閉じる
ようこそゲストさん。
ナンネットIDにログインしていません。
突然のお見合い。
カテゴリ: 官能小説の館    掲示板名:人妻熟女 官能小説   
投稿の削除 パスワード:
1:突然のお見合い。
投稿者: タダシ
僕が20歳を過ぎた頃から、母に『彼女作れー。』『早く結婚しろー。』と盛んにに言われるようになり、5年が過ぎてしまった。
こんな田舎では出会いもない。それ以上に困ったのが、女性恐怖症の気が僕にあるということだった。女性の前では緊張をしてしまい、言葉も出てこない。
おかげで、何年も彼女が作れず、ここまで童貞一直線で来てしまった。
一度した見合いも、約1時間愛想笑いを続けて終わってしまった。そんなのでは、相手の女性から『OK!』の返事など貰えるはずもなかった。
女性恐怖症だからと言って、女性に興味がない訳ではない。興味は人一倍。だが、見合いした相手をその夜オナニーのオカズにしてしまうという歪みはある。
AVも大好きだ。里中亜矢子や牧原れい子といった熟女女優が好みである。優しくもてなしてくれる大人の女性に憧れがあるのだ。

僕が25歳の時。母がまた見合いの写真を持ってきた。かしこまった写真ではなく、普通のスナップ写真だった。
そこに写っていたのは、明らかに僕より年上の女性。花壇をバックに撮られていた。それを見て、『メッチャきれいな人やなぁ。』と思わず言ってしまいます。
母も、僕のその言葉に驚いていました。僕のリアクションが、明らかに過去のものとは違っていたからでした。
『この娘、40歳なんだけど、いい娘なんだって。』と僕に薦めた。
聞けば、父は警察官、三姉妹の長女。はやくに母親を亡くし、妹たちの母親代わりをしていたそうだ。おかげで婚期が遅れてしまった。
妹たちも嫁に行って片付いたので、『今度は自分の番。』だとと見合いをしようと考えたそうだ。
そしてハッキリと聞かされた。『出来るだけ早く、子供が欲しい。』と。

写真はほんと美人に写っていた。どこかの美人女子アナウンサーのようにも見えた。『見合い?しないしない。』と断り続けていた僕も、一考するほどだった。
更に話を聞かされた。某製薬会社勤務のキャリアウーマンだそうだ。『なんで、そんな女性が見合いに?』、僕みたいなので相手が出来るわけがない。
更に聞かされた。『この娘、〜〜町に住んでるのよ。』と、僕の家から歩いて行けるほどの距離に住んでいるのだ。
15歳くらい年上ですが、こんな綺麗な女に巡り会うことがこの先あるでしょうか?恋愛経験の少ない僕は、彼女を隣に連れて歩く姿など思い浮かべるのでした。
『会うだけ会おうか?ダメなら、断ればいいし。』とこの母の言葉が僕を後押ししました。

ある喫茶店で待ち合わせでした。女性と喫茶店になど入ったこともなく、まともに話をしたこともありません。緊張をしながら、お店の前で立っていました。
数分後、『タダシさん?』と女性に声を掛けられました。あの写真を頭にインプットしていたのですが、印象の違う彼女にすぐに分かりませんでした。
『浅井です。』と紹介され、それが彼女だと分かりました。『やっぱり、お若いですねぇ。』と先に言われ、笑顔を作って返します。

お店に入りました。僕はコーヒー、浅井さんはアメリカンでした。それだけでも、大人の女性という気がします。
写真の印象とは若干違いました。思ったよりもかなり色黒の方で、余計に分かりにくかったのです。そして、お顔です。
写真では分かりにくかったのですが、やはり肌の張り、笑ったときに出きるおでこのシワ、やはりそれなりに年齢を重ねているのが分かります。

