ナンネットID のアカウントをお持ちですか?
 
 
[!] 強姦・痴漢・窃盗・露出・売春等は犯罪です。 体験談にはフィクションや妄想を投稿してください。 犯罪や違法行為を目的とした呼びかけや情報交換等の投稿、公序良俗に著しく反する投稿、宣伝、商用の利用を禁止します。[!]

淫らな関係 RSS icon

短文の体験談は【禁断の木の実】に移動させて頂く場合が御座います。
1 2 3 4 5 6 ... 100
2017/01/11 10:58:24 (8CxYLJn0)
去年の秋 五年ぶりの高校の同窓会があり まあいつも出席しているからと 出席してみた。
自分達は もう50歳過ぎ 家庭もあり 仕事もありの サラリーマンがほとんど。
その日は 前回は欠席していた 前田せい子が来ていた。
すくなからず 当時は気を向けていたが そのまま。
前々回は 結婚して 2児の母だと 自己紹介していたせい子。
しかし今回の 自己紹介では 前の名前の前田です と挨拶していた。
立ち飲みパーティーの 会場のため 自分も他の塊を回り また回ってくる同級生と 昔の話し・現在の話していると せい子が来た。
「久し振り」「久し振り」と言葉を交わし その時 せい子が バツ2であることがわかった。
バツ2と聞いて なにか羨ましい とも心の片隅に思いが生まれた。
時間が来て 2次会 それから3次会 しかし自分は そこまでは付き合いきれず「すまん すまん」と 別れてきた。
しかし 後ろで 自分の名を呼ぶ声がして 振り向くとせい子が 足早やに駈ける様に 自分を追って来ていた。
「なんだ せい子も 帰るのか」
「あの人たちとは あまり気が合わないから」
「せい子が バツ2だとわねぇ」
「いろいろ あったのよ
 あなたは?」
「俺は 相変わらず くたびれた女房と一緒だよ」
「すごいわ
 じゃあ 浮気なんか したことないんだぁ」
「周りに せい子みたいな 女性が 居なかったからな」
「今 傍に 居るじゃない」
アルコールが入っているせいか せい子の腕を掴み 路地に引き込み せい子の唇に唇を付けた。
そのまま この街の ラブホ街へ自然と足が向く。

裸にしたせい子の 姿は まだ若々しい。
ぷっくりとした乳房 白い腹 その下の黒々とした股間。
風呂にも入らずに せい子の乳を揉み吸い そのまま口を 下へ滑らせ 黒々とした部分に 口を添える。
せい子も 元気づいてきた 自分の物を握りしめ はぁはぁ 息をしている。
せい子を下にして 脚を開かせ 大きく張り切った物を せい子の女芯にあてがう。
何度突くたびに そこは開き 自分の物を 呑み込んでくれた。
奥深く入った物を 適度なリズムで 扱いてくれるせい子の女芯。
二人とも 気が合い 気が膨らむ。
「おうう」
「山田さん いいーー いいーー いいわーーーー」
「俺もだーーー」
こうして 高校以来の 思いを達した。
せい子も 同じだったと言う。

風呂へ入り もう一度ベットの中で・・・・・。

別れ際 また会うことを 約束して 家路にわかれた。

1
削除依頼
2017/01/07 11:00:33 (OHuwiGVV)
会社が倒産 仕事は直ぐ見つかるだろうと思ってましたが いざ就活に入ると 41歳では なかなか見つかりませんでした。
幸い独身の1人者ですから 取り敢えずは貯金で食いつなげてましたが 1年近くも無職では失業保険を貰ってても焦りが有りました。

そんな時 新聞の片隅な学生寮の管理人の募集を見つけました。
問い合わせてみると 男子寮で 前任者が高齢になり 形式的に管理人が居ればとの学校側のスタンスで、希望の仕事が見つかるまでの繋ぎと決めました。
専門校の寮は 古い二階建アパートの1階を一部を食堂と厨房に改築した物でした。
休みが有っても無いに等しく 雑用掃除以外 生徒が居ない時間は 至って自由です。
朝 食堂のオバサンが来る前に起きて 朝食作りを手伝い生徒を送り出すと 夕食作りまで時間は自由です。
その間 寮周りや中 風呂の掃除用意、賄いオバサンもパチンコに行ったりしてました。
管理室でオバサンと世間話しが身の下話に成り 四十過ぎて性欲旺盛な俺 還暦間近と還暦過ぎた熟れきったオバサン!
昼日中 管理室の奥で貪り合うように交尾する毎日です。
還暦過ぎのオバサンは月2〜3回 旦那と営みが有ると言うまだ現役で 最初このオバサンと関係を持ってました。

還暦間近なオバサンは完全にSEXレス状態で、ある日 奥でお喋りしてると、折り畳んて隅に寄せてた布団の間から、
「何これ?」
引っ張り出しのは 還暦過ぎオバサンのショーツでした。
問い質され、時々性処理をお願いしてる事を話すと、
「えっ トシさんて私より5歳年上で還暦過ぎてるわよね!」
「トシさん 旦那さんと週に1度しか無いって それで‥」
「何よ それ! 私なんて この3〜4年 全く無いのよ!(怒)」
若い私の方が絶対良いわよ! と言わんばかりの口ぶりでした。
「すいません 俺はユウさんの方がタイプだけど 言ったら嫌われる かな〜 って‥」
そうしたら 乗って来ました。
「だったら どっちが良いか‥」
「風呂 まだ熱いけど‥」
「アッ そ〜ね!‥」
ユウさんが そそくさと風呂へ。
少しして俺も風呂に行きました。
「あっ ちょっと‥」
シャワーを持ち 片手で茂みを隠しましたが 巨乳でグラマラスな裸でした。

