ナンネットID のアカウントをお持ちですか?
ナンネットID
 
1
2018/04/15 10:42:38 (LvwDoBLj)

まず、これを書いてる俺は20代後半。前前から、女の人って30代くらいが一番とエロイんだろうな。ってなんの根拠もなく、身勝手なイメージを持っていたんだけど、ここ半年くらいの間で、やっぱ俺のイメージは間違いではなかったって思う出来事があったので報告したい。

どこまでかけるか未定だけど、まずは身近にいる、30代、子持ち、人妻である俺の姉から書いていきたいと思う。

俺の姉、こいつ、、、めっちゃ悪いんです。

たぶん、結婚した旦那さん、つまり俺でいう義理の兄貴の目の前とか、子供の目の前では多分、、いい奥さんであり、いいママなんだと思う。

何度か家に遊びに言った事もあるけど、家はちゃんと掃除も行き届いているし、トイレや風呂を見ても、ちゃんと備品類が揃えていたりと、家事に手を抜いてるとか、そういう感じは見受けられない。

義理の兄さんが来ているスーツも、ちゃんとアイロンがかかっているし、会社には栄養バランスの考えた弁当を毎日弁当を持たせているとの事。

あと、子供の服もちゃんとした服着せてるし、食べさせてるものも自分で子供にも食べやすい料理を研究したりして、子供にとってもいいママなんだと思う。

どこから見ても、幸せな結婚生活を演じていて、俺のオカンもそう信じているみたいだが、俺はここ半年間で立て続けに、「裏でやってる姉の悪行」を垣間見てしまった事があったんだ。

それは単純な話だったんだけど、子供がもう4歳くらいになるので、いつも「ママ!ママ!」っていう年ごろも終わったので、姉は同窓会とか、地元での忘年会とかに、ちょくちょく実家に帰ってくるようになったんだ。新婚の時や子供が生まれて最初の何年かはそんなことなかったんだけど。

いつも例外なく、実家に帰ってくるときは、「友達と飲み言ってた」とか、「同窓会があって」とかいう理由で、夜の1時頃に酔っ払って帰ってくることが多かったんだ。

そんな感じで俺が一番最初に、「姉の悪行」を見たのは去年の9月頃だった。

俺は今も田舎の実家暮らしで、地元にある工務店で働いているんだけど、夕方、仕事から帰ったら見慣れない女物の靴が玄関に置いてあったので、すぐに(姉貴帰ってきてるのか)と思ったんだ。

そしてやっぱ姉貴は帰っていて実家のリビングルームでオカンとしゃべっていたんだけど、その日、中学か高校かしらないけど、同窓会があるとの事だった。

そしてその夜は特に、姉貴が実家に帰ってきている。っていう事以外は、なんの変哲もない夜だったんだけど、俺の家は田舎なもんで、実家とはまた別に、畑と、その畑を耕すための農耕機械を置いてる倉庫みたいなのが、実家に隣接してあるんだよね。

2階の俺の部屋からは、その倉庫が見渡せるんだけど、どうも夜の1時くらいなのに、倉庫のシャッターの隙間から、光が漏れていたんだ。

俺は毎日毎晩、窓を開けてたばこを一服するので、夜の倉庫の光景は見慣れていたので、シャッターの隙間から光が漏れている。という事がいつもと違う事だけはすぐに分かった。

(電気消し忘れてるんかな?)と思い、俺は自分の部屋を出て、階段を下りて、裏口から出て、倉庫の前まで行ったんだ。

すると、倉庫の中から、なにか人の話し声が聞こえるのさ。男と女の。

すぐわかった。(姉貴だな・・・)

もともと、この農耕機械を置く倉庫には、トラクターとかだけでなく、人間が農作業の合間、くつろげるようにソファーがあったり、テーブルがあったり、灰皿があったりと、広い倉庫の一角に、壁とかに囲まれていない開けた休憩スペースがある場所なんだよね。

