ナンネットID のアカウントをお持ちですか?
 
 
[!] 強姦・痴漢・窃盗・露出・売春等は犯罪です。 体験談にはフィクションや妄想を投稿してください。 犯罪や違法行為を目的とした呼びかけや情報交換等の投稿、公序良俗に著しく反する投稿、宣伝、商用の利用を禁止します。[!]

レイプ/犯された私 RSS icon
※体験談/女性投稿専用

短文の体験談は【禁断の木の実】に移動させて頂く場合が御座います。
1 2 3 4 5 6 ... 200

ジージ

投稿者:英里 ◆PWv6UdQTeM
削除依頼
2017/04/24 07:18:30
私のレイプ体験です。

まだ高校1年生でした。
私が小さい頃に両親が離婚して
母と暮らしてたのですが
その母は水商売をしていて夜は私だけしか
家に居なくて私は独りぼっちでした。
ある夜、小2の時に私の不注意で火事に
なってしまいました。
火事はボヤ程度でしたが
危ないとの事で
それからは私は祖母の家に預けられました。
祖母も離婚してましたが同居してる彼氏が
いました。
祖母より若い男性で私は直ぐになついてました。
私には優しくて遊んでくれたり勉強を教えてくれたりしてくれました。
ジージと呼んでましたが父親の知らない私には
男親が嬉しくて仕方がありませんでした。
でも優しかったジージに私はレイプされ
羞恥の限りを尽くされました。

私が高校に入学する頃
ジージが家から居なくなりました。
祖母からはジージは出て行ったからと聞かされ
私に何も言ってくれなくて消えたのでショックでした。
ジージが消えて半年くらいした夏休み中の事でした。
祖母はパートで留守の時に祖母から電話が掛かってきました。
ジージから電話があって
久しぶりに私に会いたいと言うから家で居てるように
と言われました。
私は大好きだったジージに会えるので嬉しく思ってました。
電話を切って少しするとジージが帰ってきました。
でもジージ1人ではなくて祖母くらいの歳のハゲた人が二人一緒でした。
私は久しぶりのジージに会えて嬉しくて
お茶を出したりして居間で4人で話してました。
その時におじさんの1人に渡されて
飲んだ薬みたいのがありました。
「栄養の薬だから」
とか言われ何も気にしないで飲みました。
それからは
普通に会話してたのに1人の人が
「英里ちゃんだっけ?小遣いいらないかい?」
こんな感じだったと思いますが聞かれました。
もちろん私は断るとジージが
「英里今日はジージの言う通りにして欲しいんや」
言うてる意味が分かりませんでした。
でもジージの言葉が理解するのに時間は掛かりませんでした。
私はおじさん二人とジージにとり囲まれると
身体中を触られ始めたのて逃げようとしても
叶わず声を上げるとタオルで口を塞がれ
祖母の部屋に運ばれると服を脱がざれ
おじさん二人に縛られ手も動かせなく脚は開いたまま閉じれなくされました。
「おじさん達の趣味だから気持ちよくしてあげるから」
とか言ってましたが私は訳わかず恥ずかしさに
泣くだけでした。
おじさん達は色んな道具で身体中を弄ってきて
ました。
私も性には興味もあった年頃なので
おじさん達の行為が何なのかは多少わかりましたが
性器を自分ですら刺激したこともなかった
私でしたから道具での激しい刺激に
勝手に身体が反応してるみたいで
頭の中までボゥーとしてきて
初めは恥ずかしいとか嫌だった感情が薄れてきて
いつまでも続く道具の行為に夢中になって
私の身体が私の物ではないくらいに感じていまって
初めて逝くという感覚も知ってしまうと
頭の中まで痺れた感覚で身体中が少しでも
触られると体験したことがない気持ちよさでした。
でもおじさんが私の中に入れて来た時は
痛みが有りましたが
またたく間に気持ちよくなって
気が狂いそうなほどでした。
いつしか縛ってたロープも口にされてたタオルも外されジージまで私を犯しました。
3人に何度も何度も犯され続け
何時間過ぎたのか忘れましたが
気がつくとジージが私の写真を撮っていて
「英里警察に言ったらダメだよ!お婆も知ってる事だし恨むならお婆にしろよ!借金返済しないからだからね!お前に金掛かる言ってたぞ!火事の事もあるからな」
と言われました。
祖母が知ってる事に私はショックでした。
でも母から離れ私を育ててくれてお金の苦労を
掛けてたことが知らなかったので祖母を責める気に
なれなかったので祖母が帰宅しても
私は普通に接してました。
それから何度かジージに呼び出されては
ジージのアパートに連れて行かれ
一度に数人のおじさんに同じ様な事をされました。
あれから25年過ぎジージも祖母も亡くなりました。
私の過去を知る人は誰も居ませんが
時々あの日も事が夢で見てしまって
疼いてしまってる私は変なのでしょうか?




