ナンネットID のアカウントをお持ちですか?
 
 
[!] 強姦・痴漢・窃盗・露出・売春等は犯罪です。 体験談にはフィクションや妄想を投稿してください。 犯罪や違法行為を目的とした呼びかけや情報交換等の投稿、公序良俗に著しく反する投稿、宣伝、商用の利用を禁止します。[!]

夫婦生活報告 RSS icon
※募集投稿は禁止

1 2 3 4 5 6 7 ... 100
2017/03/19 14:35:42 (piltuvt1)
ちょっと板が違うかもしれませんが…。

私の妻は、45歳の熟女主婦です。
週5で近所の小さなパン屋さんでパートをしています。
最近、妻が自慰をしていることをはじめて知りました。
それがわかったのが、1週間前の事でした。
いつもは私が寝た後に妻が寝るのですが、その日は一緒のタイミングで寝室に向かいました。
って言っても、Hはしませんが…。
普段は、地震があっても起きない私ですが、その夜は何か物音で目が覚めました。
何の物音だと思って動こうとしたとき、違和感を感じました。
ゴソゴソっという音と共に、ハァ〜ハァ〜という息づかいのようなのが聞こえてきました。
私は、もしかして…っと思い、動かず聞き耳を立てていると、ハァ〜ハァ〜アッ!アハァ〜っと、やはり聞こえてきました。
私はゆっくりゆっくり首を妻の本当に向けると、妻は私に背を向けてくの字でモゾモゾと小刻みに動いていました。
上半身はパジャマしか見えませんでしたが、左腕が胸を触っているのがわかりました。
そして下半身は、パジャマとパンティが足首辺りにあり、左膝を立て腰がくねくね動いてるいました。
勿論、お尻は丸出しでよく見ると、お尻の股間の隙間から妻の指が小刻みに動いてるいるのが見えました。
そのとき、私は妻が自慰をするんだとはじめて知りました。
妻は綺麗というわけではありませんが、大人しく控え目な女です。
性に関しても疎く、下ネタのような事を言った事もなく、逆に辞めて下さいと照れるぐらいです。
勿論、夫婦の営みも妻からは一度もありません。
まあ、いざ営みが始まればかなり感じやすい体質なので、それなりには乱れますが…。
そのまましばらく黙って見てると、ウウッ!ウッ!という小さな声と共に体がビク!ビク!と震えると、そのまま動かなくなりました。
しばらくすると、そうと仰向けになりはだけたパジャマの上着のボタンを閉じ、露わになっている下半身をパンティ・パジャマの下着の順に履き、そのまま布団をかぶって寝ました。
私は凄く興奮していました。
こんな歳になって自慰なんて…と思いましたが、妻とは2年ぐらいレス状態なので妻も欲求不満なのかなって思いました。
今度、久しぶりに妻を抱いてやろうと思いましたが、そうすると妻の欲求不満が解消され自慰しなくなるのかと思うと、ちょっと考えたりします。
だって、妻の自慰をまた見たいですから…。

