ナンネットID のアカウントをお持ちですか?
ナンネットID
 
1

息子の親友に

投稿者:K・O ◆m46l8SsY76
削除依頼
2017/04/22 00:04:36
私は二人の息子(高2と中3)がいる44歳の専業主婦です。つい最近このサイトを知り、私の秘密を暴露するならココしかないと思い、早速の初投稿です。
私の秘密というのは、中3の息子の親友(仮名:ヒロ君)との関係です。ちょうど1年前の4月に始まった関係を今も断ち切れず、ズルズルと続けています。最初は、私を隠し撮りした動画を見せられ「抵抗したらネットで拡散させる。」と脅されながら、ほぼレイプのような状況で強引に犯されたのがきっかけでした。いつの間にか我が家の脱衣所に仕掛けた小型ビデオカメラで隠し撮りされていて、その動画には入浴前後の私の恥ずかしい姿が映っていました。
ヒロ君は小学校低学年の頃からの息子の親友で、私にとって息子同然の存在でした。ご両親のこともよく知っている間柄なので、ヒロ君は中学生になってからも頻繁に家に遊びに来ていました。確かに小学校の6年生ぐらいから口数が減り、私に対する態度もよそよそしくなっていましたが、思春期だし、私の息子も同じような感じだったので全く気にしていませんでした。ただ、変な言い方かもしれませんが、実際に犯されてみて分かったことは、思春期どころか、ヒロ君はもう立派な大人だったのです。
その証拠に、ショーツを脱がされ、絶体絶命の状況下で強引に挿入を受け入れた時に私がまず感じたことは....(うわ〜!デカい!)....でした。
しかも、
(何分で終わるかな?2〜3分....いやもっと早いはず。)
との予想も簡単に裏切られ、ヒロ君は正常位で上からリズム良く、延々と私を突き続けたのです。そのうえ、スカートを履いたままショーツだけ脱がされ、上半身も服を着たままだったのですが、ピストン運動を続けながら服を捲り上げ、ブラジャーを剥ぎ取る余裕まで見せ付けてけられてしまいました。
(絶対に声なんて出さない。)
というか、
(気持ち良くなるはずがない。)
と思っていた私の状況は、ピストンの回数とスピードが増すごとに大きく変化していきました。
「はッ............はッ............」
必死に堪えているはずなのに、まだ声にならない吐息が少しずつ漏れ始め、
(ヤバイな〜。)
と思いましたが、やはりそれ以降は我慢することができませんでした。
「はッ....はッ....はッ....」
と吐息の間隔が短くなり、次は、
「あッ、あッ....。」
とはっきりとした声に変わり、
生意気にもヒロ君がリズムを変えてグイッ!グイッ!と深く突いてきた時には、
「あんッ!....あッあッ....あッ....あんッ!」
という喘ぎ声に変わりつつありました。
(ヤバイ....私、感じてきたかも....。)
私は喉元まで捲り上げられた服を両手で握りしめていましたが、これ以上声を漏らさないように、その両手で顔を隠すようにしながら口元を強く押さえつけました。それを見たヒロ君の反応が早くて、
「声が出ちゃう?声が出てちゃって恥ずかしいの?」
ヒロ君の声を久しぶりに聞いたような不思議な感覚だった私はハッとして閉じていた瞼を開きました。そして顔を覆っていた手の指と指の間からヒロ君の顔を見ると、ヒロ君も私の顔を見ていました。激しくピストン運動を続けている下半身とはまるで別の生き物のように、ヒロ君は上半身を静止してじっと私の目を見つめていて、
