ようこそゲストさん。
ナンネットIDにログインしていません。
婆さんとヘビ男
カテゴリ: 官能小説の館    掲示板名:強姦輪姦 官能小説   
投稿の削除 パスワード:
1:婆さんとヘビ男
投稿者: (無名)
『もおー!いい加減にしてよ!!離してよー!』、全裸姿でトイレに向かおうとしていた洋子(64)の怒鳴り声が、廊下に響き渡る。
尿意をもよおしていたため、抱き締めて離さそうとしない圭太(24)に苛立ちを覚えていた。『この子はどこまでやるつもり?』とその行動が読めないのだ。

早ければ半日、遅くても夕方にはここを出るはずだった。それも昨日の話である。しかし、圭太の計画よって、大きく崩されてしまったのだ。

昨日の朝にさかのぼる。圭太の助手席に乗せられ、洋子はとある別荘の清掃に来ていた。しかし、入ってみれば、使われていないためにとても綺麗な状態。
圭太の父からは『ゆっくりしてきてもいい。』と言われてたため、それを見た洋子はある計画をたてる。
それは、最近仲良くなりかけた圭太をうまく丸め込み、『ここで2日間掃除をしたことにして、実は自宅で自分の家族と過ごす。』という計画でした。

とりあえずホコリ払いから始めるが、すぐにその必要もないと判断をした洋子。今度は適当にタオル掛けをして、圭太を丸め込むチャンスを伺うのでした。
しかし、圭太の予期せぬ行動で、彼女のたてた計画も怪しいものとなっていきます。それは、掃除機の音から始まりました。
部屋を覗くと、普段は掃除などしたこもとない圭太が自ら掃除機を持っていたのです。それがとても熱心に思え、自分の姑息な計画も飲み込むしかありません。
あらかた終わったのが、夕方の4時を過ぎていました。山間のため、日暮れも早く、『圭太さん、もうそろそろ。』と洋子は声を掛けたのです。

『オヤジ、ゆっくりしてきてもいいって言ってたわ。僕、泊まるつもりなんだけど。』、その言葉に洋子は困惑します。
圭太の父は、自分だけに掛けてくれた言葉だと思っていました。それに、数時間前に家にいる娘に『今日は帰るから。』と連絡をしてしまっていたのです。
『圭太さん、ごめんなさい。娘にも「帰る。」って電話してるから。』と打ち明けます。しかし、『そんなの知らんよ!』と冷たく断られるのでした。

洋子は夕食の仕度を始めました。長居をする気もなかったため、たいした食材も買ってきてはいませんが、有り合わせで作ります。
圭太の機嫌も少し損なっているため、こちらからは話しかけられず、いつも通りの行動をするしかなかったのです。
窓から見えていた山の景色も、日が落ちてしまい、真っ暗な闇の世界へと変わっていました。

夕食を済ませた午後7時。スマホで遊んでいる圭太に『圭太さん、ごめんなさい。なんとか帰らせてもらえない?』と最後のお願いをします。
しかし返ってきた答えは、『風呂ぉー!』と洋子の期待をしていた返事とは全く関係のないものでした。
その返事により、洋子はこの家で一夜を過ごすことを決めるのでした。

洋子がお風呂に向かったのが、20時30分のこと。彼女も数回しか入ったことがない、この檜の風呂を見て、どこか心踊っていました。
自宅に帰れなかったのは残念でしたが、気持ちを切り替えて、旅行気分でこの檜風呂を楽しもうとしていたのです。
先に圭太が入ったこのお風呂。少し時間が経ってしまったため、少しぬるい気もしますが、身体を暖めるには充分な温度を保っています。
お湯に浮いた何かを発見しました。それは、誰かの陰毛でした。。自分のものか圭太のものかはわかりませんが、それを汚なく思い、排水口に捨てるのでした。

洋子が自分の寝室に入ったのが、22時前のこと。圭太も自分の寝室に収まり、この日の仕事はここで終わり。ようやく解放されて、後は寝るだけです。
彼女はそこで、家族のことを考えて始めました。『もしも帰れていたら、今ごろは?』と、想像だけででも楽しもうとしたのです。
彼女には二人の娘がいます。上の娘は片付いて、2人の子供をもうけています。洋子はお祖母ちゃんなのです。
下の娘はその気がなく、当分出ていきそうにありません。それでも、女らしくなり、最近は彼女の手伝いを勝手でてくれます。
そして、旦那のことも考えます。洋子にとっては二人目の旦那で、彼女よりも7歳も年下。
まだまた精力もあって、現在64歳になる洋子ですが、月単位ではなく、週単位で夫婦の営みが行われるほど。
『今日帰りたい。』と言っていたのには、それも一つの理由になっていたのです。彼女自身、旦那様と今夜は乱れるつもりでいたのです。

