閉じる
ようこそゲストさん。
ナンネットIDにログインしていません。
続 レイプマン参上! ピンチ! レイプマン! 編
カテゴリ: 官能小説の館    掲示板名:強姦輪姦 官能小説   
投稿の削除 パスワード:
1:続 レイプマン参上! ピンチ! レイプマン! 編
投稿者: もっちー ◆q2FDcNYWE6
ヤバい! ボンクラな警察だと思って居たが、レイプマン逮捕に警察がオレの周りで何やら騒がしく成って居る観たいだった。でもオレは至って冷静で在る、

然し、何故警察がレイプマンを逮捕しょうとして居るのかと云うとあのツンデレヤリサー眼鏡ブス女の芳子がレイプの被害届を出したらしいのだ。逸れでもオレは至って冷静で在る、



成るべく夜間は無駄な外出は避け、家の中でオレは大人しくしてれば疑われまいと想い、悶々とした日々を過ごして居た。


オレの高性能レーダーの生チンポが悶々と我慢が出来無い時は真昼間から出逢い系のアプリで知り合った一回限りのヤリサー女達とラブホで性の欲望を解消した



そのヤリサー女、浮気妻のカオリとラブホで一夜を共にした。そのヤリサー浮気妻のカオリはピル愛用者で妊娠しない様に容易周到なヤリサー浮気妻さんだった


カオリさんはピル愛用なので、勿論、中出しオッケー
で一晩中何回も中出しさせてくれて、オレの性欲を満たしてくれた。そしてレイプマンの次のターゲットは
このヤリサー浮気妻のカオリさんに決定したのだった



ヤリサー浮気妻のカオリさんは今時珍しく少し古めかしい一戸建ての家に長年暮らして居た様だ。だから、容易に侵入すれば出来るのだが、レイプマンと疑われると不味いのでオレはダメ大学生の仁クンとしてカオリさんの家でワンナイトラブする事に成ったのだった



勿論、人妻さんだから、最愛の御主人の存在が気に成ったが、取り敢えず、オレがカオリさんの自宅に御飯に招待して貰う事にした。しかも彼女は御主人にはオレがパート先のコンビニのバイトくんだと云う設定らしいのだ。


そしてそんなこんなでカオリさんの最愛の御主人とカオリさんとオレとで、その夜はお酒も入り、盛り上がったが、元々御主人はお酒が弱く、コップ1杯のビールで酔っぱらい寝室で先に独りで眠ってしまった観たいだ。


リビングダイニングにオレとカオリさんが二人だけに為り、妖しい雰囲気に成って行った。カオリさんも大分、酔って居たのか、短目のスカートの奥でサックスブルーのパンティーがチラチラし始めて、オレの右肩に項垂れ架かって来た。そのヤリサー浮気妻の左手がオレの高性能レーダーの生チンポにそっと触れたかと想うと、オレの右手を掴み、サックスブルーのパンティーの上から指先で触れさせて居るでは無いか!



オレは幾ら何でも逸れは不味いと思ったがカオリさんにされるがままだった。軈て、オレの指先が触れる度にカオリさんのパンティーのクロッチが濡れ始め、悩ましい喘ぎ声が軈て辺りに洩れ始めた。



[カオリさん、逸れって、不味いっすよ、]

[あ…ン…あのヒトなら……大丈夫だってぇ……! ビール1杯で……明日の朝迄起きないってぇ……、だから……仁クン……此処で……判るでしょ……?!]


とカオリさんは妖しい笑みを浮かべ、益々大胆に為り
、態とオレの指先をアソコに触れさせながら豊かなたわわな2つの柔肌のオッパイをポロリと晒して来た。


オレは堪らなく成って頭をオッパイに近付けて夢中で堅く勃起した乳首に唇と舌で愛撫しながらサックスブルーの下着の上からワレメを弄り廻してやったのだった。するとカオリさんのワレメは既にオレの巨根を請け淹れる態勢は整って居る観たいだった。