同じように奥さんの自慰を隠れて見てるという方っているのでしょうか?
6
2017/03/17 22:35:12 (KmyLbMhM)
中3の三学期に、 親ッさんに、恭弘お前高校丈は、 行っとけよ、 お前は、仕事も学校も真面目にしっかりやってるし 沼田先生にも、「儂が見てこれならと思ったら、 高校も面倒を頼みます」 と言われてるし、 「佳子も、お前のお陰で明るく為ったし、嫁はんもな高校に遣ったって言うし、 何より佳子が、おとん、恭君を高校にと泣くし 高校へいけよ! あと3年頑張れ」 そして、高校生になり 高2の夏休みに、2人で映画を観に行った帰りに おネエとホテルで結ばれました。僕が17、おネエ 20、処女と童貞なので、 何回もおネエが、痛い、痛いと失敗の末にやっとセックスが出来ました。 おネエは、その夜 オカンに話したら、 オカンは「おめでとう、 去年から佳子は、恭君が 好きな事は知ってたよ。 お父さんは、今年の 春くらいに、姉さん女房 でも恭弘やったら、 安心して任せて大丈夫やと言ってたよ」 と翌日 おネエに聞きました。 1週間位して夕食時に 親ッさんから「佳子・恭弘一緒に為るのなら、 反対せえへんから、 今夜から、 佳子のへやで寝たらええけど、恭弘が 18に為る迄は、 妊娠しない様に」と、 コンドームを渡され ました。 その夜から おネエの生理日以外は 寝る前と起き抜けの 2回は、セックスを してました。
7
2017/03/17 15:33:09 (cANVLdAg)
不倫体験に童顔の私で投稿したゆりかです。
私の上司だった主人と結婚
私が入社した時の教育してくれた人でした。
その頃の主人には、奥さんと小学生のお子さんがいて
お子さんが小学校に入学で郊外の建て売りを購入したばかりでした。
私が就職で実家から出て一人暮らしをはじめたアパートが
主人が乗る駅が同じで
朝や帰りの電車も同じでした。
駅に着くと奥さんとお子さんがお出迎えです。
天気の悪いときなどは、アパートまで車に乗せて貰ったりしてました。
たまに家に招待されてご馳走をいただいてました。
それが天気の悪いときに交通事故で奥さんとお子さん二人が亡くなりました。
同時に奥さんと娘さんが亡くなり落ち込んでた主人に
私は、家に行っていろいろとお手伝いしてました。
主人も普通に生活出来るようになっても私が家に行って食事や洗濯や掃除などしてあげてました。
四十九日が過ぎて
主人も平常心に戻ってたんですが
私の作った夕食を一緒に食べてる時にお酒を飲み過ぎた主人が

片付けをしてる私に奥さんの思い出がよみがえったのか
泣きながら私を抱き締めて私の服を脱がして抱きました。
私は、少し愛情も出てきてたので
主人に抵抗もしないで抱かれてました。
翌日 主人が目覚めたとき
主人も私も裸で私が主人に抱きついて寝てました。
真面目な主人は、私が嫌じゃなければ結婚しようと言ってくれました。
私は、ハイと返事をしてました。
主人が私の初めての人です。

