ようこそゲストさん。
ナンネットIDにログインしていません。
隣の若奥様を尾行しました
カテゴリ: 官能小説の館    掲示板名:人妻熟女 官能小説   
投稿の削除 パスワード:
1:隣の若奥様を尾行しました
投稿者:
夜な夜な隣の部屋から聞こえてくる艶かしい声で、すっかり睡眠不足である。

ボロアパートの壁は薄く、隣のしゃべり声ですら普通に聞こえてくる。

先週隣に引っ越してきた奥さんがあまりにも可愛く、ツインテールで清楚なお姫様系の洋服を着た彼女は女子高生のような童顔であった。

たまに廊下やエレベーターで見かけるが、その可愛らしい顔とは裏腹に、貪りつきたくなるような大きな胸やお尻、程よくくびれができているウエスト、程よい肉付きの太もも、隣の旦那さんが毎晩彼女の身体を求めるのは当たり前だと思った。

そして今も隣から当たり前のように喘ぎ声が聞こえてくる。

大学生である僕 石井 琢磨は隣のそんな刺激的な夜の営みに対して、毎晩一人で済ませていた。

「さおり、、、愛してる、、、」
「あっ、、ぁん、、あなたぁ、、、」

翌日、燃えるゴミを出しに行った時いつも以上に綺麗に着飾ったさおりさんが廊下にいた。

「おはようございます。」
と挨拶したがさおりさんはそそくさと部屋の中に入っていった。

大学が休みである僕はさおりさんの部屋の様子を知りたくて壁に耳を当てた。

さおりさんの小さな声が聞こえてきたので電話でもしてるのかなと思った。

「、、、わかった。、、、10時に、、、ね。」

所々聞きづらかったが、さおりさんは10時に誰かと会うのだなということぐらいは簡単に推測出来た。

僕は暇なのでさおりさんを尾行することにした。

さおりさんの家の玄関扉が閉まる音が聞こえた。

僕はスマホと財布をポケットに入れ、キャップを目深に被り、普段滅多にかけない眼鏡をかけてさおりさんの後を付けることにした。

僕が部屋を出た時ちょうどエレベーターのドアが閉まった。

僕は急いで階段を降りて行ってさおりさんの姿を探した。

だが、その姿が見えなかった。
僕は駅の方に向かったのだろうと思い、小走りで駅に向かった。

けれども、さおりさんの姿はどこにも見えなかった。

僕は諦めて家に帰ろうとした時、ふと視界に先ほど見たさおりさんの服が目に飛び込んできた。

駅前にあるコンビニのレジで会計をしているさおりさんがそこにはあった。

僕はタバコに火をつけてさおりさんがコンビニから出てくるのを待った。

しばらくするとさおりさんはコンビニから出てきた。
だが、あたりをキョロキョロと見渡し誰かを探しているかのような様子だった。

時計を見るとちょうど10時。どうやらここのコンビニで待ち合わせをしているようだった。

一台の車が勢いよくコンビニの駐車場に入ってきた。
その車の車種は小さい頃からよく見ていた。

日本製では考えられないほどいかついそのボディは圧倒的な存在感を醸し出していた。

シボレーアストロ。今では街中でなかなか見る機会が減った車の一つだった。

さおりさんはその車に近づいていった。

僕は車から降りてくる一人の男を見て驚愕した。
2018/02/14 16:47:22(sFct0Me7)
2
投稿者: 智
(親父ぃーーーーっ)

