ナンネットID のアカウントをお持ちですか?
ナンネットID
 
1

完・妻の秘密

投稿者:うかれ夫 ◆TJaopIWbkM
削除依頼
2018/01/12 11:26:59 (ZSC7R.r5)
私は妻と約束をかわし家を出ました。
移動中、妻から連絡が入りました。
「今から曽我さんの家にお土産を持って行きます。」
妻から連絡があったのは、私が家を出て1時間程経ってました。
しばらくすると、妻から連絡が…
「家に行ったけど留守だったからまた時間見ていくね。」
そして、ようやく妻から連絡が来たのは、夕方6時を回っていました。
「曽我さん帰宅したみたいだから今から行きます。」でした。
そして、中間方向がありました。 どんな話をしたのかでした。
「明けましておめでとうございます。 これ、お土産です。 主人も挨拶に
 来れば良かったのですが、主人はまだ実家で、私は仕事もあるので先に戻って
 来ました。 主人もよろしくと言っていました。」そう伝えたらしい。
妻は、遠回しに私が不在であることを曽我さんに伝えた様でした。
私もホテルに着き一息入れている時でした。 20時過ぎでした。
「今からお風呂に入ります。そして…そして、イケナイ事をします。
 本当にいいの?」妻からは、最終確認の連絡でした。
「容子が望むなら容子の判断に任せる。」私は、そう返事しました。
「今からカーテンを開けます。 ビデオの起動もしました。 ごめんね。」と、連絡が
入りました。 私は、いよいよかと思うとホテルの部屋で悶々としていました。
1 2
レスの削除依頼は、レス番号をクリックして下さい
21
投稿者:(無名)
2018/01/22 13:12:29    (ONXwRwuc)
続きを知りたいです。よろしくお願いいたします。
20
投稿者:(無名)
2018/01/19 22:18:25    (2pt8kMn3)
はい お疲れさん。
19
投稿者:うかれ夫 ◆TJaopIWbkM
2018/01/19 14:56:16    (yOz9DeWl)
妻の汚れた体をシャワーで流し、一人では立って歩けない
程になった妻に手を貸し、ベットまで移動しました。
横になった妻の後ろから腕枕をした状態で暫く抱きしめていました。
少し落ち着きを取り戻したのか私の腕を妻も抱きしめました。
「ごめんね…」小さな声で妻が一言つぶやきました。
私は、強く妻を抱き締める事で答えました。 妻が後ろに手を廻し
私の肉棒を触ってきました。 私は、しばし無言のまま妻の好きな様に
させました。 頭の中とは関係なく私の肉棒は反応しました。
妻は布団に潜り込み私の肉棒を慰めてきました。 そして、理性が次第に
崩れて行ったのです。 気付けば私と妻はお互いが向き合った状態で
抱きついていました。 交わす言葉も無く、自然と妻の肉壺に私の
肉棒は納まっていました。 騎上位で乱れだした妻を目の当たりにし
止めておけばいいのに余計な事を言ってしまう私がいました。
妻の妄想に対し私のいつしか同じような妄想をし、願望が芽生え
妻の世界に入り込んでいました。
18
投稿者:コメダ ◆ayV9wcyqr6
2018/01/18 17:08:11    (wBgqfb9N)
きっと そでに曽我さんの肉棒の虜になり もっと変態なマゾ女にされて
肉壺に生で中に注がれているんでしょうね。
もしかしたら 前には入れてもらえず 尻穴専門かもですね
17
投稿者:うかれ夫 ◆TJaopIWbkM
2018/01/17 17:28:35    (SEPMBqsr)
私は更に追求しました。 「嬉しかったか?」「はい。嬉しかったです。」
「容子は曽我さんに何もしてあげなかったのか?」「私は……。」
妻は声を詰まらせました。 しかし理性も無くなり事実を告白し出していた
妻は私が嫉妬し気が狂いそうになるような事をとうとう認める告白をしました。
「曽我さんの大きな肉棒をお口に咥えました。 凄く大きいの。
 そしてね…。お口の中に一杯出してくれた。 もう、ここにも欲しかったけど
 お預けにされた。 ご主人様、曽我さんの入れてもらっていいですが?」
妻は私に懇願しました。 そこで「ダメだ。」の返事を出来ませんでした。
メンヘラ的な妻の表情で懇願され私もおかしくなっていました。
「一杯入れてもらおうな。 そうして欲しんだろ?」
「好きにして欲しいです。 ご主人様、逝かせて…」
妻の肉壺に呑み込まれている泡だて器を激しく掻き混ぜました。
妻の愛液が、本当に肉壺の口から泡だった液体が溢れていました。
泡だて器を抜き取り、お気に入りの黒いディルドを肉壺の口に栓をする様に
突き刺してやりました。 妻は腰を浮かせ体はのけ反り返り自らも腰を激しく
動かせ爪先立ちになり一瞬ですが腰を大きく上に跳ね上げ逝ってしまいました。
その日は、ひたすら妻を何度も逝かせるばかりでした。
結局、私は最後に妻の汚れた肉壺に挿入しフィニッシュしました。
