ナンネットID のアカウントをお持ちですか?
 
 
[!] 強姦・痴漢・窃盗・露出・売春等は犯罪です。 体験談にはフィクションや妄想を投稿してください。 犯罪や違法行為を目的とした呼びかけや情報交換等の投稿、公序良俗に著しく反する投稿、宣伝、商用の利用を禁止します。[!]

寝取られ体験談 RSS icon
※彼・彼女・旦那・妻を寝取られた体験談をお待ちしています。

このBBSに投稿下さった内容は雑誌、書籍などに掲載される場合があります。 ご承知のうえ投稿してください。当サイトに投稿された文章の著作権は、すべてNAN-NETに帰属するものとします。
短文の体験談は【禁断の木の実】に移動させて頂く場合が御座います。
1 ... 538 539 540 541 542 543 544 545 546 547 548 ... 553
2011/07/20 17:34:33 (HKtqtruk)
(続きです…実を言うと本当に辛くて、誰かに言いたいが為に
 書き始めたのですが、気力が萎えかかっていてやめようかと、
 思ったのですが、皆様の温かいご意見を賜り、続きを書く勇気
 がでました。有難う御座います。。)

妻はヒクヒクしながら、Kのチンポを左手で握り、
うらめしそうな目で、Kのチンポをとろけた目でボーと
見つめています。。。

私は愕然と覗いていました。。
(なんで・・・なんで・・・・)
と、、頭が真っ白で左右に頭が触れます。
(これ以上、見れない。。。)
そう思い、部屋に戻ろうとして、再度、目を移した時、

妻は、
「お願い。お願い。もう欲しい!」
と小声で懇願しています。。

(そんなにか・・・ちくしょう・・・ちくしょう・・・)
もう私自身、全身の力が抜け茫然とガラスの反射越しに見て
います…

Kは挿入せず、69の体勢を解き、バックスタイルの妻に、
指を入れ、もう片方の手はK自身の手首を押さえ、
力の限り 妻を掻き回してします。。
「ぁ・ぁ・ぁ・ぁ・・・・!!」

妻は無音に近い、微声な歓喜を上げ、手をつっぱりながら、
しばらく攪拌された後、絶頂と共に愛液を振りまきながら、
崩れ落ちます。。。

妻のあんなイキ方を見たのは初めてです。。
明らかに、私の時より身体中で悦んでいるのが一目でわかります。

妻はお尻だけを突き上げた格好になり、痙攣しています。
Kは、しばらく妻を見て、自分の手にツバを付け、
自身のソリ上がった巨根に塗りつけ、
妻へと標準を合わせます。

(もう無理だ。。見れない・・・)

私は、静かに退室しました。。。
今思えば、その時、怒声と共に止められたのかもしれません。。
皆様には何て思われるか分かりませんが、
…正直、
怖かったんです。
未だに全てを失った事は理解できませんでしたし、
今更出ていく、覗き行為も相手に対し恥ずかしいかったのです。
おかしいかもしれませんが、そうでした。。

私が退室したのと同時に、妻の狂声が耳に入りました。。

私はそのまま、無音で寝室へ戻り、ベッドで声無く泣きます。。
寝室からはまったくリビングの狂行の音は聞こえません。。
全てがどうでもよい感覚で、頭の中だけが宙に浮いている、、
そんな感覚です。。
私は自分でも分からない内に眠りに落ちていました。。


翌朝。。

妻は何もなかったように私の隣で眠っています。
リビングに行くと、Kの姿もありません。
私は無音で着替え、慣れないパチンコ屋へ向かいます。。
1時間後、妻から2回 電話が入りましたが、
出る気になれず、ほうっておくと、メールが入り、