僕はつい声を上げてしまうところだった。

僕の住むマンションは親父の管理しているマンションの一つだった。

親父は僕とは違うマンションで母と暮らしているが、親父の姿を見るのは半年ぶりだった。

以前は綺麗にカミソリで丁寧に剃られたスキンヘッドだったが、今の格好は茶髪にパーマを当てたちょいワルオヤジになっていた。

もちろん親父はさおりさんとも賃貸契約などで顔は合わしているだろうが、なぜ?親父があんなにも可愛いさおりさんと待ち合わせをしているのか謎だった。

親父はさおりさんをエスコートしていた。
親父の左手は助手席の扉を、右手はさおりさんの丸みを帯びたお尻に回されていた。

国産車とは異なり運転席と助手席が反対の外車なので、幸いにも運転席から僕の姿は見えなかった。

だが、助手席に座ったさおりさんからは僕の姿が見えた。

素人ながらも変装していたので、こちらの姿を見たさおりさんも僕には気づいていないようだった。

親父が運転するシボレーが動き始めた。

僕は急いで通りに出て手を上げてタクシーを止めた。

「あの外車を追いかけて。」

そうタクシー運転手に告げて親父の車の後を追った。

しばらく走ると親父が管理する別のマンションの駐車場にシボレーが止まった。

僕はタクシー運転手に金を払いタクシーから降りて、植木に身を潜め親父の車の様子を伺った。
18/02/14 17:46 (sFct0Me7)
3
投稿者: 智
しばらくすると親父は運転席から降りて、さおりさんが乗る助手席の方に回った。

二人はまるでカップルのように腕を組んでマンションにあるエレベーターの方に歩いていった。

僕はすかさず後を追った。

エレベーターの表示に目をやった。
「1、、2、、3、、4、、5」

5を示した時に他の階とは異なり表示時間が長かった。

僕は急いで階段を駆け上がり5階に移動した。

親父の管理するマンションの鍵はどれも同じマスターキーで開けることが出来るのを知っていた。

僕のキーケースにはこのマスターキーのコピーが入っている。

僕は一軒ずつ表札を確認していった。
5階には8戸の部屋があったが幸い入居者は3戸しかなかった。

しかもその3戸はエレベーター側から連続して入居されていた。

残りの5戸の鉄製の扉に耳を当てて中の様子を伺った。

1戸目、2戸目、3戸目、4戸目、、、どの部屋からも音らしき音は何一つ聞こえなかった。

5戸目の扉に耳を当てたとき、中の声が聞こえてきた。

(ビンゴ)

僕は音を立てないように隣の部屋の玄関扉にある鍵穴にキーを差し込んだ。

ゆっくりと鍵を回し、扉を開いて部屋の中に入った。

入居者がいない部屋は殺風景だったが、隣の音を聞くぶんには申し分なかった。

僕は早速、親父らが入った部屋の方の壁に耳を当てた。

中から衣服が擦れる音が聞こえてきた。

僕は耳に全神経を集中させた。

「あっ、、ぁん、、管理人さん、、ぁん、、」

いつも自分の部屋で聞いているさおりさんの声がそこにはあった。

その声を聞いて親父に激しく嫉妬した。

「ぁん、、、すごぉい、、、おちん、ちんが奥まで当たる、、、」

僕はズボンの中で行き場を無くしたジュニアを取り出しシゴき始めた。

パンツには先走り液がどっぷりとついており、僕のジュニアの先にはそれがテラテラと滑っていた。

時折聞こえる親父の声でジュニアは萎えたが、それもさおりさんの喘ぎ声ですぐに硬度を取り戻した。

「ぁあ、、、いくぅ、、さおり、、いっちゃう、、、だめぇ、、管理人さぁん、、、」

その甘ったるくも妖艶な声とともに僕のジュニアはたっぷりの子種汁を放出させた。

「はぁ、、はぁ、、はぁ、、」

あまりのことですぐに放出してしまった僕はしばらく自己嫌悪に陥った。

やがて親父たちのいる部屋から再び喘ぎ声が聞こえてきた。

僕はポケットに忍ばせていたスマホを取り出しある事を思いついた。
18/02/14 18:30 (sFct0Me7)
4
投稿者: 智
僕は足音を立てないように掃き出し窓の鍵を開け、ゆっくりと窓を開けた。