16
投稿者:うかれ夫 ◆TJaopIWbkM
2018/01/16 14:23:39    (Vx0uRWwn)
私は、事実を知りたい気持ちと、知るのが怖い気持ちの
狭間で興奮していました。 妻を責める手は止めない状態で
告白を始めました。「4日の日は、曽我さんが覗きに来たの。
それで、窓の外から私に言ったの。 昨日の泡だて器を入れて
おいでって…。 曽我さんに言われるまま、指示に従ってね…
コートを着て庭まで入って行ったら、廊下の電気が点いて窓が
開き曽我さんに手招きされ近寄りました。 リードを引かれ
庭先から家の中に入りました。 コートを脱がされました。
曽我さんは無言のまま、今ご主人様がやってくれている様な事を
してくれました。 抵抗をする事さえ浮かびませんでした。
頭の中が狂ってしまうほどでした。 そして私を逝かせてくれたの。」
妻は、私に事実を告白中にも関わらず、快感の波は何度も繰り返されて
いました。 私は、妻のアイマスクを外しました。 妻の目の焦点は
あっておらず、目は私を見つめていますが虚しい目をしていました。
15
投稿者:コメダ ◆ayV9wcyqr6
2018/01/16 08:44:43    (g775sA0N)
とても興奮しながら読ませて頂いています。
今後の展開も楽しみにお待ちしています
14
投稿者:うかれ夫 ◆TJaopIWbkM
2018/01/16 07:08:37    (hFI5590e)
肉壺に半分ほど入った泡だて器を更に少しだけ押し込むと
何もしていないのに、自然に肉壺の中へと飲み込まれていきました。
肉壺の口は閉じ、泡だて器の柄の部分だけが飛び出していました。
私は、柄を持ちゆっくりと肉壺の口が開く程度に出し入れしました。
妻は、私の腕にしがみ付き、ガクガクと体を震わせていました。
「あの日、何が有った? 3日の日…。正直に言って…」
すると、妻も意識が朦朧とする中、本当の事を…。
「帰った曽我さんが…。窓の外に立っていて…」
妻の言葉は、途切れ途切れでしたが事の一部始終を説明しました。
「それで、窓に近づくとね…。 あの後、首輪とリードを着けてみて
 たの…。窓が開き、リードを掴み曽我さんに引っ張り寄せられて…。
 何も抵抗できなかったの。 それで、これをね…。」
これとは、今まさに妻の肉壺に呑み込まれている泡だて器の事でした。
「もしかして、その時に曽我さんが容子に?」
「はい。 そうなの。」私は、次の言葉が直ぐに出て来ませんでした。
「それで、どうなったんだ?」
「ごめんね…。そのまま逝っちゃって…。 部屋に倒れこんだら
 曽我さんは、帰っていきました。」 
「それなら翌日の話は、どうなんだ4日の話だ。 曽我さんの家の
 庭に行った話は…。 お互いが観賞し合って終わったと言って
 いたけど、そんな事で終わらなかったのだろ? どうなんだ。」
妻は、観念したのか、それとも正直に話す事で快感を味わっているのか
どちらとも取れますが、本当の事実を告白しました。
13
投稿者:うかれ夫 ◆TJaopIWbkM
2018/01/15 19:10:13    (2i/pGxj7)
数秒の間だったと思いますが、私もその場から動けませんでした。
浴室の床に横たわる妻の元に近寄りました。 体を起こそうと妻の
体に触れただけで、大きく体をのけ反り返らす程、敏感に反応しました。
妻の頭の後ろに腕を回し、軽く状態を起こしました。
その時、浴槽の中に持ち込んだビニール袋がありました。
見るからに袋の中には、まだ何か入っているのが分かりました。
袋を取り中身を見ると、料理器具で使うステンレス製の泡だて器が入って
いました。 何でこんな物まで入っているのか? その理由が明らかになりました。
まずは、この際なので3日の日の出来事で、まだ不審に感じている件について妻に
問いただしました。 妻の記録動画を確認しましたが、最終的に録画の終了した時間と
から妻が私に連絡してきた時間には、まだ1時間程は空白の時間がありました。
逝き果て、グッタリとしている妻の密部に容赦なくディルドを押し当ててみると、
自らが求めてきました。 私は、必死でディルドを動かせてやりました。
そんなさなか、気になった泡だて器について質問してみました。
「容子…これは何だ? 何に使うの…?」放心状態の妻はしばし無言でしたが、小さな
声で一言「入れて下さい。 お願いします…」間違いなく妻は、そう言いました。
もしかして、こんな物まで道具に使っていたのか? 私は、恐る恐るディルドを抜き取ると
泡だて器の先端を妻の花弁を開くように押し当てました。 入って行くのが分かりました。
泡だて器が妻の密壺に絡み付くように入っていました。泡だて器が半分ほど入った状態では
肉壺の中の壁も露わになっていました。 内壁が捲れ上がり、ピンク色のヒダが収縮を
繰り返していました。何か別の生き物がいるようでした。