洋子が部屋の照明を消したのが、22時30分。『こな布団も、明日は洗濯。』と、少しうんざりしながら目を閉じたのです。
山間のため、気温は下がりました。それでも深い布団と厚い毛布があるため、彼女はその中で身体を丸めるだけで体温を保つことが出来ました。
そして、更に彼女の体温は上昇を続けるのです。身体を丸めながら、太股に挟んでいた手が、ゆっくりと股間を刺激を始めていました。
洋子は自分で、自分を慰め始めたのでした。
2017/12/06 17:47:52(LuujLjJ7)
2
投稿者: (無名)
洋子の指は、パンティーの上から淫部をなぞっていた。たまたま太股に手を挟んでいたから、少し遊び心が起きただけで、まだまだ本気ではない。
実際、『最近、いつオナニーした?』と聞かれれば、かなり遡らなければいけなかった。64歳の彼女の身体は、夫との営みだけで充分満足が出来ていたのだ。

洋子は一度立ち上がった。日帰りのつもりだったため、下着の替えの持ち合わせはなく、今は一日履いていたブラとパンティーを身に付けるしかない。
特に、これ以上パンティーを汚してしまうのを避けたかったのだ。ハンドバッグから取り出したのは、ポケットティッシュ。
それを片手に、再びベッドに潜り込むのだった。

洋子はちゃんと自己分析の出来る女性である。他の64歳と比べても、『いい年の取り方をしている。』と自覚があった。
年を重ね、まぶたは下がり、あごも注意しないと二重あごにもなり、お腹にも少し肉がついた。それでも、同年代の女性に比べればちゃんと男性の目を引けた。
大きな胸も同じだった。形こそ崩れかけてはいたが、それでもちゃんと丸みを帯びている。この年でも、充分に使える乳房を持っていたのだ。

洋子は目を閉じて、再び瞑想状態に入る。『オナニーしよう!』とかじなく、まだ踏ん切りはつかないが、取り合えずさっきの続きをしようと考えたのだ。
彼女の指は、クリトリスを撫で始めていた。深く息をしながら、そうやって自分を高めて行くのだ。
彼女の左手がパンティーを持ち、前が大きく開いた。慰めていた右手が楽になる。自分自身でも、『そろそろ。』とスイッチが入るのが近いことを感じる。
彼女の指が淫口を触れ始めた。瞑想状態だった彼女の頭の中に、男性の姿が現れる。しかし、それは家にいる夫の姿ではなく、架空の男性の姿でした。

洋子は、突然現れた架空の男性に犯され始めるのだ。その男性が大切な部分に指を入れ始めた。彼女は『やめて…』とお願いをするが、容赦がない。
服は脱がされ、唇は奪われ、最後にはアソコを舐められ始める。『ゆるして…。』と最後のお願いをするが、その声は届かない。

洋子はパンティーを下にずらした。途端に男性の性器に見立てた2本の指はアソコな入り込み、彼女の身体は犯されていく。
男性の性器が、何度も彼女の身体を貫いた。どんな体位になっても、いくらでも自分に突っ込んでくる。
そんな中、洋子はブラを弛める。『おばさんブラ』と言われる大きなブラは彼女の肩口で止まり、変わりに男の手と化した、彼女の左手がその胸を揉んでいく。
乳首は勃起し、男はその乳房を下から持ち上げるように何度も揉んでいった。

洋子は仰向けの体勢に変えた。そして、ポケットティッシュから数枚抜き取ると、足を布団を蹴りあげて、下半身をあらわにする。
男の左手が大きな乳房を揉み始め、男の性器が彼女の中に再び入って暴れだす。彼女は口から『ウッ…、ウッ、』と声をだした。
もちろん、蚊の鳴くようなとても小さな声だ。この家に圭太がいる以上、大きな声は出せない。それでも、声を出すことで、自分の興奮は増せたのだ。

