ナンネットID のアカウントをお持ちですか?
 
 
[!] 強姦・痴漢・窃盗・露出・売春等は犯罪です。 体験談にはフィクションや妄想を投稿してください。 犯罪や違法行為を目的とした呼びかけや情報交換等の投稿、公序良俗に著しく反する投稿、宣伝、商用の利用を禁止します。[!]

夫婦生活報告 RSS icon
※募集投稿は禁止

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 ... 100
2017/03/02 06:47:03 (oaecJAq9)
私45、妻42、二人とパートのおばさんの三人で小さな定食屋を営む、結婚して20年夫婦です。
子供は高校生の娘と中学生の息子の二人有りです。
生活設計上、子供は女男と上手く産み分け出来たこともあり、二人で打ち止めと話し合ってました。
以来セックスは帽子着きにて行ってました。
年齢を重ねるごとに、たま〜に妻にお願いして、生外出しセックスをさせてもらうようになったのが三年くらい前からです。
私達のセックス場所は、もっぱら店の奥にある休憩部屋とでも言うか、一応住めるくらいにはなってる部屋です。
家には子供達がいますから。
昼の時間が終わると、一旦はパートのおばさんは帰宅、夕方までは来ません。
妻も子供達の夕食の支度に一時帰宅します。
私は出前に出した器を回収、洗います。
器洗いが終わり、子供達の夕食支度を終えて店に戻ってきた妻、パートのおばさんが夕方来るまでが主なセックスタイムです。
昨年12月上旬、その日は比較的暇でした。
一時半くらいにお客様は引けて、いつもなら二時までの昼営業を打ち切りました。
早く終えたことで、おばさんに出前器回収をお願いし、行ってもらってる最中に、私は妻にセックス要求をしました。
「うん、わかった。支度終わったらすぐ来るから」
おばさんが器回収を終えて一旦帰宅、妻が店に戻ってきたのは、夜営業の仕込みが終わった三時過ぎでした。
おばさんが戻ってくるまでの夕方五時半まで、まだ時間はあります。
「今日、無し(避妊具)でもいい?」
私は妻に聞きました。
「う〜ん」
ちょっと悩んだ様子を見せた妻でした。
でも。
「いいよ」
いつも通りの生外出しセックス、フィニッシュはバックから妻の丸々したお尻にドッピュンしました。
先月、妻が体調不良を訴えてきました。
食べ物を扱うんで、妻を休ませ病院に、おばさんと私で店をやってました。
二人ですから昼営業、忙しくしてて、妻からのメールを見てませんでした。
一段落ついたとき、メールを見ました。
「妊娠だった」
ええっ!
ヒーコラいいながら夜営業終えて帰宅、妻と話をしました。
「先々月したじゃん?無しで。あのときちょっと危ない日かもな〜って思ったんだよね」
妻が悩んだ様子見せたのは、そうゆうことだったんです。
でも外出しした、けどそんなのは確実性高い避妊ではないわけです。
今更遅いわ〜、と妻に言うことも出来ません。
21
2017/02/28 02:04:17 (qmUFoKGS)
SEXが嫌いな人は ほとんど居ないと思います。
もしかすると 私は他人より数倍SEXが好きかも知れません。
毎日 朝から晩までSEXばかり考えて居ました。
兎に角SEXがしたい、好きな女性のタイプなんて有りませんでした。
中学生の頃から 毎日SEXがしたいと思いながら数回オナニーしてました。
初めてSEXしたのが 19歳で近所の未亡人で59歳のオバサンでした。
思ってたようにSEXは気持ちよく 毎晩行っては五回六回とSEXし、太り過ぎたオバサン SEXの最中 心筋梗塞を起こし 病院に緊急搬送されましたが亡くなりました。
近所では 変態少年と噂されましたが、そんな俺に 優しくしてくれるオバサン達が居ました。
何の事は無い!
旦那さえSEXしなく成った好き者なオバサン達で 物珍しさと沫よくば1回位はと思ってたオバサン達でした。