そしてオレはカオリさんを着衣のまま、下着だけを脱がせて、大きなお尻を剥き出しにさせ、オレの巨根を愛液で潤ったワレメに力強く捩じ込んでやったのだった。



             次につづく、


2018/10/26 09:21:54(frLrRiNw)
2
投稿者: もっちー ◆q2FDcNYWE6
カオリさんはオレに着衣のまま、尻を丸出しにされ、襖の向こうで高鼾で眠り転けた御主人が居るにも拘らずサックスブルーの下着を脱がされ、オレに巨根を無理矢理捩じ込んで律動を加えられながら喘いで居た。


オレはそのスリリングなシチュエーションに益々大胆に成って行った。



[ああ…ン…仁クン……仁クンの……チンポ……イイ……あン…
主人とは…、大違いだわ……! ああああ……仁クン…もっと…もっと…嵌めて……嵌めて頂戴……!]


[あ…嵌めてもイイんですか……カオリさん……こんなシチュエーションで…嵌めてもイイ……んですか…?!]


[ああ……イイわ……この背得感が溜まらないわ…! ああ
……イイ…イイ…堅いチンポ……イイ……堅いチンポ…好き…
チンポ…好き…堅いチンポ…大好き…!]



と云ってカオリさんは着衣のまま、尻を丸出しにされ
、茶褐色のアヌスをヒクヒクさせながらオレにおねだりする様に喘いで居た。


然し、襖一枚隔てた寝室では相変わらず御主人は高鼾で眠り転けて居る様だった。オレは安心したのか、カオリさんのお尻を力強く鷲掴みにして、下半身に力を
込めた。そして何度もオレの巨根を子宮の奥迄、ズブズブと捩じ込んで再び律動を加えてやった。 



オレが激しく律動する度に彼女の箭らしいワレメからじゅぶじゅぶと箭らしい愛液とオレの巨根が擦れる音がリビングダイニングに響き渡るのだった。



そしてその後はリビングダイニングの長い白いソファーに両手をカオリさんに掴ませ、左脚で立たせ、右脚をオレの右手で高く担ぎ上げて結合部が丸出しの恥辱的ポーズで何度も激しく律動を加えてやった。

その夜、一晩中、スリリングなシチュエーションの中でオレとカオリさんは不倫セックスに溺れて行った。




           次につづく、  
18/10/26 10:25 (pVfPP0Yn)
3
投稿者: もっちー ◆q2FDcNYWE6
そしてそのスリリングで淫らなセックス行為はオレとカオリさんを益々大胆にして行った。


カオリさんはその日の夜もあのラブホの時観たいにピルを服用し、一晩中中出しさせてくれた。





オレはそんな不貞な不倫妻のカオリさんの耳許で箭らしい言葉を囁いた。


[カオリンは本当に……悪い不貞な不倫妻だよなぁ…!
御主人が隣りの部屋で……寝てるって云うのに……!]



[ああ……私は本当に……箭らしい…イケない不倫妻さん…
………です……! 箭らしい言葉で……カオリンを詰ってぇ
…………!]



とカオリさんがそう云うのでオレは乳首を強く摘み上げ、箭らしい言葉で何度も詰ってやった。


ふとリビングダイニングの旧びたフローリングの上には脱がせて丸めたカオリさんの卑猥な下着がオレの眼に飛び込んで来た。その下着もクロッチがフルオープンのショーツで、勿論、後ろは紐だけのTバックでオレの心を更に欲情させた。



[カオリン、さっきは慌てて脱がせたけど、こんな箭らしいショーツを穿いてたんだぁ………?! 折角だから
もう一度穿いて魅せてよ……?!]




[ええ…、イイわよ……、ほら、貸して観て、]




と云うとカオリさんはオレを妖艶な眼差しで見詰め、その箭らしいサックスブルーのTバックショーツをお尻をセクシーにくねらせながらショーツを滑らせる様に穿いていた。


そしてオレの前でダイニングの四人用のテーブルの上に上がり、両脚を左右に思いっ切M字に開き、ヌレヌレのワレメと茶褐色のアヌスの穴をやらしくヒクヒクさせてオレを又、誘惑していた。ワレメからは透明の愛液が3本筋の様に流れ出ていた。