話はお互いの仕事から始まりました。そして、お互いの家族、そして自分のこと。話は彼女のおかげで、盛り上がることが出来ました。
そしてやはり年齢差の話になります。彼女は盛んに『お若い、お若い、』と僕を見て言っていました。そのたびに
2017/10/13 11:27:34(bYeMDR1r)
2
投稿者: タダシ
そしてやはり年齢差の話になります。彼女は盛んに『お若い、お若い、』と僕を見て言っていました。その度に『お綺麗ですよねぇ。』と返しました。
次の日でした。『浅井さん、もう少しお前に会ってみたいって。』と母から聞かされるのでした。

二度目の見合い?初めてのデート? とにかく、浅井さんに再び会うこととなり、場所はレストランを用意されました。
そこでも見合い気分が抜けず、お互いに質問攻めを繰り返してしまいます。その方が話しやすかったのです。
食事も終わり、『この後、どこか行きます?』と誘われました。『ご飯食べて終わり。』だと思っていただけに、少し慌てます。
デートなどしたことがなく、どこにいっていいのかも分かりません。『どこ行きたいですか?』と聞くと、『どこでも。ウロウロしましょう。』と返されます。
レストランの代金はもちろん僕が払い、向かったのは彼女の止めた車の方角。普通の乗用車に見えましたが、外車でした。僕の軽四とは違います。

公園につきました。『腕、組みますか?』と聞かれ、OKをします。美人の彼女を連れて歩く姿は何度も想像しましたが、それは頭の中だけのこと。
並んで歩く二人の姿を遠くから見ているのが想像。しかしリアル目線から見えるものは、想像とは全然違う光景でした。
彼女の顔などほとんど見えず、見えるのは肩から下と彼女の胸元あたり。リアルって、こんな景色なのです。
『15歳年上。』これは、僕にとっては助かりました。同年代の女性なら、緊張も半端なかったと思います。歳がこれだけ離れると、頼れるお姉さんなのです。

別れ際に、『今度、いつ会おうか?』と言われました。デートの中で浅井さんは『自分がリードしないと。』と感じ取ったのしょう。
『今度の土曜日?日曜日?』と約一週間後を選ぼうとしました。ところが、『わたし、明日は用があるから…明後日は?』と選ばれました。
デートするなど、心構えが必要な僕は『一週間に一度。』というのが当たり前の返事。しかし、デートしているカップルって頻繁に会うのが常識なのですね。

次は明後日となりました。


17/10/13 11:53 (bYeMDR1r)
3
投稿者: 滝川クリトリス
ID:cricri1
続きを期待しています♪
早く書いてね!
17/10/13 12:40 (0dusOqwQ)
4
投稿者: タダシ
面白いものでした。浅井さんでオナニーが出来ない。過去には知り合った女性は、すぐにオカズにしていた僕でした。
しかし、リアルにデートをしている彼女ではそれが出来ないのです。リアル過ぎて、すぐに萎んでしまうのです。女性恐怖症から来るものでしょうか。

三度目は居酒屋デートとなった。彼女はテーブル席ではなく、あえてカウンター席を選んだ。対面ではなく、隣り合って座ることでお互いを知ろうとします。
僕自身、アルコールが強いわけではない。ビール1本開けられるかどうか。浅井さんはベースこそ遅いが、長々と飲むタイプ。最後は日本酒でした。
二人ともにお酒が入ったため、車を運転することがことが出来ず、帰りは代行となります。ところが代行を呼ばす、浅井さんは駐車場に飛び出しました。
田舎ですが、駐車場はやたらと広い居酒屋でした。隣には電車が走っていて、境目の柵にもたれ掛かって、彼女が語り始めます。
『ああ〜、飲んだぁ〜。タダシさんもいっぱい食べた?』、そう切り出した彼女。そして、『どうする〜?お付き合いする〜?』と迫られました。
『浅井さんは?お任せします。』とここでも経験の無さから、他人任せにしてしまいます。
『タイプじゃなかった?おばさん過ぎる?』と聞かれ、自分の返事が彼女が求めていたものでないことに気づきます。