洋子の指は、クリトリスを強く擦り始めていた。指など入れていないが、妄想の中の男は、自分の中に射精をしようと猛烈にアレを突き入れていた。
クリトリスを擦る手が、わがままになり始めた。擦っては穴を掻き回し、擦っては穴を掻き回す。洋子の左手に握っれていたティッシュが股間にあてられた。
一度そこを拭き取ったが、とても拭ききれないほどに、彼女のアソコからは液体が溢れている。
『ベッドが汚れるかも。一回起きて、ちゃんと拭こう。』、頭の中では考えた。しかし、その手は止まらなかった。
『ベッドの汚れなんて、どうでもいい。もう、このまま逝ってしまいたい。』という彼女の気持ちが勝ってしまったのだ。

洋子の爪先は伸びきっていた。爪先だけではない、身体全体が縦に伸びきっていた。何度も快楽が押し寄せ、何度も頭を突き抜けていく。
彼女の手がようやく止まった。予想通り、彼女の愛液で敷き布団は濡れていた。さらにティッシュを追加して、ようやく彼女の股間の汚れがとれるほどだった。

ずらしていた下着を元に戻し、満足した彼女はようやく眠りにつくのでした。
17/12/07 15:16 (ife86TLu)
3
投稿者: (無名)
洋子が目覚めたのは、朝6時。まだ外は暗いが、圭太のために食事の準備を始めた。昨夜夕食を作ったため材料がなく、とても質素な朝食しか出来なかった。
圭太を起こしに行ったのは、それから2時間後のこと。『たいしたものが出来なくて、ごめんなさい。』と謝り、朝食を食べさせた。

食材がなくなったことは、洋子には好都合だった。お昼に食べるものがないため、『ここを去るしかない。』と考えたのだ。
ところが、『今日は2階やね。』と圭太からの言葉だった。確かに昨日は2階にはあまり手をつけてはなく、まさか圭太がこれほど熱心に掃除のことを考えているとは思っていなかったのだ。

朝食が終わると、『タバコ切れたから、買ってくるわ。僕の部屋も掃除しといて。』と圭太が言い出した。
お昼までには出るつもりの彼女は、その言葉に慌てた。しかし、その言葉通りに圭太は車に乗って、出ていってしまうのでした。

一人残された彼女は、すぐに2階に上がっていく。2階には4つの部屋があり、昨日使われたのは彼女と圭太が使った2部屋。
あとの2部屋は、きれいな状態なのを知っていたため、洋子が先に手をつけようと考えたのは圭太の部屋だった。
若い男性が使ったので、『少し乱雑に使用されているかも知れない。』と考えたのだ。

圭太の部屋の扉を開いた。テーブルの上には、使ったガラスのコッブや、食べ物の食べ残しがあるのが見えた。
しかし、その他を見る限り、たいした汚しもなく、『簡単な掃除で終われる。』と判断できる。そして、洋子はすぐに部屋の片付けに入った。

洋子の手が止まった。まだ、何一つ片付けていないのに手が止まる。『えっ?』と思わず、それを見て目を疑ってしまいます。
それは圭太の寝ていた布団でした。中央に見覚えのある液体があったのです。それは中央だけてなく、彼女の立っていた位置から発射されたという痕跡でした。
『まさかぁ〜?』と思いながら、彼女は少し布団に鼻を近づけました。そして匂ってきたのは、男の精液の匂いです。
更に、布団からはみ出していた雑誌を手に取ります。それは『熟女通信』『熟女専科』という熟女系の専門雑誌だったのです。

この時、洋子の頭をからは『自分はこの雑誌に載っているような女性ではないから。』と考えて、そういう意味では安堵でした。
しかし、この状態なのを知っていて自分に部屋の掃除を頼んだ圭太の考えが分からず、困惑をしていたのです。
どう考えても、圭太が起きてくる時に射精をして降りてきたとしか考えられません。それほど、ベッドの中央に貯まった精液は生々しのです。
彼女はベッドシーツをはぎ取りました。雑誌も丁寧にテーブルに置き、すぐに洗濯機に向かいます。

そして、1時間半後に圭太が戻って来ました。
17/12/07 15:55 (ife86TLu)
4
投稿者: (無名)
玄関が開き、圭太が帰ってきたのは分かりました。普通なら玄関に出迎えにいくところですが、彼女は洗濯機の前で留まりました。
シーツを見てしまって、今は彼と目を合わす自信がなかったからです。『洗濯中だから、帰ってきたのがわからなかった。』、そう片付けてしまいます。
しかし、『洋子さぁーん!と彼に呼ばれると、これはもう顔を出すしかありません。『おかえりなさい。お店あった?』と声を掛けます。