オマンコさえ付いてれば百歳の婆さんでも挿し込みたい俺、遠慮無くSEXさせて貰いました。
どんな婆さんでも 全身全霊でSEXし 避妊なんてしないので 妊娠したオバサンも居ました。
でも オバサン達の方から誘って来たんで関係無し。
ほぼ全員 既婚者のオバサン達 毎日SEX出来るワケでも無く かと言ってナンパやも出来ず 数人のオバサン相手に数年!
23歳に成ってました。
何日もオナニーばかりで 世間ではテブス系と類する5歳年上で飲み屋で働いてる女に さり気なく やりたい!
と言うと あっさりO.K.。
オバサン達のオマンコと違い 男に飢えた締まるオマンコに朝まで注ぎ込みました。
毎日SEXしたくて その女と結婚!
他のオバサン達ともSEX。
オバサン達の顔ぶれも変わり、今では 四十の同年代から八十過ぎた婆さんまで五人のオマンコに注ぎ込んでます。
四十に成った今も妻とは妊娠 不安定期以外毎日SEXし、子供6人出来ました。
ここ数年 妻は妊娠してません。
このオジサンが オバサン達とSEX出来ない日は 妻とSEX!
毎日 オマンコにオチンポを入れないと災いが来そうで不安なんです。
八十過ぎた婆さんとは 1ヶ月に1回 出張で行った時にSEXしてますが 五・六十代のオバサン達と変わりなく激しくSEXしても平気です。
最初は後期高齢者の婆さん、恐る恐る これくらい? これくらいは!いつの間にか ガンガン打ちつけてましたが 全然大丈夫でした。
婆さんとは もう3年近く遣ってますが 毎回出張が楽しみです。

22

F君を想像させて

投稿者:uta ◆c.nw3S4xGA  uta6600946
削除依頼
2017/02/27 19:38:37 (MEVjN9dy)
嫁の職場のF君を想像させてSEXしました。
今まで何度か寝取られごっこはしてきましたが、具体的に誰っていうのはなかったんです。
こっちが控えてました。

が、昨夜は夕方にちょっと暴走して嫁に
『F君としてこい!』、『あの子、前から○○の事意識してるから』と言いながら軽く責めたんです。

で、夜
嫁はシタイ雰囲気を出してました。
なんで『思いっきりエロい事言うから、F君想像してヤッテもらうからって』って言いました。
始めは『嫌や』、『無理』、『もう今日はせえへん』って言ってましたが
目隠しして『Aさんずっと好きでした。』
って囁きながら胸触ると
嫁「イヤ…アカン…」
って言いながらも愚息を握ってきました。
自「Aさん脱いで、裸見せて、オチ○チン舐めて」
嫁「○○も舐めてくれる?舐めて欲しい。」
って言いながら服脱いでいきます。
自分も服脱いで、目隠しの嫁手伝って服脱がせます。(こちらはもうギンギン)
クンニする前に嫁を膝立ちにしてヌルヌルのマンコに指を挿入して中を掻き回します。
嫁「あの子は優しいから…こんな事せえへん…」
確かに話しに聞くF君は優しいです。
(男にしてはちょっと優しすぎるかな?)
そこで、指を抜いてクリの辺りを優しく責めます。
嫁「アッ、そこ…アッ…気持ちイィ…」
と抱き付いてきて吐息を漏らします。
しばらく、クリを刺激し続けると
嫁「触らして、オチ○チン触らして…」
と愚息に手を延ばしてきてユックリと手コキ。
自「アァ〜Aさん…スンゴク気持ちいいです。」
いつもより過敏に反応してみます。
嫁「○○も気持ちいいよ。舐めて…○○を舐めて」
嫁を寝かせ、優しくを意識してクンニを始めます。
嫁「アァ〜イイ、気持ちイイ…オチ○チン触りたい、オチ○チン舐めたい…舐めさせて…オチ○チン」
とオチ○チンと連呼し始めます。

