ナンネットID のアカウントをお持ちですか?
 
 
[!] 強姦・痴漢・窃盗・露出・売春等は犯罪です。 体験談にはフィクションや妄想を投稿してください。 犯罪や違法行為を目的とした呼びかけや情報交換等の投稿、公序良俗に著しく反する投稿、宣伝、商用の利用を禁止します。[!]

淫らな関係 RSS icon

短文の体験談は【禁断の木の実】に移動させて頂く場合が御座います。
1 2 3 4 5 6 ... 100
2017/06/21 09:56:33 (TLAAcE3R)
いくらアブノーマルなプレイでも、相手が公認の相手(妻や彼女など)なら少しも興奮しない。
事が済んだ後で恥ずかしいだけだ…
(映像もしかり。余所の夫婦のSMプレイなど、どうでもいいと思ってしまう)
あくまで自分の場合はですが…

やっぱり最初にくるのはインモラル…
淫らな関係あってこそなんです。

お隣の奥さんとの淫らな関係希望はわりと簡単に叶いました。3人の子持ち(JK2JS6…JS3の男はどうでもいい)で専業主婦。女自体に興味がなさそうな覇気のない旦那さん…
いろんな面で関係を結ぶにはおあつらえ向きじゃないかと、初対面から野心を燃やしていました。

そういう気持ちは不思議と伝わります。
相手にその気があれば、けして絵に描いた餅じゃないんですね。

今でも定期的に淫らな関係は続けています。
思いっきりマザコンをアピールしながらです。

長女のJKもわりとすんなり頂けました。
経験は浅いがバージンではなかったです。
誰もいない時にこっちが訪れて抱く母とは逆に、彼女はこっちの部屋で抱きます。
隣に母親が在宅中に抱く快感…
中出しを我慢するのが大変です。

そして、JSの次女…
実の本命はこの娘。
狂おしいほど好きです。
少しずつ慣らしてやっと挿入。
イクときは愛してると連呼して中出しをした。
生理は来てるが最初は中で…と、約束だった…

家族は誰一人怪しんでいないでしょう…
ですが、友達の同じJS6の娘が、薄々気づいてそうな素振りを私にだけ見せる…今、一番欲しいのはその娘との淫らな関係です。

これを読まれたらと思うだけで、先が濡れてくる…

日頃誰にも言えないだけに、癖になりそうですね。
似た体験をお持ちの方々に、刺激になる話を聞きたいです。
1

女将

投稿者:良次
削除依頼
2017/06/15 06:08:24 (.luJ.gdL)
六十代の夫婦でやってる小料理酒場。
七十近い大将が痩せ細り、入院する前に

「良ちゃん 手伝っちゃくれないか!」


タクシーを遣る前 10年近く板前を遣ってた俺!
タクシーでの身入りも良く無く 引き受けました。
事は急を要し 店の味 出汁の取り方 仕入れと 10日余りで大将は入院しました。
夜10時のラストオーダー的な 11時の閉店、片付けると0時越え。
大将が入院した日 料理を少し待たせる事も有りましたが、そこはデブった肝っ玉女将の裁量!
店は十数人入れ 六畳の個室が2部屋の小さな店。
1日目は無事に終わりました。
日中 女将は病院へ、俺は昼過ぎには店に出て仕込み!
4時半には 女将も来て開店。
1ヶ月もすると 要領も得て余裕も出て来ると同時に、1ヶ月も抑えられてた女好きの性欲も爆発!
夜食を食べてるムッチムチな女将に欲情して 押し倒して仕舞いました。
抵抗する女将の声すら耳に入らず? 女将からジャブりつき 股を広げた気がします。
タプタプな巨乳に全身 タプタプな女将の体は最高の抱き心地でした。
ものの10分程だと思います 射精感が襲い 流石に女将に中出しはと引き抜き 扱いてマンコにブッカケ射精!
ポカッと唇を開けた膣に 茂みやマンコの精液が流れて入り ゆっくり閉じて行くマンコを見て 抜いたチンポを再び突き入れてました。

「あぁぁ‥良さん いぃ いぃ‥」

女将の口を貪りながら腰の動きは止まら無く 2回目射精感が襲って来て 女将の中に射精してました。
慌てて女将から離れて

「すいません 女将さん‥1ヶ月以上して無くて‥つい‥すいません」

女将と俺の陰毛は シャンプーしたかのように 泡立って 女将のマンコから ダラダラと精液が垂れ落ちてました。

恥ずかしそうに股を閉じて体を丸めた女将!