「おはよー^^身体は大丈夫? 死んだように寝てたゾ☆
 2日酔いでしょ?ドコにいったの?><」

(寝てなかったし。なんでコイツはヘーキなんだ。。)
そんな思いと共に、恥ずかしながら現時点では
彼女に整理が付けられず、

「大丈夫だよ。仕事で呼び出されて、休日出勤の奴らの
 手伝い。悪い今日はたぶん、遅くなる」

と返答。

「そうなんだ。起しても良かったのに^^;朝ゴハンは?」

等々の無駄なやり取りが続きます。

パチンコは、やはりよく分からず、無駄使いを続けるのも
バカらしく、近隣のネットカフェで時間を潰していました。

妻からメールで、
「私も急に友達がランチ&買い物行こう!って誘われたから
 行ってくるね。夕方には私は戻るからねー チュ♪」
と入る。

「了解」
と返事をする私。

夕方、時間潰しにも潰し飽きて、帰宅しました。
(シャワーしたい・・・)
思えば昨日からシャワーもしていない。何も食べてない。。

妻はまだ帰宅していませんでした。
シャワーを浴びてると、
浴室のドアを開け、
「ただいま!」
「うぉ!」・・・マジでビビりました。
「キャハハ。ビビったぁ?身体大丈夫?」
「ああ。大丈夫」髪を洗い続けます。
「ゴハン作るね」
妻は友達とのお出かけで、だいぶ機嫌がよさそうです。

妻との夕食の間、
昨日はあの後、私が心配ですぐに帰った事。
Kが家まで送ってくれた事。
私が死んだように寝てた事などを、妻は語りました。

確かに私は飲むと何が起きようと、起きないタチです。

(ソレを利用してか。と無愛想にTV越しに答えるだけです)

「体調悪いし、もう寝る」
心配する妻をよそに、寝室で昏々と眠りにつきました。
あまりに早い就寝から4時頃に目が覚め、横では妻が
寝息を可愛らしくたてています。
(まだ愛してる・・・実感します。胸が張り裂けそうです)

しばらくボーとしていると妻のケータイが光っている
事に気が付きます。

あまりにヒマで、見た事ありませんが、妻のケータイを
見る事にしました。昨日の事があるからでしょう。。
妻が気になります。。

妻のケータイメールの内容は私を愕然とさせる内容でした。。
記憶の限り、正確に書きます。(A=A美)

《昨日》・・・(時間からカラオケの最中か、飲んでいる最中)

K「A美ちゃんのイキ顔、超カワイかったよ^^」
A「キャー*--*」
K「俺のはどうだった?(笑)」
A「超大きかった・・・*--* 顔が痛い^^;」
K「ほしい?」
A「最後までシテくれないと困る*--*」
(終わり)

結論から、
・3人で飲みながら、2人でメールのやり取りをしていた事に
なります。
・いつアドレス交換したのか変わりません。
・確かに2人は時々メールは打ってました。
・そして、カラオケのトイレが全てなのでしょう。
 KはA美をトイレでイカせた。
 そして、A美はKのモノをしゃぶった。
・A美はイカされ、Hがしたくて堪らなくさせられた。
これが、前日のメールからの結論です。

そして、《翌日、土曜日》

K「おはよー。昨日はA美ちゃんカワイかったね。またしようね」
A「うん*^^* 昨日は抱いてくれてありがとう*^^*
  Kクン…すごかった… また抱いてくれるの?*--*」
K「もちろんだよ!今スグにでもA美ちゃんにもっとHな
  ことしたいくらいだよ^O^」
A「*^^*ウレシ。…今日は○○仕事で遅くなるって^^;」
K「あいつ今日仕事だったんだ?」
A「うん。急に呼び出されたって」
K「A美ちゃん。。昨日はホテルHできなかったから、
  思いっきりH出来てないよね?^^
  1回しかしてないし、約束通り、5回しないと!
  今日出て来れる??今ならホテル空いてると思う」
A「*--*ホントに?… 今から用意します…」
K「^^じゃ、俺も着替えて迎えに行くから家で待ってて」
A「はい*-‐*」

