ナンネットID のアカウントをお持ちですか?
 
 
[!] 強姦・痴漢・窃盗・露出・売春等は犯罪です。 体験談にはフィクションや妄想を投稿してください。 犯罪や違法行為を目的とした呼びかけや情報交換等の投稿、公序良俗に著しく反する投稿、宣伝、商用の利用を禁止します。[!]

寝取られ体験談 RSS icon
※彼・彼女・旦那・妻を寝取られた体験談をお待ちしています。

このBBSに投稿下さった内容は雑誌、書籍などに掲載される場合があります。 ご承知のうえ投稿してください。当サイトに投稿された文章の著作権は、すべてNAN-NETに帰属するものとします。
短文の体験談は【禁断の木の実】に移動させて頂く場合が御座います。
1 ... 479 480 481 482 483 484 485 486
2011/06/19 00:45:43 (d//m6s/T)
友達にカレシを寝取られちゃったんですけど・・・
何かそれ以来、私とカレシとその友達がヘンな関係になってて、ぶっちゃけどうしよう?
どういう出来事だったかといいますと〜
私、カレシとずっと同棲してるんですけど、前にその友達が家に遊びにきたんです。
それで、その娘が可愛くてスタイル良くて巨乳で、そのうえヤリ○ンなんです!
更にカレシの方も前からその娘を気に入ってて、ちょっとヤバイかなって思ってたんですけど・・・
その日は私、ちょっと実家に用事があったんで、家にカレシとその友達を置いたまま出かけたんです。
そして数時間後に家に戻ると、もうガチでエッチしてるんです!!
それを見て私は赤面状態で「何やってのよ」と言ったんですけど、そしたら二人は「じゃあ3人でしようよ」って、私を押さえつけて着てる服を剥ぎ取っちゃったんです。
そして裸になった私をカレシが後ろから羽交い絞めにして、すると友達が私のオマ○コを舐めるんです!
もう私は全身にチカラが入んなくなって・・・
すると今度は四つん這いにさせられて、カレシが私の口の中に自分のアレをねじ込んできて腰を振るんです。
そしたら友達が後ろから私のオマ○コに指を3本も入れてきて、私は耐え切れず大声で喘いでしまって!
そして再び仰向けにされて、カレシが挿入してきて、友達は私の顔の上にまたがって私にオマ○コを舐めさせるんです。
そして私がカレシに挿入されたまま友達のオマ○コを舐め、カレシは私に挿入したまま友達とキスしてるんです!
もう超変態な行為に私も何とか抵抗しようかと思ったんですけど、それがあまりに気持ちよかったんで、ついつい身を任せてしまいました。
そんな事があって以来、その友達はよく私達の家に来て、その度に3人でエッチするようになったんですが・・・
一つだけムカつくのが、カレシはエッチの時に私より友達の方ばかり相手にしようとするんです!
そして更に許せないのは、カレシがその娘と二人きりで会おうと企んでいるのです。
まぁこんな関係になっちゃった事だし、カレシがその娘とエッチするのを今更どうこう言えないけど・・・
それでも私ヌキの二人でっていうのはちょっと我慢できません!
ヤッパこういうのも寝取られたって事になるんですよね?
2416
2011/06/18 00:47:36 (pylg7lbV)
俺…32歳
妻…26歳
子どもはまだいない。

30過ぎまで結婚しなくて本当によかった。
すっげえ可愛い奥さんをゲットできたからね。
でもまさか、この可愛い年下の奥さんがこんな女だとは思わなかったよ…。
そんなお話です。

その日は本当に突然、全く予期しない形で訪れました。
いつも通り朝7時半前に家を出る。いってらっしゃいのキスもいつも通り。
軽く舌なんかも絡ませちゃったりして朝から軽く勃起。
ただ、体が少しダルくて朝食は牛乳だけ。
そんな俺のことも心配そうな顔で気にかけてくれる優しい妻。

午前中は仕事をこなしていたが、突然の目眩で、倒れるまでいかなかったけどこれ以上仕事を続けるのは無理と判断。で、お昼前に早退。

フラフラしながらもなんとか帰宅しドアに手をかけると、鍵が掛かってない。
「ん?」と思ったが、さほど気にもならなかった。
俺の家は近所付き合いも濃密だし、俺も家にいる時は鍵を掛けないことも多いから。

ただいま、と声を出す前に玄関から一番近い距離にある部屋、ここが俺たち夫婦の寝室なのだが、そこから声が聞こえた。
聞き覚えのある声。
いや、いつも聞いてる声より気持ち甲高い。

