ナンネットID のアカウントをお持ちですか?
ナンネットID
 
1
削除依頼
2017/03/19 19:46:16 (hnOPksAH)
そもそも私には寝取られ願望がありまして、嫁にも言えづに
一人でその欲求と戦っていました。 そんな欲求との戦いにも
終戦を迎える事ができました。 それは、嫁の招いた失態もありますが、
ある女性からの密告が私に入り分かりました。 密告者は、その原因となった
男の奥様でした。 先に言っておくと、その男とは発展する前に阻止しました。
ただし、その後の展開には絡んでくる結果になってしまいました。
事の始まりは、私が仕事の関係で飲みに出ている時でした。
その時、密告者となる奥様から着信がありました。 そもそも、そこのご夫婦とは
私自身が直接関係があった訳でなく、嫁の勤める会社の男性社員でして、数回食事を
一緒に行った位の関係でした。 嫁は、以前からも同じ会社の同僚ということもあり
結婚前からも奥様との交流があったようです。 奥様からの電話にでました。
奥様「もしもし、ご無沙汰しています。 田辺のです。今、お時間の方少し大丈夫ですか?」
何となく深刻な感じが直感ですがありました。 ただ、それが自分自身にも関係する話だとは
思っていませんでした。 店の中が騒がしかったので、一旦店を出て奥様の話を聞きました。
私「もしもし、こちらこそご無沙汰しています。 大丈夫でうが何かありました?」
奥様「今は、お家に戻られていないでうよね?」
私「はい。 外に飲みに出てまして。」
奥様「そうですか。 出来ればお時間を取っていただきたいのですが。」
奥様と電話番号の交換はしていましたが、今までにも数回しか電話で話した事もなく
話の内容も食事会をした後にお礼のお電話を頂く程度でした。しかし、その時は
時間を取って欲しいというお願いだったので、よほどの事なんだと思いました。
私「今すぐは無理ですが、1時間後ならなんとか大丈夫かと。 それで良ければ、こちらから
  またお電話しますよ。」
奥様「すみません。よろしくお願いします」そう言って、一旦電話を切りました。
奥様の電話が気になったので、結局は30分もしない内に一緒に飲んでいた方にも適当な理由を
付けて、席を外しました。 直ぐに奥様へ電話をしました。 今から会ってくれないかと言われました。
話は、会ってからしたいとの要望でした。 仕方なく、会う事にしました。
会って、奥様から聞かされた話にビックリさせられました。
奥様「急な呼び出しをしてすみません。」
私「いいですよ。 ところでお話ってなんですか?」
奥様「はい。 今、内の旦那と奥様が会ってます。」
私「内の嫁と田辺さんがですか? 聞いては無かったですが、嫁の会社も飲み会だったとかですか?」
奥様「違うと思います。 内の旦那も会社の飲み会とは何も言ってませんでしたから」
私「それならどういう意味ですか?」
奥様「正直にいいます。私がこの目で目撃しました。」
私「目撃ですか?」
奥様「はい。 ご主人に電話をする数分前に目撃しました。
   主人と奥様が二人でカラオケBOXに入って行くのを見ました。」
私「それって、皆と合流するとかじゃないの?」
奥様「なんとなく変に思って主人にメールをしました。 そしたら、まだ会社で
   今日は遅くなる。とだけ返事がきました。 それっておかしくないですか?」
   ご主人から電話を頂く間に、カラオケBOXの様子をこっそり確認してきました。
   旦那と二人でした。 まだ、居ると思います。」
私「そうですか。 分かりました。今から一緒に行ってみますか?」
奥様「私は家で待ちます。 その代わり、お任せするのでしっかりと確認して来て下さい。
   出来たら後日でいいので、この後の事を教えて下さい。」
私「分かりました」 私は、奥様と約束をして、教えてもらったカラオケ店に向かいました。
店の中を探して、ばったり二人に会うのも嫌だったので店の出口が見える場所で、缶ビールを