1

ストーカーに

投稿者:ゆな ◆pJqFihyooY
削除依頼
2017/04/21 06:17:19
そいつにはバイト先で手紙渡されて
気持ち悪って思ってた

その日から
郵便受けに手紙や写真が入っていたり
プレゼントが届いたりで
頻度的には週1くらい
一度ちゃんと会ってはっきり、きっぱり断らないとって思った
だから、友達と二人でそいつにしっかりお茶しながら伝えた

いったん落ち着いたんだけど
今度は大人のオモチャのプレゼントが届くようになって
もうやばいから警察に相談しようか引っ越ししようと思った

彼氏に相談がてらデートして
付き合ってた彼氏がへたくそってこともあって
彼氏が帰った後
悶々としてて、あいつからのプレゼントを使ってしまったの
一人で・・

胸を触りながら、バイブを入れて
四つん這いみたいな格好で後ろから突かれること
想像しながら

そしたら、クローゼットがいきなり開いて
あいつが飛び出してきた
「俺ならたっぷり気持ちよくしてあげられるよ」って
突然の出来事で何が起きたかわからず
どうしていいかわからなかった
わたしに近づくと
後ろ手腕をひねられて
ロープで縛られると
そのままバイブでガンガンと突かれて
「俺のプレゼント、使ってくれてうれしいよ〜〜〜」って
気持ち悪いけど・・
「あーーっっ」ってなっちゃった

今度はこっち向いてよって
仰向けから、でんぐり返しの格好
両足を膝のところで足で押さえられて
再びバイブでガンガンと
奥にガツンガツン当たるたび
とんでもない気持ちよさで
再び・・

「なんであいつと付き合ってるんだよぉ〜〜」って
言いながら、わたしの中に入ってきた
正直、どうでもよくなってた
律儀にちゃんとゴムつけてた

嫌悪感は終わった後でした
こんなヤツを受け入れてしまったって
シャワーを何度も浴びても体が汚れた感じ落ちない
その後、彼氏の部屋に行って
もう一回彼氏としたけど
汚れたって感じは消えなかった


そいつとは
「1回したんだから、もういいでしょっ!!」って言ったら
「わかったよ・・」って
それ以来たまにバイト先に客として来るくらい
普通を装ってる

結局1回したかっただけかって

忘れたいから警察には言ってないけど
なかなか忘れられないよね・・。

2
2017/04/23 18:21:55
秋も深まった11月にそれは起きました。

高校生になって、メインイベントの学園祭の準備活動の最中の事でした。
私達は、連日暗くなってからも学園祭の準備に追われていました。

私は自転車での通学で、意外に寂しい感じの地域に住んでいました。

それをみんなが知っていたので他の人よりは少しだけ早く帰らせてもらえてました。

学園祭間近の日に、準備が間に合わないと言う事でいつもより遅くに学校をみんなと出ました。

何人かは私と同じ方向なので自転車に二人乗りしながら帰りましたが、途中からは私一人になり、街灯も少なくなり民家もちらほらとしか点在する地域を通り、後は街灯しかない夜道を自転車を立ちこぎで坂道を登っていると、一台の乗用車が私を追い越して行きました。

坂を登りきった先には、私の家を含めて5軒の家しかなくて、その家の人達の乗用車じゃ無かったのは分かりました。

短い杉林の道路を通り過ぎる時に脇道からいきなり人が飛び出してきて、次の循環には首もとに痛みを感じて、次に気付いた時には夜空の星がキラキラと光ってるのが分かり、私の体の上には見知らぬ男の人の顔が月の明かりに照らし出されてて、徐々に意識がはっきりすると股間に鋭い痛みを感じて、男の人が体を揺する度に痛さを感じていました。