これが次の日の結論です。。
また書きます。。。

 
2711
削除依頼
2011/07/20 14:32:08 (c58c6SzO)
今夜、妻の美穂が寝取られます。
私達夫婦は私が31才で妻の美穂が28才。五才の息子が一人です。

妻は男性経験は少なく、私含めて四人です。

事の発端は、先々週妻とエッチをした時。
普段は玩具など使わずにエッチしてるんですが、その日は子供が早い時間に寝た事もあり、たっぷり時間があったので玩具を使い楽しんでいました。
妻のマ○コに極太ディルドを入れながら私のをフェラさせる擬似3Pなどをしました。
私のより遥かに太く長いディルドが気持ちいいのか、妻は自分でディルドを出し入れしながらフェラしてるうちにイッちゃいました。

エッチが終わり腕枕しながら会話をしました。

私「凄い感じてたね」
妻「めちゃ気持ちよかった♪」

私「3Pみたいで興奮したの?それとも玩具が良かったの?」

妻「う〜ん。両方だけど、玩具はパパ(私の事)のじゃ当たらない所にも当たるのが気持ちよかった!でもちょっと堅くて棒みたいだったからなぁ。もっとリアルだったら最高かも(笑)」

私「玩具くらいの大きさの本物で突かれてみたいって思った?」

妻「え!?こんな大きい人いるの?いるならお目にかかりたいわ(笑)」

私「ネットで探してみる?多分いると思うよ。」

妻「探すのいいけど、見つかったらどうするつもり?」

私「俺の見てる前でなら他人とエッチしてもいいよ。」

妻「本気で言ってるの?それを口実に自分も他の女としたいだけじゃないの?」

私「いや。美穂が感じてる姿を客観的に見てみたいんだ。」

妻「パパってそんな変態だったっけ?ちょっと考えさせて…」

その日はそんな会話をして、妻は少しムッとした感じのまま眠りにつきました。

でも私には妻は乗り気だな!という予感があったので、色んなサイトでチ○コのでかい男を探し始めました。


それから五日程経った日、私は仕事中でしたが某サイトからメールをくれた、ある男性と会いました。
彼はKさん。43才で普通のサラリーマンとの事。顔は大○たかお風の清潔感ある感じ。

Kさんがこれからセフレに会ってエッチするから、実物を見て欲しいと言うので付いていきました。
詳しい話しは割愛しますが、自慢するだけあって素晴らしい物でした。ウチの玩具より少し大きいように見えました。

見学もそこそこに、アドレス交換をして、その日の夜。

子供が寝た後、妻からの一言。

2712
2011/07/19 16:13:08 (0v1Rjmy.)
(続きです…)

しばらく、うだられて、見る事も出来ませんでした。。。
ものスゴイ衝撃です。。。

前記にも書きましたが、妻は陰部をさわろうものなら、
「最後まで責任持ってね♪」
と毎回 私に言います。。

その陰部をKに触らせているという事は、
「最後までして」
というサインなのでしょうか。。
そして両手で顔を抑えるしぐさ。。
あれは妻が感じているサインなのは私は知っています。。
完全にKに身体を許しているという意味を示します。。
強いていうのであれば、「K君とSexしたい」
という事なのでしょう。。

私は以前の元彼女からそうなのですが、相手が違う人に
気が移るのであれば、それは自分自身(私)に問題があり
特段止めません。

なんていうか、去る者追わず、来る者拒まず的な性格です。
《Hの相手だけじゃなく》

酔いも手伝って、
(A美もKとしたいならすればいんじゃんかよ)
と半ば、投げ槍 的な気分にもなります。

だって人の目を盗んでは、イチャつきまくるのですから。
(もう知らん)
という気分です。。

私が戻ってくるだろうとKが思っている方向に歩き出し
席に戻りました。

「よう。遅かったじゃねぇか(笑)」とK。
妻は無言。
「あぁ、ちょっと気分悪くてな・・・」
「昔から俺より酒弱いからなー」
「あぁ、わりぃ。 今日帰るは」
「大丈夫?」と妻。
「あぁ大丈夫だよ。少し酔っただけだ」
「まだ飲み足りないなら飲んでてもいいよ」
「そうかぁ!悪いけどな!」とKは嬉しそうだ。。
「でも。。。」と一応か、躊躇する妻。
(もうどうでもいいよ。ヤリたいならヤれはいいだろ。)
完全に怒ってる自分がいます。

