★少女との体験★
1:まさかの展開…
投稿者:[おめチンしてるよー!]
  18/02/14 10:43 (OrTM76hw)


 小6の娘と淫らな関係になりました。実の娘です。
わが家は父子家庭で、私と娘2人の3人暮らしです。妻は、3年前に他の男と家出してしまいました。
上の娘が小6の美香、下の娘が小4の美咲ですが、今回の相手は上の娘です。一応合意の上です。
娘達が寂しがるので、私はいつも3人枕を並べて寝ていました、真ん中に私、両側に娘2人で川、というよりも小の字です。
私は35歳で、まだバリバリの現役です。当然、溜まったものを出さないと耐えられません。私は娘達が寝静まったのを見計らって、電気スタンドをつけて本をおかずにしながらシコシコとやっていました。
ある夜、ほんの出来心でした。暑いせいか、美香がピンク地に黒猫の柄のパンツ1枚にTシャツ1枚という薄着で大の字になって寝ていました。私は衝動を抑えることが出来ず、美香の下着の上から、なだらかな股間の丘を撫でました。
目を覚ます気配はありませんでした。私は、娘の下着の中に手を差し込み、まだ柔らかな陰毛の感触を確かめながら、茂みの奥に指を這わせました。
その時、美香の小声が聞こえました
「パパ、我慢してるんでしょ」
どきっとして一気に現実に引き戻されました。
「いいよ、もう我慢しなくても」
と言うと、自分から下着を下ろして、下半身を露わにしました。
「パパ、舐めていいよ」
「それはちょっとまずいかな」
「でも、パパが我慢できなくて他の女の人のところに行っちゃうといやだから」
「でもやっぱり親子だから」
「パパ、毎晩のようにオナニーしてるでしょ。私知ってるんだから」
「・・・」
「パパ、美香に恥欠かせないで。早く」
私は、美香の両脚の間に顔をうずめ、デリケートゾーンの感触を舌先で確かめました。美香は激しく息を乱し、腰をくねらせて反応します。
「パパ、入れて」
「えっ」
「早く、入れてよ」
「そりゃまずいよ」
「いいから、早く」
私は、少し躊躇しながらも、固

(1/2) 次ページ



ヘルプ/
掲示板TOPへ
サイトに戻る

このスレッドを削除・依頼
*パスワードで削除
*この投稿を削除依頼

mobile NAN-NET