ナンネットID のアカウントをお持ちですか?
 
 
[!] 強姦・痴漢・窃盗・露出・売春等は犯罪です。 体験談にはフィクションや妄想を投稿してください。 犯罪や違法行為を目的とした呼びかけや情報交換等の投稿、公序良俗に著しく反する投稿、宣伝、商用の利用を禁止します。[!]

女に犯された男たち RSS icon

短文の体験談は【禁断の木の実】に移動させて頂く場合が御座います。
1 2 3 4 5 6 ... 100
削除依頼
2017/03/19 23:59:26 (DMTbm6eK)
僕は小学生の頃から、女みたいだとか、クラスメイトに無理やり女装させられたりしていた。
中1のとき、僕はクラスメイトの一人の女子(以下A)と仲良くなった。
Aは、僕の容姿だったり体型だったり、そういうものを馬鹿にしたりすることをしなくて、僕はちょっとだけ、Aのことが好きだった。
ある時、Aから「明日暇だったら遊ばない?」というメールが来た。
僕は承諾し、翌日A宅へ向かった。
Aの両親はいなかったようで、インターホンにはAが出た。
Aの家に上がって、1階のリビングで話したりしていたのだけど、2階からなんだか物音がするので「この音はなに?」と聞くと、Aは「ごめん、ちょっと待ってて」と2階に向かっていった。
Aが戻ってくると、Aの後ろにいつも僕を馬鹿にしている男子が3人(以下B,C,D)いた。僕は「あれ、なんでみんないるの?」と質問したが、答えはなかった。
そのあと僕はB、C、Dに押さえつけられ、裸にされて写真を撮られたり女装させられたりした。
Aはその様子を笑いながら見ていた。
BとCとDが僕で遊ぶのをやめると、今度はAが女の子の格好をした僕の上にまたがって、スカートとパンツを下ろされて、僕のを触ってきた。
最初は撫でたりしているだけだったけど、最後は舐めたりしてきて、僕のが大きくなってしまってた。
そのとき、AとBがいれかわって、Bがズボンを下ろして、おっきくなってるあれを出して「舐めろ」と言ってきた。
僕は拒否したけど、無理やり口に入れられた。
Bはそれだけで済んだけど、CとDは僕のお尻の穴にあれをいれてきた。
すごく痛かった。なんで僕がこんな目にあわなきゃいけないのって泣きながら思ったけれど、CとDは2回ずつほど僕を犯した。
そして最後にAが僕の上にまたがって、僕のあれをAのに入れようとしてきたので、僕が身体をうねらせて抵抗したら、BとCとDが押さえつけてきて僕は動けなくなり、Aは僕を何度も、何度も犯した。
嫌なのに、嫌なのに、本当に嫌なのに
こんなことされるなら、男に生まれたくなかった
写真もたくさん撮られて、もし誰かに言ったらこの写真をばらまくからねって脅されて、そのあともう2回同じようなことがあった。
AとBとCとDは絶対に許せない
特にAは。信じてたのに
ぜんぶ嘘だったとか、自分が馬鹿みたい
いつか必ず、復讐してやる
1
2017/03/05 11:23:44 (V1yHEKW4)
あの女たちに犯されたのは、僕がまだ思春期に差し掛かった頃でした。
当時、僕は人には言えない恋をしていました。
相手は、三十代前半で、当時の僕にとっては母親に近い年齢の人でした。
彼女との出会いはそれからさらに数年前に遡ります。

当時、僕は親の旧友が開いている、ある習い事の教室に通っていました。
そこに臨時の助っ人として加わったのが、のちに僕と付き合うことになるミカ先生でした。
正直、同年代の子達の中に溶け込めず、教室には嫌々通っていたのですが、ミカ先生は僕に随分と優しくしてくれたので、その時期だけはすごく楽しかったのを覚えています。
しかし、僕に優しかったのには理由があり、ミカさんは所謂ショタコンというやつで、数年後の再会の時に知ったのですが、当時から僕を異性としてみていたそうなのです。
再会した時に、「〇〇の発表会の時に初めて手をつないだよね」、「あの時ジュースで間接キスしたよね」、「教室を辞める時に告白したけど、ゆう君は答えてくれなかった(単に意味が理解できなかっただけだと思いますが…)」みたいな思い出話を延々と聞かされて、彼女の本意に驚いた記憶があります。
実は当時ミカさんは、都会でのOL暮らしに疲れて実家に戻ったばかりの頃だったそうなので、幼かった僕がある種の癒しになったのかもしれません。

