ナンネットID のアカウントをお持ちですか?
ナンネットID
 
1

ご近所物語(8)

投稿者:匿名 ◆ajgSi78S6k
削除依頼
2018/07/07 08:54:12 (7Smosqfx)

『お前の母〜ちゃん、で〜べ〜そ〜!』

友人複数と敵対する女子グループに叫んだ。



その数時間後、私は青山家の畳にオデコをつけ土下座していた。
『ごめんなさい。』
『誰のお母さんが出べそ?』
『・・・いない。』
『はぁ?、なに?』
『出べその母さんいません』
『ホントにあんたは・・・』
『ごめんなさい。』

よくある風景。何度も騒いで何度も謝り。

『起きて』
顔をあげると純子がスカートを捲りパンツを丸出しにしていた。
『・・・んっ!』
最近、純子のマイブーム、土下座させてからのマン舐め強要プレイ。
逆らうことが出来ない私は従いパンツを引き下ろし、喉をングッ、ングッ、鳴らしながら純子のマンコを舐める。
初めは私が四つん這いの犬の様に情けない姿だが、舐め続けていると純子の腰がヘタり、畳に倒れ込む様に座り、私が、正常位で覆い被さる。

『・・・・へへへへぇ、』
オッパイにガッつき貪る。
『もっと、ここ(マンコ)も!』純子が私の頭と肩をグイグイ、下に押しマン舐めをアピール。
抵抗して乳首をチュウチュウ吸い、マンコには指を宛がう。
『ん〜んっ!、違う、舐めて! 』
すっかりたちばが逆転した。たっぷり焦らしてから再び純子の下半身に顔を埋めて肉ビラをペロペロ、
『真ん中も!』
『スケベやな、青山・・・(ペロペロ)』
『あーっ!、いい、気持ちいい!』

ペロペロペロペロ・・・・・



1 2 3
レスの削除依頼は、レス番号をクリックして下さい
24
投稿者:ななし
2018/07/19 14:14:03    (cuc5tec9)
長編お疲れさまでした。
とっても面白かったです。

23
投稿者:oden
2018/07/18 01:35:42    (MbqOAXaF)
続きは人妻板にてお待ちしてますね。

急展開でしたが楽しかったですよ。
22
投稿者:匿名 ◆ajgSi78S6k
2018/07/17 18:00:01    (yAmEKI4K)

笑、

最後まで誤字で・・・・


実感→実家
野菜してな→優しくしてな
次回純子を仕度に招いた→次回純子を自宅に招いた

他、見落とした箇所もあるかと思いますが、御勘弁を。





21
投稿者:(無名)
2018/07/17 17:53:43    (yAmEKI4K)

今年の春、私の母校で同窓会が開かれた。

ン、十周年の節目で、●●年度卒業生合同同窓会だ。

成人式など、等の昔に過ぎ、皆、立派な立場の大人になっていた。
私は高校卒業後、他県へ就職し故郷に帰るのも久方ぶりだった(色々あり、故郷には実感が無くなる境遇)

そんな事もあり、昔、ご近所様だった青山家に同窓会で帰省する期間中、泊めさせて貰った。


純子は同県の遠方の農家の次男を婿に入れ、青山姉も地方公務員と結婚し、幸せになっていた。

それに引き換え、私ときたら。・・・そんな私を青山家の皆は暖かく迎え入れてくれた。

二人の関係は旦那には、申し訳ない。

宿泊中、あのエロ本山積みの納屋に寝泊まりしたが、気を使った青山姉に・・・・・おっと、そこから先は、ココはロリータ板なので書きませんが。

そんなこともあったので、今回、コチラに思い出として書かせていただきました。


これにて、終わりとさせていただきます。


ありがとうございました。



20
投稿者:匿名 ◆ajgSi78S6k
2018/07/17 17:30:08    (yAmEKI4K)

『スキン、って何かね?』と、純子。

『セックスす〜時にココに被せてするヤツ』

『何で被せるかね?』
避妊とは言い辛く、『気持ち良くなるとね』と、誤魔化す。
『・・・ふ〜ん・・・どげしたの?』
『は?』
『それ、どっから持ってきたかね?』
あんたの姉から、とは言えず、自分ん家と言うと、次回純子を仕度に招いた時に家捜しでもされたら嘘がバレる。

『親戚の叔父さん家のタンスの引き出しにあった。』適当に嘘をつき誤魔化す。
『そげかね』
そげそげ、

もう、ヤれれば良いのだ。(男子の本音)
あれから青山姉に
『スキンやるけん、これからは妊娠せんように気をつけてな。』と釘を刺され、お願いされている。

妹を思っての姉の優しさだ。



が、この妹思いが、私にとっては不運な結果になった。

機を見て、純子に姉が言うか、私に一任させていてくれれば、まだ急転回にはならなかったろうが。

間隔空けずに、姉から純子に『生セックス=妊娠のリスク』の話をしたのだ。
そこから一気に話は進み、妊娠のリスクの話を純子は女友達の内海康子に話した。

怖くなった二人は、それぞれに、私にセックスとの決別を申し出たのだった。

純子とはコンドームの在庫があるまでセックスの関係でいたが、在庫が切れれば、私は青山桑谷瑠美から新たに貰い、純子を誘う。
しばらくして純子から、『やめよう』と再度断りの申し出があり、二人の関係は終わった。

