★少女との体験★
1:ボートの上での約束
投稿者:[アルトバイエルン]
  16/07/31 14:52 (TmmkP2oY)


はじめまして、30代後半の独身男です。
今年も早い盆休みを取得し帰郷、毎年恒例の小学生の甥っ子兄弟とその友人達、計八人を連れて海水浴へ行きました。
連れていく子供たちが男子だけだと何も楽しくない保護者になりはてるのですが、近所の可愛い姉妹と美少女の姉弟が居て、毎年の三人の成長を確認するのが非常に楽しいイベントであります。
私の実家には魚釣りで使用してる四人乗りゴムボートがあり、エンジンを降ろせばレジャー用に使え、海水浴のときは重宝されています。これがイタズラのツールになるのです。
近所の海辺まで軽トラの荷台に全員を積み込んで出発、海に着くと皆は上着を脱ぎ捨て、あらかじめ着込んでたスクール水着に水中眼鏡、シュノーケルやビーチボールなどを片手に波打ち際で水遊びを開始します。
皆が車に残した浮き輪をシガーソケットのコンプレッサーで膨らませている横で、美少女の早苗10歳は日焼け止めをぬりぬり。
『お願いしていい?』そう頼まれ毎年の楽しみ、肩から背中、足裏まで合法的おさわりタイムを堪能したあとゴムボートも愚息もパンパンに。
美少女にオールを持ってもらいゴムボートを担いで海辺へ。皆が乗せろと集まってくる。
だが優先順位は手伝いしてくれてる早苗が一番だ。
大人用の救命胴衣を着させ、まずは皆の死角になる岩場までクルージング。
突然「痛っっっ」
股関をおさえオーバーに痛がる私。
『今年もですか?』
冷静に私の顔を上目遣いで覗きこむ早苗。
『そんなにハチにさされる?』
(はい。蜂に刺されてオジサンのポークピッツはアルトバイエルンに成長しています)
『もー。授業で習ったんだよ。内緒って去年約束したから誰にも言ってないけど。』
(早く、早く膿を、毒を出さなきゃ!)
『毒とか嘘ばっかり、もう嫌です。吸いません!』
(意識が…潮に流される…力が入らない…漂流しちゃうよ)
『もー…なんか絶対させられるって思ったんだ

(1/2) 次ページ



ヘルプ/
掲示板TOPへ
サイトに戻る

このスレッドを削除・依頼
*パスワードで削除
*この投稿を削除依頼

mobile NAN-NET