ようこそゲストさん。
ナンネットIDにログインしていません。
子種
カテゴリ: 官能小説の館    掲示板名:人妻熟女 官能小説   
投稿の削除 パスワード:
1:子種
投稿者: (無名)
俺(彰24独身)は彼女と別れ2年間フリーだった。その時も悶々としていて、このサイトに似ているサイトで、カップルさんと仲良くなった。メールのやりとりをしていると、旦那の陽介さん(仮名58)と、その奥さんの恵さん(仮名28)の間には子供が居ないとの事。夜の営みもたまにあるが陽介さんが「もう歳だからそんなに頻繁には出来ない」と言っていた。陽介さんは更に「俺の精子はもう元気がないから子供は出来にくい」とも言っていた。更に「妻は子供が欲しい」と言っているらしくどうしたらいいか悩んでいたと言った。そんな時にそのサイトに入り俺と見つけたとも言った。陽介さん曰わく俺が自分の若い頃にそっくりだとの事だった。そこで陽介さんは「君の子種をくれないか?」と提案してきた。俺は「自分は別にいいですけど…奥さんが何て言うか」と濁すと「妻は俺が説得するし、それでOKだったら妻としてくれ」と言われた。俺は悶々としていたから「はい…分かりました」と答えた。
2017/09/13 17:33:12(3T0b9lEq)
2
投稿者: (無名)
俺は陽介さんからの返信がないかなと思い、仕事の休憩の時にしょっちゅうログインをしていた。一週間が過ぎたが陽介さんからのメールはなかった。ダメかな?と半ば諦めていた3日後、陽介さんからのメールが届いた。内容は「恵がようやくOKしてくれた…今週末に3人で会えないか?」との事だった。俺はすぐに「分かりました…どこに行けばいいですか?」と送った。昼休みに見ると返信があった。「今週土曜日の夜7時に、都内某有名ビルのロビーに来てくれ」と書いてあった。俺は陽介さんて社長か何かか?と思いながら「分かりました…夜7時までに行っています」と送った。…そして土曜日の夜になった。俺は指定時間の15分前に有名ビルのロビーに入り、陽介さんが来るのを待った。俺はビルの雰囲気に呑まれながら陽介さんを待っていた。指定時刻になるとスラッとした白髪混じりで色黒なダンディーな男が、エレベーターから降りて来ると俺の方へと歩いて来た。その男は俺の前で立ち止まると「やぁ初めまして」と言った。
17/09/13 23:43 (3T0b9lEq)
3
投稿者: (無名)
俺は慌てて立ち上がり名刺を出して「初めまして…彰です」と挨拶した。陽介さんは「おお名刺か…じゃぁ俺も」と言って名刺を出した。俺は名刺に書かれていた内容を読んで驚いた。「えっ!?ウチの会社の社長ですか!?」と言った。そう陽介さんは俺が勤めている会社の社長だった。入社式の時遠くから見ていたが、顔までは判らなかった。陽介さんも驚き「彰君は私の会社の社員だったのかっ」と言った。俺は恐縮してすぐに頭を下げ詫びると、陽介さんは「いやいやっ…こんな事頼んだのは私だから頭上げてくれっ」と言った。陽介さんは気さくな人だった。すぐに部屋へと案内された。何階だったが忘れたが部屋に行くと、部屋の広さに驚いた。それと同時に俺には一生無理だなと思った。陽介さんは部屋に入ると「お〜い恵っ!!」と奥さんを呼んだ。恵が現れた。髪はボブでスラッとしていて上品な女性だった。「紹介するよ…妻の恵だ」「初めまして恵です」「で、こっちは彰君だ」「初めまして…彰って言います」と挨拶をした。
17/09/13 23:59 (3T0b9lEq)
4
投稿者: (無名)
続きを楽しみに待っています!!