がしかし、話声のその次に、、、

「アハ!!!♪」とか、、、、常軌を逸した、夜の倉庫からは普段、聞くことのない声が聞こえてきたんだ。

(は??何いまの???)と思った。

まさか、、結婚もし、子供もいる姉貴が、実家に男を連れ込んで浮気??? 一瞬、信じれなかった。

俺は覗くという目的ではなく、何かの間違いだろう。という事を確かめたくて、正面のシャッターの部分ではなく、倉庫の裏口から中を入って確認しようと思ったんだ。

倉庫の裏口には、いつも鍵をしていない勝手口がある。おそらく姉貴もそこから入ったんだと思う。そして勝手口の周辺には、それこそ倉庫のような棚や機材が置いてあって、身を隠すにはちょうどいいくらい、ごちゃごちゃしている。逆にソファーがある場所のほうが、周辺が開けているっていう感じ。

俺は中に入って、さっきの変な声は何かの勘違いで、普通に姉貴と同級生がソファーでくつろいで冗談を言い合ってしゃべっていたら、何も見なかったことにして、また帰ろうと思っていた。

がしかし、、俺が見たものははるかに俺の期待を裏切るものだったんだ。

中にいたのは、男が2人と、姉貴の合計3人。 全員が一つの3人掛けソファーに座っていた。

中央にいたのは姉貴。そして姉貴は、姉貴からみて右の男(両腕をソファーの背もたれに伸ばして、めちゃくつろいでやがる)に上半身を倒してフェラをしていた。そして姉貴から見て左の男が、姉貴の胸を服の上からもんで、姉貴のスカートの中に手を突っ込んでいた。

全裸とか、そういうのはなかった。3人が3人、全員服を着ていたし、唯一、姉貴にフェラをしてもらっている男だけが、ズボンから己のサオだけを取り出してるだけ。という感じだった。

(・・・・・なによこれ???)

まだ言っても20代の俺にとっては、この四捨五入すれば40に手が届こうとしている男女が、夜な夜な、こんな倉庫で淫行をしているという現実に、俺は驚きを隠せなかった。

テーブルに酒を並べて、ソファーでやってることが、中学生とか、高校生と、あんまり変わらないのである。いあ、中学生、高校生の時の同級生と一緒だから、久しぶりに気分が中学、高校時代に戻っているのか? 

なにかよくわからんけど、常軌を逸した姿であるのは間違いなかった。

それに、姉貴はそんなに中学や高校と、ヤンキーでもなかったし、遊んでいるような女でもなかったと思う。それがこの姿・・・。一瞬、なにもかも信じれなかった。

俺は何もみなかったことにして帰ろうかと思ったけど、何か、こいつらが、どこまでするのか見ておかなければならない責任があるような気もして、、それに俺がしゃがんていたポジションは、完全に姉貴たちから見ても様々な遮蔽物があって、俺は目だけをのぞかせることができる安全地帯だったので、そのまま監視する事にしたんだ。

夜の倉庫。声もよく聞こえた。

最初にフェラをされていた男をAとし、胸をもんでいた男をBとする。

B「俺もやってくれw」
姉「後でw」
A「少しまってくれ。もうちょっとでイクから」

しばらくそのままフェラ状態が続く。

姉「ン!!!」

どうやらAが姉貴の口の中に発射している模様。そして姉貴はどこかに吐き出すという事もせず、最後まで口の中で絞り出した後、、口をはなして上半身を起こし、、そのまま飲み込んだのか、テーブルにあったコンビニかどこかでもらうようなテッィシュ(唐揚げとかについてる)で口元を少し拭くだけだった。

出していたものを収納するA。

B「どうだった?w」
A「めっさ気持ちいwww けっこう上手いww」
姉「もーw じゃ、次はこっち〜?」
B「おうww」

そして今度はズボンから、A同様に、己のサオを取り出すB。そしてすぐに、姉貴は今度はB側に上半身を倒し、Bのサオを口の中に入れていった。

A「うまいだろw」
B「おおおう。。w 熟練の技とはこのことだなww」
姉「・・・!」 口にサオをくわえているので言葉にはしないが、手でポンとBのひざをたたいた。

そしてBは体の力を抜いてリラックスしている感じで姉貴の奉仕を堪能し、今度はAが姉貴の服の腹のとこから手を突っ込み、胸をもんでいた。そして胸を数分もんだ後、姉貴の片膝を立ててスカートをまくしあげ、青いパンツの上から手で姉貴の股間をつかんで指でこすっているような、そんな動きをしていた。

