★少女との体験★
1:ご近所物語(6)
投稿者:[匿名] ◆ajgSi78S6k
  18/06/30 14:49 (qH0rjazU)



『チンコ勃ってる?・・後で見せてね』


スカートを捲し上げ、自らパンツを膝下まで下げて下半身を丸出しの青山姉。

きっかけは、とある下校時、『お〜い、〇〇〜!』と青山姉に後ろから声をかけられたこと。
『あ、モジャモジャ姉さん』
パッカーン!、と頭を叩かれる。
『お前、殺す!』と、青山姉。
あの夏休みの日、マンコに生えた陰毛が頭から消えない。
『今日は純子さんと一緒じゃないの?』
『友達と反対方向に行った』
『あ〜、あの子達ね。あんたの敵の』

『どする?ウチ来て(純子を)待つ?』
『・・・・。』
『返事せや』
『帰る。青山(純子)から電話来たら行く』
『ふ〜ん』

工務店前で道が別れる。真っ直ぐ橋を渡れば私の家、左の上り坂が青山ん家。
『じゃあね』
別れを告げ歩き出す私のランドセルを青山姉が掴む。
『えっ?何?』
青山姉は片手を電話の受話器に見立て
『もしもし〜、青山だけど〜、〇〇君、ウチに来ない?』と、小芝居を始めた。
『何?それ?怖いけん、やめてや』
『ウチに来いや』
期待する物を感じ取っていた。
私は無言で青山姉に着いて行った。玄関に入り、2階の姉の部屋へ。
『今日は教えてや。純子さんといつからなん?』
『今年』
『今年のいつや?』
『春。菖蒲湯の・・・』
『菖蒲湯?』
『の、頃』
マズイ。菖蒲湯から風呂の話に流れたら最悪だ。
『どっちから?』
『・・・忘れた』
『嘘だ〜、そんな事忘れることかね』
重〜い空気が漂う。

『池で私の裸見たでしょ?』
『・・・・・・』
『また見る?見たい?』



『うん』






ヘルプ/
掲示板TOPへ
サイトに戻る

このスレッドを削除・依頼
*パスワードで削除
*この投稿を削除依頼

mobile NAN-NET