ナンネットID のアカウントをお持ちですか?
 
 
[!] 強姦・痴漢・窃盗・露出・売春等は犯罪です。 体験談にはフィクションや妄想を投稿してください。 犯罪や違法行為を目的とした呼びかけや情報交換等の投稿、公序良俗に著しく反する投稿、宣伝、商用の利用を禁止します。[!]

レイプ/犯された私 RSS icon
※体験談/女性投稿専用

短文の体験談は【禁断の木の実】に移動させて頂く場合が御座います。
1 2 3 4 5 6 ... 200
2017/05/08 06:15:34
単身赴任中の夫がいる42歳です。GW前の26日にパート帰りに夫の実家へ届け物をしてそこから自宅への帰り道は町道で民家も少なく整備はされてるけど狭い道で離合するにもどちらかが止まり譲ったりする道なんです。そんな道でスレ違う時に当ててしまった相手の男性に犯されました。品のない言葉、薄汚れた容姿のその男性に野外で犯され感じ過ぎてしまい終わった後に男性の連絡先まで聞いて家に帰ってからも興奮は治まらず子供が帰ってくるまでの数時間、男性が放った精液でびちょびちょのアソコへ指を深く入れて激しくオナニーしてしまい明くる日パート中も身体は疼きパートが終わると同時に男性に電話して犯された場所でまたして欲しいと言ってまた乱暴にされて逝き果てそしてまた次の日も 29日に夫が帰省してきてお正月休み以来の夫とのセックスが全く感じないって思う程になってしまいました。
1
2017/05/03 03:41:08
他の人とは違い、私はレイプがされるのが好きです!初体験が複数によるレイプでした!高校生になって露出のたかい服装で夜中まで出歩いて、人通りの少ない道をとったりしてました。

そのため、高校生では数回レイプに遭遇しました!社会人になっても、変わらなくて露出の高い服装して夜中遊んだりしていた。

結婚してからは露出の高い服装は控えてましたが会社の旅行があったとき、男性社員の部屋で遊んでいて、私から頼んで犯して欲しいと。
最初は驚いていたけど、私が浴衣をぬいで、手をゆかたの紐で結んでもらって、後は好きにしてとお願いしたらしてくれました。男性社員達は元気で何回も代わる代わる朝方もされてました。

レイプとは言わないかも知れませんが、GWはサイトで知り合った男性にたのんだら、してくれると明日車で彼らの家にいきます!

旦那には友達と旅行に行くと嘘をついて
2
2017/05/27 12:26:36
私は30代後半の人妻です。

この間、天気も良くて久しぶりに1人でゆっくりとウインドーショッピングでもしようと思い出掛けました。

車に乗って大型ショッピングモールに着いて、雑貨屋さんとか服屋さんとか見て回ってて、ある雑貨屋さんに入って小物見てたら狭い通路で後ろを通り過ぎる人がいてたので少し商品棚に寄るようにして通ってもらおうとしたら、通り過ぎる瞬間に私のお尻にグッと体を押し付けて通り過ぎました。

何って思ってふと見たらスーツ姿の中年男性が通り過ぎました。

体がぶつかるほど狭くないのにって思いながらもそのままブラブラして違うお店に入りました。

私が品物見てる真横で同じ商品を見る人が居てふと見るとさっきぶつかってきた中年男性が一緒のお店に居てました。

女性用の小物扱ってるお店に中年男性1人でって思いましたけど奥さんへのプレゼント探してるのかも分からないし、さっきぶつかってきたのも偶然かな?と思いましたけど、ちょっと気になるのでその場を離れ、次はランジェリーショップに行って主人が好みそうな色の下着を見てましたけど、それよりも私が気に入った色とデザインの物があったので購入してお店を出ると店の通路の前にさっきのスーツ姿の中年男性が立ってました。