「ごめんなさいね そこまで 気が行かなくて‥」

慌てて服を着て 店を飛び出しアパートに帰りました。

次の日 いつものように仕込みを済ませると 女将が来ました。

「良さん 今日も御願いよ!(笑)予約の方は大丈夫?」

「はい 出来てます!」

全くいつも通りでした。

その日も終わり 有り合わせで夜食を食べてても 前夜の女将との事が思い出されて 意識し合って口数は少なく成ってました。
夜食の洗い物を済ませて個室に戻ると 女将がいません?
隣りの個室から

「良さん こっちに来て‥」

2

投稿者:たるー
削除依頼
2017/06/06 00:03:45 (hOoCTzty)
小学生の頃に同級生の女の子と一緒に下校してたときのこと

女の子が帰り道のお店で
「体操服買わなきゃ」
そういったので一緒にお店へ

女の子と店のおばちゃんがなにやら会話して、どうやら試着して買うようになったようで

「小学生でもね、女の子だし君はここで待っててね」
そう言われ、いきなり目の前でカーテンで仕切られてしまった

カーテンの向こうでは
「これ、はいてみて」
「もうひとつ、小さくてもいいかな」

そんな会話が聞こえてたような気がする

しばらくするとカーテンからおばちゃんが出てきて
「もうちょっと待っててね」
「女の子は時間がかかるのよ」

そう言われた
しかし、おばちゃんは店の前から話しかけてきた別のおばちゃんと話に外へ

するとカーテンの向こうから男の声みたいなものが
「女の子ならこれもはいてみないとね」

誰かいるのかな?
気にはなったけど、大人しく待つことにしてたけど

長い!
あまりに待つのに飽きて、しかも小学生でもまん中くらいの学年
覗きという概念もなく、カーテンを少し捲ってみた

すると...

そこには体操服に着替えた女の子がイスに座っていた
見慣れないものをはいて
それがブルマと、わかったのはかなり後から
うちの小学校は男女共通の短パンでした

更に驚いたのが
小学生から見た自分が感じたのは、女の子の前にいたおじさん

シャツは着てたものの下半身は何もはいておらず、小学生か見て驚くくらいに大きくなったチンポを女の子の口へ出し入れしてた

お互いに固まってしまったが、おじさんは
「いま、大事なところ」
そんなようなことを、いって動き始めた

そのころ、戻ってきたおばちゃんにカーテンの外へ自分は出されてしまった

しばらくして女の子はでてきたが、なにも話さないまま二人で帰ってしまった
3

娘と秘密の関係

投稿者: ◆kITQmLkLN6
削除依頼
2017/06/03 14:20:13 (Byy5rNFo)
私と妻41歳 娘のハルカJC2、ハルヒJS6の四人家族。

娘と秘密の関係になったのはハルカJS5の夏休みあけの事でした。

ある日の夜の事 妻は看護師で夜勤の日の夜ハルカが突然、私の所に来てドキッとした一言を言った。
「ねぇ〜パパ、チューして」 突然の事で拒否をしたがハルカは悲しげな目で私を見てたので仕方なくチューをした。

