ナンネットID のアカウントをお持ちですか?
 
 
[!] 強姦・痴漢・窃盗・露出・売春等は犯罪です。 体験談にはフィクションや妄想を投稿してください。 犯罪や違法行為を目的とした呼びかけや情報交換等の投稿、公序良俗に著しく反する投稿、宣伝、商用の利用を禁止します。[!]

夫婦生活報告 RSS icon
※募集投稿は禁止

1 2 3 4 5 6 ... 100
2017/06/27 19:08:26 (jnu7TElK)
非処女だからといってヤリマンとは限らないが、処女にはヤリマンはいないのもまた事実。
非処女でも清楚な雰囲気の美人はたくさんいるが、それでも元彼と別れた時点で使い古されたマンコの持ち主として中古レッテルが張られてしまう。

昔、超美形の彼女との結婚を考えて1年近く同棲したのに、結局は別れてしまった友人がいる。
友人もその超美形彼女もどちらも変な人格ではないし、人としてダメなところはなかったし、別れた理由も、友人の突然の海外赴任という不可抗力的に止むを得ないところがあり納得できるものだった。
ちょうど時を同じくして、俺の女子大生の彼女は大学卒業とともに田舎へ戻ってしまい、私もフリーになっていた。
20歳の処女をくれた女子大生との結婚も何度か夢見た俺だったが、地元に戻る約束で大学進学をした以上、地元に就職せざるを得なかったのだ。
俺は、友人と別れた超美形彼女と上手くいったらいいのになと勝手な妄想をしていたが、待ってましたとばかりにたくさんの男達に言い寄られるんだろうなあ・・・と思って妄想だけで止めていた。
しかし半年後、清楚な超美形の彼女とある店でバッタリ遭遇し、せっかくだからと一緒に飲みに出かけて近況を尋ねたら、今も一人だと聞いて驚いた。

俺とその超美形彼女が一緒に町を歩いているところや、一緒に飲んでいるところが目撃されていて、後日、
「お前、美人だからってあんな使い古しとよく付き合えるな〜」
と言われ、他の人にも、
「1年近く同棲してたんだぞ。ヤリまくりの毎日だったんだぞ。俺は無理だなあ。友人と穴兄弟にはなりたくないもんなあ・・・」
と言われ、また、他の人にも、
「結婚まで考えて同棲した男と結局は破綻した女だよ。毎晩裸でハメハメしてた女だよ。バツイチと変わらん女だよ。友達としては付き合えるけど、恋人にする気にはなれないなあ。」
と言われた。
まだ付き合っているわけでもないのに勘違いされて、もしかして・・・と思った。
それは、気立てが良くて美人で魅力ある女性で、決してヤリマンというわけでもないのに非処女を嫌う男が結構いるのではないかということ・・・
俺は、ヤリマンでなければ非処女でも気にならないので、もしかしたら言い寄れば、超美形の彼女をモノにできるのではと思ったのだ。
この時、俺26歳、超美形の友人の元カノ彼女23歳、俺は、正面切ってこの超美形非処女に告白した。
「私でいいんですか?私、あなたのお友達と同棲経験がある女ですよ?」
と言われたが、
「俺は、君を解放してくれた友人に、心から感謝しているんだよ。」
と自分でもこそばゆくなるセリフを吐いたら、
「嬉しい・・・」
と、彼女は涙を流してくれた。

