ナンネットID のアカウントをお持ちですか?
 
 
[!] 強姦・痴漢・窃盗・露出・売春等は犯罪です。 体験談にはフィクションや妄想を投稿してください。 犯罪や違法行為を目的とした呼びかけや情報交換等の投稿、公序良俗に著しく反する投稿、宣伝、商用の利用を禁止します。[!]

レイプ/犯された私 RSS icon
※体験談/女性投稿専用

短文の体験談は【禁断の木の実】に移動させて頂く場合が御座います。
1 2 3 4 5 6 7 8 9 ... 200

悲惨な学生時代

投稿者:由美 ◆WOMU20pN2s
削除依頼
2017/03/13 01:18:18
昭和の話です。
48歳のおばさんの体験談なので
ごめんなさいね。
主人は知らないのですが
私は高校時代は地元の田舎ではパンコと言われてました。
パンコとはヤリマンの事です。
好きでパンコになったのではありませんでした。
確かに当時は性には興味があって
早く体験したいとは思ってはいましたが。
高2の2学期だったと思います。
校門で他校の男子に数人にナンパされました。
ナンパなんて初めてで嬉しかったのを覚えてます。
その時に電話番号を教えてたのが悪夢の始まりでした。
その日の夜に早くも電話がありました。
S君と名乗ってた男子でナンパしてきた中の1人でした。
電話は楽しく話せたし私を気に入ったから会いたい
と言われて私も嬉しくって会う約束をしました。
S君の地元に電車で行くと駅にS君とT君と言う
友達と来ていました。
私は何も疑う事もなくS君の家に連れられました。
家にはS君以外の家族は居ないようで
部屋に入って3人で話てました。
2時間くらい話してると先輩だと言う人が
4人部屋に入ってました。
その先輩たちが来てから楽しかった雰囲気が
怪しくなってきました。
嫌らしい話をしてきたりして
私は少し恐くなって帰りたくなったので
帰りたいと言うと先輩たちは反対してきました。
それでも帰りたいと言い続けると
先輩の1人が「ヤラせたら帰らせたる」
と言いました。
私は泣きそうになって断ると
「キスだけでいいわ」
と言うので最初は嫌がったのですが
許してもらえないので仕方がなく
その先輩に初めてのキスをしました。
それで帰れると思ったときです。
先輩から離れて帰ろうとしたら
無理矢理ベッドに倒されました。
私は必死に抵抗しましたが
とても6人の力には敵わなくて
犯されまわされてしまったのでした。
6人に何度も犯され続け
私の処女も名前も知らない人に奪われました。
夕方S君の家族が帰ってくると
やっと私は解放されました。
私は情けなくて辛くて泣きながら帰ったのを
覚えてます。
でも家族に知られたくはなかったので
親には言えませんでした。
誰にも相談出来なくていると
先輩の1人から電話が掛かってきて
親に怪しまれないように必死で話で
会うように迫られ断ってましたが
親に言うと脅され会う約束をしてしまいました。
その時も前には居なかった人も居て
数人にまわされました。
そんな感じで私の電話番号は広まっていき
毎週日曜日には誰かと会ってはHをさせられて
そのことが噂になってパンコと言われるようになってました。


16
2017/03/12 08:41:31
結婚して数年の人妻です!子供はまだいません。普段からミニスカートやミニワンピなど、露出の高い服装して電車通勤していました!

そのため、よく痴漢にあってました!声をかけられたこともありますがついていったことはなかったです!

旦那が仕事で1かっ月の間、家にいないことになって、よく友達と飲んだり、カラオケにいったり遊んでました!

その日はかなら飲んでしまって、友達の家にとめてもらうことにしていました!

あんまり記憶がなくて、目が覚めたのが昼頃でした。しかも知らない部屋で全裸で寝ていた!
服はそばに脱ぎ捨てられていて、ちょっとパニックになりました。
起き上がったら、アソコからかなりの白いものが垂れてきました。

すぐにその部屋を出て、友達に連絡してみたら、飲み屋で男性数人とカラオケに行ったらしいです!

友達は用事ができて帰ったらしく、男性数人と私がカラオケに向かった見たいです!