つい数分前までお店で仲良く話しをしてのに、突然の真剣トーク。それには経験の少ない僕は対応が出来ず、ただただ気まずく思えました。
『男としてちゃんと告白しなきゃいけない時がある。』、そんな場面に遭遇をしたことがない僕には、それが分からなかったのです。

その後、数分間当たり障りのない合いの手を打ち続けたと思います。結果、『楽しかった。ありがとう。』と車に乗り、浅井さんに立ち去られました。
フラれたことにすら気づかず、また連絡してくるだろうとのんきな僕でした。飲酒運転して帰った彼女の心配ばかりしながらです。

その後、もちろん連絡が途絶えました。フラれたと気づいたのは、もっと後になってからのことです。冷静に考えてからです。
居酒屋で彼女は、ちゃんとアプローチを掛けてくれていたのです。狭いカウンターで腕を組んでくれて、僕の肩に頭をもたげてくれてもいました。
僕の飲んでいるグラスを取り、『ちょっと飲まして。』と飲みかけのビールも飲んでくれていました。
とてもいい気分でした。大人の女性って、そんなことをしてくれるものだと勘違いもしていました。しかし年上の彼女からの精一杯のアプローチだったのです。

浅井さんに電話を掛けたのは、それから一週間以上のことでした。『そろそろ連絡を取らないと。付き合ってるんだから。』、自分に言い聞かせていました。
偽りなのは分かっていて、それでも電話をする理由が欲しかったのです。
『浅井です。』と彼女は出てくれました。途端に、頭は真っ白になり、喋ろうと考えていたことは全部飛んでしまいました。
そして出た言葉は、『好きです!ごめんなさい!好きです!』でした。『会ってください!好きです!』とほとんど危ない病人のように話していました。

気づきませんでした。僕、悩んでいたんですねぇ。失恋とかではなく、女性に何をしてあげたらいいのか、どうすべきなのか、知らない間に悩んでいたんです。
自分の意思とは関係なく、勝手に涙が溢れているのを見て、それが分かりました。
『ああ、そう。なら、今日会える?』と彼女のアッサリとした返事に拍子抜けをします。泣いている僕のことには触れず、ただ約束を交わすのでした。

17/10/13 16:33 (bYeMDR1r)
5
投稿者: タダシ
待ち合わせは、スーパーの駐車場でした。自分の乗用車から降りた浅井さんは、すぐに僕の軽四の助手席側のの扉を開きました。
顔を覗くようにして、『大丈夫?泣いてたから。』と僕を心配してくれます。そのまま乗り込むと、『出よ。』と車の発進を促されました。

車が走り始めると、『どうしたのぉ〜。心配するじゃないの。』と母親のような口調でした。その流れの中、僕は気持ちを全てを話したのです。
女性が苦手なこと、女性から逃げてたこと、付き合ったこともないこと、経験がないこと、そして浅井さんを好きになったこと、悩んだこと、全てです。
『ツラかった?』と電話の告白した時の心境を聞かれました。『ツラくないです。浅井さん好きですから。』と意地を張ると、自分の唇が震えていました。

すすり泣こうとしてしまう自分を押さえるのに必死でした。涙が溢れようとするのをガマンするのに必死でした。
それでもどうにもならず、口は『シュンシュン…』といい始め、涙は拭いても左右から溢れました。
『車、止めて。』、危険と判断したのか、浅井さんは僕にそう告げます。涙が止まらないので、路肩に車を止めるのも大変でした。
瞬間でした。僕のシートベルトが彼女の手で外されました。そして、彼女も自分のシートベルトを外しています。『降りるのか?』と思いました。
違いました。見えたのは、彼女の手でした。それを辿ると、小さくですが僕に両手を広げていました。『こっち来て。』と言われ、身体を傾けます。

