ナンネットID のアカウントをお持ちですか?
 
 
[!] 強姦・痴漢・窃盗・露出・売春等は犯罪です。 体験談にはフィクションや妄想を投稿してください。 犯罪や違法行為を目的とした呼びかけや情報交換等の投稿、公序良俗に著しく反する投稿、宣伝、商用の利用を禁止します。[!]

家庭内レイプ体験 RSS icon
※家庭内で起きた虐待、レイプ体験談

短文の体験談は【禁断の木の実】に移動させて頂く場合が御座います。
1 2 3 4 5 6 ... 122
2017/05/20 16:08:16
先日、久々に父から連絡があり仕事終わりに食事に誘われました。
父と会うのは私が大学卒業以来の2年振りの事。
そんな父と私は夕食を済ました後、父の誘いで軽く飲みに行きました。
そして店を出たのは深夜零時過ぎ、終電も無くなり帰れなくなった父を仕方なく私が住むアパートへ連れて行きました。
風呂に入り、再度飲み直した父。
父は私にガンガンお酒をすすめ、私は気がつくとベッドで父に覆い被さられていた。
私は薄目を開け父の様子を伺うと父は、私の胸に顔を埋めながら荒い呼吸で私を犯していました。
私が中学の時からお尻を触ってきたり、胸を揉んだり
、夜中にイタズラされたりと、何となくその気がありそうだった父なので、私は「とうとうヤラれちゃったか・・」てな感じで、意外でもなんでもなかった。
でも、一応は実の親子。
私は犯される事よりも親子での関係を持つのが嫌だったので、父から離れるべくわざわざ地方の大学へ進学し家を出たのに、結局は父と関係を持つはめに。
最悪でした。
私は父の行為が終わるまでジッと寝たふりをしながら耐え、朝を迎えました。
父は何事も無かったように始発で帰ると寝ていた私を起こし「戸締まりと火事には気をつけろよ」とだけ言葉を残しアパートから出て行きました。
部屋のゴミ箱にはアレの匂いがするティッシュが丸まって捨ててあって、「やっぱ夢じゃなかったんだ」と私は朝から落胆しました。

1
2017/05/14 04:34:53
歳の離れた異母弟の翔太11歳が私と弟慎一とのセックスの声を聞き耳を立てている。

私も慎一も弟に聞かれていると想像すると興奮して盛り上がる。
終わったあとに慎一が
「姉さん翔太とセックスしてやってよ」
ととんでもないことを言い出した。
「まだ小学生じゃない!無理よ…」
「オナニーできるんだから大丈夫だって」
なし崩し的に慎一に説得されて弟とセックスする事になってしまった。
私も興味があったことは否定できない。

2人で全裸のまま翔太の部屋に乱入すると、翔太はオナニーの最中だった。
すでに一度出してるみたいで精液の匂いがする。

私は驚く弟をなだめながら、手で射精させた。
皮は被っているが、剥くことはできるようで小学生にしては大きいのではないかと思う。

「なあ翔太。お姉ちゃんとセックスしてみないか?俺たちがセックスしているの知ってるだろ?」
翔太は顔が真っ赤になっている。
可愛いと思った私は翔太に抱きつきキスをした。
すると出したばかりのペニスはもうすでに勃起状態。

「さあ来て。大丈夫よ…教えてあげるから…」
「お姉ちゃん…」

10歳も下の弟の童貞を貰える事にものすごい興奮を覚えた。

翔太は私の中で果ててからも胸にしがみついている。
翔太の後ろから慎一が近づいてくる。
私と慎一は目で合図しあった。

「ねえ翔太。今からお尻にムズムズする事しちゃうけど、大丈夫だから安心してなさいね。」
とギュッと抱きしめた。
「…お姉ちゃん?……えッ!」

慎一は弟のアナルにローションを染み込ませ指を挿入した。
「何?ちょっとお兄ちゃん止めてよ!」
「大丈夫だからゆっくりほぐすからね」
慎一は翔太のアナルを10分ほどゆっくりほぐしながら指を3本まで挿入できるほどまでほぐした。

