ナンネットID のアカウントをお持ちですか?
 
 
[!] 強姦・痴漢・窃盗・露出・売春等は犯罪です。 体験談にはフィクションや妄想を投稿してください。 犯罪や違法行為を目的とした呼びかけや情報交換等の投稿、公序良俗に著しく反する投稿、宣伝、商用の利用を禁止します。[!]

エッチな悪戯体験告白 RSS icon

短文の体験談は【禁断の木の実】に移動させて頂く場合が御座います。
1 2 3 4 5 6 ... 200

貧乳JC

投稿者:匿名 ◆febUSGhU3.
削除依頼
2017/10/15 08:57:38 (ClfJ8zNY)
中3の時だった(はず)。
まだ残暑も厳しい時期の5時間目、つまり給食が済んで暑いわ眠いわ、しかも国語で古典。
授業に集中なんて出来るはずもなく、俺の眼は壁にぶら下がった時計を見るたびに時間の流れの遅さに溜息をついていた。

と、その時、俺の前の席に座っている女子の様子がおかしいことに気が付いた。前に後ろに身体がゆっくりと傾いては戻り傾いては戻りを繰り返している。

Rのヤツ、居眠りしてやんの。

俺の悪戯心に火が点いた。
起こしてやるんだから感謝されてもいいくらいだ。
中3男子、年齢相応の独断に基づいて起こし方を考えながらグラグラ揺れるRの後ろ姿を見ていると、ある事に気が付いた。
汗ばんだブラウスの背中に薄っすらと透けて見える下着のライン、撫で肩のRの肩にブラジャーの肩紐が。

Rのヤツ、夏休み前まではスポーツブラかインナーだけで胸ポチ状態を男子の間でウワサになっていたし、そもそも、たいして胸なんか膨らんでいないクセに背伸びしてるな。

起こし方は決まった。
俺は身体を机の上に倒すようにしてタイミングを測る。
Rの上半身が傾いた瞬間を狙って右手を伸ばす。
狙いは背中、ブラジャーのホック。

親指と人指し指でホックを摘まむとパチッという手応えにホックが外れた事が、同時にビクッとしたRの動きからRが目を覚ましたことも分かった。

その時、俺としては軽い悪戯のつもりで授業が終わってからRにヘンタイ呼ばわりされ、クラスが軽く盛り上がってお終いだと考えていた。

アタフタしていたRがブラジャーのホックが外れた事に気付いたらしく、腕を背中に回すが焦りの為か再びホックを留めるには至らない。
しばらくして諦めたのか、腕を下ろし背筋を丸めて身体を縮めた、とその時だ。
予想外の出来事が始まった。

当時は分からなかったが今思えば、乳房の膨らみとブラジャーのカップサイズが合っていなかったのだろう。
身体を縮めた事によりカップがズレてしまい、緩んだ肩紐が肩から滑り落ち始めたのだ。
Rが極端に撫で肩なこともあり、状況の打破しようと身体をモジモジさせるRの動きが逆にアダとなった。

ついには両方の肩紐が半袖のブラウスから露出。
Rは寒さに耐えるような仕草で自分の両腕を、つまり右手で左腕を、左手で右腕を肩紐ごと握ってバレないように必死らしい。

俺の眠気は吹っ飛んで、いや、それどころか興奮はマックス。
同じクラスの女子が教室で授業を受けながら下着を乱しているなんて。

幸いなことにRは教師に指名される事もなく、授業が終わるや否や席を立つと足早に教室から出て行く。
トイレで下着を整えるつもりなのだろう。

俺は思わず後を追ったがRの向かう方向がおかしい。
最寄りの女子トイレとは反対方向だ。
少し距離を置いてRの後を尾けているうちに気が付いた。
人の少ないトイレ、体育館か理科室などの特別教室のある棟のトイレに向かっているようだ。
確かに生徒も教師も少ない。
あるタイミング以降、廊下には先行するRと後を追う俺だけ。