飲みながら監視しました。 1時間は監視したでしょうか。奥様の言った通り二人が店から出て
来ました。 私も奥様と同様、嫁にメールを送ってみました。
私「今何してる? もし良かったら飲みに出てくる?」すると、嫁からきた返事は
嫁さん「もう、遅いし今度にするよ。 ところで何時頃戻ってくる?」
外を田辺と歩いている嫁からの返事もそうですが、おまけに何時頃に戻って来るのかと
逆に問いかけてきました。 私は、嫁を困らせてやろうと思いました。
1 2
レスの削除依頼は、レス番号をクリックして下さい
12
投稿者:棚からぼた餅 ◆S3rSR5fyUo
2017/03/20 15:38:17    (t1WGY8ND)
そして、いよいよチャンスが来ました。 相手は嫁の会社に
出入りしている男性でした。 話は聞いていました。
嫁さん「近藤さんからまた食事に誘われたの。」
一度、グループでの食事会ならと行かせてみた。 送り迎えは
私が行う条件でした。 戻ってきていつもの疑似プレーに
近藤の名前がでました。 嫁の妄想は異常でした。後で聞けば
独身だが、かなりエロ話で盛り上がる。 酔っていたのか近藤は
嫁と二人で話をした時に、縛りたいと言われたらしい。
そんな事を私も覚えていました。 その近藤が、支店移動で嫁の勤める
会社には出入りしなくなるらしい。 嫁から送別会の誘いをさせました。
当日、自由にさせました。 その前に、近藤に誘惑の返事もさせていました。
嫁さん「近藤さんて本当に縛ったりするの? どうなるんだろ〜
    少しドキドキするね。」と、思わせぶり会話をさせていた。
いよいよ、実行の日がきました。 戻って来た嫁から話を聞きました。
嫁を抱きながら事の一部始終を告白させました。
私「近藤に入れてもらったのか?」
嫁さん「入れてもらったよ」
私「縛ってくれたのか」
嫁さん「恥ずかしい格好で縛られた。 そのまま一杯突かれたよ」
私「こんな感じで突かれたのか」
嫁さん「もっと凄かったよ。 今も少し痛いくらい」
私「大きかったか」
嫁さん「うん。」
私「今度、俺も縛ってやろうか」
嫁さん「もう、私…私じゃなくなってしまう。 それでもいいの」
嫁は白目を剥き、狂ったように「もっと!もっと!」と連呼しました。
私「何時かは、田辺や曽我にも抱いてもらいたいだろ」
嫁さん「曽我さんに抱いてもらったら狂ってしまいそう」
私の寝取られ願望の域を超えて嫁は淫乱女になっていました。
11
投稿者:棚からぼた餅 ◆S3rSR5fyUo
2017/03/20 15:12:11    (t1WGY8ND)
私は自分の性癖や願望を嫁に告白、お願いをする事無く
寝取られに向けて初歩でもある疑似プレーを体験できました。
疑似プレーに至っては、その事が切っ掛けでハードな内容に
発展していきました。 嫁は私に服従するようになっていました。
疑似プレーは暫く続きました。 理由は、現実に嫁が他人を受け入れる
となると私も1歩踏み出せなかったのも事実でした。
いつしか、疑似プレーの道具としてアダルトグッズの購入もしました。
始めて購入したのが、”俺のカイマン”という張型でした。
その張型を使い他人の肉棒を想像させ嫁を虐めました。
次第に嫁も私の行うプレーを受け入れていました。 それどころか、嫁自身も
疑似プレーで恥ずかしい思いのをさせられ事を望んでいると思われる乱れようでした。
そして、次に購入したのは張型が鞍のような台と一体になっている物でした。
”超張型股鞍”という商品名でした。 その道具を使う頃には、
嫁に目隠しをさせ嫁自身からも何を妄想しているのか口で喋らせる事も可能に。
私「さー今から誰といけない事をするの?」
嫁さん「田辺さんと」
私「早く入れてもらいな」
私は、嫁が張型に跨り逝き果てる姿を見て楽しんでいました。
嫁から出る名前も田辺だけではなく、数名の名前を言う様になりました。
一人は、近くのコンビニで働く自分より若いアルバイト君。
その他は、年配の男性。 特に、その男性は嫁が勤める会社のビル清掃員のオジサン
