ナンネットID のアカウントをお持ちですか?
 
 
[!] 強姦・痴漢・窃盗・露出・売春等は犯罪です。 体験談にはフィクションや妄想を投稿してください。 犯罪や違法行為を目的とした呼びかけや情報交換等の投稿、公序良俗に著しく反する投稿、宣伝、商用の利用を禁止します。[!]

夫婦生活報告 RSS icon
※募集投稿は禁止

1 2 3 4 5 6 ... 100
2018/02/21 20:03:01 (x06Vc4Ol)
今年、結婚して10年になる妻の倫子は5歳年下の35歳、女優級の美人です。
よく熊田曜子さんに似ているといわれます。
私のような平凡な男には勿体ない倫子ですが、それには理由があるのです。

妻の倫子の元彼は1人ですが、その元彼とは倫子が大学2年から卒業するまでの3年間の交際があり、マゾ調教されていました。
倫子が大学2年になってすぐ、元彼に19歳の処女を捧げました。
それからじっくりと倫子はマゾに調教されていったのです。
その様子は、ある投稿雑誌に載せられていました。
実は、私はその投稿雑誌に載る倫子に一目惚れして、ファンになっていました。
目線は入っていましたが、それでも女優級の超美人であることはわかりました。
毎月載るわけではないので、誌面に妻を見つけると大喜びで雑誌を2冊買って、1冊はオナニー用、もう1冊は保存用にしていました。
そしてその雑誌が当時の恋人に見つかって、変態と罵られて振られてしまいました。
現在も保存用の雑誌は残っています。

雑誌には、素人離れした美貌ルックスの女子大生が見せる卑猥な写真がたくさん載っていました。
元彼はご主人様と呼ばれ、ご主人様に気に入られようと自ら剃毛し、モザイク越しにもわかる無毛の女性器を晒していました。
観覧車での露出プレイ、美麗ルックスの女子大生が赤い首輪支配され、縛られて凌辱される隷属生活を撮影されていました。

投稿者のご主人様のコメントが写真位添えられていました。
被虐愛奴と書かれた正常位写真では、

"部屋に戻れば私の中出しおもちゃにされる倫子。「赤ちゃん出来ちゃう・・・」の言葉とは裏腹に恍惚の表情を浮かべます。"

と書かれ、フェラをする写真では、

"こんな美人の女が私のマラにむしゃぶりつき、勃起を促してくれるとは男冥利に尽きます。"

と書かれ、射精後の女性器のアップでは、

"激しく突きすぎたせいでしょうか、流れ出る中出し汁には血が混じっていました。"

と書かれていました。
衝撃なのは、陰核にピアスが通され、生涯奴隷身分を誓う写真です。
自分で陰唇を拡げて、ご主人様の手により、ガーゼで消毒された陰核を縦に針が貫く写真、そしてその穴にリングが着いたバーチカルピアスが通され、倫子がそれを鏡で見て生涯奴隷の身分に満足する写真が載っています。

最も可愛いのは、陰茎の味さえ知らなかったお嬢様女子高生時代の制服を着てのマゾ折檻で、これらの写真にもご主人様のコメントが、

"高校時代の思い出もろとも、令嬢マンコを犯され、「私はドスケベな牝犬です」と叫びました。"

とありました。
私は、これだけの美人女子大生に望まれて羞恥凌辱できる男が、心底羨ましく思いました。
しかし、倫子が大学を卒業したと思われるタイミングで、雑誌から倫子の姿が消えました。
1

妻の初体験

投稿者:レミントン ◆6QHSfFkf..  surgeon591
削除依頼
2018/02/21 03:12:33 (GfT2d51m)
妻の初体験を聞いてください。
妻は厳格な家庭に育ち、女子高、女子大で学び、
就職した会社も都心から離れた場所にあり、自宅と会社を往復する日々を過ごしていたそうです。
両親からは、合コンはNG、宴会は会社の忘年会、新年会、歓送迎会のみ参加OKだったそうです。
しかも門限は午後10時だったので、1次会でサヨナラだったそうです。
そんな妻と出会い、交際がはじまり、結ばれたのが妻が28歳の時でした。
28歳ではじめて男性を知り、その後結婚、そして今日に至るまで妻は私しか知りませんでした。
結婚生活では、妻として、母として、そして社会人として誰よりも真面目に取り組んでいたと思います。
そんな日々が何年も続き、気づけばお互い50歳を迎えてしまいました。
子供達にも手がかからなくなり、夫婦で過ごす時間が増え、
休日は、二人だけでショッピングやドライブなどで過ごすことが多くなりました。
今まで、夫婦生活はいたって普通でしたが、歳を重ねるごとに回数は減っていきました。
そんな時、このナンネットを知り、さまざまな性の楽しみ方を知ることになります。

