ナンネットID のアカウントをお持ちですか?
 
 
[!] 強姦・痴漢・窃盗・露出・売春等は犯罪です。 体験談にはフィクションや妄想を投稿してください。 犯罪や違法行為を目的とした呼びかけや情報交換等の投稿、公序良俗に著しく反する投稿、宣伝、商用の利用を禁止します。[!]

寝取られ体験談 RSS icon
※彼・彼女・旦那・妻を寝取られた体験談をお待ちしています。

このBBSに投稿下さった内容は雑誌、書籍などに掲載される場合があります。 ご承知のうえ投稿してください。当サイトに投稿された文章の著作権は、すべてNAN-NETに帰属するものとします。
短文の体験談は【禁断の木の実】に移動させて頂く場合が御座います。
1 ... 494 495 496 497 498 499 500 501 502 503 504 ... 552

今頃 妻は

投稿者:寝取られ亭主 ◆ynmz/m6mDM
削除依頼
2012/03/17 17:22:27 (LIMXpzuZ)
今日は二回目の寝取られ日

妻(45)は朝からソワソワしながら顔はニコニコしてました

お昼前に相手の二人からのメールで下着を着けずに
出掛けて行きました

ドライブしながら弄ばれ、夕飯の所でも恐らく弄ばれる
事でしょう

今頃はどんな風にされて居るのかと思うと私はゾクゾク
して堪りません

妻が帰ってくるのは明日の昼過ぎだと思いますが
それまでにどんな写メが送られてくるのか楽しみです

さっき、届いた写メでは車内でスカートを捲られ
マン毛が丸見えのと、フェラしてる所のが
送られて着ました
2491
2012/03/16 05:42:52 (T5kKkYKG)
自分は45才、姉さん女房の嫁は47才。
結婚して20年。色々苦労をさせた結果、嫁はストレスで激太りして三桁近くになっている。
デブが苦手な自分はいつの間にか嫁とレスに。
セックス好きな嫁は何度か誘ってきたが下半身が反応せず遂に嫁も諦めたようだった。
しかし子供が相次いで大学生になり家を出た昨春から再び嫁が夜に誘ってくるようになった。

嫁の事は嫌いではないが、肉団子のような身体を見るとせっかく勃起しても中折れ。嫁も不満を言うようになり夫婦間はギクシャクしてきた。
連れにその事を話すと、いずれは熟年離婚だなぁと笑われた。
確かに可能性が無いとは言えない状況で、正直それはそれで困る。

連れにも言われたが、世の中にはデブ専もいるらしく色々なサイトを見ると、確かに信じられない世界があった。
その中で、Kさんと言う同世代の男性と知り合い、メールのやり取りをするようになった。

その内にKさんが嫁を抱く妄想をするようになり、何年かぶりにオナニーで射精した。
その事をKさんに伝えると色んなストーリーを話してくれ、遂にKさんと会ってみた。
そして何年かぶりに嫁と外食をし、偶然を装いKさんと合流。3人でカラオケに寄り嫁がKさんと打ち解けてきた頃、Kさんが嫁の身体を褒め始めた。
嫁は意外な方向の話題に照れまくりながらもマンザラではないようで、年甲斐もなくハシャイでいた。

「一度で良いから奥さんのようなおっぱいを触ってみたいな〜」と然り気無くKさんが言うと、
「こんなオバサンで良ければどーぞ」と嫁が意外な反応をした。
「パパは需要が無いって言うから、良いよね?」と一応承諾を求めてきた。

「こんな嫁で良ければKさん触ってみてください」
平静を装い、そう答えると
「永遠の憧れですね」とKさんが嫁のおっぱいに手を伸ばした。

「柔らかい!素敵だ!」そう言って嫁の胸を触り始めた。
「あっ!そこはダメ…」
「失礼、乳首はダメでしたか…残念!」

Kさんは手を離した。

「そこは敏感なのよ…」そう答えた嫁は凄く艶っぽく見えた。

その姿に妙にドキドキし、愚息が反応してきた。

「せっかくだから見てもらえばいいだろ?」上ずった声で嫁に言うと、
「こんなところじゃダメだよ…」

えっ!?
別な場所ならOKなのか!?