いつもの流れなら嫁は自分でクリを触ってオナニー一回イクんですが…
昨夜はしません。
自分相手じゃないから、我慢してるんでしょうか?
クンニから嫁のマ○コに愚息を擦り付けながら
自「Aさん、ずっとAさんを見てSEXしたいって思ってました。」
嫁「イヤ…」
自「挿れていいですか?」
嫁「舐めたいのにぃ…」
自「もうシタイです。」
嫁「アァ〜イイよ…シテ…イッパイシテ…」
そのまま生で挿入
自「ゴムしてませんけど、大丈夫ですよね?膣内に出しても大丈夫ですよね?」
嫁「あかん日やけど、イイヨ、大丈夫、出したい?○○に出したい?」
嫁はアンアン喘いでます。
自「Aさん、気持ちいいですか?」
嫁「気持ちいい、イィ…シテ…シテ…」
自「Aさん名前で呼んで欲しいです。」
嫁「ダメッ…アカン…ムリ…アァ…」
自「Aさんずっと好きでした。今だけ名前で呼んで下さい。」
嫁「ダメッ、ダメッ、呼ばれへん…」
何回も『名前が呼んで』ってねだったんですけど
『ダメッ』、『恥ずかしい』、『ムリ』って言いながら喘ぎながら何回かイッテます。
名前で呼ばせたかったけど、こっちがもう我慢出来なくなってきます。
自「Aさん…イキます。イイですよね!このままイッテイイですよね!」
嫁「イイヨ…イイヨ…イッテ…出して…イイからイッテ…早く、早くイッテ…アァ…」
そのまま膣中に放出。
全部終わってから文句言うかな?って思ったんんですけど、特に何もなく。

今まで、嫁はF君の事を男として見てなかったのは確実です。
一方のF君は少しその気があるというか女としてる節は感じてました。
さて、今日から嫁はF君をどう見るか?
ちょっとは意識するかな?
楽しみです。
23
2017/02/27 12:19:32 (aejNbO1W)
夫婦でSMされてる方いましたら、
どんなプレイされてるか教えて下さい。

うちは私がようやく妻を目隠しして亀甲縛り
までさせてもらえるようになりました。

ディルド、ニップルクリップも快く受け入れて
くれています。
24

報告

投稿者:優子 ◆/WbChwKp0.
削除依頼
2017/02/27 08:34:23 (rnsXjRTm)
貴方に報告ですよー(笑)
文才無いけど頑張ってみるね。

読んでくれる人にわかるように先に言っておきます。
夫婦生活体験となってますが
私達は結婚してません。
ごめんなさい。
40代バツ一同士のカップルです。
付き合って10年は過ぎてるのですが
訳あって結婚に至ってません。
変態な彼氏なので既婚の頃には体験した事ないことを
色々とさせられました(笑)
数年前に一度だけ見ず知らずの人と彼氏で
3Pも体験させられました。
それからも何度も複数プレイをして欲しい!
と言われ続けましたが私は気乗りしなかったので
断わってました。
断わってた理由は私も2人にされて感じたのですが
彼氏以外として感じる姿を見られたくなかったから
でした。
彼氏は感じる姿を見たい!興奮する!可愛い!
とは言いますが私は嫌でした。
ましてVideo撮影までされたので(怒)
なので、ここ最近は私1人でしてきて欲しいと
言い始め渋々言う通りにしました。
すべて彼が決め私は言われた通りの時間と場所に
行くだけでした。
これが簡単な流れです。
不安の塊でしたが、これから報告するのが全てです。