オレは夢中で溢れ出る愛液を舌先と唇でじゅぱじゅぱと箭らしい大きな音を経てながらクンニしていた。



そしてオレのクンニに我慢が出来ないのか、カオリさんは自らサーモンピンクのワレメを両手の指先で左右に開き、鼻を鳴らしながらおねだりをした。



オレはカオリさんのクリにサディスティックに巨根を擦り付けると、ズブズブと子宮深くに挿入して行った







          次につづく、


18/10/26 12:43 (pVfPP0Yn)
4
投稿者: もっちー ◆q2FDcNYWE6
オレとカオリさんはAVで有りがちなスリリングな不倫セックスの生中出しでダイニングのテーブルの上で激しく腰を振り続け律動を加え、軈て、お互いに絶頂の中果てた。


カオリさんは肩で荒い息づかいをして暫くダイニングテーブルの上で失神していた。そしてオレはカオリさんのワレメから巨根を抜き取り、白濁汁を彼女の唇と舌でお掃除させた。


逸れからオレは小さなメモ用紙に[カオリさん、オレはこの辺で御暇します。今夜は御飯、ご馳走さまです
。 仁クンより、]と走り書きして又服を着てそのまま、カオリさんの御宅を離れ暗闇が薄れる中、自宅に帰って行った。


そしてカオリさんはその後、オレの走り書きのメモ用紙に気づき淫らに乱れた着衣を直し、


バスルームに消えて行った。軈て、次の日の朝を迎えていた。


逸れにしても忌々しいのは警察と芳子だ。特に眼鏡ブスの芳子が忌々しい! レイプマンはあの眼鏡ブス女の芳子を再び、レイプして遣る事に決定した。


此方には以前スマホのカメラで淫らで端ない芳子のハダカの動画をCIMカードにメモリーしていたので、その動画をエロサイトに拡散すると脅して警察に提出した被害届を破棄させる積りだ。


そしてオレはレイプマンとして、真昼間に動画を餌に
何度もレイプを決行したのだった。


ツンデレの眼鏡ブス女の芳子は他県から来て街外れの2LDKの風呂付きのコーポに独り暮らしして居るらしい、オレは例の公園の繁みの中でツンデレの眼鏡ブス女の芳子を又、待ち伏せして居るのだった。


暫くしてツンデレの眼鏡ブス女の芳子が向こうの駅前方面から大学の講義を終え、帰路に着くのを公園の繁みの中で息を潜めて待ち伏せして公園を通り過ぎるのを待ち、少し離れた処からあのブス女の跡を尾行して
要約眼鏡ブス女の住むコーポを突き止めた。


そしてオレはレイプマンとしてレイプを決行した。芳子がコーポの部屋のドアーのノブで開く瞬間に背後から無理矢理部屋の中に押し入ったのだった。



            次につづく、

            
   
 
18/10/27 03:25 (AMhvWuLi)
5
投稿者: もっちー ◆q2FDcNYWE6
背後から無理矢理左腕を捻り挙げ、左手を掴みそのまま、セミダブルベッドの上に背後から倒れ込むと芳子のブス女には不似合な黒いキャミソールのトップスの裾を右手で上に捲り挙げ、割げにカタチの良いオッパイが黒いスケスケのブラに包まれて居て、茶褐色の乳首がスケスケの素材の布地から見え隠れしていた。

いきなりだったので芳子が叫び声を挙げ様とするのでオレは背後から右手で芳子の唇を脱ぎ散らかした芳子の使用済みのショーツで塞いでベッドの上で四つん這いのミニスカートの裾をいきなり捲り挙げた。

すると芳子の大きなお尻には不似合な黒いスケスケのセミハーフバックのパンティーが露わに成った。
殆んどお尻が丸出しのセミハーフバックのパンティーの上からオレの高性能レーダーの巨根を宛てがうと低いドスの利いた声で凄む様に云ってやった。



[騒ぐなぁ……! あんた、良くもオレ様、レイプマン様を警察に訴えてくれたな! 今日はその御礼にたっぷりと時間を掛けてザーメン塗れにしてやっからなぁ……!]