「ソコッ…!ソコを突き上げてください!
…っ…!あっ…当たるっ!!すごい当たってますっ…!!」

高校の時の聴力検査以来です、これほど自分の耳を使うことに集中したのは。
朦朧としながらも聞き入る俺。

「ココはどうですか?気持ちよくなってくれてますぅ?」

どうやら妻が上になったらしい。
俺も妻もセックスは大好きだ。日によって濃厚・淡白の違いはあれど毎晩の様にヤッてるから妻の声を聞けば大体の状況は目に浮かぶ。
今は男の気持ち良いポイントを探して腰を振ってる最中に違いない。

「あぁっ…スゴイぃぃぃ。下からこんなに突き上げられるの初めてっ…!マンコやばいよぉぉ〜…壊れちゃうぅ〜!!」
「旦那にしてもらってないのか?」
「ハァ…ハァ…ダンナはもっとまったり派だから…」
「旦那が羨ましい。こんな可愛い奥さんのキレイなマンコを毎晩汚せるんだから。
ほらっ、凄く濡れちゃってるよ。マン汁も最初は透明だったのに出し入れする度に白濁していく。」
「ぃゃ…見ないでください…。」
「粘度も増して…おちんちんの先っぽで掻き回すと良い音してくるよぉ」

くちゅくちゅ…ジュッポジュッポ…

ドアを開けっ放しの寝室から確かに玄関にまで聞こえてくる、
妻が本当に感じて、しかも膣が思いっきり締まった時にしか出ない音が。

「ダメだっ…奥さんのマンコ凄すぎる。早いけどイッていい?」
「…明日もしてくれるなら…」

毎日ヤッってんのかよ!?
この瞬間我に返ったのか、急に気分が悪くなり、でも音を立てない様に振り返り、そっと玄関のドアを開け外へ出た。

「ハァハァ…中に出していいでしょ?旦那もAB型だもんね。デキちゃってもバレないっしょ」
「あっあっ…あぁ…、もっ…もう、好きなとこに出してくださいぃ…」

家を出る瞬間そんなやり取りが聞こえてきても、もうどうでもよかった。
頭はガンガンするし熱も出てるせいか、気持ち悪くなってきてそれどころじゃない。

家から数メートル離れた道の角で座り込み、なんとか意識を保ちながら自分の家を見つめる。なんで自分の家を探偵みたいに見張らなきゃならんのだ。

十数分後出てきたのはまさかの不倫相手だった。3軒隣りで不動産を営んでるオッサンだ。
俺たち夫婦とも仲がよく、まさに家族ぐるみのお付き合い。
濃密な近所付き合いが裏目に出てしまった。
まさかこんな近くに俺の妻を寝取るヤツがいたなんて…。
何よりも信頼していた妻がこんなコトしてたなんて…。

あれから俺は妻とセックスレス。
でも妻は相変わらず優しく肌ツヤも良い。不動産屋のオッサンとの関係が良好なのだろう。
仕返しとか憂さ晴らしとかではなく、ただ単に欲求を満たす為に俺は会社の部下と不倫を楽しんでいます。
2417

(無題)

投稿者:ゆこ
削除依頼
2011/06/17 17:51:28 (XIoLGBgH)
私は団地に住む27歳の主婦、まりえです。
まだ子供はいないんですけど、子作りは毎晩していたんです。
避妊もしていませんでしたから、何故出来ないのかは解らなかったんですけど、
子供がいなくとも幸せな生活を送っていました…。
今は夫はちょっと…
誰かに聞いて欲しくて掲示板に投稿します。

私はスポーツクラブに通っていたんです。
それは夫が通っていいよって言ってくれたんです。
パートもしていないため、家にずっといても退屈だろ…
そんな風に言ってくれたんです。
運動が好きなわけではなかったんですけど、いざスポーツクラブに通い始めたら、
同級生と再会したりして、スポーツクラブにどんどんはまっていったんです。
体を動かすのって案外楽しいな〜って。

そうしたら、昼間体を動かすおかげで、夜起きてられなくなってきちゃったんです
そうすると、夫婦生活も自然となくなっていって。
夫から求めてくる事もあったんですけど、正直気分が乗らなくて。
口だけでしてあげた事もあったんですけど、それはそれでなんか…。
だからそのうち口でするのも嫌になってきてしまったんです。
すると、夫からも求めてこなくなったんです。

夫はサービス業でしたから、平日が休みだったんです。
その日も昼ごはんを食べた後、スポーツクラブに行く準備をしていたんです。
夫もいつも通りだったんですけど、その日はなんか胸騒ぎがしたんです。
なぜ?って聞かれても解らないんですけど、なんか感じたんです。