「…そう?早めに帰るからね^^」と妻。
(完全に裏切りやがったコイツ)
「・・・K。悪いけど、勘定よろしくな」
「あぁ、気にするな」

私は店を出て、目の前のコンビニの前で座り込みました。。。
(完全に裏切られた・・・離婚か・・・)
うだられて、目に付くものを蹴っ飛ばしました。。
完全に頭に血が昇ってます。

このまま家に帰る気にならず、片っ端から知っている女の子へ
電話してみましたが、誰も来れないとの事。。。

フーゾクでも行くか。。。と思った時、
店からKと妻が出てきました。
私は(特段、隠れる必要ない)と腹に決め、彼らを見ていました。
(私が店を出てから10分か15分くらいしかたっていません)
しゃがみこみながら、彼らを見ていたのですが、彼らは
全然気が付かず、Kは妻の肩に手を廻しています。

道路の反対側とはいえ、まったく気づかずに私の前を通り過ぎます。

私は50〜60mくらい彼らが先に行った所で、起き上がり、
彼らを尾行していました。

(これで家まで送るのであれば、Kも見上げたものだし、
 妻も許せる)

淡い期待でした。。

そのまま彼らは、ホテルへ直行。。

後ろを気にする様子も悪びもなく、妻の頭はKの肩に寄り添って
います。。

(完全に裏切られた・・・もう本気でどうでもいい・・・)
その場で崩れ落ちました。。

私は、フーゾクさえ行く気が萎え、タクシーを拾い、自宅へ帰る
事にしました。。

自宅につき、シャワーも浴びず、寝室のベッドに倒れ込みました。

怒りで身体が熱いのでしょうか。。クーラーをかけ、しばらく
したら、玄関が「ガチャッ」としました。

(!?A美が帰ってきた!直前で思い直した?!)
起き上がり、玄関へ向かおうとした時。

「帰ってる?」と、なんとKの声。
「うん。靴がある」と小声の妻。
(ハッキリとは聞こえませんでしたが、確かにそうです)
私はとっさに、またうつ伏せになり、ベッドへ倒れ込みます。
(おそらく)妻が様子を見に来ました。
「ガッチャ… …ガッチャ」
開けて、寝てる事を確認して閉めました。

しばらくしてシャワーを浴びている音が聞こえます。

またしばらくして2人目のシャワーの音が聞こえます。

そして、しばらくして最大の衝撃です・・・

「ぁん・・・ぁん・・・」(ものすごく小声ですが…)
(あいつらヤリはじめやがった・・・)
(ヤリたいならヤレ!)
もう完全に投げ槍です。。

(尻軽女め・・・もう完全に離婚だ。好きにしろ)

・・・・

しばらくして、私も気になり。。
(尻軽女の乱れぷりを見てやんよ)

奴らは、リビングのソファで行為をしている。
軽くノブに触れたがカギがかかっている。
コインでもあれば開けるのだが、万が一の為の時間稼ぎだろう。
しかし、キッチン側からは入れる。

その間も、
「ぁん・ぁん」と妻にしては小声でKに甘えています。
キッチン側から忍びこむと、更に声はハッキリ聞こえ、
シックス・ナイン中です。

私もびっくりしたのですが、Kのモノが大き過ぎです。
かるく私の2倍はあります。
確かに、仲間内でも大きい方のK。
しかし膨張率がハンパじゃない。。
(アレが昔から女にモテる理由か…)
妻も一生懸命にKのものをしゃぶっていますが、
Kの愛撫にガマンできずに、口を押えながら
シャチホコのように、Kにまたがり悶えています。