『2階掃除して帰るけど、一緒にする?』と誘われました。彼の意図が分からない以上、一緒に避けたいと考えた彼女。
でも、『掃除して帰る。』という言葉に揺れました。『掃除さえ終われば、帰る。』というのです。
『私、洗濯してるから。後でゆっくりやります。』とどうしても乗る気にならない。
しかし、『シーツやろ?そのまま持って帰ったらよくない?』と言うのです。確かに一理ありました。しばらく使わないなら、家で洗濯するのも同じです。
『そうしようかぁ〜。』と言った洋子は、これが圭太の甘い罠だとも気づかず、一緒に2階に向かうのでした。

先に2階にあがった圭太。『ここはいいか。』『ここもいいや。』と使わなかった2つの部屋を覗いて、洋子にそう言います。
そして、向かったのは洋子の使った部屋でした。一晩だったとはいえ、自分が使用した部屋を見られたくない彼女は、
『あまり汚してないから、ここもすぐ片付くから。』と、圭太を遠ざけようとする言葉を掛けてしまいます。『そだねぇ。』という圭太。
しかし、徐々におかしな展開になっていくのです。

片付け始めて、僅か2分後。『洋子さん、ノーブラ〜?』と圭太が聞いてきました。もちろん、シーツの件もあり彼女は慌てます。
2日目だったため、下はもとかく、ブラジャーは外してしまったのです。服装も柄物だったため、気にされないだろうと思っていました。
『胸?つけてるよー。』とウソをつきます。まだ、それで騙せると思ったからです。しかし、『うそ。おっぱい見えてるもん。』と圭太は言います。
彼女は慌てました。自分の身体に目を向け、圭太のいう『見えてる。』という場所を探そうとしてしまいます。

その時でした。胸を見ていた視界に、圭太の手が現れたのです。その光景はスローモーションのように流れました。
圭太の手が胸元に手を掛け、グイーと引っ張っていくのです。7つあったボタンは、相当数が弾け飛びました。
シャツはダランと前が開き、洋子の大きな胸は2つともあらわになってしまいます。『やめてよぉー!』と叫び、自分の胸をふさいだ彼女。
それでもまだ、自分に迫る危機にもピンと来ないで、『なんで、圭太がこんなことをしたのか?』と、その理由を考えています。

『ホラ、ノーブラやん。』、圭太が意地悪く彼女に言います。まだ危機感の薄い彼女は、ウソをついた恥ずかしさから、何も言えず立ち尽くすのです。
『洋子さんのおっぱい、デカいなぁ〜。』と言われても、また胸を押さえて突っ立っています。
『ところで、僕の精子みた?』の言葉に彼女は頭を上げます。自分で何かを言おうとしたのです。
しかし、『いっばい出てたやろー?あれさぁ、洋子さんで抜いたんでー!「洋子ー!洋子ー!」って。』、彼女は圭太の異常性を初めてみました。

圭太に初めて会ったのは、ほんの数か月前のこと。仕事もしなで部屋籠る、流行りの『ニート』みたいな生活をしていました。
確かに無口で社交性はありませんが、たまに洋子に見せる仕草はそれを払いました。さらに最近彼女に対しては口を開くようになっていたのです。
人の短所よりも、長所を見つけようとする性格の洋子は、ちゃんと圭太の良さを見つけ、自分にはいない男の子供のような感覚も持つようになっていました。

洋子は、早足で部屋を出ようとしました。前が肌けているために胸を押さえているので、走って出るということが出来ません。
しかし、『洋子さぁーん!待ってよー!』の言葉で、圭太に引っ張られるのでした。
17/12/07 16:48 (ife86TLu)
5
投稿者: (無名)
『圭太さん、やめてよ!圭太さん!』、ここまでされて、やっと彼女は自分に危機が迫っていることに気がつきました。
『強姦される!レイプされる!』と恐怖が彼女を支配してきます。

洋子がこの感覚を持ったのは初めてではありません。何度も男に迫られ、興奮した男に力づくに奪われそうになったことも過去にはありました。
彼女は、むかしから男好きのする女性でした。持った旦那は2人ですが、彼女の股間はゆうに10人を越える男を受け入れています。
彼女が23歳の時に、その中の一人が現れました、見知らぬ男性でした。顔を殴られ、服は破られ、無理矢理に押し込まれ、全てを中に出しました。
それに似た恐怖を、64歳になっても味わうことになろうとは、考えもしないことでした。