男の人の動きが止まりました。

何も言わないで走って行き、私は痛みを堪えて体を起こすと草藪の中に敷かれた段ボールに座って居ました。

自転車には乗れず、押して帰りシャワーで何度も何度も、自分の中から流れ出る自分の血と男の人が出した物を洗いがしていました。
3

息子の親友に

投稿者:K・O ◆m46l8SsY76
削除依頼
2017/04/22 00:04:36
私は二人の息子(高2と中3)がいる44歳の専業主婦です。つい最近このサイトを知り、私の秘密を暴露するならココしかないと思い、早速の初投稿です。
私の秘密というのは、中3の息子の親友(仮名:ヒロ君)との関係です。ちょうど1年前の4月に始まった関係を今も断ち切れず、ズルズルと続けています。最初は、私を隠し撮りした動画を見せられ「抵抗したらネットで拡散させる。」と脅されながら、ほぼレイプのような状況で強引に犯されたのがきっかけでした。いつの間にか我が家の脱衣所に仕掛けた小型ビデオカメラで隠し撮りされていて、その動画には入浴前後の私の恥ずかしい姿が映っていました。
ヒロ君は小学校低学年の頃からの息子の親友で、私にとって息子同然の存在でした。ご両親のこともよく知っている間柄なので、ヒロ君は中学生になってからも頻繁に家に遊びに来ていました。確かに小学校の6年生ぐらいから口数が減り、私に対する態度もよそよそしくなっていましたが、思春期だし、私の息子も同じような感じだったので全く気にしていませんでした。ただ、変な言い方かもしれませんが、実際に犯されてみて分かったことは、思春期どころか、ヒロ君はもう立派な大人だったのです。
その証拠に、ショーツを脱がされ、絶体絶命の状況下で強引に挿入を受け入れた時に私がまず感じたことは....(うわ〜!デカい!)....でした。
しかも、
(何分で終わるかな?2〜3分....いやもっと早いはず。)
との予想も簡単に裏切られ、ヒロ君は正常位で上からリズム良く、延々と私を突き続けたのです。そのうえ、スカートを履いたままショーツだけ脱がされ、上半身も服を着たままだったのですが、ピストン運動を続けながら服を捲り上げ、ブラジャーを剥ぎ取る余裕まで見せ付けてけられてしまいました。
(絶対に声なんて出さない。)
というか、
(気持ち良くなるはずがない。)
と思っていた私の状況は、ピストンの回数とスピードが増すごとに大きく変化していきました。
「はッ............はッ............」
必死に堪えているはずなのに、まだ声にならない吐息が少しずつ漏れ始め、
(ヤバイな〜。)
と思いましたが、やはりそれ以降は我慢することができませんでした。
「はッ....はッ....はッ....」
と吐息の間隔が短くなり、次は、
「あッ、あッ....。」
とはっきりとした声に変わり、
生意気にもヒロ君がリズムを変えてグイッ!グイッ!と深く突いてきた時には、
「あんッ!....あッあッ....あッ....あんッ!」
という喘ぎ声に変わりつつありました。
(ヤバイ....私、感じてきたかも....。)
私は喉元まで捲り上げられた服を両手で握りしめていましたが、これ以上声を漏らさないように、その両手で顔を隠すようにしながら口元を強く押さえつけました。それを見たヒロ君の反応が早くて、
「声が出ちゃう?声が出てちゃって恥ずかしいの?」
ヒロ君の声を久しぶりに聞いたような不思議な感覚だった私はハッとして閉じていた瞼を開きました。そして顔を覆っていた手の指と指の間からヒロ君の顔を見ると、ヒロ君も私の顔を見ていました。激しくピストン運動を続けている下半身とはまるで別の生き物のように、ヒロ君は上半身を静止してじっと私の目を見つめていて、
「香織さん、気持ちイイ?」
私はショックで一瞬、息が止まりそうでした。
子供の頃からずっと我が子のように可愛がり、「オバさん」とか「オバちゃん」って呼ばれることに慣れていたのに....「香織さん」だなんて....。
すっかり声変わりした低音のヒロ君の声で、まさか「香織さん」と呼ばれるなんて....。私は、
(ダメよ〜!「香織さん」じゃなくて「オバさん」でしょ!)
という気持ちでヒロ君の目を見ていたつもりですが、ヒロ君の目に私の表情はどう映っていたのでしょう?ヒロ君は上から優しく、顔を覆っていた私の手を掴んで払い除け、また同じように
「香織さん、気持ちイイ?」
と聞いてきます。
私はもう、ヒロ君の目を見つめることなどできませんでした。そして再び目を閉じた私に向かって、次は、
「香織さん、キスしようよ。」
私は目を閉じたままイヤイヤ!と言うように首を横に振りながら顔を背けましたが、軽くアゴを掴まれ顔を上向きにされると、いとも簡単に唇を奪われました。
(もうダメかも....。)
少し強引なキスをしながら、激しくピストン運動を繰り返すパン!パン!パン!パン!という音が大きくなると同時に、ピチャ、ピチャという【私から出る音】も聞こえ始めていました。
「あッ、あッ....。」
微かに口元が緩み、声を漏らすと同時にヒロ君の舌が口の中に入ってくると、やはりもうダメでした。
大きなオチンチンを受け入れ、激しく突かれながらディープキスなんて....。そこにはあるのはもう、【愛し合う男女の姿】以外の何物でもありませんでした。
「香織さん....、香織さん....」
私の耳元で時折、悩ましい声で私の名を囁きながら、ヒロ君は巧みに乳首や乳房も攻めあげます。
「ああ〜んッ!あッ、あッ、あッ、あッ!」
私が漏らす声はもう、明確な【喘ぎ声】になっていました。
「きゃッ!ああんッイイ〜ッ!そこ....もっと突いてッ!」
今考えると、レイプという表現は全く的確ではありません。この段階ではもう既に、私は完全にヒロ君を受け入れ、悦びを共有していたのです。
「香織さん、中に出して(射精して)イイ?」
「えッ?ちょ....ちょっと待って!」
私は少し正気に戻り、
(マズイ!)
と思いましたが、同時に
(既に手遅れだろう。)
と思って覚悟を決めました。そして案の定、
「ああ〜出るぅ!香織さん出るよ!ああッ、あッ、あッ、あッ....イク〜ッ!」
いきなり生で中出し....これが私たちの始まりでした。