「香織さん、気持ちイイ?」
私はショックで一瞬、息が止まりそうでした。
子供の頃からずっと我が子のように可愛がり、「オバさん」とか「オバちゃん」って呼ばれることに慣れていたのに....「香織さん」だなんて....。
すっかり声変わりした低音のヒロ君の声で、まさか「香織さん」と呼ばれるなんて....。私は、
(ダメよ〜!「香織さん」じゃなくて「オバさん」でしょ!)
という気持ちでヒロ君の目を見ていたつもりですが、ヒロ君の目に私の表情はどう映っていたのでしょう?ヒロ君は上から優しく、顔を覆っていた私の手を掴んで払い除け、また同じように
「香織さん、気持ちイイ?」
と聞いてきます。
私はもう、ヒロ君の目を見つめることなどできませんでした。そして再び目を閉じた私に向かって、次は、
「香織さん、キスしようよ。」
私は目を閉じたままイヤイヤ!と言うように首を横に振りながら顔を背けましたが、軽くアゴを掴まれ顔を上向きにされると、いとも簡単に唇を奪われました。
(もうダメかも....。)
少し強引なキスをしながら、激しくピストン運動を繰り返すパン!パン!パン!パン!という音が大きくなると同時に、ピチャ、ピチャという【私から出る音】も聞こえ始めていました。
「あッ、あッ....。」
微かに口元が緩み、声を漏らすと同時にヒロ君の舌が口の中に入ってくると、やはりもうダメでした。
大きなオチンチンを受け入れ、激しく突かれながらディープキスなんて....。そこにはあるのはもう、【愛し合う男女の姿】以外の何物でもありませんでした。
「香織さん....、香織さん....」
私の耳元で時折、悩ましい声で私の名を囁きながら、ヒロ君は巧みに乳首や乳房も攻めあげます。
「ああ〜んッ!あッ、あッ、あッ、あッ!」
私が漏らす声はもう、明確な【喘ぎ声】になっていました。
「きゃッ!ああんッイイ〜ッ!そこ....もっと突いてッ!」
今考えると、レイプという表現は全く的確ではありません。この段階ではもう既に、私は完全にヒロ君を受け入れ、悦びを共有していたのです。
「香織さん、中に出して(射精して)イイ?」
「えッ?ちょ....ちょっと待って!」
私は少し正気に戻り、
(マズイ!)
と思いましたが、同時に
(既に手遅れだろう。)
と思って覚悟を決めました。そして案の定、
「ああ〜出るぅ!香織さん出るよ!ああッ、あッ、あッ、あッ....イク〜ッ!」
いきなり生で中出し....これが私たちの始まりでした。
レスの削除依頼は、レス番号をクリックして下さい
5
投稿者:K・O
2017/04/24 22:41:28   
夫は東京に単身赴任中なので問題ありませんが、二人の息子の目を盗んでヒロ君との関係を続けるのは普通なら簡単ではないと思います。他人の目がある場所で会うのは不可能なので、二人で会う場所は私の家に限定されているからです。それでもあの日から1年以上続いている要因は、ヒロ君がスマホを持っているおかげです。盗撮動画や画像を保存して私を脅すことに利用されたヒロ君のスマホが、今は私たち二人の貴重な連絡手段となって活躍しているなんて不思議です。不倫にスマホは欠かせません....便利な世の中になりましたね(笑)

