大丈夫かい? 
回りに人込みです?
救急車で病院に運ばれました?
特に身体に異常は無しでした?
一応警察で川岸で寝込みは危険ですねぇ?って怒られました?
帰宅しました!あっ手足にアザがありました!
チンコをみました!真っ赤に腫れてました!
やはり夢ではなかったんです!
それ以来公園には近づきません!
1
2017/05/07 10:18:20 (b4mSGDrD)
私はもうすぐアラフォーの主婦です。
私はドMで変態プレイが大好きなんです。
セフレやご主人様も多数います。
セフレやご主人様のご命令で乱交も何回もやってます。先日も家族がいない日に、セフレの仲間と乱交パーティーに参加して来ました。
セフレである旦那のお父さんや弟さんと乱交もしてます。
とにかく乱交は楽しいし凄く気持ちが良いです。
家族に内緒でやるのが最高ですよねイ
2
2017/05/05 13:38:11 (X..MUiAn)
何度、しても興奮します!!妻(34歳)が知らない男達に逝かされる姿は・・・ことの始まりは、マンネリした夫婦生活に刺激を求めてスワッピングに行ったのが始まりでした。その日は私達夫婦も合わせて三組の夫婦、あと単独の男性二人が参加者でした。初めこそ照れていた妻でしたが、男性の愛撫を受けると感じ始めて、自分からチン○ンを咥え、ゴム着きでしたが全ての男性にハメられて大きな胸を揺らしながら逝っていました。その日参加した女性には、妻以外に巨乳がいなく私的にはチョット物足りませんでしたが、それでも逝かされる妻を見ながら私もニ度射精しました。初めて行ったスワッピングに満足した妻は、私が行けない時でも一人で行くようになり、以前より淫乱で綺麗になりました。そんな変わった妻を見て、私はもっと過激なことをしたくなり、あるサイトの掲示板で、複数プレイに興味のある男性を妻に内緒で募集しました。集まったのは四人でした。プレイ開始時間は深夜0時、誰もいない公園・・・妻には、当日それとなく教えて連れ出しました。妻も私のやろうとしていることが分かっていたようでしたが、「何処に行くの?」「何をするの?」と嬉しそうに聞いてきました。公園に着いた私達は、トイレの近くのベンチに座りました。そして、妻のスカートをめくり、足を拡げさせてアソコを舐めました。妻はすぐに声を出して喘ぎ、それを聞いた四人が集まって来て妻の身体を触りだしました。妻は「イヤ〜ン・・・誰か触ってる〜」と大胆に声を出して集まった男性達を挑発しました。私は妻から離れ、男達に妻を与えました。私が妻から離れたら、男達は欲望丸出しで妻に襲いかかり、妻にキスをする者、アソコにムシャブリつく者、胸に吸いつく者、足を舐める者と妻に群がる獣でした。妻も我を忘れて悶え喘いでいました。そして、我慢の出来なくなった妻が、自分から「チン○ンちょうだい!!逝きそー!!」と言いました。すると、アソコを舐めていた男が急いでズボンを脱ぎ、衣類の乱れた半裸の状態の妻に勃起したものを正上位で生入れました!!妻は私以外の男性に生で入れられるのは初めてでした。私の今回の目的は、妻に私以外の生チンを入れされることだったので、集まった男性達には生ハメ中出しOKという募集内容での募集でした。始めに入れた男はすぐに妻の中に出して逝きました。妻はその時に生入れに気付き、「えっ!!ゴムは!?ウソ!!」と正気に戻り驚いて男達から離れようとしました。しかし、次の男がすぐに妻に襲いかかり、続けてバックから生ハメ!!妻は抵抗して嫌がっていましたが、そのうちに感じて喘ぎ声に・・・口では「イヤ〜やめて〜」「中に出さないで〜」などと言っていましたが、「イィ〜!!またイっちゃう〜!!」と言って結局中出しされた瞬間に逝っていました。私はそんな妻を見てオナっていたのですが、妻が逝ったのを見て我慢が出来なくなり、妻の所に行って妻の顔にかけて逝きました。