さすがに私も変な男性って思い足早に去りました。

後ろを見てもその男性は見えなくて安心してゆっくりと買い物して大きな100円ショップに入って見てるうちに、さっきの中年男性が側に来ました。

何となく嫌だなって思ってたらその男性が、すみません後ろを通りますって言うので私は、どうぞ、と棚に寄ると通り過ぎる瞬間に腰を掴まれ耳元で「奥さんバックでヤらせて」と下半身を押し付けてきました。

びっくりして私は「何するんですか?」と言ったのに男性は手を離さずに「やらしいケツして。バックから一発ヤらせろ」と下半身をグイグイと押し付けて来ます。

パニックになってしまい怖くて動けない私のパンツのお尻を触りだし次に股間部分まで撫でてきました。

100円ショップって棚は高いし通路は狭いし他の人からは見えないし、どうしたらいいの?って思ってても男性は手を離さずに触り続けました。

「やめてください。人を呼びますよ」と言ってもやめる気配はなく胸も揉まれた時に1人の女性が同じ通路にきました。

男性は触るのをやめてさっさとその場を立ち去りましたが、私はびっくりしてその場を動けずにいました。

少ししてお店を出て、コーヒーショップに入って気を落ち着かせて帰る事にし駐車場に向かいました。

精算機で精算を済ませ地下駐車場に出るとさっきの中年男性がまた現れていきなり私の腕を掴み「こっちに来い」と声を荒げ引っ張りました。

「俺に恥かかせやがって。責任取れよ。しばくぞ」と地下駐車場で奥の人気も無く照明も暗い場所に連れて行かれると壁に押し付けられて「やらしいケツして買い物して男を誘ってただろ。バックから一発入れてやるよ」とすごい力で肩を押さえつけられもう片方の手で胸を揉んできました。

怖くて声も出せない私の首筋を舐めてきてパンツのお尻を撫でたり股間を撫でてきました。

私が声も出さないし抵抗しないと確信したのか、服を捲りブラの上から胸を揉んできて「奥さんの希望通りに気持ち良くしてやるから」と言いながらブラをズラし乳首に吸い付いてきました。

いきなり乳首を吸われ体がピクっと反応したのが分かると男性は「乳首が感じやすいのか。綺麗な乳首して旦那にいつ吸ってもらったんや。」と聞いてきて乳首を舐めながら片方の手で乳首をつまんできました。

こんな人気の無い場所で抵抗したら何をされるのか?と思うと怖くて抵抗出来ない私に構わず、男性はあっという間に私のパンツのボタンを外しパンツを膝まで下げてきました。

パンティーが丸見えになり手で隠すと「無駄な抵抗するな。後でゆっくりと舐めたるから」と声を荒げしゃがみこむとパンティー匂いを嗅ぐように顔をうずめてきました。

そしてパンティーの上から指で私の秘部を触ると「なんか濡れてるような感じやなぁ」とパンティーの脇から指を入れてきました。

私もさすがに少し抵抗しましたが男性は「濡れてるくせに抵抗するな。濡れとるから指がズボズボ入るなぁ」と指を一本から二本にしてグイグイと入れてきました。

立ち上がり首筋を舐めながら「抵抗しないところみると気持ち良いんやろ。セッスクレスかぁ」と耳元で囁き私の手を掴み「しっかり握れよ」何かを握らせました。

握らせたのは中年男性の大きくなった男性器です。

固くなりピクピクと脈打ってるのが分かりました。

「奥さん手でシコシコシゴいて」と言われ、言われた通りに手で動かしました。

男性は「気持ち良いよ。男のチンポ握るのは久しぶりか。もっと動かして」と言いながら息を荒げ乳首をまた舐めてきました。

そして次は「手も良いけど奥さんの口でしゃぶってくれ。久しぶりのチンポゆっくりと味わえ」と私をしゃがませようとしましたが私はさすがに抵抗しました。

すると男性はまた声を荒げ「言う事聞かんかったら痛い目に合うよ」と髪を掴まれ脅してきたので怖くなり私は言われた通りしゃがみ込みました。

目の前に固くなった男性器を突きつけられて「早くしゃぶれ」と言われた時に駐車場に車が入ってきて近くに止まり数人の女性が降りてきたのが声で分かりました。

男性は「声を出すなよ」と私を立たせて後ろから口を手で覆いました。

降りてきた人達は車から離れる気配はなくその場所にとどまりました。

男性は「早く行けよ」と小さな声で言いながらも私のパンティーの中に手を入れてずっと触ってましたが、もう一台車が入って来ました。
さっきの人達が、来た来たと話してます。

