ナンネットID のアカウントをお持ちですか?
 
 
[!] 強姦・痴漢・窃盗・露出・売春等は犯罪です。 体験談にはフィクションや妄想を投稿してください。 犯罪や違法行為を目的とした呼びかけや情報交換等の投稿、公序良俗に著しく反する投稿、宣伝、商用の利用を禁止します。[!]

修学旅行での体験談 RSS icon

短文の体験談は【禁断の木の実】に移動させて頂く場合が御座います。
1 2 3 4 5 6 ... 200
2017/10/25 06:14:44 (B9lQAbWp)
今から約16年ほど前の話

俺は高校時代「旅行委員」というのをやっていて、修学旅行の際のクラス代表的な委員だった。

自由行動の班決めではいつもつるんでるクラスの中心的なメンバーとグループを組む予定だったが、人数が偏ってしまうとの理由で担任から強制的にオタクのグループに入れられてしまった。

また女子の中にもうちのクラスの女子では浮いてしまうギャルのアユミがこれまた冴えないグループに入れられていた。

行き先は長崎で行きの飛行機の中や、初日のバス移動の最中もグループの会話には一切付いていけず、ひたすらMDを聞いていた。

周りからも笑顔で「ドンマイ!」と言われる始末でずっと不機嫌だった。

2日目の自由行動の際は、班でいくつかの見学ポイントを見て班でレポートを作成することになっていた。

俺はここぞとばかりにグループの人間に

「昼を食べた店で忘れ物したから取ってくる!すぐに追い付くから先に行ってて!」

といって抜け出した。

そしてオランダ坂で時間を潰しているとアユミのグループがいた。

俺はそこまでアユミと仲がいいわけではないが、アユミに独りでいる理由を聞かれたのでこっそりと教えると、俺と同じような事を班員に言って抜け出してきた。

そしてなぜか俺と行動していた。

とはいっても二人揃ってすぐに飽きたのでカラオケに行くことにした。

まさか修学旅行に行ってまでカラオケに行くとは思ってもいなかったが、フリータイムで入り二人で交互に歌った。

そしてだんだん賭けになってきて点数が低かったら罰ゲーム的な流れになった。

最初はデコピンとかだったが徐々にエロい方向に行った。

俺はまぁそれなりに点数を出せるが、アユミは音程こそとれてるが単調でほぼ俺の一人勝ち状態だった。

そしてキスから始まり、胸を揉んだり、お尻を撫でたり、あそこに指を入れるまで行った。

そしてラストは夜の自由時間にお楽しみをすることになった。

そして晩御飯を食べ、風呂に入ったあと携帯で連絡を取って、一般客が泊まってるフロア(多分時期的にほぼ空室)の奥の非常階段に行った。

アユミは上はパーカーでその下はブラも無しの臨戦態勢で下はスウェットだった。

アユミに改めてキスをしてパーカーのファッスナーを降ろし胸を揉んだり吸ったりした。

アユミは声こそ出なかったが息が荒くなってきた。

そしてスウェットの下に手を入れると下着の上からでもわかるくらい濡れていた。

指を入れると中はとてもキツくて熱を持っていた。

アユミのクリはとても小さいらしく触ってもどこにあるのかわからなかった。

階段に座らせ脚を開かせてあそこを舐めた。

やはりクリは本当にちょっと見えるくらいだったが、ものすごく感じるようで、舌で刺激すると少し声が出てきた。

俺も下を脱いでアユミの口元に持っていくと一瞬躊躇したが舐めてくれた。

ただ、思ったほどうまくなく(俺は1年の時に先輩と付き合って経験済みだった)少し気分が下がった。

なのでフェラもそこそこにアユミに入れることにした。

アユミの穴にあてがうとゆっくり押し込んだ。

指を入れたときにも感じたが、アユミのあそこはとても狭くものすごく締め付けてきた。

まだ先端だけ入ったくらいだったが、アユミが「イタッ」と言った。

なんとギャルで(噂では)援交しまくっていると言われていたアユミはなんと初めてだった。

アユミにやめるか聞くとそのまま続けてと言ったのでゆっくり根元まで押し込んだ。

激しくすると痛いだろうとゆっくり出し入れをした。

その度に「うっうっうっ」とうめき声を出していた。

それでもだんだん慣れてきたようで、じょじょに「うぁっうぁっ」とあえぎ声が混ざってきた。

どのくらいしてたかはわからないが俺もだんだん気持ちよくなってきて、少し動きが速くなった。