レイプ(実は合意だったけど!)で関係が始まったあの日以来、私はヒロ君と色々と話をすることで肉体だけでなく精神面でも関係を深めてきました。ヒロ君は小5の時から私を女として意識するようになり、オナニーのオカズにしていたそうです。家に遊びに来た時は勝手に脱衣所やタンスのある部屋に忍び込み、使用済み(洗濯前)も含む私の下着類にイタズラをしていたようです。そして中学生になると貯金していたお金を使ってネット通販で盗撮用ビデオカメラを買い、脱衣所などの盗撮を始めたことも話してくれました。スマホに保存した動画や画像は全て廃棄させたましたが、元となるビデオカメラ本体やSDなどのメディアを確認したわけではないので、本当に全て廃棄してくれたのか、実際は分かりません(多分、まだ隠し持ってる!?)。それどころか、盗撮などの性的な癖は一度やったら簡単には治らないらしいので、今も続けている可能性が高いかもしれません。とはいえ、
(あんなに激しいSEXを毎回盗撮されているとしたら....。)
そう考えるだけで妙に興奮してしまう自分もいたりします。

そういう状況で先日....具体的には4月1日(土)でしたが、約1ヶ月振りにヒロ君を家に招き入れることができ、交際1周年記念(!?)を二人でお祝いしました(笑)
「今日は4時間だよね?」
ヒロ君は玄関のドアを閉めるとすぐに私を抱き締めながら、予め私がLINEで知らせておいた時間を確認します。この日、ヒロ君が家に来たのは約束どおり朝の9時ちょうどでした。
「そうよ。二人とも(午後)3時以降にしか帰ってこないから、余裕をもって1時までは絶対に大丈夫!」
この日、うちの息子たちは通っている塾で模擬試験を受験する日だったのです。
「朝も予定どおり出て行ったの?」
「二人とも予定より少し早く、8時前には出て行ったわよ(笑)」
「な〜んだ、だったらLINEしてくれたらもっと早く来れたのに!」
「ゴメン、ゴメン!その代わり、色々と準備ができたから許して!」
「準備?」
「そうよ!ヒロ君を喜ばせるための準備....1周年記念だからね(笑)」
「オレを喜ばせるための....?何かなぁ!?」
「何だと思う?」
「まぁ....化粧と服装に気合が入りまくってるのは見ればわかるけど(笑)、それだけじゃないって事でしょ?」
ヒロ君の指摘どおり、私は家の中だというのに唇に真っ赤なルージュを引き、目元にはいつもは入れないアイラインを入れるなどの派手なメイクをしたうえ、服装はキャリアウーマン風に上は水色のブラウス、下は真っ白なタイトスカートというヒロ君の好みの服装ををしていました。
「そう、化粧や服装だけじゃなくて、ヒロ君がもっと喜ぶことよ....。」
私はそう言いながらヒロ君にローターのリモコンを手渡しました。いわゆる【トビッコ】ってヤツです(笑)
ヒロ君はニヤッと笑みを浮かべてそれを受け取ると、
「買ったんだ?」
「うん....。ヒロ君に教えて貰った通販サイトで買ったの(笑)」
「もう入れてるの?」
「うん、入れてる....。」
私はタイトスカートの下はベージュのパンスト、その下にブラジャーとお揃いの薄紫色のレースのパンティーを履いていました。そしてそのパンティー中に、ローターを入れていたのです。
「自分で試してみた?」
「ううん。」
私が少し照れながら否定すると、
「嘘ばっかり!試したでしょ?」
と突っ込まれてしまいました(笑)
「昨日、1回だけ試してみた....。」
ますます照れながら正直に答えると、ヒロ君は
「やっぱりね〜!嘘をついちゃダメだよ香織さん!」
と言ってリモコンのスイッチを入れました。しかも....いきなり【強・弱】の【強】に....。
「きゃッ!....ああんッ!あッ....あッ....。」
私は思わずスカートの上からローターの入っている辺りを手で押さえ、内股で床に崩れ落ちそうになりました。
「いつもの【先生】役を演ってくれるんでしょ?」
「もちろん、そのつもり....。」
ヒロ君は【女教師と生徒】の設定でのイメージプレイが大好きで、この日のキャリアウーマン風の服装というのも、実は【先生】役を演じることを想定してのものだったのです。
玄関先からリビング・ダイニングに移動して改めてプレイスタート(笑)
【放課後の教室に二人っきり】というシンプルかつベタな設定ですが、これがヒロ君の好みの展開なので仕方ない!?(笑)
