ナンネットID のアカウントをお持ちですか?
ナンネットID
 
1
2018/01/07 08:01:03 (2QBjsFAD)
社会人 一年生の時の話
レストランで働き始めて 3ヶ月ぐらいかな
調理場と裏方があり 新人の自分は当然裏方だった
まぁ 米を炊いたり スープを作ったり 野菜や肉の下ごしらえ
が 主な仕事
その裏方の仕事を一緒にやっていたのが かおるさんで 38歳
スレンダーな体型に胸は大きく 優しい女性だった。
自分の教育係でもある かおるさんは 自分より早くから作業に入り
自分より早く帰るのが日課だった。
特に仕事以外の話をする訳でもなく テキパキ仕事をこなす かおるさんは 単なる先輩であり まぁ 19歳の自分にとっては恋愛対象でもなく 当然かおるさんも 親子みたいに歳の離れた自分の事など
なんとも思ってないと決めつけていた。
そんなある日 帰り際に かおるさんが 『高いお肉頂いたから
家に食べにおいで どうせろくなもの食べてないでしょ』
レストランに勤めてるのに 自分の夜ご飯は ラーメンとか
弁当ですませていた。 寮に入り親元を離れて一人暮らし
寮生活と言っても 会社が借りているアパートに一人で暮らしていた自分は 『えっ すき焼きですか? はい 食べたいです』
かおるさんのアパートの地図を渡され すき焼きは食べたいが
なんか緊張するなぁ なんて思いながら仕事を終わらせた。
夜 8時にアパートに到着 チャイムを鳴らすと 『はぁーい』と
かおるさんが出迎えてくれた いつもの白い調理服しか知らない自分は かおるさんの スカートに青いセーター姿に少しドキッとした。
『何してんのよ 早く入りなさい 風邪ひくわよ』と急かされた。
『失礼しまーす』と 旦那さんとか 子供さんに聞こえるよう 大きな声で言うと かおるさんが 『びっくりするじゃない そんな大きな声出さなくても 聞こえてるわよ』と
大きな声の訳を説明すると 『あれ ごめんね 言ってなかったわね
私 離婚して一人だから』 と
『あっそうなんですか』と言いコタツの上を見るとすき焼きの用意がしてある 『見て このお肉ー』とかおるさんが嬉しそう
うん 確かに美味しそうなお肉でしかも大量

1 2 3 4 ... 10
レスの削除依頼は、レス番号をクリックして下さい
96
投稿者:梵蔵
2018/05/07 01:44:03    (iDdvClZS)
一気に拝見させていただきました。
自分も15歳上の人とすったもんだの末結婚しましたが添い遂げられず離婚しました。
色々苦労をかけたもので重ね合わせて読んでいたら涙が止まらなくなりました。
自分、46歳です。
人の話でこんなに感動したのは久しぶりです。
いっそフィクションの話であってほしいと思う自分もいました。
娘さん、ご両親、ご健在であろうかおるさんのお母様との幸せな未来を応援しています。
(主様は三重県の方でしょうか?)
95
投稿者:(無名)
2018/02/27 20:54:45    (ioY9Z2xB)
明日は水曜日。ご都合がつく時間に少しでも更新していただければ愛読者として嬉しいです。
94
投稿者:たかし ◆1ThKR8kaTA
2018/02/17 07:43:17    (60uPRVhf)
そうでしたね。チーフの存在は大きかったですよね。ホントに尊敬しうる方です。
93
2018/02/17 01:04:14    (ARGXWrrW)
ありがとうございます
途切れ途切れで申し訳ないです。

取り乱してしまった自分を慰めてくれたのは
娘でした。
『父さんも 母さんも 私も
ずっと家族だからね』
そうだ 家族なんだ それは永遠に変わらない
娘の言葉で 何故か急に落ち着きを取り戻した気がします。

まぁ それからは 今までの色んな出来事を
話した 途中出前の寿司を食べながら…
出産の時の話
今は イタリアンのお店のオーナーである話
娘の会社の話
チーフのおかげがあって
今の生活がある事etc