12
投稿者:うかれ夫 ◆TJaopIWbkM
2018/01/15 12:05:04    (XrFReHPZ)
妻はシャワーを出すと、自分の体を手で撫でまわしました。
貧乳ではあるが、硬く突起した乳首を手の平や指で転がせました。
妻の乳首は手や指の隙間から飛び出す度に、元気よく跳ね上がって
いました。 準備していた物にも手を出し始めました。
ヨーグルトの蓋を開けるとコンドームの被った長ナスを手に取り
その長ナスでヨーグルトをすくい取ると舌でヤラシク舐めました
そして、口一杯に頬張りました。 何度も救い上げてはヨーグルトの
付いた長ナスを体中に擦りつけていきました。 ガラス張りの壁に
近寄ってくると、等々長ナスを密部にそのまま挿入し立ったまま
激しいオナニーを始めました。 目の前に居る私は、もう妻の頭の
中では、夫ではありませんでした。 浴室から聞こえてくる妻の声は
私の事を「ご主人様」と呼んでいました。 どこで覚えて来たのか?
私の方が、まだ妻を受け入れていませんでした。 何かショーでも観覧
しているかと思わせる感覚でした。 妻は、長ナスだけではありませんでした。
トウモロコシも同じように使い乱れました。 「こうやって汚して欲しいの…」
「ご主人様…見てください。 容子の中に曽我さんの大きな肉棒がはいっているの
 これも見て…」 妻は、黒のディルドを床に立てると、ゆっくりと腰を沈め
一心不乱に腰を動かせました。 見ている私の方が気が狂いそうな光景でした。
妻は、女性では無く、本当にただの雌になっていました。 何度も逝くのが見ていて
分かりました。 妻は、何度逝っても行為を止めませんでした。
力尽きるまで妻の行為は続き、やがて浴室の床に転がり体を小刻みに痙攣させ
時折、腰がビックン・ビックンと跳ね上がっていました。
当然ですが、こんな妻は見た事もありませんし、他の女性との経験でも初めて見る
光景でした。 私は、興奮を通り越していました。
1 2
レス投稿フォーム
名前
トリップ[]
本文

投稿文に自動改行は行われません、適宜改行を行ってください。 # タグ使用不可
「sage」
※投稿を上げない
画像認証

上に表示されている文字を半角英数字で入力してください。