さて、偶然の再会をきっかけに、当時、ミカさんが実家から離れて住んでいるアパートに足繁く通うようになり、やがて僕たちは男女の関係となりました。
まだ思春期に差し掛かった頃で、クラスに一組カップルがいるかどうかの時期です。クラスでもおとなしく地味だった僕が、早々に童貞を喪失するのですから、なんだか不思議な感覚でした。
ミカさんにとっても大学以来、人生で2人目かつ10年ぶりくらいのセックスだったようです。

ミカさんとしても、自分たちの関係を誰かに自慢したかったのでしょう。
この時期に2回、高速バスに乗せられて、その地方で最大の隣県の街まで二人で出かけたことがあります。
まだネットがそんなに普及していない時期でしたが、そこではネットや口コミで知り合った、ミカさんの同好の士によるイベントが開催されていました。
大人の女性と少年とのカップルが5〜6組、ミカさんと同じような趣味の、フリーの女性が10人ほど参加していました。女性たちは肉食系のお姉さんから、オタク系の地味なお姉さんまで様々でした。
カップル参加の男の子たちは、ほとんどはガッチリした中高生ばかり。ただでさえ、年若い上に見た目も年齢以上に幼い僕は、「その年で本当にえっちできるの?」とか、お姉さんたちの質問攻めにあいました。シャイだった僕に替わり、質問に答えてたのは、ほとんどミカさんでしたが、照れ臭くも嬉しかった記憶があります。
そして、その2回目の会合で出会ったのが、のちに僕を犯すことになるAでした。歳はミカさんと同じぐらいで、体型はぽっちゃりだけどメイクはバッチリしていて、いかにも田舎のホステスといった感じの女でした。
彼女はミカさんがいない隙に、僕に鍵付きのBBSのアドレスを渡してきました。正直、ミカさんだけでなく他の年上のおねえさんからも興味を持たれることに嬉しさを感じてしまいました。

早速、買ったはいいもののほとんど使用していない我が家のPCを使って、僕とAとのやりとりが始まりました。もちろん、ミカさんには内緒で。
やがて、「今度はミカさんに内緒でゆうくんに会いたいな」という話になっていきました…。そこで嬉しく思ってしまった僕が馬鹿でした…。
町のはずれでの待ち合わせの日、驚いたことにA以外にBとCの二人の女性が一緒でした。歳はいずれもミカさんやAと同年代。「二人ともゆう君のことを話したら、一度会ってみたいと言ってきた」とAは説明しました。
やがて、僕らを乗せた車は、隣町の山中のキャンプ場のログハウスへと着きました。

着いた途端、運転手のA以外は飲酒や喫煙を始めました。
当然ながらすぐに、話題は性的な方向へ…。
「ミカさんとは最近いつしたの?」、「男の子なんだから、他の人ととも一度は経験しなきゃ」そう言いながら、僕の身体に執拗に触ってくる3人をみて、幼心に自分を犯す気なんだと認識しました。しかし、女性とはいえ大人3人に囲まれて、恐怖で動くことも抵抗することもできず、やがて羽交い締めのような格好にされてしまいました。
3人はズボンの上から僕のアソコを触ったり、逆に僕の手を自分たちの胸や性器に当ててきましたが、緊張と恐怖のため勃つことはできませんでした。
彼女たちもそれは想定の上だったのか、次は仰向けになった僕の顔の上跨り、むき出しになった自分の性器を押し付けてきました。
ミカさんにもそんな乱暴なことをされたことのない僕は、苦しさと嫌悪感で顔をそむけようとしましたが、「男の子なんだから女を気持ちよくさせなきゃダメでしょ!」「私たちのは舐めたくないって言うの!?」といったような内容を罵声のように浴びせられた、嫌々ながらもクンニをさせられました。
仰向けの体勢のまま、順次に強制的にクンニをさせられたのですが、二人目のBが、興奮しすぎたのかイってしまい、僕の口の中に潮をふいてしまいました。すぐに吐き出そうとしたのですが、他の二人から「ダメでしょ!ちゃんと飲め」という声が怖くて、飲み干すことになりました。
その後も、彼女たちは交代で僕に舐めさせながら、どうにか勃たせようとしてきましたが、結局、その日はどうにか挿入には至らず、そのまま解放されました。
別れ際に、満面の笑みで「ミカさんには黙っておくからね」という言葉を投げかけられ、僕はようやく自分の運命を悟りました。
その数日後には、例のBBSで次の日程の指示が来ました。親よりもミカさんにバレるのが何よりも怖くて、当時の僕には逃げるという選択肢がありませんでした。