妻は顔に出されたザーメンを口を開け、舌でイヤらしく舐めていました。しかし、すぐに次の男が正上位で入れ中出し、四人目もそのまま正上位で中出し、そして、また一人目に・・・と立て続けにハメられて、妻は男達のザーメンでアソコはもちろん、口のまわりから胸にかけてドロドロ・・・結局、私も含めた男五人で朝の四時過ぎ、辺りが明るくなり始めるまで妻を犯し続けました。終った時の妻は、全裸でザーメンと芝生の草まみれで無残な姿でした。しかし、当の本人は快楽でボ〜としながら、「もっと・・・もっと」と足を拡げながら求めていました。男達もまだハメたそうでしたが、時間も時間だったのでお開きにしました。私は全裸の妻をそのまま車に連れて行き、後部座席に寝かせて家に戻りました。家の前で妻を一度起こし、服を着せて家に入りました。しかし、疲れていた妻は家に入るなりシャワーも浴びないで寝室に向かい寝てしまいました。昼過ぎに妻は目覚めてシャワーを浴び私と遅い昼食を・・・妻はまだ、ウットリとした表情で「凄かった〜、癖になりそう〜」とニヤニヤしてました。でも、病気や妊娠のことも心配して「大丈夫かしら・・・」と不安そうな表情もしてました。そのこともあって、二ヶ月は大人しくして病院にも行ってたみたいです。でも、なんともなかったようなので、また再開・・・といっても、普通のスワッピングにですけど・・・ヤッパリ、生ハメ中出しは病気の心配があるからと言って、あれ以来していませんでした。でも、妻もあの時の快感が忘れられず、つい最近ラブホテルで輪姦を・・・今回は避妊もして以前より清潔にしてやったので、以前ほど過激ではありませんでしたが、妻は大満足してました。私も妻が生ハメ中出しをされているのを見て異常に興奮して満足しました。次は妻にアナルの良さを教えて、アソコとアナルの二穴責めを試してみたいと思います。今はまだ痛がるだけなので無理ですが、そのうち絶対に!!
3
2017/05/05 10:48:39 (X..MUiAn)
8年前に結婚をし、それなりに幸せな家庭を築いて来た36歳です
妻35歳、7歳・4歳の女男の子供がいます。
3年前都心のマンションを売り都下の一戸建てを購入しました。
夫婦生活には満足していました。2人目の出産を期に子作り終了を。
付き合ったのは結婚前の2年間。それぞれ経験数は有ったのですが、彼女は
「指攻めは痛がる・バックからは嫌だ・騎乗位も嫌だ」で、2人目作りまで
「正常位のみ」の性生活でした。
最後の出産から1年、やっと子育ても楽になり始めたころから隔週金曜日近
所に住む妻の実家に子供たちを預け飲みに出るようになりました。始めは
「居酒屋、スナック等」そうして今や行きつけになるスタンドバーに通うよ
うになりました。   その店のオーナー夫婦は海外を転々としバーデンの
腕を磨いてきた方で酒も・話も楽しく面白い方たちに囲まれている店です。
われわれ同様の常連客の中には外国人の方もいます。そのような生活環境の
中で以前にも増して妻がリラックスしてきているのがわかりある日「どうせH
をたのしんでいくなら色々な体位でやろう」と、提案しました。
当初は嫌がっていた妻も「そうね〜楽しんでいくなら」と
半ば諦めと、好奇心で了解してくれました。
それから3年、今では「バック大好き・騎乗位最高・指でも逝きまくり・挙
句の果てには潮まで吹きながらの絶頂淫乱ま○こ」に調教しました。
自分としては今の妻の現状は満足していましたが、だんだんと
「こんな淫乱妻を誰かに抱かせたい」願望が芽生えてきました
その白羽の矢に立てたのがバーの常連客フランス国籍の黒人男性「ジョセ」
です。
身長188cm、ガッチリとした筋肉質の体つき、分厚いタラコ唇、見た目
はサッカーフランス代表の「シセ」に似た形相。