二兎追うものは・・・が正に我が身で体験出来た。

せめてもの救いは、康子との関係が純子には(その時には)バレていないまま終えたことか。




19
投稿者:匿名 ◆ajgSi78S6k
2018/07/17 16:59:48    (yAmEKI4K)

>>6 の続き

青山姉も桑谷の瑠美姉さんも、リードしたがる中学生だが、コンドームの扱いに悪戦していた。

『・・・・・なぁ、それ絶対着けないけん?』
待ちきれない気持ちが言葉に出た。
『着けてヤるけん、連れて来たがね。待っちょれ』

コンドームに、あーでもない、こーでもない、とガチャガチャ言っている中学生二人に挟まれ下半身裸の私
(小学六年生)
なんか気分もアソコも萎えて来そうなので
『・・・・・なぁ、もういいがね、』
と、言って青山姉の腰に抱きついた。
『あ、コラ!』

構わすスカートの中へ潜り込み、パンツの上からお尻の割れ目に顔を押し付け鼻の頭でグリグリさせる。
『瑠美ちゃんの前で・・・あっ、ヤメ、・・いや!』

どうせ瑠美姉さんと二人で私を犯そうと企んでいたんだろ?と思いながら無言で青山姉のパンツを脱がして、上体を起こすとキスをしながら胸を揉んだ。

『ハァ、ハァ、』腰を押し付け、そのまま挿入。
『あー!、ちょっと、強引!やっ、スキンを、あっ、』
もう、止められない。ガックン、ガックン、腰を突き『青姉ちゃん、青姉ちゃん、青姉ちゃん、』と連呼しあえなく放出。

瑠美姉さんを見ると呆然と見ているので、
『お姉ちゃんもサセてくれん?・・・スキンやったらサセてくれる?』



『いっーーー、たぁーーーい!!』
指で解し、よく舐めたのに、中からバルトリン氏液が溢れない瑠美姉さんに待ちきれず、ぺニスを捩じ込んだ。渇いた痛さでは無く、処女喪失による痛み。
『ゆっくり動かすで?我慢してな、瑠美姉ちゃん』
ユッサユッサ揺らす身体。
『瑠美ちゃん、痛がるけん、優しくな?野菜してな?』
私の時とは違うんだから、とばかりに青山姉が私のお尻を押さえる。
フォローになっていない。女子とセックス中に横から尻を押さえられるなんて初めてだから、なんか燃えて、余計に腰の動きに拍車がかかる。

『あっ、あっ、あっ、あっ、あっ、・・・』
『いいっ、瑠美姉ちゃん、いい!』
『やめてあげて!やめてあげっ、て!』

なんか、外面は間抜けかも知れないが、その時、私はえらく燃えた。

ゴム付きで初の射精。瑠美姉さんのマンコから抜き、使用済みコンドームを剥ぎ取り、青山姉にもう一度アタック。
勃っているうちならコンドームも着けやすい。からと青山姉にコンドームを着けて貰ってから再度の挿入。

横を見ると、処女喪失したばかりの瑠美姉さんが胡座をかいて自身のマンコをしきりに気にしていた。

『あっ、あっ、あっ、あっ、あっ、あっ、・・・』
私は青山姉を突きながら
『瑠美姉ちゃん、痛かった?・・気持ち良かった?・・どっちだったかね?』と質問してみる。

『・・・痛いわね。・・もう、』
自分でマンコを開いて、チリ紙で叩く様に拭いている。

『あっ、あっ、いい、いい、○○、いい、気持ちいい!』私の下で喘ぐ青山姉。
18
投稿者:(無名)
2018/07/14 12:15:48    (dMdg7H9f)

■ご近所物語(総集編)

カテゴリ: 官能小説の館
掲示板名:ロリータ 官能小説

に作りました。



17
投稿者:(無名)
2018/07/13 09:06:22    (irdVOVJP)
被災していないことをお祈りしております
16
投稿者:(無名)
2018/07/12 22:59:15    (8rvYCuTK)
続きを楽しみに待ってますよ〜
15
投稿者:(無名)
2018/07/12 21:40:03    (LSjCl5oK)
続きをお願いいたします。ぜひぜひ!楽しみにしてます。
1 2 3
レス投稿フォーム
名前
トリップ[]
本文

投稿文に自動改行は行われません、適宜改行を行ってください。 # タグ使用不可
「sage」
※投稿を上げない
画像認証

上に表示されている文字を半角英数字で入力してください。
ナンネットをより快適に!PREMIUMサービスの詳細はこちら