ナンネットID のアカウントをお持ちですか?
 
 
[!] 強姦・痴漢・窃盗・露出・売春等は犯罪です。 体験談にはフィクションや妄想を投稿してください。 犯罪や違法行為を目的とした呼びかけや情報交換等の投稿、公序良俗に著しく反する投稿、宣伝、商用の利用を禁止します。[!]

レイプ/犯された私 RSS icon
※体験談/女性投稿専用

短文の体験談は【禁断の木の実】に移動させて頂く場合が御座います。
1 2 3 4 5 6 7 8 9 ... 200
2018/02/03 10:00:24
客席の最後尾に私は座っています。
先ほど私を犯した男性中程に近い所に座ってます。
私は最後尾で身体を休めてました。
あの人また来るかも?と思いながらだるい身体を休めてました。
先ほどの行為でまたイカされ、今日何度もイカされて身体は疲れてます。
下着は濡れて気持ち悪く脱ぎたい気持ちでした。
私はしばらくして席からたち上映場の外へ出ます。

もう一度トイレ、そこでパンスト、パンツを脱ぎ持参していたバッグに入れました。

そしてまた上映場へ入りました。

下着を脱いだ事でまた犯されたいとする気持ちが増加し、軽い興奮を自覚しました。
座る場所を変えようと考えました。

場内の最後尾の通路から場内を見渡し座る場所を探しました。場内
は狭くてどこに誰がいるか一目瞭然の広さしかありません。
今日、私を痴漢した人たち、先ほどの男性、どこにいるか確認出来ます。


何処に座るかを考え立っていました。

最前列には人がいるため行くかどうか迷いました。
迷ってるうちに背後から私のお尻を触る人がいます。
身体を押し付け私を壁際に押し寄せました。

私と男性は正面を向き合う形になり、男性は私のスカートの中に手を入れました。
パンツは履いていません。
無防備です。

男性は私の蘆の間に自分の脚を入れて私を開脚させました。
アソコを直に手で触って来ます。
その刺激にすぐに身体が反応します。

そして何人かの男性がやって来ました。
それはいつもの事です。

しかし今はいつもと違います。
私が下着を着けていません。

集団痴漢が始まりました。
服ははだけて乳房が露出します。
アソコもスカートを捲られ露出します。
身体を固定され逃げ場を失います。
そして男性たちの玩具にされます。
ただいつもはそこで終わります。
今日は違いました。

先ほどの男性が側に来て男性たちに言います。
「入れろ、入れろ、さっきこの姉ちゃんに入れたから入れたれ。」

私は驚きましたけど逃げる術がありません。

そして男性たちに何か言った様に思います。
私は男性たちに揉みくちゃにされていたので聞き逃しました。

そしてスカートを脱がされ1人の男性に片脚を抱え込まれ私はバランスを失い場内の床に倒れました。

そして何人もの男性が覆い被さって来ました。
男性たちに床に仰向け固定されました。
そして激しい蹂躙を受けました。
私は無理やり何度もイカされました。

そしてアソコに太いモノが侵入しました。
私はやめてと何度も男性たちに言いました。
男性たちは「心配いらない。」と私をなだめました。

太いモノが私を突きます。
腕、脚を男性たちに押さえ付けられ身体の性感を刺激されます。
人だかりが増えました。
多くの男性の前でレイプされました。

太いモノが抜かれ、別の男性のモノが侵入します。
男性たちは私にイケと言いました。
男性たちの執拗な責めが続きます。

そしてまた1人男性が変わりました。

私はイカされました。
冷たい映画館の床の上でヨガリました。
何度も、何度も。

5人の男性が私を犯しました。
そして1人の男性が休憩してまた後でしよう。
と息絶え絶えの私に言います。

私はまだ続くの?と思い返事に詰まりました。
そして男性は席に座れと私を促し、床から立たせました。
白髪の男性か「まだこれからやで可愛いがって貰いや。」
と私に言いました。