17
2017/03/11 17:26:02
よく、夜行バスを使うんですよね。

大学で、東京から地方にうつることになったので、東京に帰るときによく乗るんです。

あるときもいつも通りにバスを使ったんですけど、その日は、とにかくすっかすかで。

ほんと、5人程度しか乗ってなかったんですよ。

私の席も、前後左右がらがらで、真っ暗な中、ちょっとえっちな気分になってきて、シートを倒し、スカートを少し上にずらして、パンツの上から、クリを擦ってしまったんです。。。

なんか、悪いことをしてるみたいで。。。

すごく濡れてきてしまって、

ぐちゃぐちゃのおまんこから指ですくったお汁をクリにすりつけてると、もうぱんっぱんにクリが腫れ上がって、いきそうになり、パンツをずり下げて、おまんこに中指を入れて、出し入れしてると、指がとまんなくて、すぐにいってしまって。。。

そのあとも指でおまんこかき回して、5回はいったところで、サービスエリアについたので、あわててパンツをはいて、喉が乾いたので飲み物を買いにいくことにしました。

サービスエリアでおりて飲み物を選んでると、

耳元で


「オナニーしてたでしょ、音すごかったよ?」

と全然知らないおじさんに言われたんです!!!

血の気がサーーーっと引くって言葉を初めて身をもって体感したような気がしました。。。

固まる私の手を無理やりひっぱって、平日の深夜で誰もいないトイレの個室にむりやりつれこまれ、頭が真っ白で、きづいたら、パンツ足首までさげられて、

「すげーぐちょぐちょだな、オナニーだまっててやるから、これで気持ちよくさせてやるから、」

無言で震えてるだけの私に、

ゴムもつけてないおじさんのちんこがむりやり入ってきて。。。

むりやりキスされ、顔を見たくなくて、目を閉じてたまま、舌を入れられないように口をぎゅっと結んで、耐えてた。

「時間ねーからよ、我慢はしねーよ。。。うぉ。。。」

唇を舐められながら、奥の奥までおやじのものが差し込まれて、びくびくしだしたから、あわてて、全力で暴れたら、射精中に抜けたみたいで、中に出された??!まにあったかな??!ってかんじで。。。