と云いながらオレは芳子のまだ濡れて居ないワレメに黒いスケスケの股布無しの狭いクロッチの上から擦り付けると突然の恐怖で芳子は無抵抗に成っていた。


逸れを良い事にオレはお尻の方からアソコの辺りを横にずらし、濡れて居ないワレメに無理矢理に捩じ込んで行った。

そしてオレはセミダブルベッドの上で芳子のお尻を上に無理矢理持ち挙げさせて背後から激しく律動を下半身に力を籠めて加えて行った。

その度にギシギシとセミダブルベッドが軋んだ。

すると芳子が丸めたパンティーで唇を塞がれた状態で小さな声で喘ぐ様に悶えた。


[あ…ん…むむむ…あはぁ…嫌ぁ…はぐぅ…はぐぁ…!]




でもオレに律動を力を籠めて加えられると気持ちが良いのか、

芳子は頭の中とは裏腹でその淫らな身体はガクガクと奮え、オレの巨根の律動を力いっぱい受け止めて居る様だ。

軈て、芳子は黒いキャミソールのトップス迄も脱がされて95センチのFカップの2つのオッパイも晒されて激しい律動を後ろから加えられる度に上下にゆさゆさと激しく揺れて居る様だった。そして小さな2つの乳首が堅く勃起していた。



そしてオレは又、低いドスの利いた声で芳子に脅す様に云ってやった。


[あんたが、どうしても警察に被害届を提出すると云うんなら、前に撮影したあんたの淫らな動画をエロサイトに拡散するけど、逸れでも良いんだな……?!
逸れ共、被害届は撤回するのか、2つに1つだ……!]


と脅すと芳子は渋々、誓約書に(私、芳子はレイプマンさんを今後警察に被害届は提出しません)
と一筆書かして、逸れでも尚、背後から激しく巨根を力を籠めて律動を加えて行ったのだった。



そしてその日の真昼間に芳子のコーポの密室で散々、レイプマンとしてレイプし続けた。



            次につづく、


18/10/27 06:35 (gHZ/oaVt)
6
投稿者: (無名)
つまらん・最悪の駄作
18/10/27 07:44 (JXc859YW)
7
投稿者: もっちー ◆q2FDcNYWE6
おい! (無名)! オマエの作品が下に転落したからと云って人の作品を詰まらんだとか愚作だとか批判するな!  このキチガイ野郎が! オマエは世の中のゴミじゃ! 悔しかったらオマエもまともな作品を書いてから批判しろ! このキチガイ野郎が!

18/10/27 09:17 (lLPJN2UR)
8
投稿者: もっちー ◆q2FDcNYWE6
お詫び、無名と云う馬鹿に誹謗中傷の書き込みが有り
大変お見苦しかった事をお詫びします。では、続レイプマン参上! を続けさせて頂きます。


5のつづき、


散々芳子の穴と云う穴にオレの濃い白濁汁をぶっかけるとレイプマンは風が吹き抜ける様に芳子のコーポから立ち去った。


そして在れから3日が経ち、芳子は警察署に出向き、
被害届を撤回した観たいだ。芳子はオレに淫らな動画が拡散されると不味いと思ったのだろう、レイプマンの件は白紙撤回に為り、暫くはレイプマンは安泰だった。


然し、又、他の誰かに被害届を提出されるかも知れないのでオレは成るべく慎重な行動を心掛けた。


そしてセックスがしたい時は出来るだけ、ワンナイトラブのヤリサー女や不倫妻達とお互い同意の元で欲情を満たす事にした。逸れなら罪を犯した事には成らないと思ったからだ。



レイプマンは気が向いた時だけ、レイプマンとして時々、参上する事にした。



そしてオレはあのチョイブスの芳子を欲情の捌け口にした。此方には破廉恥極まりない芳子の淫らな動画がこの手の中に有り、今や、芳子はオレの肉便器女と化していた。


あのツンデレチョイブス女の芳子が、オレがラブホで待って居るからと云えば、大きなお尻を悩ましく振り盛りの就いた牝ブタ観たいだった。


そして芳子はハダカに槌かれ、端ないポーズをさせられながらラブホのベッドの上で何度も泣き濡れた。



オレは散々芳子を白濁汁をオッパイや下腹部の上にぶっかけて大きなオッパイを片手で揉み上げながら、もう片方の手の平で大きなお尻を何度もスパンキングしてやった。



すると芳子の大きなお尻に手型が紅く腫れあがる位に浮き出る程だった。オレはそんな芳子を何度も汚い言葉で詰りながらスパンキングしてやった。


あの大きなお尻を包むパンティーも相変わらずヤリサー女に相応しく、卑猥なパンティーを今日も穿いて居た観たいだ。オレは態と彼女の眼の前で紫色のクロッチを裏返しにして、クンクンと芳子の芳醇な臭い薫り
を嗅いで魅せた。