初めて女性に抱き締められました。情けないですが、母親に抱かれるようにしがみついていました。
温かい、柔らかい、女性の身体を初めて感じました。しがみついた僕の手は、彼女の脇のあたりで止まっていました。手の甲が僅かに乳房に触れています。
初めて触れた女性の乳房。その僅かな感覚は『とても柔らかい。』と感じとっていました。

僕の頭に彼女の手が回され、更に強く抱き締められます。僕の身体は更に沈み込み、僕の頭の上に彼女を感じました。深く抱き締めてくれているようです。
顔の前が苦しくなった僕は、彼女の身体に両腕を回します。彼女は抱き締められやすいように、身体を前に出して止まってくれました。
思っていたよりも、とても細い身体でした。抱き締めたことで、その細さが分かりました。
『泣いた子供を慰めよう。』、きっとそのつもりで抱き締めてくれたと思います。僕も彼女の胸に飛び込んだ時、それは同じ気持ちでした。
しかし時間が経つに連れて、少しずつ違うものになって行くのです。

僕の頭の上から顔を埋めていた浅井さん。しかし、僕の頭が上がり始めたため、彼女は避けることを余儀なくします。
僕の両手はしっかりと細い彼女の身体を抱き締めて、それを感じていました。頭が上がると、視線に見えてきたのは、彼女の肩から首筋でした。
そこに顔を埋めるのです。この体勢では、浅井さんも同じ体勢をとるしかありませんでした。ここから、僕も彼女も驚くのです。
僕は明らかに自分の唇を尖らせて、彼女の首筋にあてているのです。くすぐったいのか、気持ちがいいのか、彼女は首を締め始めます。
僕は冷静でした。しかし、身体がおかしいのです。彼女の首筋にキスを繰り返してしまうのです。彼女の手が僕の身体を押しました。
しかし、捕まえたその細い身体を離そうとはしません。『イヤッ…、やめてぇ…。』と彼女が言いました。そこで気づきました。
こんな僕でも、ちゃんと愛撫をしているのです。


17/10/13 17:21 (bYeMDR1r)
6
投稿者: なかむら ◆D2jwxhkNE2
続き楽しみにしてます 頑張って最後までお願いします
17/10/14 08:15 (sCVrsCQ7)
7
投稿者: ひろ ◆ZegX8zASqw
タダシさん、なんかいいですね暖 ずっと前の思春期に、描いていた女性に対する思い入れや憧れの感情が、心の奥深くから呼び起こされた想いです。ドキドキしながら読まさせていただきました暖(^_^)続きを是非お願いします暖ヾ(o゚ω゚o)ノ゙
17/10/14 14:58 (5hGTv5oW)
8
投稿者: タダシ
細い首筋でした。唇だけでなく、頬も寄せてそれを感じました。抱き締める腕からは、浅井さんの身体の小ささが逐一伝達されて来ます。
遊ぶのは男友達とばかりだったので、女性の身体がこんなに小さく、こんなに華奢に出来ていることなど知りませんでした。
きっと画面では大きく見えているAVの女優さんも、実際会えばこんな感じなのでしょうねぇ。

『一旦離れよ…。一回離して…。』と浅井さんの声が耳元で聞こえました。 その言葉に、素直に従おうと僕は彼女の首筋から顔を離します。
彼女の頬と僕の頬とが擦れ合いながら、離れようとしていきます。その時にチラッと見えたのは、ルージュの薄く塗られた彼女の唇。
気がつけば、再び唇を寄せ、彼女の頬に張り付いていました。浅井さんはとっさに逃げたのでしょう、僕の唇は、彼女の口の隅にそっとキスをしていました。

25歳にして、初めてのキスでした。正面から唇と重なりませんでしたが、口の隅でもキスはキスです。こんな僕でも、女性とキスが出来たのです。
その彼女の口が開きました。『ずるいよ。』とその口に言われ、慌てて唇を離すのでした。