そしてしばらくして、痙攣しながら、両手で口を押え
「ぁぁぁあん♪」
と69状態でKのチンポへ倒れ込みました。

Kは愛撫をやめません。。

妻はヒクヒクしながら、Kのチンポを左手で握り、
うらめしそうな目で、Kのチンポをとろけた目でボーと
見つめています。。。


今日は。。。ここまでですみません。。。



2713
2011/07/19 14:08:22 (0v1Rjmy.)
(続きです…)

「そろそろ上がるかー」と、もう乗る気がなくなりはじめてる私。

「そうだなー。A美ちゃん 次どうする〜?」とK。
「このまま帰るのもなんだし、もう1件いこーよー!」
妻は相変わらずテンションが高い。。
「だな!いこーぜー!」

話しの流れからもう1軒行く事になり、私は動揺を隠すヤケ酒と
走り廻ったせいで、酔いがかなり回っていますが、雰囲気を未だに
大事にし近くの居酒屋にいく事になりました。

居酒屋までの道中、妻を間に挟み、妻は両方に腕組みをしながら
妻と友達は上機嫌です。
(胸があたるだろ)
私は心中、穏やかではありませんが、やはり友達に対する器の
大きさを気にし、表面上は2人と同じく上機嫌を装います。
突然Kが、
「A美ちゃーん。おっぱいが当たるんだけど」
(!こいつ!)
「大きくなっちゃうからやめて(笑)」とK。
「キャハハ。カワイー。そんなんで大きくなるようなウブ
でもないしょー(爆笑)」
(なんでKがウブか どうか お前が知ってんだよ)

そんなハイテンションのやり取りをしながら居酒屋に着き、

店では掘りごたつ式のテーブル席で、私の隣に妻、目の前に
Kという配置。
(わ〇という深夜までやっている薄暗い店内のチェーン店です)
これでは妻もKもお互いに触れる事はできず、安心です。
妻は終始、私の腕に寄り添い 会話していて、話しもかなり盛り上がって
いたので、嫉妬心は無くなってきて楽しく飲めました。

その店で30分くらい経つと段々、話が下ネタ話しなってきて。
(基本的にKは下ネタ話しが好きです)
「お前らは子供作らないのか〜?」
妻は照れながら、
「特に意識してないけどできないね〜」
(当たり前だ。全部外出ししてんだから)
と思いましたが、
「まぁ自然に出来たら出来たらで」と受け流す私。

余談ですが、妻は付き合った当初より、コンドームは
気持ちよくないから、そのままシテ。
との要望から妻とのセックスでゴムを使用した事はありません。

「最高 日に何回やるんだ?」と、Kの下ネタ話しは止まりません。
「付き合った当初は3回だっけ?4回だっけ?」と私に聞く妻。
(3回だけど)
「4回だよ。」と、見栄がでます。
「ふーん・・俺は未だにそのくらいフツーだぜ」
「最高は7・8回した事ある」
「!スゴーイ!」と喜ぶ妻。
(私も負けずに同調して)
「スゴイな!お前。最後の方 出ないんじゃねぇの?」
「出ないよ。ヘンな水みたいのが出る」
(妻は爆笑している)
「前戯も得意ワザがあるから、入れる前に相当イカせるぜー」

「…得意技ってなぁに?」と微笑しながら妻が返す。
妻の横顔を見ると薄暗い店内でも分かるくらい、妻の頬が薄桜色に
なりながら、上目づかいでKを見てる。

(…??)

(…!!)