そのあと私は座らされ更に凌辱を受けました。


レイプは犯罪です。
プレイなら可です。

その後、私はまだ映画館に通ってます。
また違う場所へも行ってます。
レイプを求めて
16
2018/02/03 03:47:43
映画館でレイプまがいの事をされた私。
数週間、映画館には足を運びませんでした。
でも映画館での強烈な刺激が忘れる事が出来ません。
肉体の快感への欲求もありましたけど、犯され感、見られる事に喜びを感じる様になっていました。
映画館へは3度足を運びました。
そのつど行為をされている所を、以外の人達に見られてます。
元々、レイプされてみたい願望がありました。
映画館での行為は私の願望を強く刺激します。
実際にレイプをされるのはいやですけど、リスクが無ければされてみたいとした気持ちを持っていました。
そのため映画館での行為は私には願望を満たせる場所として映りました。
そしてまたあの暗闇に足を運びました。

レイプされるならされても良いと思いコンドームを用意しました。
【レイプされたい】そう思いました。

映画館へ行くと男性からセックスを要求されます。
今までは断っていましたけど、今ではセックスよりも、痴漢、レイプされたい。
その気持ちを強くしました。

映画館の中でレイプしてくれる人を探しました。
でも実際はそう言う人は少なく痴漢行為で終わります。

そしてそれまではあまり長くは映画館にはいませんでしたけど、深夜までいる事にしました。

ひと月経ち、初めてレイプされました。


映画館には休憩場があります。
痴漢をされ疲れて休憩場で休んでいました。

すると突然に右腕を掴まれました。
「また来たん?見てたで。気持ちよかっやろ?」
顔を見ると知らない白髪の男性でした。

「チンポ欲しいか?こっちおいで。」
と言い私の両腕を引き私立たせました。

驚いた私でしたけど白髪の男性が
「チンポ入れたるわ。この前入れられたやろ?見ていたんやで。」
と言いながら私の肩を抱き歩かせました。
歩きながら男性は「ちょっと入れるだけやからな、気持ちよくしたるわ。」
「射精しないから大丈夫や生で入れさせてな。」

男性は私に言い、私は「この前っていつ?」と尋ねようとしたのですけど、男性が力で私を歩かせ、すぐ側にある共同トイレに私を連れて行きました。
入り口を入り、すぐ横の入り口の空いたトイレに押し込まれ壁に向かわさせられました。男性は背後から私の身体を触り、スカートを捲り、パンストの上からアソコを触ります。

私は男性の「射精しない。」を信じて任せる事にしました。
でもトイレのドアが空いていました。
空いているドアを気にしましたけど、男性は行為を止めず、そのままパンストとパンツを下ろされ片足から抜かれました。

そして男性が「もう濡れてるで、パンツ染みあるで?」
私は答えられませんでした。
休憩前に複数の痴漢に何度もイカされました。
替えは持って来ていましたけど、いま履いているのが
替でした。
「これだけ濡れてたら、入るやろ?」
男性は言い、指を入れてきました。
指は奥深く入り、私の中をまさぐりました。
男性は私のアソコを責めます。

私の身体が反応しました。

口から声が漏れ、抑えるのが大変でした。
男性は私の中をまさぐりアソコを同時に刺激します。男性は私の服の中にてを入れて、「ブラジャーしてないやん。」
と言い。
「さっき中でどんな事された、言ってみ?」

と私に聞いて来ました。
ブラジャーは着けていませんでした。

男性の問いに恥ずかしくて答えられずにいると、男性は乳首を摘まみ捻り上げました。
私は刺激に思わず声を出しました。

男性は私の両胸を揉みながらアソコ責めます。
自分でも恥ずかしいくらい濡れました。
そしてスカートが捲り上げられ、太い物がいきなり侵入し、私の子宮を突き上げました。

トイレのドアは開いてます。
いつ人が来るか分かりません。

そんな中、私は男性を受け入れました。

男性は激しく私を突き上げます。
立っていられずトイレの中で四つん這いになりました。
男性は私の服を背中から捲り上げ、半身裸のように しました。
スカートも更に捲られました。
そして10分ほど経ち私は解放されました。