「じゃそろそろ…」
慎一のペニスは私を抱く時以上に勃起している気がする…
「翔太ちょっと痛いけど我慢してね。お姉ちゃんがついてるから。」

「えッ?!お兄ちゃん!ちょっと…止めて…」
案外すんなり慎一のペニスは半分ほど挿入出来た様子。

私がついていなかったら翔太は泣き叫んでいたかも知れない。
それでも翔太は必死で耐えながら、痛みを紛らわせる為に私の胸にむしゃぶりついている。

「こりゃ凄いわ…」
慎一は翔太のアナルの感覚を楽しんでいる。
そして少しづつ動きながら10分ほどで翔太の中で射精した。

翔太は私とのセックスを諦める事はできず、慎一とのセックスも受け入れていたよう。
そのうち、翔太は慎一に抱かれる快感にも目覚めたようで、
私とセックス出来ない日などは自分から慎一のペニスを咥えセックスをせがむまでになった。
2
2017/05/09 06:53:20
39歳の会社員です。母子家庭で中3の息子と二人暮らしです。勤めている会社の社長の性的奴隷となってお手当てをもらっています。ゴールデンウィーク中に社長の別宅にあるプレイルームに呼び出されました。他の男性を交えてプレイするからと告げられ全裸にボールギャグと全頭マスクで目が見えず口もきけない状態で診察台に拘束されました。過去にも貸出しやショーに出されたりした経験もあるので「社長が一緒にいてくれれば安心」とそれほど心配はしませんでした。社長が誰かを連れて来て、その相手の声がまだ若くて幼いとも思えるなって思ったけど、直ぐに心が凍りつきました。息子に間違いありません。社長は私の息子と知って呼んだのでしょうか?息子は剃られたあそこをさらけ出した歳上の女性が私って気が付くでしょうか?思わず拘束された手足を動かし頭を左右に降って社長に「やめて」って意思を伝えようとしました。息子の「この女の人、嫌がってるんじゃないの?」と言う声。「いやらしい女だから、嫌がる振りをして男性に虐めたいって思わせてるんだよ」と答える社長の声。とても遠くで聞こえた気がします。明らかに社長とは違うまだ柔らかい手や指で身体中を触られ胸を揉まれ乳首を摘ままれたり吸われたり、ついには甘噛みまでされました。割れ目 も始めは恐る恐ると言う感じで触っていたけど、直ぐに一杯に拡げられ、小陰唇を摘ままれて引っ張られ、クリトリスを剥き出され、その度に私は本能的に逃げようと身体を捻りましたが、太股の部分が拘束されていてかないません。そんな中で頭の一分だけ冷静で、「ボールギャグされてて良かった、声が出てたら私だって判ってしまう」とか考えていました。息子は社長から促されてクスコを差し込んで拡げたり、バイブを出し入れしたり、初めての大人の女体が面白くてたまらない様子でした。「白い汁が一杯だ」「乳首が飛び出してきてる」「クリトリスも硬くなるんだな」息子の言葉一つ一つが心を突き刺します。社長を恨みながら自然に腰ががくがく前後に動いて太いバイブを奥まで突き刺された時に一度逝ってしまいました。朦朧とした意識の中で社長のあれとは違う小さいけどとても硬い生身のものが挿入されるのが分かりました。「息子に犯されてる」そう判った時、また頭が真っ白になって逝きました。失神したんだと思います。 気がついたら社長が私の膣を水道から引かれたゴムの管で洗ってくれていました。 「やっと終わった、息子は私だって気がついていない」ホッとした私に社長の残酷な言葉が響きました。「来週あたり、今度は君が縛られてこの女の人からいやらしいことをされてみるかい」。経済的にも社長から離れる事はできません。今度の週末どうなるのか心配です。
3

叔父さん

投稿者:夏樹 ◆2InxPOkubY
削除依頼
2017/05/08 16:15:52
私は今は、福岡で暮らして居ます。

私に出身地は福島です、あの震災と津波で両親が死んでしまって 福岡の叔父さんの所に

引き取られて、現在に至ります。

叔父さんとは、小さい頃に家族で福岡に旅行に来た時と

叔父さんが仕事で、何度か福島に来た時に会って知ってました。

それで、身内と言ったら叔父さんだけだったので福岡に来る他は無かったのです。

此方に来た時は、S6 で今は今年の春にK生になりました。

私と叔父さんには秘密が有ります! それは 男女の関係です。

私はCになる頃から、と言うより子供の頃からオマセで Cになってからは叔父さんのPCで

叔父さんが居ない時には、何時もHなサイトを見たりしてました。

そんな時に、叔父さんが見てるHサイトの動画を見てしまってからは

何時も見ながら一人でオナニーばかり遣ってたけど、二年になる頃には 我慢が出来ずに

叔父さんに言って、私のお願いを叶えて貰いました!

それからは、叔父さんがお仕事から帰って来ると何時もHを遣って貰い

最近では、私がMと判ってから叔父さんに縛って貰ったり SM動画見たいに虐めて貰ってます。
4
2017/05/07 05:39:53
ちょっと仕事の関係で知ることとなった、父一人娘一人の家庭の事件。
酒癖が悪い父親は酔うと娘を殴って犯していた。
その父親は勤務態度も真面目で平均的な勤め人。
近所の評判も悪くなく、誰もそんな事態になっていたとは想像もしていなかった様子。

その父親も学校などの手前、顔を殴るのは控えており発見が遅れたのだろう。
だが、サディスティックな性癖は抑える事はできず、娘を縛り上げて痛めつけながら犯していたようで、
体には多少の痣が残っていた。

その時も娘の手を後ろで縛り、首にラバーの縄跳びを巻きつけドアノブに引っ掛け、軽く首を絞めながら犯していたようだ。

父親は55歳。既往症があるわけではないのだが、アルコールを摂取して興奮しすぎたのが良くなかったようで、娘の中に射精しながらクモ膜下出血を起こしてしまった。
意識を失った父親はそのまま娘の上に倒れ込み、その体重で娘の首が完全に絞まってしまった。
それほどきつく絞まるほどの巻き方ではなかったし、ドアノブも頑丈なものではないが、17歳の娘の首が絞まるには十分過ぎたのだろう。
2人は繋がったまま亡くなってしまった。

発見が比較的早くに行われたのは、親戚が茹でたタケノコを届けに来た事による。
仕事柄、縊死体は見慣れているが、世間で思われてるほどに苦しんだ様子の物は少ない。
特にこの娘の場合は恍惚とした表情で視線は空を眺めていた。

こういう事を言うのは不謹慎だが、多少の酸欠状態での性交は快感度が増すと言う。
それによるものかもしれない。
5
1 2 3 4 5 6 ... 122
スレッド投稿フォーム
名前
トリップ()
E-mail
 ※任意
タイトル
本文

投稿文に自動改行は行われません、適宜改行を行ってください。 # タグ使用不可
画像認証

上に表示されている文字を半角英数字で入力してください。
◇掲示板利用規定 〔必ずお読み下さい〕