ナンネットID のアカウントをお持ちですか?
ナンネットID
 
1

クラブの顧問と

投稿者:any ◆7nhvdN3STA
削除依頼
2018/07/05 06:05:33 (E6YcB82L)
高校生の頃の体験談を書きます。

高2の時クラブの顧問と付き合ってました。
名前は高井まき(当時30歳)、未婚で彼氏はおらずサバサバした性格から男子部員の間では影でいきおくれとか無感情女とか呼ばれてました。

そんな顧問とそういう仲になったきっかけはクラブの練習中。
男子部員と顧問が口論になり、
うるさいババァ!とか、そんなんだから彼氏も出来ねぇんだよ!とか言われてました。
そこに自分が仲裁に入り結果男子部員に謝罪させたのがきっかけ。

その騒動があった数日後、体育館にある教官室(いつも体育の先生がいる部屋)に呼ばれました。
教官室に入ると顧問と数人の先生がいて、顧問の隣の机に座るように言われました。

顧問「この間はありがとう。ずっとお礼言おうと思っててんけど、なかなかタイミングが合わなくて。」

俺「あー、いいですよ。別に普通のことですし、悪いのはアイツらですから。」

他の先生「お、田中。(俺の名前)かっこえぇな!さすがモテ男は言うこと違うで(笑)」

俺「いやいや、全然モテてませんから(笑)」

みたいな会話をして他の先生は出て行き、顧問と俺の二人きりになった。
顧問は少し黙ったあと
顧問「影でいきおくれって呼ばれてんのは知ってんねん。でもさすがに面と向かって言われるとキツイな(笑)」
と言った。
顧問の顔を見るとちょっと涙ぐんでて、俺はビックリして慌てて
「俺は呼んでないですよ!」と言った。

ここからちょっと会話

顧問「知ってる。田中はいつも影ながら先生のことフォローしてくれてるもんな。感謝してんねんで。」

俺「いやべつにフォローなんて。思ってること言ってるだけです。


顧問「さすがモテ男はカッコいいな」

そう言った顧問の目からは涙がこぼれてて、無理して笑ってるみたいやった。

顧問「先生みたいな人フォローしてたらいろいろ敵も多いやろ?彼女とかになんか言われへん?」

俺「いやマジで彼女とかいませんから。おったらクラブせんと帰ってますよ(笑)」

顧問「おい!(笑)」

こんな感じでとにかく俺は顧問に泣き止んでほしくて時々ふざけながら会話をした。
しばらくの会話の後、

「田中のお陰で気分晴れたわ、ありがとう。田中みたいなんが彼氏やったらえぇのにな!」

と言うので俺が

「先生はもっとみんなの前で素を見せるといいですよ!普通にかわいいですもん。」
1 2 3 4
レスの削除依頼は、レス番号をクリックして下さい
38
投稿者:any ◆7nhvdN3STA
2018/07/17 13:54:12    (33ABFnYm)
皆さま、コメントありがとうございます。
気に入っていただけたようで良かったです^ ^

もう少し続きを書こうと思いますので、スレッドを新しくします。

「クラブの顧問と 2」というタイトルにしますので、またよろしくお願いします。
37
投稿者:Extasy   extasyskeleton
2018/07/16 22:06:35    (6G43I8zO)
超絶羨まし過ぎる!
ずっと終わらないでほしい!
めちゃシコれる
36
投稿者:さるふぁ ◆3M/uGZK7r2   sulfur_sulfur Mail
2018/07/15 09:20:15    (r1YMm4u/)
とっても良かったです。
私も高校時代にこんな関係を持ちたかった。
続きがあればどんどんお願いします。
35
投稿者:大空   sisi.m20
2018/07/15 08:02:46    (/hDTpwb4)
とっても素敵な話をありがとう
ございました。
何度読んでも読みやすくて素敵な話でした。
映画にでもして欲しい位の話ですね。

次作も期待していますね(^^♪
34
投稿者:any ◆7nhvdN3STA
2018/07/14 18:39:36    (AzDACIaX)
彩瀬さん、Extasyさん、コメントありがとうございます!
初体験編はこの投稿で終了です。

もう少し続きがあるんですが、それは新しいスレを立てようと考えています。

よろしければ読んでいただいている皆様、感想コメントいただけると励みになります。


―――――――――――――――――――――――


まき「童貞卒業おめでとう^ ^」
俺「ありがとうございます。まきちゃんが初めてで良かったです。」
まきちゃんのおまんこがキュンと動く。
まき「私もけいに入れてもらって幸せ^ ^いっぱい出してな。」