でした。 どんな男なのか確認をしに行った事がありますが、
小太りでメガネを掛け、作業着も少し汚れており清潔感はあまり感じない
男でした。 それなのに、その男との妄想プレーが一番興奮しました。
それは、私も嫁も同じでした。 汚された感が湧いたからです。
名前も嫁から教えってもらいました。曽我と言う名前らしい。
私「曽我の硬くなった物が欲しいか?」
嫁さん「欲しいです」
私「欲しい時は、お願いするんだろ」
嫁さん「お願いします。入れてもいいですか。入れてください」
私「よし。ここからは、曽我と二人楽しんでみろ」
目隠しした嫁は、変態モードに突入します。 凄まじい乱れ様です。
張型に跨った腰を激しく動かし逝き果てます。
自作の道具も作成しました。大きな張型を新たに購入し、塩ビの配管
パイプを手にいれ、張型を塩ビパイプに固定。 まるで、騎上位の体勢で
嫁は発狂乱になっていました。 やがて、本物の肉棒を嫁に与える時が
来ました。 もう変態夫婦になっていました。 嫁自ら、中だしされるのとか
当たり前に言える状態でした。 もはや、寝取られの域を超え
SMプレーと言ってもよいかと思います。
10
投稿者:おじさん
2017/03/20 14:55:48    (sjmxOkvg)
続けて報告をお願いします。
9
投稿者:棚からぼた餅 ◆S3rSR5fyUo
2017/03/20 14:09:25    (t1WGY8ND)
私「どこを触られたのか自分で触ってみろ!」
すると、嫁は胸に手を当てました。そして、茂みに
隠れた陰部にもてをあてがいました。
私「隠すな! 脚を広げて見せろ!」
私は普段思っていても口に出せない言葉を嫁に浴びせる事で
すごく満足していました。 前から、嫁のアンダーも
全て処理りたい。処理された嫁の恥ずかしい姿を見たいと
思っていた事もあり、嫁を責める事を理由に指示を出せました。
私「由香の汚れた場所を清めろ! そんな毛は全て剃ってしまえ!
  恥ずかしい姿になって償え!」
嫁さん「剃ればいいですか…」
私「当然だ! 嫌ならいいよ!」
嫁さん「剃ります。 剃らせてください。」
私の指示に対し、従順に従う嫁に興奮しました。
私「全て綺麗にしたらリビングに来い!」
私は、嫁を風呂場に残しリビングでビールを飲みながら待ちました。
バスタオルを巻いた嫁が現れました。 嫁を手招きし
リビングにあったテーブルの上に腰を掛ける様に指示をした。
私「何をしているんだ! そんな物早く取れ!綺麗にしてきたのか!
  見せてみろ!」
嫁は、巻いていたタオルを取り全裸になりました。 私は嫁の両足を
テーブルの上に上げる様に指示をだしM字の体勢にさせました。
何も無くなった嫁の密部は白い肌とピンクのヒダが露出していました。
夢に見た嫁の恥ずかしい姿でした。 少し濡れている様にも見えました。
私は嫁の花弁を左右に開けてやりました。
私「ここを触ってもらったんだな!」
嫁さん「はい…」
私「ほら、濡れているぞ! 田辺に触ってもらった時も
  同じように濡れたか! 正直に言えよ!」
嫁さん「はい…」
私「はいだけじゃ分からない!自分でどうだったのか言え!」
嫁さん「濡れ…ました…」
もう私の理性が先に崩壊状態でした。 嫁の密部の中も少し
覗かせており、肉壺内のピンクのヒダも鮮やかな色になっていました。
私「ほら、田辺のこれが本当は欲しかったんだろ!」
そう言って、硬くなった私の肉棒を嫁に見せつけました。
嫁の目は、心なしか焦点が合っていないように感じました。
そのまま、嫁をテーブルから降ろし、寝室のベットに押し倒しました。
私自身は十分に気持ちが高ぶっていました。 嫁の事など考えず、
前義なしに襲い掛かる様に嫁に挿入しました。 前義の必要など
ありませんでした。 なぜか嫁の肉壺内は十分という程、潤っていました。
私「本当は、田辺のが欲しかったのか? 正直に言ってみろ」
私は、先までとは打って変わって優しく嫁に問いかけていました。
私「俺が電話しなくてそのままだったらどうなってた?