(もしかして、カラオケ屋のトイレでイカされてねぇだっろうな…)
そんな予感がよぎります。
(まぁそんな事まではしないか…さすがにな…声も出せないし…)

「それは俺とHしたヤツしか教えらんねぇーなー」
「お前、偉そうだな!たいした事ねぇーだろ?ホントは!」
と、これ以上、この話しを妻に聞かせたくありません。
「バカだなお前。相当 強いぞ俺は!」
「わーた。わーた。強い強い。」
妻は爆笑している。
「お前はちゃんとA美ちゃんイカせてるか〜?」とK。
「バーカ。俺とA美は相性バッチシなんだよ」
「ねー。A美」
「うん^^バッチシ^^」
「仲がいい事ですな」とKが笑う。
その会話の途中、店員が灰皿を変えにくいる。
一瞬灰皿に目を移した瞬間。私の視野の中で、
妻がKに、見つめながら軽く首を横に振る。
それに同調し、Kは目線でうなずく。

(??なんなんだ??)

(意味がわからん…)

「ソレ、私キライだから要らないよ…」
と、つまみの しめ鯖をKに返す。
(あぁ、しめ鯖ね。とその時は思った)

また私は尿意を催して、トイレに向かう。
妻とKは対面しているし、仕切りがあるとはいえ、
広間になっている部屋ので、何にも怖くはない事は
ありませんでしたが、ほとんど、
(ここなら安心)
という気持ちの方が大きかったです。
ちょっと奥まったはじっこの席ですが、人もマバラにいます。

トイレを終え、席に戻ろうとして、□(しかく)通路になって
いるので、ワザと反対側から様子を見ようとして妻達の席を
覗くように確認しました。

・・・・
別段、盛り上がっている様子もなく、席もそのままでしたが、
妻はうつむいているように見えました。

私は、覗いている体制がの他の人に不審がられるのがイヤだった
ので、曲がり角の所でしゃがみ込み、電話をしているフリをし、
様子をみようとしました。。

「!!!」

衝撃が目に入りました。。
Kの足がまっすぐに伸ばされ、妻のワンピース スカートの中に
すっぽり 入っています。
妻は手を下に降ろし、うつむいているのだか、上目づかいなのか
私の位置からななめ後ろになるので表情が確認できません。。
ただ、Kは妻を見つめているのは確認できます。
チラチラと私が帰ってくるだろう方角をしきりに目を配っています。

・・・(マジかよ・・・なんで・・・)
落胆してケータイをそのまま落としました。。
うだられて見る事もできなくなりました。。

(イヤだったら抵抗するよな・・・)
(抱き合う事や、キスならまだしも・・・)
(妻の胸はツバ臭かったのは・・間違いではないのか・・・)
(今、現時点の行為は明らかに、私への背信行為ではないのか・・)

色々な事が頭をよぎります。。
もう一度、妻の席に視線を送ると、

妻は両手で顔を覆っています。。

Kはムキになった顔をしながら足を動かしています。。

Kは視線だけを私が戻ってくるだろう方向を盛んに気にします。
(そっちには俺はいねぇよ・・・)