俺はゆっくりと腰を下げチンポをカリくらいまで抜いていく。
まき「あっ、あっ、あっ・・・」
そして奥までズンっと挿入した。
まき「んうぅぅっ!!」
まきちゃんが悶える。

まきちゃんのおまんこはヌメヌメ動いているようで、突いた時にチンポの先端に何か当たる感覚もあった。
我慢なんて出来ないくらい気持ちよくて、俺は必死に耐えながら動いた。
目を閉じて視覚からの興奮を断ち、何か別のことを考えようとしていた。

その時まきちゃんの手が俺の顔に触れた。
俺はハッと目を開けると、
まき「我慢してくれてんの?ありがとう^ ^でもすっごい気持ちいいよ。だから私のこともっと見て?いつ出してもいいから。」
と言った。

まきちゃんの顔は火照り呼吸は荒く少し涙目になっていた。
乳首はツンと上を向き、俺のピストンに合わせて少し揺れている。
俺の精子で汚れた体がいやらしく、ムラっとした瞬間一気に射精感が込み上げビュルビュルっと射精した。

まき「あっ!あっ!あっ!あぁぁぁあっ・・・」
俺「うっ・・・ごめん、出た・・・」
まき「ふふ・・・精子あっつぅ(笑)中でビクンビクンしてるで^ ^お疲れ様!」

フェラしてもらった時も感じたような、内臓が飛び出るような射精感と激しい脱力感が襲う。
俺はチンポを入れたまままきちゃんの胸の上に崩れ落ちた。
まきちゃんは俺の頭をなでて笑っている。

まき「よしよし、頑張ったな^ ^気持ちよかった?」
俺「ヤバかった・・・内臓が・・・」
まき「内臓が飛び出た?(笑)」

俺の言葉に被せるようにまきちゃんが言う。

まき「あは^ ^また言ってる(笑)内臓じゃなくて精子やで。けいのあっつい精子。多分いっぱい出てるで?」
俺「ホンマに大丈夫なんですか?」
俺が呼吸を整え聞くと、まきちゃんが耳元で囁いた。

まき「ホンマはちょー危険日^ ^どうする?妊娠してるかも・・・」

それを聞いて俺のチンポはまきちゃんのおまんこの中でムクムクと大きくなった。

まき「ふぁぁぁ!?えっ?おっきなってる?」

俺は再びピストンを始めた。
ストロークを速くするにつれ、みるみる硬さが戻っていく。

まき「えっ!?けい?まだすんの??」

俺はまきちゃんには返事せず、硬さを確認すると理性が飛んだように腰を振った。
ただがむしゃらに、無茶苦茶に。
ギリギリまで抜いて一番奥まで、おもいっきり!
パンッ!パンッ!パンッ!と部屋中に乾いた音と、ベッドの軋む音、そしてまきちゃんの喘ぎ声が響く。

まき「あっ!あっ!けいっ!あんっ!激しいっ!けいっ!けいぃぃぃ!!」

チンポ全体にむず痒い感覚がしながら、それでも突きまくると、
「あぁぁぁぁぁ・・・」
と目の焦点が合っていない顔になり、
「あぁぁぁぁ・・・ふぅんっ!!」
と言いながら腰が跳ねた。
まきちゃんはビクビクっと痙攣し、おまんこはキュウゥゥっと締まる。
俺は我慢できず本日3発目の精子を中出しした。

俺はまたまきちゃんの胸に崩れ落ち、しばらく二人とも動かずグッタリしていた。
しばらくしてもうこれ以上何も出ないと思うほどの射精で、俺は気持ちよすぎてなぜか笑ってしまった。

俺「あはは!^ ^」
まき「・・・けい?」
俺「まきちゃんのまんこ、気持ち良すぎ!(笑)ヤバイ!一生入れてたい!^ ^」
まき「ふふ・・・急にどうしたん?(笑)」
俺「いやなんか気持ちよすぎて笑ってもーた^ ^」
まき「それは良かった!^ ^私も気持ちよかったよ。ってか最後のはなんや?ケダモノかと思ったわ!」
俺「ごめん(笑)なんかムラムラっとしてもーて・・・滅茶苦茶動いてもーた。・・・痛くなかった?」
まき「・・・気持ちよすぎて死ぬかと思った^ ^」
俺「よかった!^ ^」