徐々に、姉貴の体が、妙な具合になっていた。上半身はBにゆだね、下半身はAにゆだねているような、そんな構図だった。地面にくっついているのは、姉貴の左足のカカトだけであり、右足は、パッコーンって開いてAに股間部をもてあそばれていた。正直、変に体をひねった無理のある態勢だったと思う。

5分〜8分経過すると、

姉「ン!!!」

先と同じ展開が繰り返される。姉貴は口を一切離そうとせず、口の中でBの出す精子を最後の一滴まで吸い取っているのだろう。最後の一滴まで吸い取ってから、やっと口を離し、、「ハァ・・!! 」と安堵したような表情を見せて、また口のはしをテッシュで少し、拭くだけだった。

B「うまいなーw こんなうまいフェラ初めてだわ俺ww」
A「俺もw 基本、あんまり俺、口でイッた事ないからなw」
B「二人立て続けに連続でイカせれるテクって、これ相当だぞww」
姉「うるさいwww」

こんな感じで3人は、和やかなムードで淫行を楽しんでいる様子だった。

そしてB

B「これ、倒すことできんの?」
A「ソファー?」
B「おう。狭くない?」

そしてAとBが立ち上がって、背もたれをいろいろ動かして、ソファーを倒してベッド状態にしようとしていた。

B「多分、背もたれ前に起こしたら倒せるな、コレ」
A「俺こっち持ってるから、お前むこう持って。せーの!」

するとソファーの背もたれが前に倒れたと、すぐにバターンと背後に倒れ、ベッド状態となった。

そして3人はベッド状態のソファー、(以後、ベッドと表現する)のへりに腰をかけ、テーブルにあった酒類を飲んで少しの休憩を挟んだ。

するとA

A「よしw 続きwww」

と言い出し、

姉「なに今の変な間www」
B「おうww 俺も思ったww」

するとBは、座る姉貴の両足をつかんでベッドに上げて、Aは姉貴の両わきをつかんで、同じくベッドの中央に姉貴を寝かせて配置するようにした。

そして上半身担当のAは、自分のアグラや、股間を枕がわりに姉貴の頭をおき、そして両手を伸ばして、服の上から姉貴の両胸を同時にもみ始めた。

そして一方、下半身担当のBは、姉貴をM字開脚にし、黄色いロングスカートをつかんで膝より上にめくれ上げ、またもや、パコーンとさらした姉貴の青いパンツのクロッチ部を、親指でさすっているような、そんな手の動きをした。

B「湿ってきてるぞww」
姉「そんな実況しなくていいし^^;」
A「俺も乳首いこっとww」

そうすると、Aは、姉貴のブラウスをへその部分からまくしあげ、青のブラをさらしだし、そしてその流れのまま、ブラから両方の生乳をポロンと出すと、乳首をコリコリと右と左の同時に攻め始めたのだった。

苦笑いをしながらも、まんざらでもなさそうにしている姉貴。

(ちょ・・・・アホすぎるだろこいつら・・)とみている俺は、そう思った。

そしてそのまま、姉貴はベッドの中心に寝転がった状態が続いた。

そしてA

A「もっかい口でやってw」
姉「もうお腹いっぱいwww」
A「飲まなくてもいいからwww」
姉「もーw」

そんな会話が少し重ねられた後、ベッド中央で寝ていた姉貴は、男2人の誘導で、バックで入れられる人みたいな態勢になり、ベッドであぐらをかくAにフェラをし、Bに尻を突き出した感じになった。

そして姉貴はAのフェラを開始すると、Bは尻側からスカートをまたまくしあげ、

そしてBは指2本を突き立て、ニヤっと笑い、Aに、(今からコレ入れるぞwww) みたいなジェスチャーをした。

そしてBはパンツをずらし、突き立てた右手2本の指を姉貴のワレメに立て、ググッグ・・!!と中に入れると、姉貴は「ンハアッ!!!」と、一瞬、Aのサオから口を外してしまったのだった。