どうやら同じ仲間の人達みたいです。

中年男性は「奥さんベトベトに濡れとるなぁ。あいつらが行ったら奥さん俺の車に連れ込んだるよ。その方が邪魔されずにゆっくりと奥さんの体を楽しめるからな。脇から足の先までゆっくりと舐めたる」と私の口を押さえたままで言いました。

このままでは絶対にまずい。車に乗せられたら車内で犯されると思うと怖くなり、その女性達が居て男性は行動出来ないと分かると抵抗する事を決意。

男性の足を思い切り踏み込むと男性はびっくりして手を離しました。

その瞬間私はその女性達が居てる側まで行こうとしたもののパンツを膝まで下げられてて動きにくくて走れません。

何とかパンツを上げて逃げようとしたら後ろから髪を掴まれて、何するんじゃと怒鳴られました。

その声に気付いた女性達が近くに来て「どうしたの?」と聞いてくれた時に男性器を出したままの男性を見て普通の状況じゃない事に気付き「何してるんですか?警察呼びますよ」と言って数人の女性が私を囲んでくれました。

男性は「お前ら全員犯すぞ」と怒鳴りながら走り去りました。

女性達に「大丈夫?警察呼びますか?」と聞かれましたが、大丈夫ですと答えお礼を言って私もその場を離れ車に戻りました。

直ぐに運転して離れたかったのですが心臓がドキドキして運転出来そうもなく車内で少しじっとして気を落ち着かせて帰宅しました。

帰宅してトイレに行くと私のあそこはパンティーにシミが出来るほどに濡れてました。

痴漢と言うかレイプ寸前のあんな状態だったのに濡れてしまったのです。

あのまま男性に触られてたら?とか車に連れ込まれてたら?どんな風にって考えると、その事に何とも言えない興奮状態になってしまい、自分の指で秘部ををゆっくりと触ると凄く感じてしまいそのままトイレでオナニーしてしまいました。


















3
2017/05/24 21:26:06
43歳になる専業主婦です。先日、つい出来心
から、いつもお買い物をするスーパーで食材を
万引きしてしまいました。

レジを通過して、買い物袋に買った物と一緒に
万引きしたものを入れてお店を出ようとした
ところを後ろから警備員に声をかけられました。

警備室に連れていかれて、住所、氏名、家族の
ことなどまで聞かれました。反省文も書かされ
これで解放してくれるのかと思ってました。

一通りの手続きを終えて、帰ろうとすると
警備員が、本当なら警察に届けることになる
けど、反省もしてる様子だし、初犯みたいだ
から穏便に済ませることも出来るといいました。
私は、警察や家族に通報しないでほしいと哀願
しました。すると警備員はそうしてあげること
もできるけど・・・・う〜ん、奥さん次第です
よと言いながら、私の手を握って引き寄せよう
としてきました。からだを要求されているんだ
と気づき、身を硬くして拒否しました。

警備員は、私が拒否するなら警察に届け出る
こと、主人にも連絡をすると脅してきました。
警察もそうですが、厳格な主人に知られる
のは何としても避けたかったんです。
離婚を言い渡されるかもしれない恐怖心で
いっぱいでした。