   

            次につづく、


18/10/27 17:35 (DcJtnh70)
9
投稿者: もっちー ◆q2FDcNYWE6
[あ……臭えッ…臭えッ……! ヤリサー眼鏡ブス女の箭らしい薫りがするぜぇ……! 堪んねなぁ……! なぁ……芳子さんよぉ……?!]

[あ……ヤダぁ……辞めてぇ……! 御主人様……嫌ぁ…恥ずかしいわ……!]


とオレが態と彼女の眼の前で大きな鼻息を鳴らしながら嗅いで居ると芳子は恥ずかしいのか、顔を赤らめ俯いた。

そして芳子は恥ずかしさの余り、太腿の内側の辺りに思わず愛液の雫を一筋垂らした。


そんな恥ずかしそうな芳子をオレは被虐的なSMをテーマにしたラブホの部屋で無料貸出しの電マと紅い荒縄で被虐的にベッドの上で攻め挙げた。

紅い荒縄を亀甲縛りにし、アソコの部分に結び目を創り、亀甲縛りにした後、ベッドの上に両脚を拡げさせ電マの振動する先端を強く押し宛ててやった。


すると芳子は恥ずかしそうに眼を強く綴じながらその強烈な捲るめく快感に紅い荒縄の結び目を愛液と潮で益々色が変色して行った。





[あうぅ……あ…恥ずかしい……おしっこが…嫌ぁ…洩れちゃうよぉ……嫌ぁ…恥ずかしい……!]


と云って芳子はベッドの上で被虐的な攻めに全身をガクガクさせて愛液と潮をベッドの白いシーツの上に大量に撒き散らしていた。



そして芳子を今度はベッドサイドの縁に両手を就かせ
、斜め横に身体を捩らせ、片脚を高く持ち挙げて紅い荒縄の結び目が食い込むワレメに電マの強烈な振動の刺激を与え続けた。


肉便器奴隷の芳子は泪声に啼き濡れながらその強烈な捲るめく快感に又、おしっこが洩れそうなのか、全身を恥ずかしそうに刹那げに奮わせているしか無かった



そしてその被虐的なオレの攻めはその日の夕方近く迄続けられたのだった。


             次につづく、

18/10/29 05:00 (US.UJN7Y)
10
投稿者: もっちー ◆q2FDcNYWE6
暫くはオレと肉便器奴隷の芳子との肉欲の日々が続いた在る日、憧れの夏恋ちゃんから在る相談話があると持ち掛けられたので、態と賑やかなファミレスで相談話に耳を傾けていたが、子供連れの若いママさんや若い女子大生に若いカップル達の余りの多さに戸惑い、もう少し静かな場所で相談したいと云うので、オレはファミレスを彼女と出ると迷わず人通りの少ないラブホ街に歩を進めた。


そしてと在るラブホの部屋を前払いで支払い部屋の扉を開け、中に入って行った。軈て、2人の男女は2人掛けの白いソファーに横並びに座り、夏恋ちゃんから相談事を聞き出した。


そして相談話を聞き出しながら段々妖しげなムードに変化して行った観たいだった。軈て、2人の男女は知らない間に下着姿に成っていた。


彼女は相変わらず清純さとは掛け離れた大胆な下着姿だった。その日の彼女の下着の柄は黒いフリルの腰紐でデルタ地帯の小さな布地の柄はピンク色のヒョウ柄で狭いクロッチの内側に蒼く鈍く光るパールビーズが散りばめられていた。薄っすらとパールビーズが縦に透けて見え隠れしていた。


オレは太腿の内側に指先を微妙に這わせ、際どいワレメの縁に触れる度に彼女の清楚な唇許から悩ましい喘ぎ声が洩れ始めた。


[あうぅ…嫌ぁ…駄目……其処は…駄目ぇ…!]