ベッドインはその2週間後、それなりの経験をしているのは織り込み済みだから、いきなりディープなキスから乳房を揉みしだき、開脚させてクンニ。
同棲経験からイメージしたドドメ色のビラビラマンコからは程遠く、薄らと赤らんだマンビラが小さな襞を作っているくらいだった。
しかし、クリの膨らみは過去のどの元カノより大きく赤らんでいて、舐め上げるとその反応は激しく、更に勃起したクリは完全に包皮から顔を出した。
かつて付き合ってきた元カノのクリは、勃起してもいわゆる仮性包茎状態で、完全に顔を出した状態になったクリを見たのは彼女が初めてだった。
彼女は、友人のチンポで培ったであろうフェラテクを遠慮なく披露し、俺のチンポを最大限勃起させた。
挿入した感触は思ったよりも緩めで、ニュルンと呑み込まれる感じだった。
ちょっと緩いな〜と少しばかり落胆していたが、その分多少激しく突いてもチンポへの刺激もまた緩いので、マン穴内を無造作に掻き回せば、チンポへの快感は穏やかでも、
「アグッ、アァ、ヒグッ、カハァハァ、ヒッ、ヒグッ、アゥゥゥゥゥゥゥゥ〜〜・・・」
普段お淑やかな彼女を大喘ぎさせることができた。
清楚な超美形の彼女の乱れる姿を十分堪能することができて満足していたら、ワナワナとチンポを波打つように締めてきた。
強烈な締め付けではない、それは軽く揉むような、マッサージされているような不思議な感覚だった。
彼女のマン穴は、緩いというより、柔らかいということに気付いた。

「かなり、感じやすいんだね・・・」
「これ、副作用なの・・・彼の・・・」
そういえば、友人が彼女と同棲している時、”オマンコってキツ次るのも考え物だよね。気持ちいいけど長持ちしないもの。ディルドでガバガバにすると少しは緩むかな?”なんて行っていたことを思い出した。
その時、俺は、”単純に女を感じさせたければクリを吸い出すと敏感になるよ”とアドバイスしたことがあった。
「副作用って、ディルド?」
「あなたにアドバイスされたって言ってたわ、彼・・・」
いや、俺がアドバイスしたのはクリの吸出しだけだ・・・あいつ、全部俺のせいにして、巨大ディルドで彼女をガバマンにしたんだな・・・その時、巨大ディルドに貫かれて悶絶している彼女の姿を妄想したら、再びチンポがムクムクしてきた。
それを見た彼女は、
「まあ、旺盛なのね・・・」
「そりゃあ、こんな美人が裸で隣にいるんだもの・・・」
この後、初めてベッドインした二人は二回戦に挑んだのは言うまでもない。

この超美形の彼女が現在の俺の女房だ。
初めて男女の関係になったときから二回戦するほどだから、その後は会うたびハメ合うというより、ハメたくて会っていたようなものだった。
清楚で気立てが良くて超美形だけれど、同棲経験があるだけでバツイチ中古扱いされていたおかげで横恋慕もなく、初ハメ1年後には婚姻届けを出して夫婦になっていた。
27歳と24歳の新婚夫婦は、毎日暇さえあればハメハメしていたのは言わずもがな。
それが、結婚17年過ぎても飽きることなくハメ合っているから女房のマンコはドドメ色。
あの頃、女房を中古だのバツイチ同然だの抜かしていた奴らはどんな女と結婚したか、何のことはない、大して美人でもなければ処女でもない三十路女と結婚してやがるから笑える。
1
2017/06/27 03:54:22 (0/pQwitE)
最近、妻とノーパンデートを楽しんでます。もちろんスカートで。スカートはミニのときもあれば長いときもあります。ミニのときはショッピングモールのフードコートで男性にスカートの中が見えるように少し足を開かせてます。見られるのが好きな妻はかなり興奮するみたいです。自慢の妻をエロい目で見られることは自分にとっても興奮してしまうことです。これからの夏場はパイパンにして楽しみたいと考えてます。
2

どうなんだろう

投稿者:戸次 ◆BawIP.T8BU  malmil Mail
削除依頼
2017/06/23 21:05:14 (iso.iCGk)
数日前に何気に覗いた某所で
寝取られ夫婦のスレッドを目にしました。

時期的には少し前から始まった様でした。

しかし ここ通日 活発に更新されるようになり
読みやすい文章、適度な画像ありで
空時間があれば更新を確認するほど
楽しみにする様になりました。

内容としては旦那さん同伴の
単独2名への貸し出し。

奥さんを
玩具で何度も逝かせてからの
背徳感を煽る巧みな言葉攻め、
執拗な単独両名の生2穴攻め、
最後は中出し.....
を記録したビデオの
内容を書き起こしたものでした。