そしてなぜか魔がさして何も言わずにアユミの奥でたっぷりと出した。

アユミも突然のことで驚いたのか、さらにあそこが締まり、最後の一滴まで絞り取られた。

アユミは無言で一回俺の肩をひたすらぱちんと平手で叩いた。

俺もアユミも服装を整えてそれぞれもう一度風呂に入った。

夜中にアユミからメールが来て、
「中に出したことは許すから、初めてだった事は絶対内緒にして!」
と来たので
「帰ったらまたさせてくれるなら黙ってる」
と送ると
「いいけどゴム着けてね」
と返ってきた。

その後アユミとは付き合った訳ではないが高校を卒業するまで身体の関係は続いた。

それでもごくたまに安全日に中出しをして軽く怒られたが、幸運なことに妊娠はしなかった。

駄文失礼しました。
1

(無題)

投稿者:シホ
削除依頼
2017/09/26 15:04:46 (cEParX6O)
中学の修学旅行での話です。
私は学級委員をして、クラスでは目立つ存在でした。
ルックスもスリムでしたが悪くなかったです、でもイジメられやすいキャラらしく、小学生の頃から、スカートめくりなどはよくされてました。
修学旅行で男子の部屋に用があって1人でいったんですが、部屋に入るなり、シーツをかぶされて、5、6人は居たと思います、揉みくちゃにされ、今思えば最初はおふざけだったんです、私がはじめから本気で嫌がらなかったのが良くなかったと思います。
誰かがジャージを引っ張りブルマがあらわに。
それでも私はそれほど嫌がらなかったんです、ジャージえ降ろされるのは以前からでスカート捲りみたいなものでしたから、
あまり嫌がらない私を見て男子達は悪乗りしだしました。
5人がかりで上着のティーシャツを脱がしに、「ちょっとやめてよ」さすがに声を上げましたが、まだ顔が笑ってましたし、それくらいでキレる女じゃないなんていい女ぶってました、
当然そうなると男子達は調子に乗り、上半身はブラ一枚、下半身はブルマ姿に、男子1人が部屋の前で見張りだし、私はバージンでしたし、セックスは嫌だと思いましたが、見られるのはむしろ、期待しちゃてました、ギリギリまで抵抗してやばくなったら、大声を出せば大丈夫と思い、楽しんでしまったんです、ブルマを脱がされお気に入りのパンツ、「お願いマジでやめてよ」可愛いく抵抗する私
男子達は興奮していたが、やり過ぎと悟ったのか、下着を脱がすのをためらっていた。
2
2017/08/20 02:56:05 (GStmYNOb)
小学校の修学旅行の時の、忘れられない思い出です。
隣のクラスに、学年1の優等生、理恵子ちゃんがいました。
当時は、修学旅行は電車で行きました。
電車が出発する前、棚の上に荷物を載せますが、
前の座席にいた理恵子ちゃんが、
「(僕の座っていた)座席に少し乗らせてもらっていい?
(僕は)そのままでいいから」と言ってきました。
僕はOKしました。理恵子ちゃんはお礼を言って椅子に乗ると、
棚の上の荷物を奥に入れ始めました。
その時、何げなく理恵子ちゃんを見上げると、
何と理恵子ちゃんのショートパンツの隙間から、
フリル付きの無地のパンツが、しっかり覗いているではありませんか…。
全然考えもしなかったすごい光景に、僕はドキドキしてきました。
理恵子ちゃんを見守るような感じで、
僕は、理恵子ちゃんのパンツをガン見しました。
その時、理恵子ちゃんがはいていたショートパンツは、
学校指定の体操服で、色は白、丈は短くて太ももの付け根くらい、
それに、太股との隙間が空いていて、体育の時間にしゃがんだ時とかには、
ショートパンツと足の隙間から、よくパンツが見えたりしてました。
特に理恵子ちゃんは、スリムで足が細かったので、
その時は、ショートパンツの中までしっかり見えていました。
前を向いた時には、パンツについた割れ目の線が、
あと、パンツの前の黄ばみが、はっきりくっきり見えました。
しかも、理恵子ちゃんは、上の運動服を外に出していたので、
隙間からおへそまで見えてしまい、びっくりしました。
そのあと、理恵子ちゃんが後ろ向きになった時には、
パンツのお尻やクロッチが見えました。
(女の子のパンツは、男の子と違うんだなあ)と、その時はじめて知った、
すごく遅れていた当時の僕でした。
ちなみに、僕がエッチな場所をこっそり見ていたことは、
理恵子ちゃん本人はもちろんのこと、
すぐ前の向かい合いの席に座っていた2人の友達も、
全く知りません。