そこからハルカとは妻に内緒で毎日チューをしていた。

やがて秋になるとハルカは性に目覚めたのかセックスを求めてきた。 どうやら妻と酔ってリビングでセックスをしてたのを見たらしい。

「ねぇ〜エッチって好きな人とするんでしょ? 私もパパ好きだからしたいの」 娘の大きな瞳で見つめられ、言われた私の中でロリコンに目覚めた瞬間だった。


私はすぐにでもハルカの処女を奪いたかったが、まだ無理だと思いハルカには性教育としてシックスナインと素股を教える事にした。
妻の夜勤の日に実行した。

夜、夕食を終えて後片付けをするとハルカの部屋に入った。

部屋に入るとハルカは下着姿で待っていた。
「パパ好きだよ、いっぱいしてね?」 私は娘の姿を見て肉棒が勃起したのをハルカは見逃さなかった。
「パパもう大きくなってる〜、すご〜い」ハルカは目を輝かせてズボンの上から肉棒を触った。

「おい、待てよ」 言っても娘は手を止めないで触り続けた。

私は裸になるとハルカの下着を脱がせてベッドに座らせて脚を開く様に言った。

ハルカが喜んで座って脚を開くとハルカの幼い蕾が見えた。匂いをかぐと何ともいえない香りだった。
クンニをするのに蕾を開くとピンク膣穴が見えた。

早速舐めるとハルカは体をくねらせていた。
「パパくすぐったいよ〜」

「大丈夫だよ、気持ちよくなるから」 娘に説明しながら舐めていると次第にハルカの息が荒くなっていた。

「あ〜何か変だよ」
見るとハルカの顔が赤くなっていた。

次にクリを舐めるとハルカは更に息を荒くしていた。

「は〜ん、気持ちいいよ〜 」 ハルカの蕾は少し濡れてきた。

舐め続けるとハルカは逝ったのか下半身を震わせて上半身を倒した。
「あ〜パパ 気持ち良かったよ、次は私がパパを気持ち良くさせる番だね?」 そう言いながら微笑む。
「じゃあ気持ち良くしてくれよ」 肉棒を出すとハルカは遠慮なく触ってしごいた。

ハルカの手は柔らかく気持ち良かった。続く
4
2017/05/27 16:35:40 (K.6Q0sxT)
由美子37歳 小さな居酒屋を営んでます。
私は 27歳の時 親の反対を押し切り30歳の彼氏と駆け落ちしました。

私が駆け落ちする時には妹は結婚して家を出て居て、電話1本「父さん母さんを お願いね‥」
妹に言って彼氏と東京に出て来ました。
彼氏との幸せは僅か1年と持ちませんでした。
親の言う通り 辛抱が足りず 仕事を転々とし女遊びと グーたらでした。
水商売で働いて生活を支えてましたが 女と何処かに居なく成りました。
結婚も先延ばしにされてたのが せめてもの救いになりました。
親の反対を押し切って 妹に後を任せた手前 田舎に帰る事も出来ず 35歳で小さな居酒屋を始めました。
古い物件を居抜きで借り 店の二階を住居に 何とか1年が過ぎた時、仕込みをしてると 突然 妹の旦那さん修司さんが 店を訪ねて来ました。

やはり親の事が心配で 半年に1回くらい 妹とは連絡を取ってましたから 内緒にって言ってたのに 妹は修司さんには話してました。
出張で東京に来て 時間が有り 寄ってみたと言う修司さんと 二階一間の部屋で話してる間に 男と女になり 長年抑えてた女を修司さんに ぶつけてました。
修司さんが 3度目を 私の中に射精した時には 開店時間を過ぎてました。
「義姉さん‥又 来るよ」
急いで 店を開けてました。
常連さんに
「ママ 何か良い事でも有ったのかい?思い出し笑いなんかして(笑)」
「無いわよ(笑)」

修司さんは月に1度の出張を 私と夜を共にして帰るように成りました。
妹には悪いと思いながら 月に1度 修司さんと我を忘れて乱れてます。
1年 私の中に 2ヶ月になる修司さんの子が宿ってます。

5
1 2 3 4 5 6 ... 100
スレッド投稿フォーム
名前
トリップ()
E-mail
 ※任意
タイトル
本文

投稿文に自動改行は行われません、適宜改行を行ってください。 # タグ使用不可
画像認証

上に表示されている文字を半角英数字で入力してください。
◇掲示板利用規定 〔必ずお読み下さい〕