そんな私を見透かしたかのように、警備員は
私に迫ってきて、胸元から手を忍ばせてきて
乳房を鷲掴みにして、首筋に舌を這わせて
きました。抵抗しようにも万引きな弱みを
突かれて、最後は男のされるがままにされ
ました。スカートをまくりあげられ、下着
を降ろされて、激しく突かれました。
はじめの頃はいきなり入れられて激しい痛み
でしたが、次第にからだの奥底から湧き
出てきて、不覚にも濡らしてしまったのです。
いきり立つもので突かれ続けて、声をあげて
しまいました。その瞬間、子宮に届きそうな
巨大なものから放たれた激しいほとばしりを
感じました。中に射精されてしまったのです。
警備員は満足すると私のからだから引き抜き、
私の両足を大きく広げて漏れ出してくる精液
を観察しました。私という獲物を征服した
悦びを味わっているかよのようでした。

その日、立て続けに2回犯されて、解放され
ました。その後、あの警備員から携帯に電話
があり、呼び出されてはからだを貪られてい
ます。主人に申し訳ない気持ちとは裏腹に
私の中で呼び出しを期待する気持ちがある
ことは事実です。主人に気づかれないか、
不安な毎日を過ごしています。
4
2017/05/19 16:50:40
かれこれ九年も前の話ですが、、、
当時私、46才、子供達も手から離れたと思ったら、主人も私から離れていて、気が付けばレスになってました。
ちょっと遊びたいなの気持ちから、私は出会い系にはまったんです。
主人にはバレたくないので、一度会ってエッチしたら終わり、そのように遊んでました。
四人目の男性でした。
熟女が大好きという26才の青年、背が高くてイケメン君で、会った瞬間にエッチしたいと思ったんです。
熟女好きと言うこともあり、その青年君とエッチすぐ同意、ラブホじゃなくて、リゾートコテージ借りようと青年君の意見聞き入れ、そこに行きました。
その青年君とエッチして、メロメロにされた私でした。
青年君がどこかに電話しました。
しばらくして部屋のドアがノックされる音がして、青年君がドアを開けると、四人の男性がドカドカと入ってきて、ベッドで全裸の私目掛けて突進してきました。
あ、廻されるんだ、そう思ったときにはもう遅く、四人プラス青年君に囲まれ、為すすべもなくやられまくりました。
されてることは明らかにレイプですが、私は思いました。
遊びのツケ、代償を支払わされるんだなって。
家族を裏切った結果なんだ、仕方ないなと諦めたんです。
五人の若い男性相手に、抵抗など意味なさないし、下手に抵抗して暴力的に扱われたりしたら、そう思ったんです。
彼らの目的は、私のおばさん体使っての欲求の解消、無事に帰ることしか頭にありませんでした。
口やあそこに代わる代わる肉棒を突っ込まれ、彼らの満足の邪魔をしないことだけを考えてました。
『このババア、素直にチンポしゃぶるな?よほど欲求不満だったみたいだな』
などとなじられましたが、私が考えてるのは嵐が過ぎ去ることだけ。
青年君とのエッチでメロメロだったのも、どこかに忘れて、ひたすら処理する作業でした。
口、顔、胸、腹、尻、そして中にまで、五人数回分の精子精子、精子にまみれました。
私が唯一お願いしたのは、夕方までに帰して欲しい、それだけでした。
青年君が人妻さんだからと言い、四時過ぎには終えて、私は青年君の車ではなく、タクシーで帰りました。
訴えようなど考えませんでした。
遊びの代償なんだ、自分で蒔いた種なんだと言い聞かせました。
私が若かったらショックで立ち上がれないかったかもしれません。
おばさんだったから、意外と簡単に割り切れました。
遊びには代償がつきまとうと。
5
1 2 3 4 5 6 ... 200
スレッド投稿フォーム
名前
トリップ()
E-mail
 ※任意
タイトル
本文

投稿文に自動改行は行われません、適宜改行を行ってください。 # タグ使用不可
レス禁止
※この投稿に対しレスを付けられなくします
画像認証

上に表示されている文字を半角英数字で入力してください。
◇掲示板利用規定 〔必ずお読み下さい〕