3
2017/07/31 20:43:02 (q2RfkXBk)
学校で書いた文集と一緒にメモが残ってたのでそれをもとに書くね。

1泊2日でミンナでお泊りするので楽しみだったが、自由行動が減らされて
楽しみは旅館の中だけになってしまった。
服装は自由なのでわたしは一張羅のワンピ、JS4のときに買ってもらったので
胸元は窮屈でマイクロミニになってしまってた。こんな時に新しいのねだるわけにいかず
上はノーブラで少しでもきつくないようにし、チョットしゃがんだだけでショーツも見えるので
ブルマをはきました。階段でほかの観光客にスカートの中を見られていたが安心できました。

バスの中では席近くの男の子たちが私の方ばかりガン見しつづけて、たまたま変わった席の隣の
男の子がポテチこぼしたり、スカートに中に手を入れようとしたりさんざんでした。

旅館のお部屋に入るなり、ミンナから押し倒されて(女の子だけです)、ワンピも脱がされて裸にされて
オナニーさせられちゃいました。その時、手を差し出してきた子を襲ってレズに持ち込みました。

大浴場でもそれぞれの胸やアソコの比べっこ、触りあいなどが続き落ち着いてお風呂に入っていられませんでした。

お部屋での自由時間に、それぞれキャミとショーツ姿でガールズトーク。その流れでペア組んで乱交レズをすること
になり、わたしと組んだ子にキスしようとしたら押し入れの中から「ちょっと待ったー!!」と声が聞こえた
その男の子を押し入れから引きずり出して話を聞くと、彼女をずっと好きだったそうだ。
彼女も彼を気にしててOKしてミンナが見守る中でセックスすることになりました。
初潮前でしかも処女だったわたしには刺激的でしたが。
フィニッシュに近づくとまわりはレズを再開、相手のいないわたしはオナニーを続けました。

ひと段落して消灯時間を過ぎたが物足りなくわたしは大浴場に再び行きました。
洗い場で汗を流してオナニーしようとしていたら隣のクラスの女の子が絶えず自分のアソコにシャワーを流してた。
聞くと、同じクラスの彼氏と非常階段の踊り場でコンドームつけずにセックスして中に出されたということ。
最近初潮を迎えたばかりで妊娠を心配してたが翌月にはチャンと次の生理がきたそうだ。

その後にあこがれの保健室の先生が入ってきて彼女の背中を流してあげました。
お風呂に入ってイロイロ話し込んでいるうちにスキをみて先生のアソコに指を入れようとしたら、
「そこには旦那サマのおちんちんしか入れちゃダメなの」と断られた

お風呂から戻る途中で担任の先生がトイレの前で酔いつぶれて寝ていた。ほかの先生たちと酒盛りしてムリに飲まされ続けて
トイレで吐いた後だったそうだ。その先生はわたしが転校した時からずっと同じクラスの担任であこがれの人でした。
女の子には苗字で呼ぶのにわたしだけ聖子って名前で呼ぶのでカンチガイしちゃって一時期休み時間にベタベタしてたものだ。
お部屋に連れていくことができず、ダレもこないのをいいことに襲うことにしました。
服を脱がしておちんちんを取り出してフェラチオしても何も反応なく、わたしはショーツを脱いで先生のおちんちんを
わたしのアソコに入れようと導いてもなかなか入らない。
そのうちに人の気配を感じてわたしはショーツをはき直していたらほかの先生が来て連れて帰ってくれました。