ダイニングテーブルを教室の机に見立て、二人で隣り合って椅子に座ると、まず最初に私が
「どこが解からないの?」
と切り出してスタートします。
「この公式の意味が....。」
「あら〜、基礎になる大事なところだから、これが解からないと大変!今から先生の説明をよ〜く聴いて理解するのよ。しっかりと理解するまで、先生が教えてあげるから。」
「ホントに?オレ、頭悪いけど理解できるかなぁ?」
「大丈夫よ〜、絶対に理解できるわ!その代わり....」
「何?」
「言ったでしょ?先生の説明をよ〜く聴かないとダメよ!」
「うん、分かってる。マジメによく聴くよ。」
「も〜!ホントに分かってる?言ってるそばから先生の胸元ばかりチラチラ見て....。集中してないでしょ?」
「あれ....バレてた?」
「当たり前じゃないの!こんな至近距離で....そんなにガン見されたら、誰だって気付くわよ(笑)」
「先生....怒らないの?」
「だって....。暑くてブラウスの第2ボタンまで開けてたのを忘れてた先生も悪かったと思うから....。」
私は予め開けておいたブラウスの第2ボタンを閉めながらこのセリフを言います(名演技!?)
「そうだよ先生!紫色のブラジャーを見せられたら集中なんてできないよ〜!」
「コラッ、調子にのるなよッ!え〜でも....ホントに見えてた?」
「見えてたよ!だって紫色....当たりでしょ(笑)」
「はぁ〜ッ、失敗失敗!....ほら、勉強始めるわよ!」
「パンティーは?」
「え?」
「先生の今日のパンティーは何色なの?」
「何色って....。」
「やっぱりブラとお揃い?」
「そりゃ〜そうでしょ、当然お揃いよ!....って関係ないから!勉強を始める気あるの?」
「先生エロいね〜ッ!」
「別にエロくないわよ〜ッ!」
「だって先生、この前ブラウスの下からピンクのブラが透けてた女子を注意してたじゃん!そのくせ、自分は紫のブラとパンティー(笑)」
「うるさいわねぇ!生徒は子供、先生は大人、だから違うのッ!分かる?」
「分かる分かる!大人はSEXするから、エロいって事でしょ!?」
「だから、違うってば(笑)」
「違わないね〜!大人はエロい!だから先生もエロい!でもねぇ....『生徒は子供』って言ったけど....オレは生徒だけど、子供じゃないよ!」
「ヒロ君....。」
「先生は知ってるでしょ?オレが子供じゃないってこと....。」
(確かに....ヒロ君は子供じゃない....。)
いつもこの辺りで、私はイメージプレイと現実の境が曖昧になってきます。しかもこの日は....私のパンティーの中には【トビッコ】が....。
やはりツボを心得ているのか、ヒロ君もこのタイミングを逃さず【トビッコ】のスイッチを入れました。しかも今回も、いきなりの【強】!(笑)
「きゃッ!....ああんッ!あッ、あッ!」
私は先程とほぼ同じ声を出してしまいましたが、今回は椅子に座っているだけマシでした。この後ヒロ君はリモコンのスイッチを【弱】にしたり、また【強】にしたり....時にはスイッチを切り....またスイッチを入れる....。意地悪な操作をしながら、私が敏感に反応して声を出し、身をくねらせる様子をしばらく楽しんでいるようでした。
「香織さん、もうパンティーの中がビチョビチョじゃないの?」
当然でした。もう洪水状態で、真っ白なタイトスカートのお尻の部分に染み出てきているのは確実でした。そして、お気付きのとおり、ヒロ君が【先生】ではなく【香織さん】と私を呼んだ時点でイメージプレイは一旦終了です。
そしてこの後は....リアルに犯されるだけでした。
4
投稿者:マツ   matu44 Mail
2017/04/23 20:16:43   
妊娠大丈夫だったの?
3
投稿者:(無名)
2017/04/23 12:34:53   
続き聞きたい
2
投稿者:玉五郎
2017/04/22 11:08:19   
興奮しました。ぜひ続きをお願いします。
レス投稿フォーム
名前
トリップ[]
E-mail
※任意
本文

投稿文に自動改行は行われません、適宜改行を行ってください。 # タグ使用不可
「sage」
※投稿を上げない
画像認証

上に表示されている文字を半角英数字で入力してください。