「おい!R!」

俺はRに追いつきながら声をかけた。

「な・何?」

顔を真っ赤にしたRは両腕を胸の前で交差させたままの格好で歩き続けるが顔は逸らしたままだ。

「お前、さっき授業中寝てただろう?」

「う・うん。」

何を言われるのかと警戒していたのであろう、幾分か安心したように応えたRに俺は追い打ちをかけた。

「でも寝てただけじゃないよな?」

「え?」

思わず脚を止めたRは不安そうな表情で俺に向き直る。

「袖からブラ紐、見えてたぞ。何で授業中にブラジャー外してたんだよ?」

「は・外したんじゃない!外れちゃったの!」

どうやら俺が外したことには気付いていないらしい。
これはチャンスかも?
思わず自分が下着を乱している事を白状してしまったRは黙り込んだ。

「ふーん。ちょっとこっちに来いよ。」

誰もいない理科室に誘導するが警戒しているらしくRは動こうとしない。
軽く脅してみるか。

「国語の授業中にブラジャー外してたって言いふらしちゃおうかな?」

「え?ヤダ。絶対ダメ。」

観念したような表情で理科室にRが入ると扉を閉める俺。
2人っきりだ。
当時、中3。もちろん童貞だった俺に何か計画があったわけではない。
行けるところまで行ってみよう。
ただそれだけ。

「ブラジャー付け直そうとしてこっちのトイレまで来たんだろう?」

黙り込むRに構わず俺は続けた。

「腕、下ろしてみろよ。」

固まったままのRに向かって更にプッシュ。

「言いふらされてもいいのかよ?」

3メートル程の距離を空けて立ったRの腕がゆっくりと下がり、身体の両側にぶら下がるとブラウス越しにインナーシャツの中で明らかに位置がズレたブラのカップが浮き上がっていた。
まだ行けるか?

「ここで付け直してみろよ。」

「え?そんな。無理だよ。」

今考えてみれば無理な話だ。
ブラジャーを付け直す為にはブラウスを脱ぐ必要がある、までは分かっていたがインナーシャツも脱ぐ必要がある事までは頭が回らなかった俺。
下着姿が見れたらラッキー、くらいにしか考えていなかったのだ。

「どうする?」

半ベソをかき始めたR。
ちょっとヤリ過ぎたかな?
そう思った瞬間だった。

「ぜ・絶対、内緒だよ。それから・・。」

「それから?」

予想外の展開に有頂天な俺は後の言葉を促した。

「見るだけだから。触ったりしないって約束して。」

「分かった。約束する。触らない。」

答えながら俺は自分を責めた。
しまった。最初に触らせろって言えば良かった。

ゆっくりとブラウスのボタンを外し始めたRの姿を息を呑んで凝視する俺。
既に股間の愚息は射精寸前。
ボタンを外し終えるとRはブラウスを脱いで横の机の上に置き、中途半端な状態のブラジャーを完全に外してブラウスの上に。
当時、小柄だった俺より少し背の低いR。
身長の割には痩せた上半身を隠しているのは白いタンクトップの薄い布地だけ。
汗ばんで身体に貼り付いた布地越しに身体のラインが浮き上がる。

「ん!んん!」

限界だった。
腰の中心から背骨に沿って痛い程の快感が迸る。
俺はズボンの中で大量の精液を放っていた。

怪訝そうな表情で俺の顔を見たRはスカートの腰のあたりからタンクトップの裾を引っ張り出し始める。
何だ?何をする気だ?
射精の余韻を味わいながらRの行動を見守る俺。

引っ張り出したタンクトップの裾を両手で握ると捲り上げて脱ぎ始めたR。
思わぬ展開と射精により却って落ち着きを取り戻した俺はポケットを探り始める。
あった。
携帯。

タンクトップを脱ぎ終わりブラジャーに手を伸ばしたRは俺から視線を逸らせていることもあり、俺が携帯を操作していることに気付いていないらしい。
同じクラスの女子が目の前で裸の上半身を晒しながら着替えている。
再び射精してしまいそうな興奮を味わいながらコッソリと撮影を。
携帯のムービーに着替えを収められたことにRは気付かないまま着替えを終えた。

「絶対、内緒だからね。」

そう言うとRは俺の横を通り過ぎて理科室から出て行った。

内緒にするに決まってるだろ。
こんな最高のオカズまで手に入れたんだから。
その時は気付かなかったが、それはオカズどころではなくジョーカーだった。

1週間程でオナニーに飽きた俺がムービーを弱味にRの全裸を要求したのが10日後くらい。
身体を触らせて貰ったのが3週間後くらい。
1ヶ月後には嫌々だったはずのRも身体を触られながら悶えて喘ぎ声を漏らし、ついにはRの方から求めてくるように。
そして2ヶ月もしないうちにRと俺は初体験を済ませ、中学を卒業するまでの3ヶ月程の間、その関係は続いたが別々の高校への進学を機に関係は解消。