  ホテルに誘われたら行っていただろ? もう怒らないから
  正直に言ってごらん」
嫁さん「ごめんなさい……。優しくされたから……
    私もどうかしてた……。行っていた…かもしれない…」
私「そうか。正直に言えたな。 そら、田辺のが入っていると思うとどうだ?」
嫁さん「おかしくなりそう…だから…。そんな事言われても…」
私「いいから言ってごらん」
嫁さん「凄いよ…。 凄くて…。」
私と嫁は、お互いが腰が抜ける程激しく動かせ
逝ってしまいました。

8
投稿者:棚からぼた餅 ◆S3rSR5fyUo
2017/03/20 13:15:44    (t1WGY8ND)
私はシャワーのノズルを手に取り冷水を嫁の頭から
勢いよく掛けてやりました。風呂場の床に倒れ込んでいた
嫁ですが、震えながら謝罪の言葉を言うだけでした。
私「胸を触ってもたっらだけじゃないだろ! 言え!」
そこからは、私の妄想でしかありませんでした。 
本当に何があったのか? 嫁の口から白状される事が
真実でしかありませんでした。
嫁さん「触られて……」嫁は、自分の股部を押さえながら
私に応えました。 もしかして、下も触られたのか?
私「由香! お前はそんな所まで触ってもらったのか!
  ふざけるなよ! 俺が、電話をした時に、そんな事を
  しながら俺と話してたのか! 何か買ってかえろうか。
  だって! よくそんな事が言えたな!」
嫁さん「もうしません…ごめんなさい…」
私「申しませんだ! どう俺に償うんだ! なんなら
  田辺の奥さんにも報告しておかないとな!」
嫁に対し、ほぼ脅しでした。 当たり前の様に嫁からも
嫁さん「それだけは許して…。奥様には…」
自分勝手なお願いにマジ腹が立った。 それなりの償いを
させてやる。 何をさせようか。
私「何を自分勝手な事を言っているんだ! まだ話は終わって
  いない。 それからどうした! 下も触ってもらって
  結局は、田辺と合体したんだろ!」
嫁さん「それ以上は、何もありません。 信じてください。」
嫁の言う事を信じるとすれば、私が電話を掛けた時点までの
出来事だったのかもしれません。もし、電話を掛けていなかったら
もっと凄い展開になっていた可能性もあると思いました。
その頃には、私は嫁を支配していました。
私「俺が電話したから、それ以上の事はやって貰えなかったんだな。
  電話して悪かったな! 俺が電話しなかったら楽しいい思い出来た
  のにな! 俺の事、憎いだろ!」
嫁さん「そんな事ないよ…。憎くも無いし嫌いでもないよ。」
私「よくそんな事が平気で言えるな! 汚れた体を綺麗に
  清めろ! 服を全部脱げ!」
私は、嫁を罵倒し全裸にさせました。 もう何でも私の言う事利く嫁に
なっていました。 私は普段からの妄想と欲望を吐きだし
好きな事を平然と言っていました。
7
投稿者:(無名)
2017/03/20 12:54:55    (gZTALu9d)
河川敷のベンチだけならエッチは無し暖
6
投稿者:棚からぼた餅 ◆S3rSR5fyUo
2017/03/20 12:44:43    (t1WGY8ND)
私は泣き崩れている嫁の事など気にもせず責め立てました。
私「泣いたって分からんよ。 先に言っておいてやるけど
  カラオケを出てから由香と男性が歩いているところを
  俺の知り合いが目撃してるんだ。その男は、田辺だと
  奥様の話で何となく分かったがな。河川敷に行って
  ベンチに2人で座ってたらしいな! そこからは、自分の
  口で説明しろ! 最後まで俺に言わせるなら俺にも
  考えがあるから!」
嫁さん「ベンチに座って、話を…」
私「話の事なんかどうでもい。 何をしてたのか聞いてるんだ!」
嫁さん「田辺さんと…… キスを…」
私「キスをしたのか!」
嫁さん「ごめんなさい…。」
キスをしたことは、私も確信していた。知りたいのは、
サッカーコートにあるベンチに移動してからの事でした。
私「それだけじゃないだろ! キス以外に何をしてたんだ!
