★少女との体験★
1:ご近所物語(2)
投稿者:[匿名] ◆ajgSi78S6k
  18/06/21 22:24 (CmQ6wHD2)


菖蒲湯から始まった近所の農家の青山純子との関係。季節は初夏(頃、だったと思います)

純子とは相変わらず、学校では敵。下校時・休日では互いの身体を見せ合い・触りッコし合う関係が続いていた。
その日も『宿題しよう』と約束して純子の家に駆けって行った。
農家の家って、何で高台にあるのだろう。当時、少々肥満児気味の私はゼイゼイ息を切らせながら坂道を登った。宿題だけなら、こんな坂道を誰が好んで登るものか。

棚田を横目に見ながら、左の竹藪に農機具小屋。ヤンマーのトラクターが見えると、あと少しで青山家だ。
膝上位の高さの石垣に当時の私の背丈程の食生活指針。その垣根の向こうから純子と母親の声が聞こえる。青山母ちゃん、今、家に居るのか。

これはヤる場所とタイミングを考えねば。宿題してる最中に純子の乳吸ってる場面で茶菓子持って来た青山母ちゃんに部谷に入って来られては大変だ。

玄関ではなく地合の声が聞こえた庭に直接入った体で。なんならこのまま縁側から上がれば良い。何もかしこまる必要は無い。ご近所様なのだから。

タタタタターッ、と勢いよく庭に踏み込んで『あっ』と急ブレーキを掛けた。
そこには、青山母ちゃんが庭に大タライに水を張り行水をしていた。
純子とは違い、デカパイ(垂れ乳)。手拭いで水を掬い首筋から胸の谷間、乳下から脇へと洗っている姿に釘付けになった。
部屋の奥から純子の声
『もう、早よ、ヤメてや〜、もう〇〇が来るけん!』

もう来てます。てか、やっぱり呼び捨てですか。君付けで呼ばれてたらホッコリしたのに。

『もう来ちょーで〜。』と青山母ちゃん
自分の裸体を見られても動じない。
『そんな所で立っちょらんで、早よ、入りない(家に上がりなさい)』
子供に見られるのが何だ、とばかりの余裕だ。

青山母ちゃんの言葉に純子が縁側に飛び出して
『きゃーっ!見るな!玄関回れ!』
イソイソと玄関に向かう私

(1/3) 次ページ



ヘルプ/
掲示板TOPへ
サイトに戻る

このスレッドを削除・依頼
*パスワードで削除
*この投稿を削除依頼

mobile NAN-NET