それなら…

Kさんと嫁の絡む妄想で何度かオナニーしていた自分は酔いもあり
「それじゃ続きはホテルでも行くか?」と軽く言った。
内心は心臓がバクバクしていたが、絶対に断ると思っていた。

Kさんが
「できる事なら見たいです!」と言うと、嫁が「パパが良いなら… 」と。

3人でカラオケを出てホテルに向かう意外な展開に愚息はパンパンに膨らんでしまった。

やがてホテルに着き、飲み直し始めると
「奥さん、触っても良いですか?」とKさんが空気を切り替えた。

「せっかくここまで来たんだし、脱いで見せてやれよ」と嫁を煽った。

「デブだから…ガッカリするよ〜」そう言って嫁はセーターを脱いだ。
なんと、あろうことかブラジャーまで外した嫁!

久々に見る嫁の乳は、大きさも凄いが垂れ方も酷かった。

あろうことか、乳首がカチカチに立っていた。

Kさんは
「奥さん!素敵だ!」といきなり乳首を吸い始めた。
「あっ!あ〜ん…」喘ぐ嫁の姿に愚息はムクムク反応してくる。

Kさんは巧みに嫁の胸を寄せ、両方の乳首を同時に吸っている。

嫁は身体をクネラセテ必死で耐えている。

「…こちらは…ダメですか?」とKさんは嫁の股間に手を伸ばして私を見た。
黙って頷く私は実は心の余裕が無かった。

嫁のスカートが下ろされ、辛うじて股間に小さな布切れがあるだけの姿になった。

ショーツをなぞられると嫁は内腿を緩めた。

ショーツ越しに顔を埋めるKさん。
「奥さん、お汁が溢れてますよ」と吸い始めた。

Kさんはショーツの股の部分をずらし、
「奥さんのマンコ、厭らしく開いてる!」と私に見せてきた。

なんなんだ。この濡れ方!何年かぶりに見た嫁のマンコはパックリ口を開け、先端の突起が飛び出し、蜜で溢れていた。

長くなったので後程中に書きます
2492
2012/03/16 03:51:30 (NzmXFSz4)
結婚1年目で、私が29才、嫁は26歳です。
早くもマンネリしてきた私達ですが、
嫁は経験が私しかいなくて男を知りませんでした。
激しくないセックスに飽きてしまい、
私達は自然と回数が減っていきました。
そんな状況に一番ショックを受けたのが、嫁でした。

嫁は知らない間に上司に相談していました。
もともと寝取られ願望を告白していた私ですから、
嫁は簡単に上司を連れてきました。
まさかとは思いましたが、嫁に聞くと
「今日は泊まってもらいます」
との事。そして「じゃ行きましょうか」と言って
2人は自然とベットへ。
「ちょっとまみさん、旦那さんへの説明は?」
「あぁ、私に魅力がないか、気持ち良くないか試してもらうの」
「え?でも・・・」
「黙って見てて!今さら何も言わせない。さ、しましょ…」
「・・・」
「じゃそういうことで遠慮なく」
そう言って目の前でキスをしながら裸になる2人。
「まみさんとしたかったんだよ?」
「え〜課長ってエッチですね〜」
などと言いながら、互いの性器を舐めあい、69をする2人。
明らかに私より大きいチンポに、嫁は夢中です。
「すごい・・・おっきい。楽しみ」
「私のは持続力もあるよ」
「ねえ、どうせ立ってるんだったら混ざってよ」
「そうだね。気持ち良いポイントを教えて下さいよ」
そう言って、いつもより数倍濡れたオマンコに、
私は最初に挿入しました。嫁はそれだけでも気持ち
良さそうでしたが、しばらくすると
「ではそろそろいいですかね?」
そう言って課長とやらと交代。正常位で、嫁に
覆いかぶさってチンポを当てがい、沈めます。
ズブブブ・・・。反応は、皆さんの予想通りです。
嫁は今まで聞いたことのない声で喘いでいます。
「こんなの初めて・・・これがエッチ・・・」
嫁は自分から課長の上になって腰を振ったり、
座位でも気持ち良さに夢中です。
私は2人のすぐ横でチンポをしごきます。
しばらくして、課長は
「ゴム有では私のチンポの良さは半減します。
それにまみさんの感触も直に味わいたい」
そう言ってナマになりました。嫁は、
一段と大きな声で喘ぎます。
「ふむ・・・なかなか。これはいいですね。うう・・・」
課長が気持ち良さそうに腰を振ります。
体位を変えバックで突かれながら、嫁は
冷たい視線を送ってきます。
「あー気持ち良い。最高。エッチって気持ちいいね。
オチンチンでこんな違うのか〜」
それを聞きながらしごく私と、スパンスパンと
腰を嫁のケツに打ち付ける課長。
しばらくして、嫁の中に出しました。
それから今日まで2週間くらい会話していませんが、
課長は部下を2人ほど連れて毎晩のように
嫁を隣の部屋で犯しています。実は今もです。
こんな時間まで犯しているので、声がします。
もはや嫁は会社の中で性奴隷のようです。
それでも別れるとかはお互いなく、
それどころかその光景を密かに見ながらオナニーするのが
私の日課です。変態ですね、私。
2493