2
2016/12/29 09:03:35 (q5PNI23V)
母と関係がある僕ですが、母の妹 叔母さんとも関係がありました
後日、聞いたら母が叔母さんに話したらしく興味津々で僕に迫ったと
一瞬、戸惑ったけど…叔母さんが目の前で1人エッチを初めて…それもツルツルにカットしてあり、凄くエッチ 車で送る途中だったので叔母さんに言われて高速を降りてラブホテルに行き始まりました
叔母さんも母と同じで激しいエッチでした
ただし、運転中に舐められて危ない運転に
でも、凄く興奮した パーキングでも、車の中で始めたり…
やめられまへん
3
削除依頼
2016/12/22 05:31:08 (WlW8dgQ1)
五十歳の区切りに中学時代の同級会が有り、行くと 地元に居て毎回のメンバーの顔が揃ってました。
その中 俺の目を引いたのは、中学卒業以来の良子でした。

中学の時から太目でしたが 相変わらず太目をキープ!
更に豊満差を増してました。

二次会に移り話してると 数年前熟年離婚をして戻って来てると。
俺が結婚もせず独身なのを良子は知ってました。

話しは 身の上話から身の下話にと移行して行き 二次会場を抜け 良子とラブホテルへ。

中学の頃から大きなオッパイは長年の重力と重さに垂れ 乳首は どれだけ吸われたのが 親指大に黒ずんでました。
タップリと肉を蓄えた腹から茂みへと舐め下がると ちらほら白髪も、太い腿を押し広げると 使い込んで伸びたヒダヒダは乳首同様に黒くヌメヌメと濡れそぼってました。
舐めれば舐めるほど 淫汁を滲ませ、チンポを貪るようにジャブる良子、チンポを突き入れると締まりは良く、我を忘れて喘ぎ逝く良子こ中に 思い切り射精しました。

何で離婚したのか聞くと 浮気がバレてと!
妊娠すると 旦那とSEXレスに成り 子供が幼稚園に通うように成り浮気が始まったそうです。
四十も半ばに浮気がバレ 浮気相手とも破局、何だかんだで離婚。
浮気では始めからゴムを着け 生での中出しは妊娠以来24〜5年ぶりだったそうです。
「妊娠したら どうする? まだ生理 有るんだろう!」
「だったら 妊娠するのが早いか 生理が上がるのが早いか 試してみる?(笑)」
朝まで4回、良子は俺の旺盛なSEXに驚いてましたが、俺は至って普通な事です。
週7日 繁殖交尾励んで 遂に生理は来ず妊娠!
取り敢えず繁殖交尾を繰り返し1ヶ月、良子は婦人科に検診に行きました。
結果、妊娠より先に 良子の繁殖機能は終わり 今は週3〜4日 快楽だけの交尾を楽しむと共に、俺も他の女との交尾を復活させました。

4
2016/11/13 10:34:10 (HBj28Dbt)
私40才、下の子が中学に入ったのを期に、専業主婦からパートに出て働こう、主人も賛成してくれて、私はいくつか面接を受けました。
一つ目、二つ目、私は不採用、三つ目、食品会社の小さな営業所事務の面接、私はその面接の相手を見て、びっくりしました。
私の元カレでした。
私にとって三人目の彼氏で、一人目、二人目では覚えることが出来なかった、女としての喜びを、徹底的に味合わせてくれたのが彼でした。
彼と結婚までしたい、そう思ったくらいでしたが、彼は当時アルバイト生活、将来に不安を覚え、私は別れ、そして主人と知り合い結婚したのです。
その元カレが、小さいながらも営業所の所長として働いてる、人は変わるんだなと思いました。
面接というより、昔話みたいになりました。
そして前二つの面接は不採用だったことを話しました。
『ゆうみを不採用にするわけにいかないな』
この時点で私の行く末は決まったようなものでした。
営業所、元カレの所長に営業の人二人、そして私、たった四人の営業所です。
営業の二人は朝出たらほとんど出突っ張り、元カレ所長は出たり帰ってきたりでした。
だから二人っきりで営業所内、普通にありました。
私が働きだして、三ヶ月ほど過ぎたあたり、私も仕事になれてきたときでした。
戻ってきた元カレ所長に、営業所内で迫られました。
私は拒むことが出来ませんでした。
なぜなら、主人とのセックスに燃えることが出来なくなっていて、逆に元カレとの昔を思い出していて、あの当時のセックスをまた、そんな気持ちだったからです。
事務所奥の休憩室、元カレ所長にキスされ、制服から乳房を出され、スカートをまくりあげられ、下着とストッキングを下げられ、洗ってもない私の恥部を、元カレ所長は平然と舐めまわしました。
テーブルに手をつかされ、立ちバックで突っ込まれると、あの当時のセックスが蘇ってきました。
主人では最近、味わうことが出来てなかった燃えるセックス。
元カレ所長の精液が、私のお尻に降り注がれると、私は膝から崩れ落ちました。
『ゆうみを面接のときから見てきたけど、欲求不満そうだっての、わかってたよ』
お尻や太ももに流れた精液を拭きながら、元カレ所長は言いました。
乱れた制服を直しながら、つい私が口走ってました。
『気持ち良かった』
そして何事もなかったように、再び事務所で仕事につきました。
もう私、ダメかもしれません。
5
1 2 3 4 5 6 ... 100
スレッド投稿フォーム
名前
トリップ()
E-mail
 ※任意
タイトル
本文

投稿文に自動改行は行われません、適宜改行を行ってください。 # タグ使用不可
画像認証

上に表示されている文字を半角英数字で入力してください。
◇掲示板利用規定 〔必ずお読み下さい〕