それからずっと、姉貴は、「ンン!!!!」 とか「アアア!!!!」とか、そんな声をまじえて、Aにフェラし、Bから指マンされ続けるのだった。

そして指マンしていたBは、自分のズボンを脱ぎ始め、今度は指ではなく、勃起したサオを姉貴に入れようと、中腰になった。そしてバックの態勢で入れ出した。

「アアア!!」と、ひときわ高い声を出す姉貴だった。生で入れていた。

そこから俺は見るに堪えなくなり、、、そっと倉庫を後にした。

すげー気分悪かった。 なんとも言えない気分だった。

どうせ、このあとAとBの交代して入れ続けられ、最後は顔射でもされて終わるのは予想がついていた。

目の当たりにした現実。でも、(なんで俺が、あんな30にも40にもなる連中のことで悩まないといけなんだ。もう考えるのやめよ。)と俺は無理やり思考停止し、それ以上考えるのをやめた。

翌朝、姉貴は何事もなかったかのように実家のリビングで朝食をとっていた。俺ともなんの気兼ねもない挨拶。そして自分の夫に、「昼イチで駅つくから迎えに来てw お土産とかあるから。○○駅ついたら電話するー」と連絡していた。

しかし、自分でいくら考えるのをやめようと思っても、なかなか頭から離れなかった。(旦那さんかわいそうだな・・。姉貴が他の男と、しかも3Pとかしてるの何も知らないんだろうな。。)という考えはしばらくの間、ずっと残った。

しかし、2週間もすると考えなくなっていった。時間が解決したんだ。

(あんな大人になるのだけは、絶対に俺はごめんだ。)

と心に誓った俺が今年の3月、今度は、タイトルとまったく同条件の、30代、子持ちのとある人妻と一晩限りではあったが、体の浮気をさせてしまう当事者になる事を、その時の俺は何も知らなかった。

つづく。



レスの削除依頼は、レス番号をクリックして下さい
3
投稿者:ドミンゴ ◆kMdoUJ39Cc
2018/04/16 02:36:57    (szehLExo)
今年の1月の話しだったと思う。

俺の務める工務店というのは、大工仕事のほかに、何でも屋みたいなところがあって、その地域では割と有名な、「とりあえず何か困ったら、ココ電話したらいい」みたいな感じの会社なのね。

大きな仕事で言えば、屋根の防水工事から、細かいものでいえば、おばーちゃんの家のアルミサッシの交換とかそんなものまで何でもある。

30年くらい前からずっとある工務店だから、地元では一定の信頼感みたいなのがあって、何かと毎日、する事があるのはありがたい事で、年末年始とか特に忙しいので、12月くらいの段階から、新聞の折り込みチラシに、前々からバイトの募集をかけてたんだ。

すると面接したのは12月。採用して初出勤は1月の正月3日の休み明けからということで、34歳の女の人を社長が雇ったんだ。

その人と会話していく中で少しづつ、その人のプロフィールを知る事になっていくんだけど、3歳の子供がいて、保育園に通い始めて落ち着いたので、空いた時間に少しでも収入を。っていう典型的な経済的には庶民の人だった。

もちろん地元の人。なので、俺の姉貴の存在とかも知ってたし、いろいろと共通の知り合いとかもいる感じで、買い物とかの行動範囲はほとんど同じっていうまさに地元民という感じだった。

外見はそれなりに美人な方で、俺の勝ってな思い込みなんだけど、結婚し、出産したらそのまま、自分が女である事を忘れて、ポヨポヨと体系が崩れていく、オバチャン予備軍みたいな人と、出産しても体系を元通りにし、すらっとした「オネーサン」っていう自分を維持し続ける人がいると思うんだけど、その人は後者だった。

そして、仕事帰りとかに2人で飲みに行ったり、会社の愚痴とか話し合っているうちに、どっちかと言えば、「友達」みたいな感じになっていって、すぐに打ち解けていったんだよね。

でもまぁ俺は実家暮らし。相手は子供もいる身。(あとで知るにはシングルマザーとの事。旦那とは離婚したらしい)仕事かえりに飲みに行くだけで、当然の事ながら、これといってなんの進展もなかったんだよ。