甘ったるいピロートークなどは無く、事後とは思えないくらいお互いハイテンションで話した。

俺がチンポを抜くとまきちゃんのマンコからはドロっと精子が出てきた。
まき「いやーん、赤ちゃんの素(笑)てか出し過ぎ!ホンマに妊娠さす気か^ ^」
俺「あ!今日危険日なんですか!?」
まき「どっちやと思う?^ ^」
俺「分かりませんよ!」
まき「冗談(笑)大丈夫やで^ ^でも次からはゴムしてな?」
俺「了解!ドンキとかで買ってきます、10箱くらい!」
まき「どんだけやる気や(笑)でもこれからいっぱいしよな?^ ^」
俺「はい!よろしくお願いします!・・・・・・ほうほう、まきちゃんはBカップでしたか(笑)」
まき「おい!何見てんねん!」

こうして俺の初体験は終わった。
33
投稿者:Extasy   extasyskeleton
2018/07/14 00:08:48    (JTeHqzpQ)
最高過ぎます!
ボクもまきちゃんとやりたくなります(*´ω`*)ハアハア
32
投稿者:彩瀬
2018/07/13 20:44:23    (9LMfDcPx)
文章が、上手ですね。
惹き付ける文章力が、あります。

31
投稿者:any ◆7nhvdN3STA
2018/07/13 20:15:40    (bVIoysxR)
いつもコメントありがとうございます!
自分も名前を変えて物語的な感じにしているせいか、他人の事のようです(笑)
更新遅いですが、これからもよろしくお願いします。


―――――――――――――――――――――――――――


スカートにはどこかにホックがあってそこからチャックを降ろすはず、という知識しか無かった俺はまきちゃんのスカートのウエストの部分を手探りで触ったがどこにもホックらしきものが無い。
「あれ?」と思っているとまきちゃんがクスッと笑って「ゴム^ ^」と言った。
俺は恥ずかしくなり、慌ててスカートをそのまま下ろした。

まき「落ち着いて、ゆっくりでいいよ。そういうトコもかわいいから、けいくん^ ^」

まきちゃんが少しからかうように言う。
俺は少し優位に立てていたと思ったのに、逆転されて「くそぅ・・・」と思っていた。

スカートをおろすと、下から白のパンツと綺麗な肌が見えた。
前に更衣室で見たシームレスのパンツとは違い、所々にレースをあしらった物だった。
俺がパンツの上からおもむろに割れ目の部分をなぞろうとするとまきちゃんに止められ、

まき「パンツ汚れるから脱いでいい?」
と言われた。
俺はうなずき、まきちゃんをベッドに寝かせた。
横になったまきちゃんは本当に綺麗で、小ぶりの胸、ピンっととがった乳首、おへそ、キュっとくびれた腰、スベスベの足・・・
どこも綺麗で見とれていた。
するとまきちゃは両手でおっぱいを隠し足をモジモジしながら
まき「見すぎ(笑)早く来て。」
と言った。

俺はまきちゃんの上に覆い被さり両手を掴んで広げ、胸を露わにした。
まきちゃんの恥ずかしがる顔を見ながら乳首を舐める。

「あっ!・・・んっ!・・・んあっ!」
まきちゃんは声を漏らしながら足をモジモジしている。
俺は乳首を舐めながら自分の足をまきちゃんの足の間に入れ、膝で割れ目の部分をグリっと押さえた。

まき「んんんーーーー!!こらっ、パンツ汚れるってー!」
俺「あ!ごめん!」
まき「もうー(笑)早く脱がせて^ ^」
俺「はい!」

俺はパンツのゴムに指をかけるとゆっくり下げた。
まきちゃんが腰を浮かせて脱がせやすくしてくれる。
割れ目の触れていた部分は濡れて糸を引いていた。

まき「ほらー!濡れてるやん。もぅ・・・」
俺「ごめん・・・」
まき「帰りはけいのパンツ貸してな^ ^」
俺「えっ!?」
まきちゃんが冗談を言って笑った。

まき「じゃあ・・・卒業しよっか?」
まきちゃんはそう言って少し足を開き、割れ目の両端を指先で押さえクパァっと開いた。

まきちゃんのおまんこは毛が薄く少なめ。
ピンク色でトロッと垂れるくらい濡れていた。
俺の心臓はバクバクと高鳴り、いつのまにかチンポの先からはベッドを濡らすほど先走り液が出ていた。
そしてまきちゃんのおまんこからムワッと蒸れた匂いがした瞬間、