洋子の手がグーンと伸びます。圭太に片手を取られ、それでも廊下に逃げようとしたからです。『離して!お願い!圭太さん、離して!』と叫びます。
しかし、圭太に捕まり、『ジッとせえやー!』と怒鳴られた瞬間、彼女は昨日一夜を過ごしたベッドに転がされていました。
そして、何十年も前に見知らぬ男に強姦をされた感覚が更に甦ってくるのです。『男を興奮させないように。』、彼女が強姦中に考えていたことでした。
それの記憶が甦った彼女は、抵抗することをやめてしまうのです。抵抗よりも、あきらめなのです。

彼女の上に圭太が乗り上げました。すぐに胸元は開かれ、彼の口は乳首に向かいました。更に手は、洋子の大きな乳房を揉み始めます。
彼の口からは、『洋子〜、洋子〜、』と彼女の名を呼び捨てにしていました。『ウッ!』と突然彼が声を出しました。
洋子は身体に痛みを感じます。大きな圭太が、彼女の身体の上で動いたのです。洋子の目の前に、圭太の顔が現れました。
そのまま唇を奪われ、洋子は首を振って逃げようとします。洋子の頭が止まりました。圭太の大きな出て、頭を掴まれたのです。
再び唇を奪われました。頭の左右に強い力が掛かっていて、彼女の頭は動かせそうもありません。いつまでも離れない彼の口に、洋子は唾をはく仕草をします。
呼吸が出来なくて、とても苦しいのです。なんとか呼吸をしますが、それでも尚、唇は重なって来ます。

洋子はその時、また新しい感覚を持っていました。夢中で奪おうとしてくる男性の感覚です。それは、遠い昔の記憶。
彼女が大学の時、半同棲をしていた彼氏の記憶でした。彼氏に女の身体を初めて教えたのは洋子。その時も、男は夢中で迫ってくれていたのです。

『もしかして、女を知らないかも。』、彼女の頭に一つの光が見えました。家に閉じ籠って社交性がない圭太を、『童貞ではないか?』と考え始めるのです。
17/12/07 17:24 (ife86TLu)
6
投稿者: 熟女マニア
とても興奮しました。
続きを楽しみにしています。
17/12/07 21:24 (YjzpocwM)
7
投稿者: (無名)
洋子はほんのしばらくの間、圭太に上半身を明け渡しました。その行動を見て、彼の女性経験を探ろうと思ったからです。
圭太は口から舌を出して、彼女の上半身を隅から隅までペロペロと犬のように舐めます。彼女も、『ここまで舐めるか?』という程でした。
口からは、うわ言のように『洋子…、洋子…、洋子…』と名前を呼び続けています。普段は『洋子さん。』と呼ぶのですが、呼び捨てにする彼に恐怖を感じます。
更に、『洋子…好き、洋子…好き、洋子…好き、』と連呼され、その異常さに『狂ってる…。』とさえ思うのです。

圭太は、洋子の身体に絡み付いて離れませんようとはしません。足が離れ掛けると、すぐに彼女の足に絡ませてくるのです。
彼の口が、洋子の大きな胸に取り付きました。大きくなり掛けた乳首にかぶりつきます。その瞬間、洋子の身体に電流が走ります。
女として感じてしまったのです。これはとても恐いことでした。彼の様子を探るつもりが、身体が反応をしてしまったのです。
年齢も経験も、上の立場から圭太を見ていたはずが、そうではなくなりかけている自分に恐くなってきたのです。

『やめてよぉ!!もう、いい加減にしてよぉ!!』、普段は人に怒ったりしない彼女が、険しい顔を見せ、精一杯の声をあげました。
その瞬間、『やかましわぁ〜!お前、やらせろやぁ〜!!』と逆ギレされ、圭太の右手が左頬に飛んできます。
とっさに両手が顔を守り、間一髪彼の張り手は回避出来ました。しかし、彼の逆上は収まらず、ブロックをしている腕の上からでも、何発も手が飛んできます。
彼女が回避出来たのは、最初だけ。捌ききれなくなり、最後は何発も彼の張り手を食らってしまうのでした。
『悔しい…。ほんと、悔しい…。』、そう思うだけで、涙が出ました。