だけど、春先の恒例の社員旅行の時にちょっとした、いや、かなりあってなはならない展開になるんだけど、その展開っていうのが、そもそも題名にかいた、

「30代中盤くらいで、子供がいる人妻って、なんであんなにエロイの?」

なんだ。

姉貴の事もしかり。この人のこともしかり。

では、その人の事を呼びやすいように、「由紀さん」という名前にしておくんだけど、毎年春先の社員旅行には、
1:社長♂
2:事務のオバチャンである社長の奥さん♀
3:そして実質、会社をまわしている社長の息子
4:栄さん(46歳)♂
5:のぶさん(44歳)♂
7:由紀さん(34歳)♀
8:俺

の8人で、ある温泉までいったんだ。 1泊2日という短い旅行なので、1日目から温泉入って、その夜は宿泊する旅館で宴会して、そして翌日はちょっとした観光名所を歩いて、それで帰る。というこじんまりした旅行だった。

どちらかというと、宴会目当てで、温泉や旅館っていうのは、旅行気分を味わうためのオプションといってもいいくらいのものだった。

その出来事は1日目の宴会終了後に起きたんだけど、部屋的に言えば、社長、社長の奥さんが同じ部屋で、社長の息子と、栄さん、のぶさん、俺の4人が集団部屋。

そして、由紀さんだけが、個室という、そういった部屋割りだった。もともと、社長と息子が一緒で、社長の奥さんと由紀さんが一緒になるはずだったけど、気を遣うだろ。という事での急遽部屋割りが変わったんだ。

そして宴会終了後、俺とのぶさんと社長の息子の3人で、ラーメンを食いに行って帰ったんだけど、部屋には栄さんがまだ帰ってなかったんだよね。

社長の息子「あれ、栄さんは?」
のぶさん「知らないよ? どっか散歩するとか言ってたけど、まだ戻ってないのかな」
俺「どこいったんでしょうかね。そのうち戻てくるんじゃないっすか」

栄さんは、もともと意味のわからない行動をよくとる人なので、誰もその時の栄さんが何をしているとか気にする者はいなかった。

そして布団をひいて寝転がっていたら、基本、前日まで仕事をしていた連中なもんで、社長の息子を筆頭に、疲れてのぶさんもイビキかいて眠り始めたんだよね。

俺はそういう人のイビキとか、けっこう気になるタイプでぜんぜん眠れないので、館内探検みたいな感じでロビーとかウロウロしてたら、栄さんとロビーでばったり遭遇しちゃったんだ。

すると栄さん、なにかキレてるようで、、

俺「何かあったんですか?」
栄「いあ、なんでもないけどよ」
俺「みんな寝てますよ」
栄「おう、もう戻る、、俺君、お前少しいいか?」
俺「はい?」
栄「まぁちょっと座れ」
俺「はぁ」

それから旅館のロビーで俺と栄さんは、自販機で缶ビールを買ってロビーの椅子に腰かけたのだった。


栄「お前、由紀とよく一緒に現場いくよな?」
俺「そうっすね。」
栄「あの女には気を付けたほうがいいぞ。」
俺「え? どういう意味ですか?」

栄さんは酔っ払ってる様子だった。

栄「まぁ、こんなことをお前に言っても仕方ないけど、、ぶっちゃけいうと、俺(ここでは栄)と由紀は不倫関係だったんだよな。それもさっき終わったから言えるんだけど」
俺「え?www なんすかいきなりwww」
栄「いあ、笑いごとじゃなくてよ」
俺「んであの女には気をつけろって、、何をどう気を付けるんですか」

栄「あいつ(由紀さん)お前も気が付いてるかもしれないけど、かなり金に困ってるやつなんだよ。んで、俺がその相談をあいつから受けて、ちょくちょくと金を貸してたというか、返せるときになったらでいいから、受け取っておけ。って感じで渡してたんだよ」
俺「はい」
栄「それが15万超えたんで、、少しでも返済してくれないと、この先も金を貸し続ける訳にはいかないから、少しでも返したフリでもしてくれと。そしたらまた貸してやるからっていう話をしたのよね」
俺「はい」
栄「そしたら、いきなり言われても。。。 とか言い出して、、そのあと、、「オトコにとってはいいコトするので、、それを返済に充てるっていうのはできそう・・?」とか聞いてきたんだよな。