[夏恋ちゃんから相談事があるって云うので、何があったのか、詳しくオレに聴かせてよ?!]


[あ……だから……リアルなのか……リアルな淫夢なのか…
……、解らないけど……誰かに犯された観たいで……嫌ぁ……恥ずかしい…!]



[だから、もう少し詳しく聴かせてくれよ?! どんなシチュエーションで犯されたのか?!]


[あうぅ……だから……私が寝る前に……通販で買った…バイブで……オナニーして……逸れで……失神してたら…、
暫くしてたら………下半身に捲るめく快感が……、そしたら……マスク姿の男に……アレを……嫌ぁ……恥ずかしい…!
]


[あ…アレを……どんな風にされたの………?! 夏恋ちゃん……?! もっと詳しく聴かせてよ……?!]



と云うとオレの指先の腹が彼女の狭いピンクのクロッチのパールビーズの上から這いずり廻っていた。
彼女はその微妙な愛撫にもどかしさを感じていたのか
、微妙な腰遣いでオレの眼をもどかしそうに見詰めた




オレはそのまま、ベッドの上に彼女の身体を仰向けに押し倒し、正常位で堅く勃起した生チンポで彼女の観た淫夢の話しに耳を傾けながら激しく巨根をワレメの内部に律動を加えたのだった。


            次につづく、
  
18/10/29 08:58 (62SnjnX1)
11
投稿者: もっちー ◆q2FDcNYWE6
[ああ……その犯された時の感触って……こんな感触だったかい………?! ほらぁ……こんな風に激しくされたのかい……?! ねぇ……夏恋ちゃん……?!]


[あうぅ……あン……こんな風な…感触だったかな…?!
ああ……そう……こんな感触だったわ……! 子宮の入り口に激しく……能ってるのぉ………!]


と云って夏恋ちゃんの下腹部の辺りが悩ましく奮え、彼女の下着姿の柔肌が捲るめく快感で次第にさくら色に高揚し始めて居る観たいだった。



そんな夏恋ちゃんをオレは態と焦らすかの様に一旦、生チンポをワレメの中から抜き取り、2本の指先をズブズブと挿入すると其処は既にぬるぬるで、2本の指先を暫く出し淹れして遣るとくちゅくちゅと淫らな音を辺りに響かせて居る様だった。指先を素早く抜き取るとオレの2本の指先に彼女の粘着性の愛液でやらしく糸を惹く程に濡れて居た観たいだ。




夏恋ちゃんの黒とピンクのヒョウ柄の薄いTバックパンティーは汗と愛液で益々透けて中の縦長の黒い陰毛が垣間見える程だった。



そんな夏恋ちゃんの顔の前にオレは先程の激しい律動でぬるぬるに濡れた堅くいきり立つ生チンポを唆り立たせるとオレはこう云った。



[ほらぁ、夏恋ちゃん、このオレの堅くいきり立つモノが………欲しいんだろ……?! アソコの中も既にぬるぬるじゃないか……?! ほらぁ、その可憐な唇と舌で舐めて観てよ……!]


とオレが唇許に差出すと彼女は上目遣いで恐る恐る長い舌先でぬるぬるの亀頭の先を嘗め始めて居た。軈て彼女の唇の中で丹念に何度も舐められたり、扱き挙げられて居た。


その度にオレの生チンポが血管の筋を漲らせビンビンと彼女の唇の中で反応して居た。


軈て彼女の大胆な黒とピンクのヒョウ柄のTバックパンティーも脱がせ、彼女を産まれたままの姿に何時しかベッドの上でひん剥いてやって居たのだった。


そしてそんな全裸の夏恋生をオレはベッドの上でたっぷりと時間を掛け、彼女がまだ経験した事が無い様なアクロバティックな破廉恥なポーズで犯し捲ってやったのだった。





          次につづく、






18/10/30 10:23 (vC5G95rl)
コメントを投稿
投稿前に利用規定をお読みください。
名前
メール
本文
スレッドを上げない
画像認証

上に表示されている文字を半角英数字で入力してください。
 
Copyright © ナンネット All Rights Reserved.