2日めは先生が二日酔いで、ほかの子たちも睡眠不足でバスの中はとても静かでした。

こういう思い出しかなく、あとで出された紀行文の宿題も手付かず


4
削除依頼
2017/01/04 14:51:16 (AIKlhCNR)
僕は、大学2年の時に、思い出に残るH体験をした事があります。

たぶん、どこの学校でもあるとおもうのですが、学校が認可している業者からの求人広告が、学校の事務局の壁に貼られている事があるんです。とくに夏休みとか冬休みとかの前とかね。

僕は大学2回生の時の夏休み前に、学校の事務局の前を通った時、なんかバイトを募集しているのがあって、それを応募するつもりはないけど、どんなのがあるのかな〜ってたまたま、暇つぶしに見たときがあるのですが、なんせ当時の記憶なので定かじゃないのですが、

場所:北海道 苫小牧市 業種:牧場勤務 期間:夏休み期間中のみ 時給:900円 食事、宿泊、無料。 という募集広告を見たのです。 時給が900円でも、あらゆる事が無料なら、それなりに稼げるんじゃないかな。って思いました。

僕は、最初っから牧場勤務なんて興味なかったのですが、夏の北海道というところに興味が沸いてしまい、これといって部活もせず、彼女もいない僕は、(試しにやってみようかな。。)っていう気持ちになったんです。

それから2晩考えて、、、、(やってみるか・・・)という結論に達し、僕はそのバイトに応募する事にしたんです。もしかしたら、同じように応募している女の子とかいて、、、あわよくば・・w みたいな下心もありましたから。

しかし、応募したのは僕だけで、、採用されたのも・・・僕だけでした;w;

もうすでに、応募先の会社には、僕の応募資料を送ってるともいうし、、僕は内心、かなり憂鬱な気持ちで牧場勤務をする為に、荷物をまとめて・・・北海道まで飛行機で行き、まーなんとか北海道まで到着すると、いままでに見てた景色とまったく違うものだから、変にテンションも高まりw 

しかし、面倒ですが、そこから電車を乗り継ぎ。。。やっと苫小牧までついたら、牧場の勤務しているオネーさんが僕を迎えてに来てくれていたのです。

このオネーさんのことをマコさん(当時26)とします。

このマコさん、まるで北海道の大自然が生んだといっても過言でもないような、、すっごいあかるくて爽やかで、可愛らしいオネーさんでした。

豊満な胸に、肉体労働でひきしまった、くびれのあるウェスト。スラリとした足。そんな感じの人だったのです。俺は(悪くなかったかなw こんな可愛い人と1か月以上も一緒に過ごせるならww) って思ってました。そして牧場まで車を1時間くらい走らせると、そこで出てきたのは、「ワンワン!!!」ってかなり巨大なセントバーナードの犬。

さすが北海道!!!全部がなんか、、都会と違う!!!wwwww ていう、出発のときの不安と憂鬱なんてどこかにふっとび、、この大地、青空、山、草原、オネーさんw セントバーナードの犬!そして馬!!!っていう感じになって、テンションあがりまくりでしたw

そしてこのオネーさんのことを少し紹介しますと、このマコさんはもともとY大学の出身で、大学4回生の時に、僕と似たような感じで大学の求人から、この牧場で働いたみたいです。それから大学卒業してからは一般企業に就職したらしいのですが、うまくいかず1年で退社。それから職を転々としましたが、結局、コレ!っていうのがなく、大学時代にお世話になった牧場が、普通にインターネットで求人募集しているのを見つけて、勇躍、北海道まで勤めに来たそうです。もうこの牧場につとめて1年半になる。って言ってました。

僕はマコさんの車を降りて、最初は事務室に入ると、また人の良さそうなオジさんと、おばさんが迎えてくれるのです。そして、「マコちゃん、部屋案内してあげてー」っていうと、マコさんは「はーい」ってあかるく返事をし、「こっちついてきてw」と僕を引導してきたのでした。

そして事務局のすぐとなりに隣接している1階建ての寮みたいなのがあり、101号はマコさんが住んでいるから、僕は二つ隣の103号が割り当てられました。102号を含め、他にも部屋はあるみたいですが、物置になってるみたいです。

部屋の構図は、、 101号(マコ) 102号(物置) 103号(僕) トイレ 風呂 キッチンのある休憩室 そしてその建物の野外に洗濯機 物干し竿 っていう感じでした。