  と言うか、何をしてもらってたんだ!」
嫁さん「それは…」
私「それは、何なんだ! 早く言え!」
嫁さん「私の胸を……触られて…」
私は、その言葉で理性が無くなりました。
私「触られてだ!嘘つくな。 触ってもらってたんだろ!」
嫁さん「そうじゃない!」
嫁のその言い方が、私に反抗した口調に感じました。
私は頭で考えるより先に体が動いていました。 泣き崩れて
いる嫁の上に馬乗りになり嫁が来ていた服を引き破りました。
私「この胸を触ってもらったのか! こうやって触って
  もらったのか! 嬉しかったのか!」
そう言って、乱暴に嫁の胸を鷲掴みにして力一杯握る潰して
やりました。 嫁の顔は苦痛な表情をしていましたが、何も
抵抗しませんでした。 ただただ泣くだけでした。
嫁さん「ごめんなさい…。 ごめんなさい…」
何度も謝罪の言葉を繰り返すだけでした。 嫁を腕を掴み
強引に風呂場の中に衣服を着たまま押し込みました。


5
投稿者:棚からぼた餅 ◆S3rSR5fyUo
2017/03/20 11:58:16    (zldDMQZl)
リビングに入るなり私は冷蔵庫にある缶ビールを取り
少し荒れた状態で嫁を呼びつけました。 家に戻って
来るなり荒れている私に嫁も畏縮(イシュク)していました。
私「由香、こっちに来い。」 嫁は、既に私の異変の
理由を察知していたのかもしれません。無言のまま
私の言う通りに従いました。 キッチンとリビングの
通路に立っていました。 既に泣きそうな顔をしていました。
私「話がある。 昨日の夜、何してた。 家に居なかっただろ!
  俺に嘘を付いて何してた! 今日、その話があって
  呼び出されてた。 正直に自分の口で言え! 俺の
  知り合いが目撃していた。 聞いた話と違っていたら
  承知しないからな!」 半分、脅しにもなる言い方で嫁を
問い詰めました。 (実際は、私自身が目撃者です)
嫁は、下を向き黙ったままでした。 私の方から真実を
突き付けてやりました。
私「昨日、カラオケに行っていたよな!? どうなんだ!」
嫁さん「行ってました。」
私「誰と行ってたんだ! 男と居た事は分かっているんだぞ!」
嫁さん「それは…。」
私「それも自分で言えないのか! それなら俺が言ってやるよ。
  田辺と一緒だっただろ。」
嫁さん「はい…。」
私「実は、田辺の奥さんから昨日連絡があったよ。それでも
  仕事の帰りに職場の皆で飲みに由香も出たんだろうって
  考えて昨夜は言わなかったけど、違ったみたいだな!
  カラオケの後、どうしたんだ!」
嫁さん「ごめんなさい。カラオケに行きました。」
私「そんな事は知っている。今、俺から言ったことだろ!
  その後の話を説明しろ!」
嫁さん「色々と…。仕事の愚痴とかを聞いてもらってて…」
私「仕事の愚痴なのか! 夫婦間の話もしてたんじゃないのか!
  全て俺に言わせるつもりなのか!」
嫁さん「ごめんあさい…。」そう言って、泣き崩れました。
そんな泣いている嫁をみると、更に責めたくなり異常な
興奮をしていました。

4
投稿者:棚からぼた餅 ◆S3rSR5fyUo
2017/03/20 10:03:28    (M75gsCOB)
昨夜の事を聞くにしても素面で嫁を問いただす勇気が
私にはありませんでした。 夕方、知り合いから連絡が
あり。飲みに出るからと理由を付け一人で飲み屋を転々と
飲み歩きました。 嫁からは、「何時ごろ戻るの?」と
連絡が入りました。 その時に私の感情と気持ちが吹っ切れ
ました。 何時ごろに戻る。だって! お前は、昨夜俺に
嘘を付いて何をしてたんだ!そう思うと、怒りと興奮で
徐々に気持ちが抑えきれ無くなっていました。 タクシーに
乗り込み自宅へと向かってもらいました。移動中、ふと昨夜の
河川敷のベンチを確認したく思い、自宅を通り過ぎた川原沿いで
タクシーを降りました。 昨日二人が座っていたベンチの前に
立ちました。 ベンチを見つめながら、昨夜の二人を想像しました。
ここで、何をしていたのか? 何をされていたのか?