アルミサッシの軋む音がかすかに聞こえたが、親父たちがそれに気づく様子はなかった。

ベランダに出た僕は親父たちのいる部屋の中が見えそうな所を探した。

隣のベランダとの境界に添えられていたパネルの隙間からほんのわずかだが親父たちの部屋の様子が見えた。

だが、肝心のさおりさんの姿はここからでは確認することが出来なかった。

親父たちの部屋は僕が入った部屋とは異なり、生活するための最低限の家具や電化製品が置かれていた。

僕がいた部屋の方の壁に親父たちが性行為に励んでいるベッドが備え付けられていた。

僕は是が非でもさおりさんの痴態の動画をスマホに収めたかった。

それはコレクションというよりもさおりさんを脅すためにどうしても必要だった。

さおりさんの顔や姿が確認出来ないことには脅しの材料にもならなかった。

もう少しなのにという悔しさを滲ませながら、僕はベランダに座り込んだ。

ベランダの境界に使われているパネルはよく見るとボルトで留められた簡易的なものだった。

僕は指先にこれでもかというぐらい力を込めてボルトを回した。

僕の思いが通じたのかボルトは回転し始めキュルキュルと音を立てながら外れた。

全てのボルトを外してゆっくりとパネルをずらすと、先ほどの隙間よりも大きな隙間が出来た。

ちょうど僕の手が入る程度の隙間だった。

僕はスマホの動画の撮影ボタンを押し、右手をその隙間に押入れ中の様子を撮影した。

10秒ほど撮影し、撮った動画を確認した。
二人の姿は映っているものの小さすぎて何が何だかわからないものだった。

今度はズーム機能を使って動画の撮影をすることにした。

ゆっくりと隙間に手を入れ中の様子を撮影した。

先ほどと同じように動画を確認すると、今度はうまく撮影が出来ていた。

そこには見たくもない親父のどすけべな顔やだらしなくおっ立てている逸物の様子。

さおりさんの喘いでいる表情や服の上からしか見たことがなかった見事な胸とその頂にあるピンク色の乳首、そして一番見たかったさおりさんの黒々とした陰毛の間から見えるピンク色のあそこ。

僕の心臓が急速に高まるのがわかった。
18/02/14 18:58 (sFct0Me7)
5
投稿者: (無名)
続きをお願い致します。
18/02/15 04:32 (R5i2YxCP)
6
投稿者: 智
コメントありがとうございます。
ゆっくりペースですが、更新していきたいと思います。

では、続きを、、、

************

親父たちの部屋の中を僕の目が直接見ることは出来なかった。
部屋の中から聞こえる二人の声だけが僕の興奮を掻き立てた。

手にしたスマホは相変わらず中の様子を撮影している。

僕はスマホの中に録画されていく動画を後で確認するしか僕の楽しみはなかった。

さおりさんと関係を持つための材料を集めるためと自分に言い聞かせ、痒いところに手が届かないといった今の状況をただただ過ごすしかなかった。

「ぁん、、ぁん、、ぁあああ、、いい、、、もっとぉ、、管理人さぁん、、もっとぉ、、さおり、、いっちゃう、、、」

「おおおっ、、、うっ、、いくっ、、むぐっ、、ぉおおおおっ、、」

二人の行為から発せられる声が止まった。

しばらくすると、二人の声は全く聞こえなくなった。

やがて扉が開いて閉まる音が聞こえた。

僕は急いで自分のいた部屋の中に移動し、親父たちの後を追うため急いで玄関に置いた靴を履いた。

玄関扉に耳を当て、二人の足音が聞こえないことを確認して扉を開けた。

エレベーターの前まで急いで表示を見た。

「、、、3、、2、、1」

どうやら二人は駐車場に向かったようだった。

僕は廊下から身を乗り出し駐車場の入り口を覗いた。

親父のシボレーがさっき来た方向に戻っていくのが確認できた。

僕はエレベーターに乗って1階まで降りた。

通りに出てタクシーを拾い、自分の住むマンション名を告げタクシーの後部座席の背もたれに体を預けた。

(さおりさんと関係を持つには、スマホに収められているだろう動画が必要であるが、それと同時に親父の存在が邪魔だなぁ、、、。一体親父をどのようにしてさおりさんとの関係を断ち切らせようか、、、)