車内に沈黙の時間が出来ました。お互いに座席に座り直し、今あったことを考えているのでしょうか?少なくとも、僕はそうでした。
暗闇の中、離れた外灯の明かりだけが射し込んでいますが、角度的に彼女の顔は隠されていました。顔が見えないだけに、次の言葉を待つしかありません。

『どうするの?』、沈黙を破った彼女の言葉でした。彼女の言葉を待っていただけに、急に質問をされても答えられる訳がありません。
しかし、そう聞いたっきり、浅井さんは黙り込みました。僕の返事をずっと待っているのです。
そこで気が付きました。そうなのです。もう子供じゃないのです。浅井さんは、子供が欲しいのではありません。ちゃんとした頼れる男を探しているのです。
だから、お見合いしたのですから。僕もそうなのです。お見合いしたのは、僕に女を教えてくれる人を探しているのではありません。
結婚する相手を探しているから、お見合いしたのです。根本的に間違っていることに気がついたのです。
それでも、次の言葉は出て来ませんでした。経験の無さから言葉も思い浮かばないし、浮かんでも口に出そうとすると引っ込んでしまいます。恐いのです。

長い沈黙でした。僕の返事があるまで、自分からは喋らないと決めているのが、彼女の雰囲気で分かります。
僕も何度も言おうとしますが、引っ込んでしまって出ず、口を開いては閉じてを繰り返していました。
『言って。』、僕の行動を見かねた彼女がそう言いました。その言葉に後押しされ、スルッと出たのは『好きです!』と言う言葉でした。
なるほど、バリエーションの少ない僕らしいトンチンカンな答えでした。彼女の質問の返事にはなっていません。
しかし、『うん。わかったぁ〜。』と聞こえ、彼女の顔が暗闇の中から現れたのです。かなりのスピードでした。
両手は僕の頭を掴まえようと、そして寄せて来る彼女の顔は、唇が一直線に僕に迫って来ました。

彼女が僕に迫り、やけにシートが擦れる『ギュュ〜』と言う音が耳に残りました。何も出来ませんでした。瞬間的なことでしたので。
頭を掴まれ、そのまま唇を奪われました。柔らかい彼女の唇は、僕の唇と何度も重ねようとしていました。『ウッ…ウンッ…』という彼女の吐息が響きます。


17/10/14 20:58 (3RVsdwZQ)
9
投稿者: 日本茶々!
何でだかわからないけれどすごく好感が持てる内容ですね♪
続きをぜひともよろしくお願いいたします。



17/10/14 22:18 (GCPmlNop)
10
投稿者: (無名)
早く続きをお願いします♪
17/10/15 11:08 (yhf5NKF.)
11
投稿者: タダシ
初めてのキスは、想像とは違っていました。見えるのは鼻から頬に掛けて。彼女の顔全体など見渡せるものではありません。
柔らかい唇でした。その唇はモグモグと動いて僕の唇を求めてくれていました。彼女の香りを感じ、それはやはり大人の女性の香りがします。
求めて来てくれる浅井さんに、『ちゃんと答えてたい。やり方は合っているのか?』とそんなことばかり考えて、唇を重ねてしました。
彼女の手は僕の後頭部に廻っていました。僕も同じように彼女の後頭部に手を掛けた時、彼女の唇が離れました。

一息つきながら、彼女は助手席に戻りました。『一仕事したぁ〜。』って感じが伝わって来ます。僕も『やっちまったよ、俺』と現実を直視するのです。
そして、『私とお付き合いしてもらえますか?』と言われました。もちろん、『はい!』と答えます。
それからがまた大変でした。デートを重ねていき、ある時から別れ際にキスをするようになったのです。
しかしそれは、浅井さんとの身体の関係が近いことも意味していました。

この頃、普段観ていたAVの好みも変わって行きましした。熟女でも、ほぼ40歳くらい、肌の色も少し黒めのやせ形の女優を限定して観るようになっていました。
意識はしていたと思います。つまりは、浅井さんを探していたのです。
『こんな感じか?』『こんなことをすれば、浅井さんもこうなるのか?』とバイブルのように観てしまいます。
射精する頃には、その女優さんはもう浅井さん本人なのです。終わった後も、『気持ちよかったかなぁ?』などと愚かに思うのでした。