読者からのレスには
溜まらずに抜いたという男性、
興奮が収まらないという女性まで居ましたね。

私も年甲斐も無く抜きたい衝動に駆られましたが
翌日には彼女と会う予定でしたので
悶々としつつレスを上げて我慢しました。

さて翌日。
彼女とは互いに仕事が終わってから
大形スーパーの駐車場で合流しました。

そのまま食事に行ったのですが
夕飯を食べている間も
書き込みの影響で悶々としていましたね。

食事の後
彼女[今日は どうするぅ〜?]
私[ぷらっとドライブかなぁ?]
彼女[ほぉ、んじゃ ヨロシクw]

普段なら食事の後はホテルか映画、
呑み(帰りは代行です)に行くのですが
ふらりと郊外へ向かい適当な所で車を止めました。

天気が悪かったので
たまに車が通り過ぎますが通行人は ほとんど居ません。

彼女[なにトイレ??]
私 [いや ちょっと発情中でね]
彼女[えっ、ここで するの?]
私 [いや そうではないけど.....]

と言いつつキスをしてシャツを捲くり、
ブラをずらして乳首をしゃぶりました。
恥ずかしがる彼女に有無を言わせず
取り出したローターを渡します。

彼女[え〜、ここでしろって??]
彼女[っていうか、なんでコレ有るのよっ]
私 [まぁ、いいから いいから.....]

乳首を噛んで誤魔化しつつ下着を脱ぐ様 促します。

彼女[あっ、んっ]

その勢いに乗じてクリにローターを当てるよう指示し、
そこから また車を走らせました。

私 [んじゃ 車出すよっ]
彼女[ん〜〜〜]

走ってる間は彼女の声を聞き易くするため
音楽を止めてました。

彼女[んっんっ]
彼女[ふぅ〜っ]
私 [当ててないだろ!!]
彼女[だって〜っ]
私 [罰だな!!]

乳首を強く抓ります。

彼女[ん〜〜〜〜]
私 [ほら ちゃんと当てろ!!]
彼女[んぐぅ〜〜〜〜]

そんな状態で彼女の我慢する声を聞くのが心地よかったです。

少し走って外の風景から町明かりが減る辺りから
彼女の手が運転している私の股間を擦るようになりました。

安全運転の為にも車を農道の先の作業スペースに止め
シートベルトを外しました。

擦られて大きくなって窮屈だったモノを
ベルトを外しファスナーを降ろして開放したところ
もう待てないという勢いで
洗っていないチンポを咥え
先を舐めつつ 唾液を垂らしてしごいてきます。

咥えたまま

彼女[んん?んごぐんん?]
私 [気持ちいいよ、このまま出して良い?w]

んばっと彼女は口を離して

彼女[ダメ!もう こんなんだよ?]

助手席で膝立ちして私の手を股間に持って行くと
ぐじょぐじょに濡れてて内股まで垂れてます。

膣には簡単に指が2本入りました。
びちょぐちゃ、くちゃくちゃ....
[これ 3本も余裕じゃないかな]って位でした。

彼女[あぁ〜いいぃ〜]

腰を前後し始めました。
手の平にローターを持って
クリに振動も伝えます。
乳首も抓ってと 両の手が忙しい私。

私 [すごい濡れてるの解る??]
彼女[んん〜]

彼女[ねぇ もう入れよ〜〜]
私 [今日 催促するの早くない?]
彼女[あ、解った。今日逝くの早いんだ!]

....いきなり覚めた口調で
溜まっていたので
予想通り早目に出してしまいそう......なので
助っ人のバイブをゴソゴソと出します。

私 [今日 興奮してるからマジ早い気がするから]
私 [コレ、使おっ♪]
彼女[うぅ〜〜解ったぁ〜]

バイブにゴム被せ挿入。
このバイブは大人の親指くらいの振動だけのタイプで
ローターに近い感じです。

膝立ち状態のまま右手でバイブを下から出し入れ、
左手でクリにローターをあて乳首を甘噛み。
下にはタオルを敷きました。
10分ほどで

彼女[うぅ〜ん、ん〜〜〜、ぁあああああぁ〜〜〜んっ]
私 [あれ逝った??]
彼女[そこ寝て!]