クラス会や同窓会で何度か顔は会わせたが、当然、身体を重ねる事も無く。
2年程前に結婚したという噂を聞いて投稿してみた。

長文失礼。
1
2017/10/14 18:28:28 (dCw7jN30)
小学四年生の頃の体験について語りたい。とても恥ずかしい話になるけど。あの頃秋の時期だっただろうか。二人で買い物へ出掛ける事になり。自分が小学四年生の頃と言えば、丁度十歳時だった。母ちゃんと二人で買い物へ出掛ける時は、いつも荷物持ちの手伝いするのが、常だった。はっきり言うと、自分は母ちゃんと仲が良かった。実を言うと、十歳の年齢としては、まだ早すぎる時期だったかもしれないが。今思うと、腹を痛めながら、自分を出産し、育ててくれた母ちゃんをただ一人の母親である事を認識する前に、何気なしに一人の女として、生まれて初めて認識し始めていたかもしれない。それが要因となって、何気なしに母ちゃんの方へ目を向ける。いや、何気なしではなく、興味本位に母ちゃんの方へ目を向けたと言った方がいい。白いブラウスに、水色のプリッツスカートといった服装姿がこっちの目に映ると。するとどうだろうか。自分の二つの目玉が下の方へ動き、丁度母ちゃんの脚に向けられた。そして、母ちゃんが白いソックスをはいている事を意識し始める。なぜなのか分からなかったけど、ムラムラムラした気持ちになりそうになり。興味本位に母ちゃんの脚をじろじろと眺めていた時、脚の色が平素の肌色と違って、浅黒い肌色に見えた。なぜそんな色に見えたのか、分かっていた。浅黒い肌色がナイロンのストッキング特有の色だった。言い換えれば、母ちゃんは濃い肌色のストッキングをはいてから、白いソックスをはいていたからだ。その事が分かると、母ちゃんの脚が色っぽく、且つ美しく見える様になり。そして、そんな母ちゃんの姿に刺激された気がした。それから、一緒に玄関で靴をはく。母ちゃんの方は愛用の茶色のローヒール。靴をはいたら、外へ出る。母ちゃんと二人で坂道を下りながら、歩いていた時の事だった。再び母ちゃんの方へ目を向ける。母ちゃんの方が靴のローヒールをカタカタと鳴らしながら歩く同時に、揺れ動く水色のプリッツスカート。揺れ動く水色のプリッツスカートを眺めていた時、その中の事が気になり始める。商店街まで辿り着いた時、隙を狙ってから、後ろからしゃがみながら、自分の頭を低くして、何の躊躇いなく、真下からスカートの中を覗き見をしていると。するとどうだろうか。股と股の間が目に映ると。その薄暗い隙間の奥から、ふっくらした形で、何か白い物が見えてきた。言うまでもなく、母ちゃんが下着としてはいているパンツがスカートの中から見えた。「パンツが見えた。」そう思いながら、スカートの中を覗いていた。母ちゃんは濃い肌色のガーターストッキングをはいてから、白いソックスをはいていたため、白いパンツは完全な生パン状態だった。綿百パーセント独特の白い色に刺激され、ムラムラした気持ちになった。それに、お尻とアソコ(女性性器)がその外面から膨らみとなって浮かび出ている様に見えた。パンツが見えたと言うよりも、興味本位にパンツを見ていたと言った方がいいだろう。スカートの中を覗き見しながら、パンツを見ていた行為が、母ちゃんに性的興味を抱いていた事を認めるしかない。でも、母ちゃん自身は自分が下着としてはいているパンツを見られている事など、全然気付いてはいない。スカートの中を覗き見しながら、パンツを興味本位に見ていた時、女性性器がその外面から、膨らみとなって浮かび出ていたのが、興味深かった。

2
2017/10/08 23:41:17 (67EdD57F)
れいかちゃん(8才)ごめんね
途中まで良い子だったのに
パンツ脱がしたら泣いちゃったね
でもお股にチンチン押しつけておじさんは気持ち良かったよ
れいかちゃんも本当は気持ちよかったよね
もう少し大人になったら
ちんちん入れる悪戯してあげるからね
楽しみにしていてね
3
2017/10/06 23:00:23 (bCiJlawn)
妹がJC3〜JK3まで、寝ている妹の身体を触ったり、キスしたりしてた。

もともと兄妹仲は良く、夏休みの間はお互いの身体を触りあったりしていた。
夏休み以外でも親の目を盗んでは触りあっていた。
でも、妹がJC3の頃から触りあうことが無くなってしまったので、家族が寝静まった頃に妹の部屋に忍び込み、完全に寝てるのを確認してから、気付かれないようにまずはキスして、服の中に手を入れて乳首を触りそのあとは下に手を入れて、パンツの上からオマ○コを触り最後はパンツの中に手を入れて直接マ○コを触っていた、だんだん毛も生えてきたりワレメの中に指を入れて妹の身体を気付かれないようにいっぱい触った。
オッパイが膨らんできたり、マ○コに毛が生えてきたときは、妹の成長を感じられて興奮したな!