何か夫婦間の良い刺激になるような事がないかいろいろ詮索した結果、
私たちのような熟年でもドキドキ、ハラハラ刺激的な気持ちになれる場所として選んだ場所、それが成人映画館でした。
夫婦でエッチな映画を見ながら興奮し、その興奮が冷めないうちにラブホでSEXしようという作戦です。
この歳になると何かのきっかけや後押しがないとそのような気持ちになれないという事もあるんです。

はじめ、成人映画館に行こうと誘った時は、「何を考えているの?頭おかしいの?」と言われる始末。
育った環境や現在の生活環境から考えれば、当たり前の反応である事は当然といえば当然。
そこを何とか「見学だけだから」と説得し、某成人映画館に入館・・・・。
普通の映画館に比べればこじんまりとした館内で、すでに10人のお客さんが来館しているのが薄暗がりの中なんとなくわかりました。
私たちは前から2列目にすわり、ひとまず上映中の映画を鑑賞。自宅で見るAVと違って、大きなスクリーンで見るエッチなシーンは迫力が違います。
この手の映画は、当然ながらストーリーよりエッチなシーンが重視されているので、ほどよいタイミングで濃厚な男女のからみが繰り返し出てきます。
はじめのうちは、ありえないストーリー展開や出演女優の下手な演技に苦笑しながら映画を鑑賞していたのですが、いつしか妻は黙ってしまい静かにスクリーンを見つめていたのでした。
スクリーンでは、満員の電車内でサラリーマン風の男性がOLに痴漢をしているシーンが・・・・・・。
嫌がるOLのスカートに無理やり手を入れ、アソコを触ろうとするサラリーマン風の男性・・・・・。
妻は、自分が痴漢でもされているかような表情でそのシーンを見つめていました。
もしや、と思い妻の太ももからスカートの中にそ〜っと手を入れてアソコに触れてみると
ストッキングの上からもでハッキリとわかるくらいしっとりとしています。クリトリスも硬くなり指先にコリコリとした感触が伝わります。こんなんで濡れるんだ〜と正直驚きました。
なので、チャンスとばかり調子に乗ってクリトリスをサワサワしていると妻から吐息が漏れはじめてきました・・・・。
映画から聞こえてくる音と違う生の声がわずかに館内に響きます。これくらいなら誰も気付かないだろうと思い、引き続きサワサワしていると
妻の吐息はあえぎ声にかわり館内に響きます。さすがに周りのお客さんも妻の様子に気付き、ジロジロと視線を注ぎます。
その視線がさらに妻を興奮させたのか腰をクネらせながら少しずつ足を開く妻、私は”ここぞ”とばかり妻のスカートをたくし上げ、
ストッキングを膝上まで下げ、パンティの上からクリトリスを執拗に何度も攻め続けます。
とうとう妻のアソコから溢れる愛液がパンティの上からでもはっきりわかるくらいにじみ出てしまいスクリーンから漏れる光に反射しています。