っとバイブを取り上げ彼女は私を押し倒し上に乗ってきます。

私 [まだゴム付けてないよ]
彼女[もういいのっ!入れるの!]

自分で生チンポを挿入して腰を下ろして

彼女[やっぱ チンポいぃ〜、入ってきた〜]
彼女[いぃ〜、ん〜〜、いぃ〜〜]

何回か上下に出し入れしてから腰を前後させ始め
取り上げたバイブを手渡してきました。

彼女[ふぅ〜、これも使って、ふぅ〜、ね!]
私 [んじゃ コレお尻に 入れるよ?いい?]
彼女[えぇ〜、ふっふっ、ん〜痛くなかったら....]

過去にアナルSEXは何度かあるのですが
ローション使って、時間かけても痛がってました。

さて今回は.....ローションはありません。
が 濡れ方が半端じゃないのとバイブもベロベロです。

アナルの窪みを確認して振動するバイブを当てます。

彼女[あぁ〜気持ち良い〜]

今日は良いみたいなので
バイブを少しずつ埋めていきます。

彼女[あぁ〜いぃかもっ、そこ、そこいぃぃ〜]
彼女[もうちょっと奥が良いぃかも〜んん入り口がいいかも〜]

長さが16〜17cm程のバイブが2cmほどの持ち手を除いて
根元まで入ってしまいました。
少しして気持ち良い場所に当たったのか

彼女[そこ、そこいぃぃ〜、お尻グリグリしてぇ〜、マンコ突いてぇ〜]


彼女の腰の動きに合せてアナルの中をバイブで掻きまわします。
.....バイブの振動がチンコに壁一枚で伝わってきます。

彼女[今日 お尻も気持ちいぃ〜、ぁあぁ両方に入ってる〜両方に入ってるぅ、突いてぇ〜]
私 [振動で気持ち良いから 逝きそうなんだけど(汗)]
彼女[だめぇ出したらダメぇ、そこいぃぃ〜、お尻もマンコも突いてぇ〜]
私 [いや中出しは 不味いだろ??(涙)]
彼女[だめぇ〜生がいぃ、お尻良いぃ〜]

このまま出し入れを続けると確実に逝ってしまうので
騎乗位だった彼女を助手席に倒し正常位に。

奥まで刺した状態で先っぽで子宮をグイグイ押しつつ
アナルのバイブをマンコを犯すような勢いで出し入れし.....

アナルからも んちゃっ、んちゃって音が.....
出てる淫汁が上から垂れるから全く痛いとか言わない。
でも不安になってティッシュで少し拭って確認。
血じゃない.....良かった

私 [お尻 こんなに攻められて良いのか?壊れるんじゃないか?]
彼女[だめぇ〜切れたら嫌〜でも両方良いぃ〜]
私 [んじゃ お尻から抜くか?]
彼女[いやいや 抜かないぃ〜、すごくいいぃ〜]
私 [こうやって 両方の穴使ってたら もう一人 男が必要になるんじゃない?]
彼女[2人に入れられるのぉ?ズコズコされるのぉ〜?いぃぃぃ いくっっっっぅ〜〜]

彼女は逝くまで私は漏らさずに済みました。
どうも 3Pを意識して逝ったのか??

チンポとバイブを抜いて私のターンとばかりに

私 [ほら お尻にコレ入れるよ]


チンコを触らせます。

彼女[これ入れたら 壊れるよ。怖いよ〜〜]
私 [お尻気持ちよかったろ?久しぶりに試してみよ?良かったら中に出してやるから]
彼女[お尻に中出し〜?中に出されるの?]

彼女にチンポをアナルに導かせて
ユックリ挿入......

彼女[あぁ〜入ってくる、今日 痛くないぃ、でも やっぱ変な感じ?]
私 [ゆっくり動くよ]
彼女[うん、ゆっくり、ゆっくり....あぁ〜グリグリしてみてぇ?]