俺「うっ!」
まき「えっ?」

・・・我慢の限界でビュクビュクっと射精してしまった。
俺は慌てて手でチンポを押さえたが、暴発した量の半分くらいがまきちゃんのおへそから胸にかけてかかった。

俺は恥ずかしくて情けなくてチンポを押さえて黙っていた。
まきちゃんは上体を起こし、

まき「出てもーたん?」
俺「・・・」
まき「けい?大丈夫?」
俺「・・・すいません・・・」
まき「気にせんでえぇよ^ ^まずは手洗っといで。」

俺はトボトボと処置室に設置されている水道で手を洗った。
ベッドのほうを見るとベッド上でまきちゃんがこっちを見て優しく笑っている。

まき「童貞くんには私のナイスボディは刺激が強すぎたかな?(笑)」
俺「・・・」
まき「おーい、けい(笑)」
俺「・・・」
まき「まぁこっちおいで?」

まきちゃんがベッドをポンポンと叩く。
俺はベッドに上がり、まきちゃんの前に正座した。

まき「出てもーたこと気にしてんのん?」
俺「はい・・・情けないです・・・」
まき「初めてなんてみんなそうやって!逆に私の体で興奮してくれたんやーって思って嬉しいけどな^ ^」
俺「・・・ホンマに?」
まき「うん^ ^それにもうでけへんわけじゃないやろ?」

そう言うとまきちゃんは俺を押し倒し、
「綺麗にしてあげる^ ^」
と言ってフェラしてくれた。

一回出して半勃ちくらいになった俺のチンポを頬張りジュルジュルと舐める。
カポッと亀頭をくわえられ、よだれでジャブジャブ洗われているようだった。

落ち込んでいた気持ちも徐々に復活し、こんな情けない俺を元気にしようとしてくれているまきちゃんが愛おしいと思った。

俺はまきちゃんの口を離し、今度はまきちゃんを押し倒した。

まき「え!?なに!?」
俺「俺も舐めていいっすか?」
まき「え・・・汚いで?(笑)」
俺「汚くないです。」

そう言ってまきちゃんのマンコに顔を近づけて匂いをかいだ。
特に匂いはない。
まき「ちょ!かがんといて!(笑)」
俺「いい匂いです。」
まき「いい匂いとかないから!(笑)」

俺はペロッとクリを舐めた。
まき「んあぁぁぁ!」
まきちゃんの腰がビクッと震える。
俺は必死にクリを舐めた。
まき「あっ、あっ、あっ、あぁ!うぅん!ハァハァ・・・」
そして舌先でグリグリしてチュパチュパと吸った。
まき「あぁぁぁぁぁああーー!!!」
まきちゃんの腰がガクガクと震え続け、まきちゃんが手で俺の頭を押さえた。

まき「お願い、もう入れて?」
俺「あ!・・・ゴム無いです・・・」
まき「いらんよ^ ^」
俺「え!?でも・・・」
まき「今日は大丈夫な日やから。それにけいの初めて、直に感じたいねん。・・・アカン?」

こんなこと言われて断る男はいないだろう。
俺は黙ってまきちゃんのおまんこにチンポを当てがってゆっくりと手で上下させた。
ニチャニチャと卑猥な音がする。
そしてゆっくりと腰を落としていくと、ニュル・・・ニュル・・・と、入っていく。
俺はあまりの気持ちよさに込み上げてくる射精感に必死に耐えていた。

ふとまきちゃんを見ると目をつぶり苦痛に耐えているような顔をしている。

まき「全部入った!?」
俺「今半分くらいです・・・」
まき「え!?まだ半分!?久しぶりやからキツイわ・・・(笑)」
俺「出そうで動けません(笑)」
まき「奥まで入れるまでは我慢して?あとはいつ出してもいいから。」

俺は深く深呼吸するとまたゆっくり挿入していった。
ニュル、ニュル、と飲み込まれていき、とうとう根元まで入った。

30
投稿者:大空   sisi.m20
2018/07/12 20:29:34    (QnhD06ye)
いつもながら素晴らしい出来ですね!
読んでいくと、自分がけいになった感じです。
益々興味がわく素敵な出来です。
29
投稿者:any ◆7nhvdN3STA
2018/07/12 17:13:12    (v9q.nE9L)
手のひらにブラジャーの生地の感触、指先に肌の感触。
しばらくブラジャーの上からサワサワとさすっていると、