洋子は、頭に痛みを感じました。そして、その痛みによって、自分の身体が思い通りに動かないことに気がつきます。
顔の皮は上に引っ張られ、立つきもないのに、ベッドから降りようとしています。圭太に髪を鷲掴みにされ、ベッドから引きずり降ろされたのです。
『来い!オラァ〜!はよ、来いやぁ〜!』と髪を引っ張って行く圭太。洋子はなす統べなく、彼の進む方向に足を運ぶしかありませんでした。

廊下に出ました。下を向いていた彼女は、床の木目でそれが廊下だと分かりました。そして、なぜか圭太の手に自分の衣服が握られています。
圭太が、何かアクションを起こしました。下を向いていたため、それがなにか彼女には分かりません。しかしすぐに、彼女の視界にあるものが見えます。
それは、階段から一階に投げ捨てられていく、自分の服でした。

洋子は、更に引っ張られました。その方向は間違いなく、昨日圭太が使った部屋です。洋子の中に、『ダメだ。』という感覚がうまれました。
昨夜からだろうが、今は圭太の部屋です。その男の城の中に連れていかれるのは、アウェーのような気がして怖かったのです。
『圭太さん、お願い!やめて!もう、やめて!』と叫びましたが、彼女は彼の城に招き入れられてしまうのでした。
17/12/08 16:11 (ZNkDQ1M0)
8
投稿者: (無名)
彼のベッドに投げ捨てられました。そして、圭太にすばやく後ろの扉を閉められると、洋子はどこか閉じ込められたような感覚になります。

そして、圭太はすばやく上服を脱ぎます。いよいよ追い詰められた洋子は、ここで最後の作戦を取るのです。
『こんなことして楽しいかぁー!女、裸にして楽しいかぁー!女、泣かして楽しいかぁー!』と少しドスを効かせて声をあげるのでした。
これは彼への脅しではなく、母親としての説教に近いものでした。言い替えれば、『お前のしてることは間違ってる。少し考えろ!』と言ったのです。
それを聞いた圭太の返事は、『知るかぁ!』でした。洋子の説教にも耳など貸そうともせず、その手はもう自分のパンツに手を掛けています。

圭太がパンツを降ろしました。それを見た洋子も、女性らしく目を背けます。『洋子!犯らせっ!好きなんや、犯らせっ!』と言って、迫り始めます。
危険を感じ、圭太を見てしまいます。圭太はテーブルに置いてあった、熟女雑誌を手に取りました。そして数ページめくると、ある写真を彼女に見せます。
『これ見ぃ!よぉー、見いぃ〜!』と彼女を怒鳴りつけます。それは、バックから突かれている熟女の写真。レイプされているようにも見えます。
『これ、お前〜。さっき、この写真見ながらやったわ。この女、お前〜!』と、朝のオナニーはこの写真を見ながら、『洋子〜!』と射精していたのです。

圭太の異常性を感じていました。『この子はふつうでない。』と実感もしていました。恐くて、『何かないか、何かないか、』と策をさがします。
しかし、すぐに彼女は逃げる術がないのを実感していました。もし逃げれても着る服はなく、外にも出られない。後は、彼の心をおさめるしかないのです。

圭太が歩を進めました。洋子は手を前に出して、防御の体勢を作ります。そして恐怖からか、『やめて!来ないで!来ないで!』と叫んでいました。
圭太の片足がベッドに掛かりました。それを見た洋子に更に恐怖が走ります。『なにアレ!?』、頭をこの言葉が支配をします。

それは圭太の大きな男性器でした。半勃起をしていて、その口は洋子の方を向いていました。洋子が驚いたのはその長さではなく、太さです。
『缶コーヒー並の太さ。』とよく例えられますが、洋子の目にはその通りに映りました。。
男性経験10人以上はある彼女でも、『これは、太すぎるわぁ〜、』と直感的な思うのです。
圭太の男性器には、まだ秘密ありました。長さも20センチくらいあり、そのくせ全てが皮で包まれていました。
洋子の目に映ったもの、それは皮に包まれた亀頭から落ちようとする透明な雫。圭太の男汁でした。

洋子は、反射的にベッドの奥に逃げようとしました。もちろんすぐに捕まり、『やめてよぉー!やめてぇー!』と言いますが、中央に戻されます。
圭太に身体の上に乗られてしまうと、もう身動きが取れなくなります。そしてまた、彼の舌に上半身を舐められるのでした。