グリグリと腰を回しながら
さっきから出番のなくなってるローターを取り出し
クリを刺激します。

彼女[良くなってきた、お尻 良くなってきたよ、出そう?もう出そう?]
私 [いや もう少し大丈夫だよ]
彼女[じゃぁ待って、乳首吸って、噛んで、強く噛んで〜、お尻出し入れして〜〜]
彼女[あぁ〜ちんちん お尻に刺さってるぅ〜んんん、いくいくぃっく.....出して中で出して]
私 [もう少しで逝くからな]

バイブのときと同じ様に
マンコを犯すように ぐちゅぐちゅとピストン。
その間

彼女[お尻壊れるぅ、早く中で逝って!!]
私 [苦しいか?嫌か?]
彼女[いいけど、いいけど、出して]

しばし出し入れの後

私 [逝くよ、お尻の中で、いっぱい出るぞ、精子欲しいだろ?]
彼女[出して出して出して出して]

どくどく

彼女[あぁ〜出てるぅ、お尻にいっぱい出してもらってるぅ]

二人とも汗だくでした。

.................

少ししてから だるい体を起こして
車内を片付けし、
彼女の車のある駐車場まで送り届け
その日のデートを終えました。

前はアナルのあとは
お尻が痛いよ〜ってメールが来たのですが
今回は少し 何か入ってる感じだけで
大丈夫だよって.....

よそ様のスレッドに触発されて変な開発をしてしまったかな.....
楽しかったけど
彼女が寝取られ3Pに目覚めないようにしないと
と思った一夜でした。

3
2017/06/23 20:12:35 (aNkZRTIZ)
私達夫婦も、剃髪剃毛プレイを、楽しんでいます、全身ツルツルに剃り上げた妻は、とてつもなく美しいです、たまに野外露出プレイも楽しんでいます、マネキンのように、ツルツルの妻は最高です、セックスにマンネリを感じているのなら、一度奥様を説得して、全身ツルツルに剃り上げてみて下さいね、全身ツルツルの感触に虜になること受け合いですよ暖尿道プレイも忘れないでね!
4
2017/06/22 19:13:32 (QJLeJsFS)
私は35歳、妻の由香は31歳、お互いバツイチ同士で再婚して半年が過ぎました。
私は離婚1年後の33歳、由香は離婚2年後の29歳で、共通の友人の紹介で知り合いました。
由香は小倉優子さんに似た可愛い顔をしていたので実年齢よりかなり若く見え、バツイチなんて信じられませんでした。
お互い子供はいなかったので、毎週二人きりでデートするうち求め合い、ベッドを共にするようになりました。
バツイチとは言え由香はまだ29歳、メリハリのある身体はエロボディと呼ぶに相応しく、恥裂からは赤紫の恥唇が少しはみ出していましたが、ドドメ色にはまだ程遠い変色でした。
先天的なのか前夫に吸われたのか、恥豆は腫れ気味に歪んで敏感でした。
お互い、結婚して性生活を営んだ経験から性行為には積極的で、私は小倉優子さんに似た可愛い由香との淫らな行為にどんどんのめり込んでいきました。

私が由香にプロポーズし、再婚する意志を固めたある日、私あてに見知らぬ差出人から宅配便が届きました。
中には、箱に入ったバイブ、ローター、バキューマーとDVD-Rが入っていました。
DVD-Rがとても気になった私は、再生しました。

赤いロープで縛られた乳房にバキューマーが吸い付いた画面が映し出され、アップになると乳首が吸われていました。
微かに聞き覚えのある由香の声が聞こえました。
「止めてください・・・ああ・・・あなたとはもう他人です・・・」
この会話から、凌辱を加えているのが前夫だと推測されました。
画面がゆっくり引かれると、椅子にМ字に足を開かれた全裸の由香が映し出されました。
「手間かけさせやがって・・・初めから素直に縛られろ。抵抗したってお前の力じゃ無理なんだよ。弱点を知り尽くした俺に適うと思ったか?ふふふ・・・これから何をされるか知っているお前は、嬉しくて濡れてるんだろう・・・」
画面が由香の恥唇を映し出すと、パックリ割れた恥穴からトローリと愛液が流れていました。
「くくく・・・やっぱりヌルヌルじゃねーか・・・まだマンコには何もしてねーのに、期待してるみたいだな・・・」

