ナンネットID のアカウントをお持ちですか?
ナンネットID
 
1
2016/12/27 23:00:20
彼氏とデートする約束でした。
待ち合わせ場所でいくら待っても現れず。電話もLINEも未読のまま。
しばらく待っているとスーツを来た男性が近付いてきて
いきなり「貴女の彼氏様の使いで来た者です」と言われました。
何事か分からず動揺していると彼氏のフルネームと私の名前言って
「彼氏様の待つ場所までお連れ致しますので、どうぞこちらへ」って
イブだったからかもしれません。彼氏のサプライズかもしれないと。
そう思った私は男性の後ついていきました。
路上駐車した車、白色の高級車でした。
後部ドア開けてくれて何のためらいもなく乗り込んで。
「サプライズがありますので、コレをお付け下さい」と
アイマスク渡されワクワクして何の疑いも持たず付けていました。
車が発進して、ETCの音で高速に乗ったところまで覚えています。
乗り心地の良さなのか、何かされたのかわかりませんが眠くなって
目が覚めるとそこはログハウス調の建物の中でした。
暖炉があって、ボーッとしてる意識の中で人影が見えて
きっと彼だと思いました。でも違いました。
どんどん鮮明になる視界で見えたのは見知らぬ男性4人。
あの迎えてくれた紳士もYシャツ姿で談笑していました。
「あの、、、彼は何処に居るんですか」かすれる声で問うと
「姫様のお目覚め〜〜♪」って声がして、、、

レスの削除依頼は、レス番号をクリックして下さい
6
投稿者:(無名)
2016/12/28 10:34:18   
彼氏とデートする約束でした。
待ち合わせ場所でいくら待っても現れず。電話もLINEも未読のまま。
しばらく待っているとスーツを来た男性が近付いてきて
いきなり「貴女の彼氏様の使いで来た者です」と言われました。
何事か分からず動揺していると彼氏のフルネームと私の名前言って
「彼氏様の待つ場所までお連れ致しますので、どうぞこちらへ」って
イブだったからかもしれません。彼氏のサプライズかもしれないと。
そう思った私は男性の後ついていきました。
路上駐車した車、白色の高級車でした。
後部ドア開けてくれて何のためらいもなく乗り込んで。
「サプライズがありますので、コレをお付け下さい」と
アイマスク渡されワクワクして何の疑いも持たず付けていました。
車が発進して、ETCの音で高速に乗ったところまで覚えています。
乗り心地の良さなのか、何かされたのかわかりませんが眠くなって
目が覚めるとそこはログハウス調の建物の中でした。
暖炉があって、ボーッとしてる意識の中で人影が見えて
きっと彼だと思いました。でも違いました。
どんどん鮮明になる視界で見えたのは見知らぬ男性4人。
あの迎えてくれた紳士もYシャツ姿で談笑していました。
「あの、、、彼は何処に居るんですか」かすれる声で問うと
「姫様のお目覚め〜〜♪」って声がして、、、
彼の所在問う私に告げられた真実はとても信じられないものでした。
「お前の彼氏さ、お前の事カワイイカワイイって自慢しやがるんだよ」
「君の写真見せられた時から狙ってたんだよねー」
「今日は俺らとじっくり楽しもうや」
そう言って私の手首を掴むと嫌がって逃げようとした私に平手打ちしてきて
「ここ山奥だから逃げたら死んじゃうよ」って
涙が溢れて完全に抵抗する気力すら失っていました。
男の手に握られたハサミがこの日の為に買った服を切り刻んで、、、
お気に入りの服が切り刻まれていくのはとても衝撃的で
目が離せず居たら「なんだ嬉しいのか」「もしかしてヤリマン?」
怖すぎてイヤ、ヤメて、そんな単語しか喋れなくなっていました。
あらわになった乳房に貪り着くように顔を埋めて吸い付く男、
左手首を掴んだままキスしてくる男、
スカートをジョギジョギ切り進めながらニヤつく男、
キスしながら「口開けろ」と命令口調で言い、従った私の舌舐めて、
片方揉みながら乳首噛むように吸い付いて「いいおっぱいしてるじゃん」て
身体からは下着の感覚まで無くなり、太もも広げられて
あそこに男の舌が這う感触、、
あそこ舐めた男の言い放った言葉、忘れられません。
「すげーこいつのマ○汁ウメー」卑猥な水音立てて永遠と続く愛撫、、
乱暴されてるの自分のはずなのに、第三者的見方で自己逃避。
「気持ちいいんだろ。素直になれば楽しいぜ」
「交替交替。」
「ほっぺ赤くしてかわいい」
「唾液もうめー」
「こいつ俺等で飼っちゃおうか」
男達の言葉、卑猥な言葉、今も耳から離れません。
5
投稿者:みゆう
2016/12/27 23:56:58   
あそこ舐めた男の言い放った言葉、忘れられません。
「すげーこいつのマ○汁ウメー」卑猥な水音立てて永遠と続く愛撫、、
乱暴されてるの自分のはずなのに、第三者的見方で自己逃避。
「気持ちいいんだろ。素直になれば楽しいぜ」
「交替交替。」
「ほっぺ赤くしてかわいい」
「唾液もうめー」
「こいつ俺等で飼っちゃおうか」
男達の言葉、卑猥な言葉、今も耳から離れません。
4
投稿者:みゆう
2016/12/27 23:44:49   
お気に入りの服が切り刻まれていくのはとても衝撃的で
目が離せず居たら「なんだ嬉しいのか」「もしかしてヤリマン?」
怖すぎてイヤ、ヤメて、そんな単語しか喋れなくなっていました。
あらわになった乳房に貪り着くように顔を埋めて吸い付く男、
左手首を掴んだままキスしてくる男、
スカートをジョギジョギ切り進めながらニヤつく男、
キスしながら「口開けろ」と命令口調で言い、従った私の舌舐めて、
片方揉みながら乳首噛むように吸い付いて「いいおっぱいしてるじゃん」て
身体からは下着の感覚まで無くなり、太もも広げられて
あそこに男の舌が這う感触、、
3
投稿者:
2016/12/27 23:23:07   
続きをお願いしますね。
2
投稿者:みゆう
2016/12/27 23:12:32   
彼の所在問う私に告げられた真実はとても信じられないものでした。
「お前の彼氏さ、お前の事カワイイカワイイって自慢しやがるんだよ」
「君の写真見せられた時から狙ってたんだよねー」
「今日は俺らとじっくり楽しもうや」
そう言って私の手首を掴むと嫌がって逃げようとした私に平手打ちしてきて
「ここ山奥だから逃げたら死んじゃうよ」って
涙が溢れて完全に抵抗する気力すら失っていました。
男の手に握られたハサミがこの日の為に買った服を切り刻んで、、、

レス投稿フォーム
名前
トリップ[]
E-mail
※任意
本文

投稿文に自動改行は行われません、適宜改行を行ってください。 # タグ使用不可
「sage」
※投稿を上げない
画像認証

上に表示されている文字を半角英数字で入力してください。