翌日にアパートを引き払い主人の家に越してました。
結婚式は、奥さんと娘さんの一周忌が過ぎてから身内だけで済ませました。
奥さんや娘さんの遺品を主人も私も処分出来ずに
奥さんの遺品を娘さんの部屋の押し入れになおして
娘さんのは、そのまますぐに使えるように残してました。
それが娘さんが生きてたら中学生になるときに
主人が私に中学生の制服を着て見せてくれないかと
主人が気がすむならと約束しました。
主人は、私の気持ちの変わらないうちにと
入学予定だった中学生の制服や一式揃えて来ました。
私に下着は、買えなかったから私に買ってと
私を連れて買いに
主人は、外で待ってました。
その時は、化粧もして髪型も大人でしたから
母親が娘の下着を買うように選んでました。
娘さんのことを思い出してあの子ならこれかなって思いながら選んでました。
サイズは、私に合うのを選びましたけど
家に帰ると主人が待ちきれなくて早く着替えてと
私は、せかす主人に着替える前にお風呂に入って綺麗にしてからと
買ってきた下着を持って浴室に
お風呂からあがって下着を着るとき
私は、これから娘さんの代わりにこれを着るとき頭に念じて下着を来ました。
ブラを着けるとき昔初めてブラをした時を思い出してました。
あの頃下着だけで家の中を歩き回って父に怒られたのを思い出して懐かしくかんじてた。
下着姿で主人のいる居間に行くと
父と同じ事を主人が言いました。
返事をして置いてる制服を主人の前で着ました。
着替えの終わった私を見てニコニコしてましたが
ウーンと悩んでその髪型だと中学生と言えないって言ってました。
私は、髪の毛をまとめてポニーテール
私の顔を見ながら動顔だから違和感がないと
私は、家の中だけと思ってたら
中学生の入学式の日に私に制服を着せて学校に
式の始まる前に記念撮影を
まだ式の前でまだクラス分けの名前が掲示板に貼られたとこで
私たちを気にもされてませんでした。
私は、撮影が終わると目立たないように車に戻って隠れました。
主人は、なかなか戻って来なくて
戻って来たのは、式も終わり
来ていた父兄と世間話をしながら戻って来ました。
その時に少し嫌な想像が浮かんで来ました。
四クラスある中の担任で主人が気に入った先生とクラスの生徒の写真と名簿まで貰ってきてました。
写真を撮ると娘さんの名前のアルバムに
主人の喜ぶ顔を見ると嬉しくなり
童顔をだけに甘えないでお肌の手入れをして皺が出ない努力と
髪型もその学年の女の子と同じ髪型に
学校の行事が有るときに制服を着た私が紛れ込める時は、私を連れて写真の撮影を
無理なときは、クラスの写真を撮って
別に写した私の写真を合成してアルバムに
家にいるときも制服を着せられたり
私服もそれなりのを買って中学生として生活をさせられるようになってました。
私のいる想定の学年の女の子に謎の生徒の噂もたってるみたいでした。
制服を着てる私を見かけるのが主人がそばにいるとき
主人のそばに幽霊になった娘が見えると
私服の時は、主人がいないときが多いですけど
視線を感じたときは、移動して隠れる場所があると隠れると
あとを着けてきた女の子が私を見失って
やっぱし幽霊とか話してるのを聞きます。
結婚して仕事をやめて専業主婦にって
家の位置も回りに建ってないから近所付き合いも無かったから出来てましたが
中学卒業になる頃には、数件建ちましたが
近所の人には、父親と娘だけが生活してることになってました。
夫婦の夜の営みも無くなってました。
高校は、電車で行く離れたとこの制服を主人がまた買い揃えてきて
女子高生に中学生の時と違い危ない撮影がなかったのが助かりです。
朝主人の運転で駅まで行き定期で私は、一区間電車に乗り降りるとバスで家に戻って家事を済ませて
午後に学生の帰る時間にまたバスで駅に行って一区間電車に乗って降りて
買い物をしながら主人の帰りを駅で待ちます。
時間潰しにお店を何件も回って値段の安いお店を調べてから買い物をして時間潰しにしてました。
そんな私を見かけた男の子が
休日に主人と買い物をしてるときに
私を見かけて私が一人になった時にナンパ
私は、その時ナンパされたと思ってたら
主人が戻って来たら離れて行き
今度は、私がトイレに行く時に一人になった時にメモを渡された。
主人と親子になってしまって抱いて貰えなくなってた私に
彼の連絡先の書かれたメモ
貰って家に戻る頃には、ポケットに入れたメモを忘れてたのに
制服をクリーニングに出すときにポケットにメモを見つけて思い出して
連絡してみるか迷いましたが
主人の帰りが遅くなるのがわかった日に
早めに買い物を済ませて貸しロッカーに荷物を入れて
メモを貰って一週間以上たってたからダメと思いながら電話を
そして会ったその日に媚薬を飲まされて抱かれてしまってた。
不良の彼は、ナンパで一度も成功してなかったのに
私から電話が掛かってきて私を見つけてついてきた私を自慢するために友達に見せつけて私を
私は、媚薬も効いて何年ぶりのエッチに彼に落とされてしまってた。
平日の学校帰りの時間に駅で待ち合わせ
普通に学生のデートを楽しんだり
主人の帰りが遅い日には、彼に初めて抱かれた部屋に行って
媚薬の入ったジュースを飲まされて彼の言いなりに
そこの部屋は、彼の不良友達の溜まり場で
ほんとの女子高生もたむろしてて私と彼が行くとしてるときや
私が抱かれてるときに後から来てい別の子とエッチを
私の経験したとこのない複数の男の子とエッチを
今のところ私は、彼とだけです。
彼も他の女の子を抱いたことがないみたいです。
一度駅にいるときに部屋で知り合った女の子とマックで話したときに
変わってるから注意してと
それよりは、主人と私の親子がどうなるのか心配です。
彼が家に来て主人に娘さんをお嫁にくださいと言われたらそれもまたこまりもの

