ナンネットID のアカウントをお持ちですか?
 
 
[!] 強姦・痴漢・窃盗・露出・売春等は犯罪です。 体験談にはフィクションや妄想を投稿してください。 犯罪や違法行為を目的とした呼びかけや情報交換等の投稿、公序良俗に著しく反する投稿、宣伝、商用の利用を禁止します。[!]

家庭内レイプ体験 RSS icon
※家庭内で起きた虐待、レイプ体験談

短文の体験談は【禁断の木の実】に移動させて頂く場合が御座います。
1 2 3 4 5 6 ... 132

娘も

投稿者:文江
削除依頼
2018/07/14 12:26:18
娘から見たら性的虐待の思い出でしょう。
一部は創作を交えて書かせていただきます。
亡くなった主人は不動産や流通等を手広くやっており、知人にも立派な方が大勢いました。
そんな方達から、大変けっこうな再婚の話が幾つも持ち込まれたのに、それをお断りしていたのは、私が密かにお付き合いして調教を受けていた男性がいたからです。
周りの人に気付かれないように訪問してくれ、調教の時も同居している思春期の娘に気を使ってくれる良識のある人と思っていました。
ある日、「これを穿いてオナニーしてごらん」と差し出されたのは中学に入ったばかりの娘の下着でした。
それも新品ではなく、その日に娘が穿いて洗濯かごに入れたものでした。
戸惑う私に彼は「背徳感があるだろう。みあちゃんのパンツをお母さんが穿いてオナニーだよ」と言ってやらせました。
そのいやらしい言葉がかえって私を「これは遊びなんだ、この場限りの背徳感なんだ」と安心させました。
言われたとおりに娘の下着を穿き、彼に見守られながらオナニーしました。
彼の「すごいね、みあちゃんのパンツがお母さんのエッチな汁でぐちょぐちょだ」「自分のパンツをお母さんがこんなにして汚してるって知ったらみあちゃんはどう思うかな
」とかの言葉責めで、私はオナニーだけで何度も逝ってしまいました。
汚した娘の下着を脱がされ、クロッチを裏返されて匂いを嗅がれ、「みあちゃんのパンツのここにキスして」とキスをさせられました。
散々に調教してもらい、ぐっすりと寝て、次の日は本当なら幸せな気分で過ごせるはずでした。
予感と言うんでしょうか、何となく胸騒ぎのようなものが朝からして、仕事に行く前に娘の顔をじっと見てしまいました。
娘が「お母さん、なに?」ってその時は無邪気な表情をしてくれたんですが、あの無邪気さはお芝居だったんです。
午後に入ってすぐにお得意様のご希望により現場に案内したあと、特にその日にしなければならない仕事が無くなりました。
事務所に連絡して、まだ3時でしたが家に帰ったんです。
家の横に彼の車があるのに気がつきました。
時々来てくれるから、彼に鍵も渡していました。
彼が来てくれている。
昼間からまた調教してもらえる。
そう思ってウキウキしながら、彼を驚かそうとそっと玄関ドアを開けました。
玄関には彼の靴と娘に靴がありました。
その時になって、その日は娘の学校は体育祭の準備のために早く終わるってことを思い出しました。
でも、娘は良い子で彼が来てれば、気を使ってくれて2階の自分の部屋に大人しくしてくれてました。
昼間から娘に悪いな、ってくらい軽く考えて自分の靴を脱いだ時に、彼の声が聞こえました。
「さあ、口を開けて」
「昨日、お母さんがこれを穿いてオナニーしたんだよ」
「自分のを口に入れるのは初めてじゃないだろう」
「みあちゃんは良い子だしお母さんが好きだよね。口に入れられるよね」
身体がガクガクと震えました。
自分の耳が壊れたんだって思いたかった。
いや、聞き間違いと私の勘違いに違いない。
走って声のするリビングに行きたかったんだけど、足はもつれるばかりでした。
リビングのドアを細目に開けた私の目に飛び込んだのは、細くて華奢な娘の白い裸体。
私が縛られる時に使われる赤い縄がその身体に食いこんでいました。
私みたいなのはポッチャリならともかく、娘みたいに細くて華奢な身体に痛々しく食いこんでる。
動いたら擦れて血が出るんじゃなの?
えっ、割れ目まで!
やっと生えまじめたくさむらが縄の下に押し潰されてるように見えました。
斜め左から見る娘の顔にあるのは、嫌悪や悲しみはなく、Mの快感をしった女の恍惚と羞恥でした。
その小さな口にはすでに娘の小さなショーツが押し込まれていました。
「お母さんの味はおいしい?」と鬼畜な彼の声に、うっとりと目を閉じて頷く娘。
止めさせなくては、助けなくては、そう思う私の意思に逆らって、身体は動きませんでした。
彼の右手は娘の小さな乳首を摘まみ、左手は娘の割れ目に食い込んでる縄をさらにしごき上げていました。
恍惚となりながらも、女として大切で敏感な部分に加えられる暴力に目をきつく閉じて耐えてる娘。
「わたし、お母さんに似てるから美人になるよね」って小さい頃に娘が言ってくれた言葉が皮肉として頭の中に響きました。
その場から一度そっと立ち去って、改めて外こら「もうずぐ帰るから」って娘にラインを送るべきだったんでしょう。
でも実際に私がやったことは最悪でした。
そのまま彼が娘に逸物を挿し込み、娘が痛さか惨めさか快感かの呻き声をあげるところまで見届けてしまいました。
身体が動いたのは娘が汚れたショーツを口から取り出されて彼の逸物を口で清めさせられてる時でした。
彼のものを口に容れるのは入れたままで、大きく目を見開いた娘。
部屋に入ってきたのが私だって分かって、彼が動いたのは速かった。
彼に「貴方は…、みあは…」って私が言葉を出す前に私の頬を平手で叩いたかと思うと、あっという間に私は手を後ろにねじあげられて、娘と同じように縛り上げられました。
娘と共に調教を続けられたのが3ヶ月間。
何度も泣いたし何度も娘の泣くのを見せられました
娘の態度に不審を抱いた学校の先生から色々聞かれ、彼にもそれを打ち明け、やっと娘を彼の毒牙から逃すことに成功したが、私は今も彼と完全に切れる事が出来ません。
1