17/09/14 01:32 (PQnOZYHZ)
5
投稿者: (無名)
俺達は席に着いて今後の話しをした。高級な肉を食べながら陽介さんが提案した計画でほぼ話しは終わった。…@妊娠したら報酬を貰う。ASexする期間は排卵日の前後3日間×2回。B子供の事は認知しない事。Cこの事を外部に洩らさない事。等が書かれた誓約書に俺はサインをした。「じゃあこれで…頼むよ?」「はい…分かりました」と言って話しは終わった。…「彰君は設計部だったかな?」「はいそうですが…」「じゃあ仕事中に恵の生理が来たらすぐ連絡するよ」と言った。その時俺は携帯に掛かって来るのだと思っていた。そして4日後、設計部に電話が掛かってきた。課長が出た。「はい設計部…えっ!?〇〇ですか?どちら様?」と横柄な態度をしていた課長が、急に立ち上がり「はいっ…すみません。〇〇ですね?…居りますっすぐに代わります」と言った。「〇〇っ…3番に内線」と恐縮した感じで言った。「はい〇〇です…あっどうも…えっ!?今から…分かりましたすぐ伺います…失礼します」と言って電話を切った。
17/09/15 12:32 (az9TIVAI)
6
投稿者: (無名)
課長がオロオロしながら「〇〇何かしたのか?」と聞いた。俺は「別に心あたりはないですけど」と言うと「だってお前っ…社長から直々に電話があったんだぞ?」と言った。皆がざわついた。「悪い事だったら俺の評価にも…」と言ってるのを遮り「あの今その社長の所に行かなくちゃいけないので」と言って俺は上着を着て部屋を出た。…エレベーターに乗り社長室へ行った。一応身嗜みに気を付けてからノックをした。ガチャとドアが開き秘書の女が出てきて「〇〇さんですね?」と確認をし「はい」と言うと「社長がお待ちです」と中に通された。「社長〇〇さんがお越しになりました」と言った。知り合いの仲だが一応「設計部の〇〇です」と言って中に入った。「おぉ来たか…君達は外してくれ」と秘書を追い出した。「そこに掛けて」と言われ俺は椅子に座った。「彰君…例の話しだが」「はい」「さっき恵から連絡が来て始まったらしい」「そうですか…ではいつ頃に行けば」と聞くと「今週の木曜日辺りに」と言った。俺は了承した。
17/09/15 15:15 (az9TIVAI)
7
投稿者: (無名)
陽介さんは話しを続けた。「それで彰君を出張扱いにしておくから頼んだよ?」と言った。その時秘書がお茶を持って入って来た。俺達は難しい話しをしている様に装い秘書が出て行くのを待った。「それでどこで奥様に会えばいいでしょうか?」「恵には葉山の別荘で会ってくれ」と言った。「葉山ですね?」「時間はこちらで指定するがいいか?」「はい…分かりました」「これで話しは終わりだ…で、これは葉山に行く為の足代にしてくれ」と封筒を出した。俺はそれを受け取り確認すると9万入っていた。「10万だと税金が掛かってしまうから…」と言った後、陽介さんは他に1万を渡した。「こんなに?」と言うと「それで精力を付けてくれ」と言って笑った。俺は有り難く受け取った。…俺が戻ると課長はまだオロオロしながら言った。「何だったんだ?」「社長直々で出張に行ってくれと…」「何故お前に?」「何か受注先が自分の知り合いらしくて名前が出たみたいで」と言うと課長は「そうかぁ」と安心した様子だった。
17/09/15 15:33 (az9TIVAI)
8
投稿者: (無名)
俺は出張?に備えて精力を付ける食べ物を食べた。お陰でムラムラが高まった。…そしてその日を迎え葉山へ行った。駅に着く前に恵へ連絡した。駅に着き恵を待っているとベンツが来た。恵自身が運転していた。「お久しぶりっ」「お久しぶりですっ」「そんなに固くならないでもっとラフな感じでいいわよ」と言って笑った。俺が後ろに乗ろうとすると「運転して」と言われた。俺は「左ハンドル乗った事ないです」と言うと「大丈夫よ」と言った。運転席に乗り込む。恵は助手席に座った。膝丈より短いスカートを履いていた。俺は綺麗な足に見とれていると「もうどこ見てるの?」と言われた。「すみません…綺麗な足なんでつい…」と言うと「フフっ…後でいっぱい見て」と小悪魔的な笑顔を見せた。初めて左ハンドル車を運転した。何とか運転出来た。まず俺達は昼飯を食べてから別荘に向かった。広い別荘に俺は驚いた。荷物を置いて一服した。「彰君よろしくね?」と言われ「こちらこそ」と返答した。