すみません 話が前後して申し訳ありません
店のオーナーになった時の話を…
2号店が出来た時に
かおるさんと パートさん数名で 任されました。
常連さんもかなり付いて 売り上げも好調でした。
で 暇な時間帯に 来るんです チーフが
もちろん 客としてです。
娘に オモチャやお菓子を買って来てくれるんですが、
黙って席に座り 注文
かおるさんとは ニコニコ話はしているが
調理場には 顔も出さないんですよ
で かおるさんが
『チーフのオーダーですと』
チーフが昔 勤めていたホテルは三つ星レストランを経営されるシェフが修行されるようなホテルで本格派の腕前なんです。
大体 週一ぐらいでみえて
美味しいとも不味いとも 頑張れとも
何にも言わずに 帰ってしまうんです。
ある日 客席まで 出て行き
『チーフ どうですか?』
と 聞いた事がありました。
すると 恐い顔をして
『おまえ 自分の出した料理が
美味いか不味いか
聞かなければ わからないような いい加減な料理出してるのか?
自信がないのか?』
『いえ そんな事ないです』
『じゃぁ しょーもない事聞きに来るな』
『はい』
怖いんですよ…本当
外車に乗って 綺麗な女の人を連れて来る
その筋の方よりも 緊張しました。
ても やっぱり気になるじゃないですか
チーフが帰ってから かおるさんに
どんな顔して食べてた?なんか言ってた?
とか聞くんですが
『難しそうな顔して 食べてたよ』
えっ………………

3年程経った頃
三号店を 出店するから
おまえ そっちをやれ と
悩みましたが
『常連さんが 来ていただいているのは
私の料理の味を食べに来ていただいているので
この店の味を変えたくありません
だから他の人に 任せたくありません
料理 接客 店内の雰囲気 全て最高の物を
提供してきたつもりですから』と

チーフは
ニヤリと笑うと
『わかった
いつのまにか一人前の口を利くようになったもんだな
少しは安心した』

褒めてもらったような 認めてもらったような
すごく嬉しかったのを覚えています。


『おまえ 来月家族で旅行に行って来い
定休日の後2日は 俺が店みてやるから』
『いえ 店が心配なので泊まりでの旅行はいいです』
と答えると
『馬鹿 おまえの為じゃない かおるさんと娘に
想い出作りさせてやるんだから いいから
行って来い 発注だけはちゃんとやっとけよ』
かおるさんは ニコニコしながら 聞いてました。
毎年 年二回の恒例の行事になりましたが
初めての旅行の時は心配で心配で…
打ち合わせも 試作も無しで しかも
調理場に入った事も無く 食材の場所も全くわからないのに………
旅行前日 かおるさんに 『チーフ大丈夫かなぁ』と 聞くと
『大丈夫よ チーフなら もしかして 料理のチェックをしにきてたのは 同じ味を出せるように 味を確認してたんじゃないかしら?』
えっ
神様みたいな人だなぁ と思いました。
かおるさんも チーフと奥さんは 私達の親みたいな人だよねと言ってました。
旅行から帰ると 三人でお土産を持ってチーフと奥さんに お礼に伺うんですが
娘に『楽しかったか? また 行きたいか?』
嬉しそうに喋るチーフ

それを眺める奥さん

かおるさんも楽しそうに
娘と一緒に旅行の話をしている

そんな 皆んなを眺める事が 自分は幸せでした。
92
投稿者:たかし ◆1ThKR8kaTA
2018/02/16 21:31:39    (YbSZDXEW)
ありがとうございます。とりあえずホッとしました。自分も親ですが、難しいですよね。今後仲良くやっていけるようお祈り申し上げます。
91
投稿者:(無名)
2018/02/16 17:24:31    (oEXXOze6)
気になっていた報告ありがとうございます。和○さんのペースで続き楽しみにしています。
90
2018/02/16 01:04:01    (YIFLGb3F)
すみません やっと店の後片付けが終わりました。