義父

投稿者:ユキ
削除依頼
2018/07/13 17:14:57
出産後、夫の両親と同居している26歳の主婦です。
その日は義父の運転で買い物に行きました。
私は生後半年の息子と後部座席に座っていました。
その途中でミルクの時間になり、息子が泣き出しました。
「お義父さん、どこか授乳できる所で停めてもらえませんか?」
「ここで構わないからミルクをあげなさい」
「いえ、そういう訳には・・・」
「いいから早くしなさい」
「いえ、でも・・・」
「そんなことで母親が恥ずかしがってどうするんだ」
仕方なく義父の運転する車の中でミルクをあげました。
ルームミラーに義父の刺さるような鋭い目がありました。
授乳が終わった後、義父に叱られました。
母親としての自覚が足りない、孫が可哀想だ。
そのうち話がおかしな方向になっていきました。
「ちょっとオッパイを見せてみなさい」
「何を言ってるんですか?」
「義理とはいえ同居している親にも見せられないのか?」
「それが普通だと思いますけど・・・」
「断ると言うなら、ここで降ろすぞ」
いつの間にかよく知らない山道で車は停まってました。
「お義父さん、変なことを言うのは止めてください」
「俺は本気だぞ。早く脱いで見せなさい」
「そんなこと出来ません」
「それなら仕方ない。孫にも痛い目をみてもらうか」
「お義父さん、本気ですか?本気でそんなこと・・・」
義父の目は本気のようでした。
観念して服を脱ぎ始めると「全部脱げよ」と。
「オッパイもオマンコも一緒だろ。全部を見せろ」
言われた通りにするしかありませんでした。
2
削除依頼
2018/07/06 22:11:59
父が亡くなった後、祖父と母と僕と3人暮らしです。
ある夜、階下の方から悲鳴が聞こえて目が覚めました。
降りていって声のする母の寝室に近づいて覗いてみました。
祖父が母に襲いかかっていました。
抵抗する母を押さえつけて祖父が母のパジャマをはぎ取り
パンツを脱がせて全裸にしました。
祖父も全裸になりました。
祖父の股間のものは大きくそそりたっていました。
それを母の口に押し込みました。
そして母の頭をつかんで腰を動かしました。
母の口の中にそれが出たり入ったりしました。
そのうちに母を仰向けにして、母の両足を押し広げて
母の股間に口をつけて舐めたり吸ったりしました。
その後、母の股間に祖父のそそりたったものを突き入れました。
それが母の中に根元まで埋め込まれました。
母が悲鳴を上げました。
祖父は腰をどすどすと動かしました。
母の大きな乳房が前後に揺れました。
母は苦しそうな顔をして目を閉じていました。
祖父の腰の動きが一段と早くなって、止まりました。
そこではっと気がついて2階の自分の部屋に逃げ帰りました。
翌朝の朝食のとき、祖父も母もいつもと変わらず、にこにこと
していました。