そして部屋の中を簡単に案内され、ゴミの日やゴミを出す場所を案内され、、そしてただ特殊だったのが。。。

今時・・?っていう感じなのですが、共同トイレ、共同キッチン、共同風呂。共同洗濯機。。なのです。

すこし仕事に慣れてきたときに、「今時、全部が共同っていうのも珍しいですよね」ってマコさんに聞いてみたら、もともとこの牧場は家族経営をしており、ちゃんとした家が、今僕たちがいる寮の近くにあったみたいなんです。しかし、牧場のオジさん夫婦の息子立ちは、都会にいって建築の仕事してたりしていなくなったので、古くなった家を取り壊し、夫婦は別の場所に家を新築し・・・。もともとあった倉庫を改築し、簡易に寝泊りできるようにしたんだそうです。

昔は今みたいに、都会からアルバイトを募集するまでもなく、地元からアルバイトがきてたので、別に職場で寝る。っていうことはなかったから、なにもかも共同でよかったそうです。

ただ、この共同っていうのが、僕が最初にこの牧場にきた爽やかな動機から、、マコさんを性的な目で見てしまう、、、そういうきっかけになっていくのでした。

その最初のきっかけは早いもので、僕は初日に部屋に案内され、疲れているから、今日は寝てください。ということで、あすの7時にマコさんが呼びに来る。っている予定になってたのです。

僕は仕事をしているマコさんに、なんか悪いなぁ。なんて思いつつ、初日ばかりはゆっくりさせてもらったのですが、この古い木造建築ですから、マコさんがトイレに出入りする音が聞こえるんですね。

スッタスッタスッタ って僕の部屋の玄関前を歩いてる足音、トイレ入口のドアを開けて、閉める音。そしてトイレそのもののドアの、シャッコン!っていう鍵を横にすべらせる音。 もしかしたら、マコさんは103号室に住んだことないから、ここまで音が聞こえるって気が付いてないのかもしれません。

その鍵のシャッコンっていう音くらいまでは普通に聞こえるのですが、その次は、「じゃーーーーー!!!!!ゴーーー!!!!!」ていう、勢いよく流れる水流の音のみ。

しかし、これも、僕がトイレの壁に耳をあててたら、中で、、シャッコン のあと、、 ゴソゴソ・・・ コホンッ(咳ばらい) じょー・・・・チョロヨロヨロ・・・・・ カランカラン ・・・ じゃーーーー!!!!!!ごー!!!!!!!!!」っていう、マコさんがトイレしている一挙一動まで聞こえる。って知ったのはもう初日の夜の段階でもありました。

なんか、トイレ覗いてるっていうか、、音声だけなら一挙一動、全部聞こえるぞwwww って思いました。もちろん、部屋にいるときは、ずっと耳を当てて聞いてたので、時には、「ぶり!ぶりりりりりり!!!」っていう音も聞こえてきた時もあります。ま、人間ですからね。そこは・・w

それから生活は慣れと共に勝手を知ってしまい、何曜の何時から何時の間はマコさんが洗濯機使ってて、その時間の間に外の洗濯機の中を見れば、脱水した後、洗濯機の槽の壁にへばりついてるマコさんの下着類とかも発見したりして。さすがに下着は外に干してはいませんでしたけど。

またさらに言えば、僕が風呂はいろうとして、、風呂場にいくと、、中からシャワーの音がして、、脱衣所にはマコさんの脱ぎたての下着類がおいてたりして。。。普通にシャワールームと脱衣所はドアで仕切られてるので、僕はマコさんのパンツ臭ったりしてましたけどね・・^^; 

一言でまとめて言うと、、、普通に大学生活をしていた僕からすれば、想像してなかったくらい、一気に女性。っていうものが近くに居る生活スタイルになってしまっていたんです。

そしてその牧場の仕事も要領を覚え、かれこれここにきて2週間になった時の話です。



5
1 2 3 4 5 6 ... 200
スレッド投稿フォーム
名前
トリップ()
E-mail
 ※任意
タイトル
本文

投稿文に自動改行は行われません、適宜改行を行ってください。 # タグ使用不可
画像認証

上に表示されている文字を半角英数字で入力してください。
◇掲示板利用規定 〔必ずお読み下さい〕