そうこうしている間に私たちの周りには妻を覗く男性客が集まり、無言で妻の興奮する様子を見ています。妻もその視線からくる威圧感にさらに興奮してしまい、漏れるあえぎ声はだんだん大きくなっていき、私も淫らに欲情する妻をいやらしい目で視姦されている状況に興奮していました。
その時、妻の隣に後ろの席を乗り越えて若い男性が座ってくるではありませんか!私も妻もその男性の存在に気づきながらも、どうすることもできずにしているとその男性は、私の存在を無視するかのように無言で妻の濡れたパンティを覗き込み、そのパンティを指差し、いきなり私にアイコンタクトしてきたのです。「触ってイイですか?」おそらくそういう意図だろうと言うことが理解できました。私は妻に「横の彼に触ってもらってもイイ・・・?」と妻の耳元で囁き、妻の了解を得ることにしました・・・・。2、3秒の間をおいて妻は小さく首をタテに振ってくれました。
私はその彼にOKを意味するアイコンタクトを送ると、彼はすぐに妻の太ももに手を伸ばし、その指先は優しく妻の内ももに触れながら大事な部分に近づいていきます。その指がついにパンティに触れたその時、「あぁ〜」という妻の喘ぎ声が大きく響きます。私以外触れたことのない妻の大事な部分にはじめて他の男性が触れました。さらに彼は妻のクリトリス部分を優しく撫でると「あぁ〜」「あぁ〜」妻の声は一層大きく館内に響いています。パンティの上から触っただけなのに妻の興奮度はMAXになっているではありませんか・・・・。?!
そんなに彼のテクはスゴイの?と聞きたいくらいです。
自分には見せた事のない妻の乱れる姿に屈辱感というか敗北感のような感情を覚えながらも私の股間は膨張してします。
そしてついに妻の口から「もっと・・・。」「もっと・・・。」と何かをねだる言葉が・・・。
次に進んでよいと理解した私は、妻のパンティをゆっくりとずり下げ、妻のアソコを露出させると溢れ出た愛液でオ〇ンコの周辺までトロトロになっていました。
スカートをめくられ、パンストもずり下げられ、パンティまで脱がされ愛液まみれのみだらな姿の妻を大勢の男性に見られる状況は嫉妬と興奮が入り混じったなんともいえない感情でした。
さて、これからどうなるか・・・。続きは後程・・・・。
2
2018/02/20 16:11:40 (TwaP3MVr)
私は39歳、妻32歳、妻の恋人21歳。妻の口は私の
ぺ〇スをくわえ、私は、妻の乳房の片方を揉む。彼の
ペ〇スは妻の中に入り、中だししている。妻は妊娠の
危険性を考えているのだろうか。終われば、その逆をす
る。妻の中に彼は何回入ったのだろうか。夫婦関係が
良いから良いか。

3
2018/02/19 23:42:34 (BHPH9hmf)
先日、仕事を4連休出来たのでいつもは、髭をキレイに剃っているがたまには剃らないでいてみようかと思いそのままでおりました。
その夜、妻との営みがありいつものようにしているとつまの感じ方がいつもより、激しいような気がします!妻に今日は、激しいね!?っと聞いてみると髭が、気持ち良い!との事
他の人としてるみたいなの!?続けて聞いて見たら、それはない!
という答えが帰ってきましたが、本当はそうなのかな?っと疑ってしまいました。妻も流石にマンネリセックスに刺激が欲しいのかな?っと考えてしまった夫婦生活でした。因みに結婚、13年目です。、
4

妻の恋の行方

投稿者:サスケ ◆mhA9vgNilw
削除依頼
2018/02/19 19:58:42 (EaJpK/SV)
妻が50歳になったときに、気になる男がいるなら恋愛してもいいって約束でした。
5歳下の私はすでに性欲が衰えまともに相手できません。
逆に妻は性欲旺盛で頻繁に誘われますがダメな私…
50歳の誕生日に「昔の約束覚えてる?好きな人がいたらってやつ。」
もちろん覚えていたので気になる男でもいるの?と聞いたとこと15歳年下の職場の後輩が可愛くて付き合ってみたいと妻。
彼はいまだに童貞で交際経験無し。真面目で不器用なので見た目は悪くないのに人付き合いが悪い。
そんな彼の世話をしていたら彼に好きですと言われて嬉しかったらしい。
実は妻も私以外を知らないので初恋の話をするみたいに照れ臭そう。
なんとなく興奮してしまった私は、隠し事一切無しで私に全て共有できるならと許可しました。
ボイスレコーダーを必ず持たせて全て監視してました。
週に2〜3回デートしてますが、3ヶ月たってもプラトニックな関係。
妻から誘うのは無しの約束なので彼のペースです。
先週のデートで初めて朝帰りしました。
妻が二人目の男を知ってしまいました。
5
1 2 3 4 5 6 ... 100
スレッド投稿フォーム
名前
トリップ()
E-mail
 ※任意
タイトル
本文

投稿文に自動改行は行われません、適宜改行を行ってください。 # タグ使用不可
画像認証

上に表示されている文字を半角英数字で入力してください。
◇掲示板利用規定 〔必ずお読み下さい〕