事が終わり男性から飲み物を奢って貰い、一緒映画を見ようと誘われました。

私は疲れたので誘いを断りました。

休憩をしたかったのですけど、休憩室には男性がいます。
休むため上映室に入りました。

このあと更にレイプされます。
17
2018/02/02 02:24:16
去年の初夏頃の体験です
その日は大学のサークルの飲み会でした

少し気になってる先輩がいたので、その日はちょっとドキっとしちゃうかんじをイメージした服装をしていました

その日はかなり盛り上がったのですが飲み会の途中から記憶がなく、気がついたら私はひとりで広い公園の物陰に寝そべっていました

目が覚めて自分の体を見ると衣服が乱れていて、下着は脱がされ中に出されちゃっていました

何をされたのかは分かりますが、されている時の記憶はまったくありません......。
サークルの人に犯されて放置されたのか、それとも帰路で泥酔しちゃって知らない人に犯されたのかも知れません

当時はかなり短いスカートを履いたうえに谷間とおへそを出していました
18

今では・・・

投稿者:まりこ ◆1KAwi07cG.
削除依頼
2018/02/01 08:11:11
36才シングルマザー、娘は学校、休みだった私は溜まった家事をしてる最中の午前中でした。
同じ職場の孝太君28才が、なんの前触れもなく訪れてきたんです。
話があるんです、家事は山ほど、ちょっと迷惑だなと思いつつも、真剣と言うか、思い詰めた様子から、私はうちに上げました。
話は手短にとお願いすると、まさかまさかの告白でした。
私は孝太君がミスして怒られていたりしたら、何度か励ましたりしたし、社内ではよく話す間柄でした。
でも正直、恋愛感情となると、そうゆうのは持っていませんでした。
その辺りを話、お帰り願うとこでした。
すると孝太君は突然私に襲いかかってきて、両手首を凄い力で捕まれ、押し倒され、唇を強引に奪われたんです。
普段温厚な孝太君の見たことがない様子に、私は驚きながらも抵抗しました。
力ではかなわない、でも私は顔を左右に振りキスを必死にかわす、足もバタバタ、数回孝太君のどこかに、膝が入るも孝太君の暴走は止まりません。
『人呼ぶよ!会社にも言うよ!警察にも言うよ!』
私は叫びました。
すると孝太君は、私の目をじっと見て、と言うより睨み付けるみたいに。
『訴えられても何でもいいです。刑務所に入れられてもいい。その覚悟は出来てなければこんなことはしませんよ』
ダメだ、止められない、私はこの人にはかなわない、私の思考回路は暴力的なことは避けたい、諦めに似たような考えに導かれいきました。
抵抗して怪我でもしたら、娘になんと言えばいいのかとか、保身的考えでした。
私の力が緩んだのを悟ったかのように、孝太君は私にキスの嵐を浴びせ、抵抗がないと悟った孝太君は、乳房を揉み下しました。
あとはもう孝太君のなすがままでした。
私の抵抗がなくなったせいか、孝太君は最初の荒々しさは消えていき、温厚な孝太君らしい扱いになっていきました。
衣服を脱がされるにも抵抗をしなかった私、四年ぶりくらいのセックスがこんな形で行われるとは思ってないし。
孝太君は夢中で私の身体を舐め回す、気がつけば孝太君も裸になっていて、孝太君自身は反り返ってるし、自分自身、受け入れ準備も整ってしまっていて、すると孝太君は反り返った物を、グリグリと侵入させてきました。
気持ちいいとかはなく、やられちゃってる、ただそう思いながら受け止めてました。
凄く長い時間に感じられました。
