ナンネットID のアカウントをお持ちですか?
ナンネットID
 
1
削除依頼
2019/04/15 22:49:54 (kXTBzi/U)
私は、48歳の営業所の副所長。
昨日は、部下の裕美(30歳、既婚)と、外回りの営業でした。

裕美は、前の営業所時代からの部下で、当時は私は課長でした。
プライベートでは父親を早くに無くし、母子家庭だったこともあったからか、少しファザコンっぽくて、仕事終わりに飲みに行った時に、妙に甘えられて、こっちは既に結婚してたので、ヤバいなぁと思いつつも、
「奥さんと別れてとは言わないけど、私も愛して」
とお願いされ、関係を持ってしまいました。

約5年、私の好きなように調教しましたが、4年前に私が転勤となり、裕美は親戚が勧めてきた男性と結婚。
とりあえず裕美も結婚し、子供も出来て、しばらく産休〜育休。

しかし、旦那の勤め先と私の転勤先が近いところで近くに住んでいたようで、4月の育休明けに、同じ営業所で職場復帰。
もちろん、かつての部下なので、私の直属になりました。

短大卒で8年やっていたとはいえ、この2年ほどで商品の内容や、営業アイテムがIT化が進んでるので、四苦八苦しながらでしたが、旦那の実家で2所帯住宅で親が子供を看てくれてるのもあり、多少遅くなっても大丈夫とのことで、先週1週間は夜9時頃までみっちりレクチャー。
とはいえ、なかなか自由な時間が取れず、お互い悶々としてました。

金曜は歓迎会だったので、1次会終わりで裕美は帰らないとということで、また何も出来ずでしたが、いよいよ先週の水曜日、久々の外回り同伴で、裕美を営業車の助手席に乗せ、移動。
その時点で、裕美は息が荒くなってきてましたが、最初の訪問先まで短距離で、手を繋ぐだけで普通に移動。
そちらが昼前に終わり、次のアポが午後イチで、少し遠い所。
しかも、昼食の最中、ちょっと時間をずらして来てくれと言われ、指定の時間まで3時間ほどあるものの、かといって営業所に戻るにも中途半端だしとなると、裕美が甘えだし、

裕美「ねぇ、いいでしょ?」
私「いいよ。欲しかったんだろ?」
裕美「うれしい・・・」

と言って、私のズボンに手を掛けるので、ファスナーを開け、しばらく触らせ、ラブホに。
我慢しきれず、部屋に入るとすぐに入り口のところで裕美は私のズボンを脱がせて、ペニスを咥え、大きくなったところで自らスカートを捲ってパンツをずらしてバックスタイルでドアに手を突いて立ち、

裕美「入れて欲しいです。」

というので、バックから挿入。

裕美「久しぶり〜・・・嬉しい・・・気持ちいい・・・」

と、私のペニスに酔いしれていました。
最初はゆっくり出し入れし、徐々にピッチを上げ、私も逝きそうになって、

私「そろそろ出るよ。」
裕美「はい・・・出して・・・中に出して・・・」
私「いいのか?また出来ちゃうかもよ。」
裕美「孕ませてぇ〜・・・」

いやらしい言葉を聞きつつ、希望通りに中に。
しばらくヒクヒクさせながら、ペニスを抜くと、黙ってしゃがんでペニスを舐め、残った精液を吸い取っていました。
お互い服を脱ぎ、一旦軽くシャワーしベッドに。
裕美は、再び久しぶりの私のペニスを味わうように咥え、今度は上に乗ってきました。
自ら腰を上下させ、まだ張ったオッパイが大きく揺れました。
しかも乳首を自分で摘まむと、母乳がピューと出てきました。
正上位になり、再び裕美の中に。
しばらく抱き合ったまま、空いた時間の寂しさを埋めました。
また軽くシャワーし、裕美は化粧や髪を整え直し、客先へ。
無事に終わって帰りの道中、

裕美「アソコから精液が出てくるの・・・」

と言い、じゃぁということで、移動しながらペニスを咥えさせ、最後は口の中に。
裕美はゆっくり吸い上げながら口を離し、最後は飲み込んでいました。
レスの削除依頼は、レス番号をクリックして下さい
2
投稿者:ユタカ
2019/04/17 08:59:52    (Jv7AmquQ)
想像しながら楽しませてもらってます
続きがあればお願いします。
レス投稿フォーム
名前
トリップ[]
E-mail
※任意
本文

投稿文に自動改行は行われません、適宜改行を行ってください。 # タグ使用不可
「sage」
※投稿を上げない
画像認証

上に表示されている文字を半角英数字で入力してください。
ナンネットをより快適に!ナンネットID PREMIUM