変態夫婦

投稿者: ◆NeXkVaw8Gs
削除依頼
2012/03/15 11:04:12 (5SMZIEjH)
僕24才。妻29才。年下好きの姉さん女房で、かなり淫乱なんです。エロすぎる所に惚れこんだ変態な僕です(笑)

今年のバレンタインは妻からオナホールを三個プレゼントされました。
お返し何がいい?って聞いたら「凄はリアルに近いディルド」って言うのでお店に行ってみたけど、中々いいのが見つからなかった。

じゃあリアルに近いじゃなくて、リアルなチンポをプレゼントしちゃえ!と思った。

前に僕の学生の時の写真を見て一緒に映ってた中野っていう友達をジャニ系で可愛い!って言ってたので、中野に妻を抱けるか聞いてみた。

中野は結婚式に来なかったし妻の写真も見たことないし会った事もない。
なので妻とは言わず写メを見せて「この女抱ける?」とストレートに聞いてみた。

「年上?スタイル良さそうだし顔も綺麗系だし全然イケるよ♪紹介してくれるの?」と食いついてきた。

妻の事は、嫁の妹だよ!って言って、後日セッティングするからウチで宅飲みでもしよう!と言って別れた。

そして昨日のホワイトデー。
僕は仕事が休みだったので宅飲みの準備しつつ中野が来るのを待った。7時過ぎに中野が到着。
妻は遅番だったので8時過ぎくらいに帰宅するはず。
ここで中野が「そうだ!せっかく家にきたんだから結婚式の写真見せてよ!」と余計な事を言い出したので、後々ばれる事だしと思い、写真を見せながらこの間の話しは妻である事を告げた。

かなりビビってた。
でも学生時代の中野の写真を見て妻が可愛いと言ってお気に入りだと話すと急にテンションあがって「後悔するなよ〜(笑)」と上機嫌になった。

妻が帰宅して中野の顔を見るなり「あれ?もしかして中野君?!初めまして!」と満面の笑み。中野もクールを装って「こちらこそ初めまして。」と挨拶してた。

とりあえず乾杯して鍋をつっついて、いい感じに酔っ払った頃に、ホワイトデーだからお返しを渡さないとね♪と勝負に出ました。

妻は中野の前でディルドを渡されると思ったのか焦りながら「いや!今はいいから!中野君もいるんだし後でいいから!」と拒否の姿勢。

僕は立ち上がり中野の首根っこを掴んで妻に突き出して、中野に「好きにして下さい」と言わせた。

妻はキョトン…
少し沈黙して、「は??」

思ったより冷めたリアクションに僕は予想と違った展開に焦りだした。

あ、いや、リアルなディルドが見当たらなかったからリアルなチンポを!と思って…

お気に入りの中野なら喜ぶかと思って…

あ、そういう事?じゃあ中野君とエッチしてもいいの?てか中野君の気持ちはどうなのさ?