圭太の舌は、とても律儀でした。舐めてない場所を探すのが大変なほど、彼女の身体をまんべんなく舌を這わせています。
おかげで洋子も、その愛撫と戦わなくてはなりません。しかし、彼女はもうひとつのモノと戦っていました。
それは、彼女の身体に何度も押し付けられる、圭太の大きな男性器でした。勃起してしまった棒に、痛いほどつつかれるのです。
そして、その棒は先っぽから液体を出し、洋子の身体は汚されていきます。『気持ち悪い。汚ない。』、身体に撒かれる液体にそんな感覚をおぼえます。

17/12/08 17:02 (ZNkDQ1M0)
9
投稿者: (無名)
『やめてよぉ〜…もうやめてよぉ…。』、さっきまで威勢のよかった洋子が、弱々しい言葉をはきました。重い圭太に乗られ、体力を奪われていくのです。
数えきれない程のキスをされ、それにはもう馴れました。しかし、上半身の愛撫には困りました。身体中のため、彼女も知らないスポットの刺激があるのです。

圭太は、彼女のお腹の上に馬乗りになりました。『重いっ!』と思うと同時に、圭太の男性器が洋子の方を向いています。
すると、『洋子〜…、好きやぁ〜。洋子〜、…見てくれよぉ〜。』と圭太が言い、その皮に包まれていた亀頭を露出させるのでした。ピンク色をした亀頭でした。
しかし、それを目の前で見せられた洋子は別の事を思うのです、『汚なぁ〜!』と。
皮を剥いで現れたピンク色の亀頭ですが、全体的に白さを帯び、白いネットのようなものが掛かっていたのです。
洋子が思った『汚なぁ〜!』は、圭太の男性器にこびりついた『チンカス』とも呼ばれるいう大量の汚れだったのです。
洋子自身、仮性包茎の男と付き合った経験はありました。しかし、どうしてもアノ独特な臭いに馴れることは出来ず、彼女自身の手で洗ったこともありました。
しかし、これほど大きな性器を見たこともありませんでしたし、これほどチンカスのついたモノも見たことがありません。

圭太が、自分の股間に手を持って行きました。『なにをするつもり?』と一瞬、彼の行動を見ます。しかし、違いました。
彼が手を伸ばしたのは、彼女の作業用ズボンのボタンにでした。『ちょっと!やめてって!』、慌てて阻止を試みる洋子。
しかし、彼の手はお腹にめり込みほどに押し付けられ、その状態でボタンやわ外しているのです。彼女には、手も出せません。
更に、作業用ズボンのジッパーがおろされました。洋子のベージュのおばさんパンティーが現れてしまいます。

洋子はここで思い切って、圭太の顔に右手で張り手を食らわそうとしました。しかし、すぐにその右腕は掴まりました。
圭太に右腕を取られました。少し捻られたため、彼女の動きも制限されます。その時でした。ジッパーの開いた股間に彼の手が触れてきたのです。

圭太の指は、洋子のアソコをクニュクニュと揉み始めました。すぐに『気持ちいいかぁ〜?洋子〜、気持ちいいかぁ〜?』と聞いてきます。
そのからかったような言葉に怒りを感じた洋子は、『気持ち悪いわぁ〜!触るなぁ〜!』と大きな声をあげるのでした。
洋子の右手は更に捻られました。おかげで身体をよじったまま、動けません。その状態でも圭太のクニュクニュは続けられます。
『洋子〜、気持ちいいやろぉ〜。』とまた、バカにされ、『生意気に、洋子って呼ぶなぁ〜!』と何度も呼び捨てにされることに激怒します。

しかし、長く続けられる圭太の指のクニュクニュは、確実に彼女の身体に変化をもたらしていました。それは圭太に言われて分かります。
『手、濡れるわぁ〜。洋子のマンコ、濡れ濡れや。』と言われ、自分のアソコから望んでもいない愛液が出ていることを知るのです。
『悔しい…。なんでよー。』の心の中で叫びます。自分自身の身体を叱ってやりたくなります。

17/12/08 17:48 (ZNkDQ1M0)
コメントを投稿
投稿前に利用規定をお読みください。
名前
メール
本文
スレッドを上げない
画像認証

上に表示されている文字を半角英数字で入力してください。
 
Copyright © ナンネット All Rights Reserved.