ナンネットID のアカウントをお持ちですか?
ナンネットID
 
1

目撃

投稿者:怒れない夫 ◆fKC22h9s0U
削除依頼
2019/04/12 13:49:58 (lITrVXuX)
私35歳、嫁27歳。結婚して2年半が経ちました。
嫁の実家は、他県でしたが、お婆さんの家が私達と同じ市でした。
結婚して1年後でした。 急に調子が悪くなり亡くなりました。
お婆さんも一人暮らしだったため空家になってしまいました。
仕方なく私達が定期的に管理をする事になったのですが、借家にするにも
山里にある家だったので、なかなか難しい環境でした。
日中、時間の有る時に嫁と二人で訪問したり週末は宿泊をする感じになっていました。
昨年の今頃の時期でした。 平日でしたが、嫁から連絡が入りました。
「今日は、おばあちゃんの家に来てるけど宿泊する…。」との内容でした。
その時は、何も変に感じませんでした。 GWには、嫁のご両親も参加して
お婆さんの家で数日生活をしました。 いつ借家にしてもいいように不要な物は全て
処分していたので、何も無い部屋と布団が数枚。 後は、TV等は置いてあります。
その後も定期的に二人で管理の為に訪問はしていました。 週末でしたが、嫁から
連絡が入りました。 おばあちゃんの家に宿泊する…との連絡でした。
翌日は、私も休みでした。 何も考えずに承諾しました。 嫁とは、翌日に私も
行くからと言う内容で済ませました。 その日の晩御飯は友人と飲んで帰る予定にも
なり、嫁にも伝えました。 しかし、友人に急用ができたため一人で外食となったのです。
一旦家に戻り、身支度をして出かけようとしましたが、気分が乗らない自分でした。
その時、ふと思い付いたのが、お婆さんの家に私も行こうか。でした。
飲み物や軽い食べ物を買って、家に向かいました。 嫁を驚かせようと単純に思っていただけの
私は、行く事を嫁には伝えないまま家に向かいました。
外は薄暗くなっていました。 山道の本線から少し脇道に入った場所に家が有ります。
脇道に入ると、奥に家の明かりが見えました。 私は、車を停止しました。
脇道を進んだ家の入口(敷地)に車が2台停まっていたからです。
1台は嫁の車。 しかし、もう1台は知らない車。 その時は、まだ何も想像が出来ませんでした。
私は車を降りて、家に近づきました。 その間に少し色々な事を考える事になりました。
日が暮れだすと早いものです。 周りはすっかり暗くなっていました。
なぜだか私は忍び足で家に近づいていました。 幸い、家の直ぐ前に納屋がありまして、
一旦、その中から部屋の中を覗きました。  
1 2
レスの削除依頼は、レス番号をクリックして下さい
15
投稿者:(無名)
2019/04/19 00:12:52    (SbwLBB1e)
35才でこの文章力……

男が来て複数プレイの流れかな(笑)
14
投稿者:怒れない夫 ◆fKC22h9s0U
2019/04/15 18:20:46    (nashKrPJ)
布団い入り体が触れ合っただけどドキドキしました。
次第に私は嫁を抱きながら昨夜の事を思い出しながら
普段より興奮はMAX状態でした。 事が終わり興奮が冷めるよ
虚しく切ない気持ちにかられました。
また次があるだろう。 私はその日に備えて、次の休日からは
家の改造に取り掛かりました。 家の周辺を片付け通路を確保。
地面は足音がしないように枯れ木やゴミを処分。
納屋の棚は、部屋が見える場所に有った物は移動させ踏み台を設置。
まだまだ改造というより片付け程度の状態でした。 そんな最中でした。
嫁がまたお婆さんの家に宿泊すると報告がありました。
理由は、友達も招待して家飲みらしいです。 私は嫁の話を聞き流した
振りをしました。 いよいよ当日でした。 周りも暗くなって様子を見に
家に行きました。 その日は、本当に女性の友人たちとワイワイしていました。
都合よく現状の確認も出来ました。 納屋からは見やすくなっていました。
家に近づきましたが、足音もかなり改善されていました。 少しだけご褒美でしょう。
風呂場の電気が点き窓に簾を掛け、木の壁だった浴室の壁と外壁のトタン板に小さな
穴を開けましたが、そこから恐る恐る覗くと、友人の裸体が観賞できました。
脇道に入る入口の草木も刈り車が停めれるスペースも確保していたので、そこそこの
下準備は出来たと思いました。
13
投稿者:(無名)
2019/04/15 14:30:44    (LKDxIdc9)
帰るんじゃなくて、乗り込んで3Pかネトラレ鑑賞に話をもっていけば現実味がありそうな。
12
投稿者:(無名)
2019/04/15 02:04:20    (/k/EwsNH)
11大人気ない
仮にフィクションだとして、そこまで怒れる?
11
投稿者:無名
2019/04/13 20:32:39    (Y6Gvhy2K)
10名無し

お前はノータリンの栄養士かWW?
10
投稿者:名無し
2019/04/13 14:57:32    (g712puFi)
>>7

カルシウム不足か?w
9
投稿者:はるお   sekitoba0430
2019/04/13 14:46:41    (tOYVfaO3)
続きが気になりますね!
奥様の容姿や芸能人で言うと誰に似てるとかありますか?
あれば教えていただけませんか?
8
投稿者:(無名)   perochin
2019/04/13 06:31:56    (jj.AjiKE)
続きお願いします。


7
投稿者:無名
2019/04/13 06:02:00    (Y6Gvhy2K)
何時までも一人で妄想作り話でもしてろ馬鹿
6
投稿者:怒れない夫 ◆fKC22h9s0U
2019/04/13 03:17:33    (QYCXTudX)
寝たふりをしたまま布団の中で今までの出来事を思い返しました。
昨日の出来事もですが、以前にも一度帰って来ない日があった。
もしかして、その時も既に…。 間違いないのは、私以外の男と
関係をもったという事でした。 布団から出るタイミングを考えて
いると携帯にライン届いているのに気付きました。
嫁からでした。 着信時間は、朝の5時でした。 昨夜、急に電話が
切れた理由も分かりました。 嘘か本当かは不明ですが、充電が
切れたとの事でした。 充電器を持っていなかったので、朝早く
帰って来たと…。そして、平然と嫁は「昨日は何だか二人とも変だったね。
チョット恥ずかしいかな…」恥ずかしい事など、通り越しているじゃないか。
それでも布団から出て嫁と顔を会わせ易くはなりました。
夜までは、何も無かったこのようにいつもの時間でした。
夕食も済ませ順番に風呂に入りました。 嫁が風呂に入ってからでした。
昨夜の事が脳裏をよぎりました。 思えば、近頃は一緒に風呂に入ったり
しなくなった。 けど、昨夜嫁は男と一緒に風呂に入っていた。
段々と気持ちが乱れてくる自分がいました。 嫁が風呂から出てくると
風呂上りの甘い香りが私を刺激しました。 普段なら何も感じないのですがね。
物思いにふけていました。 先に布団に入りました。
1 2
レス投稿フォーム
名前
トリップ[]
本文

投稿文に自動改行は行われません、適宜改行を行ってください。 # タグ使用不可
「sage」
※投稿を上げない
画像認証

上に表示されている文字を半角英数字で入力してください。
ナンネットをより快適に!ナンネットID PREMIUM