俺「ほー・・」
栄「ま、結論的にはそれがきっかけで不倫関係になっていった、いあ、不倫っていうのかな。人聞きわるいけど、借金のカタにカラダで払ってた?ん?これもへんだな。」
俺「それは、悪徳金融が、返せないならカラダでって、無理やりするわけなんで、ちょっと違うと思いますよ」
栄「まぁそうだな。俺からカラダで払えって言ったわけじゃないしな。」
俺「それで?」

栄「俺がきいたのよ。男にとってのいいコトってなんだよ?と。するとあいつ、「フェラ?w」とか、ニタニタ笑いながら言ってきたんだよな」
俺「www」
栄「そして、俺が、じゃ、お前のフェラはいくらなんだ?と聞いたら、1回5000円でいい。と言ってきたんだよ。それで、俺がじゃ、やってもらおうか。という事になって、ズルズルと関係が続いたっちゃったんだけど」
俺「はい。話しが成立したのならいいじゃないですか。お互い同意してたんでしょ?」

栄「ま、最初はそうだったな」
俺「最初?」
栄「おう。最初は1回のフェラで5000円という事で、1回やってもらう度に、マイナス5000円引いていったんだ。それで、残り2万になった時、俺が「最後の2万は本番1回でするってのでいい?」って聞いたのよね」
俺「交渉してますね。で、相手はどう返事したんです?」

栄「最初は迷ったけど、1回2万だからな。そりゃ最終的にはokという事になった」
俺「へー。で、その話をしたのはいつなんですか」
栄「昨日」
俺「昨日wwwww 最近じゃないっすかw」
栄「んで、それで今日の宴会の後、それをする。っていう事になって、俺、さっきまで由紀の部屋にいってたんだわ」
俺「で、俺らがラーメン食ってる間、由紀さんとヤってたと?」
栄「お前らがラーメン食ってたかどうかは知らないけど、そういう事になるわな」
俺「はいwww んで?w」

栄「そして最後まで終わったんだけど、、すると相手がなんていったかわかるか?」
俺「わかりませんよww」
栄「本番行為の中に、フェラしたし、下を舐めてきたりしたでしょ?その分払ってほしい」
俺「wwwwwwww やるな由紀さんwwww」

栄「それでちょっとした喧嘩になってね、軽い口論なったんだ。」
俺「はいww」
栄「金に困ってるって、こうも落ちぶれるものなのか、、なんか口論してるのも疲れてきたんで、さらに2万、手切れ金という事も含めて渡してきたんだよ」
俺「リッチですね」

栄「すると、あいつ、なんていったか知ってるか?」
俺「しりませんよ」
栄「どうせ抱かれるなら、俺君のような人がよかった」
俺「wwwwww 由紀さん酔ってたからなーw」
栄「いあ、マジで言ってたぞ」

俺「じゃ、なんなんすか?俺、今由紀さんの部屋いったらヤらせてくれるっていうんですかね」
栄「行ってみたらどうだ?ある程度の筋書きは俺が用意しておいてやるよ」
俺「筋書き?」
栄「お前が館内を眠れないからウロウロしてたら、俺が由紀の部屋から怒った感じで出てきたので、何かあったのかな。って心配して様子みにきました。っていったらいいだけだよ」

俺「頭いいっすね。ちょっといてみようかな」

俺も酔ってた。

栄「俺はもう手切れ金はらって、あいつとは何の関係もないので、お前がどうしようか勝手だ。ということで俺は寝る。いちおう言っておくが、誰にも言うなよ」
俺「はい。それはもちろん。」

それから栄さんは集団部屋へと帰っていった。

俺はそのまま一人、残ってた缶ビールを飲みながら、姉貴の件を思い出し、、大人ってあまり大人じゃないんだな。って思ってた。俺も成人だけど。

それと同時に、なにかこのネタが面白いネタのような気がしたので、たしかに栄さんが、そこまでお膳だでしてくれてるなら、普通に「何かあったんですか?」と部屋にいくのも面白いんじゃないかって思った。