2月15日に子供達には帰りが遅くなっても
怪しまれないように
彼氏とデートだと嘘をつきました。
(ちなみに彼氏は仕事です。)
仕事は有給休暇を取りました。
特急くろしお号で天王寺駅に着いたのは
午後1時過ぎでした。
駅を出てすぐのマックが待ち合わせ場所だと
聞いてたので入って座り彼にマックに着いたと
LINEしました。
10分くらい待ってると
「優子さんかな?」
と年齢は私と同年代くらいの男性が話し掛けてきました。
私が返事すると座りました。
後で名前聞いたのですが
長身で細身の中村さんは
私をジロジロ見ながら
「可愛いですねーほんま40代なん?」
とお世辞を言ってくれました。
緊張してる私に気を使ってか
面白い事を言って笑わせてくれました。
私が慣れたころ
「じゃーここだと話しづらい事もあるので出ようか」
とマックを出て歩き始めました。
私は中村さんに手を引かれ
いつしかホテル街に着いて
そのまんまホテルに入りました。
そのつもりで来てましたが
ホテルに入る時は少し抵抗がありました。
ホテルの人に案内され部屋に入りました。
小さな部屋でベットと小さなソファが1つだけで
私がソファに座り中村さんがベットに座りました。
私「ホテルって久しぶりで緊張しちゃたわ」
中村さん「彼氏さんとは行かないの?どこでエッチするの?」
私「ほとんど行かないかなぁエッチは彼氏の部屋か車だよ」
中村さん「そっかぁー前に3Pしたって聞いたけど気持ちよかった?」
私「えー聞いたの?気持ちよかったけど恥ずかしかったかな」
中村さん「恥ずかしい?」
私「うん!やっぱり彼氏に彼氏以外でも感じてるの見られるんやでー恥ずかしいよ」
中村さん「なるほど!じゃー今日は彼氏に見られないからいっぱい感じなよ」
私「えー恥ずかしいね」
中村さん「こっちに来る?」
私「ちょっとLINEしてから」
恥しさからソファに座ったままいると
中村さんは側に来て
中村さん「聞いてるよ!優子さんかなりMなんだってね!」
私「そんな事ないですよ」
中村さん「そう?さあ恥ずかしがらないで!これ舐めてよ」
そう言うとファスナーだけ下げチンチンを出して
目の前に持ってきました。
恥ずかしくって見れなくていると
中村さん「ほらっ早く舐めろよ」
さっきまで優しい口調が少し荒くなってきて
私に握らせました。
私「えっそんなの」
とは言ったけど恐る恐る軽くシゴキながら
先っちょを舌で舐め始めました。
中村さんのは彼氏より長かったけど太さは変わらないと思いました。
中村さん「もっと咥えて」
と私の頭を押さえ口の奥まで入れ出し入れされました。
時々喉の奥にあたり吐きそうになるのを我慢してました。
中村さん「会ったばかりの男のチンコ咥えて嫌らしいのー彼氏に見せるか?」
私は咥えてるので声は出せなかったけど
首を振って嫌な事を伝えてました。
中村さん「嫌か?嫌なのか?じゃー裸になるか?」
私の口からチンチンを抜くと私が返事するまで
繰り返し言ってきました。
私は恥ずかしいけど仕方なく「はい。」と小声で答えました。
ソファから立たされベットの前で脱ぐように言われ
1枚1枚脱ぎブラとパンティだけになると
中村さん「いいねー聞いてるよ!オナニーしてるんやろ?」
私「してないよー」
中村さん「これ誰?」
携帯を出して写メを見せてきました。
それは彼氏の前でローターを使っての
オナニーの写メで顔はボカされてるけど
私だと分かりました。
私「私ちがう」
否定したけど中村さんはホクロの位置など確認して
中村さん「優子さんに違いないね!」
言い逃れ出来なくて困ってると
中村さん「俺にも見せてよ!オナニー」
私「そんなの無理ですよ」
中村さん「ダメー早く!ほらー」
急かせて来られてもとても恥ずかしく無理で
突っ立ってると目の前にきてブラの上から
乳首を摘んで来られ逃げようとして
ベットに座ってしまうと押し倒されました。
中村さん「パンティ脱がなくていいから触ってみてよ」
私の手をとってパンティの中に入れさせました。
中村さん「恥ずかしいの好きだろ?色んな所でオナニーしたよね?」
私「そんなんしてないよ」
