ナンネットID のアカウントをお持ちですか?
 
 
[!] 強姦・痴漢・窃盗・露出・売春等は犯罪です。 体験談にはフィクションや妄想を投稿してください。 犯罪や違法行為を目的とした呼びかけや情報交換等の投稿、公序良俗に著しく反する投稿、宣伝、商用の利用を禁止します。[!]

淫らな関係 RSS icon

短文の体験談は【禁断の木の実】に移動させて頂く場合が御座います。
1 2 3 4 5 6 ... 100
2017/03/03 00:59:25 (3cp0WZ38)
信号待ちをしてると ドッカ〜ン と 後ろから激しい衝撃!
何だ?と思いましたが 頭かボヤ〜っと成り、
「救急車‥救急車‥大丈夫‥大丈夫ですか‥」
女が叫ぶ声が遠くに行き、病院でした。
「動かない! 鞭打ち症だよ!」
「鞭打ちって こんなに背中も 痛いんですか?」
「筋が繋がってるんだもの 痛いさ(笑)」
「笑い事じゃね〜よ(怒)」
と思いましたが痛くて言えません!
結局 歩けるまで一時入院にでした成りました。

ベットにボ〜っとする頭を固定され 身動き出来ない状態!
夕方かと思いますが オバサンと保険会社の人が来て オバサンは謝るだけ、保険会社の人は
「一方的に‥何じゃ等 かんじゃら‥又後で来ます」
帰りました。
翌日には脳震盪も治り頭スッキリ 首から背中はピーン!と首を回せ無い 起き上がれない。
首は回せ無いが 背中の痛みは大分良くなり寝る起きるが介助無しで出来るように成り 便所の度にナースコール要らずになりました。
昼食後 二度目の見舞いにオバサンが来ました。
前来た時 痛みでオバサンの事を まるで見て無く、良く見ると 五十代半ば? ややデップリ気味でした。
「何か不自由な事は無いですか?‥」
「動き難いのが不自由と言えば不自由だけど 一番は‥オバサン カーテン そこまで閉めてくれるかな‥」
カーテンを言われた所まで閉めて振り返ったオバサン!
俺がチンポを出してるのに驚いてました。
4人部屋に2人 入り口斜向かいに爺が居て 爺から見え無いように カーテンを閉めさせたのです。
オバサン カーテンの端から爺の方を見て
「ちょっと 何してるんですか‥」
爺に聞こえ無いように 小声で聞いて来たので、
耳を貸してと手振りすると 口元に耳を寄せたオバサンに、
「一番不自由してるのわね!溜まってる事!オバサン 口で良いから 出してくれよ!」
耳を寄せた顔がチンポの方を向いてるので チンポを扱きながら言うと、
「な なに 言ってるの そんな事‥」
「オバサンが追突して来たから 出しにも行けないじゃないか!
こんなに痛い目にあわされて!」
するとオバサン 又カーテンの端から爺と廊下の方を覗き 扱いてる俺の手からチンポを掴み取り ゆっくり口に咥え スライドし始め 半立ちのチンポが完全勃起すると 「こんなに 大きいの‥」
又しゃぶり始めると ジュパジュパ音をさせしゃぶり出したのです!
時々裏筋から玉まで舐めてました。
1

叔母

投稿者:ルイ
削除依頼
2017/02/28 18:40:36 (qmUFoKGS)
50歳に鳴る 母の妹(叔母)が離婚され 近くのアパートに住むように成りました。