3回目の時に、男としての本能か、あるいは女たちを怒らせないように無意識の防衛反応が働いたのか、恥ずかしながら僕は勃ってしまい、「大きくなったってことは、ゆう君もいいってことだよね?」という言葉とともに、待ちきれないといった満面の笑みで、Aが跨ってきました。
「ちっちゃいけど、ちゃんと硬くて気持ちいい!」というAの歓喜の声が、当時の僕には屈辱的に感じられました。
その後、他の二人からも順に犯されたのですが、僕が何よりも屈辱的だったのは、その場にいないミカさんへの罵詈雑言でした。
「どうせ、あいつヤリマンだからガバガバでしょ?私たちの方が気持ちいいでしょう?」とあざ笑ったかと思えば、「あいつ、どうせ大人には相手にされないから、アソコも洗ってなくて臭いんじゃないの?」などとと罵ったり、とにかくミカさんのことを悪く言えればそれでいいようでした。
三十代ながら、箱入り娘のような清楚な美人で、親の財産で生活しているミカさんに対して、3人は嫉妬心を抱いていて、僕を犯そうとするのも、性欲からというよりは、嫉妬心や支配欲を満たすためだと理解しました。
僕が大声を出したり、抵抗したりしないと知ってからは、場所を観光用のホテルの大部屋に移しながら、この狂宴は7〜8回ほど続きました。

最後の一回の時には、3人とも「これが最後だからね」と何度も優しく言ってきました。
いつものように無抵抗で犯されながらも、僕は安堵の気持ちでいっぱいでした。
しかし、それで終わりではありませんでした。
それから数週間後のある日、ミカさんの部屋に行くと、ミカさんが虚ろな表情で待っていました。
ミカさんの前のテーブルには一本のビデオテープ。一瞬で僕は全てを理解しました。それがAから送られてきたもので、ミカさんは既にそれを観た後だと。
止めようとする僕を押しのけて、ミカさんがもう一度ビデオデッキに挿入すると、そこには案の定、これまでの狂宴がダイジェストした形で収められていました。
合間合間に、「彼女の臭いオマ○コこと違って美味しそうに舐めてます」とか、「初めての射精。彼女と違って気持ちよかったのか、すぐにイっちゃいました」といった卑猥なテロップが挿入され、最後には「3人ともたっぷり出してもらいました。元気な赤ちゃんが産まれるといいなー」という言葉で締められていました。

しどろもどろになりながらも、事情を説明しようとする僕に、ミカさんは力づくで覆いかぶさってきました。当時の僕より背が高いとはいえ、華奢な体からは想像もつかないような力でした。
無理矢理に僕の口を塞ぐようにキスすると、手を僕のアソコに伸ばしてきましたが、それまでミカさんに乱暴に扱われたことなどない僕は、勃たせることができませんでした。
「あいつらとはしたのに、私とは嫌なの?」、「本当はあいつらとして気持ちよかったんじゃないの?」と問いながら無表情で見下ろすミカさんの姿に、恐怖でさらに身体は萎縮していまいましたが、やがて硬くなってきた僕のアソコを挿入すると、ミカさんはそれまで見たことのないような獣のような動きで、僕の上で腰を振り始めました。
声までも、普段のおしとやかな振る舞いからは想像もつかない、まるで獣のようなうめき声でした。おそらく、その場にはいない3人に対して、「この子は自分のものだ」と主張するためのセックスだったのだと思います…。

3人に仕返しに行くというミカさんをどうにか落ち着かせて、その日は終わりました。
その後も、ミカさんと僕との関係はしばらく続きましたが、日に日にミカさんの言動はおかしくなっていき、見かねた実家の両親に入院させられたようで、ミカさんのアパートは引き払われました。
その後、恋人というのは伏せて、元生徒としてミカさんのお見舞いを試みましたが、面会謝絶ということで断られ続け、結局その数年後に僕は進学で故郷を去り、それから十年ほど、故郷にはほとんど帰っていません。

