ナンネットID のアカウントをお持ちですか?
 
 
[!] 強姦・痴漢・窃盗・露出・売春等は犯罪です。 体験談にはフィクションや妄想を投稿してください。 犯罪や違法行為を目的とした呼びかけや情報交換等の投稿、公序良俗に著しく反する投稿、宣伝、商用の利用を禁止します。[!]

夫婦生活報告 RSS icon
※募集投稿は禁止

1 2 3 4 5 6 ... 100
2018/04/24 19:23:25 (wHQLGklx)
4歳年下の嫁の18歳の処女膜を破った男は俺だけど、2年の交際後に別れて、2年半後に再会。
幼顔の短大生だったのに、驚くほど色っぽい美人になってて惚れ直して再び交際した。
以前は、高校を出たばかりの少女に大人の性を仕込む大人の男として接していたが、再会した嫁は女の色気を振り撒いてすっかり大人、俺も見栄張って、離れていた2年半に経験したであろう嫁の性体験を気にする素振りを見せず寛容差を示して結婚した。
でも、俺以外の男との経験は気になった。
短大生の頃は白くて可愛い下着だったけど、再会した嫁は黒や紫の下着だったし、フェラの仕方も変わったような気がしたし、肉ビラの色はあんなに赤紫じゃなかったと思う。
それから、可愛かったクリ肉が赤く腫れたように尖っていて、吸いながら舐めると大喜びした。
どんな男に、どれだけクリ肉を吸われたんだろう・・・

結婚を決めたのは、嫁のこんな一言だった。
「やっぱり、処女を捧げたあなたに抱かれるのが一番落ち着く・・・誰に抱かれても、あなたのことは忘れられなかったから・・・」
俺が嫁を女にして、性を拓いたことは、その後嫁がどんな男とセックスしても変わらない思い出として嫁の中に生きつづけていた。
嫁ほど俺の肉棒に愛情を注ぐ女は、元カノに存在しない。
俺の肉棒を見ると、嫁の目がトロンとしてきて、そっと肉棒を掴んで頬ずりする。
口に咥えると、俺は教えていない舌使いで亀頭を舐め、俺は教えてないのにタマを揉む。

離れていた2年半の間に、どれだけの肉棒に突かれたのか嫁のビラ肉は赤紫になった。
そして、あの赤く腫れて尖ったクリ肉は、口で吸われただけではなさそうだ。
何か、吸引する器具で吸い出されたのではないかと思う。
そう考えると、嫁は2年半の間に多くの肉棒に突かれたと考えるよりは、一人の男に一定期間クリ肉を吸い出されたと考えるのが妥当だろう。
ということは、嫁が黙って足を開いて吸引を待つとは考えにくいから、身動きを封じられて股間を蹂躙されたと考えられる。
つまり、嫁は開脚した恥ずかしい恰好で緊縛され、クリ肉を吸い出され、おそらくはバイブなどで肉穴を穿られて凌辱された可能性が高い。

俺は、嫁の処女を貰って性の快楽を教え込んだが、イカせることはできなかった。
しかし、再会した嫁はクリ肉を改造されて感度が飛躍的に向上し、クンニだけでイクようになっていた。
もちろん肉棒で掻き回せばのた打ち回るほど感じて、イキまくる肉穴になっていた。
離れていた2年半、嫁がされた行為を思うと、悔しい反面興奮する。
1
2018/04/23 23:00:08 (Qz9SBpcJ)
29歳のアイといいます。
高校時代から付き合っていた寝取られ願望の強い夫と20歳で結婚しました。

今週末、勤めている会社の社員さん数名とBBQに行く予定です。

楽しくバーベキュー・・・という感じでもありません。
目的はハッキリしています。

私の直属の上司である社員さんは最近、私の夫と知り合いになりました。

私を寝取られたい夫。
私を寝取りたい社員さん。

双方の願望は一致してます。

あの手この手で私を罠にかけようとしてきます。
ハッキリいってバレバレですいつも。

正直こういうのウンザリなんですよね。


このBBQ。
どーしたものか。
素直についていけば私は多分食べられてしまいます。

仕事もしにくくになろうだし。

困ったものです。
2
2018/04/23 19:19:31 (Jr.CQWwA)
清楚なイメージで結婚したら、妻は意外とスケベでした。
恋人時代に妻と何度もセックスして、妻が仰け反って喘ぐ姿を何度も見ているのに、普段は大人しくて清楚な顔立ちの妻を、勝手に清楚だと思ってしまったのです。
でも、そういう妻が好きだったので、妻も私に嫌われたくなかったから私好みに清楚にしていたんだと思います。
事実、妻は23歳で非処女でしたから、私の彼女になる前、元彼とはセックスしまくっていたわけですからね。