頼れる身内は母だけで アパートの保証人に成り、アパートに入った叔母の法子は仕事が決まって無く、俺が母に頼まれ 時々 食品など持って行ってました。
休み前日の夕方、野菜と米を叔母に持って行くように 母から言われ持って行き 夕飯を叔母のアパートで食べました。
酒も飲んだので 母に、
「酒飲んだから 法子の処に泊めて貰うから!」
と電話して 泊まる事にしました。
小さい頃から 何故か ノリコ と呼び捨てしてて、
「法子 気晴らしに 飲みに行こうか?御馳走するから!」
アパートから近い居酒屋で飲んで カラオケboxで歌い アパートに帰りました。
「ルイ ごめんね‥すっかり御馳走になって‥」
「良いよ 仕事するように成ったら 御馳走になるから!(笑)」
布団を並ぶ寝ました。
暫くして、
「ルイ ありがとう‥」
「何?」
「何も 聞かないでくれて‥」
「色々 有るだろうから‥」
「ルイも大人に成ったわね‥」
「32だよ もうオジサンの部類だよ(笑)」
「小さい時は 私の出ないオッパイ 吸って、出ないって泣いてたのに‥早い物ね‥」
布団から出してた手に 叔母の手が触れました。
叔母の手を握り、
「覚えて無いな〜今 吸ったら どう何だろうな?(笑)」
「ルイ 吸ってみる?‥」
叔母は俺の手を握り引っ張るので 叔母の布団に入って行きました。
叔母はパジャマのボタンを外し 広げた中はノーブラで 薄明かりに大きな乳房が見えました。
ソッと乳房に触れ、乳首を唇で挟み ゆっくり吸いました。
無論乳は出るワケも無く、赤ん坊が吸うのと 大人が吸う 意味合いは違い、ゆっくり乳首を舌で転がし、そこには甥と叔母は存在せず!
男と女が裸で抱き合い 舌を絡ませ 手はお互いの性器を弄り合ってました。
叔母の手の中で激しく勃起ひ 俺の指は滴るほど濡れてました。
「ノリコ‥」
「ルイ 来て‥」
1つに繋がりました。
飢えた男と女が激しく淫らに交尾して
「アァッアァ イク‥ルイ イク‥」
「ノリコ‥出そうだ‥」
「ルイ 出して‥マンコの中に‥いっぱい出して〜 ア〜イク〜‥」
「ノリコ‥ウゥッ ウッ ウッ ウゥ〜ッ ゥ〜‥」
叔母の中に射精!
萎えるまで叔母と無言で抱き合って チンポが萎え 吐き出されるように 萎えたチンポが ヌル〜っと抜け出ました。
2
2017/02/12 08:55:50 (rzzhx3PL)
私は現在47才、週三日パートしてる主婦業です。
主人は49才の公務員、大学生と高校生の息子、娘が家族で結婚して21年になります。
私が40過ぎた辺りから主人との営みは激減、全くのレスではないものの、現在では年数回という有り様です。
その営みもとりあえずやる、やらせるみたいな感じで、ムードも何もない営みです。
このまま、セックスと言うものを忘れるように、年を重ねていくんだろうな、そう思い始めた矢先のことでした。
2015年6月、その日はパート休みでした。
携帯をポケットに入れて洗濯中、ブーンと着信、メールでした。
誰だろうと開いてみると、パート先に出入りしてる運送屋さんのK君でした。
二ヶ月くらい前に、メルアド教えてと言われ、何の気なしに私は教えましたが、メールも電話もそれまで来たことがありませんでした。
「今お宅の近くに来てるんですが、お邪魔してもいいですか」
との内容でした。
え〜?なんで家の近くにいるの?と思いましたが、どうせ暇だし、ま、いいかと思い、いいですよと返事しました。
私は46才の誕生日を向かえたばかりでした。
K君25才、私が洗濯物を干し終えたあたりに来ました。
「どうして家がわかったの?」
「運送屋ですから、この前だいたいの場所を話してくれたじゃないですか?それでわかりますよ」
「そっか、ま、入ってお茶でも飲んで」
訪問の理由も聞かず、私は家に上げました。
K君にコーヒーを出し、その向かいに座りました。
そして突然の訪問の意図を聞きました。
K君はそれをなかなか切り出そうとしませんでした。
何か言いたげ、でも言いずらい、そんな様子でした。
ま、言いたくないなら別にいいけど、こちらは暇だし、若いK君と二人切りなんて、ちょっとウキウキしちゃうな、安易に考えてました。
仕事絡みの会話をしてました。
その話も一通り終えて、コーヒーのおかわりを出そうとしたときでした。
ガシッと私の腕を掴まれ、サッと素早く私の横に来て、あっと言う間もなく後ろのソファーに倒され、キスされたんです。
一瞬の出来事に、私はただびっくりするだけ。
そして執拗に何度もキスをされ、胸もムンズと掴まれました。
私をレイプしようとしてるの?まさか若いK君が私なんかを?私なら訴えたりしないと思ってるの?
混乱する頭の中、なすがまま、キスの嵐をされてました。
抵抗しようとは考えませんでした。
はなっから勝ち目などないのはわかってたからです。
3
2017/02/08 10:27:40 (rAeEd0bQ)
私の家には、妻の一番下の妹が同居しています。
妻より一回りも下の14歳。中学2年生です。
妻と私も二回り年が離れており、歳の差家族同士の同居になっています。
訳あって、実家から離れて小学生の頃から私達夫婦と一緒にいます。
まだまだ子供だと思っていたのですが、やはり中2ともなればそれなりに女を感じることが多々あります。
胸はさほど目につかないのですが、お尻は目に見えて大きくなってきました。
後ろ姿を見ると、ハーパンやパジャマの臀部がパンパンに張り詰めていて、パンティーラインがイヤらしいほどクッキリと浮き出て見える始末です。
こんな光景を見ちゃうと、元々着衣尻フェチ、パンティーラインフェチの私としてはたまりません。
いい歳をして、ここまで中学生に劣情を刺激されるなんて思ってもみませんでした。
義妹への欲情の処理は、もっぱら妻との性交で代償していましたが、時には義妹が自分の部屋に鍵をかけずに登校した時に部屋に入り、脱ぎ散らかした下着やパジャマをオカズにしてオナニーしたりすることもありました。
でも、ついに私の義妹への欲情は限界を超えてしまったのです。
私の妻は看護師なので夜勤があります。当然その時は私と義妹の二人っきり。こんなチャンスはありません。
妻が夜勤の、去年の暮れのある夜、私はついに中学生の義妹を抱いてしまったのです。
今、その夜のことを想い出していたら、我慢できないほど欲情してしまっています。
義妹との初めての夜の詳細は、後日、冷静になっている時に書きます。
今でも妻が夜勤の時はほとんど義妹とやっています…
書いているうちにかなり興奮してきたので、これから義妹の部屋でオナってきます…