そんなことを画策しながら、僕はタクシーの中で軽く眠りについた。
18/02/15 06:17 (pWZAICW/)
7
投稿者: (無名)
是非続きをお願い致します!!
18/02/15 08:07 (R5i2YxCP)
8
投稿者: 智
タクシーが僕の住むマンションの手前にある信号で止まった。

僕は窓の外を眺めた。

そこには、先ほど親父と行為に及んでいたさおりさんが一人で歩いていた。

僕はタクシー運転手に「ここで降ろしてください。」といいお釣りももらわずにタクシーから降りた。

「こんにちは。」

実は、さおりさんのことをあまりよく知らない僕は当たり障りのない挨拶でしか声をかけることが出来なかった。

「あっ、お隣の、、、」
「石井です。」
「こんにちは。こんな時間にどうしたのですか?」
「僕は大学生なので時間は結構余裕があるんです。」

など他愛もない話をしながら、自分たちが住んでいるマンションに戻った。

僕は早速先ほど撮った動画を確認するためにスマホを開いた。

さおりさんと会話をしている時、彼女の体からはほんのりと石鹸の匂いがしていた。

その匂いを嗅いだだけで僕のジュニアは硬度を増し始めていた。

今はどんな動画なのだろうかという想像でジュニアがはちきれんばかりの大きさまで形を変えていた。

僕は固唾を飲んでスマホの画面に集中した。

画面に映る親父の身体の下に、色白の手足が伸びていた。

さおりさんは服を着ているようだった。
だが、そこに映し出されている服はコンビニで見かけた時の服とは異なっていた。

国民的アイドルグループが着そうな服装をしたさおりさんが全裸の親父に覆い被さられていた。

親父の汚いケツがさおりさんの身体に一定のリズムで上下していた。

僕はその映像を見ながら、ジュニアの先から流れる先走り液の量が半端ないことを知った。

それをジュニアに塗りたくってシゴキ立てていた時にチャイムが鳴った。

「ピンポーン」

もう少しでイキそうだった僕はチャイムの音を無視して、ジュニアを握った手を激しく上下に擦った。

「ピンポーン、、、滝川です。」

僕はその声にビックリし危うくジュニアを暴発させてしまう所だった。

滝川とはさおりさんの苗字であるからだ。

僕は急いでインターホンを押し返事をした。

「お昼ご飯を作り過ぎたので、よかったら食べ助けしてくれませんか?」

僕はその言葉に嬉しくなり急いで玄関の扉を開いた。

そこにはツインテールをした、とびっきりの笑顔のさおりさんが両手に鍋を持って立っていた。

「カレーを作ったんですけど、ちょっと量が多過ぎたので。」

そう言ってさおりさんは鍋に視線を向けながら鍋ごと僕に手渡そうとした。

先ほどまで鍋を胸の前で抱えていたさおりさんだったが、鍋を僕に渡したことで視線を向けていた所に遮るものがなくなった。

さおりさんはその遮るものがなくなった先にあるものに目を奪われていた。

そこにはズボンの中にしまうことを忘れた僕のジュニアが顔を出していた。

(ぁあ、なんていう失態を犯したのか、、、)

さおりさんの顔が一気に紅潮し、くるりと踵を返して自宅へと戻っていった。

予期せぬ出来事に僕はこれをうまく活用できないかと考えた。

だが、親父の存在が気になっていた。

(親父にさおりさんを諦めさせるには、、、)

僕はあることを思いついた。

急いで部屋の中に入り、僕は手に持った鍋をテーブルの上に置いた。
18/02/15 08:45 (5OKtr8JN)
9
投稿者: 智
さおりさんが急に来たことで床の上に無造作に置かれていたスマホ。