いつ終わるんだろう、腰を振り続ける孝太君を見たり、天井を見たり、ボーっとしてました。
『おっ!あ、うっ!』
孝太君の出した物が、私の顎まで飛んできた、そう
思ったら、胸やお腹に次々と飛んでました。
あー、終わったな、でも孝太君は自分の物のみティッシュで拭き、私の顎胸お腹に飛んだ物はそのまま、思い遂げたから帰るのかな、と孝太君の様子を見てると、まだまだ孝太君の物は反り返ったままでした。
私を起こした孝太君は、なぜか申し訳なさそうな弱々しい声で、フェラしてもらってもいいですか?と聞いてきました。
黙って頷くと、目の前には立派に反り返った孝太君の物が。
口に含み、上目遣いで孝太君を見ると、恍惚な表情の孝太君。
その顔を見たとき、私の中で何かが変わりました。
この人は本当に私を必要としてくれてるのかも、バツイチシングルな私を訴えられるかもしれないのを覚悟でこんなことしてる。
別れた旦那は私を必要としてなかったな、モテた旦那と結婚した私は、他にもいたかもしれない女性達に勝ちほこったような気持ちだったな、その結果が浮気されて捨てられたんだよね、そんなこと考えながらフェラしてました。
孝太君はやがて、私にワンワンスタイルをお願いしてきて、今度は後ろからでした。
私の気持ちの変化からなのか、今度は気持ちいいと思うようになってました。
でも私はそれを必死にこらえ、悟られないようにとしてました。
でも、孝太君が出した物がお尻に降り注れ、前のめりに私が崩れると、お尻や太ももの痙攣がどうしても止められないでいました。
三度、四度と私にかかってきた孝太君でした。
『もう娘帰ってくるし、家事もやらなきゃならないから、もう勘弁して』
身繕いを始めた私を見て、孝太君も身繕い。
『すいませんでした』
弱々しい声での謝罪でした。
私が黙って身繕いしてると。
『謝って済むことじゃないですよね』
帰ろうとした孝太君。
『訴えられても構わないですから、絶対許さないってなら本当に構わないですから、警察に言って下さい。俺は素直に認めますから』
それでも私が黙っていると。
『警察、いきにくいですよね?わかりました。俺、自主します。本当に申し訳ありませんでした』
そう言って帰ろうとしました。
『警察には言わない』
パッと出た私の言葉でした。
『自主もしなくていい。ただ今は頭がちょっと混乱してるけど、多分私は警察とかに行かないと思う』
何かを言おうとした孝太君を止めました。
『今は何も言わないで。頭の整理がつかないから。本当に娘帰ってきちゃうから、今は黙って帰ってくれないかな』
深々とお辞儀をして、孝太君は帰りました。
職場では私と孝太君の間には、微妙な空気が流れました。
そのなかで私は頭を整理していき、それには数日を要しました。
いきなり押し倒されわけじゃない、その前に孝太君は自分の気持ちを伝えている。
私への強い思いがそうさせた、純粋に女として、喜びがジワジワと滲んできたのです。
許すを完全に通り越して、私は孝太君の気持ちを受け止めてあげよう、そう思うようになると、孝太君に抱かれた喜びをまた味わいたい、そう整理がつきました。
そのことを孝太君に話しました。
『本当なら今頃、警察になっているはずなのに』
うすら涙を浮かべていました。
現在、私と孝太君は交際中です。
数回、娘も入れて三人で会いました。
最初娘は、温厚ながら口数少ない方の孝太君を、怖そうと思ったようですが、少しずつ慣れてきてるみたいです。
現在、私は38才、孝太君30才、娘も小学校高学年、先を見越して行こうと考えてます。