で、スポーツクラブに行ったんですけど、いつもは数時間は建物内にいるんですが、
その日は…一時間もいなかったでしょうか
すぐに家に帰ろうと思ったんです…やっぱり気が乗らない時もありますし。

家に帰ると、家のカーテンが閉まっているんです。
駐車場から見える位置にうちはあるんですけど、どこからどうみても…
「昼寝でもしてるのかな?」
と思ったんですけど、昼寝であってくれればどれだけ良かった事か…
帰ると、鍵がかかってるのがおかしいと思ったんです。
いつも夫がいる時は鍵をかけない派だったんですが、その時点でもう…

家に入ると、シックスナインの途中でした。
悔しいとかよりも、とにかく何がなんだか解らない感じでした。
だって夫が自分以外の女の人と…。
しかも、デリヘルだとかではなく、よく見ると隣に住んでいるよしみさんで。
私よりも5個くらい上なのかな?
まさか自分の年上に寝取られていたなんて思いもしませんでした。
っていうかよしみさんとは割りと仲良くしていただけに、余計ショックで、もう何がなんだか解らなくなってしまいした…。

自分の家なのに、私が思わず家から出てしまいました。
見ちゃいけないものを見ちゃったみたいな…
よしみさんが夫のあれを咥えてるのがばっちり見えちゃったのはもう…
アダルトビデオで団地不倫とかそんなタイトルのものを見かけた事があったんですけど、
まさか自分の本当に身近な所でそんな事になっているとは思いもしませんでした…。
2418
2011/06/16 13:36:47 (nxD8sRYB)
妻の様子が怪しい・・・そう思い出したのは3か月前。
結婚して3年、オレだって浮気はした事無いし、妻もテレビの俳優やジャニーズのイケメンを見たところでも、あまり興味が無い様子。
そんな妻が、浮気をしているとも信じがたいが、様子がおかしい・・・。
いつも美容室で綺麗にセットしているようだし、今までとは違う雰囲気。
夜も週に2度はエッチしていたのに、今では週に1回あるかないかなのだ。
「疲れてるから、寝むたいの」そんな様子で拒むようになった。
毎週月曜日の帰りが遅いオレだが、その日を狙って妻は誰かと会っているようだったので、会社を休み、妻の後を付けてみる事に。
その日の夜7時、妻は美容室でセットした後、近くの喫茶店へ。
誰かと待合わせをしているのかと思ったが、1時間ほどして一人で店を出てきた。
その時、妻が正面の方向から駆け寄ってきた相手に手を振って、嬉しそうな表情で手を繋いだ。
どういうこと!?それは、あの美容室の女だった。
さらに、後を付けると二人はラブホテルの中に消え行くとは。

オレにとっては、衝撃過ぎる出来事!まさか、浮気相手が女だったとは・・・。
まさか、妻を女に寝とられるなんて考えてもいなかったオレ。
自分の情けなさと動揺が、体中を駆け巡った。
これを浮気と言うのか、どう問いただせばいいのか、今のオレにはどうしようもない。
ただ、何も知らない振りをした毎日を過ごしている。
今は男ではなかっと安心感もあれば、女に寝とられた複雑な気持ちだ。

どうすれば良いか!?答えが出そうにないのが、一番の問題です。
2419

苦しい思い出

投稿者:akira ◆P6h9Mo9jzE
削除依頼
2011/06/15 14:17:46 (od8miA70)
会社の先輩に寝取られました。まだ独身だった頃数年つきあっていた彼女と、何となくすれ違いの日々がありました。
久しぶりに合うと「結婚、どう考えている?」と言われました。
まだ結婚は意識しておらず、ある大きなプロジェクトのプレゼン前でそれどころではなく、「うるさな〜」的にあしらってしまい、気まずい日々が流れました。
プレゼンの用意が忙しく1週間ほど連絡は取らず会社や自宅にこもっていました。

プレゼンの日。準備万端で気持ちが晴れ晴れ。「これが終わったらひさしぶり彼女に会いにいこう」って心に決めました。
無事プレゼンが終わりまっすぐ彼女の家へ、と思ったのですが上司にいっぱいつきあわされ、彼女の家の前に着いたのが夜中でした。
合鍵でこっそり入って寝ている彼女にキスして驚かそうと思ったのです。

そーっと、部屋に入りました。

あれ、いつもと違う、香りがする。
これはローズの香水かなあ。いい香りだなあ。
香水を変えたんだねえ。

そう感じながらドアを開けた寝室でみたものは・・・・

他の部署で働く先輩と彼女が裸姿でベットで寝ているところでした。

体中の毛穴が逆立つのがわかりました。
マグマのような怒りが込み上げました!
「おおい!このやろう、てめえ、なにやってんだあ!!」
大声で怒鳴りつけると、びっくりしたような二人!
 目をぱちくりして僕をみています。なんでここにいるの?的な。
でも、それ以上は気が動転して、だ!っと彼女野部屋から走り出して逃げてしまいました。

「どうしよう、どうしよう、どうしたらいいんだ???」
半べそで夜中の町中をふらふら歩き、
「もう一度冷静に彼女と話し合おう」
部屋に戻りました。

と!