私28歳、妻25歳で結婚して、新婚ラブラブの頃、妻が自分の披露宴に招待した妻の短大時代の友人達も結婚ラッシュを迎え、立て続けに披露宴に呼ばれて新婚家庭の家計を逼迫させたことがありました。
その時、ある結婚披露宴の二次会から夜8時頃にほろ酔い気分で帰ってきた妻が、一人で晩酌していた私の隣に座って、しなだれかかってきました。
「あなた、暖んでるところを見ると、もう風呂澄ませたのね。私もシャワー浴びてきて、一緒に付き合おうかなぁ」
と言うとバスルームに消え、暫くして戻ると、ウィスキーを飲み始めました。
お互いに酔っていましたが、なんだか妻の方が発情した様子だったので、
「おい、ラブラブの披露宴を見て疼いちゃったのか?」
と言うと、
「あなたぁ〜〜」
とキスをしかけてきて、舌を絡めてエッチモードになっていました。
「私・・・意外とスケベなのよ・・・」
と言うので、パンツの中に手を入れるとグッショリと濡れていました。
「すごい濡れてるねえ・・・新郎新婦に触発されたかい・・・」
妻は私の手を払いのけると、パジャマのズボンとパンティを脱いで足をM字にして、陰唇をパックリ広げてぐっしょり濡れた膣口を晒しました。
「披露宴でね・・・元彼に会っちゃったのよ・・・」
「!!・・・ふ、ふーん・・・」
と流したつもりでしたが、胸がキュンとした後、フル勃起して脈打ち始めました。
「二次会で元彼とお話して、昔を思い出しちゃった・・・」
私は、妻の過去の元彼たちに激しい嫉妬をしました。

もう過ぎた過去なの変えようもない事実、私の愛する妻を抱いた元彼達のことを考えると、激しい嫉妬でガッチガチに勃起してしまいます。
だって、元彼達は妻の女体の隅々まで弄って、観察して、勃起して脈打ちガマン汁が糸を引く陰茎を妻の口に咥えさせた男が何人か確実にいるんですよ。
そして、そのカチカチに勃起した陰茎を妻の膣に挿し込んで、妻の女体を楽しんだ男がこの世に存在するんです。
妻だって、恥ずかしい恰好で陰部を晒し、本気汁を垂れ流してヨガって淫らにその女体をくねらせ、男たちの精液を浴びたのです。

私は、嫉妬に狂った陰茎を妻の膣に挿入しました。
グショグショに濡れていたので、簡単に入りました。
「ああん・・・あん・・・ああん・・・」
「元彼に再会して、お話したら、元彼に抱かれたことを思い出したのか?」
「ああん・・・そりゃあ、いろいろ思い出しちゃったわよ・・・元彼じゃなくて、あなたの直前の前彼だもの・・・」
これで少なくとも元彼は2人いたことが確認されました。
「こんなふうに、ヤッてたのかい?」
妻の好きな、膣口から少し先の上側グリグリに、
「ああ〜〜ん・・・そう・・・彼がそこを発見したのよ・・・・あああ〜〜ん・・・あなたも上手よ!あああああ〜〜〜」
「元彼はもっと上手だったのかい?」
「・・・」
妻は調子に乗りすぎて、しまったという表情をしました。
「もう隠すことないだろう。もう夫婦なんだぜ・・・」
「私・・・・前彼と付き合ってるとき、つい、職場の人と浮気しちゃって・・・それが彼にばれちゃって・・・そうしたら彼、ものすごく興奮して・・・ああぁあぁあぁああぁあぁ〜〜〜」
これで妻の膣に入った陰茎は少なくとも3本・・・嫉妬が渦巻くと同時に、妻の前彼になって妻を抱いているような感じがしました。
前彼も、嫉妬に狂って妻の膣を突きまくったのでしょう。
「はあはあ・・・ああんあんあんああああんあんあんああーーーーーーーーー!」
妻は腰を浮かせるようにして、下から突き上げてきました。
妻は・・・妻は清楚なんかじゃない・・・スケベな淫乱女だ・・・そう思いました。
「前彼にまた抱かれたい?」
「ま、まさか・・・」
「それとも浮気した職場の人に抱かれたいとか?」
「何言ってるの。今はあなただけよ〜〜。だからもっと突いて、掻き回して、めちゃめちゃにしてぇぇぇぇぇぇぇぇ・・・」
妻が力んで身体が仰け反り、僕僕震えだしたので、
「今日は中に出すぞ。赤ちゃん孕めよ〜〜」
「ああああ〜〜中に出してぇ〜〜孕ませてぇ〜〜」
私は、膣の奥にドクンドクンと大量射精しました。

私は、妻の膣口から逆流する精液を拭きながら、妻の前彼は、帰宅して家で自分の奥さんを抱いて元カノの妻とのセックスを思い出してるんだろうなあ・・・なんて考えていました。
清楚な妻を愛した男が少なくても3人いた事実・・・そして妻の本性は決して清楚ではなく淫乱・・・でもそれは、どこの奥さんも一緒なんだろうなと思いました。
3
2018/04/22 15:33:02 (5CaNk8Ln)
今月29日の金曜日博多マリンメッセへ福山雅治コンサートへ妻と行きます。28日はオークラへ泊まりますが29日は取れてません。博多で豪華なラブホは何処ですか?妻はコンサートの後は燃えてシティーホテルよりラブホで思う存分楽しみたい派です。この時は私もバイアグラで長持ちします、妻もバイブや電マでも楽しんでいます。お互い還暦ですが、妻はコンサートが終わると濡れていつでもOkの状態です。
4
2018/04/18 22:32:55 (Fr8uyFox)
かなり久々のセックスをします。
私自身かなり溜まってたので今からその性欲を爆発させてきます!
5
1 2 3 4 5 6 ... 100
スレッド投稿フォーム
名前
トリップ()
E-mail
 ※任意
タイトル
本文

投稿文に自動改行は行われません、適宜改行を行ってください。 # タグ使用不可
画像認証

上に表示されている文字を半角英数字で入力してください。
◇掲示板利用規定 〔必ずお読み下さい〕