が、しかし心はガラスで出来ているようなやわらかく思いやりがあり過ぎる
好青年。大学院留学の為米国にその時日本語を猛勉強。仏国に本社が有る企
業に入社し希望を出して日本支社へ来て5年。35歳には見えない風格の持
ち主。自分同様妻も彼に対しては尊敬の念を抱くようになりました。
もちろん、来た当初は六本木・赤坂・渋谷に繰り出し何人かの女性と交際し
ていたようですがここ2年は仕事オンリーの生活。そこで今年1月、バーで
楽しく飲んでいるとき彼に1つの提案をしました 
「11時半過ぎたかな〜」店内に流れるラジオがそう告げた。
しっかりと目を開き見つめながら大きな「タラコ唇」で妻の唇を奪っている
ジョセ。強引では無くやさしく舌を入れ始めた。
俺はウォッカをショットグラスで煽りながら上半身裸になりレモンスライス
にかじりついた。
長く静かなキス、妻はまだ、怯えた目をして「たすけて!」と
言わんばかりの目で俺を見る。俺は深く目を閉じ「大丈夫だ!」と、サイン
を送った。それを見た妻は諦めとジョセのとろける様なキスに身を任せてい
った。
胸元を隠していた手がジョセの首に巻きつきキスが激しさを増してきて「ジ
ュルジュル」と、音が聞こえ始めた。
ジョセの右手は空いた左胸をやさしく大きく揉み出した。
乳首を摘んだ時、妻があえぎ声を微かに漏らした。
ジョ「全て見るよ」と、囁き胸へ顔を近づける。
レース越しに見える茶色い乳輪、完全におっ立ったピンク色の乳首。それを
ジョセはレース越しに舐め始める。眉間にしわを寄せ嗚咽を漏らす妻。右・
左、感触を確かめるように舐める。
ジョセの長く太い指が妻の肩にかかる紐を下へ、両紐を腕から取りそのまま
妻の両腕を妻の頭の後ろに重なるように組ませた。かろうじて立った乳首に
引っかかるように覆っていたスリップをジョセは首を愛撫しながら右手で下
げた。
2人の子供に乳を与えていたとはいえ、型崩れのしていないパイが現れた。
先ほどの愛撫で少し乳首が濡れていた。
ジョセはむき出しになったオッパイをデカイ両手で脇から中心に向け揉み出
した。妻も声を抑えることなくあえぎ出した。
その声を聞き「ジョセの野生」がむき出しとなった。
荒々しく揉みしだき乳首を転がす・吸い付く・噛む。
妻が「痛・痛ィ!」と言っても激しさは変わらない。何かに取り付かれたよ
うに黒い筋肉の鎧の様な体がクネリながら愛撫を続ける。
俺はカウンター内からジョセの後方に移動し「特等席」で眺めることにし
た。オッパイへの愛撫を続けつつジョセは妻の両膝に手を掛け閉じていた足
をオッ広げた。
もうパンティーのアソコの部分はグショ濡れ!
徐々に内腿へ手を移動させ腿裏を押し上げた。
ジョセは濡れたま○こを見ながら「スケベだよ、いずみ!」
と目を見ながら呟く。
妻「あなた!お願い電気けして」 涙目で懇願するが無視した。
「見るよ」とジョセ、両手を奥に忍ばせパンティーを一気に取り除いた。あ
わてて閉じようとする足に分厚い黒い鎧を入れ力まかせに、強引に足を広げ
させた。
両手で顔を隠す妻。広げられあらわになったま○こ。ジョセも俺も目が釘付
け。
おびただしい淫汁でヌラヌラにテッカッている「クリ・まん・アヌス」
ゆっくり顔を近づけ匂いをかぎつつ舌を這わせる。
ビックッ!と体が反応する妻。ザラザラした舌が大きく上から下に動き出
す。
「あぁぁ〜〜〜ん」と声をあげ体ごとヨガリ始めた。
いつしか顔を覆っていた手がジョセの髪の毛を掴んでいた。
体をグラインドさせ愛撫する。その動きに合わせるように妻の体も声をあげ
動く。
マンを堪能したジョセが体を起こし妻の右に座る。
軽く口付けを、首・耳への愛撫へ・・右手の中指がクリをイジリスッルッと
中に進入した。長く太い指がま○こを「グチュグチュ」と言わせながらかき
乱す。
2本目の薬指も中へ、2本の指とはいえ俺のより太く長い。10回ほど出し