その日、出掛ける時に母がニヤっと笑いました。最近、着る服も生活の習慣も変わった僕を見て、思わず笑ったのです。
髪型を気にし始め、歯を磨き、おまけに口の中も口臭剤で洗うようになっていました。そんな僕に、母が近寄って来ます。
『これ。』と渡されたのは香水でした。もちろん、一度もつけたことなどありません。『いいよ、クサいし。』と断りました。
しかし、『こうするんよ。』と香水を手首につけられ、擦り付けさせられました。つけたこともない香水に違和感を感じながらも、デートに向かうのでした。

付き合いは1ヶ月半を越え、デートは10回をはるかに越えていました。その頃になると、本当の浅井さんという人間も見えて来ます。
妹達の母親代りをしていただけあって、少し厳しい面はあります。そんな時には、彼女に母の姿を見る時もあります。
妹さん達のことを語るとき、やはりそういう口調になるのです。しかし、浅井さんの妹です。美人三姉妹ではないでしょうか?
逆に甘えるようにすることもありますが、きっとそれは慣れてないのだと思います。彼女のイメージにあまりないから、僕にはそう思えるのかも知れません。
それでも基本はお姉さんです。いや、浅井さんには申し訳ありませんが、『おばさん。』って思うこともあります。
それでもなんとか、『二人がうまくいくように。』とお互いには思っているのです。

その日も、日が落ちた頃、僕と浅井さんは車内で唇を重ね始めました。二人がキスをするのは、決まって車の中でした。
しかし、この日の浅井さんは違いました。少し積極的で、長いキスは終わろうとしません。彼女には、圧力を感じました。
そんな中、僕の胸元に彼女の手を感じたのです。『えっ?』とすら思いました。僕の胸に触るなど、これまでになかったことでした。
細い指先が、僕の左の乳首あたりを触っているのです。更に彼女は狭い車内で、左足をチェンジレバーの辺りに乗せあげ、更に僕に圧力を掛けて来ました。
『今日は違う。』、とそれは僕にも分かります。瞬間でした。彼女の口の中から舌が出てきて、僕の口の中に押し入り始めたのです。
いつものように後頭部を持たれ、『ウッ…ウッ…』と迫られました。頭での判断はありませんでした。僕の舌もすぐに出ていき、彼女の舌と絡んでいました。
『イヤらしいキスをしている…。』、子供のような表現ですが、実際ほんとうにそう思ってしまいました。

僕の後頭部を持っていた、浅井さんの力が緩みました。おかげで、彼女から掛けられていた圧力も緩みます。
僕は押し返すようにすると、浅井さんが仕組んだのか、自然にそうなったのか、完全に僕が上から顔を被せるようになったのです。
体勢の悪くなった彼女は、僕の身体に手を廻します。彼女の顔は上を向き、僕の圧力を感じながら、キスを受け止めるのでした。

彼女に僅かな抵抗を感じました。『もう、このくらいにしよう?』とそんな感覚です。しかし、キスの魔力とでも言いましょうか、僕をその気にさせません。
年上の浅井さんを、初めて弱々しく感じていました。小さく華奢な彼女そのものです。自分が大きく、女がとても小さく感じます。
その時、これも意思ではありません。僕にも男の本能がちゃんとあったんです。彼女のコートを押しのけた僕の右手は、彼女の左の乳房を揉み始めるのでした。
17/10/16 12:36 (Jf/xq/Z0)
コメントを投稿
投稿前に利用規定をお読みください。
名前
メール
本文
スレッドを上げない
画像認証

上に表示されている文字を半角英数字で入力してください。
 
1 23 次 ≫
Copyright © ナンネット All Rights Reserved.