一度カットが入り、場面が変わると、バキューマーで吸われて異常勃起させられた乳首にゴムリングが嵌められ、その乳首をローターで刺激されて悶える由香が映りました。
「あぐーーーっ!ああっ、ひぃーーーーーっ!いぐぅーーーっ、かはぁぁぁ・・・ひいっ!ひいっ!ひーーーーっ!」
由香は切なそうに眉間にシワを寄せ、涙目で半開きの口からヨダレを垂して悶えていました。
前夫らしき男が生のイチモツを由香の恥穴にあてがうと、
「いやあぁぁぁぁぁぁ!それはだめえぇぇぇぇぇ!私たちもう夫婦じゃないのよっ」
「お前、再婚するんだって?俺に肉体改造されてヨガッてた変態マゾだってことを隠して、幸せな結婚生活ができると思ってるのか?俺をご主人様と呼びながら悶えてた過去を消せるのか?」
と言って、由佳の恥穴にイチモツをズブズブと沈めて腰を振りはじめました。
由香の腰を掴んでグリグリ押し込むように腰を使うと、
「あぁぁぁぁ・・・ああ、ああ・・・ひっ・・・あ、あ、あ、あ、あ、いっ、いくっ、ああ、ああああ・・・」
由香はあえなく逝かされてしまいました。

逝かされては恥豆をローターで責められ、バイブで掻き回されて悶えながら覚醒して、またイチモツで逝かされていました。
「いぐうぅぅぅ・・・ああああ〜〜〜あぐっ!ああああああ〜〜〜いぐうぅぅぅぅぅぅ・・・」
吸い出されて腫れた恥豆をローターで責められ、バイブで恥穴を抉られ、イチモツによる快楽地獄の繰り返しに、由香は完全にマゾモードになっていました。
「ああ〜〜〜いいですぅ・・・ご主人様〜〜〜由香のオマンコが蕩けてますぅ・・・ああ〜〜いいいわあぁぁぁ・・・ご主人様のオチンポ様ぁ〜〜〜オチンポ様で逝かせてくださいぃぃぃぃぃ〜〜〜逝くぅぅぅ〜逝くぅぅぅぅぅぅぅぅオマンコ逝っちゃうぅぅぅぅ〜〜〜・・・」
私は震えが止まりませんでした。
あんなに可愛い純情そうな由香の変わり果てた淫らな喘ぎ声に堪えられませんでした。
私が由香との再婚を真剣に考え始めていた頃、由香が前夫から復縁を迫られていた事を知りませんでした。

なおも続く責めに、
「あああ〜〜〜また逝っちゃう〜〜〜〜逝く逝くオマンコ逝っちゃうぅぅぅぅーーーーっ」
と全身を痙攣させながら逝きかけると、前夫はバイブを抜いて、
「チンポを入れてやるからな・・・」
「あっ、ダメよ・・・ああん・・・入れちゃダメ・・・私たちもう・・・」
「そうかダメか、じゃあ止めるか・・・」
というとイチモツを抜きました。
「あっ、抜かないで、止めないで・・・ああん、い、いいわ、いいわよ、ああ〜〜〜ん・・・」
「ふふふ・・・お前の大好きな中出しをしてやるからな・・・ああ、出そう・・・」
「ああ、ああ、いい、あ、あ、あ、あ、もういい、中に出して、中に、中に出して」
「出すぞ、中に出すぞぉぉぉぉぉぉ〜〜〜」
「きて、出して、いぐううう〜〜〜あ、あ、あ、あ、いぐうぅぅぅぅぅぅぅぅ・・・」
前夫は由香の恥穴の中にタップリと精液を出しました。
動画は、由香の恥穴から流れ出る前夫の精液のアップで終わりました。
私は、別れを覚悟しました。
私の元を去り、由香は前夫の元へ戻って性奴隷として生きていくのだとと思いました。
5
1 2 3 4 5 6 ... 100
スレッド投稿フォーム
名前
トリップ()
E-mail
 ※任意
タイトル
本文

投稿文に自動改行は行われません、適宜改行を行ってください。 # タグ使用不可
画像認証

上に表示されている文字を半角英数字で入力してください。
◇掲示板利用規定 〔必ずお読み下さい〕