17/09/15 15:52 (az9TIVAI)
9
投稿者: (無名)
恵は「お近づきの印し」と言ってワインを注いだグラスを渡した。受け取ると恵は隣りに座り「今日から3日間よろしくね」と言いグラスを合わせた。「美味しい?」「安物しか呑まないから渋く感じます」と言うと「私も余り分からないの」と言い笑った。3杯程呑むと恵が俺に寄りかかってきた。「恵さんてホント綺麗ですね…」「フフ…お世辞でも嬉しい」「お世辞じゃないですよ…社長が羨ましいです」「フフ…」恵のボディータッチが多くなってきた。そして「もうする?」と耳元で囁きフッと息を吹きかけた。俺は恵の肩を抱き寄せた。そして恵の顎をクイっとして見つめてからキスをした。初めは軽くそして次は激しくキスをした。恵は腕を絡めると「ココじゃなくベッドで…」と囁いた。俺はシャワーは?と思ったが敢えて言わなかった。恵をお姫様抱っこして寝室へ行った。「お姫様抱っこなんて久しぶりにされた」と言って笑った。ベッドに下ろすと俺は素早く上を脱ぎ恵に襲いかかった。「もう…慌てないで」と言った。
17/09/15 18:35 (az9TIVAI)
10
投稿者: (無名)
恵にたしなめられて俺は「興奮しちゃって」と謝った。恵は「もう…そんなに溜まってるの?」と言うと俺の股間を触った。そして「わっ!?凄い…カチカチ…」と言ってニヤリと笑い続けて「服…脱がせて」と甘い声で言った。俺は恵の後ろに周り背中にあるワンピースのファスナーを下げた。恵は前を抑えて立ち上がると「フフっ」と妖艶な笑みを浮かべ、ファサっとワンピースを床へ落とした。絹でお揃いの下着だった。「彰君も脱いで」と言われ俺もベッドから降りて残りを脱ぎ、2人共全裸になった。恵はパイパンにしていた。「下の毛がないですね…」と言うと「だって彰君…パイパンが好きなんでしょ?…この前言ってたじゃない」と言った。顔合わせの時俺は「パイパンが好きだ」と言っていた。「彰君もホントに毛がないのね」と股間を見ながら恵は言った。恵は俺に近づくとキスをして「始めよう…」と言った。俺はまた恵を押し倒した。「焦らないで…ゆっくりね?」と言われ俺はゆっくりと味わう様に、恵の体を愛撫していった。
17/09/15 21:34 (az9TIVAI)
11
投稿者: (無名)
恵の体は引き締まっていてとても綺麗だった。「恵さん…体も綺麗ですね」「ありがとう…彰君も筋肉質でいい体ね…何かしてるの?」「高校大学とバスケしてました…」「そうなの…今は?」「今は地元のチームで軽く」「へぇ」「恵さんは?」「私は時々ジムで」「なるほど…ナンパされないんですか?」「されるけど…結婚してて旦那を愛してるって言って断ってるの」と言った。そをな話しをしてから俺は再び愛撫を再開した。ツンと乳首の立った胸を舐めると「あっ…ああ…はんっ…」と喘ぎ声を出した。キスマークを付けたいが、それは付けない約束だった。乳首を舐めながら右手を股間に滑り込ませた。恵は少し足を開いて俺が触り易い様にしてくれた。割れ目に沿って手を動かした。恵のマン〇は既に潤っていた。割れ目の真ん中に指を這わすと、クチュクチュと厭らしい音がした。俺は移動して恵の足を開いて割れ目を見た。少し小陰唇が黒く大きくなっていたが、全然グロいとは思わなかった。「恵さんのマン〇綺麗です」と言った。
17/09/16 01:36 (IF7.brGL)
コメントを投稿
投稿前に利用規定をお読みください。
名前
メール
本文
スレッドを上げない
画像認証

上に表示されている文字を半角英数字で入力してください。
 
Copyright © ナンネット All Rights Reserved.