19
2018/02/01 07:27:09
男性の友達から面白い映画館があると聞きました。
そこは痴漢がいる映画館と言う事でした。痴漢には常連の痴漢もいるらしく、痴漢と言っても女性も男性も双方が納得の上でプレイとして行為が行われていると言うお話でした。
そして男性と待ち合わせをしなくても、女が行けば必ず痴漢行為をされるとしたお話でした。
男性の友人から見物に行くかと誘われたのですけど、その時は断りました。
後になり、その映画館近くに用事があり、付近を訪れました。
その際、私は半信半疑な気持ちと好奇心から、その映画館に訪れました。
その映画館は成人映画館、ピンク映画を上映している映画館でした。
私がレイプされたのは3度目にそこを訪れた時です。
先の2回の来館の時、友人の話の通り痴漢に遭遇し館内でかなり過激な行為をされました。
内容は私が思って以上に過激で、私に強い衝撃と快感を与えました。
元々、私にはMっぽい所がありました。

映画館で男性たちから受けた行為がM性を刺激しました。
日常では得る事の出来ない過激な刺激でした。
そのため私は3回目を訪れる事にしました。

館内には男性客しかいません。女は私1人です。

私は最前列の客席に座り、映画を見ていました。
しばらくすると見ず知らずの男性が私の左横に座りました。
そしてすぐにもう1人、右横の席に別の男性が座りました。
更に後ろの席にも男性が1人座りました。
2度目に訪れた時に、同じ状況で痴漢行為をされました。
その時は過激でしたけど痴漢行為だけで終りレイプはされませんでした。
ですから多少の警戒心はあった物の痴漢行為に対しての期待感から、男性たちの様子を見ながら行為をされるのを待っていました。

ほんの少し時間を置いて行為が始まりました。
私は3人の男性に身を委ねました。

私はセーターを捲し上げられ、ブラジャーのホックを外され、スカート、パンスト、パンツを太ももまで下ろされ、座席に腰かけたまま彼らに身体を責められました。
私は快感から押し殺していた声が出てしまい、館内の他の男性たちに聞かれました。
そして7〜8人の男性が私の席に寄ってきました。
私は3人の男性に身体を押さえられているため、逃げれません。

何人もの男性の前で裸を晒し、3人の男性に身体を責められています。
ここまでは2度目に遭遇した痴漢さんたちの行為と同じです。
ですからまだ私の頭の中にレイプは思い浮かびません。
周囲で行為を見ていた男性の中の1人が私の側に寄り、私の脚からスカート、パンスト、パンツを引き落ろし足からみな抜いてしまいました。
下半身を全裸にされてしまいました。
そして私の両脚を持ちM字に開かれました。
私のアソコを責めていた、右席の男性が自分の腕でM字にされた私の方膝抱き、私の脚をM字に固定しました。
私のアソコは露出しました。
周囲にいた男性たちが間近に寄って来ます。
私は多くの男性にアソコを見られました。

私のアソコは濡れていました。
スクリーンの光でも見えたと思います。

右席の男性が私のアソコを責めます。
そして「気持ちいいか?」私に聞いてきます。
右席の男性はそれまでの行為のあいだ中、私に度々声をかけて来ていました。
話はワイセツ的で、私は返答に困り生返事をしていました。
私は返答に困りました。
そして黙っていると私の脚を開いた男性が私の身体を座席からずらし半分寝たような体勢にされました。
お尻の穴が丸見えになりました。

そしてお尻に指を入れてきました。
「やめて!」と言ったのですけど、その男性は聞いてくれません。
指はずっと奥に入ります。

そして右席の男性が指を奥深くアソコに挿入しました。
左席と後部席の男性たちは私の乳首を責めます。
身動きが出来ません。
行為の間彼らは私に気持ちいいか?
と聞いてきます。

私は返答に窮します。
しかし身体は反応します。
しかし「どっち?答え!」と言われ激しく責められます。
そして、窮する事も出来ず「はい。」と音を上げました。
男性たちの責めはずっと続きます。
その間私は何度もイカされます。

そして「犯されたい?」と右席の男性が聞いて来ました。
「コンドームあるからしよか?」と言い出しました。
私は断りました。
けれど他の3人の男性も執拗に言い出します。
4人なんて相手をしたくありません。

断りました。
そして更に行為が続きます。

そして4人目の男性が・・・
行為の最中に、無理やり挿入しました。

「出さないからしよな!」
と言い私の中に入れてきました。

男性は射精はしてません。
4〜5分私を犯し、すぐにその場を離れました。

そのあと私はすぐにその場を離れ自宅に戻りました。
レイプされたのと同じでした。
軽いショックを受けました。

後日談が色々ありますけど、これが初めてのレイプ?体験です。

書くの疲れました。(^.^)
20
1 2 3 4 5 6 7 8 9 ... 200
スレッド投稿フォーム
名前
トリップ()
E-mail
 ※任意
タイトル
本文

投稿文に自動改行は行われません、適宜改行を行ってください。 # タグ使用不可
レス禁止
※この投稿に対しレスを付けられなくします
画像認証

上に表示されている文字を半角英数字で入力してください。
◇掲示板利用規定 〔必ずお読み下さい〕