3

母が

投稿者:
削除依頼
2018/07/02 21:20:32
僕が中学生のときだった。
父は海外赴任していて、家には祖父母と母と叔父(父の弟で独身)
と僕がいた。
ある日、祖父母が旅行に出かけた夜だった。
夜半に目が覚めてトイレに行って、2階の自分の部屋に
帰ろうとしたとき、奥の母の部屋から声が聞こえた。
そっと近づいて覗いてみたら、叔父が母に襲いかかっていた。
母は必死に抵抗していたが、大男で柔道5段の叔父に押さえつけ
られて身動きできずに裸にされてしまった。
叔父は自分も裸になって母の体中をなで回したり愛撫して
あそこに指を入れて動かしたり、そこを舐めたりした。
叔父は母の両足を大きく広げてその真ん中の割れ目に
自分のものすごく大きくそそりたったものを突き入れた。
母が悲鳴を上げてのけぞった。
叔父が激しく腰を振って、母の大きな乳房が前後に揺れた。
「中に、中に出さないで」母が言った。
「よし、じゃあ、口に」
叔父が言って、母のそこから巨大なチンポを引き抜くと
母の口にそれを押し込んで、母の頭をつかんで動かした。
叔父の動きが止まり、母の頭を自分の股間に押しつけて
お尻の筋肉が2度3度収縮した。













4
2018/05/26 04:57:08
私の家庭には母親がおらず、父子家庭でした。
2つ下の妹と私、父の三人暮らし。
私と妹が高校を出るまでは優しかったのに、妹が高校を卒業すると同時に父親が豹変しました。
妹が高校を卒業し、お祝いを終えた夜、妹が自分の部屋で就寝したのを見計らったように父は私に手をかけてきました。
お皿の洗い物も終えて、朝食の準備も終え私が部屋へ戻ろうとすると父は後ろから抱き着くようにして私の胸を両手で服越しに乱暴に揉みしだき、
「やだ」、「やめて、お父さん」という抵抗の声は父にはどう聞こえたのか知りませんが、手は止まりませんでした。
降りてきた手はスカートの中へ入ってきて、下着の上からお尻、割れ目と指で撫でてきて、とても嫌でした。
それでもエスカレートする一方で父に服を脱がされ、スカート一枚に。嫌だったのに、男を知っていた私の身体は父からの愛撫にも感じてしまって、
気づいた時には下の方はびしょ濡れ、説得力なんて皆無な私に対しその晩、欲情した父の実の親の一物を膣内へと受け入れてしまいました。
それからは父のやりたい放題、濡れそぼって、男根を締め付ける私の中を好き勝手に犯し、挙句の果てには『私が我慢すれば妹には何もしない』と言う言葉に操られるようにして、
私は父からの中出しも受けてしまいました。一回では足りないと、その夜、私の膣内に父は5回も中出しを施し中は真っ白でした。


しかし、父親は約束など守らず、妹にまで手をかけていて。
気づいた時にはもう遅く、父親の性欲処理に使われることに…

5
1 2 3 4 5 6 ... 132
スレッド投稿フォーム
名前
トリップ()
E-mail
 ※任意
タイトル
本文

投稿文に自動改行は行われません、適宜改行を行ってください。 # タグ使用不可
画像認証

上に表示されている文字を半角英数字で入力してください。
◇掲示板利用規定 〔必ずお読み下さい〕