ナンネットID のアカウントをお持ちですか?
レスは投稿できません。
ナンネットID
 
1
2017/08/11 10:56:54 (fnxdSPJL)
孝君じゃぁないの?って声をかけられた

ハイと返事をして、顔を見た 同級生の勇治の母だった

久し振り元気だった?って言われて、ハイと返事をする

母が 孝君 頼まれてくれない?って言う 勇治に頼む所なんだけど、あいつ合宿で居ないのよ

家に連れて行かれエアコンに指を差して、フィルターを取り外してくれないかと、脚立を持って来た

エアコンのフィルターを外すと、たっぷりのほこりがこびりついていた。

おばさんは、こんなに付いてたの!冷えないはずだわと、フィルターを持って外に洗いに行った

洗い物終えて 俺にご苦労様って労いの言葉をいい

テーブルに座ってといい 何がいい?と聞いてくれた

コーヒー? 紅茶? 俺冗談のつもりでおばさまと答えていた

えぇっ! 私なのって  俺冗談ですよって言うと、

そういう事 言えるようになったのねって

おばさんは こんな使いふるしで良かったらと 俺の顔を見る おばさんも直ぐに冗談よって切り返す

コーヒーが俺の前に置かれ、叔母さんが孝君ちょっとと手招きしたので、側に行くとおばさんのいい匂いが
俺の鼻を刺激する

おばさんは 俺の股間の膨らみに手を当てて 固くなってるって言いながら 俺に抱きついて来た

おばさんに、こんなことされるの嫌い?って言いながら ズボンのベルトをゆるめながら、お礼に気持ち良いことしてあげるといい、パンツの中で膨らみ出した肉棒を解放させて、手と口で刺激してくれた

俺は余りの気持ち良さに、おばさんの大きな乳を生で揉んでいた おばさんは乳首 乳首弄ってといいながら肉棒をしゃぶる速度が増して行く 俺が出そうと言うと、一杯出してと 喉の奥まで入れていた

おばさんの口の中一杯に俺の精液が注ぎこむ

やっぱり濃いね 若い証拠だわ おばさんは立ち上がり部屋を出た

俺はズボンを履こうとしてると、おばさんが来てまだ
ズボン履かないで!って ゴムを取りに行ってたみたいで ゴムを袋から取り出して俺の肉棒に被せてくれた

もう分かるでしょうっていい 俺をベットに寝かせる

おばさんが俺にのし掛かり上になって肉棒を飲み込んだ おばさんが一心不乱に腰を振ってると、いつのまにか、勇治の妹の広子が帰って来て、あんたら真っ昼間から何遣ってんだ!  母親にこの淫乱ババアが
と捨て台詞を言い残していた 広子は俺の顔を見て

孝か!っていい 俺の肉棒を見て良いのつけてるじゃん おばさんは広子に あんたも入れて貰えば!って

生は!気持ち良いよって 言いながら 俺から離れようとしない
レスはありません。