それを僕は拾い上げてパソコンの置かれている机に座った。

これは使えるかもと思い、コンビニで親父がさおりさんをシボレーに乗せている姿を僕はスマホのカメラで収めていた。

それをプリンターに出力しプリントアウトした。

その写真を送りつけるのはもちろん親父の配偶者、つまり僕の母親にだ。

写真は鮮明に二人の顔を捕らえていた。

茶封筒に住所と母親の名前をプリンターで印字し、写真を白色の紙で包み茶封筒の中にそれを入れた。

3日後親父から電話が掛かってきた。

「琢磨、元気してるか?」
「あぁ、親父こそ突然どうしたんだ?」
「それがなぁ、、、」

案の定、親父は母親にこってり絞られたみたいだった。

「琢磨のうちに行きたいんだが、実はな、、、」

親父は俺の家の隣に住むさおりさんと先日不倫をしたと告白してきた。

僕は驚いたように「えっ?」と親父の会話の流れに乗った。

僕は親父からの懺悔とも取れる話を1時間ばかり聞いていた。

(これでさおりさんを狙う邪魔者は消えたぞ。)

僕は心の中で大きくガッツポーズした。

親父から連絡が来るまでの間、さおりさんを脅すための写真をどれにしようか悩んでいた。

動画をスクリーンショットで静止画にすると若干画質が落ちたからだ。

二人の姿が鮮明に写っていて、しかもさおりさんの顔がはっきりとわかるものでないと、、、。

僕は何度も動画を見返し、ついに僕が理想とするカットのスクリーンショットを撮ることが出来た。

あとはどのタイミングでこれをさおりさんに見せるかだった。
18/02/15 11:32 (xS076SQs)
10
投稿者: 智
親父と電話を切ってしばらくすると、インターホンのチャイムが鳴った。

僕はインターホンのモニターで訪問者の顔を確認した。

そこには数日間どのように脅そうかと考えていたさおりさんの顔が写っていた。

僕は玄関に行き扉を開けて玄関にさおりさんを招き入れた。

「どうされたのですか?」

「あっ、この前の鍋を取りに来ました。」

「すみません。何度かお持ちしたのですがお留守だったみたいで、あっ、ちょっと待ってて下さい。今持って来ますから。」

「あっ、ちょっと待って。それとは少し別のお話も、、、」

「それなら、散らかってますが部屋に入りますか?」

さおりはコクリと頷き、靴を脱ぎ丁寧にそれを並べて部屋に上がった。

ソファにさおりを案内し座ってもらうよう促した。

今日のさおりさんの格好は、定番のバーバリーチェックのミニスカートに白のブラウス、その下には赤色のブラジャーが薄っすらと透けていた。

僕はコーヒーを作り、さおりさんにカップを手渡してさおりさんの横に腰掛けた。

「あのぉ、、、この前コンビニで見ましたよね?」

唐突にさおりさんは話し始めた。

「えっ?」

「あのあと、ずっと思い出そうとしていたんだけど、ようやく思い出したの。あなたがタクシーから降りてきたときの服装とコンビニで見かけた人の服装が同じだということに、、、あなたなんでしょ?」

僕はさおりさんの質問に対する返答に困った。
素直に認めるのか否か、、、。

僕がしばらく黙っていると、重たい空気に耐えかねてさおりさんは口を開いた。

「あんなことしたの初めてなの、、、実は先週の金曜日に旦那と愛し合ったあと、彼のスマホに知らない女性からのメールが来たの。そのことを問い詰めると、うちの旦那が女の人と浮気してるのがわかって、、、その日の夜に彼はお財布や通帳を持って家を飛び出して、それから一度もうちに帰って来なくて、、、しかも、今週の月曜日が彼のお給料日だというのに、お金を引き出す通帳やカードすらなくて、、、それで家賃が払えないことを管理人さんに電話で相談したら、あの日に管理人さんと会うことになって、、、」