しばらく、うだられて、見る事も出来ませんでした。。。
ものスゴイ衝撃です。。。

すみません。。また気分が萎えました。。。
気力が戻ったらまた書きます・・・

2714
2011/07/18 18:27:36 (oWIvVOnd)
この間、妻と友達の3人でカラオケに行った時の事です。
投稿していても心が痛みます。。

その日は私の高校からの友人と妻で飲みにいく事になり3人で
調子よく飲んでいて、盛り上がっていたので2次会でカラオケに
行く事になりました。
1件目で日本酒をかなり飲んだこともあり、カラオケでもかなり
盛り上がってて楽しい時間でした。
2時間くらい歌った(飲んだ)でしょうか、かなり酔いも廻って
きて、妻もいい調子で、友達にくっついたり、肩を廻しながら
一緒に歌ったりしていました。
私の親友でもありますし、仲良くしてもらっているのは
微笑ましくらいで、嫉妬感は全くありまんでした。
友人(Kと呼びます)は歌が上手く、妻も
「K君!次コレ歌ってー。私も一緒に歌う♪^^」
とノリノリで、オンチな私は、若干肩身が狭い思いをしましたが、
まぁそれは仕方ない。盛り上がってるし問題ありませんでした。
しかし、時間が経つにつれて、妻がKに接着する時間が多く
なってきて、
「・・・・」
ちょっとヤキモチを焼く気分になりましたが、
(まぁこの雰囲気を壊したくないし・・)
的な感じから とやかくは言いませんでした。
私が尿意を催し、
(俺が出ていったら、こいつらもっとイチャつくんじゃ
 ねぇだろうな・・)
妻とは結婚半年。
自分でも妻が私を愛している事はすごく伝わりますし、
私も妻をもの凄く愛してます。
愛の営みは2日と空けません。
(ありえないか・・(笑))
と思いつつも、疑惑を拭いきれずにいて、
トイレに行き、2人にするのが怖い気反面、妻の愛を試したい
気持ち反面になり、ガマンも出来ないのでトイレに行きました。
トイレが混んでいてすぐに戻り、ドアを開けると、
「!」
・・・2人が正面から抱き合っていました。。
ドアを開けて、妻がビックリしたようで、すぐに離れて
部屋を出て行ったのです。。
(マジかよ・・・)
怒りより落胆でした。。
まだ、私が入ってきても抱き合ったままで、酔ったフリでも
していれば、弁解がつくものの、慌ててやがった。。
おわかりでしょうけど、妻に罪悪感があったのです。
悪い事をしたと自覚している訳です。
「ノリで」
は言い訳になりません。(後で言い訳していましたが)
私は雰囲気を壊すのがイヤで気にせずそぶりで過ごして
飲み続けていました。
動揺が友達に伝わり、器の狭い男だと思われたくも
ありませんでした。
しかし、心は動揺していて、手さえ震えます。
私が動揺の色を出さないのが、妻も友達もノリだと私が判断
したのだと思い込み、変わらず盛り上がっています。
(妻は出ていったあと、すぐに「トイレだった」と
 帰ってきました)
しかし、腑に落ちない点が、
それから、あまりKと妻がくっつきません。
(しっかり意識してんじゃねぇの?)
という感はありましたが、雰囲気はそのままキープ。
(確かにノリで、そういう事もあるけど、お互い反省してるな)
と自分でも落ち着いてきました。
結構飲んでいるので、トイレが近い。しかもさっきは混んでて
出していない。少し怖いが、またトイレに出ました。
またトイレが混んでる。
部屋にすぐに戻ろうとして、さっきの事もあるから若干怖かった
のですが、部屋の近くまで行き、ガラス越しに部屋を除いたら、
・・・・「!!」・・・
今度は2人抱き合ってディープキスしています。。
私はとっさに、2人から見えない角度から鏡越しに見える
角度へ身を隠してしまいました。
しばらくし、2人はキスを終え、離れ際に、軽くフレンチキス。
私が帰ってくる時間を考え、短時間で離れたのが分かります。。
私はショックを隠せないながら尿意もありトイレに行き、
(妻もかなり飲んでるし・・・)
と自分への言い訳をつくりながら、冷静になろうとしていました。
何気なく戻ると、2人は談笑しながら、
「遅いゾ!」
と迎えます。
「わりぃ・わりぃ!大きいほうだ!」
と、未だに雰囲気を気にする自分がイヤになります。。
またしばらく飲んでると、今度が妻が
「トイレ!」
と部屋を出ていき、30秒も経たないウチにKも、
「近いな〜!」
とトイレに出ました。
部屋に2人にする時は不安でしたが、2人が別々に出て
行くときは、まったくのノーマーク。
何も不安ではありませんでした。
しかし、出ていって5分くらいして、
(遅い!もしかして外でイチャつくつもりじゃないだろうな)
と気が気じゃなくなって、私もトイレに行きました。
トイレにはKは居なく、
(どこ行った?!まさか外か?)
(イヤそんな事はしないだろう・・・)
(とりあえず、妻の所在さえ分かっていれば危険はない)
そう思い、女子トイレに、酔った女子を心配する彼を装い、
女子トイレの扉を開け、
「おーい、A美〜、大丈夫か〜」
と声を掛けました。
「・・・・」
扉を開けただけじゃ中がわからないL字トイレ内で
人の気配だけがない事だけわかりました。
(アレ?A美もいない。まさか本当に外に2人で出やがったか!)
急いで外に行き、カラオケ屋の建物を1周しましたが、
KとA美は居ません。
貴重品も気になったし、すぐに部屋に戻ると、A美が戻ってました。
「バックもおいてドコ行ってんのよー」
A美に言われる。
「お前がドコに行ってたんだよ!」
「ん?トイレだよ?だってさっきトイレで声かけてくれたじゃん」
「居たのかよ!返事しろよ!」
「しようとしたけど、となりにも入ってたから恥ずかしくて〜
大きいのしてたし(笑)」
「そうか。。」
とKも入ってくる。
「ドコ行ってたんだよ?」と私。
「ん?トレイの後、ちょっと嫁から電話きて電話してた」
「ふーん・・遅いから怒ってんのか?(からかい)」
「ぜーんぜーん、気にする事ねーよー、今日は飲むゾー!」
「おー!」(妻)
また雰囲気よく飲みだして、あまりKばかりに妻にくっくかれる
のがイヤなので、今度は私がKに見せびらかせるように、
妻と肩を組み歌いはじめました。
妻もノリよく私と肩を組み、歌っていました。
私はもっと仲が良い所を見せつけようと、お酒の勢いも手伝い
「うぉぉ〜!」と
妻の豊満な胸元に顔をうずめ、頬ずりするように顔を左右に
動かしました。
Kは爆笑。
私は横目でKがウケたのでうれしくなったその時!