おやじは不満そうに手でしごいて残り?を出してた。


最低のくそレイプ。。。




18
2017/03/11 02:39:13
私は36歳になるバツ1シングルマザーです。看護師として働き、小学3年生になる娘を育てています。
先日、小学5・6年生の時の担任の先生が60歳の誕生日を迎えられ、今月で定年退職をされるため、同級生たちと「先生の還暦祝い&慰労会」をすることになりました。
先生の家は私の実家の隣で、亡くなった父とも親しく、小学生の時から家族ぐるみのお付き合いをしていました。私が中学生の時に先生は新居を建てられ引っ越されたので、なかなかお会いする機会もなかったのですが、私が離婚の件で悩んでいた時には相談にのってくださり、私はまるで父のように信頼をしていました。
その日、私は娘を近くに住んでいる姉にあずけ、車で1時間ほどのM市に向かいました。お酒を飲むと車で帰るわけにも行かないので、泊まりはビジネスホテルです。
2次会、3次会と盛り上がり、久し振りに開放的な気持ちになった私は、かなりの量を飲んでいたと思います。3次会が終わり解散となった時、先生に「孝子はどこに泊まってるの?」と尋ねられ、偶然にも同じホテルだということを知りました。先生は「同じじゃないか。一緒に帰ろう」と嬉しそうです。先生の部屋は5階、私は7階だったのですが、エレベーターの中で「ちょっと酔っ払ってしまった。部屋まで送ってくれ」と頼まれ、何の警戒もしていない私は先生の部屋まで付いて行ってしまったのです。
先生をベッドに寝かせ部屋を出ようとした時のことです。不意に後ろから抱きすくめられ、そのままベッドに押し倒されました。気が動転した私は何が何だかわからず、声をあげることもできません。先生は私の唇を強引に奪おうとします。私はかぶりを振って逃れようとしますが、60歳とはいえ体育が専門の先生の腕力は想像を超えていて、酔いのせいもあって私は力が入らず、ついにキスを許してしまいました。
私の抵抗が弱まると、先生は唇をこじ開け舌を差し込んできます。必死にその舌から逃れようとしましたが無駄な抵抗でした。舌を絡め取られた私は頭がボーっとし、気がつくとブラウスのボタンは外されブルーのブラの上から先生の大きな手が私の胸を揉みしだいています。やがてそのブラも外され先生の舌が私の乳首をころがしはじめました。背中を電流が走り、私は思わず「あっ」小さな声を上げのけぞります。
離婚して4年。その間、二人の男性から結婚を前提としたお付き合いを申し込まれましたが、前の夫との離婚でこりごりしていた私は、娘が幼いこともあり、どうしても再婚する気にはなれず、この1年は男性に抱かれたことはありません。
先生はだんだん大胆になり、ストッキングを脱がせ、ブルーのショーツの上から私の敏感な部分にキスをしてきます。先生に対して恋愛感情を全く持っていない私には嫌悪感しかありませんでしたが、同時に「先生に見られている。こんなことをされている。シャワーも浴びていないのに…」と思うとたまらなく恥ずかしくなり、次第にその恥ずかしさが私の心の隅に眠っていたM性を目覚めさせます。一人で自分を慰めるとき何度か想像したシーンが、今、現実のものになろうとしています。自分でもわかるほどショーツの底は濡れてしまいました。それは先生の唾液だけではないことは私がよくわかっています。
やがてそのショーツも脱がされ、先生の舌は私の中にくぐり入り、何度も何度も抜き差しを繰り返しました。そして強い力での両脚を持ち上げ私のカラダを二つ折りにすると、その舌は決して触れられたくないもう一つの恥ずかしいところに達します。円を描くように優しく撫でたかと思うと、舌先を尖らせこじ開けるように強く押してきます。その度に私のカラダは大きく震え、声を上げるのを我慢できません。「孝子はこんなところも感じるんだ」…先生がいやらしくそうつぶやきます。「先生、やめて、やめて」と何度も声に出しましたが、先生の舌はそこから私の最も敏感なところに移り、優しくついばみました。その頃にはもう全身の力が抜けてしまい、あえぎ声だけになっていたと思います。どれくらいの時間、それが繰り返されたことでしょう。私の下半身には甘いしびれが走り、いつしか先生の舌を待ち望んでいました。
やがて、先生のものが私の濡れたあそこにあてがわれた時、私は不意に自分を取り戻し「先生、ダメ。お願いだから入れないで」と最後の抵抗をしました。しかし、先生がそんな願いを聞いてくれるはずもありません。硬くなった先生のものが私を貫きます。それはこれまでに経験したことのないような大きな衝撃でした。1年ぶりのセックスということもありましたが、先生のそれは私がこれまで経験したことのない奥の奥まで達し、私は狼狽しました。無意識に大きな声が出てしまい、先生の掌が私の口を優しくふさぎます。そして、ゆっくりゆっくり私のカラダを溶かしていきました。気がつくと私は先生の上に乗せられ、下から激しく突かれていました。隣の部屋に声が聞こえないように私は自分の手で口を塞ぎ、止まらない声を我慢しようとしました。そして、全身に激しい電流が走ったような衝撃と同時に、私のカラダから何かがほとばしりました。これまで、指でされてそうなったことは何度かありましたが、セックスそのものでは初めての経験です。私のカラダから湧いてきたものは先生のお腹を濡らし、その飛沫は先生の顔にも飛び散りました。頭の中が真っ白になった私は先生の胸に倒れこみ、宙に浮かんでいるような感覚に包まれました。
「あーあ、こんなにお漏らしをして。だめじゃないか、孝子」…恥ずかしさで顔も上げられない私に先生は追い討ちをかけます。そしてビショビショに濡れてしまったシーツを避けるように私をベッドの隅に四つんばいにさせ、自分は立ったまま後ろか私のお尻を抱えました。先生のものは、初めは浅く浅く先端だけのノックを繰り返します。ピチャピチャと湿った音と、後ろから全てを見られているという恥ずかしさが、私の心に火をつけていきます。もっと奥まで貫いて欲しいと思いましたが、口には出せません。先生に向かってお尻を突き出してみましたが、私の気持ちを悟ったように先生は腰を引きます。そして私の気持ちが限界に達しようとした時、先生は私を激しく引き寄せました。それは先程よりもっともっと深い部分まで達し、先生がそれを引き抜くと同時に新たなものが私の中から溢れ出ました。私は顔をシーツに擦り付けその快感に震えました。先生の指が私の後ろの部分をマッサージするように動いていたかと思うと、その指は少しずつ中に入ってきます。そして激しく腰を打ち付け、これでもかと言わんばかりに私を攻め立てました。「パン、パン、パン」という音が響き渡ります。やがて先生の動きが単調となり、その時が近づいたことがわかりました。私は「先生、中はダメ、中はダメ」とあえぎながらもお願いしたのですが、「孝子、いくぞ」という言葉と同時に私を強く引き寄せたままになりました。私の中で先生のものが何度も何度も痙攣するような動きをするのがわかります。そして私の意識は薄れていきました。
どれくらいの時間がたったのか私にはわかりませんでした。気がつくと先生は優しく私を抱き寄せ髪をなでています。私の中からは先生が放ったものが溢れ出し、太ももの内側を流れていきます。私はそこで初めて我に返り、これが夢ではなく現実のことだということを思い知らされました。
涙がこみ上げてきました。それは悲しいのか、悔しいのか、それとも恥ずかしさのせいなのか、自分でもよくわかりません。泣きじゃくる私に先生は「ごめんよ、ごめんよ。でも俺は昔から孝子とこうなりたかったんだよ」と言いました。
どうやって自分の部屋まで帰ったのか、よく覚えていません。次の日の朝、部屋をノックする音が聞こえましたが、私はドアを開けることはしませんでした。
あれから、何度もラインやメールで連絡が来ますが私は返事をしていません。信頼していたのに、あんな酷いことをした先生を許す気になれないからです。でも心とは裏腹に、私のカラダは、あの時の、これまでに経験したことのない快感を忘れられずにいます。気がつくとあの夜のことを思い出し、自分を慰めています。先生からの誘いをいつまで無視できるか、正直自分でもわかりません。
19
2017/03/10 02:25:23
初めてあったのは、三年前くらい、自治会のお祭りの手伝いの時に知り合いました。知り合ったというか親の手伝いで行っただけ。