中野「もう今すぐでもしたいです!好きにして下さい♪」

妻「そっかぁ。じゃあ遠慮なく頂いちゃおうかなぁ♪」

予想通りの展開に戻り久しぶりの寝取られが始まった。

僕の目の前で中野は妻にズボンを降ろされ、まだ勃起してないチンポをフェラされてる。

中野のチンポは初めて見たけど普通サイズだった。

と、思ってたのに完全に勃起した時のサイズは僕より明らかに大きかった。
妻も「凄い膨張率だね〜。こんなに大きくなると思わなかった!」と嬉しそう。

「私のも舐めて!」と言って二人はベッドに移動しました。

ここから先は妻が完全リードして中野はされるがままでした。
何度も寸止めされて射精をコントロールされてる様は、僕とのエッチを客観的に見てるような光景でした。

妻は中野のチンポをじっくり堪能した後そのまま寝てしまいました。
翌日妻は仕事が休みで中野も休み。僕は仕事…。
終電が終わってたので中野はそのままリビングのソファーに寝て泊まっていったのですが、翌朝。

僕が一番先に起きてシャワーを浴び終えて風呂から上がるとソファーに中野がいない。

寝室から聞こえる微かな喘ぎ声。中野が妻にクンニしてました。
僕はお楽しみの所でもお構いなく「もうちょいで仕事行くから終ったらちゃんと帰れよ」と中野に言った。

すると妻から「何言ってるの?私がホワイトデーに貰ったんだから私の物でしょ?これからは好きな時に使っていいんだよね?」と。
中野は「はい。使って下さい♪」
たった一日だけのつもりだったのに、中野が僕公認のセフレになっちゃいました(笑)

きっと今もまだ妻と中野はエッチしてるんだろうなぁ。
夜に帰宅してもまだ中野がいたら久しぶりに3Pしようかな♪






2494
2012/03/15 07:51:37 (Fc6RCC.s)
柔らかい光がリビングの大きな窓から射し込む。いつもと同じ光景のように見える。


39歳の妻。結婚12年目の妻を、私は出会った時と同じ・・・いや、出会った時以上にいとおしく感じている。その愛しき妻は朝から掃除機をかけている。きっと、昨晩の現実離れした淫靡な情景を思い出しながら・・・。

昨晩、妻は私以外の男性を受け入れた。その男性の力強く反り返る陰茎から先走る透明な液体を、小さな口で吸い付くした。後、その陰茎は妻のしっとりと濡れ、熱を帯びたた部分へ、吸い込まれるように挿入され、男性の白く濁った液体までも放出させた。といっても、これは妻の意思ではなく、私がそう指示し、仕向けたのだ。


ここ数年、私は妻を他の男性に抱いてもらいたい。いわゆるネトラレ願望が徐々に大きくなっていた。それが昨年の4月に実現し、今は週に一度、私の異常な興奮を満たす為だけに、このプレイに妻を付き合わせている。妻は、そんな私の性癖に応えようと私の指示通り、必死に私以外の男性に奉仕を続けている。


この話を続ける前に、妻との馴れ初めを話しておきたい。妻との出会いは私が23歳になる夏だった。私は、体調を崩してしまい病院に2週間ほど入院する羽目になった。そこで看護婦として働いていた妻は、恥ずかしがり屋で控えめで、一言でいうと、地味な女性だった。


そんな、地味な女性に私は、何故、こんなにも惹かれてしまったのか?

続く


2495
1 ... 494 495 496 497 498 499 500 501 502 503 504 ... 552
スレッド投稿フォーム
名前
トリップ()
タイトル
本文

投稿文に自動改行は行われません、適宜改行を行ってください。 # タグ使用不可
レス禁止
※この投稿に対しレスを付けられなくします
画像認証

上に表示されている文字を半角英数字で入力してください。
◇掲示板利用規定 〔必ずお読み下さい〕