娘を 連れてくると 母親は
『あらまぁ あらまぁ… 』と 連発
『はじめまして』ぺこりと頭を下げる娘
親父もびっくりした顔をして 眺める
部屋に入ると 親父は
『本当に和○の子供かい こんなに大きくなって
べっぴんさんや べっぴんさんや』と 頭を撫でる
母親は 土下座をし 『すまない すまない 私は
あなたを殺そうとしたの だから 罰があたって 自分の子供とも会えなくなってしまったの 。
酷い事を言って
あなたのお母さんを苦しめたの 許してくれとはとても言えない
でも お母さんが元気な時に 謝りたかった 』
親父も 母親の隣で土下座をしている。
重い 空気を払うように 娘は
『もう やめてください 私 母から頼まれている事があります
一つは お父さんが実家に帰る時が来たら一緒に行ってあげて欲しい

もう一つは 決してお父さんお母さんの事 恨んではいない事を
伝えて欲しい と 私も同じ立場なら 反対したと思うからと
自分の子供は 誰だって心配だからと

全てを捨てて 私達を守ってくれた お父さんのずっと味方でいて欲しいと

むしろ 自分が離婚歴がある 年増のせいで
お父さんの家族を壊してしまった事を心配してました

認めてはもらえなかったけど 三人での生活は 幸せだったと

親父と母親は ただ泣くばかり
自分は かおるさん 俺には何も言わなかったが
そんな事 娘に話してたんだ と 思うと
急激に痩せていった 顔が …
無理に笑う 顔が…
痛い 痛いと 辛そうな顔が…
握り返す力が 日に日に弱くなっていく 手
そろそろ店に行くからと 行った時の寂しそうな顔
元気だったころの家族旅行の写真を 病室で見ていた顔

やっぱり 寂しい かおるさんに 逢いたい
もっと もっと 一緒に居たかった。
自分以外の三人は 泣きやんでるのに
涙は 止まらず 両親に会えた事と かおるさんが居ない事の寂しさ
で 頭は整理がつかない状態でした。








89
投稿者:たかし ◆1ThKR8kaTA
2018/02/15 22:36:20    (aGrazpm2)
もうすでに涙腺が危ない。続きをお願いします
88
2018/02/15 22:33:36    (hCPRkV.K)
娘に 『お父さんびびってるの暖』 と聞かれ
『あー かなりなっ』
懐かしい道を通ると
あれ こんなに道狭かったかな
あっ こんな所に新しい家が建ってる
などと 思いながら車を走らせる
娘に もうすぐだよと言うと 『どこ どこ?』と楽しそう
家の前まで来て なぜか アクセルオン
自分が車を止めていた 場所は そのままだった
もう一度 コンビニでタバコを吸い
決心して 実家へ
庭に駐車して 玄関の方を見ると 窓から誰かが見てる!
娘は 『どーするの? いきなり二人で行く? それとも
お父さんが先に行く?』

本当は 一緒に行って欲しかったが まず温度を確認したほうが
いいと 私一人で 突入決定
おはようございます?
ただいま?

玄関は 開いていた 見たことのない犬が うなり声をあげたのと
同時に 『おかえり』と 母親が…
え? お婆さんじゃん
その後ろに お爺さん?
逆浦島太郎みたいな …
『ごめん』 頭を下げる
『おまえ 帰ってくるのが遅いー どれだけ心配かけたか
わかってるのかー』
何十年ぶりの親父のゲンコツ
間に入って 止めようとする母親
『私が悪いんだから 叩かないで 叩かないでー』
細い体で 自分と親父の間に入り 泣き叫びながら
かばう 母親…
息を切らしながら 座り込む親父
やばいな こりゃ どーすればいいのか 分からず 立ち尽くす自分
『心配かけて 悪かった 』これぐらいしか 言えなかった。
親父が 『もういい 車で待ってるんだろ 連れてこい』


87
投稿者:(無名)
2018/02/15 06:03:49    (HMrfGW/0)
心配していました。
1 2 3 4 ... 10
レス投稿フォーム
名前
トリップ[]
E-mail
※任意
本文

投稿文に自動改行は行われません、適宜改行を行ってください。 # タグ使用不可
「sage」
※投稿を上げない
画像認証

上に表示されている文字を半角英数字で入力してください。