彼より二つ年下と思い込んでるし
私もだんだん主人がお父さんになってきてます。
主人と寝る部屋も別々に
私は、娘さんの部屋で寝てます。
彼が出来るまでは、たまに主人のベットに潜り込んで
いたずらしてなんとかしてもらってたけど
終わったあとに主人に悪い娘だって言われてた。
主人から私を求めて来ることは、中学生をした時から無くなってました。
8
2017/03/17 06:17:04 (KmyLbMhM)
僕達夫婦は、結婚9年目で僕27才、妻の佳子(よしこ)30才です。
佳子は、 僕が中3で始めたバイト先の親っさんの1人娘です。 僕が物心ついた時には母子家庭で母と妹と僕の3人で公営住宅に住んで居て生活保護を受けてました。 御飯は、茶碗1杯、おかず、一品、で珠に青海苔の お汁で、 時々薩摩芋が入った雑炊でした。 衣服は、 近所のお兄ちゃんやお姉ちゃんの御下がりを戴いて着てました。 正月には、年末助け合い運動で皆さんからのお餅を美味しく戴きました。 すみませんメールをしてたら、当時を思い出して涙が止まりません。 仕事中にメールしながら涙をポロポロ流してるのを皆が視てるので続きは後程します。
9
2017/03/15 13:18:08 (ZGLHck/R)
結婚してから40年が過ぎました。
私は大阪の商家の生まれで、行儀、作法等厳しくしつけられ育ちました。

二十歳過ぎに公務員の夫と結婚する事になり、それまで全く男性を知らない私に母が、「何も心配しないで、相手に任せるのよ」と言って安心させてくれたのを思い出します。

新婚旅行先のホテルで、初めて見た夫の男性器に戸惑いましたが、全てを夫に任せ無事に初夜を迎えました。
初めてのセックスから夫は優しく抱いてくれ、徐々に歓びを感じる体になり、半年も過ぎると逝くことが出来ました。

数年後、夫の性癖が現れてきました。

夫婦の相性は良く、生活も安定し、何の不満も無く、勿論、夫婦の営みも、お互いの求めに応じて行っていました。

その内、ヌード写真を撮りたいと、今はデジカメで簡単に撮れますけど、当時はボラロイドカメラでした。

股を広げて何枚も撮られたものです。

下着を付けずに外出もしました。

夫が喜ぶならと割りきり応じていましたが、ある夜、いつものように抱かれ、逝きそうになった時、耳元で呟かれました。

「何処が気持ちいい」
私が黙っていると何度も言ってくるので、

「あぁ…そこ…」と言うと

「そこ…はっきり言って」 と言うのです。

大阪では女性器のことを、おめこと表現するんだと、なんとなく知っていましたが口に出して言えるはずがありません。

夫はその言葉を私に言わせたいのでした。
やっと言えたのは数日後で、小さな声で「オ…メ…コ…」 と呟くと、私を抱く夫の腕に力が入り、いつも以上に激しく腰を打ち付けて果てました。

それ以来、抱かれる度に言わされるようになり、やがて私も卑猥な言葉を発することが歓びのひとつになってしまったのです。

還暦が過ぎましたが今でも抱き合って「おめこ…おめこ…おめこ…」を連呼するような夫婦生活を送っています。


10
1 2 3 4 5 6 7 ... 100
スレッド投稿フォーム
名前
トリップ()
E-mail
 ※任意
タイトル
本文

投稿文に自動改行は行われません、適宜改行を行ってください。 # タグ使用不可
画像認証

上に表示されている文字を半角英数字で入力してください。
◇掲示板利用規定 〔必ずお読み下さい〕