それから元々、同年代の友達とあまり、馬が合わず、趣味趣向も同年代とは、相容れなかったから、ちょくちょく母の代わりに顔を出すようになりました。


そんな折に一年前の3月に自治会の役員交代の前にお疲れさん会にて箱根旅行があるということでちょうど、職場の休みともかぶっていたので参加しました!!

前から優しくしていただいていたおじさま達がユネッサンに行くということで若い子の水着姿見れるって盛り上がっていたので、

胸はBカップだし、水着は2年前から変わってないことを伝えたら、

それじゃあ、ダメだということで自治会長さんと2人で旅行前に横浜デートで水着を買いに(°▽°)

当日は、地元からみんなで貸切バスで朝から久しぶりにビール!!

参加者は私含めて、全部で15人くらい!!

おばさん達は別日に婦人会で行くらしく、私以外はみんなおじさん!!
平均年齢が60代後半という事と泊まる部屋も違うという事もあったので特に心配せず参加しました!!

途中で美味しいお蕎麦やさんにより、最初は、よくわからない美術館へ、そのあとは、いよいよ、私以外のみんなの楽しみにしていたユネッサンへ!!

横浜デートで買ったROXYの水着でおじさん達と初ユネッサンを楽しみ、さすがにビキニを着る勇気はなく、下はセットのサーフパンツを履き、下の毛の処理をしていないという言い訳で参戦しました。
でも、普段水着着るときは上にもパーカーとかTシャツを来てるから、胸を出すだけでもちょっと、ドキドキ、恋愛対象が年上なだけにだいぶ勇気がいりました!!

何人かのおじさんにはビキニの下も見たいとは言われたけど脱ぎませんでしたが、あとあと後悔しました!!

ユネッサンには4時ごろまでいて、そのあとは旅館に、宴会の前に温泉に浸かり、自治会長さんのリクエストですっぴんと浴衣姿・・・あとは、ユネッサンから旅館に行く途中のバスで自治会長さんに軽く説教?をされて、せっかく、新しくビキニ買ったのにビキニ姿を見れないのは買った意味がないとお説教をされて、バツゲームで宴会の時の浴衣の下はノーパンノーブラか水着をサーフパンツ無しで着るということになり、さっきは処理をしていないと言い訳したばっかりにちゃんと処理をして来なさいと言われ、処理をしてもちろん、ノーパンノーブラではなく、水着の上に浴衣姿で宴会に参戦!!