「!!!」
・・・・(ツバの臭いがする!!・・・妻の胸がツバ臭い!)

妻はそれを察せられないように、一瞬で身を引き、
「恥ずかしい!も〜バカー!」と
照れたように笑い、胸を覆いながら片方の手で私の頬を軽く押す。

もう遅い!確かに妻の胸はツバの臭いがした!
絶対に間違いない。。

そうか。。あの時、女子トイレには2人で入ってたんだ。
その時、Kは妻の身体を愛撫したに違いない。
くっつくだけならまだしも・・・
お酒の席でのキスだけならまだしも・・・

頭の中がグチャグチャになりながら、冷静を保つので精一杯。。
2人はハイテンションで歌をうたってます。

そのウチに愛撫で済んだのか?
そんな事が頭をよぎります。。

妻とのHは、私が経験した人の中で、超敏感な体質で、
感じやすく、イキやすい。そして声が大きく、非常に
征服感があり、短小、早漏気味の私は初めて挿入しながら
イカせた女性でもあり、妻とのセックス以外おもしろくない
と思うくらい彼女の身体が好きです。

・・・その感じやすい身体で、愛撫でガマンが出来るか・・??
妻はその陰部を少し触ろうものなら
「最後まで責任もってね♪」
というくらいスグに濡れます。
しかしそれは私の事を愛してるからスグに濡れるものだと。。
もうその事で頭がいっぱいです。。
「そろそろ上がるかー」と、もう乗る気がなくなりはじめてる私。

・・・またお気に召したら書きます・・・
今日はここまでで気分が萎えました。

2715
1 ... 538 539 540 541 542 543 544 545 546 547 548 ... 553
スレッド投稿フォーム
名前
トリップ()
タイトル
本文

投稿文に自動改行は行われません、適宜改行を行ってください。 # タグ使用不可
レス禁止
※この投稿に対しレスを付けられなくします
画像認証

上に表示されている文字を半角英数字で入力してください。
◇掲示板利用規定 〔必ずお読み下さい〕