4
削除依頼
2017/04/09 01:17:24
先月のことです。私たま(48歳)は夜這いされました。

夜中に私の部屋で…相手はなんと息子の友人D君でした。
D君は息子の小学生半ばからの友人で今年21歳です。もう10年以上の付き合いでうちと同じく母子家庭でした。

先週の土曜日のこと…D君は息子とドライブと食事に行きました。11時頃に息子が帰ってきましたが酔っぱらってフラフラしてるのでD君が抱えるようにしてました。なんでも行った先のお店のオリジナルカクテルの飲み比べを他のお客さんとしたとか…D君はいつも運転手です。2人がかりで息子をベッドに寝かせますとすぐに大きな鼾で寝始めました。
D君にごめんねと謝ると彼は笑いながら大丈夫ですよと言ってくれました。そしてこのまま帰すのもなんだから改めて晩酌しないかと誘いました。彼は最初に断りましたがたまにはおばさんに付き合ってと言うと車を駐車し直して一杯だけ付き合ってくれました。ちなみに以前息子と3人で飲んだことも度々ありました。
その日はビール一杯だけ付き合ってもらい布団を客間に敷いて寝てもらうことに。私はその後水割りを少々追加してから寝ることにしました。
お酒も手伝ってうとうとし始めたころに私の部屋の扉が開きました。
「?」
顔を動かすと誰かが入ってきます。でも半分夢うつつであったこととお酒で夢か現実かわかりませんでした。
すると人影は私のベッドに近づいて来ます。そして私の隣に立ったときに誰なのか暗い部屋でもわかりました…。
(D君?)
 先に寝たはずのD君が、裸で立ってました。
「…。」
 何も言えない、これは夢なのかと思っていると彼は私の布団をめくりパジャマのボタンを外しにかかりました。
「ふえっ?」
 予想していなかったことに変な声が出て一瞬D君は動きを止めましたがすぐにまた私の服を脱がしにかかります。とくに何の抵抗もできず私は全裸にされて首筋、乳首、そして私の性器と次々に愛撫されていきました。
「んぁ…。や、やめてぇ…。」
 などと拒否の言葉を出しても彼は止まりません。乳首を強く吸われて性器には指が突き刺さり久しぶりの感触に震えてしまいました。
「おばさん…おばさん…。」
 熱にやられたかのようにD君はただひたすら私に愛撫を続けました。そしてついに彼のペニスが私の身体を貫きました。
「ああっ!!だ、だめよぉ!」
 さすがに意識ははっきりとして叫ぶと彼は耳元で言いました。
「息子が起きるよ…。」
 そう言われると身体から力は抜けてしまい、もはや抵抗する気力もなくなってしまいました。こんなところを息子にもし見られてしまったらと思うと…。
「んぅ…ああ…。」
 そうしている間にも彼は前後へ動きます。荒々しく、そしてカチカチの剛直を私の内部でしごきます。
「だ…だめぇ…ああっ!!。」
 久しぶりのペニスに私は酔ってしまい犯されているにも関わらず自ら腰を振り正面の彼にしがみつきました。彼が小さく呻くと熱いものがお腹の中へと拡がるのが感じられました。そしてこれで終わりと思いきやそのまま第2ラウンドへ、結局その日は三回中だしされてしまいました。


そして明日の夜、D君が泊まりにきます。息子は留守です
5
1 2 3 4 5 6 ... 200
スレッド投稿フォーム
名前
トリップ()
E-mail
 ※任意
タイトル
本文

投稿文に自動改行は行われません、適宜改行を行ってください。 # タグ使用不可
レス禁止
※この投稿に対しレスを付けられなくします
画像認証

上に表示されている文字を半角英数字で入力してください。
◇掲示板利用規定 〔必ずお読み下さい〕