宴会自体は、普通に進み、みんなにお酌をして、最後にビンゴ大会・・・まず、景品の発表、三等・・・二等・・・一等までは普通で特賞は、あきと家族風呂で混浴・・・え・・・え・・・えっ〜(゚Д゚)

まぁ〜、浴衣姿の下に水着を着て来いと言われた時点でみんなの前で脱がされるくらいの覚悟はあったけど、逆に水着で1対1で混浴と言われた時点でだいぶ、緊張!!

当たり前のように特賞は自治会長さん!!

おかしいとは思っていたおじさん達の宴会なのにお開きが夜の8時とか早過ぎるとか!!

そして、70歳に近いのに50歳近く年が離れている私を落とそうとはしてこないだろうと油断してた自分にちょっと後悔!!

家族風呂の受付の人には孫と家族風呂なんですとか言ってたけど、お互いお酒が入ってたのと払いのけるのがめんどくさく、ずっと、お尻を触られ、家族風呂に向けて歩いてる時には腰に手を回されて、耳元に息を吹きかけられ、、、あ〜、やばい濡れてると思いながら、家族風呂に着いてからは、とりあえず濡れてることに気付かれないために先に水着のまま湯船に。

あとから入ってきた自治会長の背中を流してあげて、一緒に湯船に入ろうとしたら、湯船に入る前には体を洗わないといけないと言い出ししょうがないからあきも体を洗ってもらうことに、、、もちろん、素手で!!

最初は手のひらから洗ってもらって、二の腕→肩→首→背中・・・首紐は首を洗う時に解かれ、背中を洗う前に『前は見ないから背中の紐も解くょ』って、返事をする前に解かれビキニの下だけの状態に、上はスッポンポンに背中を入念に洗われて、そこから脇に手が移動して、あきが反応すると背中に戻ってを繰り返していたら、だんだん感じてきちゃって、気がついたら乳首を優しく触られて、不覚にも声が出てしまい、太ももをスリスリ、、、スリスリ、、、我慢が出来ず、自分で下も脱ぎ捨て、気がついたら、70歳近くとは思えないギンギンになってるものにしゃぷりついていました。

年上の貫禄、なんども乳首だけで逝かされ、しゃぷりついている間にもねっとりしたクンニでなんども逝かされ、最後は湯船のふちに手を置いてバックで挿入をされ、なんども中イキをして、最後は子宮に熱いのをドクドクされました。

終わったあとは、全身を丁寧に洗われ濃厚なディープキスでもう一度逝かされ、お風呂を出る頃には、自分で歩くことが出来ず、お姫様抱っこをされて、受付の人が見てる前で自治会長さんの首に腕を回してキスをしながら部屋に運ばれました。

最高のセックスで身も心も満たされ、あとは、ゆっくり寝るつもりで、自分の部屋に運ばれました。

運ばれました。

運ばれました、、、でも、部屋に着いて、そのまま寝かせてもらえるはずがなく、部屋に着くと自治会長さんとも、仲の良い6人のおじさん達があきの寝室で酒盛りをして、あきの帰りを待ちわびていたらしく、まず、全員の前でもう一度、自治会長さんとディープキスをさせられ、日本酒を口移しで飲まされて、その時はすでにあきがドMだと気づいていた自治会長さんに命令されみんなの前でストリップすることを命じられ、さっき中出しされたのが垂れてきているのを感じながら、みんなの前で生まれたまんまの姿になり、

その次に机の上にM字開脚で座らされて、自治会長さんが買ってきていたディルドでオナニーをして、最終的にはディルドの吸盤を机に貼り付け、みんなの前でなんども1人騎乗位で逝き続け、朝までみんなに可愛がられました。
20
1 2 3 4 5 6 7 8 9 ... 200
スレッド投稿フォーム
名前
トリップ()
E-mail
 ※任意
タイトル
本文

投稿文に自動改行は行われません、適宜改行を行ってください。 # タグ使用不可
レス禁止
※この投稿に対しレスを付けられなくします
画像認証

上に表示されている文字を半角英数字で入力してください。
◇掲示板利用規定 〔必ずお読み下さい〕