たぶん妹は気づいていたかもしれないが、今もずっと兄妹仲は良く過ごしている。
4
2017/10/04 01:16:05 (5BnS0Tnd)
私は母子家庭マニアです
といってもAVのような近親相姦が好きな訳ではありません

父親のいないJSにチンポを味わせるのが好きなんです

きっかけは30年くらい前
高校生だった私は銭湯に行きました

そこに女の子二人を連れた男性が入ってきました
今では年齢制限もあるはずですが、当時はJSの低学年じゃなくても親と入ってくる女の子はいました

湯船に浸かっていると、その3人は私の近くに

すると男性は私に笑顔で声をかけてきました
「こっち、うちの娘でこっちが娘の同級生」

私はそうなんですかと受け答えしました

すると男性は続けて
「この子、母子家庭だからお父さんいないんだよ」
「かわいそうだよね」

あ、なんかスミマセンな感じ
そう思っていると男性は
「このくらいの歳だと最初は父親のチンポを味わう頃だよ」
「ほんと、かわいそう」

え!
そう思っていると男性は娘に自分のチンポをくわえさせました
いわゆるフェラ
高校生の自分には衝撃でした

「娘の同級生だし、俺の味あわせてあげたいけど最初は君のでしてあげて」

は?

「ほら、このお兄ちゃんに◯◯ちゃんのワレメを見せてあげなさい」
「お兄ちゃんに大きくしてもらわないと美味しいチンポお口に入れてもらえないよ」

いやいや、もうフェラだけで大きくなってました

その女の子は言われたまま湯船の縁に腰かけて私にワレメを見せてきました
性に貪欲な高校生です
我慢できるはずありませんでした

チンポを女の子の顔の前へ
すると女の子はおそるおそる口を開けてチンポをくわえました

初めてのフェラ
温かい感触がチンポに伝わりました
そして、あっという間にザーメン発射

「おっ、もう出たのか」
「初めてだし飲んであげなさい」

女の子は今にも口から溢れそうなザーメンを飲んでくれました

そして再びお口の中へ
今度はゆっくり楽しみました

ふと、隣を見ると男性のチンポは娘のオマンコに出入りしています

そしてまた私がザーメン発射
今度は女の子は湯船にザーメンを出しました

と隣の男性がどうやら娘の名前を呼んでいます
しばらくすると男性は娘のオマンコからチンポを抜き娘を立たせました

娘のオマンコからは父親のザーメンが溢れてきて湯船に垂れていました

これが私の母子家庭のJS好きになったきっかけです
当時はなかなか母子家庭の子を見つけるの苦労しましたが、楽だったのは運動会

お昼に1人でいる子に声をかけまくりました
当時の運動会は外部の人間が入るのも声をかけるのも怪しく思われることはありませんでした

ただ、なかなか上手くいかず途中から低学年だけにターゲットを絞ると次々に成功しました

私は基本的に口だけです
チンポを味わうにはやはり口が1番だと思ってました

銭湯のように女の子の裸にするのは厳しかったですが、自分が狙っていた小学校は当時まわりから、パンツブルマと呼ばれていたブルマの小学校でした

他のブルマのように下着より大きい訳ではなく、むしろ下着より小さめの感じ
多分、ゴムが強かったのかな?
驚くことにブルマの色が水色ってこともあって、この小学校の女の子はのワレメ食い込み率は完璧でした

それをオカズにたくさんの母子家庭の女の子に小さいうちからチンポやザーメンを味あわせて来ました

最近はなかなか難しいです
5
1 2 3 4 5 6 ... 200
スレッド投稿フォーム
名前
トリップ()
E-mail
 ※任意
タイトル
本文

投稿文に自動改行は行われません、適宜改行を行ってください。 # タグ使用不可
画像認証

上に表示されている文字を半角英数字で入力してください。
◇掲示板利用規定 〔必ずお読み下さい〕