思いの外、長い内容になってしまいました。ありがとうございます。
2
削除依頼
2017/02/14 17:48:39 (shFqgj5V)
僕の体験談を聞きたい人いますか?
3
削除依頼
2017/02/06 20:18:19 (8m8z3WEX)
昔、集団就職で東京のお店に住み込みで勤めました。
数年後、店は儲かって、旦那は外に女を作って外泊することが
多くなりました。
ある夜、奥さんに呼ばれて奥の部屋で奥さんとお酒を飲みました。
そのうちに奥さんが私を押し倒してパンツを脱がせて、私の
チンコをしごいて立たせて口にくわえたのです。
びっくりしたんですが、あまりの気持ちよさに奥さんの口の中に
出してしまいました。奥さんはそれを飲みました。
そして自分もパンツを脱いで私の上にまたがり、私のチンコを自分の
オマンコに入れて腰を動かしました。
気持ちよくて奥さんのオマンコの中に出しました。
奥さんは今度は仰向けに寝て、私のチンコを入れさせて正常位で
セックスしました。

4

元カノと車で

投稿者:シーカー ◆wSaCDPDEl2  kc_reppiks
削除依頼
2017/01/23 18:42:24 (E2qnJSaI)
以前、引っ越しを機に別れた彼女がいました。
数年後「そっちに出張があるから久々に会えない?」と打診があり、私も下心が手伝って会う事にしました。

平日に半休を取ってに元カノを車で迎えに行き、ご飯と買い物にお供。当時はとても熱烈に愛されているなと自覚していました。えっち彼女の要望で生・中、と言うか奥出しリクエストで、こぼそう物なら怒られる程の依存症レベル。
そんな彼女は社会人経験を挟んでさらに綺麗になったパンツスーツ姿。昔より落ち着いて見えたので、こちらの下心の反省もあって、半日デートでホテルに誘う事はしませんでした。

夕方空港まで送って、いい時間までお茶でもと思っていましたが、駐車場に車を止めると、据わった目で彼女が近づいてきます。『久々の軽いキス』ぐらいに思っていたらそのまま乱暴にキスされながらシートに押し付けられました。ディープキスを受け入れていたら、いつの間にか彼女の手が私のベルトへ。
まだ硬くもなっていないモノを取り出しそのままフェラ。初めて見る元カノの強引な姿に気おされて声を失っていたら、やっと周りの目を気にしなければならない事に気付きました。
元カノが冷静さを取り戻す事を期待して「…ここで?」と問うと「すぐ終わるから」と怒り口調。
自分の股間匂う口で再びキスされながらスモークありの後部座席に押し込められ、今度は彼女がパンツスーツを脱いでいました。
脚を片方だけ抜くと、自ら爪先でパンストの股の部分だけ破り下着をずらして跨って来ました。
元カノのあそこは既にとろとろで、抵抗なく私のを呑み込んで行きます。予想より大きな吐息を深く漏らした元カノはやっと落ち着いたようで「我慢できないってわかってたのに、頑張っちゃったから時間なくて…」と呟き、押さえつけるように抱き着き、前後に動き始めました。子宮口が弾かれる度に声を漏らす元カノが、一心不乱に快楽に集中しているのが伝わってきます。周りの目を気にする余裕も会話もなく、喘ぎ声だけが響く車内。元カノももう何度か絶頂を迎えてるはずなのに、涙目のままやめません。
一方的に喰われるだけのセックスに圧倒され「もう、ダメだって…」と伝えると、今度は動きが上下に。
文字通り搾り取られる様な動きにたまらず大暴発…の瞬間、元カノが一番奥に突き刺さる格好で動きを止め、お互い果てました。大量の精子の放出と脈動が止まるまで元カノは懸命に私を見下ろし続けていました。

放出が終わると元カノは手早く抜き去り、下着にティッシュを当て破れたパンストごとパンツスーツを履き、呆気に取られた私を放置したまま「ありがと。またね。」と短く言ってターミナルに向かって行きました。
私は『きっと元カノなら大量の精子がパンツスーツに染み出しても、コートで隠してそのまま飛行機に乗るだろうな』と思って、彼女のでビショビショになった股間もズボンもそのままに履き直して帰途に着きました。
女性からのレイプって力じゃなく気迫に任せてするんですね。あれ以来、元カノからは連絡がありません。
5
1 2 3 4 5 6 ... 100
スレッド投稿フォーム
名前
トリップ()
E-mail
 ※任意
タイトル
本文

投稿文に自動改行は行われません、適宜改行を行ってください。 # タグ使用不可
画像認証

上に表示されている文字を半角英数字で入力してください。
◇掲示板利用規定 〔必ずお読み下さい〕