そして俺は何も考えず、栄さんの後輩でもあり、由紀さんとは仲のいい友達みたいな関係なので、俺は由紀さんの部屋の前までいき、ドアをノックしている俺がいたんだ。

すると1発目から面白い光景が目に入った。

俺と栄さんが話していたのは、時間にして15分くらいなので、由紀さんからすれば、怒って出ていった栄さんが帰ってきたと思ったのだろう。

ガチャっと扉をあけた瞬間、玄関に立っていたのはキャミソール姿で、下はパンティ1枚の由紀さんだった。

由紀「うわ!! 俺くん!!!!」
俺「うおww なんでそんな恰好で><」
由紀「ちょっと待って!!!」

とドアをいきなり締め出した。

そして2、3分後、改めてドアが開き、、旅館の浴衣をはおった由紀さんが出てきたのだった。

由紀「びっくりしたー!!!」
俺「びっくりしたのは俺ですよ!」

という感じで、いつもの友達みたいな感じで中に入り、そこでもまた、旅館の冷蔵庫に入っているビールが提供されたのだった。

俺「栄さんが怒ってでていきましたけど、何かあったんですか?」
由紀「みてたのね。いあ、、うーーん、、もう話しちゃうかな・・。一人で抱え込むのもつらいし。」
俺「あったのはあったんですね」(何も知らないフリ)

セリフにすると長くなるので、ここは要点だけを書いていく。

お金に困っていた由紀さんは、栄さんに相談したらしい。その相談とは、副業とかネットビジネスとか簡単なのないか。っていう相談。そこまでは栄さんの主張と同じ。すると栄さんは気前よく5万、10万と貸してくれたみたいだが、ある日突然、金が必要だから返せるだけでもいいから、返してくれと言ってきたとの事。

いきなり言われても難しいと言ったら、栄さんは「だったら本番とかまではいわないけど、その年だったらオトコが何をされたら満足するかってくらいわかるだろ。とか言ってきたらしい。

由紀さんは半分、脅されたような感じで栄さんに口で奉仕する他なかったが、途中、栄さんは本番を求めてきて、口だけという約束が、入れようとして体までさわってくるようになったとの事。

そこまで聞いた俺は、「経緯はわかりましたけど、この社員旅行というこの日に何があったんです?」

由紀「そうよねー、そこよね。栄が私の部屋から出てくるとこ見られてしまったんだよね」
俺「見ようとおもてみたわけじゃないですけど、、」

由紀「もう赤裸々にいうけど、今日が最後の返済の日だったんだよ。」
俺「はぁ」
由紀「で、宴会で解散したあと、2人であって、これが最後にしようってい予定だったんだけど」
俺「はぁ」
由紀「私もいけなかったんだけど、いままで酒が入ってるシュチュエーションってなかったんだよね。だから自制というか、線引きできてたんだけど、今日、飲んじゃって流れにまけて本番しちゃったんだ」
俺「しちゃったんすか」

由紀「うん」
俺「同意のもとだったんですよね。それがなぜケンカみたいな感じに」
由紀「本番が終わった後、栄が、、口だったら今まで5000円だったけど、本番だったら2万だすから、これからもたのむ。とか言ってきて」
俺「はい」
由紀「私は風俗嬢じゃない!!」っていったの」
俺「はい」
由紀「それから、口論になって、私のほうから、今までいろいろあったけど、もう最後にしたい。」といったら、一方的に怒って出ていった。という感じ」

俺(なんか、二人で言ってることが食い違ってるぞ。どうでもいいけど)

俺「それからどうするんですか」
由紀「いあ、もう最後は最後なので、こっちから連絡する事もないし、仕事の時に必要最低限しか話すことはしない。っていう関係を続けていくつもり」
俺「そうするしかないですよね」

俺「へー、でも意外だなぁ。。正直その話しきいて、うらやましー。って思いましたよ」
由紀「なにが?」
俺「俺はお金なんてもってないからできないですけど、栄さんはなんだかんだ言って、由紀さんとHできたわけですよね」
由紀「まー、お金がすべてじゃないけどね」
俺「俺なんて5000円も払う余裕ないんでwww うらやましーなーってwww」
由紀「なに?それ遠回しに俺もやってくれ。って言ってる?w」