まき「直に見やんの?」
俺「いいんですか?」
まき「いいよ(笑)」

俺がブラのホックを外そうと後ろに周ろうとすると
まき「こういう時は前から手まわして取るねんで^ ^」
俺「え、でも見な取れないです・・・!」
まき「やってみて!これも練習や^ ^」

俺はまきちゃんをハグするような感じで手をまわし、手探りでホックを外そうとしたがなかなか上手くいかない。
「(かっこ悪・・・)」と思っていると「けい?」と呼ばれた。
「えっ?」と見るとキスされた。

俺は全身の力が抜けるようだった。
自然とお互い舌を絡めペチャペチャとディープキスをした。
俺がまきちゃんの舌を吸っていると
まき「んーんー!」
俺「えっ?」(口を離す)
まき「手止まってる(笑)」
俺「あっ!」
まき「チューしながら手動かすねんで(笑)じゃないと大好きなおっぱい見られへんぞ^ ^」

と言ってまたキスをした。
俺は目をつぶりキスをしながら指先に集中してホックを外した。
そうして外れた瞬間まきちゃんはスルッとブラを落とすと胸を俺の体にギューっと押し付けながらハグをしてきた。

俺「えっ!?そんなくっつけられたら見えないんですけど・・・」
まき「・・・ガッカリせんといてな?」
俺「しません!」

まきちゃんはゆっくり半歩ほど下がった。
綺麗で形のいいおっぱいが見えた。
まきちゃんは顔を少し伏せて後ろ手に手を組みモジモジしている。

俺「めっちゃ綺麗です。」
まき「・・・ありがとう。」
俺「ホンマにめっちゃ綺麗です!感動です。」
まき「もう!解説はいいから!」

まきちゃんは顔を真っ赤にして叩くフリをした。
俺はその手を左手で掴みキスをしながら右手で直に胸を触った。
質感を確かめるようにおっぱい全体をなぜ、乳首を指先で少し擦る。
まき「んっ!」
まきちゃんが反応した。
更に親指と中指で軽く挟みながら人差し指で擦る。
まき「んーーーっ!」
まきちゃんの鼻息が荒くなる。
そして乳首をキュッと摘んだ。
まき「ンハァ!」
堪らずまきちゃんが口を離して俺の手を掴んだ。

まき「ちょ、けい!上手すぎやねんけどあんたホンマに童貞!?」
俺「当たり前ですよ!」
まき「じゃあこれはどういうことや!(笑)」
俺「日頃の特訓のお陰ですかね?(笑)」
まき「なにで特訓してんねん!(笑)」

そしてまたキスをして、今度は両手でおっぱいを責めた。
両手でおっぱいを摘み、ひっぱり、そのままピンっと離す。
まきちゃんの鼻息がどんどん荒くなり、絡めてきていた舌の動きもゆっくりになっていた。
俺は更に舌を動かし、ジュルジュルと口の中を舐めまわした。舌を吸って唾液の交換をした。

チュポンと口を離すとまきちゃんの目はトロンとしていて、口は半開きでよだれが垂れている。

まき「けいも脱いでよぉ・・・」

俺は目をつぶって深呼吸し、腹をくくった。

「もう童貞とか、上手くやろうとか、恥ずかしいとかは無しや。全部さらけ出してまきちゃんと気持ちよくなる!」

そう思って服を脱いだ。シャツも靴下も、パンツも(笑)

もちろん俺のチンポはバキバキに勃起している。
まきちゃんはそれを見て

まき「ちょ、ちょ、なんで全部脱ぐん?(笑)」
俺「いらんやろ?どうせ脱ぐし。今からまきちゃんも裸にするから。」
まき「カッコい^ ^心の準備ができたってこと?」
俺「腹くくった。下手でもなんでも、今ある俺の知識全部使ってまきちゃん気持ちよくするから。俺とセックスしてくれへん?」

まきちゃんは少し驚いた顔をしてから優しく笑い、
まき「やっとけいからセックスしよって言ってくれた(笑)」
俺「あ、言ってなかったっけ!?」
まき「うん、ずっと待っててんで?」
俺「ごめん・・・」
まき「いいよ。^ ^ そのかわり気持ちよくしてな?」
俺「おう!」

そう言って俺はスカートに手をかけた。
1 2 3 4
レス投稿フォーム
名前
トリップ[]
E-mail
※任意
本文

投稿文に自動改行は行われません、適宜改行を行ってください。 # タグ使用不可
「sage」
※投稿を上げない
画像認証

上に表示されている文字を半角英数字で入力してください。