中村さんはパンティの上から私の手をクリ近くに
運んで手解きするように触らせてきました。
もう私は濡れてきてるのはわかってましたが
我慢してました。
中村さん「どこでどんなにオナニーしたのかな?言ってみろよ!言ったらしなくていいよ」
私「えー恥ずかしい」
断ると無理矢理手を動かされ
私の指がクリに少し触れました。
中村さん「ほらほら早く言えよ」
もう言わないと仕方ないと思いました。
私「言います。だから止めて」
中村さん「よしよし場所は?」
私「彼氏の部屋とかだよ」
中村さん「彼氏の前ちがって1人でしたのは? 」
私「車とか」
中村さん「とか?どこ?」
私「一度だけトイレでだよ」
中村さん「職場の?」
私「ううん。職場のトイレは男性も使うので公園みたいな所」
中村さん「エロいねーローターは彼氏の?」
私「そう!私は持ってないよ」
中村さん「ねー少しでいいからしてみてよ」
私「嫌だってー」
中村さん「じゃー全部脱がすよ」
そういうとパンティを脱がされ大きく足を開かれ
中村さん「凄い濡れてるねー」
指で開き中まで見られてる感じでした。
私「いゃっ恥ずかしい」
中村さんはクリに舌を這わせてきました。
私はたまらず声が出てました。
すでに敏感になってたクリは中村さんの舌で
簡単に逝かされました。
中村さん「可愛いねー我慢できんわ」
中村さんは慌ててゴムをして私の中に
入れてきました。
私は何も言わないで中村さんが入れるのを待ってました。
入り口に当てがわれた時は戸惑いましたが
一気に入ってくると彼とは違う感触に
ついにしちゃたーって思いました。
中村さんに激しく突かれ感じキスをして
舌を絡ませ何度も逝きました。
最後はバックからされ中村さんも逝きました。
中村さんは私を抱き締めて
中村さん「気持ちよかった?」
私「うん。」
中村さん「いっぱい逝ってたね。かわいいよ」
とキスされました。
終わると逝きまくったのが恥ずかしくって
中村さんに抱きついてました。
私「恥ずかしいわ」
中村さん「彼氏ともこれくらい逝く?」
私「うん。」
中村さん「感じやすいねー」
私「かなぁ?」
中村さん「俺だけで足りる?」
私「充分だよ」
中村さんは私のアソコを触ってきました。
私は触られ始めまた感じてしまってると
中村さん「他の男呼んでみない?」
私「えっ?そんなの恥ずかしいやん」
中村さん「いいやん!彼氏見てないし」
私「でもー」
中村さん「ここのホテルは部屋のドア開けておくと男が来るんやで」
私「?なんで?」
中村さん「試しに開けてみる?」
意味が分からない私は
私「やめてよーなんで来るん?」
中村さん「まぁー試そうやー」
中村さんはそういうとドアの鍵を開け少し開きました。
私は何が始まるのか不安で掛け布団の中に
潜りました。
中村さんも布団に入ってきてキスして
中村さん「さぁ誰か来るかな?」
私「恐いよーほんと誰か来るの?」
中村さん「そういうホテルだからね」
またアソコを触られ始めクリを指でイジメられ
感じてしまってるとドアがノックされました。
中村さん「あっきた」「はい!」
中村さんは返事をすると布団から出てドアを開けに
行きました。
私は不安でいっぱいでした。
男「こんにちわ」
中村さん「どうぞ」
男「おじゃまします!」
中村さん「恥ずかしいので隠れてますわ」
男「そうなんですか?顔見たいです」
中村さん「優子さん出てきなよ」
恐る恐る少し顔を出して見てみてる
私より若そうな小太りの男性が見えました。
男「おっ可愛い感じですね!」
中村さん「さっそくするかい?」
男「いいですかー」
私「ちょっと待って」
あまりの展開に焦ってました。
その時です。またノックされました。
25
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 ... 100
スレッド投稿フォーム
名前
トリップ()
E-mail
 ※任意
タイトル
本文

投稿文に自動改行は行われません、適宜改行を行ってください。 # タグ使用不可
画像認証

上に表示されている文字を半角英数字で入力してください。
◇掲示板利用規定 〔必ずお読み下さい〕