まだ二人で寝てるではありませんか。
こんな状況でもまだ抱き合っているのかお前ら!!!
怒りが爆発!

今度は布団の上に飛び乗り思い切り蹴りつけます!
「てめえ、ぶっころしてやる!!」
机の上にあったスタンドかなにかで殴りつけたと思います。

その先輩はパンツ一丁で無言で脱兎のごとく、走って逃げました。
彼女は「ごめんなさい、ごめんなさい」と泣きわめきます。

記念にもらった腕時計を彼女に叩き付け、
「二度と俺の前に姿を現すな!」といって、彼女の部屋にあった自分のものをつかんで部屋から飛び出しました。


その後一晩中街をさまよい歩き、翌日は睡眠薬をがぶ飲みして会社を休みました。

彼女は部署は違うけど同じ会社でした。翌日出社しても仕事が手に着かず、うつろだったのを覚えています。
と、彼女の友人である同僚がきて、「何となく話を聞いたけど、許してあげられない?」と懇願するように言ってきました。

なぜ許さなければ行けない?
結婚を言われてあしらったのは悪かったけど、それがこの仕打ちか?
あのプレゼンがどんなに大事だったか彼女は知っていた。よりによってその日に他の男を部屋に引き込むようなヤリマンだったなんて。

僕は声を荒げてその友人に言いました。
「二度と目の前に現れなと言ってくれ!」

その後寂しさ悔しさを紛らわすため社内の他の女の子と毎晩飲みに行きましたが心が満たされません。

先輩の部署に行って話もしました。
「おまえ、結婚断ったそうじゃねえか、彼女が可哀想だろう、俺が慰めたんだよ」と平然と言います。
殴ってやろうと思いましたが社内なので、なんとか思いとどまりました。
まだ小さな子供のいる先輩でした。

卑劣さと虚しさは感じましたが、毎晩いたずら電話をし、奥さんが出たら「てめえのだんなが他の女とやりまくってるから、みんなが迷惑するんだよ!」と怒鳴ってがちゃんと電話をきったりもしました。


そのうち彼女が心を体を壊し入院したと聞きました。

数ヶ月経って、彼女が会いたいと電話してきましたが無視をしてました。
するとある夜、部屋に帰ると玄関の前に彼女が座って待ってました。


あの、可愛い顔が、笑顔と不安さと申し訳なさとが混じった表情で僕を迎え入れました。
「お帰り・・・」
冷たい玄関前の床に座っていた彼女は体が冷えたでしょう。

急に可哀想になって
「なかに入りなよ」と入れてしまいました。

部屋の中で、彼女が僕の目をまっすぐ見ながら
「ほんとうにごめんなさい。貴男がいなくなるようで寂しくて・・・」

目から涙が流れ出した瞬間、いとおしくてぎゅーっと抱きしめました。
「ああ・・・」
彼女の口からため息が漏れた、その瞬間。

あの、ローズの香りがしたのです。
この女が他の男のためにつけていた、香水の香り。

「バシ!」
彼女を押し離しビンタしていました。

「ふざけんじゃねえ、この売女が!!二度と顔みたくない。でていけ!」

何があったかわからないといった表情の彼女の腕をつかみ裸足で外へ放り出しました。バッグと靴も外へ出しました。

しばらくドアを叩く音が聞こえ、1時間くらいでしょうか。すすり泣きの声とともに足跡が遠のきました。


あの香りで、あの夜がフラッシュバックしました。

それ以来、彼女には会いませんでした。社内で姿が見えたら逃げ、玄関の前に姿が見えたら友人の家や会社に戻って泊まりました。

その後自分が出向となり数年会社を離れ自然消滅しました。
でも今でもあの彼女の寝室の瞬間を思い出すと動悸がして苦しい。

寝取られなんて、楽しいものとは思えないのです。
2420
1 ... 479 480 481 482 483 484 485 486
スレッド投稿フォーム
名前
トリップ()
タイトル
本文

投稿文に自動改行は行われません、適宜改行を行ってください。 # タグ使用不可
レス禁止
※この投稿に対しレスを付けられなくします
画像認証

上に表示されている文字を半角英数字で入力してください。
◇掲示板利用規定 〔必ずお読み下さい〕