4
2017/01/11 10:58:24 (8CxYLJn0)
去年の秋 五年ぶりの高校の同窓会があり まあいつも出席しているからと 出席してみた。
自分達は もう50歳過ぎ 家庭もあり 仕事もありの サラリーマンがほとんど。
その日は 前回は欠席していた 前田せい子が来ていた。
すくなからず 当時は気を向けていたが そのまま。
前々回は 結婚して 2児の母だと 自己紹介していたせい子。
しかし今回の 自己紹介では 前の名前の前田です と挨拶していた。
立ち飲みパーティーの 会場のため 自分も他の塊を回り また回ってくる同級生と 昔の話し・現在の話していると せい子が来た。
「久し振り」「久し振り」と言葉を交わし その時 せい子が バツ2であることがわかった。
バツ2と聞いて なにか羨ましい とも心の片隅に思いが生まれた。
時間が来て 2次会 それから3次会 しかし自分は そこまでは付き合いきれず「すまん すまん」と 別れてきた。
しかし 後ろで 自分の名を呼ぶ声がして 振り向くとせい子が 足早やに駈ける様に 自分を追って来ていた。
「なんだ せい子も 帰るのか」
「あの人たちとは あまり気が合わないから」
「せい子が バツ2だとわねぇ」
「いろいろ あったのよ
 あなたは?」
「俺は 相変わらず くたびれた女房と一緒だよ」
「すごいわ
 じゃあ 浮気なんか したことないんだぁ」
「周りに せい子みたいな 女性が 居なかったからな」
「今 傍に 居るじゃない」
アルコールが入っているせいか せい子の腕を掴み 路地に引き込み せい子の唇に唇を付けた。
そのまま この街の ラブホ街へ自然と足が向く。

裸にしたせい子の 姿は まだ若々しい。
ぷっくりとした乳房 白い腹 その下の黒々とした股間。
風呂にも入らずに せい子の乳を揉み吸い そのまま口を 下へ滑らせ 黒々とした部分に 口を添える。
せい子も 元気づいてきた 自分の物を握りしめ はぁはぁ 息をしている。
せい子を下にして 脚を開かせ 大きく張り切った物を せい子の女芯にあてがう。
何度突くたびに そこは開き 自分の物を 呑み込んでくれた。
奥深く入った物を 適度なリズムで 扱いてくれるせい子の女芯。
二人とも 気が合い 気が膨らむ。
「おうう」
「山田さん いいーー いいーー いいわーーーー」
「俺もだーーー」
こうして 高校以来の 思いを達した。
せい子も 同じだったと言う。

風呂へ入り もう一度ベットの中で・・・・・。

別れ際 また会うことを 約束して 家路にわかれた。

5
1 2 3 4 5 6 ... 100
スレッド投稿フォーム
名前
トリップ()
E-mail
 ※任意
タイトル
本文

投稿文に自動改行は行われません、適宜改行を行ってください。 # タグ使用不可
画像認証

上に表示されている文字を半角英数字で入力してください。
◇掲示板利用規定 〔必ずお読み下さい〕