もともと友達みたいな関係だったので、こんな会話をしてても違和感はなかった。

俺「はいw」
由紀「なにその便乗www 調子いいねーw」

俺「やってくれそうな感じですか?w」
由紀「うーん、まぁここまで話してしまったからなぁ・・。わかった。じゃやってあげるよ。そのかわり、もう栄みたいにズルズルいくのは懲りたから、今回1回だけね」
俺「約束しますw 今回1回きりという事でw」
由紀「はいはい」
そうすると由紀さんは俺に接近してきた。

由紀「はやく戻らないと怪しまれるから、早くしよ」
俺「あ、はいw」

そうして俺も浴衣をきていたんだけど、いったん起立し、そのまま浴衣の帯を外し、浴衣がベロンとなったあと、トランクスを脱いで、また改めて座布団に座りなおした。

由紀さんは酔ってるのが、もともとこういう感じの人でもあったが

由紀「5分以内に終わらせてあげるw」 とか楽しそうに言ってきた。
俺「じゃ、5分以上かかったら本番ということでw」
由紀「それは無理ww」

とのセリフを最後に、口の中にパクンとくわえこんできた。

なんというか、すっごいフェラだった。

俺は1年前に分かれたが、当時、地元で付き合った彼女がいたんだけど、その子は内気な感じの子で、フェラをさせても口先でチョンチョン舐めたりするだけで、激しいフェラとかできる性格の子じゃなかったんだけど、この由紀さんはすごかった。

根本までくわえこんで、勢いよく亀頭まで上下させながらジュルジュルと吸い付いてくるし、くわえながら、舌先で亀頭の溝とかこすってくるし、なんというか、慣れてる!ベテラン!としか表現のできない技を披露された。

そして完全に受け身の俺をまたいできて、浴衣きながらの69をしてきて、浴衣の中から、由紀さんのオレンジのパンツが見えたんだけど、さっきまで栄さんとヤってたという事もあってか、オレンジのパンツのアソコの部分がアソコの形にシミついていて、なんかリアルだった。

結局、由紀さんもなんだかんだ、ただのエロ女だったんだと思う。本番はなしとか言っておきながら、俺にアソコを舐めてほしいのか、鼻にパンツをこすりつけてくるし、まぁ俺も俺で、そのままパンツずらしてワレメをなめたんだけど。

それから69しながら少しづつに全裸になっていって、結局、正常位で入れてしまった。

1時間前には栄さんに入れられて、そして今、俺に入れられてるって、これどうよ?って思いながら、俺は腰を振っていた。

そしてそのままなんの変哲もなく腰を振り続けたら、俺もイキそうなって、由紀さんに顔射しようとおもって最後のフィニッシュの時にあがっていったら、由紀さんが口を、あーん。と開けて待っていた。

そしてその中に俺は白いやつらをぶちこんで、そして終わった。

俺「由紀さん、かなりフェラ上手ですよね。どれくらい経験あるんですか?これ素朴な疑問として」
由紀「体験人数の事?」
俺「教えてくださいよー」
由紀「8人くらいだよ」
俺「それって多いんですか?」
由紀「さぁ、、多い子は100人とかもいるだろうし、少ない子は生涯で1人だけっていうのもあるんじゃない」
俺「かもしれませんね。」
由紀「今日の事は言わないでね。」
俺「それはもちろんw」

そんな感じで終わっていった。

が、まだ最近の話しだし、由紀さんとも今後も仕事をしていくので、何がおきるかわからないが、、今のところ・・・第二弾をする予定はない。

ただ由紀さんと栄さんは、知らない人は気が付かないだろうが、知っている俺からみれば、確実に関係がぎくしゃくしている雰囲気はあった。本当に仕事の話し以外、不必要な会話はしないという感じである。

そんな感じが今も続いています。

ゴールデンウイークにまた、小旅行があるのですが、、その時また何かあるかもしれません。旅行だし、酒もでるし、何かあればまた書きます。何もなければこれで終わりたいと思います。

ではオタッシャデー ノシ
2
投稿者:とm   tomdom
2018/04/15 12:37:21    (0cjijml3)
いいですねぇ^_^
続き楽しみにしてます!
レス投稿フォーム
名前
トリップ[]
E-mail
※任意
本文

投稿文に自動改行は行われません、適宜改行を行ってください。 # タグ使用不可
「sage」
※投稿を上げない
画像認証

上に表示されている文字を半角英数字で入力してください。