家を出る前は、嫁に問いただす勇気が無かった私でしたが、
興奮というパワーが私に勇気を与えていました。酒の力もありました。
私は、早足で家路につきました。 玄関をあけるまで、正直どんな
方法で嫁を問いただそうか、手段がみつかっていませんでしたが、
自然と嫁を問いただしている自分がいました。 それは、私が戻るなり
不機嫌な状態であった事からでした。 実際は、嫉妬や妄想による
興奮状態でしたが、嫁には私が不機嫌に見えても不思議では
なかったと思います。 少し、暴力的な感じでもありました。

3
投稿者:棚からぼた餅 ◆S3rSR5fyUo
2017/03/20 09:36:03    (M75gsCOB)
田辺の頭だけが見え隠れしていました。 シートで隠れた
ベンチに二人が座り数分は経っていたと思います。
またく様子が分からない事態に興奮もしましたが、不安もありました。
寝取られ願望はありましたが、田辺と関係を望んでいた訳でも無かった。
その夜は、一旦阻止する事にしました。 私は、少しその場から放れ
嫁に電話を掛けました。 数回の発信音の後、嫁が電話を取りました。
私「もしもし、もうすぐ戻るけど、何か食べる物ある?」
嫁さん「食べる物? 丁度今、コンビニに来ているから何か買って帰ろうか?」
私「それなら自分で買って帰るからいいよ。 そろそろ戻るよ。」
私は、そう言って一方的に電話を切りました。 脇道から川沿いの道に戻り
2人が座っていたベンチをこっそり見下ろしました。
丁度、田辺が立ち上がりベンチから出て来た所でした。 遅れて嫁の姿も
見えました。 二人は少し歩いた所で、河川敷から土手を上り上がってきました。
そのまま、川沿いの道を横切り路地に入って行きました。
見失いよう距離を取り後を付けました。 大通りに出た二人は、そこで別れました。
自宅を通り過ぎていた嫁は、自宅の方に向かい歩きだしました。
嫁が自宅に入るのを確認しました。 時間は11時頃でした。
私は、近くのコンビニに行き適当な物を購入してから自宅に戻りました。
私が家に戻った時、嫁は風呂に入っていました。 脱衣所に顔を出し
私「風呂か。 今、帰ったから」 すると、嫁も風呂場の中から
嫁さん「あっ。お帰りなさい」その一言でした。
嫁が風呂から出た後、入れ替わりで私が風呂に向かった。
脱衣所で来ていた服を脱ぐ。 いつもの様に脱衣籠に来ていた服を投げ込んだ。
普段は、籠に入っている嫁の下着には興味がないが、その日は違いました。
籠の中を確認すると、嫁の下着類は見当たらなかった。
下着だけが、ネットに入れられ既に洗濯機の中にありました。
その夜、高ぶる気持ちを押さえて就寝しました。
翌日、田辺の奥様からメールは届きました。
奥様「昨日は、お任せして申し訳ありませんでした。 今、お電話大丈夫
   でしょうか?」
私「今から少し外に出ます。こちらから、お電話しますね」
奥様「宜しくお願いします」
私は、煙草を買ってくると言って家を出ました。
私「もしもし。 早速ですが、昨日の結果を報告しますね。
  奥様の言われた通り二人はカラオケにいました。 私も心配して
  二人を確認したのは店から出て来た現場でした。
  その後、二人で飲み屋に入っていきました。 飲み屋の正面にあるコンビニで
  二人が出てくるのを待っていましたが、ご主人だけが先に出てきて
  そのままタクシーに乗り帰っていきました。 多分、11時過ぎには
  ご主人も自宅に帰ってきたのではないかと…」
奥様「そうでしたか。 確かに11時過ぎかもしれませんが、帰ってきました。」
私「私も一応その後、嫁に電話をしてみたのですが、正直に自分も街まで出てきていると
  話してくれました。 何で?って聞いてみたのですが、仕事関係の事で色々と用事が
  出来て急きょ飲みに出ている。 私も、誰とまでは聞きませんでした。」
奥様「ごめんなさい。少し考え過ぎたのね。逆に、不愉快な思いをさせてしまった
   みたいで、申し訳ありませんでした。」
私「かまいませんよ。 何か仕事の事で、嫁の上司でもあるご主人に相談でも
  していたのかもしれませんから。 こちらこそ、嫁が申し訳ないです。」
奥様には、嘘の報告をして、今回は済ませる事にしました。
その夜、私は嫁に話をすり替えて質問というか問いただした。 
1 2
レス投稿フォーム
名前
トリップ[]
本文

投稿文に自動改行は行われません、適宜改行を行ってください。 # タグ使用不可
「sage」
※投稿を上げない
画像認証

上に表示されている文字を半角英数字で入力してください。