僕は自分のした行動を恥じた。
さおりさんに対して申し訳ない気持ちでいっぱいになった。

さおりさんは僕の手の上に自分の手を重ねてきた。
僕の目をじっと見つめ顔を近づけてきた。

僕はさおりさんの行動を振り切りソファから降りて床に正座し彼女に対して土下座をした。

「ごめんなさい。僕は、、、滝川さんの旦那さんとの夜の営みで発せられる滝川さんの喘ぎ声を毎晩聞いて、とても可愛らしい滝川さんと関係が持てたらと思い、あの日あなたの後ろを追いかけてしまいました。」

「やだぁ、あの声が聞こえていたのね、、、恥ずかしい。それに可愛いだなんて。」

さおりさんは顔を真っ赤にしながらも嬉しそうな表情を浮かべた。

僕はパソコンデスクに向かい、抽斗の中にしまっていた写真を取り出し、彼女にそれを見せた。

「ぁあ、、そんなぁ、、どうして、、なんで?」

さおりさんは軽くパニックを起こした。

「ごめんなさい。本当にごめんなさい。でも、僕は滝川さんのことを一目見た時から好きになってしまい自分でも自分を抑えられなくなって、、、」

僕は親父のことについてはまだ触れないでいようと思った。

「、、、」

さおりさんは黙ったまま俯いていた。

「嫌ですよね。こんなストーカーみたいな男。それに盗撮までするような男なんて、、、」

僕は一か八かの勝負に出た。
さおりさんの手を引きパソコンの画面の前に立たせた。

「なに、これ、、きゃぁあ、、、」
さおりさんの叫び声が部屋に響き渡った。
18/02/15 13:56 (sfSelQpK)
11
投稿者: 智
パソコンの画面に映し出されていたのは、親父とさおりさんとの記録と称したホームページの下書き画面であった。

「これを、、ネットに晒したの、、、?」

僕は首を大きく左右に振った。

「心配しなくていいですよ。まだアップロードしていませんから。」

さおりさんの顔色が先ほどまでの赤ら顔から一気に青ざめていき、唇も紫に変色するほど恐怖に怯えているのが手に取るようにわかった。

「こ、、これを、、一体どうするの、、、?」

震える声を喉の奥から搾り出すようにさおりさんは僕に尋ねた。

「あなた次第ですよ。」

ここまできたら僕はさおりさんに対して申し訳ないという気持ちよりも屈服させたいという気持ちが優った。

「そ、そんなぁ、、、どうしたらいいのですか?」

「それはあなたが決めることです。」

僕の心の中で鬼が顔を出した。
僕の体の中にある血は親父の血を濃く受け継いでいたようだった。

さおりさんは俯いたまま、着ていた服に手を掛けゆっくりと脱ぎ始めた。

僕はさおりさんの手を握りしめ、彼女の動きを制止した。

「えっ?」

さおりさんの表情は驚きを隠しきれなかった。

「あなたを困らせたい訳ではないので、、、」

そう言って僕はパソコンに映し出されたホームページの下書き画面の右上にある削除ボタンにマウスを合わせクリックした。

さおりさんは僕の行動に呆気にとられていた。

「僕はあなたの恋人になりたいのです。結婚されていることは知ってます。でも、僕も本気なのです。婚外恋愛でも構いません。あなたを愛し続けたい。あなたの全てを愛したい。それが僕の本心です。」

さおりさんは返答に困っていた。
彼女は落ち着きをなくし、その場を小刻みに行ったり来たりと歩き回っていた
18/02/15 14:44 (xS076SQs)
コメントを投稿
投稿前に利用規定をお読みください。
名前
メール
本文
スレッドを上げない
画像認証

上に表示されている文字を半角英数字で入力してください。
 
1 24 次 ≫
Copyright © ナンネット All Rights Reserved.