入れされた途端、妻は「イ、イク〜〜!」と叫び
大量の潮を出しつつイッタ。
それでもジョセの指は止まらない、全ての淫汁が出てしまうかと思うほどビ
シャグシャにした。
シートはおろか、床にまで、まるでお漏らしをしたかのような大量の淫汁。
鼻につく淫汁の匂いが充満してきた。
指を抜き、手についた淫汁を振り払うと、やおら立ち上がり
ベルトを外しズボンもろとも脱ぎ捨てた。
妻の、俺の目の前に「神が与えた黒人の悪魔の御神体」が現れた。
「こ、これが今から妻に入るのか」そう思い、妻をみた、
妻も声にならないと言う表情でブツを見ていた。
23CM越え、直径4〜5CM黒光りした、ものすごくエラの張った御神体。
ジョセは自ら妻の口元に差し向け、ビックリして動けない妻の口にねじ込ん
で言った。
カリまでしか入らない様子。そこまで行っては止まり腰を引く、その繰り返
しを1分ぐらい続け抜き出した。
ジョ「入れるよ、心配しないで」
ゆっくりマンの入り口にあてがいこすり付ける。十分に淫汁を塗りたくりい
ざ、挿入。
息を呑む俺、上の歯で下唇をかみ締め妻に沈めていく。
妻も歯を食いしばりその動向に目を向ける。
カリまでが入った、まだ、深く沈める、真ん中辺まで入ったとき
妻「あぁぁ〜〜イ、痛い!」
それを聞きジョセは抜き始める
妻「あぁぁっっ・・・」
そしてまた沈める、段々と速度を上げ上下に動く
妻は頭を振りながら「あぁっ、太い、大きいあぁぁっ」
ジョセも何語かわからない言葉を発し打ち込む!
「イ、イク、イッチャウ」、潮吹きながら涙を流し妻はイッタ
まだ、打ち込みは続く、「グチャグチャ」淫音を響かせ付きまくる。その間
10分ぐらい、何回も妻は潮を吹きイッタ。
デカマラ抜き妻を後ろ向きに立たせ「立ちバック」の始まり。
先ほどから何度も打ち込まれた妻のま○こは完全にジョセのサイズに広がっ
たのか今度は「パンパン」と玉袋が当たる音がしてきた。
俺は下にシャガミこみ見上げた。
完全に収まっている。あの長太い御神体が妻に納まっている
愕然とししりもちをついた状態で2人を見ていた。
妻「あぁぁ〜もうだめ、イク、イッテ〜お願いイッテ〜」
ジョ「**KJDH}*}*dsf(8」
ジョ「イクッ!」
と、最後に深く思いっきり打ちつけすばやく抜きケツ目掛けてぶちまけた。
シートに倒れ掛かり気を失っている妻、体は小刻みに痙攣していた。
出し切ってたたずむジョセにビールを渡し
自「すごっかた、よかったろう、いずみは?」
ジョ「最高だ!奥まで入れれたのはいずみが初めてだ」
自「またシタイか?」
「またシタイ最高の締まりだ」



今でもジョセは「英語の先生」として我が家に、
飲み友達としてバーで酒を酌み交わしている。
もちろん妻も以前と変わりなく付き合っている
4

今日これから

投稿者:peach ◆ZqKXyxxBn2
削除依頼
2017/05/04 11:03:18 (ZvP0IKv.)
これから1泊でパーティーに出席します。
今回が2回目です。
前回はセフレ君に誘われて見学だけと言って参加したけど雰囲気に流されてセフレ君以外の男の人としてしまい、最後は女の子同士で沢山イカされてしまいました。
女の子達はキレイに剃っていたので私も今日はヘアーの処理もしてキレイにして行こうと思います。
考えてると濡れてしまい、オナニーしたくなるけど我慢している私です。
楽しかったら又ご報告します。
5
1 2 3 4 5 6 ... 200
スレッド投稿フォーム
名前
トリップ()
E-mail
 ※任意
タイトル
本文

投稿文に自動改行は行われません、適宜改行を行ってください。 # タグ使用不可
画像認証

上に表示されている文字を半角英数字で入力してください。
◇掲示板利用規定 〔必ずお読み下さい〕